ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

ナスター全米チャンピオンシップとUSSAアルペン全米選手権が連続開催へ

ナスター全米チャンピオンシップとUSSAアルペン全米選手権が連続開催へ

米国ナスターレース協会とUSSA(米国スキー・スノーボード連盟)が協力し、ナスター全米チャンピオンシップとUSSA全米選手権を、同じスキー場で連続開催することになった。

場所は、コロラド州デンバー近郊のWinter Park Resortで、2012年3月末から4月始めにかけての10日間。

前半にナスターチャンピオンシップを、後半に全米選手権を連続して開催するスケジュールにするそうです。

詳細は今後発表されるそうですが、全米選手権については暫定スケジュールが発表されています。

2012 U.S. Alpine Championships
Preliminary Schedule v081111
Tuesday, March 27, 2012 Women's Team Arrival
Wednesday, March 28, 2012 Women's Slalom and Men's Team Arrival
Thursday, March 29, 2012 Men's Slalom
Friday, March 30, 2012 Women's & Men's Super G and Opening Ceremony
Saturday, March 31, 2012 Women's Giant Slalom and Ahlete / Parent Banquet
Sunday, April 01, 2012 Men's Giant Slalom and Women's Team Departure
Monday, April 02, 2012 Men's Team Departure



(以下は私見です)

日本では、ジュニアレーサー数はアメリカより少ないにもかかわらず、ジュニアオリンピック、ナスタージャパンカップ、アトミックカップと「全国大会」が乱立している状態です。

これに加えて、県連、スポーツ少年団、地域の大会があります。

ジュニアレーサーのポール練習日数がシーズン10日間(笑)ほどしか確保できない最大の理由は、練習に当てるべき週末を大会参加に取られるからです。

シーズン10日間しかポール練習をしない選手が、世界で通用するレベルに到達するはずがありません。

目標を世界に置くならば、ジュニア期(特に小学生)の大会参加を制限(例えば、シーズン5大会以内)し、その分練習量を増やすべきです。

また、低・中学年は練習の大部分をフリースキー(パウダー、コブ等を含む)に当てるべきです。

そのためにするべきことは、SAJ、ナスター、アトミック等がきちんと話し合い、それぞれの主催大会に関して、役割の明確化と分担・統合を進めていくことです。

やるべき事ははっきりしていると思います。

あとは、「やるか」、「やらないか」だけですよ。


もう少しきちんと考えるのであれば、一番大事なことは、

①トップを目指す選手たちへの「各年代別の育成方針」の「明確化」と、それに対する関係者の「共通理解の形成」ですね。

今のように、各スキー関係者が自分の経験に基づいていろんな事を言っている状態では、明確でもないし、共通理解にもなっていないと考えます。

②年代別の育成方針の中には、a)年代別の目標設定、b)年代別の身体の成熟度の特徴とそれに対する効果的な(陸上)トレーニング方法、c)年代別の雪上トレーニングの方法論(ドリル及びポール)を含めるべきですね。

少なくともc)の「年代別トレーニングマニュアル」は絶対に作るべきです。

マニュアルに書かれるべき事項は、その年代で、最低限習得しておくべき必須項目です。

その事項は、現在あるいは過去にトップレーサーになった選手の各年代の達成レベルから、レトロスペクティブに導かれるものです。

できるだけ多くのトップ選手の生育環境、トレーニング環境、滑走技術習得状況、大会成績等を精査して、共通項目をピックアップし、客観的な事実として評価・確定するべきでしょう。

この作業は、帰納的に行われるべき性質のものであり、決して(基礎スキーのように)○○理論から、演繹的に導いてはいけません。

客観的な事実を多数集めることにより、初めて科学的な根拠になり得ます。

マニュアルは、必ず身につけるべき最小限の事項に限定し、それ以上の応用的なことは各コーチの創意工夫に任せるべきです。

そして、その最小限の必須項目は、a)トップ選手たちの客観的データを元に、b)立場の違う複数のコーチにより徹底的な議論を行って決める必要があります。(信頼性を上げるため)

マニュアルの扱いは、SAJから「アルペン競技トレーニング・マニュアル(ジュニア編)」のような形で、公表・配布すべきでしょうね。


環境整備

大会参加のために練習量が限定され、実力アップができないという「本末転倒」な状況を改善するために必要な環境整備です。

基本的には、スキー連盟、県連、ナスターなどの「組織の論理」、あるいはメーカー、スキー場や宿泊施設などの「ビジネスの論理」、加えて、先輩、友人等のしがらみによる「人間関係の論理」が障害要因の大部分を占めると思いますが、いずれも関係者(当事者)間で決定できる事項なので、努力次第で解決できるはずです。

スキー関係者のブログ等を見ても「○○をしたら、すごく良くなった。だけど企業秘密だから教えません。」などの「みみっちい」話がたくさん書かれています。

「教えないなら、最初っから書くなよ!」とも思いますし、お客さんに来てもらうための餌であれば必要悪なのかとも感じます。

ただ、それ以上に自分の利害のみに関心が向き、全体の利益が見えていないと感じてしまいます。

スキービジネスのパイが小さくなってくるに従い、みんなが「みみっちく」なって来て、人間関係にすがることで小さなおこぼれ(利益、情報)に預かろうとする雰囲気が充満しています。

トレーニングマニュアルができないのも、最大の原因はSAJにあるのでしょうけど、各コーチたちがパイの縮小の中で、奇妙な均衡状態を保っているのが、その原因ではないかと邪推してしまいます。

つまり、心の中ではあのコーチの方法はおかしいと思っていても、「運命共同体」の中では個の意見を出した議論をしにくく、当たらず障らずの関係性の中で生じる微妙な「均衡状態」に陥っているわけですね。

加えて、コーチ間にも上下関係がありますので、体育会系的には「下が上に意見などできるわけがない」という事情もあると思います。

もちろん状況は分かります・・・が、やっぱりこのままで良いとは思いません。

昔、自分が持っていたであろう夢を思い出し、子供たちの将来(夢)のために協力し合い、みんなでより良い環境を作っていきませんか?

(話が脱線しました。失礼!)


Thursday, Sep 08, 2011 @ 15:06:45

U.S. Ski Team Join Forces with NASTAR

PARK CITY, UT- Two of the most well known brands in skiing, the U.S. Ski Team and NASTAR, are teaming up for a season-ending exposition of ski racing. "The Championships presented by Nature Valley," a joint venture between the U.S. Ski Team and NASTAR, will feature 10 days of recreational and elite competition. The debut event was awarded to Colorado's Winter Park Resort.

NASTAR is a longstanding recreational racing program at over 120 resorts nationwide, managed by the global leader Bonnier Corporation, one of America's largest media companies and publisher of Ski and Skiing magazines. The Nature Valley U.S. Alpine Championships are produced by the U.S. Ski and Snowboard Association. Bonnier and the USSA are longtime partners, but it is the first venture to build a national showcase with the two traditional season-ending events.

The Championships will combine the traditional Nature Valley NASTAR National Championships together with the Nature Valley U.S. Alpine Championships. The combined event is expected to attract over 2,000 competitors from recreational racers to Olympic champions from March 22-April 1. It will be the first time the events have been produced jointly, allowing recreational racers and the world's best elite athletes to compete in a coordinated event.

"Both NASTAR and the U.S. Alpine Championships have great reach, but The Championships provides stronger growth and offers a consumer marketing opportunity with the potential to impact the 16 million sport participants in America," said USSA Chief Revenue and Marketing Officer Andrew Judelson. "This is the type of season-ending marketing pillar that can help to build real scale for our sport and a meaningful engagement opportunity for our partners."

The season finale will feature the top U.S. Ski Team athletes like Olympic champion Ted Ligety (Park City, UT). Ligety, who won his third Audi FIS Alpine World Cup giant slalom title last season, was recently named by NASTAR as an ambassador and spokesman.

The combined 10 days of action will be broadcast nationally on NBC, Versus (NBC Sports Network), Universal Sports and kick off with the Nature Valley NASTAR National Championships on opening weekend. A new series of mutual participation events will bridge through to the Nature Valley U.S. Alpine Championships, which will continue during the week and into the second weekend.

Nature Valley has been an Official Sponsor of USSA since 1998 as well as the title sponsor of NASTAR since 2006.

"As a supporter of both recreational and competitive ski racing, we have long advocated for an event like this," said Nature Valley Marketing Manager Scott Baldwin. "We are excited to work with two of our long-time partners, USSA and NASTAR, to deliver a true season-ending celebration of skiing, ski racing and all winter sports."

"NASTAR takes great pride as an organization in providing inspiration for nearly 100,000 recreational ski races and their families," said Johnny Alamo, Executive Director, Partnerships and Strategic Alliances for NASTAR. "The Championships will help us deepen our relationship with the U.S. Ski Team in making NASTAR an integral part of the next generation of ski racers."

Started in 1968, NASTAR has remained an iconic fixture at resorts nationwide for over 40 years. Over 100,000 skiers and snowboarders participate annually. Participants qualify for the NASTAR Nationals through local results and qualifying events. The new joint event is expected to grow interest even higher. Top NASTAR finishers will also vie for an opportunity to train with the U.S. Ski Team at one of its South American on-snow camps each summer.

Winter Park Resort was selected by NASTAR and the USSA based on its past experience with both events and popularity with racers. It also offers the opportunity to both spread race courses around the mountain and to showcase the elite level U.S. Alpine Championships for spectators.

"Winter Park Resort has established itself as a world-class snow sports competition venue and we are honored to host The Championships," said Gary DeFrange, President/Chief Operating Officer at Winter Park Resort. "Hosting events like this, along with this new level of partnership with two remarkable brands, allow us to showcase the diverse capabilities of Winter Park Resort on the national stage."

The announcement was made at the U.S. Ski and Snowboard Association's annual Partner Summit in Park City, with over 150 Team partners on hand for a planning workshop for the coming season.

The schedule for the 10-day event will be released shortly.


関連記事

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -