ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Stratton Mountain School サマーキャンプ動画

Stratton Mountain School サマーキャンプ動画

スキージャーナルでコラムを連載中の久住和永さんがコーチをされているアメリカの名門スキーアカデミーStratton Mountain School(SMS)のサマーキャンプの様子です。

Wikiによれば、1972年創設、アルペン、スノーボード、ノルディックのコースがあるようです。

オリンピックに33名の選手を送り出し、金メダル2つ、銀と銅を各1つ得ているとのこと。

アルペンブログは、こちら

上のリンクは、娘さんのハナコさんが作ったスイス・サースフェーキャンプの動画。(U12-U14)

下の動画は、チリに遠征した男子チーム。

息子さんのカズイ君が制作したそうです。

子供たちが、とても楽しそうに練習していますね。

見ているこちらもウキウキしてきます。

来夏のスイスキャンプでは、日本の選手も一緒に練習できる形を考えられているそうですよ。

https://docs.google.com/file/d/0B_aTeUeQuD-aSmxwMTJPYUg3eXM/preview



2014 苗場、かぐら、八海山 シーズン券

Live Your Dream - Whistler - GoPro Studio 2.0

Live Your Dream - Whistler - GoPro Studio 2.0



公開日: 2013/09/22
Please vote for my photo here! - @davidhillphotos finalist 3/10 - http://bike.whistlerblackcomb.com/for...


I have been lucky enough over the last 2 years to live my dream - to Ski and Mountain Bike at Whistler Blackcomb in Canada.

My passion for Mountain Sports has never been stronger and after spending 2 weeks skiing, and 6 weeks riding mountain bikes in arguably best place in the world to do both, I really have lived my dream!

Through GoPro I am fortunate to be able to re-live it for the rest of my life, thanks to everyone who made my time there so awesome!

I made this edit using GoPro's new GoPro Studio 2.0 software.

100% GoPro. 100% Fun.

Dream - Lived.


ウィスラーの自然に取りつかれた方のようです。

冬はスキー、夏はマウンテンバイク。

1年中、飽きることがなさそうです。

視点を変えれば、スキー場の有効活用にもつながります。

夏は、マウンテンバイク、プラスノー、お花畑、ハイキング。

楽しみ方も広がります。

ビル・ゲイツが両親から教わった「読書の大切さ」

ビル・ゲイツが両親から教わった「読書の大切さ」

ライフハッカーからの抜粋です。原文は、こちら

ご存知の方も多いと思いますが、21世紀を代表する大富豪ビル・ゲイツの父親であるウィリアムは、腕利きの顧問弁護士として名を馳せ、「自分が死んだら相続税だけで680万ドルにもなる」と語ったという「金持ち父さん」。母親も銀行頭取の娘であり、当然ながらゲイツは「苦労」とは最も遠い環境で育ったわけです。(20ページより)

学費の高い私立校に通い、誰よりも早くコンピュータの可能性に注目し、ハーバード大学に進学するも中退して事業に専念。そして結果的には大成功を収めることに。米『タイム』誌によれば、その成功要因は「知力」「推進力」「競争力」「集中力」だといいますが、つまりそれらはウィリアムの教育方針により培われたものだということ。

道は知識のなかに

「あなたのロールモデルは誰ですか?」と問われたとき、ビル・ゲイツはためらうことなく「両親」と答えるのだとか。そしてゲイツの思い出のなかにある両親の姿は、ずばり「知識の泉」

ここで著者は、ゲイツの成功要因のひとつである「知力」について、「単なる知能の高さではなく、多方面にわたる知識に基づいた聡明さである」と断言しています。そして、遺伝的な天分は仕方がないとしても、後天的な能力を開発してやるのは親の務めだとも。

知力とは学校の成績がよいことだけを意味するわけではなく、たとえばゲイツが聡明だと評されるのは、難解で複雑な事柄をわかりやすく説明する能力がずば抜けているから。そして「すべての家、すべての机に1台のコンピュータ」というマイクロソフトのビジョンを現実のものにするために、その能力が大いに役立ったというわけです。

ちなみに、知識を習得し思考する習慣を子どものときに身につけたゲイツは、成長してからもそれを続けているそうです。休暇を取って別荘にこもり、外部との接触を一切断って過ごす「シンクウィーク(think week)」。日常業務に煩わされることなく思考に専念し、一歩離れて問題を考えるために、とても重要だと彼は考えているそうです。(25ページより)

あらゆる知識は読書から

ビル・ゲイツの両親は書物を身近に置き、息子が本好きになるように導いたといいます。しかも読書に集中させるため、平日はテレビ鑑賞を禁止。その結果、親子は本の内容から政治のことまで、あらゆる問題について意見を交わすようになったというのですから効果は絶大です。

読書とお金持ちとの間にはなんの関係もないように思えますが、「金持ちの多くは、とんでもない読書家だ」と著者は指摘します。1日の3分の1を書籍、資料、雑誌新聞を読むことにあてるウォーレン・バフェットしかり、「自分自身を生きた図書館にせよ」と説いたファンドマネージャーのジョン・テンプルトン卿しかり。そしてゲイツもいなまお、平日は1日1時間以上、週末にはさらに多くの時間を読書に費やしているといいます。彼の自宅には個人図書館があり、1万4000冊以上の書物が愛蔵されているのだそうです。


人生は限られているのだから、すべてのことを自らの経験として学べるだけの時間的余裕がありません。

できるだけ多くの方の知恵を借りる形で、シミュレーション的に経験の蓄積を図る必要があります。

必要なときに適切な情報を、様々な手段で集約できる技術は、必ず習得しておくべきものです。

ただ、新しいアイデアを出すためには、それまでに常識的に必要とされる範囲の情報だけでなく、関連する他の分野や一見関係のないような分野にヒントが存在する場合があります。

あまり好き嫌いなく、いろいろなことに興味を持って知っておくことは、大事なことだと思います。

もちろん、仕事や勉強に役に立つからという現実的な要求からだけでなく、知らないことが分かるようになる、「ハハァー」と合点がいく体験をすること自体が、とても楽しいですよね。

読書をすることで、先人の様々な経験や知恵を自分の体に取り込み、消化し、自身の一部にしていくプロセスは、子供の時に楽しみながら習慣化するのが、一番効果的だと思います。

でも、この習慣が、はたしてお金持ちにつながるかどうか?

(少なくとも日本では)関連性は低いかもしれませんが。

問題は、本の数がありすぎて、良い本をどう選ぶかが難しいことと、ネットとの使い分けをどうしていくかを考える必要があること。

特に若い人は、SNS系に時間を取られすぎて、体系的な情報に接する機会が減っているように感じます。

24時間友達とだべっている状態ですから。

時には、上のレベルと交わることで、視野が広がるのだと思います。

放射能を話題にする際の説得力とは - 植之原 雄二

放射能を話題にする際の説得力とは - 植之原 雄二

抜粋です。原文は、こちら

福島原発事故は想定外で、皆が大混乱し、玉石混交の情報が大量に出回った。次の見方は不謹慎かもしれないが、これまでにない画期的商品が特許出願もなく発表されたようなもので、それに乗じて粗悪品も大量に出回ったようなものともいえる。

(中略)

しかし、放射能は、食品等から放射性物質を摂取することによる内部被曝があり、日本国民ならず諸外国民も直接的利害がからむ。どうでもよいでは済まされない。内部被曝を避けるために今日の食材について真剣に検討するのも一概に笑えない。したがって、なかなか賞味期限が過ぎないのである。

アゴラで紹介されている記事は、放射能や原子力の専門家でなくても科学技術に通じている人であれば、異議をはさむとは思えないが、国民の多くは必ずしも科学技術に精通しているわけではない。一読すればなるほどと思っても、「教授」とか「医師」といった肩書きがあり、見るからにエリート然とした人がマスコミを通じて異を唱えれば、疑心暗鬼とならざるをえない

(中略)

教授だ、医師だといっても、教授も色々、医師も色々で、専門外なのにわかったようなことを言う人も多い。このような人たちのなかには、「自分で測定した。」と専門家面するから始末におえない。己の経験を強調しすぎる人は要注意である。過度に偏った経験であれば、無いほうがましである。サーベイメータの読み値だけで被曝線量がわかるほど放射線計測は甘いものではない

簡易システムでの測定が悪いわけではない。システムが簡易であればあるほど、結果の解釈には高度な専門知識と経験が必要となる。自信をもって主張するからには、本人でなくてもスタッフに高度な専門家が必要である。本来なら、専門性の高いスタッフを強調するはずであるが、そんな気配も感じられない。

一般国民は、放射線測定の難しさを適確に認識できるはずもない。大部分はアカデミズム等と無縁だから、あの教授や医師は信用できない、と意地を張りすぎると、「お前ごときが何を言う」とかえって周囲の反発を招く。常識的な一般国民は、忸怩たる思いをしなければならないだろう。

(中略)

放射能については、放射線取扱主任者試験がある。自分の受験経験と照らしあわせれば、論者の経歴等から、論者が合格できるかどうかは十分判断できる。放射線取扱主任者試験に合格できそうもない人たちの論評であれば、今日の食材選びといった具体的な決断の材料にするには、あまりにもばかばかしい限りである。


放射線障害防止法では、放射性同元素の使用・製造・廃棄業者は従業員の被曝管理責任者として事業所に一人の放射線取扱主任者を選任しなければならない。放射線取扱主任者の需用は使用施設(病院等)が多いので、診療放射線技師(いわゆるレントゲン技師)と混同されることもあるが全く別物である。

放射線取扱主任者は、原子力規制委員会が免状を発行する資格で、第一種から第三種までの3種類ある。第一種が全てを網羅するので、以降、ここでは特に断らないかぎり、放射線取扱主任者とは第一種のことである。

放射線取扱主任者になるには(財)原子力安全技術センターが主催する放射線取扱主任者試験に合格した後、所定の研修を受けて免状が交付される。免状が交付されて放射線取扱主任者となることができる。

(中略)

科目は、物理・化学・生物・管理測定技術・法令の5科目で、これらの科目の平均で6割以上、科目の最低得点が5割以上であれば、合格となる。

受験の統計データも公開されている。受験者は毎年3000人から4000人程で、合格率は約20%から30%である。毎年1000人ほどの合格者が出ている。

合格するには物理・化学・生物・数学の基礎知識が必要であるが、高校レベルの知識で解けるように問題を作ってある。現役高校生の合格実績もある。とはいえ、常識で解答できるようなものではない。過去問と回答も公開されているので、一見するとわかる。

大昔はいざ知らず、今では、合格者は放射能のエキスパートになることができると認められたにすぎず、ゴールではなくスタートにすぎない。したがって、この試験に合格すらしていない人が、放射能の害を他人に啓蒙しようとすることは、滑稽極まりないのは言うまでもない。

(中略)

放射能の専門家であれば1ヶ月程度の準備期間で1発合格しないものではないが、試験は水物である。自分の苦手分野は、誰でもてこずる。それでも2回、実力はあっても要領が悪くツキもない人でも、3回受験すれば合格するであろう。


ちなみに、問題と答えは、こちら

腕試しにいかが?

パラリンピック選手育成…障害者基本計画を決定

パラリンピック選手育成…障害者基本計画を決定

政府は27日の閣議で、2013~17年度の障害者施策の方向性をまとめた「障害者基本計画」を決定した。

 新たにパラリンピックなど競技性の高い障害者スポーツを目指す選手の育成を強化すると明記した。また、障害者スポーツ施設を整えたり指導者ら人材を育成したりすることを掲げた。

 東日本大震災からの復興に関しては、障害者が暮らしやすいまちづくり、被災した障害者に対する心のケアや見守り活動の必要性を強調している。11年に成立した改正障害者基本法を踏まえて、政府として差別解消に取り組む方針も記した。

(2013年9月27日22時39分 読売新聞)


関連記事

チャオ御岳株50%取得 マックアース、今季から運営

チャオ御岳株50%取得 マックアース、今季から運営

2013年09月28日09:01 岐阜新聞

 スキー場運営などを手掛けるマックアースリゾート(滋賀県高島市、一ノ本達己社長)は27日、高山市高根町のスキー場「チャオ御岳スノーリゾート」を運営するJR東海の関連会社「飛騨森林都市企画」(高山市高根町)の株式の50%を取得する契約を締結した。マックアース社は現在県内で4カ所のスキー場を運営しており、スケールメリットを狙う。取得価格は非公表。

 マックアース社によると、飛騨森林都市企画はJR東海や高山市などが出資する第三セクターで、JR東海以外の株主は引き続き株式を保有する。今季から運営を手掛け、地元雇用も維持する。

 チャオは98年にオープンし、昨季の入場者数は10万人。ゴンドラ1基、リフト2基を備える。約42ヘクタールのゲレンデは御岳の北斜面の標高約1800~2200メートルにあり、5月中旬ごろまで長期間営業できる利点がある。

 持ち株会社のマックアースホールディングスは、グループで現在全国25カ所のスキー場を展開。グループ売上高は2012年9月期で76億円、13年9月期は90億円を見込む。


Piero Gros: Olimpiadi di Innsbruck e Coppa del Mondo

Thoeni - Stenmark

Winter Olympics - History Of The Torch Relay | 90 Seconds Of The Olympics

Twin Olympic Skiing Medalists - Phil & Steve Mahre | Sarajevo 1984 Winter Olympics

Fritz Strobl's Undoubted Career Highlight - Salt Lake City 2002 Winter Olympics

Janica Kostelic Wins Four Medals - Salt Lake City 2002 Winter Olympics

Plenty of comebacks on the ladies side in time for Sochi

Plenty of comebacks on the ladies side in time for Sochi

Thursday 26 September 2013

Apart from their desire to go fast on skis, this upcoming winter Lindsey Vonn (USA), Beat Feuz (SUI), Johan Clarey (FRA), Bode Miller (USA), Tanja Poutiainen (FIN), Julien Lizeroux (FRA), Federica Brignone, Denise Karbon (ITA), Klaus Kroell, Marlies Schild (AUT), Chemmy Alcott (GBR) and Susanne Riesch (GER) will all have another thing in common – they will all be coming back from injuries.

Some of the above mentioned skiers only missed a portion of last season, while others are coming back from longer-term injuries.

Today we want to make a summary of the ladies who will be back on snow for the coming season.


以下略。

続きは、こちら

これだけの選手たちが、ケガで戦列から離れていたとは。(ミラーさんも含め)

しかも、ほとんどが「膝」だと思います。

昨シーズンから始まったR規制で、(理屈上はケガが減少するはずでも)本当に減ったのか? 選手たちはどう感じたのか? FISは調査をするべきでしょう。

ルール変更によって目的は達成できたのか、を数字を元にきちんと評価し、公表する。

とても重要なことだと思います。

まあ、数が少ないので、統計的にはなかなか違いは出てこないとは思いますが。

数年間のスパンで評価する必要があると思います。

用具に関して言えば、ビンディングの改良をもっと進めるべきだと思います。

同時に、「解放値の上限」規制を試みるべきではないでしょうか?

練習を含めた形で、総合的に対応していかないと、ケガで選手生命が絶たれる選手が、後を絶たないままだと思います。

ケガを、トップ選手にはつきもののような誤った慣れや常識は、直ちに捨てるべきだと思います。

追記:

Marlies Schildについては、引退を表明したという一部報道があるようです。(スイスのシルトと混同している可能性があります)

オーストリア女子練習写真

米最高峰アメリカン・バレエ・シアターの正団員に 小川華歩さん(18)

米最高峰アメリカン・バレエ・シアターの正団員に 小川華歩さん(18)

2013.9.26 08:30 産経新聞

 今年6月、米最高峰のバレエ団アメリカン・バレエ・シアター(ABT)に正式入団を果たした。日本人の現団員としては、ソリスト(最高位ダンサーに次ぐ地位)として活躍する加治屋百合子さんに続き、2人目だ。

 「こんなに早く入れるとは思わず、驚きました。小学生の時、ABTをモデルにした映画を繰り返し見て、一筋にあこがれ続けてきたので本当にうれしい」

 三重県四日市市出身。母の勧めで3歳でバレエを始め、2010年、世界最大のバレエ・コンクール「ユース・アメリカ・グランプリ」のニューヨーク決戦で銀メダルを獲得。奨学金を得て15歳でABTに付属するジャクリン・ケネディ・オナシス・スクール(JKO)に留学した。

 しかし目の肥えたニューヨーカーを楽しませる、華やかな舞台イメージとは裏腹に、そこはバレエの基礎を徹底的に固める厳格な教育の場だった。

 「毎日、一つ一つの動きに『カホーッ!』と怒鳴られ、校長先生に別室に呼び出されて『なぜ振りを間違った?!』などと問い詰められたこともありました」

 校長のけんまくに泣き出す生徒も珍しくなかったが、「自分は怒られて伸びるタイプ」と前向きに考え、指導に食らいついた。やがて得意の回転など、技術力や表現力も認められるようになり、留学2年目からは地方バレエ団への客演などチャンスも巡ってくる。研修生を経て入団が決まり、厳しかったJKO校長が一番祝福してくれた。

 来年2月には、ABT来日公演に出演する。「ABTの一員として出演できるのが楽しみ。毎日成長し、変化し続けるダンサーになりたい」。(飯塚友子)


彼女の詳しいインタビューは、こちら

また、ソリストとして活躍されている加治屋百合子さんの経歴もすごいです。

こちら、あるいはこちらをご参照。

一言でいえば、根性が違う、と感じます。

加治屋百合子さんの動画は、下のリンク。

http://www.youtube.com/watch?v=uqkIqJK6Oe8

Canadian Alpine Ski Team Tech Men in Ushuaia

Esperos summer ski camp in Hintertux - August 2013

Esperos summer ski camp in Hintertux - August 2013



ギリシャのジュニアチームのようです。

レベルは色々のようですが、みんな楽しく練習をしてますね。

サマーキャンプということもあるかもしれませんが、フリースキー、ドリル、ショート・ポール等を中心とした基本練習が多いようです。

また、ストックをしっかりと突くように言われている感じです。

でも、こういう総括ビデオを作って公開することは素晴らしいと思います。

日本のチームもたくさん海外キャンプに行っているはずですが、こうした総括ビデオは見たことがありません。

キャンプ前の滑り、キャンプでの練習、キャンプ後の滑りを見せて、こういう子の場合は、こういう練習をすると、このぐらい改善されますよ、その結果、○○秒ぐらいタイムが上がりました、という動画や、ある選手の練習と上達具合を長期的に追いかけていくような動画などがあると、少し実証的になるし、説得力も出るのでしょうね。

カンダハー、石井スポーツ イベント

カンダハー、石井スポーツ イベント

1,カンダハー大宮店 レベルアップセミナー ワクシング編

10月12日、午後4時から。詳しくはこちら

2,石井スポーツ チルドレン育成プログラム

2013/2014 Vol.9、Vol.10、Vol.11、Vol.12
Vol.9  「インライントレーニング」 9/29(日) 彩湖道満公園内
   参加費 / ¥1,000
Vol.10 「プラスノートレーニング」 10/6(日) 丸沼高原サマーゲレンデ
    参加費 / \6,500(リフト券、トレーニングフィー、保険代含む)
    対  象 / 緩・中級斜面をスイスイ滑れ、1人でリフトに乗る事が出来る
   持ち物 / スキー用具一式、ヘルメット、薄手グローブ、カッパ、水筒、長袖、着替え
Vol.11 「インライントレーニング」 10/14(月・祝) 彩湖道満公園内
   参加費 / \1,000
Vol.12 「Tune Upセミナー」 ICI CLUB 6F アースプラザ
    参加費 / 無 料
    各メーカー・サービスマンの講習会になります。
    定員がございますので、お早目のお申込をお願い致します。
      A 10/19(土)SWIX 13:00~15:00(12:30より受付)
      B 10/26(土)TOKO 13:00~15:00(12:30より受付)
      C 10/27(日)R≒0  13:00~15:00(12:30より受付)
      ※お子様のみでのセミナーではございませんがご了承ください。
要項・申込用紙はこちらより


落選!

落選!

○○  様

日頃、長野県内のスキー場をご利用、ご支援いただきありがとう
ございます。この度は「2014 NAGANO SNOWLOVE(JUNIOR)CLUB」
(長野県共通リフトシーズン券)にご応募いただき誠にありがとう
ございました。お陰様をもちまして15,000通を超えるご応募を頂き
厳正なる抽選を行いましたところ、誠に残念ながら今回はご意向に
沿えない結果となりました


なお、この落選通知は小人券複数申し込みを含む、全てのお申込みを
対象としておりますのでご了承ください。

今シーズンも、NAGANO SNOWLOVE.NETサイト上では、
「長野県全スキー場共通リフト1日券(引換券)」等のプレゼントを
行いますので、引き続きサイトをご利用いただければ幸いです。

以下のスキー場では、シーズン券の早割企画を行っております。
併せてご利用いただければ幸いです。


15,000通!

いつか意向に沿っていただける時が来ることを願っています。

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。