ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

ダニエル・アルブレヒトの復活

Ligety wins giant slalom, Albrecht wins hearts

American Ted Ligety won the men's Alpine Ski World Cup giant slalom season opener on home soil Sunday, completing two runs in a combined total time of 2mins 37.67 secs.
Norway's Kjetil Jansrud was second, .82 of a second off the pace, with Austrian Marcel Hirscher third in 2:38.91
Ligety had the fastest time in the opening run, 1:16.14 and was third-best in the second run.
Swiss skier Daniel Albrecht finished 21st in his return to World Cup competition after a horrific crash in January of 2009 in a training run at Kitzbuehel, Austria, that left him with brain and lung injuries.
Albrecht was put into a medically induced coma and fought through a long rehabilitation before making his comeback to huge cheers from the US crowd.
Swiss skier Carlo Janka, who swept three races at the Birds of Prey course last year, failed to make a podium this time, going out in the second run after finishing 23rd in Saturday's Super G.
A downhill scheduled for Friday was wiped out by bad weather.
(2010/12/06 12:36)


英文は、短いですけど良い記事ですね。

クラッシュ後の医学的(人為的)昏睡状態と長いリハビリから復帰し、アメリカの観衆に大声援で迎えられたことを評して、彼は心に勝った(心を奪った)と書いています。



スキー:壮絶な大転倒のアルペン選手 奇跡の復活

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)に一人の有望選手が奇跡のカムバックを遂げた。5日に米コロラド州ビーバークリークで行われた男子大回転第1戦で、27歳のダニエル・アルブレヒト(スイス)が壮絶な大転倒から約2年ぶりに復帰して21位と健闘。ロイター電によると「ついにやってのけた。最高だ」と感慨に浸った。

 03年の世界ジュニア選手権で滑降など3種目を制し、07年2月の世界選手権でスーパー複合の金メダルを獲得した。スキー王国の期待の星と注目されたが、09年1月にW杯滑降の練習中に激しく転倒し、2週間も意識を失う重傷を負った。

 慎重なリハビリを続け、昨季のW杯最終戦では前走者として元気な姿を見せた。今季は前週にカナダで行われた滑降でW杯復帰を飾るつもりだったが、練習で好感触がつかめず取りやめた。ビーバークリークは3シーズン前にW杯初優勝した思い出の地。満を持して、復帰レースに臨んだ。

 1回目はひざを柔軟に動かした軽快な滑りで17位につけ、観衆から驚きの歓声を誘った。2回目は序盤で致命的なミスを犯して大きくタイムロスしたが、集中を切らさず完走した。

 ゴール後に息をつくと、右手で小さなガッツポーズをつくった。「全力を出し切った。これからは重圧を感じることなく滑り続けたい」と言った。(共同)


毎日新聞 2010年12月7日 12時39分(最終更新 12月7日 12時40分)




ちなみに事故時の報道は、次のようなものでした。

Swiss skier Daniel Albrecht in coma after crashing in training

Switzerland’s Daniel Albrecht sustained brain and lung injuries and was placed in an induced coma after crashing in training for Saturday’s World Cup downhill on the legendary Streif course in Kitzbuhel, Austria.

By Telegraph staff 5:25PM GMT 22 Jan 2009

daniel-albrecht_1393993c.jpg

Albrecht, the fifth racer on the course, lost his balance on the last jump of the piste and flew through the air for about 40 yards before landing on his back and coming to a stop near the finish line.
He lost consciousness and received medical attention for about 20 minutes before being taken by helicopter to a hospital in nearby St Johann where he briefly regained consciousness before being placed in an artificial coma. He was then transferred to the University Clinic of Innsbruck, race doctor Helmutt Obermoser said.
Obermoser said in a brief statement that Albrecht, 25, had bleeding on the brain and a lung contusion.

An induced coma puts the brain in hibernation so it can recuperate and allows swelling in the brain to ease.
“It was a very bad crash,” Swiss team-mate Didier Cuche said. “Daniel was having a great run but was forced into a backward position too much at the jump. I hope he’ll be well again soon.”
Cuche likened the danger competitors faced when tackling the particular section of the course as being the same as “opening a window at 140kmh on the motorway and you’ll see what sort of pressure you experience”.
The Streif is notorious as one of the most demanding downhill courses and Albrecht fell at the same place where American Scott Macartney was injured last season. Macartney, who fell on his back and lost consciousness, suffered a brain contusion after slamming his head on the snow and was out for the season.
Organisers lowered the final jump of the course after Macartney’s crash and clearly marked the natural wave so racers would be able to better time their jump.
“We’ve done everything that we reasonably could do to make it a safe course,” FIS race director Guenther Hujara said. “This was the best solution and was approved by most of the racers. The only way to avoid crashes is not to do a downhill race at all,” Hujara said. “We just can’t avoid all crashes. This was out of our hands.”
A former triple junior world champion, Albrecht is considered one of the most talented skiers on the Swiss team. He underlined his credentials by clinching gold in the super-combined at the 2007 world championships in Are, Sweden, and silver in the giant slalom.
He has four career World Cup victories, two of them in giant slaloms this season, and is eighth in the overall World Cup standings.
Thursday’s training session was interrupted for half an hour before resuming. Bode Miller posted the fastest time as he raced down the Streif course in 1 minute, 55.95 seconds to beat last year’s winner Cuche by 0.26 seconds.
Chemmy Alcott’s racing comeback following injury has been delayed after Friday's women’s World Cup downhill in Cortina d’Ampezzo, Italy was postponed. Heavy snowfalls and poor visibility made it impossible to hold practice sessions over the past two days.


Albrecht placed in coma after accident during Streif training

• Skier airlifted to hospital in Austria after crash
• Doctor diagnoses concussion and lung bruising


Daniel-Albrecht-001.jpg
Daniel Albrecht is lifted to a helicopter after his crash at the Streif downhill course. Photograph: Giovanni Auletta/AP

The Swiss skier Daniel Albrecht is in an induced coma after a serious crash on the Streif downhill course at Kitzbühel in Austria.

Albrecht lost control after flying through the air for about 40 metres, landed on his back and came to a stop near the finish line. He received medical attention before being taken by helicopter to a hospital in nearby St Johann, where he briefly regained consciousness before being placed in an artificial coma. He was then transferred to the University Clinic of Innsbruck, race doctor Helmutt Obermoser said.

Albrecht has been diagnosed with concussion and a lung contusion (bruising) and is undergoing further examination.

The 25-year-old Albrecht has four career World Cup victories; three in giant slalom and one in super-combi. He has two giant slalom wins this season, at Sölden, Austria, and Alta Badia, Italy, and is eighth in the overall World Cup standings.

The crash was similar to that of the American Scott Macartney last year on the Streif. He suffered a brain contusion after slamming his head on the snow and was out for the season.

Organisers lowered the final jump of the course after Macartney's crash and clearly marked the natural wave so racers would be able to better time their jump.

In yesterday's first training session ahead of this weekend's Hahnenkamm races, Austria's Michael Walchhofer almost fell backwards at the same point where Albrecht crashed. "The wind pushed the front of my skis up so I was lifted in the air," Walchhofer said. "That was quite extreme. I totally underestimated that jump."

Today's training session was interrupted for half an hour before resuming. Bode Miller of the United States posted the fastest time after the first 30 racers.



Updated: January 29, 2009, 7:58 AM ET

Albrecht suffers lung contraction

Associated Press

INNSBRUCK, Austria -- Swiss skier Daniel Albrecht suffered a lung contraction Thursday following small bleeds in the organ while in an induced coma a week after a downhill training crash.

Albrecht received artificial respiration to fight the contraction, the Innsbruck University hospital, where he is being treated, said in a statement.
"This is a common reaction of the lungs following several minor bleeds," hospital spokesman Johannes Schwamberger said. "It's no reason for worries and the contraction will disappear as soon as the bleeds have stopped."
The complication resulted in a further delay of the wake-up procedure as Albrecht will be kept in an induced coma until his lungs have sufficiently recovered, the hospital said.
Albrecht suffered brain and lung injuries following a crash in training for a World Cup downhill event in Kitzbuehel, Austria, seven days ago.
The brain injury was without complications, the hospital said.
The 25-year-old Albrecht is the reigning super-combined world champion and has two World Cup victories this season and four overall. He is 10th in the overall World Cup standings.

Copyright 2009 by The Associated Press



Daniel Albrecht determined to get back onto his racing skis

Swiss skier Daniel Albrecht left the hospital on Wednesday saying he wants to return to top-level racing after a crash that left him comatose for three weeks.

By Telegraph staff and agencies 10:31PM BST 29 Apr 2009

The 25-year-old Albrecht spoke to reporters for the first time since he suffered brain and lung injuries in a fall in Kitzbuhel, Austria on Jan 22.
"I've decided that I want to do everything possible to come back at the top," Albrecht said, but ruled out competing next season. "I like skiing as a cool job, but I know I have to consider the situation that it might not work out. First I have to be totally healthy again."
Albrecht was kept in an induced coma for three weeks by doctors in Austria to help him recover from internal injuries suffered when crashing in downhill training on the infamous Streif course.

He lost control in mid-air on the final jump and hit the slope heavily before sliding headfirst to a stop with his face pressed to the icy piste.
Albrecht said he asked his girlfriend to show him the video but still had no memory of the crash.
"It was as if I saw another athlete falling," he said. "I don't have any connection to this scene."
His total lack of recall also means Albrecht has no trauma talking about the accident, saying he accepts it as a simple fact.
The popular Swiss skier has had some neurological problems during an otherwise successful rehabilitation period, which continued at a clinic in the Swiss capital Bern.
He described seeing a butterfly and knowing all about it, yet being unable to name it. He also has difficulty concentrating when in a group of people talking.
Albrecht has lost weight and muscle and said he was unable to perform a single push-up during his first visit to the gym. He can now do 10.
"I consider myself a junior ski racer now and I'm looking forward to the first training," said the former world champion in super-combined, who missed the chance to defend his gold medal in February.
He will return to his family home in the Alpine village of Fiesch.
His main sponsor has shown faith in him by renewing a contract for two years, while the skier has extended the clothing line which he launched last season under the brand name Albright.
A line of T-shirts and baseball caps with the slogan "Never Give Up" will raise money for two foundations that work with brain injury patients.
"I know I was very lucky," said Albrecht, who won two World Cup races last season and has four career victories.


脳と肺の打撲(脳震盪と肺挫傷)→人為的昏睡(脳を3週間冬眠状態に置く、毎日記事では2週間)→この間、脳と肺から出血→肺の感染症・萎縮→人工呼吸器→肺挫傷の安定→意識の回復→リハビリ→記憶障害と集中力低下の後遺症→事故時のトラウマがない→復帰への決断(時間軸に関しては一部推測を含みます)

スビンダルは無意識(意識下)のトラウマを強靱な意志で克服しましたが、アルブレヒトは、海馬にダメージがあったためでしょうか、事故のことを思い出せないそうです。それが逆に幸いしたようです。

スビンダルについては、こちらこちらを参照。

「NHKスペシャル ミラクルボディー」には、アルブレヒトのインタビューも出てきます。ただ、この時には本当に復帰できるかどうか危うい感じではありました。

事故時の動画も検索すれば出てきます。

復活を可能にしたアルブレヒトの不屈の意志と努力に敬意を表します。



関連記事

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -