ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

ソルデンWC男子GS テッド・リゲティ優勝

ソルデンWC男子GS テッド・リゲティ優勝

318302_10150878444500702_86272375701_21350375_1044565453_n.jpg

a3fta.jpgl

305416_10150878444310702_86272375701_21350372_189966114_n.jpg

308883_10150878444250702_86272375701_21350371_387663963_n.jpg

j5xmt.jpg
tedligety cheeres with the local kids

310651_10150878444735702_86272375701_21350380_1702062936_n.jpg

リゲティ、大回転開幕戦でV…アルペンスキー

 ◆アルペンスキーW杯(23日、オーストリア・セルデン) 男子大回転開幕戦を行い、昨季の世界選手権を制したテッド・リゲティ(米国)が合計2分22秒00で優勝した。リゲティは通算9勝目。

 22歳の石井智也(東海大)は1回目で1分14秒41の62位に終わり、上位30人による2回目に進めなかった。

 0秒29差の2位にはアレクシス・パンテュロー(フランス)が入り、3位はフィリップ・シェルクホファー(オーストリア)だった。(共同)


Ligety Makes It Two For Two For US Racers

Ted Ligety methodically started the defense of his World Cup GS crown with the first win of the season Sunday (Oct 23) at Soelden, Austria and made the U.S. two for two.

The winner of the Cup GS title in three of the last four seasons took the first run lead then scorched the second heat to take the win away from French 20 year old Alexis Pinturault. It marked two wins in two days for the U.S. team coming on the heels of Lindsey Vonn's win in yesterday's GS on the same hill.

Austrian Philipp Schoerghofer got third.

American star Bode Miller contributed ninth place, marking the second time in two days the U.S. had put two skier in the top 10, Julia Mancuso having finished tenth on Saturday.

Defending overall champion and freshly named Skier d'Or Ivica Kostelic of Croatia rebounded from a medicore first run (18th) to hold the early lead in the second. He won the second run to finish fifth behind Swiss Carlo Janka, a sure indication he will contend again this season.

But on this October day it was Ligety in control. It was his ninth career World Cup win and his first at Soelden, but this is a hill he is comfortable with.. It was his fourth consecutive podium result at the site. He becomes the third US skier to win at Soelden, which was recently named the European home base for the U.S. men's team.

Ligety photo by Gepa
More to come.


TED LIGETY QUOTES

You never really know what's going to happen. I was skiing fast in training, but that really doesn't count for anything until you actually do it in a race. So to finally get prove how fast you are skiing is an added bonus that goes along with winning the first race of the year.

Any race win is a good win. I don't really care where it is. I've been on the podium a bunch of times here, but it's always good for your confidence to start off the year with a victory.

It's great to have Soelden as our new European home. I've always felt comfortable here and obviously have had a lot of success on this race hill.

Just being able to train here last week was a nice advantage and having our own apartments just adds to the comfort.

It's cool to see Lindsey [Vonn] win a World Cup GS. I think it's been 20 years since an American woman has done that. What she did yesterday in Soelden was impressive and I feel sorry for all the girls who have to race against her. Now that she's winning in giant slalom too, it's going to be an uphill battle for everyone else.

When you're a favorite, it's always comes with added pressure. I have three GS titles now and I'd obviously like to get the fourth. That would tie me for the second most giant slalom titles. It would be really cool to be up there with guys like [Michael] von Gruenigen, who was one of my childhood heroes.


今シーズンから、アメリカチームはソルデンをヨーロッパのホームにして、大会前に大会コースを使って練習をしていました。早速効果が現れたようです。

この後は、カッパーマウンテンに作った(ほぼ)専用のダウンヒルコースを使って高速系の練習に入ることになると思います。(こちらを参照)

彼らは、夏前は氷河で雪上練習(個人)、夏からは、ニュージーランド技術系キャンプ、チリ高速系キャンプとチームキャンプで十分な練習を積んだ上で、ワールドカップに臨んでいます。(こちらこちらを参照)

元々の能力が高い上に、これだけハードな練習をこなしていますので、勝てないわけがないという状況だと思います。

一方、日本チームは、惨敗です。

能力的なことは別としても、完全に準備不足だと思います。

もう少し戦える状態まで調子を上げてから、大会に参加した方が良いのではないかと思ってしまいます。

日本チームは、8月にニュージーランド、10月に早めにヨーロッパ入りをして、練習を積んでいます。

星選手は、ニュージーランド遠征はしていませんので、ブログに寄れば、10日間ほどの練習で、WCに臨んだとのこと。

やはり練習が足りないのでは・・。

金銭的な面では、アメリカの場合は、USSAが選手強化のために様々な企業とスポンサー契約を結び、スキー場に対しトレーニングについての協力をお願いし、自身でも寄付活動を大々的に行って、選手支援を精力的に行っています。

これに対して、日本では、選手個人がスポンサー探しに奔走せざるを得ない状況です。

強化費の捻出と計画的な練習プランは車の両輪ですから、ぜひSAJは(選手任せにせず)本気になって選手の育成強化を考えて欲しいと思います。


総合結果:

Rank Bib FIS Code Name Year Nation Run 1 Run 2 Total Time FIS Points
1 2 534562 LIGETY Ted 1984 USA 1:08.45 1:13.55 2:22.00 0.00
2 20 194364 PINTURAULT Alexis 1991 FRA 1:08.76 1:13.53 2:22.29 1.78
3 4 51007 SCHOERGHOFER Philipp 1983 AUT 1:08.66 1:13.85 2:22.51 3.12
4 1 511313 JANKA Carlo 1986 SUI 1:08.63 1:13.95 2:22.58 3.55
5 15 380260 KOSTELIC Ivica 1979 CRO 1:10.15 1:13.01 2:23.16 7.11
6 8 53831 HIRSCHER Marcel 1989 AUT 1:09.83 1:13.40 2:23.23 7.54
6 5 191750 FANARA Thomas 1981 FRA 1:09.52 1:13.71 2:23.23 7.54
8 19 192506 MISSILLIER Steve 1984 FRA 1:10.02 1:13.24 2:23.26 7.72
9 21 532431 MILLER Bode 1977 USA 1:10.02 1:13.30 2:23.32 8.09
10 6 421483 JANSRUD Kjetil 1985 NOR 1:09.19 1:14.18 2:23.37 8.39
11 9 51215 BAUMANN Romed 1986 AUT 1:08.96 1:14.44 2:23.40 8.58
12 3 421328 SVINDAL Aksel Lund 1982 NOR 1:09.12 1:14.29 2:23.41 8.64
13 24 202462 DOPFER Fritz 1987 GER 1:10.37 1:13.05 2:23.42 8.70
14 11 191746 DE TESSIERES Gauthier 1981 FRA 1:10.00 1:13.65 2:23.65 10.11
15 55 501017 MYHRER Andre 1983 SWE 1:10.51 1:13.15 2:23.66 10.17
16 22 180534 SANDELL Marcus 1987 FIN 1:09.96 1:13.72 2:23.68 10.29
17 18 292491 MOELGG Manfred 1982 ITA 1:10.48 1:13.24 2:23.72 10.54
18 14 292000 BLARDONE Massimiliano 1979 ITA 1:10.44 1:13.29 2:23.73 10.60
19 12 50625 RAICH Benjamin 1978 AUT 1:10.34 1:13.42 2:23.76 10.78
20 10 50742 REICHELT Hannes 1980 AUT 1:10.50 1:13.46 2:23.96 12.01
21 16 292120 SIMONCELLI Davide 1979 ITA 1:09.59 1:14.42 2:24.01 12.31
22 53 101895 ROY Jean-Philippe 1979 CAN 1:11.03 1:13.03 2:24.06 12.62
23 25 290693 PLONER Alexander 1978 ITA 1:10.36 1:14.05 2:24.41 14.77
24 17 510997 BERTHOD Marc 1983 SUI 1:09.86 1:14.57 2:24.43 14.89
25 23 511352 VILETTA Sandro 1986 SUI 1:10.83 1:13.99 2:24.82 17.28
26 7 191423 RICHARD Cyprien 1979 FRA 1:09.17 1:15.71 2:24.88 17.65
27 37 990048 BORSOTTI Giovanni 1990 ITA 1:10.49 1:14.87 2:25.36 20.59
28 32 510727 DEFAGO Didier 1977 SUI 1:11.01 1:17.74 2:28.75 41.36

Disqualified 1st run
61 990116 DE ALIPRANDINI Luca 1990 ITA

Did not start 1st run
64 193986 PLACE Francois 1989 FRA

Did not qualify 1st run
76 680047 BENIAIDZE Alex 1991 GEO
74 303097 ISHII Tomoya 1989 JPN
73 501111 HARGIN Mattias 1985 SWE
70 491129 TERRA Ferran 1987 SPA
68 100558 COOK Dustin 1989 CAN
67 180570 ROMAR Andreas 1989 FIN
66 202345 SCHWAIGER Dominik 1991 GER
65 531452 BIESEMEYER Thomas 1989 USA
63 561032 JAZBEC Janez 1984 SLO
62 192504 MERMILLOD BLONDIN Thomas 1984 FRA
60 202437 LUITZ Stefan 1992 GER
58 150834 ZIKA Adam 1989 CZE
57 481006 ZUEV Stepan 1988 RUS
56 511383 FEUZ Beat 1987 SUI
54 500933 OLSSON Jon 1982 SWE
52 53980 KRIECHMAYR Vincent 1991 AUT
50 53985 MATHIS Marcel 1991 AUT
49 194495 FAIVRE Mathieu 1992 FRA
47 150644 KRYZL Krystof 1986 CZE
45 51159 NOESIG Christoph 1985 AUT
44 421859 NILSEN Markus 1989 NOR
43 292967 EISATH Florian 1984 ITA
41 930107 GREGORAK Will 1990 USA
40 192653 FREY Thomas 1984 FRA
38 534959 JITLOFF Tim 1985 USA
36 534038 NICKERSON Warner 1981 USA
34 293006 INNERHOFER Christof 1984 ITA
33 192746 THEAUX Adrien 1984 FRA
31 510890 ZURBRIGGEN Silvan 1981 SUI
30 292250 SCHIEPPATI Alberto 1981 ITA
29 201702 NEUREUTHER Felix 1984 GER
28 510993 ALBRECHT Daniel 1983 SUI
26 421669 HAUGEN Leif Kristian 1987 NOR

Did not finish 2nd run
39 180251 PALANDER Kalle 1977 FIN
13 510030 CUCHE Didier 1974 SUI

Did not finish 1st run
75 380290 SAMSAL Dalibor 1985 CRO
72 910004 DEFLORIAN Mirko 1980 MDA
71 700830 ZAMPA Adam 1990 SVK
69 511513 CAVIEZEL Mauro 1988 SUI
59 930105 GRANSTROM Colby 1990 USA
51 102961 DIXON Robbie 1985 CAN
48 292056 GUFLER Michael 1979 ITA
46 50600 GOERGL Stephan 1978 AUT
42 421650 BJERKESTRAND Iver 1987 NOR
35 531799 FORD Tommy 1989 USA
27 420148 KARLSEN Truls Ove 1975 NOR


1本目結果:

1位リゲティ、2位ヤンカ、3位シェルクホファー、石井62位。

アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は23日、オーストリアのセルデンで男子大回転開幕戦を行い、22歳の石井智也(東海大)は1回目で1分14秒41の62位に終わり、上位30人による2回目に進めなかった。
 1回目を終え、テッド・リゲティ(米国)が1分8秒45でトップ。(共同)


Ligety in the lead after first run in Soelden

Sunday 23 October 2011

SOELDEN, Austria – This year the one thing no one had to worry about the race is the weather. The men’s opening race in Soelden brought us clear skies and perfect conditions.

The first one out of the start gate was Carlo Janka, finishing his run in 1 minute, 8. 63 seconds, enough to keep him at the front only until Overall GS champion Ted Ligety made it to the finish line. Putting down a smooth run, he took over the lead with 0.18 seconds in front of Janka.

The guys that followed all got close to those two, but apart from Austrian’s Philipp Schoerghofer, who, after being 0.27 seconds behind the leader in the top part of the course, had an astonishing performance on the steep and most challenging section. He made up some time and took the lead at the second intermediate time, 0.01 seconds in front of Ligety, but didn’t manage to carry the speed all the way to the finish line and got down in third, 0.21 seconds behind.

The first seven racers, apart from Thomas Fanara, finished within one second from the leader. It seemed that after the first group, the course conditions changed a little bit and all the guys from bib No.8 on lost time on the steep section. Didier Cuche, currently in eleventh place said, “it’s rough.”

Romed Bauman seemed to be the only one out of the top seven group who seemed to adjust to the tough conditions, with a very consistent run he skied into fifth position, 0.51 seconds behind Ligety.

Probably the biggest surprise of the first run came from the young Frenchman, Alexis Pinturault. Last year he proved he was ready for great results by claiming a second place in the Giant Slalom in Kranjska Gora. He was the only one after Baumann who managed to cross the finish line less than a second slower than the best time. With bib No. 20, he is currently in fourth position, only 0.31 seconds behind.

by Ana Jelusic


Rank Bib FIS Name Year of NSA Time Diff. Ski Code Birth
1 2 534562 LIGETY Ted 1984 USA 1:08.45 Head
2 1 511313 JANKA Carlo 1986 SUI 1:08.63 0.18 Atomic
3 4 51007 SCHOERGHOFER Philipp 1983 AUT 1:08.66 0.21 Atomic
4 20 194364 PINTURAULT Alexis 1991 FRA 1:08.76 0.31 Salomon
5 9 51215 BAUMANN Romed 1986 AUT 1:08.96 0.51 Salomon
6 3 421328 SVINDAL Aksel Lund 1982 NOR 1:09.12 0.67 Head
7 7 191423 RICHARD Cyprien 1979 FRA 1:09.17 0.72 Fischer
8 6 421483 JANSRUD Kjetil 1985 NOR 1:09.19 0.74 Head
9 5 191750 FANARA Thomas 1981 FRA 1:09.52 1.07 Fischer
10 16 292120 SIMONCELLI Davide 1979 ITA 1:09.59 1.14 Salomon
11 13 510030 CUCHE Didier 1974 SUI 1:09.61 1.16 Head
12 8 53831 HIRSCHER Marcel 1989 AUT 1:09.83 1.38 Atomic
13 17 510997 BERTHOD Marc 1983 SUI 1:09.86 1.41 Rossignol
14 22 180534 SANDELL Marcus 1987 FIN 1:09.96 1.51 Fischer
15 11 191746 DE TESSIERES Gauthier 1981 FRA 1:10.00 1.55 Head
16 21 532431 MILLER Bode 1977 USA 1:10.02 1.57 Head
16 19 192506 MISSILLIER Steve 1984 FRA 1:10.02 1.57 Salomon
18 15 380260 KOSTELIC Ivica 1979 CRO 1:10.15 1.70 Fischer
19 12 50625 RAICH Benjamin 1978 AUT 1:10.34 1.89 Atomic
20 25 290693 PLONER Alexander 1978 ITA 1:10.36 1.91 Atomic
21 24 202462 DOPFER Fritz 1987 GER 1:10.37 1.92 Nordica
22 14 292000 BLARDONE Massimiliano 1979 ITA 1:10.44 1.99 Dynastar
23 18 292491 MOELGG Manfred 1982 ITA 1:10.48 2.03 Fischer
24 37 990048 BORSOTTI Giovanni 1990 ITA 1:10.49 2.04 Salomon
25 10 50742 REICHELT Hannes 1980 AUT 1:10.50 2.05 Salomon
26 55 501017 MYHRER Andre 1983 SWE 1:10.51 2.06 Nordica
27 23 511352 VILETTA Sandro 1986 SUI 1:10.83 2.38 Salomon
28 39 180251 PALANDER Kalle 1977 FIN 1:10.93 2.48 Fischer
29 32 510727 DEFAGO Didier 1977 SUI 1:11.01 2.56 Rossignol
30 53 101895 ROY Jean-Philippe 1979 CAN 1:11.03 2.58 Rossignol
31 44 421859 NILSEN Markus 1989 NOR 1:11.09 2.64 Atomic
32 29 201702 NEUREUTHER Felix 1984 GER 1:11.18 2.73
33 56 511383 FEUZ Beat 1987 SUI 1:11.25 2.80 Salomon
33 30 292250 SCHIEPPATI Alberto 1981 ITA 1:11.25 2.80 Salomon
35 36 534038 NICKERSON Warner 1981 USA 1:11.29 2.84 Head
36 45 51159 NOESIG Christoph 1985 AUT 1:11.39 2.94 Blizzard
37 67 180570 ROMAR Andreas 1989 FIN 1:11.46 3.01 Atomic
38 26 421669 HAUGEN Leif Kristian 1987 NOR 1:11.47 3.02 Rossignol
39 38 534959 JITLOFF Tim 1985 USA 1:11.60 3.15 Fischer
40 50 53985 MATHIS Marcel 1991 AUT 1:11.64 3.19 Head
41 49 194495 FAIVRE Mathieu 1992 FRA 1:11.73 3.28 Rossignol
42 65 531452 BIESEMEYER Thomas 1989 USA 1:11.74 3.29 Rossignol
43 33 192746 THEAUX Adrien 1984 FRA 1:11.88 3.43 Salomon
44 31 510890 ZURBRIGGEN Silvan 1981 SUI 1:11.94 3.49 Rossignol
45 62 192504 MERMILLOD BLONDIN T. 1984 FRA 1:11.99 3.54 Salomon
46 28 510993 ALBRECHT Daniel 1983 SUI 1:12.02 3.57 Head
47 47 150644 KRYZL Krystof 1986 CZE 1:12.15 3.70 Elan
48 60 202437 LUITZ Stefan 1992 GER 1:12.25 3.80 Rossignol
49 43 292967 EISATH Florian 1984 ITA 1:12.29 3.84 Head
50 57 481006 ZUEV Stepan 1988 RUS 1:12.32 3.87 Rossignol
51 70 491129 TERRA Ferran 1987 SPA 1:12.58 4.13 Rossignol
52 52 53980 KRIECHMAYR Vincent 1991 AUT 1:12.61 4.16 Fischer
53 41 930107 GREGORAK Will 1990 USA 1:12.64 4.19 Rossignol
54 40 192653 FREY Thomas 1984 FRA 1:12.65 4.20
55 54 500933 OLSSON Jon 1982 SWE 1:12.77 4.32 Head
56 63 561032 JAZBEC Janez 1984 SLO 1:12.88 4.43 Elan
57 68 100558 COOK Dustin 1989 CAN 1:12.94 4.49 Head
58 66 202345 SCHWAIGER Dominik 1991 GER 1:12.95 4.50
59 73 501111 HARGIN Mattias 1985 SWE 1:13.30 4.85 Nordica
60 58 150834 ZIKA Adam 1989 CZE 1:13.46 5.01 Elan
61 34 293006 INNERHOFER Christof 1984 ITA 1:14.04 5.59 Rossignol
62 74 303097 ISHII Tomoya 1989 JPN 1:14.41 5.96 Salomon
63 76 680047 BENIAIDZE Alex 1991 GEO 1:14.48 6.03

DID NOT START 1st RUN: 1 competitor
64 193986 PLACE Francois 1989 FRA Fischer

DID NOT FINISH 1st RUN: 11 competitors
27 420148 KARLSEN Truls Ove 1975 NOR Head
35 531799 FORD Tommy 1989 USA
42 421650 BJERKESTRAND Iver 1987 NOR
46 50600 GOERGL Stephan 1978 AUT Fischer
48 292056 GUFLER Michael 1979 ITA Atomic
51 102961 DIXON Robbie 1985 CAN Rossignol
59 930105 GRANSTROM Colby 1990 USA
69 511513 CAVIEZEL Mauro 1988 SUI Atomic
71 700830 ZAMPA Adam 1990 SVK Salomon
72 910004 DEFLORIAN Mirko 1980 MDA
75 380290 SAMSAL Dalibor 1985 CRO Fischer

DISQUALIFIED 1st RUN: 1 competitor
61 990116 DE ALIPRANDINI Luca 1990 ITA Gate 19 Rule 629.3 Salomon


関連記事

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -