ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

30 Skiers Backflip Together

スキーHP日本代表チームを結成 メダル有望の新種目

スキーHP日本代表チームを結成 メダル有望の新種目

スポニチ

 全日本スキー連盟がソチ五輪に向けてフリースタイルスキー・ハーフパイプ(HP)のナショナルチームを結成することが19日、明らかになった。スキーのHPはソチからの新種目。
 昨季まではナショナルチームとして強化していなかったが今年3月の世界選手権女子で小野塚彩那(25=石打丸山ク)が銅メダルを獲得、三星マナミ(29=野沢温泉ク)も4位に入るなど活躍が目立った。競技本部は今月、成績の分析などを行い対応を協議してきたが、ソチのメダル有望種目と位置づけ、本格的な強化に着手することになった。また、男子の角野友基(16=アルツキララク)がW杯総合優勝を果たした新種目のスノーボード・スロープスタイルについては従来通りナショナルチームとしての強化はしないが五輪出場権を確保した場合は派遣する方向で検討する。
[ 2013年4月20日 06:00 ]


The North Face Backstyler by Swatch - Team Xavier

The North Face Backstyler by Swatch - Team Xavier

The North Face Backstyler by Swatch - Team Xavier from The North Face on Vimeo.


BACKSTYLER- The Next Big Thing in Freeride
Xavier De Le Rue, Sam Smoothy & Markus Eder Lead The Way For The Next Generation Backstyler™: Embracing the new freeskiing trend, a BackStyler™ is defined as someone able to combine the essence of backcountry and freestyle without compromising on personality and smoothness.
Part of the Freeride Juniors by Dakine 2013 programme, The North Face® BackStyler™ by Swatch® aims to foster the talents of young freeriders, matching them with legendary mentors from the sport to inspire, develop and enable them to grow professionally through a unique competition format.


2013.4.19 赤倉 MRSC オフピステ

トッポリーノ大会歴代優勝者とその後のWCシーンでの活躍

トッポリーノ大会歴代優勝者とその後のWCシーンでの活躍

世界のチルドレン大会のうちで、優勝者がワールドカップの活躍につながるレベルの大会として、Trofeo Topolino、Pinocchio sugli Sci (Abetone, Italy), La Scara (Val d’Isere, France), Skofja Loka (Slovenia) 、Whistler Cup (Canada) などがあるようです。

その中でも、トッポリーノ大会は、歴史もあり、最もレベルが高い大会と言われています。

下に1995年からの歴代優勝者のリストをコピーしております。(国別結果は省略、全結果はこちら

年齢に関しては、現在は12歳から15歳が参加、U14(12歳と13歳)とU16(14歳と15歳)の2クラスに分かれています。

2012シーズンまでは、FISの旧年齢カテゴリーで行われており、11歳と12歳のクラス、13歳と14歳のクラス、に分けられていました。

リストは、旧年齢カテゴリーのものです。

下の年齢クラスの優勝者で、後にワールドカップシーンで活躍できた選手は、青字のエレーナ・カルトーニなど2人、一方、上の年齢クラスの優勝者で、ワールドカップで活躍中の(活躍した)選手は赤字で示しており、延べ人数で18人に上ります。

クラス別の総人数は同じですから、上の年齢クラスと下の年齢クラスの相関性は、全く異なると言えそうです。

極端に言えば、下の年齢クラスの優勝歴は、その後のワールドカップの活躍とほとんど関係がない、とも言えるかもしれません。

なぜ、このようなことが起こるのか?

明確な理由は分かりませんが、一つの理由は各国とも下のクラスで優勝を争うことにそれ程強い意義を感じていないようで、そもそも強豪国の参加がなかったり、強い選手が選抜されていなかったりという事情がありそうです。(この点については、こちらをご参照)

今回の青字(下のクラスの優勝者)の2人も、開催国であるイタリアの選手です。

もう一つは、やはり15歳前後にならないと、実力が見えてこないという「成長のバラツキ」があるのかもしれません。

逆に言えば、15歳前後で才能を発揮していないと、その後のトップレベルの活躍は難しいのかもしれませんが。

ウィスラーカップレポートを見ていて、何でK1で勝てて、K2で勝てないのかと、毎年同じ疑問が繰り返されていますが、その答えは、「K1の成績は実力とは違うものだから」ではないでしょうか?

この辺をきちんと確認するのは、プロとしての仕事だと思います。(まずは、K1の参加国、参加者のレベル、その後の成績を確認する必要がありますよね)

このポイントを明確にできれば、世界を目標にしたときに、(例えば、K1の成績にはそれ程こだわらず)K2の成績向上に焦点を当てた(正しい?)育成方針がとれるかもしれませんね。

いずれにしても、漫然と同じことを繰り返すのではなく、結果をきちんと「分析」して、次に繋げる改善点を出していかないと、何年たっても何も変わらないことになると思います。


Albo d'Oro

2012

SLALOM

Allievi
POPOV Albert BUL
HILZINGER Jessica LIE

Ragazzi
BESSON Victor FRA
DALLA MEA Lara ITA

SLALOM GIGANTE

Ragazzi
TORRENT Chrispher SUI
DALLA MEA Lara ITA

Allievi
PADELLO Paolo ITA
HROVAT Meta SLO

2011

SLALOM

Allievi
GRAF Mathias AUT
MAIR Chiara AUT

Ragazzi
TITSCHER Lukas AUT
DENGSCHERZ Carina AUT

SLALOM GIGANTE

Ragazzi
STEINHAUSER Hugo ITA
DALLA MEA Lara ITA

Allievi
RODES Istok CRO
MAIR Chiara AUT

2010

SLALOM

Allievi
FJELDBERG Martin - NOR
SHIFFRIN Mikaela - USA

COMBI RACE

Ragazzi
HAASER Raphael - AUT
HILZINGER Jessica - LIE

SLALOM GIGANTE

Ragazzi
GIANOTTI Alessandro - ITA
BONACCI Claudia - ITA

Allievi
HROBAT Miha - SLO
SHIFFRIN Mikaela - USA

2009

SLALOM

Allievi
KRISTOFFERSEN Henrick NOR
SCHMOTZ Marlene GER

COMBI RACE

Ragazzi
GRAF Mathias AUT
WILLBALD Elisabeth GER

SLALOM GIGANTE

Ragazzi
GRAF Mathias AUT
BASSINO Marta ITA

Allievi
KRISTOFFERSEN Henrick NOR
BLOMQVIST Lisa SWE

2008

SLALOM

Allievi
GRUBER Christian GER
HAFNER Ula SLO

COMBI RACE

Ragazzi
ATZ Christoph ITA
ZUBCIC Tamara CRO

SLALOM GIGANTE

Ragazzi

VAN DEN BROECKE Dries BEL
GAUCHE Laura FRA

Allievi
FRANZELIN Hubert ITA
HAFNER Ula SLO

2007

SLALOM

Allievi
CHRISTIANSON Kieffer USA
WIKSTROEM Emelie SWE

COMBI RACE

Ragazzi
PROVERA Andrea ITA
ZNIDAR Nina SLO

SLALOM GIGANTE

Ragazzi
KRENN Christoph AUT
GASIENICA Daniel Maryna POL

Allievi
JORDAN Remy SUI
TIKKANEN Johanna FIN

2006

SLALOM

Allievi
BERTHOLD Frederic AUT
GUT Lara SUI

COMBI RACE

Ragazzi
ANSELMO Simone ITA
HAFNER Ula SLO

SLALOM GIGANTE

Ragazzi
KARELLY Manuel AUT
HAFNER Ula SLO

Allievi
SCHWAIGER Dominik GER
EGGER Elisabeth ITA

2005

SLALOM

Ragazzi
FERST Christian GER
AGNELLI Nicole ITA

Allievi
WIESER Manuel AUT
MORIK Michelle AUT

SLALOM GIGANTE

Ragazzi
KILDE Aleksander NOR
AGNELLI Nicole ITA

Allievi
FANTINO Antonio ITA
STUHEC Ilka SLO

2004

SLALOM

Ragazzi
BRATH Jorgen - NOR
RIIS JOHANNESSEN Pristina - NOR

Allievi
HAUG Andreas - NOR
FENNINGER Anna - AUT

SLALOM GIGANTE

Ragazzi
FANTINO Antonio - ITA
CURTONI Elena - ITA

Allievi
PARIS Dominik - ITA
WEIRATHER Christina - LIE

2003

SLALOM

Ragazzi
THOMAS Koenig - AUT
THEA Grossvold - NOR

Allievi
MATTHIAS Feichtner - AUT
NINA Loseth - NOR

SLALOM GIGANTE

Ragazzi
JACOPO Di Ronco - ITA
THEA Grossvold - NOR

Allievi
HAGEN Patscheider - ITA
NINA Tipofsch - AUT

2002

SLALOM

Ragazzi
SCHMEISSNER Christopher - AUT
WOPFNER Stefanie - AUT

Allievi
FEUZ Beat - SUI
STRONG Simone - AUT

SLALOM GIGANTE

Ragazzi
PARIS Dominik - ITA
WEIRATHER Tina - LIE

Allievi
KREIDL Thomas - AUT
GOOD Esther - SUI

2001

SLALOM

Ragazzi
LIORE Luca - ITA
BASSO Michela - ITA

Allievi
THERRIEN Louis Philippe - CAN
JELUSIC Ana - CRO

SLALOM GIGANTE

Ragazzi
LIORE Luca - ITA
POMPERGER Martina - AUT

Allievi
WEIBRECHT Andrew - USA
SEGULIN Alessia - ITA

2000

SLALOM

Ragazzi
CERVINI Davide - ITA
SEGULIN Alessia - ITA

Allievi
SANDBICHLER Manuel - ITA
ZAHROBSKA Sarka - CZE

SLALOM GIGANTE

Ragazzi
PROMOK Franz - AUT
SEGULIN Alessia - ITA

Allievi
SANDBICHLER Manuel - ITA
KIRCHGASSER Michaela - AUT

1999

SLALOM

Ragazzi
MARKAUSKI Georgi - MKD
FANCHINI Nadia - ITA

Allievi
KINDOW Lindsey - USA
MCDONALD Will - USA

SLALOM GIGANTE

Ragazzi
ZACH Michael - AUT
GEISSLER Martina - AUT

Allievi
MERMILLOD BLONDIN Thomas - FRA
ZUZULOVA Veronica - SVK

1998

SLALOM

Ragazzi
ORTLER Alexander - ITA
SCHOENEGGER Sabine - AUT

Allievi
MOESER Franz - AUT
RAICH Sabrina - AUT

SLALOM GIGANTE

Ragazzi
SANBICHLER Manuel - ITA
GSTRAIN Nina - AUT

Allievi
SENONER Luca - ITA
GUILLOD Caroline - ITA

1997

SLALOM

Ragazzi
HORTING Manfred - AUT
MULLER Daniela - AUT

Allievi
KACMAREK Piotr - POL
KOSTELIC Janica - CRO

SLALOM GIGANTE

Ragazzi
MERMILLOD BLONDIN Thomas - FRA
LUSTENBERGER Christina - CAN

Allievi
VERDECCHIA Marco - ITA
KOSTELIC Janica - CRO

1996

SLALOM

Ragazzi
THORNHILL Benjamin - CAN
DURINGER Sabrina - AUT

Allievi
RINFRET Thomas - CAN
GORGL Elisabeth - AUT

SLALOM GIGANTE

Ragazzi
THORNHILL Benjamin - CAN
BELINGHERI Barbara - AUT

Allievi
MOSER Stefan - AUT
AUFDENBLATTEN Franzi - SUI

1995

SLALOM

Ragazzi
STRUGER Peter - AUT
RADICI Cristina - ITA

Allievi
BAER Burkhard - AUT
POUTIAINEN - FIN

SLALOM GIGANTE

Ragazzi
KACZMAREK Piotr - POL
LE GUILLOU Suasic - FRA

Allievi
GRUBER Manfred - AUT
POUTIAINEN - FIN

「ハラダカップ」のご紹介

「ハラダカップ」のご紹介

ブログ読者の方から5月6日に開催される草レース「ハラダカップ」についてご紹介を頂きました。

今年のゲストは、佐々木明、大越龍之介、石井智也、井山敬介・・選手とのこと。

最下位の選手には、罰ゲームがあり、昨年は井山選手が皿洗いをしたらしいです。

佐々木選手のみならず、リンゼイ・ボンも絶賛しているようです。(笑)





ずいぶん楽しそうな大会ですね。(笑)

Mike & Manny Camp 2013 : Day 1

Mike & Manny Camp 2013 : Day 1

シーズン後のこの時期は、残雪を利用して、来シーズンに向けた基本練習キャンプが多く行われています。

今回は、カナダのMike Janykが中心となって開催しているキャンプのご紹介です。

特に北米では、ある分野の成功者は、その分野もしくは関連分野において貢献活動をするものだという意識があり、スポーツも例外ではありません。

このキャンプもワールドカップ選手が、子供たちにアルペンの基本を教えるという趣旨で開催されているものと思われます。

今年に関しては、現在開催中のようで、動画が上がったら順次追加していきます。

去年の様子は、こちら

Mike & Manny Camp 2013 : Day 1 from Mike & Manny Foundation on Vimeo.



Mammoth Ski Team U-16 "Why Do We Do It?"

学力の維持装置の変化

Motorcycle Adventure through Southern Africa

Episode 4- Winter 2013- Katya Crema

WCスター達の近況

WCスター達の近況

32610_365035180274449_1403778578_n.jpg
ヒルシャー:アトミックの工場で来シーズンの板と。

534117_10151348689990683_1315645709_n.jpg
テサ・ウォルレイ:朝はスキー、昼からは日光浴。

58129_10151527231369191_1370822715_n.jpg
ティナ・マゼ:私は、幸運の星の下に生まれたみたい。太陽を見て!

541764_508448479193087_1201146268_n.jpg
アナ・フェニンガー:ナミビアでチータ保護団体の活動に参加。

小樽のスキー場 今季のオーンズ、来場9割増 朝里川と天狗山は横ばい

小樽のスキー場 今季のオーンズ、来場9割増 朝里川と天狗山は横ばい

北海道新聞(04/18 16:00)

 【小樽】小樽市内3カ所のスキー場が今シーズンの利用実績をまとめた。運営会社が変わったスノークルーズオーンズ(春香町)は、19歳の無料キャンペーンなどが功を奏して大幅増。一方、朝里川温泉スキー場と小樽天狗山スキー場は滑り出し好調だったが、年明け以降は荒れ模様の週末が多く、前年とほぼ同じ利用者数にとどまった。

 オーンズは、いったん昨季限りでの廃業が決まったが、国内各地でスキー場を運営するマックアース(兵庫県)が経営譲渡を受けて、新体制でシーズンを迎えた。

 来場者数は前年比約9割増の9万2210人。このうち19歳は8779人と約1割を占め、割引価格で発売したシーズン券の保有者数は同4倍の2005人だった。雪に恵まれた上に、初心者コースの増設や無料バスの増便などが好調の要因とみられる。

 吉野晴彦社長は「オーンズのファンの皆さんの熱い支援の下、無事にシーズンを乗り切れた。来シーズンもぜひ利用してほしい」と述べる。

 朝里川温泉スキー場では、リフトの輸送人員は延べ94万9550人で前年比1%増と、ほぼ横ばいだった。昨季より10日早い12月1日にオープンし、出足は順調だったものの、「週末に連続して暴風雪に見舞われ、後半は苦戦した」(同スキー場)。

 天狗山スキー場はロープウエーとリフトを合わせた輸送人員が延べ48万4966人と、こちらも同1%増だった。12月は雪に恵まれたが、「年明け以降、低温や大雪で市民が行楽を控えたのではないか」(同スキー場)とみている。(竹中達哉)


9割増とは、凄いです。

やる気とアイデア・工夫で、魅力がアップする例だと思います。

やっぱり、諦めないことが大事ですよね。

Betsafe goes JOI 2013 - The Story

Ueli Steck - Training for Everest Without Oxygen 2013

Vail/Beaver Creek 2015: Women's Portillo Training Camp

片品村、スキー場整備工事6件に4・3億円

片品村、スキー場整備工事6件に4・3億円

群馬建設新聞 2013年4月17日付紙面

 片品村は、来年2月の全国中学校スキー大会開催に向けて、今月下旬から来月にかけて武尊休養施設改修工事2件と土木関連工事6件の発注を行う。当初予算には建物構築物工事費2億5850万円、道路橋梁工事費1億8000万円、工事監理を主とする事業委託費1560万円、機械器具購入費1億1310万5000円を計上している。会場となる花咲地内の武尊牧場スキー場は、15年の冬季国民体育大会でスキー競技が開かれることも決定。同村は担当部署の職員を増員し、10月いっぱいの工事完成を目指して整備を進めていく。
 
 本年度当初予算における普通建設事業費8億6000万円のおよそ半分を国体(全中スキー大会)準備事業が占めている。昨年度秋に一部工事を先行させる考えもあったが、降雪などもあり全工事を本年度に実施することとなった。同スキー場は今月末まで営業しており、その後速やかに工事へ移っていく。
 建物構築物工事は、同スキー場にある武尊休養施設(ロッジまきば)の改修工事とクロスカントリーコース造成工事の2件。工事費2億5850万円もおおむね半分ずつという配分。
 休養施設はRC造平屋一部2階建て、延べ床面積1158㎡という規模。管理棟と宿泊棟がT字型で構成、宿泊棟は大小17部屋を備えている。老朽化に対応し、屋根および外壁の改装工事と管理棟部分の改装工事に取り組む。工事は2分割して発注する意向。昨年度時点で予定した宿泊棟の改装工事は全中大会終了後に改めて検討する。改修設計は石井設計(前橋市)が担当した。
 クロスカントリーコースは、同スキー場三合平に1周L5㎞コース(基本幅員10m)を新設する。管理道の整備を含み、3工区に分離し発注する。野芝を敷いた草地のコースを整備し、夏期にも使用可能な施設とする。測量設計は日本森林林業振興会(東京都文京区)が作成。越本地内の「水芭蕉クロスカントリーコース」は畑地などを通過するため、冬期しか利用できなかった。
 道路橋梁工事は、同スキー場内を走る村道の改良工事を3分割発注する。休養施設の南L約1㎞について、現道幅員3・5mをW7mの2車線道路へ拡幅する。また、L2㎞間に待避所10カ所を設置する。測量設計業務は高崎測量(高崎市)が担当した。
 同スキー場は夏期、放牧地として使用されている。国体終了後の施設活用では、標高1500mという立地を生かし夏期の高地トレーニング施設構想がある。用地面では休養施設近くに400mトラックの設置も可能。一般的に数週間から数ケ月単位でアスリートの滞在が見込める。今秋開通予定の国道120号椎坂バイパスによりアクセス性も良くなることから、集客性などの調査を進めていくもよう。


皆さんに感謝!

皆さんに感謝!

これまで、たくさんの方からパスワード申請を頂いております。

いろいろ条件を付けているにもかかわらず、どうもありがとうございます。

簡単な自己紹介をお願いしている関係で、皆様のスキー歴やお考え、楽しみ方もとても良く伝わってきます。

実は、相当詳しい自己紹介を書かれている方も多く、また、お名前のみならず、住所、連絡先まで記載されている方も何人もおられます。(決して求めているわけではございません(笑))

どこの誰だか分からない人間を、そこまで信用してくれるのかと、本当に感激しております。

日本の中でも、アルペンスキーを選択する子供たち、保護者様は、ほんのわずかです。

この奇跡とも言える一期一会を心から大切にしたい。

素晴らしい人たちに巡り会えて本当に良かった。

そう思っています。

みんなで協力し合って、楽しみながら、頑張っていこうよ。

スキーを通して、宝物を見つけよう。

人を信じて、前向きに生きていこう。


・・・そんな、少し(安っぽい)感傷的な気分に浸っております。


さて、まだまだ仕事が終わらないので。

皆さんからのメールの返事は、明日にします。(笑)

では。

小学校低学年の練習方法とトップ選手の滑走フォーム

言葉の力について

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -