ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「誰が言ったか」より「何を言ったか」を重視すべき、という甘え

「誰が言ったか」より「何を言ったか」を重視すべき、という甘え

Hayato Ikedaさんのブログから、引用させていただきます。

「ネットで情報発信をしていますと、日々よくわからん方から絡まれます。面識もない人間からアホだのバカだの言われる日常。そういう声を無視していると、「イケダは口汚いことばのなかにある本質的な批判を見過ごしていて、人間的に未熟である」という批判をいただきます。今日はこのテーマについて考えてみましょう。

「誰が言ったか」より「何を言ったか」?

「イケダは口汚いことばのなかにある本質的な批判を見過ごしていて、人間的に未熟である」という批判の根底にあるのは、彼・彼女が「成熟した人間というのは、『誰が言ったか』ではなく『何を言ったか』で物事を判断できる」という価値観です。

「誰が言ったか」より「何を言ったか」を重視できるというのは、いかにも真っ当な人間のようですが、ぼくは最近、全然そんなことはないんじゃないかと考えるようになりました。

発言の価値というものは、「その人がこれまでどのような価値判断を下してきたか」という「歴史性」に依拠するものです。ぼくらは日常的には、「誰が言ったか」でその発言の価値を算出しているのです。

難しい話ではなく、たとえば「新入社員は三年の下積みをすべきだ」ということばを、本田宗一郎とか出口社長がいえば、なんだかその通りな気がします。

でも、どう見てもイケてないくたびれたおっさんが場末の居酒屋で同じことを言っていたら、何だか信用がおけないわけです。この人の言うとおりに下積みしていたら、こんなおっさんになってしまうんじゃないか、真面目に聞かない方がいいな、と。

本当に成熟した人間というのは、その人間のなかにある「歴史性」に目を向けることができる人です。「歴史性」は「文脈」といってもよいでしょう。むしろ、「何を言ったか」よりも、「誰が言ったか」を可能なかぎり正確に評価できる力が、成熟だと思うのですよ。

(中略)

未熟な人間というのは、その発言の背後にある「歴史性」を読みとることができません。視野が浅く、近視眼的なわけです。その背後にある無言・有言の時間から、メッセージを読みとることができない。

多くの匿名による意見が総じて「浅い」のは、まさにそこに歴史性(過去にどのような経験をして、価値判断をしていたか)が、読みとることができないからでしょう。その意見は、時間的な意味で、どうしたって「浅い」ものになってしまいます。

結局、「誰が言ったか」より「何を言ったか」を重視すべき、という意見は、自分の発言に責任を取ることができない人間の甘えた願望なのでしょう。」



この方は、漫然とした常識に流されて誰も深く考えたことが無いようなことに着目して、切れ味の良い意見を述べるという特徴があります。

ただ、その議論が割と屁理屈に近い場合があり、バッシングを受けることが多々あるようです。

青二才という表現がぴったりはまるように思います。(決して否定しているわけではありません。この感性はとても大事だと思います。)

でも、今回の記事に関して言えば、「誰が」と「何を」の2つを対比させて、優劣を付けようとしているところが、ピントが外れています。普通は、優劣を付けようなんて、考えないように思います。

私なら、当然両方とも見ます。(笑)

もっと正確に言うなら、その2つだけで無く、文章の表現や、引用先、経歴、業績、出身地、家族構成等、検索で分かるもの全てを見た上で発言の価値を判断します。

その発言が重要な意味を持ちそうな場合、どのような背景の、どのような思想信条の人間が、どういう意図を持って、そのような発言を行ったのか、過去の発言との一貫性も含めて、考えるのが普通だと思います。

その発言が意図的にトラップを掛けるようなものであったり、ミスリードを誘うようなものである可能性があります。

頭のいい人は、その意図を巧妙に隠した上で、トリックを講じる場合もあります。

発言を、全て疑っているわけにも行きませんので、その発言主の過去の行いから、「注意度」を変化させているわけです。

この人には、気をつけないと。あるいは、またこんなこと言っている、など。

過去の行いがあまりにも悪いと、「オオカミ少年」扱いされるのは当然です。

先日の記事の「香山リカ氏が「私たちが反対するとむしろ賛成に回る人達が増えるくらい、私たちリベラル派は嫌われている」」なども、同じ系統ですね。

この場合は、発言の内容は考慮されず、誰が言ったかだけで判断されてしまう傾向を嘆いているわけです。

ある意味、ステレオタイプ化による「思考放棄」かもしれません。

こいつが反対しているのなら、正しいことなのだろうと。

逆に、この人が主張しているのなら、間違っているのだろうと。

考えないから、楽なんですよね、たぶん。

基礎スキーの教程が最後は、そんな感じになっていました。

水平面、二軸、内脚主導、ハイブリッド、肩甲骨、自律神経、起こし回転と来ていましたから、最初は我慢していた人たちも、またこんなデタラメを言いやがって、もういい加減にしろ!という感じになっていました。

最初は、地位や権威、もっともらしいトークで騙されていた人たちも、最後は怒ったり、呆れたりという感じだったと思います。

その矛先は、教程作成者だけで無く、SAJ、教育本部、デモ、雑誌にも向けられました。

これらの組織、人、媒体など全てを見放した人も多かったと思います。

影響は甚大すぎますね。はたして信用を回復できるのだろうか。


以下は、コメントです。

●/qQwHNiayQ

年輪を馬鹿にしてはいけません。
バカでも輪の外の人は輪の内を見て経験して来てるのですから、貴方が軽蔑する小汚いおっさんも貴方の年代の内なる世界をくぐって来ているのです。

「誰が言ったか」ではなく、「何を言っても」、その中に露骨に未熟さを感じるのだから、誰が言ったからなどと結果としてのレッテルと勘違いをして欲しくないのです。

筆者の歴史性も性格も思想も読み取れない巧妙な年寄りもいますけど。貴方の場合、その文脈の中から容易に読み取れます。
その感覚、主張その物に人生の稚拙さを感じるから、多くの年輪を持つ親が自分の子供に持つのと同じ危うさを感じてしまっているのです。

●gahyon

権威主義者においては、「誰が言ったのか」が最大の問題ですからね(笑)

●Lieutenant_H

>たとえば「新入社員は三年の下積みをすべきだ」ということばを、本田宗一郎とか出口社長がいえば、なんだかその通りな気がします。

ここで、イケダ氏が「一方、私のようにすぐに辞めた社員が下積みが大事といっても信用されない」という自虐に走ったらウケタのだが。。

●北谷孝 (yahoo user dfb11)

面白い実験を仮想してみましょう。「現在の生活保護制度をどう改善すべきか」という課題で、3000文字以上で有名人と素人とに意見を募ります。この意見の著者属性(つまり、職業・経歴など一切の肩書)を隠して、その正味の内容だけで優劣を評価してみます。
有名人が果たして高評価を得ることができるでしょうか。

私たちは無意識のうちに、肩書によって、内容までを評価しがちです。
大学教授は一般素人より、正しい素養を持つと思いがちです。しかし、肩書を隠して、その意見内容だけを抽出して一般人と比較したらどうなるでしょう。
面白い実験だと思いませんか。こんな実験はマスコミはしませんよ。自分の特権が台無しになってしまいますからね。



一方、武田邦彦さんが、「「何を言った」より「誰が言った」という社会」という記事を書かれました。

「最近では、たとえば「原発の廃棄物を片づけてから原発の再開を考えるべきだ」というのは何10年も前から多くの人が言っているのに、小泉元首相が言ったというと、みんなが「小泉さんが言ったことは正しいか?」という議論を始める

つまり、「何を言った」というより「誰が言った」に極度に注目していることを意味している。もちろん、人間社会だから「誰が」も重要だが、程度を超えているように思う。私たちはもう少し慎重に、「言った人」ではなく「言ったこと」に注目すべきではないだろうか?

(中略)

若いころから私は話をしている相手が、どのような生い立ちなのか、どこの学校を出たのかほとんど興味を示さず、聞かないことにしている。ときどき「少しは調べなさいよ」と言われることもあるけれど、その人の言うことや行動だけに注目してそのまま自分で考えたほうが良く分かる気がする。

このような考え方の延長だと思うけれど、私は「空気」というのが嫌いで、空気というのは「あの人は偉い人だ」とか、「あの人の考えはこうだ」というように「人」に中心があり、「その人が今、どういう意見を持っているか」というのは言葉でしか伝わらない。

「空気を読む」限り、自分の力を上回ることはできないし、先入観をさらに深めることになるだけのように思う。」


以下は、コメント。

●ちょば☆非公開ユーザーお断り

これはブーメランだよな~。

自分が研究者だってことをいいことにさんざんデタラメを言ってきて、それをその立場で信じさせてきたくせに、デタラメがバレて批判の矢面に立つようになると、誰が言ったかじゃなくて何を言ったかだ!って、あんた節操がなさすぎるよ。

何を言ったかの「何」がすでにデタラメでしょうが。

今や武田がいうなら安心してデタラメ認定できるってレベルまで落ちているのによく言うわ。

●kn9+b7cDzg

私も、武田邦彦氏が書いということだけで、それは嘘に違いないと思って中身をまともに読むことは少ない。今回は久しぶりに登場したので読んでみたが、「お前が言うな」の内容であった。

●yahoo user 2354c

私は「空気を読まない」を、私の方針にして40年ほどになります。そして、言い方はできるだけストレートに本質をつくようにしています。人間関係は考慮しません。人間関係を考慮して言い方を変える人は、たいていの場合自己保身を最優先に考えている人であり、信用できない場合がほとんどです。思いやりの心で人間関係や空気を読むなどということをしている人に会ったことがありません。

●考える葦

>「言った人」ではなく「言ったこと」に注目すべきではないだろうか?

これにはおおいに同意いたします。
話の内容が同じでも、言った人によって聞き手の反応がまるで違うというのはたしかにどうなのか、と私も思うので。(例外というのはありますが)

ただこの武田邦彦さんの場合普段言っている事がアレですので、今回の記事が「俺の話をちゃんと聞いてクレよ!」的なものであるのならそれは人を見て聞いてないのではなく内容が悪いからだと思います。

また「空気」に関しては読む読まないは人それぞれですが、それをして「「空気を読む」限り、(中略)先入観をさらに深める」と断言してしまう所が彼らしい
私は、空気を読む事と自分の力を上回る(これは成長するという事?)事に直接的な因果関係があるとは思えません。
それに先入観で固まっているのはあなたでしょう、と。

●lostbabies

賛成できませんね。
「誰が言ったか」は重要なファクターです。
なぜなら発言には必ず発言者の意図や経験が裏に隠れてますから。
言葉だけを切り取って論じるのはナンセンスです。

●視野箱

「誰が」によって注目度に違いがある、、、
単純に ネームバリュー(name value) のことですね。
高くなると、一定量の、賛同を得られれば効果は大きく、否定されれば傷が大きくなるのも、この効果のためですね。
ま~加えて煽りネタとしてマスコミに利用されやすくなるのも、より賛否が大きくなる相乗効果ですね。

●yahoo user a3666

>みんなが「小泉さんが言ったことは正しいか?」という議論を始める。

みんな・・・?一緒にしてほしくないです。

それと筆者自身、

>中部大学教授。福島第一原発事故を巡る発言で脚光を浴びる

教授という肩書きがあったから脚光を浴びたんだと思うんですがね。

●XvslZuMyPQ

何を言ったかより、誰が言ったかの方が大事です。

社会的に重要な発言というのは、専門性が高かったり、特定業界に精通していなければ知り得ない内容であったり、適切な判断ができなかったりすることが多い。(誰でも真実を知り得て、適切な判断ができる内容なら、他人の発言の重要性を考える必要さえないのだから。)

だとしたら、職業を持ち、家庭を持ち、日々生活している人々に、そういった発言の中身を検証する能力も、余力も、時間もないのだから、何を言ったかではなく、誰が言ったかで判断する以外にないだろう。
医学のことは医師に聞く、法律のことは弁護士に聞く、原子力のことは原子力の専門家に聞くしかない。

●cornelius_hr

”誰が言ったか”は”何を言ったかか”と同じぐらい大事です。

例えば、同じ脱原発でも専門的な研究をしてきた人やエネルギー行政に直接携わってきた人が言うのと、テレビで海パン一丁で踊り狂ってたヤツや鼻に金具付けて「へいよー」とか言ってるヤツが言うのとではその言葉の重み、説得力に雲泥の差があるのは明らかです。

●坪根 崇典

お前が言うな大賞へのエントリー、ありがとうございます。

●dy9jtiau+g

>若いころから私は話をしている相手が、どのような生い立ちなのか、どこの学校を出たのかほとんど興味を示さず、聞かないことにしている。ときどき「少しは調べなさいよ」と言われることもあるけれど、その人の言うことや行動だけに注目してそのまま自分で考えたほうが良く分かる気がする。

武田教授それは嘘だろう。
バラエティ番組の「ほんまでっか」で武田教授は新しいコメンテータが出演すると、そのひとの出身校と経歴をとくとくと紹介してますが・・・。
名前で金儲けしているのはお前だろう。
研究者でもないのに、思いつきで温暖化を絶賛して稼いだのは誰、脱原発で稼いだの誰、ダイオキシンで稼いだの誰、みんなお前だろ。

●星野泰弘

クレバー・ハンス現象を思い出した。
また、「株価は美人投票」という言葉を思い出す。
よく自分は「多数決は多数派のケツに付くこと」と言っている。
つまり、自分は何も知らなくとも、多数派に便乗することさえ知っていれば、
多数決社会はたいていなんとかなる。

現在の日本社会はたいていそうだ。
いくら理に叶っていても、誰も同情もしてくれない。
でも、多数派になった途端に、特別立法がされる。
「一票の格差が理不尽だ」と言って説明しても少数派だから無視される。
一方、大震災が起こると多数派だから、
「生活保護制度では資産を保持し続けられなくて不十分だ」と特別立法される。

●o66miP0WDw

後に分かる事なのだが、福一事後ちょくごから平然とデマを流す国立大の教授がいた。専門外だが。権威のある国立大の教授の発言として、当時はマスコミに大きく取り上げられ、一般民衆の恐怖心を煽るような話により信じてやまない人が多く出てきた。反証が多く出ていたにも関わらず、それはそういう民衆の耳には届かなかった。
今では、誰にも相手にもされないようなデタラメな話であった事は既知であり、この教授自身も一部の信者を除き信用を失っている。
この事例は、タイトルとは異なる行動を一般民衆は取り得ると言う事を示している。筆者がこのブログを書いた動機は不明であるが、下世話な一民衆として考えるに、言い訳か責任転嫁したかったのだろうと想像するが、全くそうなっていない事が分かる。

●miyu

私ももはや「武田邦彦が言った」だけで妄言と判断しています



この2つの記事で、どちらかを選べと言われれば、私は迷わずイケダ氏を支持します。

思い出してみてください。

原発事故が起こった後で、この方や、K大、G大などの大学の先生たちが、被曝の危険性を過大に発言し、一般人に対して、パニックに近い恐怖心を与えていたことを。

現在のところ、彼らが予言していたことは、何一つ起こっていません。

何年かしたら、ガンが大量に発生するなど言っている人が未だにいますが、そんなことはあり得ません。

ひとことで言えば、デタラメを言っていたわけです。

3人の背景については、武田氏は、科学者のようですが専門は不明、K大の先生は、原子力工学が専門、G大の先生は、火山学が専門で、いずれも放射線の人体への影響については、素人です。

何で素人のデタラメな発言が、あそこまで影響力を持ってしまったのか?

マスコミが危険性を煽り立てたこともあるでしょうし、「リベラル」にとって最大のチャンスだったこともあると思います。

この結果、問題処理に当たって、科学的な判断がされずに、感情的な反発で規制値が変わってしまった、という禍根を残しました。

今でも、数々の反対により、合理的な対応が取れない状況です。

私自身は、マスコミ報道や、上記教授たちの主張が、間違っていることを相当早い段階から主張していました。

私が知っている限りでは、日本でも最も早期の発言の一つだったと思います。(しかも、スキーブログで(笑))

ずいぶんバッシングを受けましたが、でも、内容が正しかったことは、今では分かっていただけると思います。

長い間、ブログを見ていただいている方は、割と信じていただけるのではないでしょうか?

あいつが言っているのなら、正しいのかもしれないなと。

そう思っていただけるように、努力してきましたし、これからも続けていくつもりです。

まあ、勝手に思っているだけなんですけどね。(笑)

関連記事

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。