ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公立学校における校内人事の決定及び職員会議に係る学校内の規程等の点検・調査について

公立学校における校内人事の決定及び職員会議に係る学校内の規程等の点検・調査について

平成27年1月30日

校内人事の決定及び職員会議に係る学校内の規程等を点検し、その運用の適正化を図るための調査を実施しましたので、その結果についてお知らせします。

調査対象期間
平成25年度及び平成26年度

調査対象校
公立の幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校及び特別支援学校(平成25年度末において廃校・休校の学校及び平成26年度新設等の学校を除く。)の38,970校

調査結果
1 校内人事の決定
(人事委員会がかかわるもの)
○ 教職員の互選等により選ばれた教職員を主たる構成員とする人事委員会等の組織の設置及び人事の原案の作成に関し、
 (1) 規程があった学校は、14道府県・指定都市の278校(0.7%)、うち人事の原案を作成するとしていた学校は、14道府県・指定都市の220校(0.6%)
 (2) 実態があった学校は、15都府県・指定都市の305校(0.8%)、うち人事の原案を作成していた学校は、13府県・指定都市の211校(0.5%)
(一般の教職員が入った選挙等)
○ 教職員による挙手や投票等の方法によって選挙や意向の確認を行うなどの、
 (1) 規程があった学校は、11府県・指定都市の276校(0.7%)、
 (2) 実態があった学校は、12府県・指定都市の262校(0.7%)

2 職員会議の運用
○ 教職員の互選等により選ばれた議長団等の組織を設置し、校長以外の職員を議長とするなどの規程があった学校は、23道府県・指定都市の511校(1.3%)
○ 挙手や投票等の方法により決定を行うなど、職員会議において議決を行う等の規程があった学校は、18道府県・指定都市の287校(0.7%)

3 全体の傾向
いずれの項目においても、高等学校の割合が高く、次に特別支援学校、中学校の順となっている。
(例:教職員の互選による人事委員会を設置する規程ありと回答した学校数 小学校4校(0.0%)、中学校 66校(0.7%)、高等学校 195校(5.4%)、中等教育学校 0校(0.0%)、特別支援学校 13校(1.3%))

是正の状況
不適切な規程等があった全ての学校において、当該規程等の廃止・修正を実施済み。

公立学校における校内人事の決定及び職員会議に係る学校内の規程等の状況について(通知) (PDF:142KB)
公立学校における校内人事の決定及び職員会議に係る学校内の規程等の点検・調査について(調査結果) (PDF:872KB)


調査結果を見ると、大阪(府&市)と長野県が突出してますね。

組合が人事権まで左右していたのかもしれません。

日産やJALが倒産寸前になった時の状況に似ていると感じます。

関連記事
スポンサーサイト

PINTURAULT LIZEROUX VS MERMILLOD GRANGE Championnats de France Méribel 2014

PINTURAULT MUFFAT JEANDET ET LES AUTRES SCHLADMING 2015 TRAINING

Asian nations face long run to become competitive

Asian nations face long run to become competitive

By Andrew Both

(Reuters) - China and South Korea have produced world class athletes in several winter sports, but alpine skiing events are notable exceptions.

As South Korea prepares to host the 2018 Winter Olympics, it is a situation the host country might be keen to change, but one former ski champion believes it is too late to groom any stars.

Two-time Canadian Olympian Ken Read, who won five World Cup races between 1975 and 1980, is familiar with the Asian scene in his role with the International Ski Federation.

Read says nearly all world class downhill and slalom skiers are born virtually with skis on their feet and that it takes at least a decade to hone the skills necessary to be internationally competitive, which is why the events continue to be dominated by Europeans and North Americans.

While gymnasts and divers can often quickly be taught the transfer skills needed to become top freestyle aerial skiers, the same does not apply to the alpine disciplines, he says.

“You can take gymnasts and divers and teach them to fly on skies. They pick it up quickly and, bingo, you have some of the best in the world,” Read told Reuters.

In alpine skiing, you need a (long) gestation period. Typically, the top skiers have been on skis since a very young age.

So though both China, which won two medals in freestyle aerials at the 2014 Sochi Olympics, and South Korea have some good freestyle skiers, China currently has no one on the World Cup alpine ski circuit and South Korea just one competitive slalom skier, Jung Dong-hyun.

“Korea has a healthy ski community and they’ve been trying hard for a while to get some breadth (in various events),” said Read, the chairman of the FIS’s youth and children sub-committee.

“Jung Dong-hyun is no slouch but as far as I know there’s nobody else from Korea at that level.”

China has dozens of ski resorts and up to five million skiers according to some estimates, but Read thinks the country has all but given up on alpine skiing, instead focusing on the freestyle events.

“From the outside looking in, it seems they have decided alpine skiing is not for them,” he said. “Money allocation helps and if the (China) ski federation doesn’t make it a priority, that makes it pretty hard.”

There are no good juniors in China. They’re not producing anybody.”

Read suspects that if Beijing wins the bid to host the 2022 Winter Games, then China might start devoting resources to alpine events.

But he thinks it already is too late to develop anyone capable of challenging for a medal.

Japan has a strong tradition in winter sports, particularly ski jumping, but has collected only one alpine skiing Olympic medal -- a silver in men’s slalom in 1956 -- and currently has only one man and one woman on the World Cup alpine circuit.

Read says Japan’s development as an alpine skiing nation took a “massive hit” from the recession in the 1990s.

Skiing is surprisingly popular in warm-weather Australia, where national alpine program director Brad Wall agrees with Read that alpine skiers need to be nurtured from an early age.

“Alpine skiing is an extremely difficult sport for talent transfer from other sports later in an athlete's career,” Wall said.

“This model is extremely successful in aerial skiing for Australia, where many athletes have come from gymnastics backgrounds.”

Wall says Australia’s best chance for an alpine medal in 2018 is Greta Small, who finished in 15th in the combined event in Sochi at the age of 18. He expects her to have an even better chance in 2022.

(Editing by Gene Cherry)


関連記事

お詫び

お詫び

忙しさやスマホの設定ミス?(プッシュ通知が届いていなかった)もあり、この半月ほどYahooメールを全く確認しておりませんでした。

先ほどたまたま確認したら、たくさんの方からパスワード申請やお祝いのメールが来ておりました。

全く気がついておりませんでした。

本当に申し訳ありません。

週末にお返事をいたしますので、もう少しお待ちいただけますでしょうか?

まずは、お詫びまで。

ケント・M・キース 「逆説の十カ条」

ケント・M・キース 「逆説の十カ条」

ハーバード大学2年、19歳の時に書いた「リーダーシップの逆説10カ条」。これは高校の自治活動で活動しているリーダーのために書いた小冊子の一部だった。
それが著者も忘れていた数十年後、色々なところで目に触れ始める。
極めつけはマザー・テレサがなくなった1996年。マザー・テレサがいた「カルカッタの孤児の家」の壁にその言葉は書かれていた。


 1.人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。
   それでもなお、人を愛しなさい。

 2.何か良いことをすれば、
   隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。
   それでもなお、良いことをしなさい。

 3.成功すれば、うその友だちと本物の敵を得ることになる。
   それでもなお、成功しなさい。

 4.今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。
   それでもなお、良いことをしなさい。

 5.正直で素直なあり方はあなたを無防備にするだろう。
   それでもなお、正直で素直なあなたでいなさい。

 6.最大の考えをもった最も大きな男女は、
   最小の心をもった最も小さな男女によって撃ち落されるかもしれない。
   それでもなお、大きな考えを持ちなさい。

 7.人は弱者をひいきにはするが、勝者の後にしかついていかない。
   それでもなお、弱者のために戦いなさい。

 8.何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。
   それでもなお、築きあげなさい。

 9.人が本当に助けを必要としていても、
   実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。
   それでもなお、人を助けなさい。
 
10.世界のために最善を尽くしても、
   その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。
   それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。


以下は、アマゾンのレビューから、

●至高の思想, 2011/7/23

投稿者 碧海 (埼玉県)


志高く生きようと誓った時、
味方よりも先に敵が増えるというのは
残念ながら真実。


『人として正しく生きたい』

ただそれだけのことが、なんと難しく
何度挫折してきたことだろう。

そんな折たまたま出会ったのがこの本。

シンプルで力強い10か条は
愛というのはこういうことだと教えてくれた。

もし人として正しくありたいのなら
優しく、強く、なにより忍耐強くなければならない。

大袈裟だけどこの本は人が真の意味で人になるための
覚悟と決意を照らしてくれる光だと思う。


●正しいことをしよう, 2011/3/2

投稿者 capit2002


逆説の10カ条はマザーテレサの言葉だと思っていたが
一部はこの本の著者のものが基礎になっていることを知る。

他人を愛し、他人のために生き
人生において正しいことを行う。
地位や名声を得ることだけが人生ではない。
豊かな人生を歩むためにも必要なことであろう。


「一つの生命の痛みを和らげることができたなら
私人生は無為ではない」

心に刻んで生きていきたい。


●逆説的なのが力強い。, 2011/1/12

投稿者 アマゾン二郎 (東京都渋谷区)


自分本位な功利主義的スタンスから抜け出て、相手や社会を思いやる気持ち・誰もが持っている本心良心から、これが正しい道だと思うことを行動する。
それをやったら得だから「リターン」が大きいからやるのではなく、それが正しいことだからやるのです。だから何の得にもならなくても、それどころか敵を作ってしまったり、責められたりする可能性があっても、それでもできるのです。正しいことだから。これがこの10カ条の力強いメッセージだと思います。


●幸福への指南書, 2010/7/28

投稿者 オクヤン "ケンタン" (東京都港区)


 逆説の10カ条というだけあってか、巷にあふれる自己啓発書とは性格を異にするユニークな内容です。しかし、この10カ条を守って生きる力、勇気、志のある人は物質的な幸せはともかくとしても、内面的な幸せに満ちた人生を送ることができるのでしょう。幸福の本質を説いた書だと感じました。


曇らないゴーグル「F-BOM」

英語力評価及び入学者選抜における英語の資格・検定試験の活用促進に関する連絡協議会(第1回) 議事録

英語力評価及び入学者選抜における英語の資格・検定試験の活用促進に関する連絡協議会(第1回) 議事録

議事録は、こちら

英語能力評価に関する様々なテストの特徴比較を、実施者を招いて行っています。

委員の質問や感想も載せられています。

なかなか興味深いですね。

高等学校基礎学力テスト(仮称)では、対象の教科・科目として、高校の必履修のコミュニケーション英語1などの検討が挙がっております。また、高校でも英語等について民間の資格・検定試験も積極的に活用するとの指摘がされているところでございます。
 これらにつきましては、今後、この高大接続の答申がまとまった後に、専門家会議が今後設置されまして、そこで具体的な検討が進められるという予定でございます。本連絡協議会における取組や議論につきましては、新テストの一体的な検討が行われる予定のその専門家会議の議論につなげていければというふうに考えている次第でございます。


関連記事

運動部活動は日本独特の文化である――諸外国との比較から

運動部活動は日本独特の文化である――諸外国との比較から
中澤篤史 / 身体教育学

仕事に戻るはずでしたが、また気が散ってしまいました。

以下は、シノドスより引用、

g-15.jpg

では、日米英の運動部活動には、どんな違いがあるのか。表3は、日米英における中学・高校運動部活動のあり方を「設置学校の割合」「各学校の部数」「生徒の加入率」「活動状況」「全国大会」「指導者」「指導目的」の観点から整理したものである。

順に見ていくと、三カ国ともほぼすべての学校に運動部活動が設置されている。日本とイギリスでは、多数の部を持つ学校が一般的である。対してアメリカでは、アメリカンフットボールやバスケットボールなどの代表的な少数の部だけを持つ学校が珍しくない。また入部に際してトライアウトを設けて、競技能力により入部希望者を選抜する場合もある。

生徒の加入率は、日本が約50%〜70%で高く、イギリスが約50%で続く。アメリカは、ほとんど参加しない名目的な部員も含めた加入率は50%に達するが、それらを除いた実質的な割合は30〜40%であり、やや低い。

活動状況は、日本とアメリカは活発で高度に組織化されている。ただし、アメリカはシーズン制を敷いており年間を通して活動しているわけではない。対してイギリスは、参加生徒の多くは週1〜2日気晴らし程度に活動するに過ぎず、活発とはいえない。

全国大会は、日本とイギリスで有るが、国土の広いアメリカでは無く、州レベルの大会で留まっている。ただし、アメリカの高校のアメリカンフットボールやバスケットボールの州大会は、多くの観客を集めるビッグ・イベントである。

指導者は、関心や経験の有る教師が担う点は、三カ国とも共通している。違いは、アメリカで教師とは別に雇われる専門のコーチも担当する点、日本で関心や経験の無い教師も担当する点である。そうした指導者の違いに関連し、指導目的にも違いが見られる。アメリカとイギリスの指導者は競技力向上を挙げるのに対して、日本では第一に人間形成を挙げる。

これらを踏まえて、日米英の運動部活動の総括的特徴を対比的に述べると、日本は「一般生徒の教育活動」、アメリカは「少数エリートの競技活動」、イギリスは「一般生徒のレクリエーション」として、まとめることができるだろう。


関連記事

Alexander Khoroshilov - FIRST RUSSIAN WIN Schladming NIGHTRACE2015 live

Alexander Khoroshilov - FIRST RUSSIAN WIN Schladming NIGHTRACE2015 live



1ヶ月ぶりぐらいに、WCのビデオを見た気がします。

相変わらず、起きている間はすべて働いてますよー。(笑)

今月も400時間以上だと思います(たぶん。数えてないですが)。

ところで、この選手、良い滑りしてるじゃないですか!

ロシア初の優勝?

しかも、もう30歳じゃないですか!

成績をチェックしたところ、この1年で急激に上昇しています。

どこかに、インタビュー記事はないですかね。

30歳で開花した秘訣を知りたいです。


さあ、仕事に戻らないと。(笑)

新たな高等教育機関を「4流の大学もどき」にしないために

新たな高等教育機関を「4流の大学もどき」にしないために

昨年、L型大学とG型大学を提言して話題を呼んだ冨山和彦氏が、前回の提言を発展させた大学の分類を文部科学省「実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の制度化に関する有識者会議(第8回)」で報告したようです。

資料は、こちら

キャプチャ1

キャプチャ11

キャプチャ2

キャプチャ3

キャプチャ4

関連記事

トップアスリートにおける強化・研究活動拠点の在り方について 【 最 終 報 告 】

トップアスリートにおける強化・研究活動拠点の在り方について 【 最 終 報 告 】

こちらをご参照。

キャプチャ

関連記事

内発的動機と外発的動機

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

努力と自己責任

努力と自己責任

中村祐輔のシカゴ便り」から転載させていただきます。

過度な人権意識や個人の尊重が、全体をおかしくする(本来の目的を妨害する)ことを指摘した素晴らしい文章だと思いました。

個人のわがままに近い部分を権利として強く主張する人が多くなりましたね。

(きっとマスコミを含めた)戦後教育の成果なのでしょう。

御意(ぎょい)ですね。

(前略)

そして、シカゴで彼女と私の研究室のメンバーが食事に行った際に、彼女が「Prof. Nakamuraが如何に東京で厳しい人だった」か、を話したらしい。シカゴのメンバーはその違いに驚いたようだ。もちろん、東京大学や理化学研究所にいた人たちはその違いを認識している。

確かに、私は歳を取るにしたがって人間が丸くなってきたが、シカゴに移ってからは、東京とは全く異なる人格として振る舞っている。理由は、いくつかある。最大の理由は、東京大学でのマネジメントを継続しても、アメリカではまったくなじまないし、パワハラと言われてしまいかねない。自由で自己責任の国であるから。また、言葉の壁もあるし、研究以外のことで煩わされたくない。努力しないものが、成果を挙げなくても放置すればいい。努力するかどうかは本人の自覚の問題だ

日米ともに、努力せず、要領よく生きているだけで、のしあがっている者もいなくはないが、私は「人事を尽くして天命を待つ」派だ。ごまをすり、笑顔を振りまき、雄弁さで周りを煙に巻いて、出世の階段を上がっているような人間の背中を見て、まともな人材が育つはずもないし、社会はよくならない。努力すれば報われることが大切だ。アメリカに来て、部下には日本にいた時のように厳しく接してはいないが、努力を惜しまない人には最大限の支援をしている。ただし、怠け者に手を差し伸べるつもりは全くない。

米国に比して、日本では、大学院生やポスドクが一定の期間に成果を挙げないと、指導者の責任を問われがちなので、厳しく指導せざるを得ない。ましてや、私は「努力」という死語になりかけている言葉を伝えることを使命と思っている。それも、自分の出世のためではなく、患者さんに、そして、社会のために尽くすという考えのもとに。高校での成績が良かったからという理由で、医学研究・医療に携わっている人たちには、カビの生えたような言葉だが、適塾・緒方洪庵の教えを伝えたい。

「医の世に生活するは人の為のみ、おのれがためにあらずということを其業の本旨とす。安逸を思はず、名利を顧みず、唯おのれをすてて人を救はんことを希ふべし。人の生命を保全し、人の疾病を復治し、人の患苦を寛解するの外他事あるものにあらず。」

しかし、日本でも厳格さがパワハラとかアカハラ(アカデミック・ハラスメント)に置き換わりつつある状況は嘆かわしい。スパルタ教育で、一生懸命に鍛えようとしても、パワハラなどと非難されていては、本物の指導者など世の中から消えてしまうような気がする。当然ながら、甘えきった人間を社会に出して、患者さんたちが満足するはずもないし、医療もよくならない

それにしても、自己責任という考えが通用しない国だとつくづく思う。自分や家族が好き勝手なことをしておいて、危険にさらされると「国になんとかしろ」とか「総理が悪い」とか非難する。また、人の命は大切だが、メディアを通して、きれいごとを並べ立てる人たちにもうんざりだ。「命は地球より重い」と言った元総理の言葉を思い出したが、地球上の人間の命の重みは同じだ。日本人を救うことで、世界の罪のない人たちが悲劇に見舞われないことを切に祈らざるを得ない。


関連記事

Kindle for PC日本語版が公開

Kindle for PC日本語版が公開
~Windowsタブレットでも数百万冊の読書が可能に


Amazon.co.jpは21日、Windows用電子書籍閲覧ソフト「Kindle for PC」の日本語版を無償提供開始した。

 同社が扱う電子書籍「Kindle本」の閲覧ソフトは、専用端末向け以外にiOSやAndroid向けそしてブラウザ版など幅広く用意されているが、米国ではかねてより利用可能だったWindows版については日本語版は提供されていなかった。

 今回その日本語版が提供開始され、Windows端末でも日本のコミックや雑誌を含む320万冊の閲覧が可能になった。機能面では、コミックや雑誌のズーム表示、フォントサイズや背景色のカスタマイズ、本文検索、辞書参照、オフライン読書、見開き表示、他の端末との進捗同期などを搭載する。

 対応OSはWindows 7/8/8.1。

Kindle for PC
http://www.amazon.co.jp/kindleforpc


ついに出ましたね。

今使ってますが、使い勝手は悪くなさそうです。

スキー、スノボ客4人死亡 長野と新潟、雪崩など

スキー、スノボ客4人死亡 長野と新潟、雪崩など

2015年1月19日 01時41分

 17日から18日にかけ長野、新潟両県のスキー場や山で雪崩が相次ぎ、スキー客など4人の死亡が確認された。
 18日午後2時25分ごろ、長野県山ノ内町のスキー場「竜王スキーパーク」のコース外で雪崩が発生し、巻き込まれたエスパリカ・マリオ・ロベルトさん(50)らアルゼンチン国籍の男性2人の死亡が確認された。
 一方、18日午後0時55分ごろ、新潟県妙高市の「赤倉観光リゾートスキー場」で17日に行方不明になった名古屋市千種区の大学院生岡本宏樹さん(35)が、スキー場近くの斜面で倒れているのを県警などの捜索隊が発見。ヘリコプターで病院に運んだが、死亡が確認された。
(共同)


続報でした。

今シーズンは、フォロー仕切れないほど、事故が多いです。(あまりフォローしてないのもあります)

コース外滑走や山スキーが、普通になってきたのでしょうか?

スノボに比べて、スキー客が死亡しやすい気がしますが、どうでしょう。

ハエ?追い払おうと試験開始20分遅れる センター試験の大分大

ハエ?追い払おうと試験開始20分遅れる センター試験の大分大 [大分県]

2015年01月19日(最終更新 2015年01月19日 00時02分)

 18日にあった大学入試センター試験の大分大(大分市)の試験会場で、室内を飛び回る虫を試験監督者が駆除しようとして「理科2」の試験開始が20分遅れるトラブルがあった。大学入試センター(東京)は「虫が原因で試験開始が遅れたケースは、あまり聞いたことがない」としている。
 同大によると、この試験室では35人が受験。1科目が終了して答案用紙を回収する際、受験生から「ハエが飛んでいる」と対応を求める声が上がった。このため試験監督者が試験開始を遅らせ、追い払おうとしたができなかったという。
=2015/01/19付 西日本新聞朝刊=


試験監督が、ハエを追いかけ、捕まえられないでいる様を想像すると、哀れを感じます。

結局、ハエは生き延びたのでしょうか?

佐々木敦 @sasakiatsushi
このままクソリプの人で終わるのか。。
2015年1月17日 23:07


国語関連でした。

こちらも、ちょっと哀れか?

アルペン 傷害報告書

アルペン 傷害報告書

報告書はこちら

実態調査をして、集めた事実から特徴・傾向を把握し、それに基づいて議論するというプロセスは、本当に大事なことだと思います。

SAJ、良いじゃないですか。

このままどんどん行ってください。

今季は「100円ナイター」 軽井沢プリンスホテルスキー場

今季は「100円ナイター」 軽井沢プリンスホテルスキー場

2015/01/17 11:28 信毎おでかけガイドより

 北佐久郡軽井沢町の軽井沢プリンスホテルスキー場は18日と25日、ナイター(午後4〜8時)のリフト券を100円にする「100円ナイター」を実施する。開業40周年にちなんで昨シーズン行った「40円ナイター」が好評だったため、今季も企画した。

 通常料金の大人1800円、中学高校生・シニア(55歳以上)1300円を100円にする。小学生以下はシーズンを通してリフト券が無料。このほか、20歳(1994年4月2日〜95年4月1日生まれ)の人の平日リフト券を無料にしている。

 40円ナイターは昨年1月の日曜2日間に実施。同スキー場によると、通常の日曜は100人前後のナイター利用が2日間で合わせて約千人に上ったという。

 問い合わせは軽井沢プリンスホテルスキー場(電話0267・42・5588)へ。


湯浅は23位=W杯スキー男子回転

湯浅は23位=W杯スキー男子回転

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は17日、スイスのウェンゲンで男子回転第6戦が行われ、湯浅直樹(スポーツアルペンク)は合計タイム1分50秒18で23位だった。フェリックス・ノイロイター(ドイツ)が1分46秒93で今季2勝目、W杯通算11勝目を挙げた。 (時事)
(2015/01/17-23:22)


検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。