ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

京都大学教授・佐伯啓思 民主主義への誤解

京都大学教授・佐伯啓思 民主主義への誤解

2012.12.16 03:07 産経新聞

 このコラムの掲載は16日の朝、すなわち総選挙の投開票日である。今回の選挙は、とりわけ重要なものだと思うが、それはこの選挙を、これまでの流れに対してピリオドをうつものにすべきだと強く感じるからだ。「これまでの流れ」とは、それこそ橋下徹氏(大阪市長)のいう「ふわっとした民意」によって政治が浮遊し、また、政治がその「ふわっとした民意」を当てにすることでたえず政局へと流れてゆく、というこの数年間のわが国を覆う政治的風潮のことである。

 しかも、そこに「政治改革」というきわめて便利で聞こえのよい文言がさしはさまれた。「改革論」はいう。わが国の政治がよくならないのは、官僚行政などのおかげで「民意」がちゃんと政治に反映されていないからだ、と。

 確かに、行政機構にも既成政党にも問題はあったのであろう。それを改革すること自体は必要なことであろう。しかし、「政治改革」が世論の中心を占めるようになって数年、わが国の政治は、足場を失って右へ左へ、前へ後ろへと揺れ動く案山子(かかし)のように、風のふき具合でなんとも落ちつきのない不安定なものになってしまった。小泉純一郎氏が首相を辞めて以来、6年で6人の首相が交代するというのでは、まともな政治などできるわけはなかろう。

 新しい内閣ができれば当初は支持率60%や70%はいく。しかし半年もたたないうちに50%、40%と低落し、そうなれば下方へ働く引力は加速度を増し、あっという間に20%前後へと落下するのである。支持率が20%をきると、「民意」は内閣を見はなした、とマスメディアは報ずる。こうなると、野党はここぞとばかり「民意」をたてに政権を攻撃する。こうしたことが、怨讐(おんしゅう)合戦のように、繰り返されている。

 その責任を政治家にばかり負わせるのは間違っている。マスメディアも、また、われわれ「国民」もいわば共犯者としてこの政治文化を担い、またそれに巻き込まれてきた。その場合にやっかいなことは、まさしくそれが「民主政治」そのものだということである。

 何かで読んだが、今日(こんにち)、各種新聞社やテレビ局が行う世論調査は1年間で総計200回を超えるそうで、確かなことは知らないが、いずれにせよ、間断なく世論調査をしている、という印象は誰もがもっているだろう。これではあまりに「民意」に媚(こ)びているというか、依存しすぎであろう。いくら主権者は国民であるといっても、そんなに毎日、主権を行使しておれば、主権はあまりに安っぽくなってしまう。しかもその「民意」なるものはいったい何ものなのか、誰もわかってはいないのである。

 私には、ここに民主政治というものに対するある誤解が横たわっているように思われる。

 いうまでもなく、われわれの政治システムは、議会制民主主義である。これは「議会主義」と「民主主義」が組み合わされたもので、それからもわかるように、もともと議会主義と民主主義はイコールではない。いやそれどころか、民主主義の捉え方によっては、両者は対立さえするのである。

 議会主義とは、われわれが直接に政治に参与して政治決定にかかわるのではなく、それを代表の手に委ねる、というシステムであり、言いかえれば、主権者であるわれわれは、直接にはその主権を行使しないのだ。主権者にできることは、ただ代表を選ぶことだけなのである。

 これに対して、われわれが通常考える民主主義とは、主権者が直接に政治に関わることをよしとする。つまり、できるだけ、個別の政策ごとに主権者の意思が反映されるべきだという。たえず「民意」が反映されるべきなのだ。

 とすれば、議会主義とこの意味での民主主義とでは考え方に大きな違いがある。議会主義とは、むしろ「民意」を直接に政治に反映させない工夫といわねばならない。どうしてか。理由は簡単だ。この現実世界は複雑で、政策立案とはそれほど容易なものではない。われわれ1人ひとりがとても関与できるものではない。だからこそ、代表を選び、彼らの討議に委ね、また、官僚という「プロ」の協力を必要とするのだ。

 これが議会主義の考え方である。それはあまりに不安定でご都合主義の「民意」によって政治が不安定化することを避けようというのである

 この十数年のわが国の政治改革の流れ、そしてこの数年の世論中心型政治は、議会主義を攻撃し、「民意」による民主主義をそこに持ち込もうとするものであった。そしてそれがますます政治を不安定にしたのだ。

 今日(こんにち)、議会主義がうまく機能しているか、というと確かにイエスとは言い難い。われわれの「代表」の見識を疑いたくなる局面は多い。しかし、それでは、「民意」に主導された民主政治がよかったかとなると、そういうわけではない。この風にゆらぐ案山子(かかし)のような政治的風潮にわれわれはうんざりしているのではなかろうか

 そうだとすれば、議会主義を立て直す以外になかろう。そして、議会主義とは、個々の政策それ自体よりも、「代表者」の信頼性や人物そのものを見極めるわれわれの眼力にかかっているのだ。今回の選挙によって、そろそろ安定した議会政治を取り戻せるか否かは、われわれの「人物を見る眼力」にかかっている。(さえき けいし)


民意を利用して、郵政改革を成し遂げたのが小泉さん。

その効果の絶大さを見て、こども手当、高速無料化、ガソリン税低減などをエサに、(どうせこいつら馬鹿だからと)国民を欺し、政権を手に入れたのが、民主党であり、中心が小沢さんだったと思います。

民意を利用して、自分の有利になるように政局を動かそうとする低レベルの政治家が多すぎます。

それを焚きつけているのがマスコミ。

この人たちも、自分たちの意見を民意とすり替えて主張しています。

「結局は、人間だ」というのは佐伯先生と同じ考えです。

嘘を嘘と見抜き、いかに真っ当で誠実な人間を選べるか、が試されているのでしょうね。

関連記事
スポンサーサイト



大雪山系 雪崩でスキー客重体

大雪山系 雪崩でスキー客重体

12月16日 18時59分 NHK

16日午前、北海道の大雪山系の山で山スキーをしていた70代と見られる男性が、雪崩に巻き込まれ、意識不明の重体となっています。

16日午前10時ごろ、北海道上富良野町にある大雪山系の三段山の標高1300メートル付近で雪崩が起き、山スキーをしていた70代と見られる男性が巻き込まれました。
警察などによりますと、男性は一緒に滑っていた仲間に間もなく助け出され、地元の消防隊が病院に搬送して手当てを受けていますが、意識不明の重体となっています。男性は、16日朝から仲間6人と一緒に山に入り、山スキーをしていたということです。
三段山のふもとにある宿泊施設によりますと、三段山は山スキーが盛んで、冬になると全国各地から愛好家が集まってくるということです。
仲間の男性の1人は、「雪崩に巻き込まれたとみられる男性は山スキーのグループのリーダー的な存在で30年ぐらいの経験があった。急な斜面を降りようとしたとき雪崩が起きた」と話していました。


第15回 ぬかびら源泉郷GS大会 2日目結果

第15回 ぬかびら源泉郷GS大会 2日目結果

1日目と同じく成田、安藤選手が優勝しています。

女子は、いずれも僅差です。

キャプチャ

キャプチ1ャ

US skier Steven Nyman wins World Cup downhill

US skier Steven Nyman wins World Cup downhill

The Associated Press – 45 minutes ago

VAL GARDENA, Italy (AP) -- American skier Steven Nyman took advantage of changing conditions for an improbable win in a shortened World Cup downhill on Saturday because of heavy snowfall and low visibility.
Rok Perko of Slovenia, another late starter, finished second, 0.19 seconds behind Nyman's time of 1 minute, 28.82 seconds. Downhill world champion Erik Guay of Canada was third, 0.24 back.
Nyman also won this race in 2006 but has struggled with injuries in recent seasons.
On Saturday, he started with the No. 39 bib, with the first 30 start positions reserved for the top-ranked skiers.
Overall World Cup leader Aksel Lund Svindal was sixth.


キャプチャ

Eastern U16 Fundamentals Camp Drills the Skills

Eastern U16 Fundamentals Camp Drills the Skills

December 15, 2012 By CJ Feehan

GMVS’s Logan Slattery navigates a turn shape drill course at the Eastern U16 Fundamentals Camp.
EAST BURKE, Vt. — Earlier this week, 44 of the East’s most promising U16 alpine athletes gathered at Burke Mountain under the tutelage of ten highly experienced coaches for a three day fundamentals camp focused on skills and drills. Some athletes like Tricia Mangan, a member of HoliMont Racing and last year’s Eastern J3 Junior Olympic super-G champion, traveled more than eight hours in order to attend the camp with her peer group.
Okemo Mountain School head coach Bruce Johnston brought three of his athletes to the camp, and they found the project satisfying, including Johnston. He even saw an additional benefit in the gathering of athletes and coaches above and beyond what the skiers reaped from the experience.
It’s very beneficial for the coaches to see what other coaches are working on. We’ve got coaches who worked on the World Cup now coaching U16s, so I think the country is moving in the right direction of letting higher level coaches move down to work with younger athletes,” expressed Johnston.
The East has long born the identity of a highly competitive and oftentimes cutthroat environment for coaching and program collaboration that at times has bordered on hostile. Johnston sees change in the air.
“Compared to the past, absolutely, the East used to be very tight, I knew this and you knew that, but now I think people are sharing ideas and sharing drills they’re using that are working. A lot of the coaches that know each other now are very cohesive in the messages we’re delivering, so programs are now doing the same things too which is helpful, especially when you get to a camp like this,” he added.
Athletes spent the first day of the camp freeskiing in the morning before completing three tasks from the Eastern Skills Assessment in the afternoon. Individual results from the one ski, pole plant, and apex drills tests were not recorded, but athletes were informed of their scores at the time.
Eastern youth coordinator Alex Krebs and the coaches in attendance were impressed by the caliber of skiing overall for both the male and female athletes.
“We, as a coaching staff, really felt that the level of skiing with these U16s is the highest it’s been in recent years, and across both genders, so that’s really encouraging with the girls too,” noted Krebs.
Krebs looked to a specific coaching protocol to explain the increase in fundamental skill presentation at the camp.
“I would like to attribute it to the fact that we’ve been doing the Eastern Skills Assessment for three years now. Programs are doing them, we’re doing them at competitions, and word is catching on. We knew we wouldn’t see immediate results, but now in the third year, what we’re seeing is really encouraging,” she professed.
One of the athletes from the Green Mountain Valley School (GMVS), Logan Slattery, was thrilled to participate in the early season project.
“It’s been good to ski with the faster kids around the East, to get a taste of what they’re working on,” exclaimed Slattery. “It’s always nice to come together as that kind of group. And it’s good to work with other coaches also to get their points of view. I’ve been skiing with Mike Morin from Stratton Mountain School, and he’s been talking about finding the outside ski early and basic fundamentals.”
Skiing on the second day of the camp was lost due to torrential rain, but coaches improvised to still deliver content to the athletes.

Drill courses line the hill at Burke Mountain.
“The hill and snow conditions here at Burke are really pretty good especially compared to everywhere else. We lost a day to weather, but stuff happens,” acknowledged Johnston. “There was a good video session. Kirk [Dwyer] showed some clips of Mikaela [Shiffrin], Mike [Morin] showed some Val d’Isere video to the boys, and then Burke was nice enough to open up their gym for individual programs to do their own thing. So I got to talk to their trainer about their physical testing protocol, swapping ideas.”
On the third and final day, athletes ran giant slalom course sections with specific visual drills denoted by brushes and dye. They then timed giant slalom on a course just under 40 seconds in length. Slattery provided a detailed explanation of the morning’s drills.
“With the brushes, you think of them more as a berm, so you can arc your turn out deep, developing angles at the top and middle but finishing your turn by the end,” explained Slattery, the rather well-informed U16. “With the rise line drill, the dye is just a visual so you know when and where to start the turn and where your apex is. It’s very good to have a visual,” he concluded.
Some U16s from the camp now look forward to their first taste of competition this weekend as open USSA races kick off in Eastern states just before the holidays.


one ski, pole plant, and apex drillsについての解説は、こちら

久住さんの記事でも、重要さが指摘されています。

以下は、参考動画です。(このキャンプのものではありません。過去にも紹介したシフリンの動画も混ざっています)

















検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -