ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

長野の若者 全国一のスキー好き

長野の若者 全国一のスキー好き

2013.6.3 02:05 産経新聞

 長野県の若者はスキーが大好き-。株式会社リクルートライフスタイル(本社・東京都)の「じゃらんリサーチセンター(JRC)」は、スキーエリア再活性化を目指してこの冬、「雪マジ!19」と題して、19歳男女を対象にリフト券代を無料にするプロジェクトを実施したが、その結果、長野県が会員登録率で全国トップの34・9%になったと発表した。

 同プロジェクトは、呼びかけに賛同した全国136カ所のスキー場のリフト券代を、会員登録した19歳男女は無料にするというもの。

 JRCによると、昨年度の登録会員数は全国で約10万8千人(19歳人口に占める割合9・0%)だったが、長野県は5166人(同34・9%)で、登録率は2位の栃木県(同24・6%)などを大きく上回った。


分子が各県の登録者数、分母が各県の19歳の総数(男女合計)ということでしょうか?

県別に登録割合を計算して、それを比較したと言うことですかね?

でも、長野県が出している平成24年10月1日時点での人口統計ですと、19歳人口の総数は19,903人(男10,184人、女9,719人)なので、計算すると25.96%になって結果が合わないのですが、何故でしょうか?

良くわかりません。

この試みは、今「無料」にするという投資効果によって顧客を獲得し、「将来それ以上を回収」するという意図なのでしょうから、無料にした人が(将来)本当にお金を払ってくれるかを確認しないと、成功したかどうかは分からないことになります。

その年代のスキー人口が増えたからといって、直ちに成功とは言い切れないことと、タイムラグがあって効果の確認をすぐに行うことが難しいことが、評価を難しいものにしています。

今年は、雪マジ19に加えて、雪マジ20を作ろうとしているようなので、さらに評価は先延ばしになりそうです。

あとは、対象年代以外の不公平感をどうするかでしょうね。

ある世代を無料にした分を、他の世代の負担増加でカバーする、例えばプリンスホテルなどのやり方は、本来の主旨とは違う感じがします。

いろいろ難しいですね。

神立高原スキー場運営会社が解散

神立高原スキー場運営会社が解散

 湯沢町のスキー場運営会社「神立高原スキー場」の賃金未払い問題で、町は31日、同社が解散し、清算の手続きを進めていることを町議会全員協議会で報告した。来シーズン以降は、別の企業が運営する意向を示している。

 町の調査や登記などによると、同社は5月5日の株主総会で解散が決議された。同時に社長が辞任し、同社担当の公認会計士が代表清算人となった。会計士によると、連絡が取れないとされた前社長は所在が確認できているという。

 町に郵送された前社長名による文書には解散の理由として、多額の設備投資による負債で事業継続ができなくなったと記載されていた。

 来シーズン以降については、長野、福島両県など全国各地でスキー場を運営している兵庫県の企業が経営する意向を示している。

 スキー場は1986年に開業。運営会社の撤退や名称変更が相次ぎ、今回解散した会社が2009年から運営していた。町は町有地約130万平方メートルを貸していた。

新潟日報 【地域】【社会】 2013/05/31 17:37


神立は、結構頑張っていたと思ったのですが。

いよいよマックアースが湯沢に登場するようです。

神立高原スキー場で賃金未払い 経理担当の社長と連絡とれず

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

夏油高原スキー場 市が存続を表明

夏油高原スキー場 市が存続を表明

岩手放送 (2013年04月25日 16:10 更新)

運営会社の親会社、加森観光が撤退する夏油高原スキー場について、北上市はきょう市議会に「公設民営」で事業を継続する方針を示しました。
北上市の高橋敏彦市長は市議会の全員協議会で、「夏油高原スキー場は欠くことのできない観光資源であり、地域経済に対する効果や、他にない冬季のスポーツ施設として高く評価される重要な施設と判断し、スキー場運営の継続に努力するべき、との方針に至りました」と述べ、新たに事業者を公募してスキー場を継続させる、いわゆる公設民営の方針を説明しました。これに対し議員からは賛成の意見が出る一方で、「この機会にもう一度、夏油高原スキー場に頼らず一帯の観光地ということで取り組むべきではないか」といった批判の声も相次ぎました。また市民の間でもスキー場の存続方針には賛否の声があります。市は来月中旬の臨時議会で、スキー場維持のための補正予算案を提案する方針です。それと並行して運営を希望する事業者の公募と選定を行い、早ければ7月に選定事業者との契約を行いたいとしています。


小樽のスキー場 今季のオーンズ、来場9割増 朝里川と天狗山は横ばい

小樽のスキー場 今季のオーンズ、来場9割増 朝里川と天狗山は横ばい

北海道新聞(04/18 16:00)

 【小樽】小樽市内3カ所のスキー場が今シーズンの利用実績をまとめた。運営会社が変わったスノークルーズオーンズ(春香町)は、19歳の無料キャンペーンなどが功を奏して大幅増。一方、朝里川温泉スキー場と小樽天狗山スキー場は滑り出し好調だったが、年明け以降は荒れ模様の週末が多く、前年とほぼ同じ利用者数にとどまった。

 オーンズは、いったん昨季限りでの廃業が決まったが、国内各地でスキー場を運営するマックアース(兵庫県)が経営譲渡を受けて、新体制でシーズンを迎えた。

 来場者数は前年比約9割増の9万2210人。このうち19歳は8779人と約1割を占め、割引価格で発売したシーズン券の保有者数は同4倍の2005人だった。雪に恵まれた上に、初心者コースの増設や無料バスの増便などが好調の要因とみられる。

 吉野晴彦社長は「オーンズのファンの皆さんの熱い支援の下、無事にシーズンを乗り切れた。来シーズンもぜひ利用してほしい」と述べる。

 朝里川温泉スキー場では、リフトの輸送人員は延べ94万9550人で前年比1%増と、ほぼ横ばいだった。昨季より10日早い12月1日にオープンし、出足は順調だったものの、「週末に連続して暴風雪に見舞われ、後半は苦戦した」(同スキー場)。

 天狗山スキー場はロープウエーとリフトを合わせた輸送人員が延べ48万4966人と、こちらも同1%増だった。12月は雪に恵まれたが、「年明け以降、低温や大雪で市民が行楽を控えたのではないか」(同スキー場)とみている。(竹中達哉)


9割増とは、凄いです。

やる気とアイデア・工夫で、魅力がアップする例だと思います。

やっぱり、諦めないことが大事ですよね。

片品村、スキー場整備工事6件に4・3億円

片品村、スキー場整備工事6件に4・3億円

群馬建設新聞 2013年4月17日付紙面

 片品村は、来年2月の全国中学校スキー大会開催に向けて、今月下旬から来月にかけて武尊休養施設改修工事2件と土木関連工事6件の発注を行う。当初予算には建物構築物工事費2億5850万円、道路橋梁工事費1億8000万円、工事監理を主とする事業委託費1560万円、機械器具購入費1億1310万5000円を計上している。会場となる花咲地内の武尊牧場スキー場は、15年の冬季国民体育大会でスキー競技が開かれることも決定。同村は担当部署の職員を増員し、10月いっぱいの工事完成を目指して整備を進めていく。
 
 本年度当初予算における普通建設事業費8億6000万円のおよそ半分を国体(全中スキー大会)準備事業が占めている。昨年度秋に一部工事を先行させる考えもあったが、降雪などもあり全工事を本年度に実施することとなった。同スキー場は今月末まで営業しており、その後速やかに工事へ移っていく。
 建物構築物工事は、同スキー場にある武尊休養施設(ロッジまきば)の改修工事とクロスカントリーコース造成工事の2件。工事費2億5850万円もおおむね半分ずつという配分。
 休養施設はRC造平屋一部2階建て、延べ床面積1158㎡という規模。管理棟と宿泊棟がT字型で構成、宿泊棟は大小17部屋を備えている。老朽化に対応し、屋根および外壁の改装工事と管理棟部分の改装工事に取り組む。工事は2分割して発注する意向。昨年度時点で予定した宿泊棟の改装工事は全中大会終了後に改めて検討する。改修設計は石井設計(前橋市)が担当した。
 クロスカントリーコースは、同スキー場三合平に1周L5㎞コース(基本幅員10m)を新設する。管理道の整備を含み、3工区に分離し発注する。野芝を敷いた草地のコースを整備し、夏期にも使用可能な施設とする。測量設計は日本森林林業振興会(東京都文京区)が作成。越本地内の「水芭蕉クロスカントリーコース」は畑地などを通過するため、冬期しか利用できなかった。
 道路橋梁工事は、同スキー場内を走る村道の改良工事を3分割発注する。休養施設の南L約1㎞について、現道幅員3・5mをW7mの2車線道路へ拡幅する。また、L2㎞間に待避所10カ所を設置する。測量設計業務は高崎測量(高崎市)が担当した。
 同スキー場は夏期、放牧地として使用されている。国体終了後の施設活用では、標高1500mという立地を生かし夏期の高地トレーニング施設構想がある。用地面では休養施設近くに400mトラックの設置も可能。一般的に数週間から数ケ月単位でアスリートの滞在が見込める。今秋開通予定の国道120号椎坂バイパスによりアクセス性も良くなることから、集客性などの調査を進めていくもよう。


加森観光が夏油高原スキー場の運営から撤退

加森観光が夏油高原スキー場の運営から撤退

北上市の夏油高原スキー場を運営する夏油高原開発と親会社の加森観光が、来月いっぱいでスキー場の運営から撤退することがわかった。これは今日開かれた北上市議会の全員協議会で市側が明らかにしたもの。それによると、加森観光と子会社の夏油高原開発は、スキー客の減少などを理由に市が所有する夏油高原スキー場の施設の賃借契約を来月いっぱいで解除し、運営から撤退するという申し出をしたという。加森観光と北上市の間で取り交わしているのは「使用賃借契約」のため、市が事業の継続や損害賠償などを加森側に求めることは難しい状況。北上市では、今後スキー場をどのような形で運営していくのか、対応を検討していくことにしている。
[ 4/10 19:23 テレビ岩手]


加森観光 夏油高原スキー場の経営断念

(2013年04月10日 17:41 更新) 岩手放送

北上市にある夏油高原スキー場を経営する加森観光が、今シーズン限りでの経営断念を市に伝えました。市は受け入れる方針です。
北上市の夏油高原スキー場は平成5年にオープンしましましたが、平成14年には利用者の減少などを理由に国際興業が経営から撤退。その年の冬からは市が施設を国際興業から譲り受けたあと、加森観光に貸し出す形でスキー場は存続していました。その後は温泉施設を新たに造るなどして集客を図っていましたが、東日本大震災などの影響で利用者の減少は続いていました。加森観光は今シーズンで市との契約を解除したい旨を伝えていて、市は加森観光の申し出を受け入れる方針ですが、重要な観光施設であるとして今後もスキー場は存続させたい考えです。


石井スポーツ 2013/2014カスタムフェア スケジュール

石井スポーツ 2013/2014カスタムフェア スケジュール

キャプチャ

チラシ(pdf)は、こちら

日本スキー場開発が白馬村のスパイシー買収 長野

日本スキー場開発が白馬村のスパイシー買収 長野

2013.3.12 18:59 産経新聞

 日本駐車場開発(大阪市)は12日までに、子会社の日本スキー場開発(東京都、鈴木周平社長)が長野県白馬村のスポーツ用品レンタル会社、スパイシー(村下正幸社長)の全株式を取得して完全子会社化することを発表した。株式の取得は4月30日を予定。買収額は明らかにしていない。

 スパイシーは白馬エリアを中心にレンタルスキーショップ7店を展開しており、日本スキー場開発はスパイシーの知名度やブランド力、仕入れのノウハウに着目。子会社化することで、日本スキー場開発が運営する県内各スキー場との相乗効果を期待し、サービスの充実や事業基盤の強化を図る。

 スパイシーは昭和59年設立。従業員は8人。平成24年10月期の売上高は2億100万円。


大山のスキー場「7年ぶりに20万人突破」

大山のスキー場「7年ぶりに20万人突破」(鳥取県)

ここ数年に比べ、今季大山のスキー場では雪が少ない状態で推移したが、客足は順調で7年ぶりに20万人を突破した。19歳の利用客に限ってリフトを無料にする企画も利用客増加につながったと関係者は見ている。8日の積雪は70センチ。このところ暖かい日が続いているが、今月17日まで全エリアで営業を続けたいという。
[ 3/8 16:19 日本海テレビ]


日本駐車場、8~1月純利益58%増 スキー場が改善

日本駐車場、8~1月純利益58%増 スキー場が改善

2013/2/27 23:26 日経新聞

 日本駐車場開発が27日発表した2012年8月~13年1月の連結決算は、純利益が前年同期比58%増の6億5300万円だった。主力の駐車場事業は運営台数が拡大したが、営業人員の拡大に伴う人件費増などが利益を圧迫した。スキー場事業の損益改善が増益につながった。

 売上高は24%増の62億円。営業利益は19%増の9億1900万円だった。国内駐車場の管理・運営台数は2万9315台と1年間で約5%増加。大型物件の獲得が進んでいるほか、鹿児島市内に事務所を開設するなど地方展開も加速した、ただ、人件費や事務所費用などが増加し、駐車場事業の部門別の営業利益は減益だった。

 スキー場事業は、白馬観光開発を子会社化したことで、今期から運営するスキー場数が6カ所と倍増した。来場者数も増加。部門別の営業損益が黒字転換(前年同期は2854万円の赤字)した。


スキー場 客足戻る 群馬

スキー場 客足戻る 群馬

◇家族向けサービス効果

 県内のスキー場利用客が増えている。来場客数は、1990年代前半のスキーブーム以降、減少傾向にあったが、昨年11月から今年1月末までの累計客数は、前年同期比6・0%増の93万8844人に上るなど、ここに来て2期連続で増加している。関係団体は、まとまった積雪が早い時期にあったことに加え、各スキー場が取り組んできた家族連れらを狙った誘客策の効果が出始めたとして歓迎している。

 県スキー場経営者協会(前橋市)によると、県内のスキー場への来場客数は、92年度の約532万人をピークに減少傾向が続き、2006年度は6割以上減の約229万人まで落ち込んだ。スキー離れは全国的な現象だが、レジャーの多様化や交通費の負担がかさむことに加え、小中学生のスキー教室が減るなど、若者のスキー離れで減少に拍車がかかったとされる。

 こうした状況を打破しようと、各スキー場は近年、家族連れ向けの営業活動や多様化するニーズに応えようとするサービスを展開し始めた。

 万座温泉スキー場(嬬恋村)は、将来のスキー人口の増加を狙い、子どもにスキーに親しんでもらおうと、今季から小学生以下のリフト料金を無料化。水上高原スキーリゾート(みなかみ町)は、5歳以下向けのスノーチューブを使った遊び場を設置するなど、幼い頃から雪に親しめる環境を整えた。

 一方、赤沢スキー場(同)は平日に限った貸し切りプランを展開。ゲレンデを自由に使えるのが特徴で、学校や企業のスキー教室などの需要に加え、個人利用も行われているという。

 このほかにも、各スキー場では、19歳のリフト券を無料化したり、子どもの預かり所を設置したりするなど、様々な誘客策が展開されている。

 こうした取り組みが続く中、県内スキー場の誘客に一定の効果が出始めた。10年度は、11年3月に発生した東日本大震災の影響もあって客足が遠のき、約183万人だったが、昨年度は約204万人まで回復。今季は1月末までの累計来場客が前年同期比5万3500人も増加しており、同協会は「減少傾向に歯止めがかかりそう」と分析する。

 小学生以下のリフト券無料化に取り組んだ万座温泉スキー場は、昨年12月の来場客数が前年比で4割も増加。リフト券の売り上げが減少しても、レストランやレンタルスキーの利用があるため、一定以上の収入を確保できる見込みだという。

 同スキー場の渡辺義明マネジャーは「昨季まではシニア層が目立ったが、今季は、お子様連れが増えた。将来を見越し、家族連れが利用しやすいように工夫していきたい」と話している。

(2013年2月19日 読売新聞)


スキー客滑り出し順調 12月は前年比12%増 新潟

スキー客滑り出し順調 12月は前年比12%増 新潟

2013.2.5 21:30 産経新聞

 例年より降雪が早かった影響で、昨年12月の新潟県内スキー場利用客が前年同月比12・0%増の60万2020人と、好調な滑り出しとなっていることが5日、県の調べで分かった。県などによる子供向けの無料スキー教室などが功を奏し、家族客が増えている。県のスキー観光PRキャラクター「レルヒさん」をラッピングした電車を首都圏で運行させるなど県外でのスキー需要喚起策も全体を押し上げた。平成24年度は4年ぶりに500万人の大台を回復する可能性が高まっている。

 昨年12月の県内スキー場利用客を地域別でみると、下越(9・1%減)と上越(0・7%減)がともに減少したが、雪が多い中越(67・4%増)や首都圏から近く最も利用客が多い魚沼(15・5%増)で増加している。県によると、今年に入ってからも増加基調が続いているとみられ、休日の県内スキー場ではリフト待ちの光景をよく見かけるという。

 今冬は、子供向けの無料スキー教室や、経費の一部を助成する小学校のスキー授業支援に引き続き力を入れるとともに、若い子育て世帯の誘客にも乗り出す。具体的には、長岡市の企業コンサルティング会社が運営する子育て支援組織「トキっ子くらぶ」の県内会員約8万7千世帯を主な対象にリフト券の割引などを実施する。

 ピーク時の4分の1程度まで減少している県内スキー場利用客は、23年度が前年度比13・2%増の477万5210人と4年ぶりに上昇。しかし、東日本大震災前の21年度比では3・0%減と完全回復には至っていない。20年度まで維持していた500万人を割り込んだままだ。

 県観光振興課では「認知度が高まっているレルヒさんの効果もあって今年度は順調。(ピークだった)4年度の1597万人には及ばないにしても、何とか500万人台を回復してほしい」と期待を寄せている。


やっぱり経済の回復が、一番の決め手になると思います。

スキー場へ2月休日直行バス 郡上市観光連【岐阜】

スキー場へ2月休日直行バス 郡上市観光連【岐阜】

2013年1月28日 中日新聞

 雪道の運転が苦手な人にも安心してスキー場を訪れてもらおうと、郡上市観光連盟などは二月の日曜日と祝日、同市八幡町を発着点とするスキー場への直行バスを運行する。
 昨年に続いて二年目。ホテル郡上八幡を出発し、長良川鉄道郡上八幡駅などを経由してスキー場へ向かう朝夕の往復便。市内計十一スキー場のうち、日によって一~三カ所に立ち寄る五ルートを設定した。
 料金は往復で中学生以上千円、小学生五百円、幼児無料。特典として各スキー場のリフト割引券も付く。申し込み、問い合わせは、前日午後三時までに白鳥交通=電0575(82)5081=へ。
 (築山栄太郎)


ゴールドウイン 日本で繊細に作り上げられた「Exclusive Model」など新コレクションを展開

ゴールドウイン 日本で繊細に作り上げられた「Exclusive Model」など新コレクションを展開/2013-14シーズン、欧州・北米を中心に

カテゴリ:新製品 プレスリリース
更新日:2013/01/21

スキーウエアブランド「GOLDWIN」
日本で繊細に作り上げられた「Exclusive Model」を頂点とした新たなコレクションを
欧州、北米を中心に展開

「SIA SNOW SHOW 2013」 「ISPO MUNICH 2013」でデビュー

株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区/社長:西田明男/東証一部:コード番号8111)のスキーウエアブランド「GOLDWIN」は、2013-14年シーズンの欧州および北米のスキーマーケットを中心に、日本で繊細に作り上げられたハイステータスモデル「Exclusive Model」を象徴とした、新たなコレクションを展開します。
「Exclusive Model」を始めとする一部のコレクションは、2013年10月より、日本での販売も予定しています。
コレクション全体に通じるのは、Minimal & Cleanなデザイン、”kigokochi”(着心地)へのこだわり。
それは、細心の気配りによって、高機能、高品質、審美性を生み出す「日本らしさ」を表現するためのコンセプトです。
日本のスポーツメーカーとして、スキー、アウトドアシーンで60年余り培ってきた技術と経験により、その想いを形にすることが可能になりました。
「Exclusive Model」は、全ての分野においてそのコンセプトを追求した頂点のモデルであり、全世界で200セットのみの限定販売です。
それに継ぐメンズ、レディースのモデルも各カテゴリーで展開します。
同コレクションは、2013年1月31日(木)から2月3日(日)までアメリカ・コロラド州デンバーで開催される北米最大のウインタースポーツショー「SIA SNOW SHOW 2013」と、2月3日(日)から2月6日(水)までドイツ・ミュンヘンで開催される世界最大級のウインタースポーツ見本市「ISPO MUNICH 2013」で出展します。

以下略


マックアース、福島・沼尻スキー場の運営会社買収

マックアース、福島・沼尻スキー場の運営会社買収

2013/1/21 23:39 日経新聞

 スキー場運営大手のマックアース(兵庫県養父市)は、非鉄金属加工の川嶋(浜松市)が福島県猪苗代町で所有する「沼尻スキー場」の運営会社を買収する。運営会社が実施する第三者割当増資を引き受け、50%超出資の筆頭株主となる。近隣で手掛けるスキー場と連携して運営し、集客面などで相乗効果を高める。

 沼尻スキー場を運営する川嶋の子会社、オーディエンスサービス(福島県猪苗代町)を子会社化する。取得額は公表していない。運営会社の社名やスキー場の名称なども変更しない。

 沼尻スキー場は川嶋が2009年から運営する「ボナリ高原ゴルフクラブ」に併設し、リフト6基、レストハウス4棟を備える。1915年の開設で福島県内のスキー場では最も歴史が古い。

 マックアースは12年11月に加森観光(札幌市)から、スキー場とリゾートホテルを持つ横向高原リゾート(福島県猪苗代町)を買収するなど福島県で複数のスキー場を展開。沼尻も含め一体運営し業務を効率化する。

 同社運営のスキー場としては国内21カ所目となる。


蘭越・チセヌプリスキー場 今季限り休止検討

蘭越・チセヌプリスキー場 今季限り休止検討

(01/18 06:25)

 【蘭越】道内のスキー黎明(れいめい)期から山スキーが行われ、国際的スキーリゾートとなったニセコ地域の発展の基礎を築いた、後志管内蘭越町営のチセヌプリ(標高1134メートル)スキー場が今季限りで休止する危機にひんしている。ただ、愛好者には今も根強い人気があり、存続を求める署名運動も起きている。

<北海道新聞1月18日朝刊掲載>


ゼビオグループがスノーレジャー業界大手とゲレンデ活性化の業務協力

ゼビオグループがスノーレジャー業界大手とゲレンデ活性化の業務協力
『私をスキーに連れてって』ファミリー層ゲレンデお得情報アプリ リリース


ゼビオ株式会社 2013.01.09 10:40

ゼビオグループのゼビオ株式会社、株式会社ヴィクトリアは、スノーレジャー業界大手の4社らとファミリー層をターゲットにしたウインタープロモーションで協力、スキー業界の活性化を目的に新たな取り組みを開始いたします。

プロジェクトの名称は“私をスキーに連れてって スノーキッズ応援団”。スキー・スノーボードなどのスノーレジャーは年々ゲレンデ訪問人数の低迷などが報道されていますが、1980年代後半から1990年代初頭に起きた空前のスキーブームを謳歌した映画『私をスキーに連れてって』世代がちょうど子どもを抱えたファミリー層に変化している現在、スキー需要が再び高まっております。そのファミリー世代の需要に応え、また、親子でのゲレンデでのコミュニケーション促進、子どものうちからゲレンデに親しむきっかけを作り、長期的なスキー業界の活性化に寄与することを目的に共同の取り組みを実施することとなりました。
本年度は、プロジェクト名と同名『私をスキーに連れてって スノーキッズ応援団』アプリを12月31日リリースいたしました。このアプリは、ゼビオ・ヴィクトリアがアプリの開発・管理・ダウンロード促進を手掛け、全国の主要スキー場から提供される「主に12歳以下無料特典」情報を掲載するスマートフォンアプリです。
今後も“私をスキーに連れてって スノーキッズ応援団”プロジェクトは、キッズ・ファミリーを中心に安全で質の高いサービスの提供を目指し、スキー場もスキーヤーも元気に楽しめるサービスやプログラムの拡充や、スキー業界全体の活性化と底上げに努めてまいります。

【『私をスキーに連れてって スノーキッズ応援団』アプリ概要】
本アプリは無料でダウンロード可能であり、「主に12歳以下のお子様がスキー場にて無料で使える特典」を含むお得情報を“時限クーポン”としてゲレンデ情報と共に掲載。時限クーポンを24時間以内にスキー場の指定場所で”見せる”ことでリフト券などを受け取ることが出来ます。

■アプリ名:私をスキーに連れてって スノーキッズ応援団
■価    格:無料アプリ
■動 作 環 境:Android 2.3以上推奨 (iOSについては現在申請中、1月下旬リリース予定)
■ダウンロード:私をスキーに連れてって専用サイト http://xpn.sportsxproject.jp/ 
        Google Play            https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.xebio
■無料クーポン特典の例
・お子様用「リフト券」が無料(白馬さのさかスキー場など)
・お子様用スキーセット「レンタル」が無料(富良野スキー場など)
・お子様1名分の「宿泊」が無料(上越六日町高原ホテルなど)
・スポンジボブ・キッズパーク「入場料」が無料(鹿島槍スキー場など)


スキー場、外国人客回復 長野県内年末年始消費

スキー場、外国人客回復 長野県内年末年始消費

2013/1/8 1:03 日経新聞

 長野県内の年末年始はレジャーの主力であるスキー場で、外国人客が回復するなど前年を上回る施設が多かった。昨年は正月に大雪が降り客足が鈍った反動もあるが、百貨店や大型商業施設でも福袋を中心に売り上げが増えた店舗が目立った。ただ、中央自動車道笹子トンネル事故の影響で高速バスが大きく落ち込むなど、年末のトンネル仮復旧後も集客に影響するところもあった。

 スキー場では外国人客の復調が目立った。白馬八方尾根スキー場(白馬村)は1月5日までの1週間で昨季より12%多い5万3000人が来場。うち外国人は「2割ほど増えた」(運営する八方尾根開発)という。外国人客の6~7割を占める豪州に加え、欧州やアジアからの来場客も復調。年末年始では東日本大震災前の水準を回復したという。

 野沢温泉スキー場(野沢温泉村)も3日までで来場者は昨季比2%増加しており、中でも外国人客が目立つという。ほとんどが国内客の中央道伊那スキーリゾート(伊那市)も、年末年始はほとんどの日で前年を3割程度上回った。富士見パノラマリゾート(富士見町)も昨季比5%増えたという。

 一方、初売り商戦は福袋が好調だった。井上(松本市)は1セット限定の200万円の福袋がすぐに売れ、全体の売上高も前年比プラスで推移。井上保社長は「本当に久しぶりに明るい動き。株価が上がったことでアパレルなどが動いている」と喜ぶ。ながの東急百貨店も福袋を中心に好調で、全体でも売り上げが「若干増えている」という。

JR東日本系のステーションビルMIDORI(長野市)は、MIDORI長野店で年末年始の売り上げが昨季比5%程度増加。「購買意欲は高まっているようだ」(同社)とみる。

 半面、中央道のトンネル事故の影響が出たところもある。白馬五竜スキー場を運営する五竜(白馬村)は全体では好調だが「神奈川県内や八王子ナンバーの車が減った」(駒谷嘉宏社長)。富士見パノラマリゾートも関東ナンバーが減ったという。

 笹子トンネルは12月29日に仮復旧したが、その後玉突き事故が発生。松本―新宿間の高速バスを運行するアルピコ交通(松本市)の年始期間の客数は4割減で、「想定以上に客足が戻らない」と担当者は嘆く。

 これに対し、長野新幹線や特急「しなの」「あずさ」などの12月28日~1月6日の利用者数は47万8000人で前期比13%増加。「トンネル事故で自動車を避けた人が多かったようだ」(JR東日本長野支社)とみる。


飯綱高原スキー場 10年ぶりナイター営業再開

飯綱高原スキー場 10年ぶりナイター営業再開

2012/12/30 10:40 信濃毎日新聞

 長野市の飯綱高原スキー場は29日、今季のナイター営業を始めた。近年は団体の予約客に限定していたが、「ゆっくり練習したい」という周辺宿泊施設の泊まり客らの要望に応え、「約10年ぶり」(同スキー場)に一般向けに再開。近くのスノーボーダーらが来場し、夜のゲレンデを滑走した=写真。

 この日は、前日からの降雪で昼営業は今季初めて計10コースが全面滑走可能となり、長さ約560メートルの1コースを開放したナイターゲレンデも「雪の状態はまずまず」(関係者)。仕事納めをしてから訪れた長野市北尾張部の会社員和田敏樹さん(27)は「夜に気兼ねなく練習できるスキー場を探していたのでうれしい」と気持ち良さそうに滑っていた。

 ナイター営業は来年1月2日までと同12、13日、2月9、10日の午後6〜9時。宮下匡支配人(46)は「好評なら来シーズンも一般向けに営業したい」と話していた。


検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -