ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

「スポーツ立国戦略」の策定に向けたヒアリング(第4回)議事録 平成22年4月14日

「スポーツ立国戦略」の策定に向けたヒアリング(第4回) 議事録

平成22年4月14日


下記は、議事録からの抜粋です。

議論の中で、宮嶋泰子さんの主張が、まさしく西欧的価値観を(左翼)知識人的にアレンジした考え方だと思います。

「朝日」的と言いましょうか。

スポーツには、競技的側面と趣味・健康増進的側面がありますが、彼女は前者を完全に否定して、後者を目指すべきだとしています。

まあ、それも一つの考え方だと思いますが、欧米主要国の考え方とも違いますし、草の根市民運動的な発想で、ある意味、反原発と共通するものを感じます。

今回のオリンピックの反応を見ていても、苦労の末に金メダルを取るというストーリーは、やはり日本人のメンタルに響くものを持っていると感じます。

オリンピックは、競技スポーツの集大成の大会ですから、宮島さん的な考えですと、参加する必要もない事になると思います。

そういう考え方は、一般的に理解が得られるとは思えません。

個人の目標は、様々で良いと思いますが、それと国の目標とを混同するべきではないと思います。

ただ、こういう考え方はなかなか尤もらしく聞こえるので、スポーツで偉大な結果を残した山下さんなども丸め込まれていますね。(笑)


あと、「スポーツ選手が尊敬されない」という不満が書かれていますが、やはり自分できちんとものを考えたり、筋道を立てて説明したりする訓練が不足している面があって、それが原因で、軽く見られてしまうところがあるのではないでしょうか?

監督の言うことは絶対という考え方がスポーツにおいて効率的なのは理解できますが、一方で個人として物事を論理的に考えていく学習は、絶対に必要です。

この意味でも、競技者全員が「文武両道」を目標にするべきなのでしょうね。

日本では、「武」だけだと人間的に尊敬されにくいのだと思います。(「スキー馬鹿」ではダメ)


あとは、岡部さんが3年目に語学学校に通い出したことなどが面白いと思いました。

やはり、言葉が通じないのでは意思疎通や深い理解は困難ですから。


フィギュアスケートの山田コーチの話で面白いと思った点は、名古屋の強みは「親にスケート(技術)がわかってもらえる環境を作っていること」の下りです。

親の理解レベルが高ければ、とても大きなメリットになると思います。

実際、今回のオリンピックで金メダルを取っている多くの選手が、親がコーチであったり、「強い介入」を行っている点が、特徴的だと思いました。

親がその競技をきちんと理解することが、子供の競技に関する判断の確からしさを上げたり、競技に打ち込める環境作りを効果的に行う下地になるのでしょうね。(遺伝もあるとは思いますが)

2世が増える傾向は、アルペンワールドカップ選手にも共通しています。


最後の競技団体のガバナンスの向上に関する意見は、宮島さんに全面的に賛成します。(笑)


【尾大臣官房審議官】  
 それでは、おいでいただいた方々からそれぞれご意見を伺いまして、その後、意見交換とさせていただきたいと思います。まず、岡部哲也様からお願いしたいと思います。よろしくお願いします。

【岡部】  
 よろしくお願いいたします。
 只今ご紹介いただきました岡部哲也と申します。私は北海道の小樽という港町に生まれ育ちました。当時、私は6歳からサッカーも並行してやっておりました。当時の冬は大変雪が多かった時代ですから、春になるまで道路の雪が解けることもなく、冬は雪、そして春から秋まではサッカーという生活でした。日々そういう環境の中で、当時サッカーではJリーグもなかった時代ですし、世界や将来のビジョンが見えにくかったのですが、スキーの場合は1972年に札幌オリンピックも開催され、そういう意味では、非常に目標としやすい環境があり、スキーを選択していったという思い出があります。
 ナショナルチームに入ったのがきっかけで、海外に出て行き、引退するまで15シーズンに渡り、年の9カ月ぐらいは、ヨーロッパ・オーストリアを拠点として動き回っていました。当時はいわゆるウインタースポーツ、アルペンスキーという競技の中で、自分の気持ちはプロという意識があっても、実際はプロという形ではない、アマチュアリズムの中でやっていました。向こうに行った時点で、さまざまなストレスなどもあって、3年目に言葉やコミュニケーション、文化などを学ぶため、2年間ドイツ語学校に通いました。そこにも、多くのスキーレーサーや様々な競技をやっている人がいたわけですが、そこで違いをふと感じたのが、自分にはないモチベーションや目標のベクトルが個々に明確あったことでした。 特に私の場合はスキーですが、アルペン王国オーストリアには当時8つの州に専門学校があり、小学校、中学校、高校とスキーの環境の良いところに学校がありました。そこでは、雪上のことだけではなくて、言語から含め色々学べる環境で、そこを通れば必ずしもスキーで結果を出さなくても、一般企業への就職率が90%以上なわけですから、保護者も力がはいるわけです。そのような学校に入ることによって、スポーツ文化を軸として、人間形成が成り立っていたというのを私が知ったのが18歳のころに感じたことです。日本に帰る度に、日本のシステムはどうなっているだろうと疑問がわき、多々違いを発見しました。物事の考え方とか――私は高校卒業後、後にデサントに入社し、サラリーマンとしてのスキー選手人生が始まっていきました。サラリーマンですから、結果が出なくても毎月固定給与を受け取れます。海外の選手達はスキーに特化していったときに、サラリーがない人がほとんどでしたので、そういう意味では、本気でスポーツを仕事としてとらえていく心構えが出来ており、それをこなすモチベーションの違いという点では、負けていたように感じました。非常に文化や環境で、結果が出たことに対しての国の保障であったり、その後の生活する上の基盤になっていくというものが持てているのだと感じました。
 もちろん、私自身は向こうに行きながら、向こうの文化がすべていいのかというとそうではなくて、日本人としてのよさも色々感じていました。私自身、引退した後、軽井沢でスキー・スノーボード学校を営ませていただいています。積雪量も多く、環境が良いとスキーが楽しいのは当然ですが、軽井沢という地は寒くても雪があまり降らないところです。ですが、温暖化になり、雪が降らなくても造れる195基の降雪機があります。スノースポーツを教えていく上での環境が整っているという点から軽井沢を選び運営をさせていただいています。人々に楽しさを知っていただき、マナーも習得し健康にも繋がっていく。また、余暇を楽しみ色々な部分をトータルで伝えられる。そして、そこをうまく活用してもらえるようなことを、この学校を通して今もやらせていただいています。
 初めてスキーをする時の天候もとても重要で、幸い軽井沢は晴天率が高いところであり、子供達のスタートとしては最適です。
 私は北海道の小樽という雪国で育ちましたが、私の時代はスキー授業が小学校1年生から6年生までありました。現在でもスキー授業が可能な環境があるにも関わらず、残念ながら継続されていない学校があることを多く聞いております。雪が少なくなっているといえども、そういう環境をうまく使うような授業の見直しや、先生が直接教えられる事も望ましいのです。例えば高校野球ですと、外部より専門のコーチを招聘しての指導も考えられますが、地の利を生かした運動の継続は行って欲しい限りです。地域の環境を意識した中での学校の授業の見直し、もともとやっていたものを復活させる事を考えていただけたらいいと思います。
 また、国体の意義というものについて最近、私自身もすごく重要性を感じており、以前は教員組というものがありましたが、今はなくなり、復活させたほうが教員の方々の意識の高さや、指導者としての励みになるような仕組みづくりができると思います。他、スキーだけではないですが、「スポーツと健康管理」というものをもっとうまく表現できるようにしていけたらよいと思います。
 私はアルペンスキーという環境の土俵から去った後、異業種分野の方とも多く会うようになり、その中で話題の一つとして、自分たちがやるスポーツ、見るスポーツという部分の中で、それを支える、あるいは指導していく周りのコーチや指導者の人たちが、以前はボランティアでやっておられたものが継続性に乏しくなっていることもあげられます。そのような方々のためにも改善しなければいけないでしょう。ナショナルチームでの関係者は勿論、地域・クラブ等で指導する関係者への対価なども含め見直し、全体の育成システムも構築しなければいけないと思います。今からでも遅くはない「スポーツ文化を持つ国日本」となっていけるように私は切に願っております。
 今年、バンクーバーオリンピックで、アルペンスキー王国のオーストリアが、74年ぶりにメダルを獲得出来ませんでした。4年間で、アルペンだけで日本円で換算すると9億ぐらいの予算があります。それだけお金をかけてもメダルがとれなかったという、非常にオーストリアとしては大変なことが起きました。ですからお金をかければすべてが結果に結びつくかということでもないと実証されたのではないかと思っております。
 とにかく私自身は、アルペンスキー出身の立場から、日本スポーツとしてウインタースポーツという部分が発展していく上では、他の分野でも一緒だと思いますが、とにかく環境を最大限に利用し、より一層構築するべきと考えます。

【宮嶋】  
 私自身はアスリートではないのですが、私はテレビ朝日でアナウンサーとディレクターをしておりまして、過去、1980年のモスクワオリンピックからバンクーバーまで15回のオリンピックを取材しております。そういったことから、外から見たアスリートのこと、それからスポーツのことをお話ししていきたいと思います。
 この30年間というのは、世界のスポーツが本当に変わりました。1980年のモスクワオリンピックのころは、ソビエト、東独などのステートアマが、いわゆる国家ぐるみでドーピングをしたりと、国家によって造られた選手たちが戦いに出ていった時代です。その後はカナダ、アメリカと、これまたお金や名誉を求めてドーピングに走る選手が出現してきた時代でした。そして、EUができてからは、ヨーロッパでは国の威信をかけて戦おうという人たちが若干少なくなってきたかなと感じるのが正直なところです。ただ、お金をもうけられるプロスポーツ、いわゆるサッカーとか、それから国によってはバレーボール、こういったものは本当に熱狂的に行われています。そういう意味で、スポーツというものが、かつては国家に支配されていましたが、それが徐々にお金に支配されている時代になってきたというのが正直な感想です。
 こうした中で、中国・韓国などは国を挙げてナショナルトレーニングセンターで強化をしているという現実があります。
 日本の現状ですが、日本の金メダリストというのは、本当に数多く色々な方にインタビューをさせていただいて、ときどき悲しくなります。みんながみんな幸せではないんです。ある人はアルコール依存症になってしまったり、ある金メダリストは、現役のときの故障がもとで、足を引きずりながら、まともに歩けない状態で、病院の配膳係をしています。現役時代のキャリアがしっかり生かされる道が少ないのが日本の特徴かもしれません。
 また、日本でなぜこんなにスポーツ選手が尊敬されないのか。先ほど河合さんがパラリンピックの選手が尊敬されない、お客が入らないという話をしておられましたが、そうではなくて、この間行われたバレーボールの国内リーグの決勝戦でさえも、お客さんが300人しか入っていません。本当に日本は、スポーツに対する文化的価値を認めるという人たちが少ないように感じます。これはなぜかというと、スポーツを勝ち負けということだけで子供のころから教えるものですから、負けた人はそれでもうやる気をなくしてやらなくなってしまったり、飽きてしまうのかもしれません。本来スポーツというのは人間が身体を使って行う自己表現であって、人生を豊にしてくれて、そこから楽しみがあったり、人生の快楽のひとつだと思います。スポーツから得られるたくさんのすばらしいことがあるはずですが、そういったものをしっかり教育しない、教えていないということが、やはりすごく大きいのではないかと思っています。こういうことから色々な問題が発生してきているのではないかというのが私のこの30年間の感想です。これからトップレベルのスポーツと地域スポーツの融合ということについて話をしたいと思います。
 私の中では、北海道のスケートの町、帯広というのがひとつのいいスポーツの町のイメージです。実は帯広出身のスピードスケートといえば清水宏保さん――長野の金メダリストです。堀井学さん、もうたくさんいらっしゃるんですが、今回高木美帆さんというバンクーバーで最年少の選手がいましたが、彼女も帯広出身です。彼女にスケートを小学校の段階で技術を教えたのは、長野で5位に入賞した島崎京子さんです。だからそこに技術の伝承というのがしっかりとその土地で行われている。実は小学校の段階でトップレベルの指導を受けるということはとても重要なことです。
 マイナス20度30度の地ですから、そんなところで大人になってからスピードスケートやろうという人はほとんどいないですし、今、子供たちも減っているのが現実です。スポーツ少年団もすごく減っていますが、そんな中、去年帯広に、日本で2つ目のスピードスケート専用のオーバルができました。このオーバルは比較的低コストでつくられたリンクで、大会のためのリンクというだけでなく、地元の人たちもトレーニングができるようになっています。オリンピックのために造られた大きな長野のエムウエーブとは少し違います。そうしたところ、おじいちゃんが孫の手を引いてこのリンクにやってきて滑っている様子を見て私は、これはとてもすばらしいことだなと思いました。木美帆効果とでも言うのでしょうか。これからは少年団に入る子供たちも徐々に増えてくるでしょう。また、このリンクができてきたことで、韓国のスピードスケートの監督が、夏には帯広に来て合宿をしたいと言い出しました。こういうスピードスケートというものを通じて町が元気になって、お客さんが外からやってくる。外貨を落としていって、上手に町が、これこそまさにスポーツ立国というか、スポーツで人々が元気になって、町も活性化していくいい例だと思います。これはたまたまスピードスケートの例ですが、こういう形でカヌーの町もありますし、色々な小さな町があるので、そういう成功例をもとにして、これから組み立てていくのがよいと思います。
 こういった中で、スポーツ立国というのができていくといいなと思う反面、今、早い段階から1つの競技だけのエリート教育をしていこうという動きがあります。エリートアカデミーのようなものは、これも確かに効果はあるかもしれませんが、小さいうちから少数の子供たちを親元から離して一つのスポーツトレーニングに特化させていくというのは、私は賛成ではありません。失うもののほうが多いのではないかと実は思っています。高木美帆さんなども親元から兄弟3人いる中でスケートをやって、夏はサッカーやって、ヒップホップダンスをやって、そしてここまで来ているわけで、やはりアメリカなどは高校まではシーズン制で4つのスポーツを必ずやるというのもありますし、どれだけ多くのスポーツに接するかというのは、大きいと思います。それこそ柔道でも、たくさんやっても、外国の選手は色々な動きを色々なスポーツでやっていますから、どんな技で来られるかわからないということが多分あると思います。日本の中で、柔道だけの練習をしている人ではとても考えられない動きが突然出てくることだってあると思います。そういう意味で、日本の人たちがメダルを取るスポーツというのは比較的、心・技・体でいうと「技」占める割合が大きい競技だと思います。いわゆるフィギュアスケート、体操など、どちらかというと、技をつきつめていくところでメダルをとれるという競技が多いと思いますが、これはお稽古ごと感覚でずっとそれをやっていると、こういうものが強くなってくるのだと思います。でもやはり、サッカーなどはどこからタックルが来るか、コンタクトしてくるかわからないし、そういったものは、絶対に身体能力、体力が強い人が勝ってしまうわけですから、そういう意味では、同じことだけを小さいときからずっとやっているというのはあまり意味がないのではないかという気もします。
 ここから少し重要な問題ですが、おもしろい調査が出てきまして、幼児期、それから小学校の低学年まで、今、子供もコーチについて体の動きを学ぶということが盛んになっています。こういう「動きを教えられた子供」と、「子供だけを集めて遊ばせた子」の体力の比較というデータが出てきました。そうすると、何と子供だけで遊んだ子供たちの体力のほうが上なのです。何もないところで、子供同士で、頭と体を使って色々工夫をしていく。それがやはり日本の将来を担う体と頭をつくれるもとなのではないか。スポーツスポーツと言って小さいころから教え込んでいくよりも、私は遊ぶということをもっともっと徹底させていくシステムを何かつくれないかと思っております。
 日本のスポーツというのはこの50年近く、東京オリンピックの前ぐらいからスポーツ少年団が基礎をつくってきたといっても過言ではありません。ただ、このスポーツ少年団も、勝つということに終始するあまり、少し崩壊ぎみで、今、これを総合型地域スポーツクラブに展開しようという動きが盛んになっています。私が幾つか見たところで、これはいいなと思うのは、指導者が一人ではなくて、色々な地域の大人が来るところです。中学生も来る。大学生も来る。要するにスポーツ少年団では小学校6年生になると卒団というのがあるわけです。それがないので、色々な大人の目があって、「ほら、靴ちゃんとそろえて」とか、「あいさつちゃんとして」という中で、どんどんどんどん育ってきます。私たちのころには一家10人、15人なんていう大家族は当たり前でしたが、今はもう5人って言っても、「随分多いね」と言われてしまう家族ですから、そういう中で地域の人々と触れ合いながら子供たちが育っていくというのが総合型地域スポーツクラブの中にはあるのではないかと思っております。そこで、中高年の方が幼児の面倒を見たりとか、小さい子たちの面倒を見たりとか、それから大学生が中学生を見たりとか、今度は高校生が小学生を見たりとか、クラブの中で地域の人々が互いに助け合ういい動きが出ているという気がしています。スポーツを通しての地域活性化が成功しているところが少なくありませんし、学校の運動部活動を総合型地域スポーツクラブと一緒にしているところもありますので、そういうところもぜひ参考にしていただければと思います。
 ただ、先日JOCの福田副会長がおもしろいことを言っておられまして、日本のスポーツ選手というのは、育てるときは国のお金、今はtotoのお金なども使っていて、人々のお金をいっぱい使うくせに、一人前になってメダルを獲ると、さらっていって金もうけの道具に使うのはマネージメント会社なんだよなっておっしゃっていましたが、これは本当だなと思います。ですから私は、メダルを獲った選手たちというのはちゃんと社会に対して還元をするということで、人々に無償ででもいいし、廉価でいいのでちゃんと恩返しをするというような、年に5回はすることとか、そういう義務的なものを設けてもいいのではないかと思っています。
 最後になりますが、私は何もスポーツ立国というのはオリンピックでメダルを獲ること、メダルの数を競うことではないと思っています。よく出させていただくのはフィンランドの例で、フィンランドは1週間に国民1人がスポーツを実施する率が91%と言われています。これは世界一です。日本はちなみに45.3%です。しかしながらこのフィンランドは、メダルをとる率はバンクーバーが24位、それから北京では44位に過ぎません。日本よりずっと低いです。これはヘルシンキオリンピックまでは国を挙げてメダルを獲ろうと言っていたのですが、それから政策を転換して、もっと一人一人がスポーツを楽しむ時代にしようということでこの形になったわけで、大会などもとても楽しい独自の競技を作って大会を開催しています。ですから、メダルというのは何もその国のスポーツの盛んさを表すものではないということです。ですから、民主党がヨーロッパ型の国家を目指すというのであれば、もっと一人一人のスポーツを重視する体制づくりに重点を置いていただくほうがよいのではないかと思います。やはりスポーツ立国というのは、スポーツによって国民が元気になって、自分たちの幸福を実感できる国づくりだと思います。
 それを考えると、やはり今、厚生労働省の管轄になりますが、医療費のことを避けて通るわけにはいかないでしょう。ヨーロッパにおけるスポーツ省の大臣たちが集まる会議でよく、スポーツに1ドル投資すると医療費が3.2ドル減るということが言われています。実際に日本でも、長野県において医療費を大幅に削減した町があるります。そういうことを考えて、スポーツと運動と、要するに人生の中で体を動かすということをどうとらえるかということを、スポーツ省をつくって、きちっとやっていただく時期がもう来たのではないかと思っております。

【尾大臣官房審議官】  
 ありがとうございました。では山下泰裕様、引き続きましてよろしくお願いします。

【山下】  
 鈴木副大臣にはこのような機会を設けていただいたことをまずお礼申し上げたいと思います。
 宮嶋さんの話を大変感動しながら聞いておりました。全く同感でございます。やはり、特に金メダリストは社会に還元すべきだ、そう思っております。最後の競技スポーツをやらないとというところは、両方を大事にして……。そこだけですね、最後の部分だけ若干違いますが、あとはもうほとんど、私の言いたいことの半分ぐらいは宮嶋さんにお話しいただいたのではないかと思っています。
 私は日本代表チームの選手、あるいは監督として世界相手に戦ってきましたが、当然、本来ならば国際競技力の向上という視点とか、あるいは柔道という視点でお話ししなければいけないと思いますが、あえて今日は国を憂う、スポーツに携わる一教育者という視点で、スポーツが担える、果たせる社会的役割、これを中心にお話をしたいと思っております。それがスポーツ立国につながっていくのではないかと。そういう意味では多少文科省の枠を外れた話もあるかと思いますけれどそこはお許しいただきたいと思います。
 ご存じのように、私の専門は柔道です。柔道を通して学んだことが、私の人生の基盤になっています。スポーツを通して心身がたくましくなることはもちろん大切ですが、それだけではありません。フェアプレーの精神、あるいはきちんとあいさつができる、規則を守る、あるいは戦う相手を、ライバルを尊重する、尊敬する、仲間と力を合わせる、弱者、敗者に対して思いやりの心を持つ、失敗しても失敗しても立ち上がって、自分の目標に向かって挑戦していく。こういうことを私は柔道を通して学びまして、これが私の今の人生の土台でございます。こうしたことが、スポーツを通してしっかり学べていけば、社会的にかなりの役割を果たしていけると思います。そういう意味から言いますと、スポーツの場で学んだことをいかに日常生活や人生で生かしていくか。言い方を変えるとそういうことの大切さを指導者がスポーツをやっている人に伝えていくか。この視点が非常に欠けていたのではないか。これは、スポーツに携わる人間として、非常に我々が反省すべき点ではないかと思っています。
 現在、神奈川県体育協会の会長をしておりまして、私が会長になりまして、ここにポスターを張らせていただいておりますが、こういったポスターをつくって活動しております。大切にしているのは、「日常生活でもフェアプレー」です。「ストップいじめ」ですね。いじめは、フェアプレーの精神に反する卑怯な行為です。
 神奈川県の中学生で、スポーツをやっている子供たちが約7割います。高校で4割5分弱です。こういった子供たちが、スポーツで大切にしているフェアプレーの精神、これをスポーツをやっている場だけではなく、日常生活で生かしていく。そうしたら何かが変わっていくのではないかなと思っております。
 これは、2年前に神奈川県体育協会で、県内で募集した標語の優秀作を集めたものでございます。最優秀が、「光る汗 一緒に流せば ほら仲間」。私は、2年、3年後には、これを中学校、高校、小学校の子供たちが、学校に行けない子供、友達がいない子供、自信のない子供、笑顔を忘れた子供、そういう子供たちに対して、スポーツをやっている子が「一緒に走らない?」、「バレーボールやろうよ」と声をかける、そういう運動を何とか展開していきたいと思っております。
 神奈川県だけでやっても意味がありません。しかし、まず神奈川でこれを成功させて、日本に広げていきたいと思っておりますが、ぜひ、文科省の皆様にこういった活動に興味を持っていただきたい。そして、できたらこういった活動に協力していただきたい。
 もう1回言います。中学校で約7割、高校で4割5分です。先ほど宮嶋さんが言われましたが、勝ち負けよりもっともっと大事なことをスポーツを通して学べるはずなのです。そして、子供たちだけではないです。その前に、スポーツに携わっている、かかわっている我々大人が、フェアプレーの精神を実社会で実践していく。そうしていくと、スポーツをやっている人は多いですから、何かが変わっていくのではないかなと思っています。
 ここのところ10年ぐらい、子供の体力低下が大きな問題になっていますが、体の健康よりもっと深刻なのは、心の不健康ではないでしょうか。そして、子供だけですか。大人の心の不健康も大変深刻だと思います。ここに1つデータがありますけれども、WHOの報告で、世界101カ国の中で、自殺率が高い9番目が日本です。日本より高いのは、リトアニア、ベラルーシ、ロシア、カザフスタン、ハンガリー、非常に社会情勢が不安定な国です。先進国の中では、日本は断トツのトップでございます。
 もう一つの資料です。躁うつ病、統合失調症、精神及び行動の障害、これは90年代から非常に数字が増えてきております。そして、これは読売新聞のデータですが、心の健康に不安を抱えている人は3人に1人、30代、40代では4割です。実は、元検事総長をされていました原田明夫さんと一緒に食事をしたときに、こう言われました。「法務省に入ってくるエリートのキャリアで、目と目を見て話すことが不得手の者が出てきている。話すときに、パソコンを一生懸命打ちながらのほうがまだ話しやすい。これは、かなり深刻な問題だ」と言われました。
 3月の終わりに、元名古屋大学の総長で、現在、大学評価学位授与機構長の平野眞一さんと3時間、4時間ご一緒することがありました。同じようなことをぶつけてみました。「いや、山下さん、そのとおりなんだよ。うちの大学でもね、彼女と話をするのに、隣に座って携帯のメールでやりとりしたほうがいいんじゃないか、こんなのがあるんだよ。これはね、大変深刻な問題だ」と。そして、お2人とも、やはりスポーツを奨励して振興していくことが大事だと言われておりました。
 もう一つ、大変残念なデータをお知らせしたいと思います。自国に誇りを持つ人の割合、これは日本は60カ国中57位でございます。体の健康だけじゃございません。心のほうがもっと深刻です。いかに日本人が病んでいるのか。これに対して、スポーツの振興は勝ち負けじゃない、これが果たせる役割というのはかなりあるのではないかなと。そのことをスポーツ立国を通して、ぜひ考えていただきたいと思っています。
 私も、スポーツと医療費の削減をお話ししようと思ったら、宮嶋さんが話をしていただきました。大変助かりました。以前、もう亡くなられましたが、日本を代表する心理学者、河合隼雄先生とご一緒して色々意見交換する機会がありました。河合先生は、たしか日本の各界の代表的な識者を集めてつくられた「21世紀日本の構想」をまとめられたときの座長だったと思います。さまざまな分野からすばらしい提案があったのですが、大変残念ながら、この中にスポーツの「ス」の字も入っておりませんでした。河合先生に、私は大変失礼ながら、このスポーツと医療費の問題だけをお話ししまして、なぜかといったら、経済の話が「21世紀日本の構想」の中でかなりのウエートを占めていたからです。びっくりされました。どきっとされました。「どうしよう。あの中には、スポーツ関係者が1人もいなかった」。私は、もう河合先生のその純粋さ、その後言葉を失われたんですが、「もうそれだけで十分でございます」と言いましたが。経済的な効果、これもある。さまざまな日本でのデータもあります。世界の体育・スポーツ担当大臣の宣言もあります。
 もう一つお話しします。スポーツと学力です。学力と生活習慣、学力と体力、これはかなり関係が深いというデータが出ています。学力を向上させようと思ったら、体力をつけて、そして生活習慣を改善することが大事だと。生活習慣とは何か。早寝、早起き、朝ご飯です。スポーツをやっている子供たちは、これがしっかりできている割合がかなり高い。
 もう一つ、ルールを守る子供、正義感の強い子供、これも学力が高いと聞いております。以前ちょっとお聞きしたのですが、文科省でも、学力の高い県は体力の平均値も高いとお聞きしたことがあります。そういう意味で言うと、勝ち負けだけではない。本当の意味のスポーツを振興していくことは、文科省が抱えている学力の問題に対しても大きな影響力があると思っています。日常生活でもフェアプレー、心の不健康、あるいはスポーツの振興と経済的な効果、スポーツと学力、こういう話を極めて簡単にさせていただきましたが、そういう意味でスポーツというものをもっと幅広くとらえていただきたいと思っています。
 私は、10年近く前に、参議院の文教委員会に参考人として呼ばれました。スポーツ全般についての意見を求められまして、このときは国際競技力の向上を中心に話をしました。そのときの気持ちと私の今の思いとは何ら変わっておりません。
 政治家の先生方から、終わった後、「山下さん、スポーツ振興の必要性は本当に痛感した。しかし、なぜ日本でスポーツ振興政策がこれだけ遅れたんだろうか」、そういう質問が来ました。私は、大変失礼な発言をしました。正直に。「スポーツは、票にならないんじゃないでしょうか。票にならないことに対して、政治家の先生方の関心は低い。だから、遅れている」、そんな発言をしました。会が終わった後、何人かの方から、「我々は、票にならないことでも必要なことはやるんだ。だから、世界で勝つためにしっかり頑張ってくれ」と声をかけられましたが、この10年間で気がつきました。政治家の先生方以上に、我々スポーツ関係者の努力が足りなかった。スポーツの世界は、オリンピックや世界で勝つことに対して一生懸命に頑張ってきたが、スポーツを通して日本をよくするとか、明るく活力ある生き生きした国づくりをしていくとか、そういうことに対してスポーツがいかに貢献できるか、こういうことを考えてこなかった。私は、そういう意味では、我々自身が反省するところが多々あるのではないかと思っております。
 しかし、文部科学省には、この10年間、スポーツ振興基金とかサッカーくじとか、ナショナルトレーニングセンターとか、そういうところの環境を整備していただきました。これは本当にスポーツ関係者はありがたく思っています。でも、国際競技力の向上という視点においても、これではまだまだ不十分であると思っています。私は、本腰を入れて、明るく活力ある日本をつくっていく。あるいは、相手を思いやり、尊重し、心豊かな、そして卑怯を憎む日本人を育てていく。そういう気持ちであれば、これはやはりスポーツの価値というものを真剣に見直す必要があるのではないか。そして、さまざまな省にまたがっている体育・スポーツ関連の予算をまとめて、スポーツ庁といったものをつくっていく、これが不可欠ではないかと思っています。
 スポーツ立国は、スポーツ界のためだけではない。五輪での活躍だけではない。健全な日本社会をつくって、いわば日本人が母国に誇りを持てる。そういう日本にするために、あるいは子供たちが生き生きと目を輝かせて生活していく、そんな日本にするためにぜひ必要なものではないかと思っております。
 諸外国では、しばしば国のトップリーダーがスポーツ政策をリードしてきました。アメリカ、フランス、オーストリア、イギリス。最近では、ロシアのメドヴェージェフ、プーチン大統領、首相が、このことにかなり発言しています。実は、先月モスクワへ行ったときに、河野日本大使主催の食事会に私の友人が呼ばれました。彼は、この2月まで、メドヴェージェフ大統領のスポーツ担当補佐官をしていました。しかし、バンクーバーで惨敗した後、彼はその職を去って、今度はロシアオリンピック委員会の副会長として、ロシアのスポーツの強化に力を入れてくれと、スポーツ担当補佐官からそっちへ移ったんです。そういう意味で言いますと、日本でも、やはりトップリーダーが、スポーツが果たせる社会的役割、スポーツが担える社会的役割、これについてもっともっと深く認識していただいて、スポーツ政策をリードしていただきたいと思っています。
 最後になりますが、これは世界の体育・スポーツ担当大臣会議での発言ですが、「スポーツ振興への投資は、見返りのある偉大な投資である」。
 ありがとうございました。

【尾大臣官房審議官】  
 ありがとうございました。それでは、山田満知子様、よろしくお願いします。

【山田】  
 初めまして。フィギュアスケートのコーチをしております山田でございます。よろしくお願いします。
 まず、皆さんが一番よく質問されるのは、フィギュアスケートで、昔で言えば、伊藤みどりから始まり、今は浅田さんですね、それから恩田さん、中野さんといい、小塚君もそうです、鈴木明子もそうですね、皆、名古屋出身というので、どうして名古屋が強いのですかと言われるのですが、私もよくはわかりません。
 もともとはヨーロッパの貴族だとか立派な人たちが、社交ダンスを氷の上におろしたのが発祥の地とされていて、スポーツといっても、気品高くて上品なスポーツというのがフィギュアスケート。北国、寒いところで盛んというよりは、都会、日本でしたら東京だとか、アメリカだったらニューヨークとかロスとか、フィギュアスケートは、都会的なセンスを持ち合わせたスポーツということだと思われていました。
 もともと昔、東洋人はフィギュアスケートでは勝てない。足も短いし、そういうセンスがないといわれ、ヨーロッパとか、芸術の都ロシア、そういうところが強いのではないかと言われていましたが、私たち、名古屋というところで、多少の都会であり、ちょっと田舎の良い部分も持ち合わせていることが一番ほどよいのではないかと思っています。
 個人競技なので、大体が隣の人は敵というか、同じリンクの中でも調和をとることが非常に難しい。田舎の人というのは、ちょっと隣の人がけがをしたら、どう? と声をかける優しさがあり、名古屋というのはフィギュアスケートの必要な部分を少し持っていると思うのです。それからお稽古事、習い事でお金を出したら、元を取る。「芸どころ名古屋」というふうに昔言っていましたが、かけた分だけは絶対元を取るぞと、親も熱心になるというか、この部分でもいろんなところで名古屋というところがよかったのではないかというのが一つあります。
 それと、もう一つは、柔道でもそうですが、何でもお稽古場、道場だったら道場に、親さんはなかなか入り込めないです。そこはもう選手たちが真剣に闘うところですので。アメリカとか海外でも、スケート場に親さんは連れてこられても、リンクの中には入られず、2階の観覧席から子供を見守るとか、送ってきて、また迎えに来るとかというのが、ほとんどのリンクの例だと思います。ところが、私のところは選手の親とか一緒になって進むという形をとりました。
 スケート場、大きなリンクにものすごく選手がたくさん滑っています。個人競技なので私は、個人レッスンで、1人の子しか見ていないです。1人の子を見ていると、こちらの子は皆、習ったことの自主練習です。そうすると、その間に新しい技ができたとします。でも、先生は見てくれてなくて、親もだれもいなかったら、何かやったというのがすごく楽しくないじゃないですか。やはり親さんは、自分の子供だけを見ているので。それで、親さんと一緒に見ていれば、子供が小さくて、やめたくなるときもあるでしょうけど、ご家庭でどんどんスケートに興味を持ってもらえるということで、家族をどんどん入れると。昔、早朝で、コンパルソリなんていうのがあったのですが、お父さんも、下の子供さんの食事の世話よりも、リンクへ連れてきたほうがいいということで、子供さんのほうを連れてきてリンクでやってから会社に行くというので、もう家族ぐるみで応援してくださるようになる。
 そうすると、みんながスケートに興味を持ち、ジャンプできなかったり何かができても、おうちへ帰ってもスケートの話題ができるということで、私は、一応父兄も全部リンクサイドにずらーっと並べるんです。うちの親たちは、毎日リンクに来ていますので、もう連盟の方たちより通になってしまいます。どういう飛び方をしたらいいとか、もう興味がありますから、海外のビデオから全部、どの子のジャンプがどうだとか、ああだとか色々大事なこともありますが、リンクサイドでプレスの方が取材に来られても、ママたちが「あなたのジャンプはこうでしょう。型がこうで!」とやっていると、「すいません、先生、あの方はコーチですか」、「いえいえ、父兄です」と私が言うんですけど、そのぐらい父兄の方が、名古屋の場合は熱心というか。
 でも、この方法もマイナス面とプラス面と両方ありますが、私はやはり介入したほうが絶対いいのではないかということで続けています。私のところが始めたので、今、名古屋の先生方は、ほとんど、親子ともども一緒になって、親と一緒に指導しております。
 指導法ですが、もともと私は、始めたのが戦後で、明治生まれの父親とか、連盟とか、テレビもビデオもない時代ですし、何のフィギュアスケートの知識もない人たちが、海外から資料を取り寄せて教えてくれるので、楽しくないです、明治生まれの父親って。今のようなマイホームパパじゃないですから。それで、スケートが嫌で嫌でしようがなかった。だから、まさかこのお仕事に私がつくと思ってなかったですが、やはり自分でお仕事についたときに、もしも私がスケートに興味があったら、もう少し上手な選手だったのではないかと思いました。ですから、私が今、プロのコーチになったときには、とりあえずリンクに来るのが、お友達とおしゃべりするのがいい、先生と会えるのがいい、何か新しい技が習える、何でもいいからリンクに来たいなと思う環境をつくりたいなと思いまして、できるだけ楽しく、自分が楽しくなかったので私は子供の目線も思うようにしています。小学校低学年は低学年なりに、大学生は大学生なりにと、同じ目線で話をしたいなと。
 今、うちも村上佳菜子という新しい子供ができたというか、出てきたのですが、15歳ですが、私としては、記者の方に「先生と生徒の間柄を先生はどのように思われますか」、「お友達だと思います」と言っているのですが、選手は多分、おばあちゃんと孫というふうに思っていると思いますが、私は、できるだけ友達感覚というか、楽しくみんなと一緒に泣いたり、一緒に笑ったりしたいと思っています。青春時代、25歳ぐらいまでスケートをしますね。1回しかない人生ですから、後悔しなくて楽しかったな、と思うように過ごしていかせたいと思っています。世界一は世界で1人しか出ないですが、やっていて楽しかった、よかったなというふうに言ってもらえるような、だから強化というよりも、普及のほうが私は合っているのではないかと思います。みどりをはじめ、うちの選手の子たちは、「ほんとに先生の子供さんは、みんな楽しんでスケートを滑っている」と。結構うちは笑顔がかわいいとかみんなに言ってもらえるのですが、できるだけスケートを通じて楽しく、山下さんたちが言われましたように、残りの人生のほうが、80歳まで、90歳まで生きるとしたら、スケートをやっているときよりも長いです。だから、スケートを通じて、社会へ出たときに、それが明るくみんなにかわいがってもらえて、助けてもらえて、そういう人間になりたいというふうにいつも子供たちに言って指導をしております。
 あと、オリンピックのときに、1つ皆さんがよく覚えている浅田真央ちゃんとヨナ・キムさんとの戦いですが、真央ちゃんはトリプルアクセルを回っておりました。ヨナ・キムさんは、トリプルアクセルを飛びませんでした。でも、うちは負けちゃいました。そのことについて色々ご質問されるのですが、今、加点というのがあるんです。
 もともとフィギュアスケートというのは、主観的なスポーツです。例えばジャンプは、空中で高さがどれだけ、飛距離がどれだけというわけではなくて、見た感じで、おお、すごいと思ったら点数が出てくる。でも、それではやはりスポーツとしてよくないのではないかとルールが変わりまして、1個1個の、これをやったら何点、これをやったら何点、スパイラルというのがあるのですが、あれをやったら何点。だから、見ていておもしろくないですが、そういうふうに細かくはなったんです。
 それとプラス加点というのが出てきました。例えば、真央ちゃんのトリプルアクセルは何点と決まっているのですが、非常に美しければそれにプラスとかが、加算されます。ヨナ・キムさんは、もともとジャンプの高さと飛距離がある方なので、見映えがします。それで加点をたくさんもらいました、簡単なジャンプですけど。真央ちゃんの場合は、加点があまりもらえなかった。その差もあって負けてしまいましたが、そこで問題なのですが、連盟の方、アマチュアの団体の組織の方ですが、ジャッジなさる方ですね、そういう人たちが、トリプルアクセルというのは非常に難しいわざ、もうやっただけで加点をもっと出してもいいんじゃないかとか、そういうことを世界の人たちにアピールしていただいていれば、もう少し得点は変わったのではないかなという気がします。
 それが難しいのですが、昔、みどりたちがいたときには、連盟はやり手の方というか、すごく英語も達者で、「日本人は足が短くて何が悪いんだ!でもパワーがあるんだ!」とか、もうすごく外国の人たちにそう言って、日本人を一生懸命売り込んでくださった。今は、国際大会に行ったときに、アピールが足りないです。その辺が非常にこれからの課題というのが1つ。
 それと、もう一つは、施設の問題ですが、私たちは刃物をつけて滑っています、氷で。みんな忘れてしまうと思うのですが、すごく怖い。それで、ある子は、くるくる回るスピンをやって、フラングキャメルという、足を上げてやるスピンをしているとき、後ろを向いていて子供が来たときに、ちょうどエッジが顔に当たって、大変な大けがをして問題になったり、それからこれはうちの名古屋であったショートトラック・スピードスケートですが、というのは、あのエッジはストップがなかなかできないもので、滑っていて転んでしまって、足を上げてこう来た。そうしたら、私たちは一般営業で練習しておりますので、一般のお客様が怖いと思って逃げた。そうしたら、フェンスがまな板になって切れてしまったということがありました。やはりそういうけがが怖いです。
 だから、リンクのほうが、事故を起こさないようにということで、込んでいる時間はジャンプ禁止、スピン禁止にしています。今、リンクは6時まで営業ですが、子供たちが来られるのは4時半。学校が3時半に終わって、急いで来ても4時半。そうすると、リンクが込んでしまいます。その4時半からは、ジャンプ禁止になります。土曜、日曜は、一般のお客さんがたくさん来るので、ジャンプ禁止。すると、いつ練習したらいいの?ということは、学校を早引き?今、学校が大事と言われましたが、本当にそうなんですよね。そして、練習も、夜終わってから。ホッケーさんもいます。割り当てでなかなか来ません。そうすると、終わるのが夜11時半とか。それでおうちへ帰って、それから急いでおふろに入って、宿題やって、寝てと、早朝が朝5時に起きて、いつ寝るんだというぐらいやはり大変です。やはりリンクが民間の営業リンクですし、時々、代々木のような国立だとか、名古屋市でつくっていただくリンクは、大きな体育館みたいなリンクですが、そこは一般の市民に開放ということで、私たちインストラクターのプロが選手を連れていって教えることは、ほとんどできないというリンクです。
 今、名古屋の中京大学で、スケート場をつくってくださったので、私たちはわりに恵まれています。今の村上佳菜子もうまくなったのはそこのおかげではないかと私は感謝していますが、でも、そこも難しい。いい環境で、いい氷があれば、いい選手ができるかといったら、それも違います。ぜいたくはよくないです。中京大のリンクは氷も本当にきれいな氷です。試合よりきれいではないかと思うくらいです。時々滑ってみると、スーッと滑ります。これでなれてはいけないんじゃないかと思ったりします。海外へ行ったときに、こんなきれいなリンクで試合をやらないかもしれないと思いまして。いろんなことで悩み、悩み、私も大須の下町のリンクに行ったり、中京に行ったりしていますが。
 だから、施設の問題も、とりあえずは一般民間リンクで私たちは練習しておりますので、やはりなかなか思うようにできない。リンクを借り切って練習するのにも、1人の選手が曲をかけショートとフリーとやると、10分ぐらいかかります。そうすると、1時間半リンクを借り切ったとしても、15人しか曲がかからない。でも、40人ぐらい滑っていると、あなた方はあさってということになりまして、試合前だというのに、本当にそういう練習もままならないという悩みがあります。みどりでもそういう中でやってきて、時代が違うかもしれませんが、人間、わがままを言ってはいけないと思いながら、子供たちを育てております。
 よろしいでしょうか。ありがとうございました。


【鈴木副大臣】  
 ちょっと話題を変えまして、2つ伺いたいんですが、団体のガバナンス、これは色々な方が触れられましたが、今、スキー協会ならスキー協会、スケート協会ならスケート協会、山下さんの場合は柔道という種目と体協という、ある意味で横の、それから河合さんはパラリンピアンズ協会の会長をやっておられますが、宮嶋さんは色々な日本のそういう団体を見てきたと思うんですが、今回、スポーツ基本法の中で、まず大事にしたいのは、まさにスポーツの中にフェアネスとジャスティスというのをもう一回きちんと確立するということをやりたい。
 その中でスポーツ権ということを言っていて、見る、やる、する、支えると。さっきの河合さんの話なんかは、やはりスポーツ権の精神からすると、スポーツ権の侵害ということにもなるんだと思うんですね。いきなりそれが裁判規範になるかどうかは別問題として、少なくともそういうことは権利としてあるんだということをきちんと位置づけた上でということは、1つ大事なことだと以前から思っているんですが、フェアプレーの源であるはずの色々な日本の団体というものが、今後どういうふうなあり方であったらいいのかなという、そのあたりを1つ伺いたい。
 2つ目は、冬の国体はどうしたらいいですかというのを岡部さん、宮嶋さん、山田さんに。さっき、教員の部を復活の話がありましたが、それも非常にヒントになったり、要するに1周はしたので、僕はやめるなんてことは全然思っていませんが、やはり意味あることにしていきたいと。もちろん、競技ごとの色々な事情もあるでしょうが、その点をぜひ。

【岡部】  
 そうですね。1つ目の団体組織について、私の場合は選手時代全日本スキー連盟に在籍した後、教育部とアルペン部の組織になっているところで、私は、教育部のほうで2年ほどアドバイザーをさせていただきました。
 教育部の中には検定と言う子供から大人まで上達する上で指導を受けられますが、特に指導員レベルの検定を受講して受かった方は毎年研修を受けなければいけないというサイクルがあります。数多く資格者がいる方々がナショナルチームや国を代表する選手らに応援に参加できるといった気持ちになることが大事で、ぜひとも1人1人がファン(スポンサー)になっていってほしいと思います。日本代表になった選手たち、もちろんオリンピックの代表、あるいは国体の代表になっていくという部分のファンになってもらえるような気持ちになるには、いわゆる検定費、毎年の講習等以外に「選手育成費など」を組み込められれば強化費などにも当てられて、良い循環が望めるはずです。国体も含め仕分けを明確にしていく事が、多くの資格者も納得し心から応援する気持ちに繋がっていくと思います。
 国体は、私自身も少年組から出場した経験がありますが、社会人になってからはほとんど海外にいたので、なかなか出場出来ませんでしたが、先ほど申し上げた教員組の復活をすることによって、種目のあり方、意識の高さが生まれていくのではないか。また、特に冬の国体の場合はやる場所がすごく限られてきて、もちろんそこには大きなお金というか予算が必要になってきます。運営するほうも大変な苦労がありますが、開催する、都道府県の方々の姿勢というか、モチベーションが高まる。モチベーションが以前はすごくあったのですが、今は薄れてきているのは、そこに予算がなくなったりとか、出場する枠の人数が減ってしまったりとか、色々な厳しいルールができてしまったりというものも少なからずあるでしょう。その辺も改善していき、あとは冒頭にも話しました地域の地元の子供たちが、雪国にいながら授業を行えていない現状が、大会への観戦に、行かなかったり、見なかったりというふうに関心が薄れてしまいます。やるスポーツも、見るスポーツも、国体を通して教えられるのではないかと思います。ですから、ぜひスキー授業の話もしましたが、国体をやることが1つの目標にもなるわけですし、そこを経て今度はオリンピックであったり、色々な目標の設定になっていくと思うので、ぜひとも新たな地域をもっと活性化出来る様なあり方、考え方を変えつつ、今の時代に合ったやり方も含めてやっていってほしいと思います。


【宮嶋】  
 私は最初に、この30年間、ドラスティックにスポーツが変わってきた、世界のスポーツが変わったというお話をさせていただきましたが、そのわりに、いわゆるナショナルフェデレーション、競技団体というのがほとんど変わっていないのです。
 多分、皆さんも競技団体に行かれるとわかると思いますが、会長はよく代わったりするが、理事会はあまり変化がない。理事会のメンバーは大体スポーツを今までやってきた人で、上意下達でみんな体育会系のシステムの中でやっているというふうに、日本のNFというのは本当に変わらなくて、本来、その中からIFに出ていくような理事たちを出していかなければいけないのに、そういう人たちも育てていない面があると思います。
 私は、サッカーなどはマネジャーや色々なシステムで外部からいわゆる人を動かす術、お金を動かす術を知っている、ノウハウを持った方を登用しているようですが、やはりこういう変化が本来それぞれのNFになければいけないと思います。
 あるNFの会長が、「全くどの理事も、1人も現場を向いていない」と言って怒っていたのを聞いて、「それはどこも同じじゃないですか」と思わず言ってしまったのですが、そういうところがあると思います。理事というのは1つの名誉職になってしまっていて、その競技をやった人たちが何か勲章として得られるところ。その人たちが会議で決めるということが、非常に現場と遊離したものが生まれてきているというのは確かにあると思います。これは、本当に変えなければいけないことだと思います。
 ただ、それが文科省でできるのかどうかというのは、私はその辺の力関係がよくわからないのですが、もし変えられるものならぜひ変えていただきたいと思っています。

【鈴木副大臣】  
 例えば、選出のルールのウエートあるいはそこの選び方ですね。

【宮嶋】  
 そうですね。

【鈴木副大臣】  
 そういうもののガイドラインというものが1つあるのかもしれませんね。

【宮嶋】  
 はい。それで、例えば会長の年齢ですね。もう幾つになったらやめなさいと、やめなければいけないということで交代していくようなところもありますが、もうちょっとドラスティックなものがないのかなというのは思っています。

【鈴木副大臣】  
 例えば、社団と財団とでちょっと違ってくると思いますが、要するにスポーツコミュニティというのは、選手というかプレーヤー、その人たちが実はメーンで、それを助けるコーチだとか、監督だとか、お世話をする色々なチームマネジャーという人たちが、本来のコミュニティのコアなわけですね。であれば、その人たちに応じた投票権といいますか、そういうものを配分していくということを、社団法人であればその理事なり、代表の選出というのは、そういうルール、ガイドラインですが、財団の場合はまた違いますが、それとて、ある種のそうしたコミュニティの色々な分野の人たちからの代表者によって選考されなければいけないということを決めるということは、一般論、理論的に可能だとは思う。そういう勉強は幾らでもできる。他の例を見ればあり得るんだと思いますよね。
 ただ、そこはもちろん団体の自治というものがありますから、しかし、そこに税金が入っていて、まさに健全な発展というものが非常に重要だということになった場合には、ある種のモデル約款ではないですが、そういうことはなくはないということだと思いますね。


関連記事

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -