ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

なぜリベラルは嫌われるのか

なぜリベラルは嫌われるのか

城繁幸さんの標記タイトルのブログ記事に、興味を引かれました。

香山リカ氏が「私たちが反対するとむしろ賛成に回る人達が増えるくらい、私たちリベラル派は嫌われている」と嘆いて話題となっている。例の秘密保護法案に対しリベラルは熱心に反対活動を展開したものの、それがむしろ賛成派を勢いづかせてしまったように感じているらしい。
実際、そういう向きはあるように思う。筆者自身、少なくとも団塊ジュニア以降の世代で、リベラルが好きだという人間にあったことがない。たいていは“リベラル”や“左翼”と聞いただけで敬遠するか、露骨に嫌な顔をする人間ばかりだ(筆者も含め、いわゆるネットウヨク的な人達ではなく、外交では右も左も混じっている)。

だが、筆者がむしろ驚いたのは、香山氏が「なぜ自分達リベラルが嫌われるのか」という理由をいまだによく分かっていない風に見える点だ。というわけで、彼らが嫌われる理由を簡単にまとめておこう。
(以下略)」

で始まる記事の要旨は、

(1)強きを助け、弱気を憎むから

日本の金融資産の6割以上を所有している60歳以上の高齢者が「現役世代を搾取している」構図を、リベラルは温存しようとする。世代間格差の是正に熱心なのは、いわゆる保守と呼ばれる立場の政治家や専門家たちで、最もやる気がないのがリベラル派である。

(2)大きな政府を否定し、小さな政府を主張するから

日本は世界で唯一、終身雇用という奇妙な雇用形態が存在する国。終身雇用を守らせておくだけで、政府は社会保障のコストを大幅に抑制できる。要するに究極の“小さな政府”政策である。

企業は、あんまり能力の無さそうな人や病気がちの人、そして出産にともない休職する可能性の高い女性は、なかなか雇わない。結果、男性を中心としたエリートは終身雇用というセーフティネットの中に入れてもらえるが、そこから漏れた人達はほったらかされることになる。


(以上、「北条かや だからリベラルは嫌われる?~城繁幸氏「なぜリベラルは嫌われるのか」から考える~」より抜粋)

一言で言えば、主張している弱者救済を現実にはほとんどせず、自分たちの既得権益を守ることばかりしているから、ということかと思います。

ただ、私としては、言い足りない感じ(笑)が凄くするので、少し付け加えると、

・常に他人のことを批判し、文句を言っている。

・じゃあやってみろとやらせてみると、できない。

・むしろ逆のことをしてしまう。(民主党のことです(笑))

・その言行不一致に対して、ほとんど責任感を感じない。

・批判を受けると言い訳をする。やがて内部で責任のなすり合いを始めて、集団がバラバラになる。

・常に「弱者のため」と言いながら、自分の主張をごり押ししてくる。

・例:本当に困っている福島の人に対する支援よりも、イデオロギー的な、反原発・政府批判を優先させてしまう。(自分に都合の良い思考回路を持っている)

・同じような人たちが、反原発→オスプレイ反対運動→特定秘密保護法反対、とネタを変えながら、いつも同じような運動をしている。(商売としての左翼ですね)

・総じて言うと、ステレオタイプの理念を共通して強く持っていて、その理念の実現に向けて、現実とのフィードバック、判断をバランス良く行えない集団というイメージです。特に、自己主張・思い込みが強く、相手の立場や気持ちを理解できない身勝手な傾向が見られます。だから嫌われるのだろうと。(笑)

私以外にも、北条さんのコメント欄に、いろいろな方が理由を書かれているので、参考までに引用いたします。

●yahoo user f97c4

ほう。団塊ジュニア世代以降の人にはリベラルってこういう印象なんだ。と気づき、参考になりました。
世代によっても、リベラルの捉え方ってずいぶん違うものなのだなぁ。

私にとっての「リベラルな人々」のイメージは、やはり「”弱者の味方”という立ち位置の人々」です。

ただ、個人がまず弱者を救おうという志をもったら、自分の能力を磨いて、その能力を(金儲けは目指さずに)直接弱者救済に使う人生を目指す(教師、医師、弁護士などの専門職や新たな技術を生み出す技術者など)か、自分の能力でできるだけ多くの金を稼ぎ(経済を成長させ、外貨を獲得し)国を富ませることで結果的に弱者を救うか。いずれにしても自分の能力を伸ばす努力をし、社会に直接貢献するか、富を生み出すことでしか弱者救済はできない。

にもかかわらず、「自分自身は何も努力せず、人の努力と人の稼いだ金を掠め取って、弱者を救済しようとする人」「そのためにありとあらゆる屁理屈をこねまくる人」・・これが「リベラルな人」のイメージです。

もちろん、本来の意味のリベラリストとは違います。日本の「リベラルな人」のイメージは、こんな感じ。
だから嫌いなのです。

あと、「論理よりも感情を重視」というイメージも強いですね。
もともとマイノリティだから、というあせりと甘えがあるのでしょうが、ロジックで議論するより、すぐ「戦争がww」「ファシズムがww」とか極端な例示でしか反論したがらない。

普通に社会生活を送っていて(たとえば会社の会議で)、そんな奴がまわりにいたら、普通嫌われるでしょう。仕事が進まないから。
「リベラルな人々」のこういう手法は、「リベラルな人々」のコミュニティの中でしか通用しないのです。

●koshidame

まだ表現が優しすぎると思いますね。
むしろ「弱者を食い物しながら一方で弱者救済を説く富裕層
というのが日本のリベラルだと思います。

朝日新聞とか日本の労働組合とか…。
まあ、ひどいもんです。

●いもらす1号

自称リベラルは弱者の見方を気取っていますが、彼らが本当にその弱者を救うために具体的に活動し、汗を流しているのならまだ言っていることもわかります。しかしそのような自称リベラルの多くは、「政治や社会が悪いせいでこんなに弱者が苦しんでいるんだ」と言い立てるばかり
これでは自分たちの主張のダシにするために弱者を利用しているとしか思えませんが、いずれにせよ偽善のにおいがしますね。

●68式

リベラルが嫌われるのは、主張がダブルスタンダードの為

現実の問題解決より、理念を優先しそれを「正義」のごとく、相手を誹謗するその態度

政治は利害調整とリスクヘッジであるのに、利害調整においては「調整」するつもりない事、リスクヘッジにおいてはリスクばかり強調する事

総じて、議論をする前提にないから。

●lostbabies

てか、冷戦崩壊して東側陣営の敗北が確定したので、それまで革新だとか左翼だとか名乗ってた人たちが名乗りづらくなり、革新や左翼に代わる言葉としてリベラルを名乗り始めただけで、彼らのオツムの中身は60年代安保闘争のまま止まっちゃってるから嫌われるんですよ。要するに日本は未だに冷戦から脱却できてない。特に左翼・革新・リベラル側が、ね。

●のあぱぱ

彼らの「リベラル」っていうのは自称だよね。
単に「左翼」というレッテルのイメージが悪いから自分達で上書きしてるだけ。
まぁ自分も120度ぐらいのポジションで語る時はリベラルを自称するし、そのこと自体が悪いってことではないと思うけど。

彼らが嫌われるのは「弱者のため」というコンテキストで主張するからだと思う。

問題は二つあって、一つは彼らの言う「弱者」が全然アップデートされてなくて、
社会の変遷の中で真に弱者になっている人の助けになっていないということ。
そのターゲッティングがうまくいっていたらもう少し支持を得られるはず。
これは元記事の指摘が当たらずも遠からずという感じだと思う。

そしてもう一つは、「他者のため」というスタンスだから、主張が空々しく、もしくは偽善に聞こえるということ。
典型的なのが原発反対で、「福島住民の主張」を勝手に代弁することだろう。
被災者の主張は被災者がすればいいし、別に被災者を持ち出さなくても自分が反対なら反対だと主張すれば良いだけ
本来権利というのは、自己の権利を主張するもの。
それを卑怯にも別に自分の意見ではないという顔をして、実際に自分の権利は特に侵されていないのに権利を主張する。
そこに何とも言いがたい醜悪さを感じる。
左派的思想を持つ人たちからも彼らが支持されないのはそういう理由だろうと思う。

●yahoo user 08530

>もし日本のリベラルが嫌われているとすれば、それは、彼らが「自民党的再配分」以外の処方箋を出せていないからです。

正しい認識だ。
日本のリベラルとは左翼のカムフラージュで、うそ。

左翼のウソですわ。
左翼といわれるとマイナスイメージをもたれることになったからですわ。

●むのきらん

城氏の指摘の核心は、「弱者の味方としてリベラルを名乗っている人が、実は既得権や身分的な差別を温存する政策を支持し、結局は弱者の敵となっている」ということだと考えます。

<城氏の言葉を借りると、リベラルとは本来、「格差の是正を目指し、そのために積極的な政府による介入を良しとするスタンス」>
・・・リベラルには種々の定義があるので、これも一つの定義でしょう。そもそもリベラルの直訳的な語義からいえば、「自由主義」ということになります。格差の是正とか政府による介入とかは、リベラルの定義の一つに過ぎません。「格差の是正」という言葉は、自由主義の本質にかかわる非常に複雑な問題をはらんでいます。簡単にいえば、リベラルが本来的に意味する自由とは、どんな自由か、何に対する自由、何からの自由なのか、という問題です。

<そして、ややこしいことに、リベラル派知識人が批判したい自民党が、もっとも「リベラルな顔」をして居座っている。だからこそ「一体、日本のリベラルって何がしたいの?」という批判が出てくるのだと思います。>
・・・一般に日本のリベラル派知識人は、上記の城氏の指摘が当てはまります。

<もし日本のリベラルが嫌われているとすれば、それは、彼らが「自民党的再配分」以外の処方箋を出せていないからです。>
・・・半分賛同します。むしろ、日本のいわゆるリベラルは、55年体制の一方の担い手であり、申し子である、と考えます。筆者は、55年体制的な「リベラル」の枠組みの中だけで答えをみつけようとしているように感じます。

私は、本義的な意味でのリベラルを支持します。
したがって、55年体制的な両方の「リベラル」から脱皮しようよ。そのほうが貧困が減って、自由と豊かさが両方とも得られるよ、という意見です。

●藤田 政男

香山氏らのいわゆる「サヨク」が嫌われるのは
 『自己主張を他者に仮託して騒ぎ立てるから』
ではないかと思います。

日本では自己主張がマイナスに取られることがあり(例:会社で上司に「少しは自分の意見を言え」と言われて主張をしてみたら疎まれた)なんとなく周囲に合わせてやっていくのが良しとされる傾向があります。
マイナスに取られないようにしつつ自己主張するには、旬な弱者の側に立って弱者を守れという主張に自己の主張を混ぜ込めばいいわけです。旬でない弱者の周りにはわずかで恒常的な支援者しかおらず、旬になると「サヨク」な人々がニワカ支援者として何所からともなく湧いて出る・・・
だからこそ「サヨク」な人々の言説は他人事のような偽善のような空気を感じるのではないかと思います。

●lA2W3JGsCQ

ここでいうリベラルというのは、
大企業の組合をバックにした民主党みたいなものを想定しているのだろう。
彼らは、会社に入れない/入らない弱き人たちは眼中にはないし
終身雇用を守ることに執心
している。
とはいっても
本来のリベラルの意味から言えば、今日の極東アジアにおいては
中国の覇権主義や民族浄化に抗することができる人たちでないと
リベラルとは言えないじゃないかな。

●いもらす1号

私はこのBLOGOSでも、秋原葉月氏や猪野亨氏、田中龍作氏のような人たちをかなり批判してきた。なぜなら彼らは口を開けば「平和」「人権」「軍国主義反対」と叫ぶくせに、その平和や人権をないがしろにしている、それこそ「軍国主義」の名が当てはまるような中国や北朝鮮を批判するどころか、それらの国と一緒になって日本を貶めたり、反権力・反国家のようなポーズを取りながら、頭の中ではその国家や権力に依存することばかり考えていたりするからである。
彼らは日本を日ごろ地獄か悪の帝国のように言い立てているが、私は「そんなに日本に対して不満なら、自分自身が生活したり仕事をしたりする中で、いったいどのような点で困難や苦しみや不都合を抱えているのか、自分自身の言葉で具体的に書いてみろ」と思いたくなる。しかし彼らは、それこそ「戦争のできる国になる」「いつか来た道」「ファシズム化」などと、それこそ教条主義化した理窟を繰り返すばかり。それでは説得力などあるはずがないが、いずれにせよこれでよくもまあ、「日の丸・君が代の強制は自分の頭で考えない、上からの命令に従うだけの人間を育てる」などと言えるものだ。

●yahoo user 84409

「リベラルが嫌われる」のではなく
リベラルが、嫌われるようなことばかりをしているから嫌われる」のです。

彼らのやっていることは、嫁イビリをする姑のようなもの

嫁が飯を作れば、こんな料理マズくて食えないと言いながら全部平らげ
嫁が掃除をすれば、そのやりかたはなってないと言いながら散らかし
嫁が子育てをすれば、そんな育児じゃ子供が可哀想と言いながら面倒なことは全て押し付け


でも一番恐ろしいのは、この姑さんたちは「私は正しい方法で嫁を躾けている」と思っていることです。

●mura

 リベラルな人々は、John Lennon の ”Imagine” のような思考が大好きです。そして、皆があの歌のように考えれば、世の中から戦争を始めとするすべての「悪」がなくなる、といったようなことを言います。
 そして、私が「そんなことありえないでしょ。人間はそんな善良な存在ではないから。」と言うと、彼らは「そういう考えが世の中を悪くする。」などと反論してきます。
 こういう議論は、いつまでたっても交わることのない平行線です。そして、常に彼らは自分たちが善の立場に立っていることを疑いません。必然的にこちらが悪の立場になり、悪は抹殺されなければなりませんから、彼らは攻撃してくるわけです。その根拠が、「ただただ、人間の善意を信じて、云々」などというものでは、到底そんな人を好きにはなれないでしょう、というのが結論です。

●yahoo user e4456

そりゃ、リベラルが安全圏から理想論を言うからでしょう
リベラルの構成層って中流以上が多いんですよ(連合とか教員とか朝日新聞あたりね)

この人達が安全圏から多文化共生とかいっちゃう
実際に移民との仕事の奪い合いになるのは下層であり
大企業正社員の連合とか教員とかは安全圏

そりゃ嫌われますよ。


関連記事

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -