ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

チームはみな、出世や年収のために働いているのか?

チームはみな、出世や年収のために働いているのか?

「8つの心の錨」で見抜くあなたと部下の真の価値観

渡部 幹 [早稲田大学 政治経済学術院 客員主任研究員]

何のために仕事をするのか?
あなたにもある流されない「心の錨」


「皆さんは、何のために仕事をしていますか? 最も重要な理由を1つだけ挙げてください」

 こう言われたとき、あなたはどんな回答をするだろうか。「お金のため」という回答もあるだろうし、「ある専門分野を極めるため」という回答もあるだろう。また、「家族とともに幸せに暮らすため」という考えもある。

 このように、仕事をする理由や価値観の中でもっとも重要なものを、「キャリア・アンカー」と呼ぶ。マサチューセッツ工科大学ビジネススクールの組織心理学者であるエドガー・シャインが考えた言葉だ。

 アンカーとは、船が使う錨(いかり)の意味である。錨がないと船は留まることができずに流されてしまう。キャリア・アンカーとは、仕事をする上での錨であり、それがなければ他のことに流されてしまいかねないほど重要な価値観や欲求を指す。

 シャインによると、このキャリア・アンカーを知らなければ、仕事には様々な困難が伴うという。たとえば、人事異動で営業職から事務職に移ることになった場合、自分にとって営業でのスキルを極めることがキャリア・アンカーならば、事務職への異動は非常に不快なものとなる。

 そんな職場でいやいや仕事をしていては、パフォーマンスも上がらない、ひいては、将来の昇進やキャリアアップにも響いてしまう。

 もう1つ、チームで仕事をする場合にもキャリア・アンカーを知っておくことが重要だ。チームのメンバーが仕事に対してバラバラな価値観を持っていては、チーム全体の方向性が定まらなくなる。そればかりか、お互いの価値観が違っていることすらわからないままコミュニケーションを取ろうとすると、喧嘩や罵り合いが起き、お互いの信頼が崩れてしまう。

 このコラムで何度も述べているように、現在は職場の人材流動性が高く、仕事に対する考え方も世代間でバラバラだ。

価値観を理解しないとチームは回らず
「キャリア・アンカー」の8つの価値観


 こんな状況の中、チームで高いパフォーマンスを出すためには、お互いの価値観(とその違い)をわかった上で、役割分担を行なうことが重要となるだろう。キャリア・アンカーを知ることは、この手助けとなる。

 エドガー・シャインの研究チームは、企業の社員に対して綿密な調査を行ない、キャリア・アンカーには8つの基本的な価値観があることを突き止めた。以下に1つずつ述べていこう。

 皆さんには、1つ1つを読んでみて、「自分はこのアンカーをどの程度重要だと思うか」を100点満点(1=全く重要でない~100=何よりも重要)で評価してみてほしい。

1.安全・安定

 このアンカーを持つ人は、安定した職に就いていることが最優先事項となる。昇進や仕事内容や転職によるキャリアアップより、堅実にクビならずに職を全うできることが重要である、という価値観だ。

 したがって、福利厚生や職場環境なども重要視する。やりたい仕事の種類や自由に仕事のできる裁量を与えられることよりも、将来を見通せる安定性の方を大切にする。公務員や大企業への就職を好む傾向にある。

2.技術屋・職人

 ある特定の分野での技能や技術を、しっかりと発展させて、それを極めようとすることが最優先事項になる。昇進や報酬より、自分の分野で「一流」になることが最も重要な目標だ。

 したがって、自分の技能を伸ばしてくれるような職場環境があるかどうかを重要視する。収入は、自分の技能を評価に応じてもらうことを好む。どちらかと言えば現場を好み、一般的な管理職や経営への興味は比較的薄い。営業職、エンジニア、プログラマ、研究職などに多い。

出世や年収を最重要視する「管理職型」
自由を奪われると転職する「自由人型」


3.管理職

 文字通り、管理職やリーダーになることが最優先事項になる。CEOを目指す人も多い。出世を好み、それらに伴う肩書きや年収などにもこだわる傾向がある。

 様々な分野に興味を持って学習するモチベーションも高いが、1つのことにこだわるわけではない。シャインによると、このアンカーを持つ人が満足するには、高いモチベーションの維持、卓越した分析能力、素晴らしい対人能力、鋭い情報管理能力を併せて持たなくてはならないという。

4.チャレンジャー

 困難な課題に挑戦することを生き甲斐とする。新薬開発やビジネスコンサルタント、株のトレーダー、スポーツ選手、新規事業開拓に関わる仕事などの従事者に多く見られる。

 職場や待遇よりも、チャレンジできる仕事かどうかが重要で、そのため職を転々とする人も多い。仕事が簡単になる、あるいは軌道に乗ると、興味を失い、モチベーションが下がる。

5.社会貢献

「仕事を通して社会のために役に立つ」「他人のためになることをする」という価値観を、最も大切にする。自分の貢献に応じた待遇を求めるが、その基準は技術、技能の価値よりも、自分が社会や組織にどれだけ貢献したかに重きが置かれる。

 辺境で医療に携わる医師や人事のプロなどに多い。地位や昇進には比較的執着しないが、自分がどれだけ貢献しているかについては非常に気にするタイプだ。

6.自由人

 自分で物事を決める裁量があることを最も重要視する。就業時間や仕事内容を自分でアレンジし、自分でスケジューリングして自由に決定できることが最も重要な価値となる。

 研究開発やフリーのライター、コンサルタントや起業家などに多く見られる。束縛されることを嫌うので、組織の中でも自由度の高い職場を好む。また待遇や昇進などには比較的執着せず、自由を奪われるとすぐに転職したがるタイプだ。

7.創造性

 何かを新しくつくり出すことが最も重要な価値観となるタイプだ。スティーブ・ジョブズはこれに当てはまるだろう。アイディアマンで、色々と規格外のことをやったり考えたりする傾向があり、学校で「問題児」扱いされることもある。起業家に多いが、組織の中でも製品開発や組織改革で手腕を振ることもある。

8.ワーク・ライフ・バランス

 仕事とプライベートのバランスをとり、充実した人生を送ることを第一に考える。仕事については、上記7つの考えの中でアンカーは持っているが、自分の人生の充実を犠牲にしてまでその考えに執着する気はない。

 したがって、仕事内容や待遇よりも、「どの地域に住むか」「そこで家族は幸せか」など、仕事以外の要因も重要視する。自分のライフスタイルを充実できるならば、仕事にも邁進するタイプだ。

8つのうち1つだけ選ぶとしたら、
あなたの付けた点数はどれが最も高い?


 以上の8つのタイプの中で、あなたの付けた点数が一番高いものが、あなたのキャリア・アンカーだ。もちろん、誰しも上記8つが全て充実できたら最高であることは間違いない。しかし、8つのうちどれか1つを選ばなくてはならないとしたら、どれを選ぶかが重要なのである。

 シャインによると、業種や経験にかかわらず、ほとんどの人はこの8つのアンカーのどれかを持っているという。ただし、このキャリア・アンカーは個人によって違ってくるし、また年月が経っても変わり得るものだ。

 以前、ある金融系会社で営業職の研修のお手伝いをさせていただいたとき、このキャリア・アンカーについて参加者に尋ねてみた。

私は、「金融系なので、参加者は利益追求や昇進への意欲が最も強いだろう」と予測していた。なので、チャレンジャーや管理職などのアンカーが多いだろうと考えていた。

 しかし、一番多かったのは実は「社会貢献」であった。予想とは違ったので私も少しびっくりして、何人かの方々にお話をうかがった。

生き馬の目を抜く金融マンが
実は社会貢献を最も重視していた?


 その中のお1人が話していた内容を紹介したい。

 その方は、入社当時は、チャレンジャーや技術屋など、仕事に邁進するアンカーを持っていたという。しかし結婚し、家庭を持ち、子どもが小学校に通うようになったあるとき、子どもの学校で「お父さんのお仕事を尋ねてくるように」という宿題が出た。そして、「お父さんのお仕事がどんな風に世の中の役に立っているか聞いてくるように」という内容だったいう。

 子どもにそれを尋ねられたとき、その方は即答できなかったという。

 自分の仕事に対するそれまでの態度は何だったんだ、子どもに胸を張って「お父さんは世の中のためにこんなお仕事をしているんだよ」と言えない自分は何なんだ、と強く思ったという。

 それ以来、その方は自分の仕事がいかに人々の幸せにつながるか、つなげられるかを考えている、というものだった。

 金融という生き馬の目を抜く業界で働いているにもかかわらず、それだけの大きな視点で自分のキャリアを考えられていることに、私も感銘を受けた。

 このように、自分の過去を振り返ってキャリア・アンカーの変遷を考えてみるのも良いことだと思う。それによって、今現在の自分の仕事へのスタンスと将来どんなモチベーションを持つのかの予測ができるだろう。それはキャリアプランを考える際に役立つはずだ。

メンバーのアンカーを共有せよ
「自己知覚」で認知と行動が決まる


 今チームで仕事をしている人は、チームメンバーそれぞれのキャリア・アンカーを尋ねてみるとよい。誰がどんなアンカーを持っているかを知り、それを皆で共有することで、仕事の割り当てや時間の調整などを行ないやすくなる。また、チームメンバーを選ぶ際の参考にもなる。

 キャリア・アンカーを選ばせる際には、じっくり考えさせることが重要だ。たとえば、「僕、昇進とか別にいいんで、まあ、そこそこ給料もらえば、それで……」などと言っている若い社員が本当にそう思っているのか。5年後、周りがキャリアアップする中、自分が新入社員と同じような待遇を受けていても平気なのか、よく考えさせてみる必要がある。

 そして、それをじっくり考えること自体が、本人の仕事への取組みをより自覚的にさせる手助けになるのだ。「自分はこんなアンカーを持っている」と自分で認識すると、それだけでアンカーに則した振る舞いを行ないやすくなるのだ。

 これは社会心理学で「自己知覚」と呼ばれるもので、自分自身を知覚することで、ますます知覚に則した認知と行動が出やすくなることを示している。

 また、チームメンバー同士でお互いのキャリア・アンカーについて話し合うことも、コミュニケーションを深める意味で重要だ。

 キャリア・アンカーは仕事への姿勢を決める。普段から「あいつはなんであんな仕事の仕方なんだ」と不満を持って眺めている同僚のことも、その人のキャリア・アンカーを理解できれば、納得がいくこともあるだろう。その上で、両者にとって最もよい解決策を探ればよい。

 キャリア・アンカーについての詳しい記述は、『キャリア・アンカー:自分の本当の価値を発見しよう』(エドガー・シャイン著、金井寿宏訳 白桃書房)を参照されたい。

 筆者自身は、キャリア・アンカーの最も重要な功績は、そのことによって組織内外のコミュニケーションと相互理解を進められることにあると思っている。



かなり共感できる話でしたので、全文引用させていただきました。

若い頃は、仕事が一人前にこなせるようになるのに必死でした。

経験も足りず、視野も狭いので、全体が見えず、関心は自分の利害関係に向くことが多かったように感じます。

ただ、長年働き、経験を積んでくると、組織や社会の中で、自分の立場や求められる役割が変わってくるんですね。

会議や雑用に忙殺されるようになり、徐々にやりたいことができなくなります。

自分の意思に関係なく、スペシャリストからゼネラリストに変わらざるを得なくなるわけです。

ただ、これが実はできる人とできない人がいるんですね。

能力は皆あると思うので、たぶん性格・志向が原因なのかなと思いますが、頑としてスペシャリストを捨てない人もいるんで、役割分担が難しくなります。

役割分担の元になっているのが、人物評価ですね。

あの人はどんなタイプか、ということです。

あまりこういう話は、普段はしないのですが、たまに出張とかで何日か同僚と一緒になると、やはりこういう話も出ます。

びっくりするほど、人物評価が共通することが多いので、やっぱりみんな同じことを感じているんだと驚きます。

一番困るのが、文句ばかり言って、仕事をしない人。(組織が回らなくなります)

次に困るのが、表裏がありすぎる人。(陰口が多かったり、偉い人に取り入ろうとする人も多いか?)

その次は、対話ができない人。(思い込みが強かったり、すぐに感情的になる人など)

最後は、いい年をして、自分の利害ばかり考えている人。(結構、墓穴を掘る場合が多い(笑))


スキー関係でいうと、私の周りは、ほとんどが常識のあるマトモな方たちだと思います。

ただ、ネットとかで見ると、酷いですね。

思い込みが強く、すぐ感情が爆発して、罵り合いになっています。(加えて、下品だし(笑))

何で、普通の会話ができないんだろうと思います。

こういう出費ばかりのマイナー競技に関わる人(親とその子)は、ちょっと変わっている人が多いのでしょうかね?

でも、みんなが常識的になったら誰もオリンピックなど目指さなくなりますから、やっぱり能力のある子供たちは、トップを目指してほしいと思います。

計算高い常識人は、スキーでトップなど目指しませんから。(笑)

人間関係は常識的に、でも目指すところは非常識的に、といきたいところです。


あとは、きちんと自分の頭で考えられることが大事ではないかと思います。

選手の時は、あまり考えなくても済むかもしれませんが、指導者になったり、社会に出たりするとやはり、考える力が必要になってきます。

コーチの方々のブログなどを見ると、しっかり考えられる方、感性が強い方、事実だけを淡々と書いている方、と様々です。

大事なのは、毎日の出来事の中から、何を学び取れるかということだと思います。

そのための方法論は、学校でも学べますし、本にも書いてありますが、それが実行できるかどうかは本人次第なんです。(学習量とは、あまり関係がないように感じます)

特に学生の方は、自分の経験を頭の中で整理し、様々な手段を使って不足分を補いながらも、そこから何かを抽出し、次に生かしていく努力をされると良いと思います。

これができないと、何歳になっても薄っぺらな人間のままになってしまいます。


引用文に戻ると、やっぱり子供には「お父さんの仕事は金儲けだよ!」とは言えない気がします。(笑)

むしろ、宿題でこういう内容(お父さんの仕事関係)はマズイのでは?とさえ感じます。

また、人間だんだん欲が強まるのかもしれません。

若い頃は「自分の好きな生活ができればそれで十分。仕事は生活の手段」と考えていましたが、だんだん割り切れなくなって(というよりは、そんな甘いものではないと分かって)、「やっぱり仕事が中心」と考えるようになりました。

私の人生の中で、とてつもなく大きい比重を占めるものであり、友人、家族以外の第3者から見た時に、私自身の価値や存在意義を決定しうるものだという認識があります。

個人的には、これまでさんざん努力をして身につけてきた(と自分が思っている)何かを、このまましまい込むのではなく、可能な限り若い人たちに伝えていきたい、それが義務なのではないか、と考えています。

それが伝わったときは、本当にうれしいですよ!

お金に代えることはできません。(笑)

関連記事

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30