ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

My thoughts on FIS’s attempt to ruin GS: Ted Ligety

08 | 18 | 2011 My thoughts on FIS’s attempt to ruin GS.

08 | 18 | 2011 My thoughts on FIS’s attempt to ruin GS.

There’s a lot of talk out there right now about the new FIS ski regulations to be implemented in 2012- most specifically the GS radius minimum. I’ve spoken out against the new rules which include a new guideline stating that GS skis cannot be less than 40 meters in radius (whereas the current rule is 27m). I have even joked that Michael Von Gruenigen and Alberto Tomba were going to come out of retirement and use their old skis. Although, there is just one problem with that- their skis from the 90’s wouldn’t be legal.

For the past 17 years, GS ski radius hasn’t changed much. In 1996, World Cup racers were skiing on skis with a similar radius to today- with a 28 m radius. Three years earlier, in 1993, Rainer Salzgeber, the Head Race Manager who raced in the 90’s, said he raced World Cup on skis with 32-meter radius. To give you context of the times, “Schlinder’s List” and “Sleepless in Seattle” were in theaters and the first President Bush was handing over the keys to the White House to the newly-elected Bill Clinton. You would have to go back to the 80’s to find 40 meter radius skis. That’s the radius FIS wants everyone from me to 15-year old boys to be racing GS on. Wave good bye to the sport’s progression of arcing the cleanest possible turns.

I write this article now because today I finally had the chance to try a prototype of the 40m GS skis. And quite frankly, they suck. I felt like Phil Mahre circa ’84. Try as I might, I could not get the skis to come around without a huge slide and step. Warner Nickerson also tried them in the course. As I watched him fight his way down through the course, I could only think about how much the scene reminded me of the silent black and white films from the early days of skiing. At the bottom of the run, Warner said he was worried he was going to straddle every gate because the tips were so long. To have any chance of making the next gate, he had to go recklessly straight and then awkwardly slide. Might I say ‘dangerous’?

There has been a lot of talk that ski racing has gotten too dangerous. Leading that discussion is the sport’s international governing body; yes, of all people, FIS. The truth is, ski racing is a dangerous sport: always has been and always will be. And don’t get me wrong, I’m all for safety and taking the precautionary measures to avoid needless risks. But when I ask myself if GS is “super” dangerous in the relative sense of things, the answer is NO. In the last two years, there has been a grand total of three injuries among the skiers of the GS elite (ranked in the Top 30); and I wouldn’t contribute any of the causes of these injuries to the equipment. For example, Thomas Fanara tore his ACL in Beaver Creek in ’09 because the gate panel hooked/wrapped him in the gate then sent him flying (also note, the snow conditions were that very grippy man-made snow); Marcel Hirscher broke his ankle due mainly to poor hill preparation (he was running #2 and there was a huge unmarked hole in the ice that he stuffed his foot into at full speed); The third injury of the past two years was Benni Raich’s ACL tear that happened racing in a dual in which men and women were running the same course (men and women ski a different line resulting in a sharp grove at the bottom of the turn which caught Benni’s ski twisting him up and not letting him release the energy out of the turn). If you ask me, three injuries in 2 years is an acceptable level of danger- especially considering equipment was not at fault.

Unfortunately, I don’t remember the era of 40-meter skis very well so I cannot provide good examples of GS skiers hurting themselves based solely on the radius of the ski. But I do remember greats from the era like Marc Girardelli, among others that had countless numbers of injuries skiing on the straight skis. FIS should be reminded that racers have injured themselves in every era of the sport and chances are, they will continue to do so. When you have a 195cm, rigid lever firmly attached to your foot, there is a good chance of hurting yourself if you fall, no matter the sidecut or radius.

FIS claims that slowing down the racers (via drastic equipment modification) will make the sport safer. But the reduction in speed when using longer radius skis is inconsequential. When you crash, what’s the difference if you are going 90kph or 80kph or in downhill, 140kph to 120kph? Plus coaches are now going to set straighter because of the new rule changes so speed/danger really won’t decrease anyways.

It should be noted that FIS doesn’t exactly have the best track record in making smart, safer equipment rules. For example, just a few years ago FIS lowered stand- height and widened the skis- putting more force on the knee and body which resulted in more injuries. Narrower skis would have been the right move in that instance and is the only part of this new round of rules they got right.

If you want to slow down the sport then don’t allow tight suits and make us wear normal ski clothes like skier-cross- I don’t like wearing my race suit anyways. Another idea is to make an off set rule for GS so that courses are set with rounder turns.

I obviously must seem very biased when it comes to GS rules since things have gone very well for me in recent years. And to be honest, if the rule changes truly were safer and wouldn’t ruin the sport, I’d be all for them even if it were to my disadvantage. But from where the new rules stand now, I don’t see any added benefit to the interests of skier safety. If anything, I fear these new rules will drain all the fun out of the sport and will deter future generations from picking up a pair of race skis when they head out to slopes. Ski racing is a unique sport in the way it balances of finesse and well-rounded athletics. From my and Warner’s experiences skiing on these new skis, the new rules will favor brute strength and size, think Aksel and harm smaller athletic skiers like Fanara and Hirscher. I hope these proposed rule changes are just a ploy by FIS so they can say they made an ‘attempt’ to make the sport safer. Otherwise, I better dust off those Sarajevo Olympics VHS tapes and start studying that legendary Phil Mahre and Ingemar Stenmark step.

-Ted Ligety

P.S. Feel free to repost or print this at will.


今回のFIS用品規定変更に関するテッド・リゲティの意見です。

Warner Nickerson同様に、スライドとステップを使わないと板を回せないという感想を持ったようです。

なかなか過激なところもありますが、主役であるレーサーが重要事項に対してしっかりと意見を述べるということは、大切なことだと思います。

彼の意見のポイントは、今回のラディウスと長さの変更が、レーサーのケガの減少につながらないのではないかというものです。

その理由として、

①過去2年間に大ケガを負ったGSエリートたち3人のケガの原因は、長さやラディウスが直接関係したものではない。

②時速90キロが80キロになってもダメージは大して変わらない。

というものです。付随して、

③そんなにスピードを落としたければ、ワンピを禁止したらどうか。スピードの出ないコース設定にしたらどうか?

④FISは過去の改正で危険性を増すようなことをしている。

⑤レースなんてそもそも危険なものなんだ。

という(少し八つ当たり気味な)意見も持っているようです。


カービング要素の排除と低速化が、膝・腰への過剰な負担の軽減に効果を持ち、その結果ケガの減少につながるという推論の確からしさは、FISの分析データを見ないと何とも言えないところです。

個人的には、FISは、相応の根拠を持って今回の決定をしていると思いますので、1回や2回プロトタイプで滑っただけで全否定をするのは、あまり正しい判断とは思えません。(慣れの要素が大きいと思われます)

この決定の正誤は、改正後数年たって、本当にケガが減少したかどうかで判定されるべき事柄と思います。


別件ですが、文中の“Sleepless in Seattle”というのは。メグ・ライアンとトム・ハンクスが共演した映画「めぐり逢えたら」のことです。

シアトルに住んでいたこともあり、町の風景が随所に出てくるこの映画は、お気に入りの一つです。

ダウンタウンにアパートを借りていて、学校帰りにパイクプレイス・マーケット近くのコーヒーショップでコーヒーを買って、公園で港を見ながらのんびりと飲むというのが日課でした。

めちゃくちゃ美味しいコーヒーでした。

当時はシアトルに数件あるだけのローカルコーヒーショップでしたが、いつの間にかアメリカ中に、そして世界中に広まりました。

スターバックスの1号店でした。(後になって気がつきました)

アメリカに行ったときにいつもお土産で買ってきていたのも良い思い出です。

(シアトルズベストコーヒーは当時からイマイチでした)


「シンドラーのリスト」は、日本語タイトルもそのままですが、スペルが違うような・・・。

グリュニゲンやトンバの復活など、所々にジョークが入っているところがアメリカっぽいですね。


ついでに、テッド・リゲティのビデオを。

こういうアングルはとても分かりやすいですね。

関連記事

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -