ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

ポジショニングか能力か ロンドン・オリンピックの結果を戦略論にこじつけて解釈する

ポジショニングか能力か ロンドン・オリンピックの結果を戦略論にこじつけて解釈する

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー

【第14回】 2012年8月30日 楠木 建


スポーツに興味がない方の割には、本質に迫っている気がします。

かねてから私が主張している欧米的思考と東アジア的思考の違いとも、関係すると思います。

東アジア的スポーツ強化を行っている代表的な国が、中国、韓国、北朝鮮です。

中国は、4歳ぐらいから選手を選抜して、特定スポーツに特化したスパルタ訓練を行い、成績を上げています。

日本は、戦後教育で欧米的な考え方を導入したことから、一般的には、欧米的な考えに近いと思われます。

ただし、競技スポーツ関係者・指導者の間では、「勝たなきゃ意味がない」という考えが、今でも主流だと思います。

この考えが、文部科学省にも採用され、「スポーツ基本法」を核とした国主導のスポーツ強化策が実施されるようになりました。(その代わり、JOCの予算を削った)

今回のロンドンオリンピックでは、マイナー競技を中心に相応の成果があったと考えています。

メダリストらメッセージ 文科省フェイスブック」を見ると、「JISSのおかげで、メダルが取れました!」などちゃっかり宣伝も入っています。(笑)

文科省としても実績をアピールして、次につなげていきたいのでしょうね。


では、引用します。


スポーツとは無縁の生活を送っている(ジムでのトレーニングはわりと習慣的にする方だが、これはスポーツとは言えない。汗をかくのは主としてサウナの中)。自分でやるのはもちろん、観るほうも関心がない。毎回のことだが、オリンピックもすーっと通り過ぎてしまって、始まったにのも終わったのにも、気づくまでに大分時間がかかる。

 ということで、ロンドン・オリンピックが終わった(すでにだいぶ経っていますが)。関心がない僕でも、新聞であれだけ連日大きく報道されていると、「なでしこジャパンは銀メダルだったのか、偉いもんだな……」とか「それにしてもソロ(アメリカの女子サッカーのキーパー)という人は立派な顔をしているな」とか「吉田選手(女子レスリング)は金メダルか。さすがに強そうな顔をしているな」とか、重要なところはだいたいフォローできた。

 話はそれるが、オリンピックが開催されるたびに不思議に思うことがある。レスリングとか卓球とか柔道とか、普段はあまりフツーの人々の関心を集めない競技でも、オリンピックとなると大注目の大騒ぎになる。サッカーとか野球(こっちはオリンピックではやらなくなったのかな?)が観て面白いということはなんとなくわかる気がする(僕は観ないが)。でも、レスリングとかハードルとか重量挙げとなると、さほど「観て面白い」というものではなさそうだ(僕が言うのも僭越な話ですが)。ま、人々が全力を傾けて真剣勝負をしているという姿(それが4年に一度のオリンピックで集中的に見物できる)が面白いということなのだろう。

 話を戻す。オリンピック開催期間中は毎日「国別の獲得メダル数」という表が新聞に載っていた。これをチェックしていた人は多いだろう。で、日本の結果はというと、金7、銀14、銅17の合計38個、これは過去最大の数字ということで、まずはめでたい。ただ、金メダルの多い順に国別の順位が決まる(ということになっているらしい)ので、日本は11位だった。

 ここで質問です。オリンピックの成績上位20か国の中で、ある切り口に注目すると、日本が20か国中ナンバー1になる。ちなみに上位3か国はというと、2位がオーストラリアで、3位がドイツ。さて、日本は何のナンバー1でしょうか?

 答えは「獲得メダル総数に占める銀メダルと銅メダルの割合」。パーセンテージで示すと、日本が82%、2位のオーストラリアが80%、3位のドイツで75%となる(集計は僕のamadana製電卓による)。つまり日本は「わりといろいろな競技で上位にくるけれども、金メダルにはいたらず、銀メダル銅メダルで終わり、ちょっと残念だが、ま、よくやった、次回は金メダルだ!」という度合(?)がもっとも強い国ということだ。

 これとは逆に「金メダル集中度」(獲得メダル総数に占める金メダルの割合)がもっとも高い国は、上位20か国中でどこだと思いますか?

 答えは、北朝鮮。67%でぶっちぎりの1位。で、2位ハンガリー(47%)、3位韓国(46%)と続く。

戦略論にこじつけると

 これが何を意味しているのか。戦略論の視点から考えてみたい(お断りしておきますが、そもそもスポーツはビジネスとは異なる。最大の違いは、スポーツだと勝者は1人、オリンピックの金メダルは1つしかないのに対して、ビジネスの勝者は一つの種目、業界でも同時に複数あり得る。それにビジネスの場合は戦略を持つ主体が企業として特定できるのに対して、ここで問題にしている「国」には明確な戦略を持つ主体が存在しないのが普通。ということで、以下の話はあくまでも「こじつけ」でして、ま、ユルイ話としておつき合いいただければ幸いです)。

 戦略の本質は競争相手との「違い」をつくることにある(だから、競争戦略論を仕事にしている僕はすぐに競合間の「違い」に目がいってしまう。国別メダル獲得数ランキングをみても、1位がどの国だとか、日本が何位なのかということよりも、日本の「メダルの取り方」に他の国とどういう違いがあるのか、日本と対極にある国はどこか、ということをすぐに考える)。

 競争戦略論には、昔から大まかにいって2つの考え方がある。この2つでは想定している「違い」が違う(詳しくは拙書『ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件』をお読みください。宣伝恐縮)。ひとつは「ポジショニング」、もうひとつが「能力」(capability)という考え方だ。

 ポジショニングの戦略論は「トレードオフ」の論理を重視する。利用可能な資源は限られている。全部を同時に達成できるわけではない。だから何をやって、何をやらないかをはっきりと見極めることが大切になる。「これで勝つ」というのをあらかじめ決めておいて、そこに限られた資源を集中的に投入する。だから「どこで勝負するか」という位置取り(ポジショニング)が戦略の焦点になる。

 このようにポジショニングの戦略論が「アウトサイドイン」の思考をとるのに対して、能力の戦略論は「インサイドアウト」の発想で違いをつくろうとする。他者よりも能力に優れていれば勝てるはずだ(当たり前ですけど)、と考える。ポジショニングは二の次で、まず能力の開発を重視する。時間はかかるにしても、よそが簡単に真似できない能力を構築できれば、競争に勝てる。戦略の焦点は、そうした独自の能力を構築していくプロセスの方にある(ま、論理を追い込んでいけば、ポジショニングと能力は実は裏腹の関係にあり、どっちがイイかという話にはならないのだが、その辺はここでは省略)。

 で、何が言いたいかというと、各国のオリンピックに対する戦略(という言葉が過ぎるようだったら、「構え」といってもよい)の違いだ。

 そもそもアメリカや中国、ロシアといったスポーツ大国は、人口が多かったり、体がデカかったり、予算が豊富だったり、歴史があって選手層が厚かったり、投入できる資源が普通の国よりもずっと多い。当然のことながら上位に来る(3位にイギリスが入っているが、これは開催地ならではの気合が入ったことが大きいのでは。日本も1964年の東京大会では堂々の3位だった)。

 相対的に資源制約が大きな国にとっては、ポジショニングの戦略をとるのが合理的になる場合がある。あれもこれもと手をつけずに、あらかじめ「必勝種目」を決めて、そこに集中的に資源投入する。他の種目には手を出さない。(この辺からこじつけ感が強くなってくるのだが)上で見た金メダル集中度が高い国の戦略には、ポジショニングの発想が強いといえそうだ。とくに北朝鮮はポジショニングの国にみえる。出る以上、必勝!勝てる少数の種目に集中投資!こうした戦略がダントツの金メダル集中度に反映されているという解釈だ。

 金メダル集中度3位の韓国もポジショニングの戦略が色濃い気がする。聞いた話に基づく漠然とした推測だが、日本に来ている韓国人の友人が言うには、「日本の中高校生が運動部でスポーツを楽しんでいるのに驚いた。韓国のクラブ活動では、勝てる種目をやる、やる以上は勝つ、勝つためにやる、という目標が明確で、もっとストイックだ。そういう人しかそもそも部活をやらない」。

 一方の日本はというと、オリンピックの成績の背後には、能力重視の戦略があるように思う。とりあえず好きなことをやる。で、頑張る。コツコツと努力する。時間をかけて能力をつければ、オリンピックに出られる(国としては、能力がある順にオリンピックに出す)。能力が発揮できればその結果としてメダルが手に入る、という考え方だ。

 だからやたらに多くの種目に出る。で、わりといいところまで行く(日本は金メダルの数では韓国の半分程度だが、総獲得メダル数は逆に10個多い)。でも世界トップレベルの熾烈な競争がある。極端に能力がある選手(吉田選手のこと。しつこいようだが、この人の顔はスゴい迫力ですね。伊蝶選手という人も眼力が凄い)は別にして、金メダルまではなかなかいかないのが現実だ。それが「銀銅メダル比率」で1位(つまり金メダル集中度が20か国中最小)という結果になっているという成り行きだ。

 ということで、戦略論に無理やりこじつけてオリンピックの成績について考察してみた。次回はこじつけついでにもう一つ、オリンピックの成績にみる日本の成熟ということについて話をさせてください。



まあ、金メダルの割合なんて、偶然の要素も大きいですから(アテネでは金の割合が多かったし)。

今回のオリンピックの結果から、何かを言わなくてはいけないのであれば、上記分析は正しいと思います。(笑)

ただ、柔道、水泳、体操というオリンピックメジャー種目「以外」では、やっと銀や銅メダルを取れるところまで来たというのが実態です。

しかも、メダルに届きそうなマイナー競技の底上げが中心でした。

直接的な支援としてのマルチサポート事業だけでなく、協会の発掘・育成への努力であったり、選手が丁度円熟期にさしかかったという要因やタイミングの良さもあったのかもしれません。

状況は変化してますから、上記分析を一般化できるかどうかは、(もう少し様子を見ないと)何とも言えないでしょうね。

関連記事

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -