ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイリンガル&エリート教育の勘違い- 木村盛世(厚生労働医系技官、医師)

バイリンガル&エリート教育の勘違い- 木村盛世(厚生労働医系技官、医師)

今日のブロゴスを見たら共感できる記事が書かれていたので、引用させていただきます。

この方と私は、同じ大学院を出ているようです。(そして、たぶん娘さん達も同じ大学)

医学で有名なところで、医師の留学が多かったですね。

雑用から離れて研究に専念できる環境があるのと、アメリカでコネを作ったり、英語(英会話)の勉強も兼ねていたり、箔を付ける意味もあるのかもしれません。日本の研究室から交代で派遣される人もいたようです。

公衆衛生大学院(今のブルームバーグ大学院)は、医療統計学や国際医療が有名です。

当時アメリカの雑誌が出していた大学院ランキングでは、ハーバードよりも上でした。

現在のランキングは、こちら。(ほとんど変わっていません)

この中では、専攻が置かれていた4位のミシガン大学大学院(アナーバー)と36位のロマリンダ大学大学院にも合格してました。

ロマリンダは、断っているのに、「いつ来るんだ?」と結構しつこかった記憶があります。(笑)

通っていた大学は、医学以外では、経済学や天文学なども定評があったと思います。

毎日朝6時から夜12時まで勉強をし続けたのは、本当に良い経験になっています。


たしかに、日本人留学生(主に医師)が集まるアパート(Bonnie Ridge、ボニーリッジ)があって、奥さん達は日本人で固まることが多かったようです。

私たちは、日本人が誰もいない地域(Owings Mills)に住んでいましたが。(と言うか、日本人がいる、いないは、特に気にしてなかった)

昔から、大学は日本で卒業し、大学院はアメリカに行く、というパターンは多かったと思います。

日本で働くことを考えた場合、日本の大学を出ていることが有利になることが多かったし、大学院は圧倒的にアメリカの方が質が高いですが、学部はそこまで差がついていないということもあったと思います。

大学改革と称して、政府や文科省が進めるグローバル教育の「まやかし」について、同じように感じている人がいると知って、安心しました。

でも、厚労省の技官が、文科省を批判して大丈夫なのでしょうか?

医系は、別扱いなのかな?(笑)

多様性を認めない文科省の教育では世界レベルの人材など見果てぬ夢

日本人がいない

私は、日本の教育に関する話を聞くたびに「なんだかおかしい」という感情を抑えられずにいました。とくに、英語教育に関しては、明らかに違和感があるのです。その違和感が決定的な不信感へと変わったのは、双子の娘たちが、米国の私立大学に入学したときでした。彼女たちの入った大学は、世界最難関校の一つです。卒業生であるニューヨーク前市長マイケル・ブルームバーグが高額の寄付をしたことでも話題になりました。

彼女たちの入学に同行した私が最もショックを受けたのは、歴史的な建物でも、恵まれたカリキュラムでもありませんでした。「日本人がいない」のです。正しくは、「新入生のなかで、日本から来た日本人は娘たち二人だけ」という事実でした。他に何人かの、アメリカ育ちの日本人(永住権をもつ)はいますが、それでも5本の指に収まるほどです。新入生が1500人程度ですから、いかにマイノリティかがわかります。そして、その数限られた“日本人”たちは例外なく、非常に優秀です。他のアメリカの名門校でも状況はさほど変わらないと聞いて、驚きを新たにしました。

この大学には世界24カ国から学生が集まってきます。生徒の多くは東海岸のエリートアメリカ人たちですが、アジアからの学生も少なからずいます。ところが、群を抜いて日本人が少ないのが現実なのです。この現状に直面し、私はいままで胸のなかにあった「日本の教育はどこかおかしい」という思いが、誤りではなかったことを確認したのでした。

このように書くと、「海外、とくに北米に留学している日本人は多いと聞くし、実際、自分たちの周りにもそのような人たちがいる。筆者の書いていることは間違いではないか」という声も聞こえてきそうです。たしかに、アメリカに留学する日本人の数は増えています。また、日米教育委員会のデータによれば、アメリカの大学の学部課程(undergraduate schools)に在籍する日本人学生が、大学院生(post graduate schools)より多いというのです。(http://www.fulbright.jp/study/res/t1-college03.html

アメリカの大学には、いくつかの種類があります。大きく分けて4年制と2年制(いわゆるcommunity colleges)があり、2年制の学校では学位を取ることはできません。日本でいうところの専門学校と短大の中間と考えるとイメージが湧きやすいかもしれません。また、4年制大学にも単科大学と総合大学(医学部と法学部をもつ)があり、一般的に総合大学が最高峰に位置します。もちろん医学部をもたないプリンストン大学や、MIT(マサチューセッツ工科大学)などの例外は存在しますが。

アメリカの大学の特色はその幅広い教育分野とともに、大学間のレベルの差が非常に大きいことにあります。上記のデータによれば、日本人が在籍する大学課程の上位5校には、いわゆる世界のトップスクールは入っていません。また、「語学留学」と称して短期間、英語を学ぶために訪れる人も多くいます。こうした現状が、難関校に大学入学をする日本人がきわめて少ない、という背景です。逆に大学院留学は難関校が多く、その数が少ないというのは、日本の留学生の特性を示しているといえます。

彼女たちのキャンパスを歩くと、日本人に遭遇します。しかし彼らは大学課程の学生ではありません。多くは日本の大学などから派遣されており、Post doctoral fellow(ポスドク)として、無給で1、2年滞在する人たちです。大学院課程には、上位のdegree(学位)を取るために勉強している人たちもいますが、彼らの多くは、後述のとおり“流出した頭脳”であり、大学課程よりは数は多いものの、マイノリティであることに変わりはありません。

文部科学省の宣言は“絵に描いた餅”

わが国は世界に通用する日本人を育てるために近年、国を挙げて教育のグローバル化に取り組んできました。とくに文部科学省は、平成25年12月「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」を発表し、年少時期からの英語教育にさらなる力を注ぐことを宣言しています。

この文科省の求めるものは何なのでしょうか。それは“世界と渡り合える日本人を育成する”ことにほかならないと考えます。ところが現実を見れば、いままでのところそうはなっておらず、そして文科省の掲げる計画を見るかぎり“世界と渡り合える日本人を育成する”ことの達成は非常に難しく、“絵に描いた餅”であると思うのです。それには三つの大きな理由があると考えます。

第一に、すべての子供たちに同様のレベルを課すこと自体意味がない、ということです。そもそも、世界レベルで渡り合えるとはどういうことなのでしょうか。それは“エリートの育成”と言い換えることができるでしょう。それでは、そのエリートはどれくらいの人数が必要なのかといわれれば、できるだけ多くが輩出すれば結構ですが、これから育つ子供たち全員がそうなることは、現実的ではないと考えます。

“エリート”という言葉を使うと、一部の特権階級意識を振りかざすと思う方もいるかもしれません。しかし、国を動かすうえでは、エリート層は必ず必要です。彼らは最高学府で切磋琢磨し、実社会で大きな責任を与えられる代わりに、命を賭して仕事をするのです。その活動が国内だけではなく、国際的にますます重要になっていることは、現代社会を考えれば疑いのない事実です。

しかし、いまの教育を見るかぎり、日本がこの重要性を認識しているとは考えられないのです。文科省の掲げるとおり、世界レベルの日本人は存在します。しかし彼らは日本から離れていくのです。私がアメリカで仕事をしていたころ、何人かの非常にすぐれた日本人に会いました。ある人は研究職として論文を生み出し、そしてある人は国連の職員として世界中を駆け回っていました。彼らは仕事の途中でキャリアアップのため大学院で再び学び、次のステップに進んでいくのです。

こうしたエリート日本人のなかで日本に帰った人を私は寡聞にして知りません。彼らたちは日本を嫌いなわけではなく、祖国に帰りたい、という感情はあります。しかし、日本において働くということは、障害のほうが大きく、益が小さいと感じているからなのです。特筆すべきは“自分たちの基準外の日本人に対して、日本は受け入れない”ということで、優秀な頭脳の流出は国家としての大きな損失です。

日本を一言で表すとすれば、「国民の標準レベルは世界で群を抜いて高いが、特筆すべき人材が少ない」だと思います。識字率100%の国など、日本以外、どこに存在するでしょうか。この点に関してはもっと世界にアピールしてもよい、素晴らしいことです。その一方で、多くの点で標準偏差が小さく、同じような人たちの集まり、という印象を外国人は強くもつそうです。その原点は、「日本社会は多様性を認めない」というところにあるのでしょう。


(以下略)

ここまでの分析は見事だし、全くその通りだと思います。

*中国やインドの留学生と比べて、日本人は母国に帰っている割合が高いです。彼らは、絶対に国に戻ろうとしません。

ただ、このあとに続く文章(省略)では、少し考え方が違うところもあります。

親が日本人で、日本に住んでいる子供なら、日本語が主言語になるのは、間違いないところです。

日本語がおかしくなるなんて、日本のイマージョン教育の状況を見たって、あり得ません。

いくら英語で授業をしたとても、「どちらの言語もまともに使えない」状態になる心配は無用と思います。

むしろ、英語力の低さが酷すぎるので、もうちょっと何とかした方が良いんじゃないか、というのが私の考え方です。(他人のことは言えませんが・・)

左翼系の英語学者には、「ウソを言うんじゃない!」と言いたいです。(笑)

関連記事

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。