ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

酒井穣 「動機づけとは、教育の手段ではなく、目的である。」

酒井穣 「動機づけとは、教育の手段ではなく、目的である。」

タイガーマザー的には、親が子供の教育に取り組む場合、親の価値観によって子供をコントロールするのは当然のことであり、それが将来の子供の幸福につながるのだから良いことだと考えます。

子供というのは、何かを始めるとき、最初は上手くいかなくていやがるけど、やがて成績が出るにつれてどんどん楽しくなってくるものだということです。(そういう変化に対する経験・予測が不足している)

つまり、「外発的な学習意欲」を上手く与えられれば、どこかのタイミングで「内発的な学習意欲」に変化させられると言うことです。

この関係は、家族の間だけでなく、体育会(特に団体競技)の多くに見られ、擬似家族的な上下関係を作り、その中で監督が学生を、上級生が下級生をコントロールしたり、時には支配したりするようです。

上下関係の手段になるものは、一般的には、「権威」や「飴と鞭」であり、「自分の言うことを聞いて毎日練習すると、良い成績が出るよ、あるいは、レギュラーになれるよ」といった形のものから、極端には、罰に重心を置いた「恐怖・いじめ」による支配もあるようです。

理想的には「理解と納得」が「内発的な学習意欲」を引き起こすのに有効なのでしょうけど、現実には、「外発的な学習意欲」に偏っているケースが多いと言うことです。

教える側にしてみれば、意識やモチベーションの高い学生やアスリートは、自分から積極的に勉強や練習に取り組みますし、ひとりでどんどんと高いレベルに進むことができるので、見てて本当に気持ちが良いですし、楽です。(笑)

プリンストン大学の先生に聞いた話では、アメリカの大学院の授業は、学生がとても熱心に予習してきて、授業中に疑問点が完全にクリアになるまで教員に徹底的に質問するので、教員にとっても戦いの場になるそうです。その先生(その分野で世界のトップクラスの方です)は、2日ぐらいかけて、授業の予習をするそうです。

「答えられなかったら大変だからね」と笑ってました。

日本の大学生を連れて韓国の高麗大学で講演した別の先生の話では、「講義は英語で行ったが、あちらの学生は非常に熱心に授業を聞いてくれていて、ジョークを言うとちゃんと反応して笑ってくれる。一方、連れて行った日本人大学生はみんな寝ていて、本当に恥ずかしかった」とのことでした。

私の経験でも、一流大学のトップクラスの学生は、自分でどんどん勉強していきますし、一を聞いて十を理解できる頭の良さを持っていますから、ヒントを出すぐらいで、教えるという作業自体が必要ないことが多いです。

でも、一般レベルの学生は、そうはいきません。(笑)

勉強より、遊んでいる方が楽ですから、飴と鞭を使ってコントロールしていかないと、悲惨な結果を招きます。


余談ですが、現在の大学は、文部科学省や大学評価機構の強い要請により、学生による授業(教員)評価が行われています。

先駆的な大学(笑)では、学生の評価によって、先生の給料が下がったり、首になることもあるそうです。

教員にしてみれば、授業中に寝ていたり、返事だけして抜け出していく(つまり授業を聞いていない)学生に、自分が評価されるなんて無茶苦茶だと考えています。

だけど、そういうことを言うと、今度は、学長あたりから睨まれるので、言い出すこともできません。(笑)

態度の悪い学生が、教員に悪い評価をつけてくるケースは、その教員が、その学生を正当に評価した場合(つまり、悪い成績を付けた場合)に報復的に行ってくることがほとんどです。

ですから、若くて、立場が弱く、研究業績を上げなければならない教員や、もうすぐ定年で教育に熱意もなくなってしまった教員は、「危険回避」のために、不良学生に不当な成績(つまり、良い成績)をつけたりします。(笑)

現在の大学は、アドミッションポリシーにより求める人材を明確にし、理念や教育方針に応じた教育カリキュラムの整備により、実効性のある教育を行い、さらに出口評価を行うことで、教育目標を達成できたかどうか見るように求められています。

一方で、不真面目な学生に教員を評価させるという理不尽な制度を強制することで、教員の指導力を削ぎ、正当な評価を妨害しようとしています。(笑)

鞭を使おうとすると、自分に跳ね返ってくる危険性があるので、効果的な指導が難しくなるわけです。

全く文科省は、何をやりたいんだか。

雑用ばかり増えて、本当に下らないことばかりよく考えるな、というのが本音です。

理念通りに現実が動いていないことをよく見なさいと、言いたいです。


まあ、話を戻して、(主体的に勉強や練習ができない)いわば普通の学生に対してどう指導していけば良いのかということをまじめに考えられたブログをご紹介します。

平たく言うと、いかに興味・やる気を持たせるか(に関する注意点)、ということですね。


動機づけとは、教育の手段ではなく、目的である。

今年読んだ本の中で、最も感銘を受けた本を紹介しつつ、自分の考えをまとめるためのエントリです。長文ですが、お付き合いいただけると嬉しいです。

●勉強時間と成績の関係

長時間勉強をすれば、成績は上がります。もちろん、ただ勉強すればよいというわけではありませんが、学習時間と成績の間に相関があることは広く認められています。もう少し踏み込むと、テレビを見ずに、勉強することができる子供は、成績が良いという報告もあります。

では子供に「テレビを消して、勉強しなさい!」と言えば、それで良いのかというと、そうでもなさそうです。親に叱られたくない(または親に褒められたい)という動機によって勉強する子供は、親の見ていないところでは勉強する動機が生まれないからです。

誰かに褒められたり、叱られたりするまでもなく、自分の学習を自分で管理する学習スタイルのことを、専門用語で「自己調整学習(self-regulated learning)」と言います。教育学の世界では、この自己調整学習の能力が、学習の到達度合いと深く関わっていると言われます(例えばバリー・J. ジマーマンの著作群など)。

●自己調整学習に向けて

自己調整学習が重要なのは、子供に限らず、社会人でも同じことですね。勝手にどんどん目標を立てて、それに向かって誰に言われるまでもなく学習していく人(=積極的学習者)と、経営者や上司に褒められたり脅されたりしないと、自分では学習に向かわない人(=消極的学習者)とでは、成長に差がでるのは当然でしょう。

僕はこれまで、経営者としても親としても「人間は、どうすれば他者から与えられる報酬によらず、自発的に学習に向かうことができるのか」というテーマに興味を持ってきました。そんな中で出会ったのが『報酬主義をこえて(新装版)』という本でした。

僕が本書に出会ったきっかけは、富士ゼロックス総合教育研究所のこの記事でした。原題は『Punished by Rewards(報酬による罰)』という、ちょっと過激なものです。著者は、最初の著作『競争社会をこえて』でアメリカ心理学会賞を受賞した評論家、アルフィ・コーン氏。

本書は、褒めること、叱ることを含めた、広い意味での「報酬(外発的報酬)」による他者のコントロール(オペラント条件づけなど)の危険性を指摘しつつ、自己調整学習に見えられるような、より内発的な動機づけを考えるものです。

●『報酬主義をこえて(新装版)』の紹介

本書『報酬主義をこえて(新装版)』の主張を僕なりに短く言いきれば「動機づけとは、教育の手段ではなく、目的である」ということです。これは、僕にとっては非常に大きな気づきでした。

例えば、子供に勉強をしてもらいたければ「知りたい!」という動機づけをすることが必要なわけです。ところが、勉強を「させる」ために、しばしば用いられるのは「誰かに勝ちたい!」とか「褒められたい!」とか「怒られたくない・・・」とか「ご褒美をもらいたい!」といった、子供に勉強をさせる「手段としての」動機づけです。

手段としての動機づけによって勉強をしている子供は、自分に報酬を与えてくれる他者のいないところでは、勉強をする動機がないわけです。この背後にある問題を考えるため、以下、本書の記述をいくつかピックアップしつつコメントしてみます。

アメによって反応を引き出せはするが、同じ行動をさせ続けるためにはアメを与え続けなければならないという事実そのものが、アメの長期的効果(あるいはその欠如)についてのカギを提供しているのではないかということである。(p25)

僕自身、子育てをしていて、褒めること(アメ)の効果は持続しないという問題だけでなく、そこにあるリスクも漠然と感じてきました(例えば、このエントリ)。ですが、本書を読んだ今は、このリスクが明確にわかるし、その避け方のヒントを持っています。

報酬と罰とは基本的に同じようなものである。現代の社会心理学の創始者であるカート・ルーインが言うように、両方とも「そのときの自然の場面からは生まれないような行動」を引き出そうとするときに使われる。さらに、長期間にわたって見るとどちらもまったく同じ様相を示すことが分かる。つまり、こちらの望むような行動を続けさせるためにはやがて賭けるものを上げ、報酬なり罰なりをどんどん増やしていかなければならないのである。(p74)

性善説だけで人間社会を運営することはできないでしょう。ですから時には「自然の場面からは生まれないような行動」を引き出すことは、どうしても必要なような気がします。ただ、そのために、相手にとっての「自然」にアプローチしようとするか「行動」にアプローチしようとするかは、こちらが相手を「どれぐらい愛しているか」にかかっているように思うのです。

報酬を与える場合、そもそも問題がなぜ発生したかに注意をすることは全然必要でない、という理由である。子供が泣きわめいている原因、生徒が宿題をやって来ない原因、従業員が気の乗らない仕事ぶりをする原因を考える必要はなく、ただ該当者を買収するか脅すかして活を入れればいいのだ。(p87)

これは、かなり鋭い指摘ですね。実際に、恐怖という報酬は、他者の行動を変化させるために強力なツールです。

僕は、大学院で人的資源管理を習ったJean-M. Hiltrop先生に「ローマの大水道や、エジプトのピラミッドを作らせた管理者は、作業者にどのような動機づけを用いたのですか?」という質問をしたことがあります。彼は慎重に言葉を選びながら「恐怖・・・だと思う」と答えてくれました(あくまでも僕の記憶の中の話なので、先生の正式なコメントではありません)。

「こうすればあれをあげるよ」と言えば、関心は「これ」ではなくて「あれ」に行ってしまう。従業員に給料袋の中身について考えさせたり、生徒に通知票のことを心配させたりするのは、創造性を重んじようという場合にはほぼ最悪の戦略である。(p99)

この記述にはハッとさせられました。ルーティンワークの多くがコンピューターに置き換えられようとしている時代にあって、創造性が重要であることは疑えません。その創造性が、報酬によるコントロールを強めることで失われる可能性があるとするなら・・・。

子供たちは内発的な学習意欲を持っている。褒めたり操ったりすれば、その自然な動機づけを押し殺し、そのかわりに盲目的従順や機械的学習態度や権威に対するあからさまな反抗を生み出すだけである。(p142)

人間に限らず、おそらく他の動物にとっても、自分が成長するということは、自分の生存確率が上がることを意味します。であれば、子供に限らず、大人にも「成長したい!」という欲求が備わっているはずでしょう。

この欲求は「学習に対するひたむきさ」と結びついていると思われます。そう考えると「成長したい!」という欲求の格差が、色々な結果の格差として生まれてくるように思います。

知りたいのは、この欲求に格差が生まれてしまう理由です。この仮説として、個人が過去に受けてきた「動機づけ教育」に関連しているのではないか、というのが本書の視点なのだと思います。

●まとめ

褒めたり、叱ったりということが重要であることは、それが結果として人の行動を変えるというデータが多数あることからも明らかです。それによって成長したり、救われたりするケースがあることも事実です。ここは否定できません。

だだ、他者に褒められたり、叱られたりして自分の行動を「変えられる」ほうの人間からすれば、そこには「自分が他者の価値観によってコントロールされる」という側面があることも事実です。ここには倫理的に難しい問題があるという認識も求められると思うのです。

言えるのは、一人の人間の持っている可能性は、もっとすごいはずだということです。望ましい行動を取らせるために報酬というニンジンを与えることは、その人が持っている「行動そのものへの興味」を殺し、ニンジン中毒を作り出してしまう危険性があります。僕たちは、積極的に他者の価値を承認すると同時に、こうした危険性を慎重に回避するための方法を学ばなければなりません。

理想論かもしれませんが、狙いたいのは、他者から与えられる報酬に関係なく、力強く自分の考えるところを突き進む人材の育成だと考えています。誰かに「いいね!」ボタンを押してもらうために生きることは、僕には、どうしても「むなしい」ものに思われます。

(長くて、ごめんなさい・・・)


関連記事

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト

カテゴリ

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -