ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

中村さんのノーベル賞「青色LED」の誕生秘話

中村さんのノーベル賞「青色LED」の誕生秘話

片山 修さんのブログから引用です。

中村さんの出身会社の日亜化学工業は、徳島県阿南市にある中小企業です。なぜ、中村さんは、地方の中小企業の実験室で青色LEDの研究をスタートできたのか。キーパーソンは、日亜化学工業の創業者、小川信雄さんです。
青色LEDの開発をやりたいと、会社にいうても、やらせてもらえるとは思わなかった。じつに、太っ腹な人です
中村さんにインタビューした際、当時をそう振り返りました。小川さんは、青色LEDの開発に、ポンと3億円を出したのです。

私は95年、JR徳島駅から単線に乗り、阿南市にある日亜化学工業に、その小川信雄さんに会いにいったことがあります。小川さんは、いかにも創業者然とした、そう、“岩”のようにどっしり構えた人でしたね。

予算なんか好かん。頭が悪いから、そんなん考えてもでけん。そんなのをつくりよったら、開発はでけんわ。20年も前から青色発光の開発は、ガリウムをやれといってやっているだけのこっちゃ
小川信雄さんは、「開発予算も組まずにやりたいことをやらせるというのは本当ですか」という私の質問に、そのように答えました。

中村さんは、小川さんの応援のもとに、最先端の結晶をつくる装置を自作し、たった一人で窒素ガリウム結晶をつくる研究を重ねます。
「これはあかんな。毒で死ぬなと思いました」
と、中村さんはいいました。身を守るために、宇宙服のようなものを着て、研究をしていたともいっていました。また、実験では、
月に1度くらいは爆発していた。あれはすごかったですよ。ドーンという音が部屋中に響き渡って、真っ白で何も見えなくなった
ともいっていました。
「おーい、中村、生きているのか」と爆発のたびにいわれたそうです。「やり出したら、のめり込んでしまう。そのことばかりになっちゃうんですね
と、中村さんは語りました。


突き抜ける人は、ここまでやっているんだと言うことです。(スポーツも同じだと思います)

ひとりぼっちだ何だとぐだぐだ考えている暇があったら、仕事に集中しろということでしょうね。

仕事を「労働」と考えてしまうと、高いレベルに達することはできません。

とことんやらないと。

好きじゃないとできないことです。

大学や研究所、企業の研究職であれば、比較的自分のやりたいことをできる環境があると思います。

中村さんのような場合は、社長等の後ろ盾がないとできなかったのは確かでしょうね。

ノーベル賞受賞者が、エリート大学や研究所出身者だけで占められていないところが、日本の良いところだと思います。

現在の科学技術政策である「選択と集中」は、ポテンシャルをもった幅広い裾野を切り捨てるものだと思います。

きわめて危険だと感じます。

この研究は良い研究だからお金をつぎ込もう、などと政治家や大御所の研究者が考えても、まずその判断は間違える可能性が高いと言うことですね。

少なくとも独創性を(その過程で)見抜くのは(評価する側にとっても)容易ではありません。


以下は天野教授のインタビュー記事。

◆天野氏◆

 ――受賞の感想は。

 まだぜんぜん整理がついていない。ただただ驚くばかりだ。他の2人(赤崎勇氏、中村修二氏)はすばらしい研究者であり指導者。私のような者を中に入れていただき、審査された方々に本当にありがたく思う

 ――社会に役立つ研究と評価されたが。

 私もそれを目指してきた。自分が若いころにやったことが、少しは世の中の役に立ったことが認められ、本当にうれしい

 ――青色発光ダイオード(LED)技術は白色光を可能にし、情報技術(IT)や照明に役立っている。

 若い人がスマホなどを見て歩いているのを見ると「いいことばかりでない」と思うこともあるが、便利になったことは間違いない。いい悪いとは別として世の中が少しは変わったという気がした。

 ――赤崎教授との関係はどのようなものか。

 赤崎先生はまさに先人であり、赤崎先生がLEDの研究をやっていたからそこに飛び込んでやることができた。赤崎先生に出会ったことが私の一番のラッキーだったと思う。

 ――受賞の予感はあったのか。

 全くなかった。

 ――ノーベル賞はどんな賞か。

 全く自分とは関係ないものだと思っていた。

 ――今打ち込んでいる研究は。

 ずっと同じ。LEDだけではなく、材料は同じ窒化ガリウムで、発光素子だけでなくエネルギー効率を上げるデバイス(装置)、太陽電池、レーザーなどだ。LEDの次の貢献をしようと、学生と取り組んでいる。

 ――若い研究者へのメッセージを。

 私はたぶん、平均的な日本人だと思う。「こんなのでも取れた」ということで励みになると思う。自分よりも才能のある人が世の中には大勢いるので、その人たちがそれぞれの目標に向かって取り組めば、もっとよくなると思う。

 ――振り返ってつらかったことは。どう乗り越えたのか。

 今から思うと「これはできるのが当たり前だ」と思ってやっていた。そういう信念を持っていれば、方針さえ間違えていなければ、必ずできると思う。だから、あきらめないことだ。やっぱり。

 ――研究成果の発光ダイオードは、至る所で使われている。

 若い時には自分の娘、息子に「これをパパが作った」と言いたくなる時もあった。私がやったのは本当に最初のとっかかりだけ。世の中にこれだけ広まったのは、多くの人の尽力によるものだと思う。

 ――赤崎氏や中村氏への思いは。

 赤崎先生は、この材料を教えてくれ、示してくれたかけがえのない方中村さんは実験の神様みたいな人。あの人がやったから実用化が急速に進んだ。この材料が注目された最大の功績者は中村さんじゃないかと思う。

2014年10月08日 18時49分 Copyright © The Yomiuri Shimbun


以下は、ブロゴスの意見欄から。

●yahoo user a31de

個性を排除し多様性に乏しい日本なのに、優れた研究や技術がなぜ生まれるのか? これは不思議です。

日本という社会の風土は、単一民族という環境からか、同一性を重視し、個性や異質を排除し、どちらかと言えば排他的であり、場の空気と異なる者を村八分にする、という独創性や多様性を嫌う傾向が強いと言われてきました。

このような環境は、無から有を生み出すような創造作業には、不向きであり、むしろそのいうものを封じ込めてしまう反創造的なものだと思えます。
中村氏の置かれた会社の環境も、まさにそのようなものだったと思われます。かつてNHKで放送された「プロジェクトX」で取り上げられた独創的な製品開発の苦労話も、独創的アイデアを形にしようと頑張る社員と、それを邪魔する会社、という図式で語られていました。

疑問は、このような閉鎖的な日本社会なのに、どうしてかくも多くの日本人が革新的な研究や技術開発などができたりするのでしょうか。
中村氏は「怒りが原動力だった」と述べていますが、全ての人にとって「怒り」が原動力だとは思えませんし、抑えられても出てきてしまうくらい日本人の創造性が異常に高いとも思えません。

どなたか、この回答をお願いします。

支持する(1) 返信するシェアする 通報する10月09日 09:46


●yahoo user c9e9b

学問に対する敬意、学ぶ姿勢のようなものが、江戸時代から養われてきたことが、背景にあると思います。現役の研究者でも、50代より上の多くは、研究に対してとてもストイックな姿勢を持って来たと思います。

恵まれない環境でも、あるもので何とか工夫して研究することが、一昔前までは当たり前でした。
教授でも実験室を掃除し、器具を洗ったりすることが普通だったのです。
損得を考えないで研究に没頭する人間の割合が、欧米とは比較にならないほど高く、それが、乏しいリソースの中で、高度な研究水準を維持できた理由だと思います。「奴隷」という欧米研究者の揶揄は、多くの研究者に当てはまるものだったのです。

ノーベル賞の輝いた日本人研究者の多くは、そんな雰囲気の中で仕事をしただろうと思います。

日本の財政が長年に渡って悪化を続け、実際に使える研究費は、地方大学では20年前より少なくなりました。業績評価も厳しくなり、好きなことをじっくり研究することは、若い人間には困難です。キャリアを失う危険があるからです。

上手に業績をあげて研究費を獲得し、またそれで上手く業績をあげる、というやり方でないと、研究者として生き残ることが難しくなりました。清貧ではなく、もっと逞しい処世術が不可欠になりました。

これはグローバル化とも言えると思いますが、同時に、これまで日本の学問研究を支えてきた、古風な文化は急速に消滅しつつあります。次の世代には、グローバルなアプローチで生き抜く人材が必要です。

感傷に過ぎませんが、一抹の寂しさも感じます。

支持する(0) 返信するシェアする 通報する10月09日 12:20


現時点で、質問に対して1人の回答が寄せられている状況です。

貧しい中でも、志を高くもって研究に打ち込んできた人たちが現在結果を出しているのだと思います。

新自由主義の流れに乗って、こういうタイプの若い人たちが研究資金を絶たれそうになっています。

自分の研究成果を、決定権を持つ素人に上手くアピールできる研究者が、予算を獲得できる仕組みに変わってきています。

それが上手くできないと、任期制で首が切られる仕組みです。

まさに、「捏造」の温床ですね。

研究者は、生き延びるためにウソをつく、資金を獲得するために話しを「盛る」、まるで営業マンか詐欺師のようになりつつあります。

日本の科学技術は、研究者・技術者の「信念」が支えてきたのに、そこに「損得、打算」を持ち込もうとしているわけです。

国や文科省は、余計なことをするぐらいなら、何もしない方がましですよ。

一番良いのは、中村さんの会社の小川信雄社長の役割を果たすことです。

リスクばかり考えたらできないことですが。


以下は、関口 威人さんの東洋経済オンラインの記事

2002年の武田賞の受賞講演で、天野教授は赤崎研究室の門を叩いた理由をこう述べている。

「これは多分私のまったくの思い違いだと思いますが、当時の大学の研究というのが、我々若い人間から見ると、どうしても研究というよりも研究のための研究、あるいは研究費をもらうための研究、というような感じを受けてしまったんですね。あるいは学位を取るために仕方なく研究しているというように非常にうがった見方しかできなかったんです。当時、とにかく何かにチャレンジしたいと思っていた私は、赤崎先生の研究室で掲げている青色発光ダイオードというテーマを見たときに『これだ!』と思ったんですね。これはまさに、未来のための研究、研究本来の研究であると直感しまして、即座に先生の研究室のお世話になったわけです」

そして当時、難題だった窒化ガリウムの結晶を成長させる装置に工夫と改良を重ね、ついに世界初の青色LED開発に成功した。だが、天野教授の挑戦はそこで終わりではなかった。その後の実用化に向けて試行錯誤を重ねていく。そして当時、意識していたのが、まったく同じ分野で成果を出し始めていた中村教授の存在だった。

青色LEDの輝度を高めるため、窒化ガリウムにインジウムを添加する実験。当初うまくいかなかった天野教授は「中村先生がちゃんとできますよ、非常に明るいですよということを発表されて、じゃあといってやり直してみると、今度はできちゃう」ことを経験した。

それは「何かをやるときに、必ずできると信念を持ってやるのと、ダメだろうなと思ってやるのとの違いを、この時ほど痛感したときはありませんでした」という教訓として語っている。

一方の中村教授も同じ武田賞受賞後の講演の中で、赤崎研究室の成果を常に意識していたことを隠していない。いわく、「先にやられた」「ショックを受けた」「こりゃまいった」。その上で、天野教授に対してはこんなエールを送っている。「天野先生みたいな若い人が、ベンチャーをやるようなシステムにしないとダメだと思う」。

互いを刺激し合うライバル関係。研究と実益の両面を追求するバランス感覚。それらが天野教授と中村教授の間で共鳴し合い、世界を圧倒する結果につながっていたのではないだろうか。

いま、日本の大学は基礎研究一本だけでは許されず、かといってアメリカの大学のようにベンチャーを次々と生み出す土壌が育っているとも言いがたい。ノーベル賞学者を続出させていることになる名古屋大学でも、若い研究者からは「昔のように大らかに基礎研究に専念させてもらうのはもう無理」という声もあれば、「国の研究費に寄りかかるだけで、ベンチャーなどを通じて研究成果が社会に還元されない」と両面で嘆く声が聞こえる。

今回の「3人同時受賞」という快挙を、こうした閉塞感の出口を照らす"松明(たいまつ)"にしなければならないだろう。


関連記事
スポンサーサイト



Smashing Plastic: A High-Altitude Slalom Story

30~40代、「友達ゼロ」は人としてダメか

30~40代、「友達ゼロ」は人としてダメか

諸富祥彦・明治大学文学部教授に聞く

以下の文章は、日経オンラインからの抜粋です。

前者です。今、話題のSNEP(孤立無業者)などではなく、会社に入って10年、20年、紆余曲折を得ながらそれなりに充実した日々を過ごしてきた。信頼できる同僚も、守るべき人もいる。ただし、若い頃ならまだしも、仕事に子育てと時間に追われる生活をしているうちに同窓会などからは足が遠のき、会社の人間とも休日まで交友する気にはなれず、ふと気が付けば「友達」と呼べる相手は極めて少ないか、ゼロ。例えば、そんなケースです。

諸富:ああ、でしたら問題ありません。

ですが、世間的には、「友達が少ないのは良くないこと」「友達がいない人間は変なやつ」という雰囲気が蔓延している気がしますが。

諸富:いやいや、僕に言わせれば、「誰かと絶えずくっつくことで安心感を獲得し、そうでない人間を排除しようとする人たち」こそ、よほど問題だと思いますよ。「1人の時間を過ごせる力」、言い換えれば「孤独力」は、現代をタフに、しなやかに、クリエイティブに生きるための必須能力で、今からの時代、ますます大切になっていきます。その意味では、ビジネスパーソンに限らず、孤独を愛する人は、人生を充実させるうえで強烈なアドバンテージを持っていると言っていい。

(中略)

日本人は「孤独は寂しい、良くない」と考え、群れたがる傾向が強い--。そんな見解を持つ人も少なくないようです。仮にそうだとすれば、その理由はどこにあるのでしょう。

諸富:背景には、日本という国全体を覆う「何事も目立たず、周囲と同じことをしなければならない」という同調圧力があるのだと思います。この国では、多くの人が「友達集団や職場集団の構成員と同じ価値観の下、同じ行動をしなければ安定した生活を送れない」と思い込んでいる。そう考える人にとっては「周りと群れて、つるみ、同じことをすること」が最も安全な選択なんです。

なぜ日本社会には、そこまで強い同調圧力が存在するのですか。

諸富:最大の理由の1つは、多くの人が小学校高学年から中学校にかけて体験する集団生活にあると私は考えています。あの時代、クラスの中はいくつかの“排他的集団”に分かれ、子供たちはいずれかの組織に属さなければ平和な学校生活を送れません。そして、安定して集団に属するためには、とにかく「周りと同じであること」が要求される。「周りと違うと、どんな酷い目に遭うか」、この時期に多くの人は、無意識のうちに体に叩き込まれ青年期を迎えるんです。

それでしたら身に覚えがある人もいると思います。「同調圧力」は教師や親からも日常的に掛けられ、口では「個性を磨け」とか「オンリーワンを目指せ」と言いながら、本当に目立ってしまえば、確実に良からぬことが起きる。そんな経験を持つ人も多いのではないでしょうか。スポーツエリートなど、集団から完全に突き抜けてしまう子は、別なんでしょうけど。

諸富:中には、年を取るにつれて、そうした同調圧力の強迫観念から開放される人もいます。しかし、染み付いた価値観を抱え、精神的に幼いまま大人になる人も多い

なるほど。そうした人にとっては、“自分や周囲に同調しない者”は「おかしな人」であり「変な人」であり「異端」のままなんですね。彼ら彼女らにとっては、「友達が少ない人」はもちろん、「ランチを一緒に取らない人」も、「社員旅行や飲み会に消極的な人」も、みんな“集団に馴染めないかわいそうな人”になる。だからこそ、「友達の少ない人」を哀れむし、一方で、自分自身が孤独になることを恐れ、時にはノイローゼになりながらも「友達」の数を増やそうとする、と。

諸富:加えて、今の社会では、たとえ表面的であっても幅広い人間関係を維持し日々に忙殺された方が、かえって楽に生きられる、という側面もあります。生きていれば、誰だって人生の節目ごとに様々な悩みが生じてくる。でも、飲み会やSNSなどで絶えず誰かとくっつき、スケジュールを埋め続けていれば、「自分の心を常に麻痺させること」が可能です。そうすれば、本来なら孤独に自分の心を深く見つめねば解決し得ない問題も先送りできる。「群れる」「つるむ」というのは、日々の不安を打ち消すうえでとても便利な道具なんです。「群れる相手」「つるむ相手」の数が増えるほど、「自分にそれだけ価値がある」と根拠なき自信を持てるようにもなる。

でも先生、そんなことをしていては、人間としてなかなか成長できないのではないかと思うのですが。

諸富:もちろんできません。それどころか、周囲と過剰に同調しようとすることで精神的に追い詰められてしまう人もいます。

先生の著書『孤独であるためのレッスン』(NHKブックス)に、まさにそんな状況に陥った女子中学生が出てきます。「周囲の友達に合わせるのがたいへんで、それでもグッと我慢して、自分を抑え、楽しくもない会話に楽しい振りをして、へらへら笑ってつきあってきた…これ以上我慢していると、自分でも自分のことがワケわかんなくなって、友だちのこと、刺してしまいそう」――。こんな深刻なケースが本当に増えているんですか。

諸富:増えています。特に、今の子供たちは、スマートフォンやSNSなどのネットの発達で一段と同調圧力に追い込まれている。有名になった「メールを3分以内に返信しなければアウト」をはじめ、所属する集団の“掟”にわずかでも背けば、たちまち仲間外れにされてしまう。いわゆる「友だち地獄」です。

社会人は、そこまでは酷い状況にはなってないですよね。

諸富:いやいや、根本的な状況はさほど変わらないのではないでしょうか。中学生に比べれば成熟していますから、殺意に向かう人はいないでしょうが、大人は、逆に自分を押し殺そうとする。会社員の間で“心の病”が流行しているのは、労働強化だけではないと思います。

「自分の気持ちが特に欲してもないのに無理やりに友達を作ろうとするのは、体に悪い」というわけですか。

諸富:それだけではありません。「群れること」の弊害はまだまだあります。自分が何をどう感じていて、何を欲しているのか分からなくなることです。こういう人は人生の節目節目、特にレールから外れた時になかなか立ち直ることができません。そんな「自分を持たない人間」が、とりわけ定年を迎えると大変なことになります。

このまま高齢化社会が深刻化すれば、自分を見失った高齢者が溢れかねない、と。

諸富:一方で、1人の時間をしっかり持っている人は、自分と向き合い、深い部分で自分が本当はどう生きたいのかよく考えていることが多いから、どんな時も、心のバランスを維持することが可能です。その意味では、冒頭で出てきた「いつの間にか孤独を選んでいた人たち」は、実は自分の心がそうなることを欲して、無意識のうちに人間関係を整理してきたとも考えられます。人生の重大な局面を向かえ、もっと自分を知りたい、この後どう生きていくべきか考えたい。そんな深層意識があって、1人の時間を確保することを自分で選んできたとも言えると思います。

なるほど。今の時代、孤独が苦にならない人はちょっとしたニュータイプとも言えちゃうわけですね。ただ、先生、孤独に生きようと思いながら躊躇している人の中には、「あまり他人と距離を置きすぎると、いざという時、誰も助けてくれなくなるのでは」と考える人もいます。

諸富:ああ、それなら心配は要りません。広く浅くの表面的な関係で結ばれた友達が、いざという時に、本当に本気であなたを助けてくれると思いますか。相手が苦しい時に自分の身を投げ出しても何とかしようとする。そうした深い人間関係は、「孤独を知ったもの同士」の間にこそ生まれる。人間は本来孤独であり、それぞれ自分の道を生きていくしかない。そうやって孤独を引き受けた者同士だから分かり合えるための努力をする。孤独を知った者同士だからこそ響き遭える、深い出会いがあるんです。


自分をしっかり持っている人は、周囲と適度な距離を取り、お互いを尊重した関係を維持することができます。

未熟ですと、自己の存在意義を、他者の評価の中に求めようとしますので、対人関係も依存的になるように思います。

昔、小此木啓吾さんの著書の中でショーペンハウエルの「ヤマアラシ・ジレンマ」を読んで、なるほど!と思ったことがあります。

人間長く生きてると、だんだんと「人は人、自分は自分、人それぞれ」と言う感覚になってきて、他人のことがあまり気にならなくなるし、多少のことでは動じなくなる耐性がついてきます。(笑)

逆に言えば、感性が鈍っているのかもしれませんが。

「箸が転がってもおかしい」時期に、質の良い経験や学習をすることによって、その後の人生が変わると言うことはあると思います。

他者と交わって刺激を受けることと、自分でじっくりと物事を考えること、の両方が必要なのでしょうね。

常に群れたがるのは、小中学校時代の動物的な生存体験だけが理由ではなく、会社のグループ内で情報共有して、自分の仕事を有利に進めるための利益共同体の維持作業・忠誠心という面もあるように思います。

普通の会社であれば1人でいても、いじめの対象になることもないのでしょうが、情報が入らないことで圧倒的に不利な立場になる可能性はあります。

社会人の場合、それ(情報からの孤立)を恐れているのでは?

フォーマルな情報伝達の仕組みが有効に機能しているような会社であれば、このようなスタイルも致命的にはならないのでしょうが、事情通が陰で影響力を持っているような風通しの悪い職場では、致命傷になるのかもしれません。

現実には、後者のような職場がまだまだ多いのかもしれませんね。


*下は、そんな「ぐだぐだした感情」を超越した人です。



ここまで物事に打ち込めるのは素晴らしいと思います。

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -