ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

個人競技でチームマネジメント?メダルを勝ち取ったフェンシング太田選手のリーダーシップとは

個人競技でチームマネジメント?メダルを勝ち取ったフェンシング太田選手のリーダーシップとは

2012年11月22日 08:00

その年に最もチームワークを発揮し、顕著な実績を残したチームを毎年「いいチーム(11/26)の日」に表彰するアワード「ベストチーム・オブ・ザ・イヤー」。今年で5回目を迎える本アワードで、本年のスポーツ部門賞を受賞したロンドン五輪「メダリストチーム」の中から、団体銀メダルを獲得したフェンシング男子日本代表の太田雄貴選手にお話を聞くことができました。 個人競技のイメージが強いフェンシングにおいて、いかにしてチームとして結束し、史上初めてとなる団体でのメダルを獲得したのか。チームのキャプテンとしての葛藤は?本人に直撃取材です。

自分たちの人生を変える。アスリートのメダルへの執念とは

北京オリンピックでは個人戦で銀メダル、ロンドンオリンピックでは団体戦で銀メダルに輝きました。個人戦とチーム戦の違いはどこにあったのでしょうか?

個人戦ではもちろん金メダルを目指してきたので残念でした。そんなことがあって臨んだ団体戦。準決勝のドイツ戦、残り2秒で同点に追いつくシーンがありましたが、あれは個人戦ではありえなかったと思います。後ろにいる仲間がいたから勝てたんです。みんなそれぞれ個人戦で負けていたので、チームでミーティングを重ねました。

そこでどのような話しを?

「メダルを獲れば人生が豊かになる」「メダルを獲れなかったことが想像できなくなる」「人生を変えよう」と伝えました。メダルを獲れないと、どれだけ注目されていた選手でもマスメディアから消えてしまいます。彼らにも家族がいる。メダルを獲れば、その家族の数の分だけ、4倍なのか16倍なのか、みんな豊かになります。そうして生まれた、チームのメンバーの今までに見たことのないようなプレーがメダルにつながりました。その中で僕はあくまで最後を締める役割でした。

メダルというのはそれだけ重要なんですね。

ちなみにフェンシングは、試合に1秒でも出ればメダルをもらえる権利が与えられます。しかし、北京オリンピックまでは試合中の戦略的な選手交代は禁じられており、選手が交代ができるのは怪我をしたときのみでした。なので、メダルのかかった試合ではどの国の選手も、オスカーをあげたくなるような演技で怪我したふりをするんです。もちろん審判にイミテーション(=真似)だとバレれば交代はできないませんが。

そんな駆け引きがあるんですか!

だから、金メダルを獲ったチームでも、試合に出られずにメダルをもらえなかった選手がいるとみんな下を向いているシーンがあります。北京オリンピックのときは、ドイツチームは試合の最後30秒で7回ぐらい選手交代を繰り返していました。

メンバーを思う気持ちがモチベーションの変化を生んだ

それだけメダルに執念を燃やす中で、北京からロンドンへの気持ちの切り替えはスムーズにできましたか?

モチベーションの管理については苦しみました。フェンシングの選手はオリンピックがない4年間にも年間10試合程度戦っています。しかし、一般のお客さんからはオリンピックぐらいしか見てもらえない。そんな中、フランスでの世界選手権の後に燃え尽き症候群のようになってしまいました。それからロンドンオリンピックを目指そうという気にさせたのは、自分の内なるものというよりは、外からのもの。今回、個人戦で金に届かなかった理由はそこだと思っています。

個人戦から団体戦への切り替えはいかがでしたか?

自分のモチベーションが変化を起こすということはなかったです。個人戦が終わった後にプッツリ切れてしまい、団体戦を自分のために頑張るという気持ちはありませんでした。でも、チームのメンバーがより高いステージで人生を送るためにメダルを獲ろうと素直に思いました。特に千田健太くんは宮城県気仙沼市の出身で「震災からの復興の希望に」という重いプレッシャーがあって、自分のために戦えない雰囲気も感じていました。だから「気仙沼にメダル持ち帰って、子どもたちと盛り上がるぞ!」と言っていました。

具体的に、モチベーションが変わった瞬間というのは?

特にこれと言った切り替えの瞬間はありませんでした。ある朝目を覚ましたら横で寝ていたメンバーの顔が目に入って、その時にふと「こいつらにメダルを取らせてやろう」という気持ちに切り替わったような気がしますが、それがすべてということはありません。感覚としては考え続けた中で、いつの間にかという感じです。

スポーツチームと会社は一緒?太田流チームマネジメント術

太田さんはチームの中でどのようなリーダーだったんですか?

リーダーとしての役割は全部引き受けていたと思います。オレグコーチが熱くなっているのを止めるのも、コーチと選手の間の通訳もやっていました。「負けたら自分のせいで、勝ったらみんなのおかげでいい」と言っていました。

練習やオフでは、よくチームの皆さんで集まるんですか?

練習は基本的に8人でやります。ただ普段から連絡を取り合ったりはしません。みんな若くて、ゆとり世代。彼らはバリバリの体育会ではなかったんです。だから、“かまう”ことと“押し付ける”ことは紙一重。

それは意外ですね。

会社でもそうでしょうけど、なにか辛いことがあっても、そのはけ口となる場所に先輩とか上司とかいたら気分の切り替えが難しいでしょう。だから僕も彼らのコミュニティーに入ろうとはしないんです。

なるほど。

もちろん8人のチームワークや協力体制は大事だと思っていて、たまにはみんなでユニバーサル・スタジオ・ジャパンや祇園祭に行ったり、鍋とか鬼ごっことかすることもありました。僕は自然体でワイワイするのが好きなので、そういう場にはお酒もあってもいい。練習場ではできない会話もあるし、言いたいことを言い合って熱い話をしたりもしました。

太田さんはこれまで、チームワークについて学ぶことはありましたか?

いいえ。こういう取材などで、企業のいろんな業種・業界のひとと話す中で学んでいます。スポーツチームの運営って、会社の経営と一緒だと思うんですよ。

スポーツチームの運営と、会社の経営が一緒とは面白いですね。

そうなんです。状態が悪くなると、企業もチームも直近の成果を求めてしまいがちです。しかし、どちらも先を見据えてやっていかなければいけません。フェンシングのチームで言えば2年後ですね。ベテランと若手をセットにしてチーム編成を行い、若手を育てるなど気を遣います。だから、僕がいることが弊害にもなりうるんです。今後僕は出場機会を減らしていかなければいけません。彼らにまかせないと、チームとして成長できません。

チームを思う気持ち、その根底にあるフェンシング普及の夢

4年後のリオデジャネイロオリンピックも同じチームで挑みますか?

いや、4年後、チームは大きく変わっていくと思います。僕がそこにいるかどうかは分かりません。若い選手が入ってきたりもするでしょう。僕が思う強いチームというのは、流動的で組織として強くなっていくチームなんです。ずっと同じチームだと必ず世代交代に失敗します。絶対的不動のキャプテンがいるということにはメリットもデメリットもあるのです。

でもアスリートの方って、個人として上を目指すものじゃないですか?

現役で戦っているひとだけが分かることってあるんですよ。野球の城島選手は残り一年の契約期間、年棒4億を手放して引退を決意しました。キャッチャーとしてこれ以上の成長ができないと分かったんでしょう。僕も次のオリンピックは単に出るだけではだめなんです。金メダルを獲るか獲らないか。水泳の北島先輩みたいに余裕を持って、楽しんで競技をするなんて僕にはできない。

参加するだけでは、満たされないと。

きっと生き急いでいる面もあると思います。だから、4年後にオリンピックを目指したいと思えば目指すし、思わなければ目指さない。来年4月ぐらいがそれを決断する限界かなと思います。でも明日の自分のことさえも分かりません。将来について考える立場をもらえていることに感謝しながら、決めたいと思います。

太田さんが、そこまでチームを重視する理由は何ですか?

チームメンバー一人一人がというよりも、日本でフェンシングの普及につながる成果を生みたいんです。でも自己犠牲のつもりもありません。自己犠牲は世界では全く通用しませんから。ゴールはチームが勝つことであって、派手な仕事をすることではありません。

フェンシングがもっと普及していくためにはどんなことが必要だと思いますか?

例えば、イタリア・中国・韓国のようなフェンシングだけで飯が食える国、また日本が目指している地域型スポーツクラブを実践しているドイツなどは、選手がフェンシングに集中できる環境を提供しています。日本では、そこまでスポーツって必要じゃないんじゃないかと思われています。つまり、国としてスポーツの価値を見出せていないのが現状なんです。

変わるためのきっかけは何でしょうか?

私たちアスリートが「あの感動はお金じゃ買えないんじゃないか」と伝えていかないといけません。税金を使っていると叩かれ、メダルを獲れずに帰ってきて叩かれ… それはあまりにもアンフェアだとは思います。僕はいいんですけど、下の世代が「太田選手みたいになりたい」と思ったときに、彼らが同じ苦労をしないようにしたいです。

史上初となるフェンシング団体でのメダル。その裏側には、自分よりもチーム、そしてフェンシング界の未来を思う太田選手のリーダーシップがありました。太田選手と彼が作った若いチームの活躍にこれからも期待です。



参考1:

国立スポーツ科学センターJISS)を有効活用していた競技は競泳、シンクロ、カヌー、レスリング、フェンシング、体操などで、いずれもアテネからあるいは年月をかけての活用が実って北京で好成績を挙げた団体である。なかでもフェンシングは練習拠点のJISSで500日の長期合宿練習を行い、練習場が狭いことから最も有望なフルーレだけに種目を絞って強化に当たっていたそうである。そんな中、フェンシングナショナルチームのオレグコーチがJISSに全面的な医・科学サポートを受けたいと相談に来たとのことで、その結果、様々なサポートが行われた。そのサポート内容として、選手はポイントを稼ぎにヨーロッパに出かけたり帰ったりをする必要があったが、時差調整や栄養管理などへのアドバイス、メンタルサポート、また相手の技術分析のための映像収集にはキューバの世界大会にも研究員を送った、などである。選手の努力はもちろんのこと、このようなサポートの甲斐あって太田選手の銀と女子の菅原選手も初の入賞(7位)という好成績が得られたと考えられる。(北京オリンピックを振り返って-フェンシングの成功から選手強化を考えるより)

参考2:

<スポ友>フェンシング女子フルーレ団体 ロンドン五輪代表・平田京美


関連記事

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -