ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

「努力は必ず報われる」の意味

「努力は必ず報われる」の意味

以下は、精神科医のシロクマさんのブログから引用させていただきました。

「努力は必ず報われる」の残酷さは「報われないならそれは努力ではない」にある。

「努力」。
 
 この言葉をやたらと礼賛する人がいる。
 努力さえすれば必ずなんとかなる。人間、努力が肝心だ。努力せよ、努力せよ、努力せよ……。
 
 私も努力は大切だと思う。しかし、[努力すれば必ず何とかなる]とは思っていない。努力は、成功するための必要条件かもしれないが、十分条件ではない。世の中には、無駄な努力を積み上げた人、非効率な努力を続けた人、見事な努力をしたのに不運にやられてしまった人がたくさんいる。だから私は「努力はしたほうが良い、よく選んで、よく考えて」とは思うけれども、「努力すれば必ず報われる」という思い込みには与したくない。
 
 なにより、冒頭のツイートが示しているように、「努力は必ず報われる」という思い込みは、「報われていないならば、それは努力が足りないからだ」という決めつけと表裏一体の関係にある。この考え方の人間は、報われていない人間、満足していない人間を無意識のうちに疎外する。報われていないと思っている他人を疎外し、もし、自分自身が報われていないと思うなら自分自身を疎外する。実際には、努力が必ず報われるわけがないし、努力が幸福やアチーブメントを予測する唯一の要素でもないのだから、この疎外は、不当である。
 
 
「努力がほぼ必ず報われた時代」の置き土産

 
 問題は、誰もが「努力は必ず報われる」と錯覚しやすい時代があったことだ。
 
 高度経済成長期の日本では、「努力はほぼ必ず報われた」。敗戦後の貧しい日本は、その貧しさから立ち上がり、収入も生活水準も右肩上がりだった。この時代の人達が努力を重ねたことは疑いないし、その努力の土台のうえに、今日の繁栄があることを忘れてはいけない。人々の努力は収入に、生活水準に、必ず反映されているかのようにみえた。「あの頃は、みんな頑張って働いて、みんな豊かになっていったんだよ。」。
 
 この「努力が必ず報われていた」かのようにみえる昔話も、少し角度を変えてみると違って見える。
 
 そもそも敗戦直後が貧しすぎた。日本が空前の豊かさに疾走する直前に、日本は空前の貧しさに見舞われていた。株価もそうだけど、底辺からスタートすれば、何事も上向きやすい。心理的にも「頑張ったら上手くいった」と思いやすい。戦後世代の「努力が報われる」感の原点には、貧しすぎる敗戦からのスタートがある。
 
 そのうえ、朝鮮特需なども手伝って、社会全体が急激に変わっていった。社会は、全くダメな努力しかできなかった人も、実際には努力しなかった人も、(多少の差はあるにせよ)ほとんど全ての日本人を強引に引っ張り上げた。金持ちも、貧乏人も、働き者も、怠け者も、冷蔵庫を手に入れ、テレビを手に入れ、エアコンを手に入れた。食生活は西洋化し、日常の食卓に卵や牛肉が出てくるようになった。
 
 一昔前の世代のなかに「努力は必ず報われる」と思い込んでいる人がたくさんいるのは、当然だと思う。実際、努力は必ず報われていたのだ!どんなに拙い努力しか出来なかった人間も、冷蔵庫を、テレビを、エアコンを手に入れた。補足するなら、「努力の質・量とはあまり関係なく、報われたと体感しやすかった時代」だ。社会全体がエスカレーターに乗っていたから、努力の下手な人や努力を怠る人も、白物家電やメディアの恩恵に与れた。もちろん、人間の生は苦しみや葛藤を伴うものだから、努力の質・量とは無関係に「俺は。努力した。そして報われた」という主観的印象が残るだろう。当該世代は物的に貧しくスタートしたから、物的充実と人生の充実を近似しやすいという点でも“有利”だった。
 
 そんな社会全体のエスカレーターが止まってしまった。
 
 努力を怠る人はもとより、努力の下手な人はあまり報われなくなった。努力の“目利き”がきかない人間には、努力の成果が実感しにくい時代がやってきた。いや、元に戻ったというべきか。どんな人間もエスカレーターに乗って上昇できる時代のほうが、どこかおかしい。

(以下略)


続きは、こちら

高度成長期で社会全体が上昇していたのが理由なのに、自分が頑張ったから成功したと勘違いして「努力は必ず報われる」と信じ込んでいる人が、上手く結果を出せていない人を「あいつは努力が足りない」と批判することはおかしい、という主張かと思います。

「高度成長期が勘違いをもたらした」は、推論としては面白いですが、証明は難しそうですね。

でも、高度成長が続いた理由の一つとして、みんなが必死に働いたというのはあるように思います。

個人個人に当てはまるかどうかは分かりませんが、社会全体の価値観としては機能していたのではないでしょうか?

あと、アエラなどによく見られる論調ですが、たいして頑張らなくても上の世代のおこぼれでのうのうと暮らしてきた団塊世代、対、いくら頑張っても報われない、搾取される若者世代という、対立構造化は、世代間の感情的な軋轢を大きくするだけで、何の解決にもつながりませんね。

上の文章も、そちらの方向に行ってしまいそうで、ちょっと危ういですね。


また、「努力は「必ず」報われる」という諺を、言葉通りに受け止めている人は、本当に「たくさん」いるのでしょうか?

その前提が、そもそも間違っているような気もします。

文字通りに受け止めている人は、むしろ少数で、少し頭が硬い人なのでは?

年のせいで思い込みが強くなっているのかもしれませんし(笑)、若い時からそうだとしたら、決して大きく成功はしていないように思います。

正確には、「努力は成功の確率を高める(もしくは成功の程度を大きくする)」ですよね。

努力したって上手くいかないことなんて、山のようにあります。

それでも、努力を続けていくことで、いつか上手くいく可能性が上がるし、人間的な成長に繋がると信じているのです。

思っているだけでなく、実際にそういうケースをたくさん見聞きもしているわけです。

逆に努力しなければ、(天才でもない限り)成功することはほとんどないのも間違いないところです。

ですから、「努力は必ず報われる」は、現在上手くいっていない人に向けて、「頑張っていればいつか必ず実現する時が来るよ、あきらめないでね」という意味で使われるのです。

叱咤激励的に使う場合は、やる気もなく、毎日ダラダラ生きているような人に対して、「努力すればもっと成績が上がる、仕事の業績が上がる、etc、のだから、もっと頑張れよ!(やればできるんだから)」という使い方になります。

「目標に向かって頑張れる力」というのは、人生では本当に大事なことと思います。

目標の実現性を「運」や「環境」の結果と考えがちの人と、自分がどの程度「努力」したかに依存すると考える人に分かれると思います。

経験上、後者の方が成功しやすいですね。

基本的には、人に頼るのではなく、自分で何とかすることが必要です。

「与えよ、さらば与えられん」

に関連して言えば、「自分自身に与える(高める)ことが、いつか自分自身に返ってくる」という意味にも解釈できると思います。


以下は、ブロゴスのコメント。

努力についていろいろな考えが述べられています。

●Ichitaro Yamada

マクロとミクロを混合した議論はあまり生産的ではない。私は貧しい家庭に生まれ、生まれたときからの障害があるが、常に健常者と同じ土俵で勝負してきた。何も無い私にできたことは唯一努力しかない。与えられた環境を個々人ではなかなか変えることはできないが、自分の行動は自分の意志で変えられる。努力によってのみ、自らの道を切り開くしかない。人生とは所詮戦いなのである。

●chikichikibanban

人生は、努力×才能×親×運
努力が実った方は、努力してよかった、努力が大事、
とお考えになりましょう。

しかし、努力しても、才能、親、運が味方せず、
うまくいかないこともありましょう。

●VX8431DnNA

ひとことで言うと、上の世代ウゼーってことでしょ?
難しいこと言わなくても、そこは同意しますよ。

●takayan

あくまで個人的解釈ですが、努力は報われるという意味は、「直接的な結果に結びつく」というよりも、「特定の事象にがむしゃらに取り組んだ」という行為自体が後々の人生においていつか役に立つという意味だと解釈しています。

●ghost_lei

方向性の問題だと思うけどね
確かに 努力すれば 必ず報われるとは限らないが
宝くじ同様 努力をしなければ かなりの確率で
つけを払うことになるだろう

今は 会社勤めがこのようだが 大学と出たとしても
ただ その反面 恵まれたインフラも有る
これを用いるかどうかは当人次第だろう

今までのような 宮仕えは無いだろうが
何時の時代でも 努力なくして 人生も進むことはできないだろう

かなり狭い範囲での 見解ですかね?

●butadon_daisuki

買わなければ絶対に当たらない宝くじのように、とりあえずは
目標に向かって「努力」をしなければならない。

しかし、全員が報われるわけがない。全員が報われるなら、
例えば東大受験生は全員合格し、あなたも私もみな東大卒だw。

人生の成功?においては外的要因によっても大きく左右されるので
なおさらだ。

今日、浅田真央ちゃんも、今まで人の何倍も何倍も努力してきたけど
SP16位だった。人生ってそんなもんだよ。


●言う見る聞く

努力がストレートの反映されにくい社会になった
学歴があっても、良い会社に就職できるとは
限らない、良い会社に入っても生涯安泰とは限らない。
あまり1つの事に拘り(努力する)すぎるのも危険で
どの様な状況にも対応できるよう幅広いスキルを身に付ける必要がある
深く狭くではなく、それなりに深く、それなりに広く努力し続けなくてはならない
大変な世の中になったものだ。

●igqjh2010my

努力は必ず報われるという絶対的な価値観がなければ、多くの人は努力の意義を感じないだろう。
もちろん結果はどうであれ努力そのものを楽しめる人もいるだろうが、かなりの少数派だろう。

似たような構造を持つものが道徳性。
道徳は現実世界との相対的な関係でしか存在できないが、道徳は絶対的に正しい、尊いなどの絶対的価値観を有していなければ、皆、道徳を軽んじることになる。

結局、人間で大切なことは、それが錯覚であっても、神話であっても、尊いものへの動機付けだろう。

●rosemarie

努力の押しつけを、日本は伝統的に美化してきた。
やればできると。
合理性より精神性と言って。
それも理論じゃなくて、心とか魂とか説明のつかないもので。

自分で努力してうまくいった、と思うのは自然だし問題ない。
他人や社会に圧力で努力をなんて言われたら、うんざりするだけが普通だと思うが、集団催眠にかかることもある。
単純な努力を受け入れてきた時代の方が幸福だったかもしれない。

努力をせずに、知性を下げて、難しい敵を増やす。もし、こう考えたらどうなるだろう。

反対に、難しいことに挑戦するのが楽しい、となったら努力はいらない。情熱のみ。

●cAHCj4BLnQ

言葉尻つかまえて
努力だけじゃどうにもなんないよ(´・ω・`)ショボーン
とかじゃどっちにしろ報われない人間だろうな

●kamokaneyoshi

自分の人生経験、周りの人達や友人の成功/失敗を見た場合、人生で成功するためには、才能、努力、運の3個の要素が必要であることは自明である。宝くじなどを除けば努力無しで「成功」することは有り得ない。その点で、努力することは大変大事である。しかしながら、いい大人で、努力すれば必ず成功すると考えている人がいるとは信じられない。高度成長時代に社会生活を送ったひとたちの多数がこのように考えているとするのは誤りだろう。

●考える葦

そもそも努力ってなんなのでしょうね。

私は子供の頃周囲から何も努力しない怠け者と言われていた時期があります。
でも、いつもテストなどの成績は努力していると言われた人より良かった。
それは別に私の頭が他より良かったからではないです。自分でも特別努力した記憶はないし、かといって周囲から言われるように怠けていたわけでもありません。
ただ、やるべき事をやっていただけ。

そして時が経ち私は大人になりましたが、やはり周囲は私が努力していると思わないのですよね。
何故かというと、「努力」と言われる事柄に対して他人と違うからのようでした。
その結果他人から見て怠けているのに結果が出る事を全て私が不正をしている事にされる。そして「おまえは努力していない」と言われる。

これらの事から推測すると、多くの人は「努力」という言葉の意味を勘違いしているのではないかと。
何か修行じみた苦痛を伴う事を努力と言うのなら、それは大きな間違いだと。
努力の過程で生じる苦痛はあって然るべき事ですが、それは必然ではないです。
そういう事が理解出来ない人ほど、無駄な労力を使い苦痛を味わうことが「努力」なんだと勘違いしているのでしょうね。

●yahoo user a3666

むろん多くの人は「それは額面通りに受け取る言葉じゃないよ」と
分かっているのでしょうけども。
そういう意味合いであろう指摘も上のコメントでいくつかありますし。

でもね実際いるんですよ、努力教とでもいえばいいのか・・・
本当に額面通りに受け取っちゃう脳筋が


関連記事

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -