ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

錦織圭の育ち方

錦織圭の育ち方

錦織 圭(にしこり けい)
生年月日:1989年12月29日
出身地:島根県松江市
身長 :177cm
体重:70kg
プレイスタイル: 右打ち ( 両手バックハンド)

5歳でテニスを始め、チームグリーンテニスクラブにて本格的にテニスを始める。2001年(小学6年)5月、全国選抜ジュニア選手権で優勝。6月に「修造チャレンジトップジュニアキャンプ」2期生としてキャンプに初参加。その年の7月全国小学生大会で優勝、8月の全日本ジュニア12歳以下で優勝し、史上5人目である全国制覇3冠を達成。さらに、11月に行われた名コーチであるボブ・ブレット氏を招いてのトップジュニアキャンプでは、練習試合ではあるが、1期生である高校1年の男子選手に勝利。松岡修造がジュニアの指導を始めてから、初めて選手に対して「天才」と言わせ、周りを驚かせた。

2003年(中学2年)に財団法人盛田正明テニス・ファンドの強化選手として選ばれ、アメリカフロリダ州にあるニック・ボラテリーテニスアカデミーに留学。米沢徹コーチ(盛田正明テニスファンド・コーチ兼監督)との綿密なコミュニケーションのもと、ハードな練習、トレーニングを行いながら多数の海外ジュニアトーナメントに出場。

2003年7月、ヤングスターサーキットに出場し、1週目のフランス大会でコンソレーションで優勝、2週目オランダ大会でシングルス準優勝、ダブルス優勝。3週目のフランス大会ではシングルス、ダブルスともに優勝。第5戦のベルギー大会ではシングルス優勝、ダブルス準優勝と輝かしい成績をおさめた。8月にチェコで行われた14歳以下世界ジュニア大会で日本代表メンバーとして出場し、日本チームは過去最高の準優勝を果たし大きく貢献した。同年12月、グランドスラム大会に並ぶグレードAのジュニア大会であるジュニアオレンジボール選手権で、準優勝(14歳以下)、同時期に行われたプリンスカップ(18歳以下)では、ダブルスで優勝。

2004年4月に行われたジュニアデビスカップアジア・オセアニア予選の日本代表選手として選抜され、日本3位で予選通過に大きく貢献し、10月にバルセロナで行われた世界大会へ出場。

2005年8月、USオープンジュニアでベスト16、10月に行われた大阪市長杯スーパージュニアではベスト4入りを果たす。

2006年1月、オーストラリアオープンジュニアでベスト8、6月に行われた全仏オープンジュニアでは、初戦でオーストラリアオープンジュニア優勝のアレクサンダー・シドレンコ選手を破りベスト8進出、同大会ダブルスでは日本史上初となる優勝を成し遂げた。

2007年3月、Luxilon Cup優勝、4月のU.S.A F8のシングルスで準優勝、ダブルスで優勝、7月のインディアナポリス選手権では予選を勝ち上がり本戦に出場。日本人男子最年少でツアー8強入りを果たす。同年10月のAIGオープンでプロ転向を発表。会場になった有明コロシアムには錦織を一目見ようと大観衆が集まり、テレビまた新聞各紙の紙面を賑わせた。

2008年2月、デルレイビーチ国際選手権で予選から勝ち上がると、当時世界ランキング12位のジェームズ・ブレークを破りツアー初優勝を達成。同年8月に行われた全米オープンテニスでは、日本人男子シングルスとして、71年ぶりにベスト16進出という快挙を成し遂げた。

2009年はひじの故障、その手術のため、ほぼ1年を棒に振り初めての大きな試練を迎える。

2010年、怪我からの回復後ポイントもすべて消滅し、文字通りゼロからのスタートに。
下部ツアーであるATPチャレンジャーで優勝4回、また、全仏、ウインブルドン、全米と本選出場、特に全米ではチリッチとの激闘を制し、3回戦進出を果たした。
勝負の年と自ら公言した2011年、更なる飛躍を狙う。

今、日本国内では勿論、世界的にも非常に熱い視線を注がれているテニス選手である。

現住所:アメリカ・フロリダ州ブラデントン
練習拠点:IMGニック・ボラテリーテニスアカデミー
コーチ:ダンテ・ボッティーニ
トレーナー:今弘人(ウイダー)
マネージャー:オリバー・ヴァン・リンドンク

プロテニスプレイヤー・錦織圭の強さの源に迫る

今年2月に行われたデルレイビーチ国際で日本男子史上2人目となるプロツアー優勝を果たした後、6月のウィンブルドンではグランドスラム本戦初出場、8月の北京五輪では日本代表選出と、日本はもちろん世界にもその名を轟かせた18歳の錦織圭スター不在と言われた日本男子テニス界に超新星が出現したことで、俄然盛り上がりを見せている。そんな錦織選手に直撃インタビュー。今シーズン、趣味などのプライベート、来年の目標などを聞いてみた。

――今季のツアー終了後、日本で過ごしたオフはどうでしたか?

錦織圭(以下、錦織) : 「ゆっくり過ごしました。こんなに日本にいたのは久し振りでしたね。ストレス解消に買い物とかしましたよ(笑)。あとは友達にも会いました。それと和食ばかり食べてましたね。お寿司やしゃぶしゃぶ(笑)。アメリカに居る時より、1.5倍ほど多く食べてました。やっぱり美味しいですからね。本当に凄く休めた日本でのオフでしたよ」

――今季を振り返って欲しいのですが、今年はデ杯に初めて出場されました。日の丸を背負った感想をお聞かせ下さい。

錦織 : 「いつもの試合とは違うプレッシャーがありましたね。デ杯はチームで戦わなくてはいけないし、自分の成績がチームの勝ち負けに反映する。そこがいつもと違う部分でしたね。内容的に、納得のいく試合を出来なかったんですけど、チームということで、違うサポートを受けたり、応援だったり、一人ではなかったので、心が休まるところがあり、楽しかったです」

僕にとってフォアは有効打

――北京五輪はいかがでしたか?

錦織 : 「試合前まで特別な思いとかもなく、変なプレッシャーもありませんでしたが、試合に入り、いきなり4年に1回の大会であるとか、国の代表でやっているということを凄く意識し始めました。そのせいか、勝ちたいという気持ちが出始め、消極的になったり守りに入り、全然良いプレーが出来なかったのは残念でした」


――負けはしましたが、後半の猛追は凄かったですね。

錦織 : 「最初は気持ちがグダグダになり、0-5まで行ってしまいました。その時点で、このままじゃ終れないなという気持ちもあって、気持ちが吹っ切れ、どんどん積極的になり2セット目を取ることができました。3セット目は、凄い惜しかったですけど、本当にあと1歩の差で負けた感じ。敗れましたが、経験としては物凄く自信にもなった試合でした」

――錦織選手と言えば、ジャンプしながらフォアを打つ"エアK"に特長があると思います。ただ、バックのジャンピングショットを打つプレーヤーはいますが、フォアでやるプレーヤーが少ないのは何故でしょうか?

錦織 : 「僕は、決まる確率が高いので、有効打として使っています。他の選手が使わないのは、フォアにチャンスボールがきたら誰でもフォアの方が力があるし、バックだと力が入らないので、そういった部分でジャンプすると思いますよ」

――ラケットにもこだわりがあると聞きましたが?

錦織 : 「僕のラケットは、スイングスピードを早くするために前(グリップの逆側)が重く作ってあります。それがみんなとは違うところだと思いますね。それと、バックの時に手と手を離して握るので、グリップも長めに作っています」

――日本では、"エアK"を真似る小さい子供たちがいます。それについてはどう思いますか?

錦織 : 「真似してもらえることは嬉しいこと。そんなに使える場面はありませんが、是非とも使って欲しいショットですね。ただ、子供たちがやるのは危険ですから、上手な人にやって欲しいです」

――1日にどれぐらい練習するのですか?

錦織 : 「普段は午前中に2時間、午後に2時間。午前は基礎練習だったり気になるところを練習します。午後は試合形式の練習試合みたいな感じが多いですよ

――現在、重点を置いているトレーニングはありますか?

錦織 : 「やっぱり今は体幹ですね。特に腹筋とか背筋とか、その周辺を強くすることで全体を強くしたいと思っています

――さて、今年ブレイクし、来年のご活躍が多いに期待されます。来年の目標をお聞かせ下さい。

錦織 : 「フアン・マルティン・デル・ポトロ(アルゼンチン)とかマリン・チリッチ(クロアチア)とかもそうですけど、1つ上の年代の選手が活躍しています。デル・ポトロなんかは、全米オープンで対戦して凄い差を感じましたが、来年あれぐらいになれればいいかな? とは思いますね。今年の全米オープンではベスト16だったので、それ以上を目指したいです」

――来年最初に行われるグランドスラムの全豪オープンについてはいかがですか?

錦織 : 「全豪はジュニア時代に出場しましたが、今回はプロとして初めて出場する大会。とりあえず1回戦突破を目指します。暑い気候や慣れない部分はあると思いますけど、まずは1回戦を突破したいですね。痙攣だったり不安な要素がいっぱいありますので、食事やドリンクなど、自分で直せることは気をつけてやっていきたいです」

アメリカ・フロリダ州にあるニック・ボロテリー・テニス・アカデミー。錦織圭が2003年に留学して以来、現在も活動の拠点にしているプロテニス選手の養成学校だ。そんな同スクールの校長を務めるニック・ボロデリーらに直撃した。

1972年にニック・ボロテリーが創立したニック・ボロテリー・テニス・アカデミー(以下NBTA)。NBTAから巣立ったプレーヤーはアンドレ・アガシにピート・サンプラス、マリア・シャラポワなど、いずれもトッププレーヤーばかり。そんなNBTAの校長を務めるニック・ボロテリーが、チームNishikoriを指揮する。

――NBTAを成功させた要因などをお聞かせ下さい。

ニック・ボロテリー(以下ニック) : 「何年も積み重ねてきた努力、自分と同じ信念を持った素晴らしいスタッフに恵またこと。子供たちからベストなプレーを引き出すのではなく、勝者にするためにやってきました。そのような態度で頑張ったからこそ、子供たちが前進したと思います」

――初めて錦織選手がNBTAに来た時の印象をお聞かせ下さい。

ニック : 「当時の圭は、下を向いて日本食が恋しく、言葉もしゃべれなくて他人をまともに見ることすら出来ませんでした」

――そんな内気な少年が、ここまで成長すると思いましたか?

ニック : 「正直に言うと予想していませんでした。でもそれは、能力が不足しているという意味ではありませんよ」

――入学当初から変化した点はありますか?

ニック : 「以前よりしゃべれるようになりましたね。今ではインタビューを受ける時、しっかり相手を見ることができるようになりました。これはとても良いことです。そして、自分の地元のように、のびのびと振る舞えるようになってきましたね」

――往年の選手と比べて錦織選手はいかがですか?

ニック : 「アンドレ・アガシと比較してみましょう。アガシはバックハンドで様々なショットを繰り出し、圭のようにネットプレーはしませんでした。圭はアガシと違い、もっと爆発力を武器にしています。エラーの数はアガシより多いですね。でも現在の時代でテニスをする以上、圭はそのスタイルでやるしかありません。もしアガシが現役だったら、もっと爆発力が求められたし、ネットプレーも必要だったでしょう。圭があの頃プレーしていたら、ベースラインからショットを繰り出す方法で、好成績を残していたかもしれませんね」

NBTAの副校長を務め、錦織のメインコーチでもあるのが、ガブリエル・ハラミロ。通称ゲイブと呼ばれるこの男は、錦織がNBTAに留学する際、錦織の奨学金を出した盛田正明テニス・ファンドと交渉を重ねた人物でもある。ゲイブの努力がなければ、今の錦織の活躍もなかったとも言えるだろう。

――錦織選手の第一印象をお聞かせ下さい。

ガブリエル・ハラミロ(以下ゲイブ) : 「当時12歳の彼に、選手を選出するプロセスのため、圭にタイブレークで(富田)玄輝相手にプレーさせ、圭は勝とうとした。アガシやサンプラスが、同じ様にプレーしたように……。対戦相手がポイントを落とすのを待たず、自分自身で勝とうとしたことは印象的でした」

――エアKについてのご意見をお聞かせ下さい。

ゲイブ : 「エアKと呼ぶハイ・ショットを圭がいつも使うのは、圭のボールを見るスピードが速いから。多くの選手はボールが返ってきて落下しようとする時にバウンドさせますが、圭はそれをしません。ボールを早い段階で打てたり追いつけるからです。圭のようにプレーするには物凄くスピードが必要で、ボールの動きを早くに理解でき、タイミングの良さも必要。圭を真似ようとする人はいますが、不可能だと思いますね」

――来年の錦織選手の活躍を期待してもよろしいですか?

ゲイブ : 「来年はトップ20位には入るでしょう。私の中では、トップ10にいけると思ってます。彼は猛スピードで成長していますよ」

ニックやゲイブとともに、錦織を全力でサポートするのが、アカデミーでコーチを務めるデビッド・"レッド"・エイミー。彼の目から見た錦織圭は、どのように映っているのだろうか?

――錦織選手のプレーを初めて見た印象をお聞かせ下さい。

デビッド・"レッド"・エイミー(以下レッド) : 「圭の最初の印象は若くて手に爆発的なパワーを持っていた。スピードは信じがたいものだった。フォアハンドは、ダイナマイトを積んでるかのようだったね」

――錦織選手の活躍をどのように感じていますか?

レッド : 「私のプレーヤーに対する期待はいつも高い。すべて予想通りになったと言ったら嘘になるが、圭の活躍は思ったより早かった。私はチームの一員として、圭には自信を持っていた。だから彼が活躍したと聞いても、驚きはしなかったよ」

――錦織選手がここまで活躍した分岐点をお聞かせ下さい。

レッド : 「彼が16か17歳の時にメキシコへ行き、誰も居ない場所でトーナメントを制した。周りに誰も知らない場所で勝つなんて、生易しいことではない。彼にとって、テニスプロ人生のターニングポイント。この勝利が、私たちの期待をさらに高めさせてくれたよ」

チームNISHIKORIのマネージャーを務めるのが、オリバー・フォン・リンドリック。校長のニックをトップに、錦織に相応しい人間を集める手助けをすることが彼の役目だ。

――チーム内での役目をお聞かせ下さい。

オリバー・フォン・リンドリック(以下オリバー) : 「役割は圭に適した人間を選ぶことで、彼のビジネスをサポートすることも仕事の一つ。契約の手助けなどをして、彼に収入が入るようにすることです。当然ながら、役割は変わり続けます。彼が若かった時は、チームを組み立てることだけでしたが、彼が成長するにつれ、ビジネスが絡んできますから」

――マネージャーというお立場で、錦織選手に望んでいることは何でしょうか?

オリバー : 「彼の存在をグローバルに広めることです。二つ目は、日々成長していけるように努めること。日本でテニスを広めたい、というのが3点目でしょうね。圭がキャリアの終盤に達した頃に、テニスをする子供たちの人口が今以上に増えて欲しいです。圭の大きなゴールはそこで、我々はそれをサポートしていきたいですね」


日本でのテニスの普及を目指す錦織選手の考えをマネージャーがしっかりサポートしているのが素晴らしいと思います。

関連記事

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -