ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

ダイネーゼ スキー用エアバッグ・システムを開発中

ダイネーゼ スキー用エアバッグ・システムを開発中

現在、スビンダルやグアイなどトップ選手の協力を得て、データ取りをしているようです。

ダイネーゼは、モトGP用エアバッグシステムを作っており、この経験を評価されFISから依頼を受けたそう。

バイク用は、体がシートから離れ、前に投げ出されたときに、ワンピの下に装着しているエアバッグが作動、首や肩などを保護する仕組み。10秒ほどで空気が抜ける。

ダイネーゼのエンジニアは、スキー用は作動アルゴリズムの決定が難しいが、ソチに間に合うように12/13シーズンには製品化したいとしている。

一方、FISは、ヘルメットに関しても、より安全な規格を検討中で、今シーズン中にも発表されそうです。


膝ACLに関しても、板のレギュレーションだけでなく、新ビンディングやプロテクターも合わせて検討すると良いかもしれません。


Skiers collecting data for air bag safety system

By ANDREW DAMPF, AP Sports Writer

Dec 15, 11:03 am EST

VAL GARDENA, Italy (AP)―When overall World Cup leader Aksel Lund Svindal and downhill world champion Erik Guay navigate the tricky Saslong course at super-fast speeds this week, they will be also be collecting data for a radical air bag system that could have a big impact on safety in skiing.

The World Cup circuit has been ravaged by a series of life-threatening injuries in recent seasons, prompting the International Ski Federation to get together with Italian manufacturer Dainese and start work on an air bag system that has already been in use in motorcycle racing since 2009.

FIS is allowing Dainese to outfit 10 athletes that it sponsors this week with special chips lodged in their back protectors that will record speed, angular rotation, acceleration and other information.


“We’re just starting to collect data at this point,” said Alessandro Bellatti, the Dainese engineer who is coordinating the project. “It’s a more difficult project than the one for MotoGP but we’re fairly confident we can come up with something for most of the serious crashes.”

In motorcycle racing, the air bag system inflates when the body leaves the bike with a forward rotation, whereas in skiing the exact moment when a racer loses complete control varies from one crash to another.

Finding the exact algorithm to determine that point of no return is a major challenge, but Dainese is confident it can come up with a working product for the 2013-14 season―in time for the 2014 Sochi Olympics.

“The problem is that whereas in MotoGP we can gather data from 1,000 laps from 10 drivers in a single weekend, with skiing we only get 40 runs to work with,” Bellatti said as he watched racers charge down the hill.

Dainese will continue its research at most of the downhill races this season.

“Alessandro is a smart guy,” Svindal said. “He’s got some crazy algorithms going on in his computer, so he definitely knows what he’s doing. But it’s fairly complicated.

“In a motor bike it was probably easier to rule out what is not possible. Like if the body is in this position it’s over,” Svindal added, turning his head nearly upside down. “I think for us, looking at some of the still photos around with gnarly positions, it could be a tough challenge.”

Other athletes wearing the chips include super-G world champion Christof Innerhofer of Italy, Jan Hudec of Canada and Kjetil Jansrud of Norway.

The chips are turned on by connecting two wires coming out of the back protectors.

It looks like two shoelaces sticking out of the back, and they come around front and you connect them, a light goes off, tuck it back in and away you go,” Guay said.

If only avoiding crashes were so easy.

In 2008, American downhiller Scott Macartney suffered brain injuries and was kept in an induced coma after losing control and smashing his head on the final jump of the treacherous Streif course in Kitzbuehel, Austria. The next year, Daniel Albrecht of Switzerland suffered life-threatening brain and lung injuries after a crash in the same exact spot.

Hans Grugger is still working his way back after yet another horrific crash in Kitzbuehel in downhill training last season, while Austrian teammate Matthias Lanzinger had his left lower leg amputated three years ago after crashing in Kvitfjell, Norway.

And those are only the worst crashes. Each season, numerous racers suffer mild concussions and the list of torn knees is seemingly endless.

Three-time overall World Cup winner Lindsey Vonn had to pull out midway through last season’s world championships after injuring her head slightly in training and American downhiller Marco Sullivan missed the second half of last season after a similar fall.

Sullivan and other racers would like to see more safety development in helmets.

“You see we’re all wearing these super-aerodynamic tiny helmets but that’s been the real catastrophic injuries the past few years, kind of one every year,” said Sullivan, a 10-year veteran of the World Cup circuit.

“It’s downhill skiing and there’s going to be crashes, so if you can protect your melon a little better that’s big,” Sullivan added. “It would obviously take thicker helmets, and I think all the athletes would conform to that because if everyone is wearing them you’re not losing out on the aerodynamics.”

FIS men’s World Cup race director Gunter Hujara noted that there are new approval standards for downhill and super-G helmets this season, and added that former World Cup standout Pernilla Wiberg is heading a FIS working group involving scientists at universities in Oslo, Stockholm and Innsbruck, Austria, to develop new helmet standards.

They will analyze most of the falls we’ve had in the past to find the new specification, maybe, for future helmets,” he said. “We are very busy.”

Svindal had a gruesome crash in 2007 in Beaver Creek, Colorado, and believes an air bag system might have prevented some of the injuries to his face, ribs and back. Although he wonders if it will do enough.

“When you see those crashes, like Grugger in Kitzbuehel, when you land and hook an edge like that at 120 kph (75 mph), it’s a matter of a hundredth of a second until the head is hitting the snow, so will (an air bag) have time to (inflate)?” Svindal asked.

“With a car, the engine and hood can compress before an air bag goes out, so you delay (the) process until impact hits you,” Svindal added. “But with a helmet this thick, there’s no time. … But if anyone can do it, they can. So it’s cool that they’re willing to invest in it.”

In the MotoGP system, the air bag inflates under a racer’s suit and becomes visible slightly at the neck and shoulders. It remains inflated for 10 seconds and then deflates, for falls in which a rider is able to get back onto his bike and continue racing.

Even in MotoGP, however, the air bags are no guarantee against serious injury.

Italian rider Marco Simoncelli was wearing the Dainese system when he died following a crash at the Malaysian MotoGP race in October.

Simoncelli died of chest, head and neck injuries after he lost control of his Honda and swerved across the track, straight into the path of American rider Colin Edwards and Italian rival Valentino Rossi.

According to Bellatti, Simoncelli’s air bag system inflated when he hit the ground, but it was useless when he was hit by the other bikes.

“It works if you’re rolling or falling, but when you get hit by another motorcycle it doesn’t protect you,” Bellatti said.

Still, as Svindal said, “That’s no excuse for not trying. If you try you’re going to fail, but if you don’t try you’re going to fail anyway.

Updated Dec 15, 11:03 am EST


関連記事

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -