ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「負けたのにヘラヘラと『楽しかった』はあり得ない」は、正しいか?

「負けたのにヘラヘラと『楽しかった』はあり得ない」は、正しいか?

「負けたのにヘラヘラと『楽しかった』はあり得ない」 竹田恒泰氏の五輪選手への「注文」が賛否両論
物議を呼んだ竹田氏のツイート


ソチ五輪で日本人選手の活躍が期待される中、「明治天皇の玄孫」竹田恒泰氏による選手への「注文」が賛否両論を呼んでいる。

2014年2月7日(日本時間8日未明)に開幕したソチ五輪。87か国・地域から約2900人の選手が集い、日本からは国外開催の冬季五輪としては史上最多となる113人の選手が参加している。

「国費」使われる以上「いい思い出になりました」は厳禁?

すでにスノーボード男子スロープスタイルの角野友基選手(17)や、フリースタイルスキー女子モーグルの上村愛子選手(34)は表彰台を逃したものの、国内ではスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅選手(17)ら注目選手のメダル獲得をはじめ、日本選手団の活躍に期待感が高まっている。

そうした中、明治天皇の玄孫で日本オリンピック委員会(JOC)会長・竹田恆和氏の息子でもある竹田恒泰氏が8日、ツイッターで口を開いた。

そこでは、「メダルを取る可能性がある日本選手」へ宛てて、2点の注文をつけている。1点目は、オリンピックでおなじみの光景となっている「メダルを噛む」行為をしないよう求めるもので、「品がない上に、メダルを屈辱することになる(原文ママ)」と言う。2点目は、国歌が流れる際には「聴くのではなく歌え」というもの。また「日本には国歌斉唱時に胸に手を当てる文化はない」とした上で「直立不動で歌うこと」と追加で注文をつけた。

さらに竹田氏は、選手のコメントについても物申す。「予選落ちしてヘラヘラと『楽しかった』などと語った選手」を問題視し、負けた際のコメントとして「思い出になったとか、楽しかったなどはあり得ない」としている。選手の発言くらい自由でいいのでは、との反論には「日本は国費を使って選手を送り出してます。選手個人の思い出づくりのために選手を出しているわけではありません」と返す。実際、選手1人あたりにどれほどの「国費」が使われているかは不明だが、竹田氏は「国費」に重きを置いているようで、仮に自身が国費で何かする場合には「成果が出せなくて、いい思い出になりましたなどとは、絶対に言わない」とも話している。

竹田圭吾氏「お国のために競技しているわけではない」

一連の発言は口調こそ「命令的」のものが多いものの、あえてツイートした背景には「世界の舞台で活躍するアスリートには、日の丸を背負った自覚をもって、立派に振る舞って欲しい」との思いがあってのことだという。インターネット上では「おっしゃる通りですね」「あのメダル噛むのみっともないよなあ」「国の代表だからなこれは正論」と賛同の声がある。

だが、その一方で「楽しかったと言った人が努力してないと決めつけるのは如何なものか」「『負けて申し訳ありません』なんて言われたら、スポーツは選手と国民の間の義務感と圧力の交換でしかなくなってしまう」などと反論も寄せられている。「ニューズウィーク日本版」元編集長の竹田圭吾氏も「選手はお国のために競技しているわけではありませんよ」と疑問を呈すなど、波紋を呼んでいる。


今更ですが、竹田氏の発言に関して、いくつかコメントを。

①「メダルを噛むな。」

大賛成です。

前から、なぜこのようなことをするのか不思議に思っていました。

せっかく取ったメダルなのだから大切にして欲しいし、噛む行為は、ジョークを通り越して品がないし、そもそも噛む意味が分からないし、汚い感じもするし、なぜみんながこういうことをしているのか、理解できませんでした。

大部分は、報道陣に言われて噛んでいるらしいので、選手ではなく、報道陣に文句を言った方が良さそうです。

②「直立不動で国歌を歌え。胸に手を当てるな。」

上に比べると、大した問題ではない感じがします。

そもそも胸に手を当てている日本人選手とか、いましたっけ?

三浦カズ選手とかサッカーでは時々見ますが、オリンピックでは、あまり記憶にありません。

歌うことについては、強制することでもないように思います。

③「負けたのにヘラヘラと『楽しかった』はあり得ない」

これは、オリンピックに出場することを、選手あるいは国民がどう捉えるかで、変わるように思います。

オリンピック選手は、国の代表として出場し、日の丸を背負って戦うものという認識であれば、「負けても、楽しめた」というコメントは、多くの国民にとって少なからず違和感を感じる言葉と思います。

せめて、「負けて悔しかった。次頑張りたい。」ぐらいは言った方が良いのではと。(笑)

たまたま選ばれて出場したという認識の選手であれば、国代表という意識が元々少ないので、上記コメントが出るのでしょうね。

「ニューズウィーク日本版」元編集長の竹田圭吾氏は、「選手はお国のために競技しているわけではありませんよ」と言っているようですが、これもまた違うのでは?

少なくとも、日本国の代表として選ばれ、派遣されているのは間違いありません。

完全な個人参加ではありません。

もちろん、選手のオリンピックに向けた目標は様々だと思いますが、少なくともその中の一つに「日本のために戦う」という目標を入れてもらわないと、と感じます。

でも、こういう考え方については、若い選手などは慣れていないでしょうから、競技団体の方でレクチャーをしておくべきだと思います。

ほとんどが、選手だけで解決するような問題ではありません。

税金云々に関しては、何回か言ってますが、元々我々はオリンピックに対して大したお金を払ってもいないので、選手への不満に強制力を持たせる根拠にはなり得ないと考えています。


ブロゴスで、政治学者の凜さんは、以下のように感想を述べています。

言ってみれば勝手にこちらが応援しているだけで、それなのに勝利すればひたすら「感謝」の言葉を求め、負ければ「謝罪」が強いられるのでは、やっている選手にとってはたまったものではないかと思います。

 念のため誤解のないように言っておくと、私は応援するのがおかしいといっているわけではなく、こちらが勝手にやっていることなので、応援したことに対してそれに見合った何かを求めることがおかしいと言っているに過ぎません。


オリンピックは、4年に1度の一大イベントだし、マスコミも煽るだけ煽るので、国民の期待もどんどん膨らんでいくのだと思います。

で、その期待が大きく裏切られた時に、「憤懣やるかたない気持ち」、「失望感」、「怒り」が生じることから、何らかの形で「代償」させることで、傷ついた心の安定を保とうとしていると感じます。

選手が謝罪するのが、一番手っ取り早い不満解消法なので、賢い選手は、とっとと謝って事を収めようとします。

その時、マスコミが、余計な気を回して、選手を誘導したりします。

でも、こんな事までして、選手が批判から逃れなければならなくなるのは、元はといえば、マスコミが「メダルが取れる」と煽りすぎたせいで、国民の期待が必要以上に高まったことが原因だと思います。

成績が振るわなかった時は、今度は、責任を選手に負わせ、選手から謝罪の言葉を引き出す役割をするわけで、全く悪い奴らだよな、と言わざるを得ません。

まさに、持ち上げるだけ持ち上げといて、落とす、というやり方そのものです。

メダルを噛ませたり、選手を愚弄したり、下衆ですね。


今回のコステリッチ父への非難は、ファンの「代償行為」だったのでしょうね。

選手を非難できないので、代わりのものを見つけたのでしょう。


*放送局は、大金をはたいて放映権を買っていますから、視聴率を上げたくて、煽るだけ煽るのだろうと考えています。ある意味、選手は、巨大な商業ショーを盛り上げるための1商品として扱われています。国民感情を盛り上げるのに手っ取り早いやり方は、「感情移入」させることでしょうから、様々な苦労話や、感動ストーリーがこの時期に一気に出てきます。ただ、その中にも客観性が高くて、参考になりそうな記事等は、本ブログでも引用させていただいています。

*地域対抗が、一番盛り上がるのですよね。全中スキーがイベントとして盛り上がるのも、選手が、県代表として出場しているからでしょう。郷土愛が、背景にあるのだと思います。ブログへのアクセス数から言うと、インターハイは、全中ほど注目を浴びていません。推測される理由として、高校レベルになるとスキーが専門になってしまう選手がほとんどなので、選手や関係者の絶対数が減る、程度の差はあれスキー留学をするケースが増えてくるので、その県で育った選手という感覚が薄れてくる、などがあるかもしれません。身近なクラスメートが出場したりする全中と違って、(あの子がスキーで全国大会!という)意外性が無くなるのかもしれません。(笑)オリンピックは、まさに地域対抗の全世界版ですから、盛り上がらないわけありません。


以下は、ブロゴスコメント欄から、


●日本のイヌ

代表になるということは、費用負担はもとより、選に漏れた他の選手たちの分まで背負うということなので、嘘でもいいから悔しいとか申し訳ないという言葉が出てきて然るべきだと個人的には思いますが…。

自分でやってもいない(あるいは現役時代ははるかに低レベルだった)役員風情が威張ってるんじゃなねえや、まず国民と選に漏れた選手に謝るのはお前らだ、という面の方が大きいですね。


●信濃太郎

オリンピック運動の「憲法」ともいうべきIOC憲章では、その規則6において
  「オリンピック競技大会は、個人種目または団体種目での選手間の競争であり、国家間の競争ではない。」
としている。「日本国が選手を送り出したのだ」と考えるのは応援側の勝手だし、選手が「自分は国家を背負って戦っている」と意気に感じるのもまた各選手の勝手といえば勝手だが、それらはあくまでも内心でそう思えば、という話であり、公言すべき性質のものではない
2020年に自国でオリンピックを開催するその日本で、しかも父親がそうしたオリンピック運動に深く関与している環境の竹田氏が「日本、日本、メダル、メダル」とばかり強調しているのだとしたら不勉強の誹りを免れないだろう。まあ、ソチの興奮で筆が滑ったというところか。


●rrslasher

メダル噛むの、行儀悪いし、雑菌身体の中に進んで入れてるみたいでオエーって気持ち悪い気分になるから、俺はずっと止めて欲しかったんだけどもね~…。


●yahoo user db71f

マスコミにいやいややらされている選手も多かったようですよ。
禁止されて、断る理由ができてよかったと言っている選手もいましたね。


●Torajiro Futen

TV見てましたが、竹田さんは至ってまともなことを言っていたと思いますよ。 税金を使っているのだから、最低限の振る舞いをすべきだ。と言う主張です。 負けたときは、少しは悔しいと言う態度をすべきで、楽しかったでは済まない。ということです。 一方、竹山などの芸能人は、選手は国内予選も勝ち抜いて努力して来たので、顔では楽しいと言っても、本心は悔しいはずだ。 それぐらい察してあげるべきだと。 どちらも、納得しますが。 要は「最低限のマナー」は守りましょうね。って言う竹田さんの主張の方が大人の考えでしょう。(以下略)


●ハイ・ロッキン

いつから流行りだしたのか・・・ もう見飽きたし、
もはや流行遅れでちょっと恥ずかしいので、やめてほしい感じ。


●Nako Nishi

わたしは玄孫の主張に一部共感ですね

勝負に負けて「楽しかった♪」「清々しい♪」はちょっと応援していた国民、五輪出場を逃した選手にも失礼
そういう気持ちも分からないでもありませんが、心の中に閉まっておいて欲しかったです

血の滲むような努力をして五輪出場された一流選手だからこそ、ちょっとした気配りをお願いしたいものですね

(以下略)


●Torajiro Futen

同意。 要は、実業団でもそうだが、会社に金もらって試合に出て。 負けて楽しかったじゃ、その会社の社員は怒ると思いますよ。 会社の金を税金に置き換えると。 やはり、楽しかった・・・ヘラヘラ。じゃ不味い。 形だけでも悔しかった。と示すべきですね。 負けた選手も努力しているのは重々わかっていますが、最低限のマナーだと思いますね。 あと、竹田さんが名前を上げませんが悪い例の選手がいる。 と言ってましたが、多分。 バンクバーのハープパイプの国母選手だと思いますね。 あのレベルの話をしているのを、メディアは大げさに報道しているのでしょう。


●null

別にメダル噛みたくて噛んでる奴は殆どいないでしょ
マスコミに「じゃあ噛んだところ写真とりますんでー」って言われりゃ、まあそうしとくか、ぐらいのもんで

強化費を韓国の1/4、中国の1/6しか出さないくせに、国費だどうだって言って散々選手を責めりゃ気が済むの?
第二の円谷幸吉でも生むつもりですかね


●yahoo user db71f

そうなんですよ、我が国はオリンピック選手にお金使わな過ぎなのです。
だからもっと強化費を増やそうという声はあるのだけれど、負けてもへらへらしてるような選手がいると、そんな奴のために無駄な金使うな、と言う人が必ず出てくるんだよね。
困ったもんだ。


●butadon_daisuki

「国費が使われているのに」とは、交付を受けているJOCなどの
団体に対して言うべき言葉です。

有名選手でもなければ、スポンサー探しには苦労している人が
多いらしく、そんな状況であるにもかかわらず、「国から金を出して
やってるのに」と恩着せがましいことを言う人の方が恥ずかしい
ですね。


●とつ

芸能人が五輪選手サイドの応援をするのは、
大衆の娯楽として消費され、
また時には理不尽な批判にさらされたりする、
という職業上の共通点があるのも
大きな理由だと思います。

シンパシーを感じるんでしょうね。


●Torajiro Futen

芸能人の選手に対する過剰とも言えるシンパシー。 自分になぞられている。 そう言う面もあるかも。 それと、人気商売ですから。 なるべく大衆迎合的な発言になるのでしょう。 もし、マナーが悪い選手が、大衆から批判が起こったら、ころっと意見を変えるでしょう。 テリー伊藤的? 

関連記事

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。