ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GSスキー形状による滑走フォームの変遷

GSスキー形状による滑走フォームの変遷

動画で検証してみました。

①1980年 Lake Placid Olympic Winter Games, Alpine Skiing, Giant Slalom, Men

http://youtu.be/4AsCEiGjShc

②1988年 カルガリーオリンピックGS Alberto Tomba

カルガリーオリンピック 男子大回転 トンバ - The funniest videos are a click away

③1994年 リレハンメルオリンピックGS



④1996年 Men's giant slalom - Gold for Tomba



⑤1998年 Nagano - downhill and giant slalom  Hermann Maier



⑥2002年 Men's Giant Slalom - Salt Lake Winter Olympic Games



以下は、Wikiより

カービングスキー (Carving Skis) は、カービングターンが容易に行なえるように1990年代に開発された、アルペンスキー用のスキー板。カービング (carving) とは「削る」「切る」の意。

従来のスキー板に比べ、側面を構成する円弧(サイドカーブ)がきつく、回転半径が小さくなっている。スノーボードがスキー板に比べて強いサイドカーブを持っていたことをヒントに開発された。

(中略)

元祖と言われているのは1992年にオーストリアのスキーメーカー・クナイスル社が発売した「ERGO(エルゴ)」。本来はレーサーのトレーニング用やお遊び用のセカンドスキー的な扱いであったが、1998年頃からスラロームタイプのカービングスキーが発売されたことでシェアを拡大。


Travis Ganong Featured in Flow State

Tina Maze ミュージックビデオ

Tina Maze ミュージックビデオ

Tina Maze - MY WAY IS MY DECISION / Official Music Video (Alpine Skiing Champion)



2012/10/26 に公開
https://facebook.com/tinamaze
http://www.tinamaze.com
licensing contact & info: music@raayproduction.com

Director of video: Niko Karo / Karo Media
Audio produced by: Raay / Raay Production / DJ Micro Music

credits
music: Matjaž Jelen & Raay
lyrics: Charlie Mason & Leon Oblak
arrangement & production: Raay

Lyrics:
EVERY SINGLE DAY
IS A BATTLE I KNOW THAT I'M MEANT TO FACE
I'M ON A TRAIL I'M MEANT TO BLAZE
TOMORROW BEFORE ME.

I'VE GOTTA DO IT, NO MATTER WHAT
I'M A WOMAN ON FIRE!
GOTTA TRY TO BE STRONG
AND GETCHA SHOUTING C'MON, C'MON!

(UO-OH-OH-OH)
TAKE A LOOK AT ME NOW,
'CAUSE I'M LIVING MY DREAM!
I'M GONNA DARE TO BE TENDER
AND NEVER GONNA SURRENDER!
(I'M IN CONTROL AND MY)
MY WAY IS MY DECISION!
MY POWER IS MY VISION!
OOOOO-OH!

SMILING THROUGH THE TEARS,
MY DESIRE'S A WEAPON AGAINST MY FEARS.
I WANNA BE A TALE THEY TELL OVER THE YEARS,
TO INSPIRE THE WORLD.

SO I'VE GOTTA BE STRONGER.
I'VE GOTTA PROVE I'M A WINNER.
LEAD 'EM INTO THE LIGHT.
I'VE GOTTA SHOW 'EM ALL THAT I'M RIGHT!

(UO-OH-OH-OH)
TAKE A LOOK AT ME NOW,
'CAUSE I'M LIVING MY DREAM!
I'M GONNA DARE TO BE TENDER
AND NEVER GONNA SURRENDER!
(I'M IN CONTROL AND MY)
MY WAY IS MY DECISION!
MY POWER IS MY VISION!
OOOOO-OH!


やっぱり、彼女はぶっ飛んでます。(笑)

テッド・リゲティ アラスカ ビッグマウンテン動画

Backstage Soelden Ladies Giant Slalom 2012 - Audi FIS Ski World Cup

SWIXスタートワックス・テクニック動画

SWIXスタートワックス・テクニック動画

セーラFパウダー(アイロン焼き付け+ハンドブラシ)

セーラFパウダー(アイロン焼き付け+スプレー+ロトブラシ)

セーラF固形(ロトブラシ)

セーラF固形(ハンドコルク)

セーラF液体(ロトブラシ)

セーラFスプレー(ロトブラシ)

表示が重たいので、リンクに変えました。

2012-2013 かもい岳スキー連盟 大会スケジュール

小柳仁「一生燃え続ける「動機」を」

リゲティの変わり身の早さ(笑)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2012/2013公認大会カレンダー(2012年10月23日現在)

Ski World Cup (Soelden 2012) Giant Slalom Ladies 2nd Run(ほぼ完全版)

Ski World Cup (Soelden 2012) Giant Slalom Men動画(完全版)

Ski World Cup (Soelden 2012) Giant Slalom Men動画(完全版)

ただし、1回目は41番スタートの選手までです。

Ski World Cup (Soelden 2012) Giant Slalom Men 1st Run - These bloopers are hilarious

Ski World Cup (Soelden 2012) Giant Slalom Men 2nd Run - Click here for the funniest movie of the week

Fis Alpine Skiing World Cup. This is the 1st run (complete) of the Giant Slalom of Soelden 28/10/2012. It's in German and without subtitles. Thanks for wathching and special thanks to Eurosport Germany.

USSAは、ボンの男子ダウンヒルレース参加に関する書簡をFISに送付

USSAは、ボンの男子レース参加に関する書簡をFISに送付

FIS関係者によれば、USSAが、ボンの男子レース参加に関して、11月5日のFIS会議の議題とすることを求める手紙をSarah Lewisに送ったとのこと。

これで、手続きに関する第一ステップは完了です。

あとは、FIS会議でどう議論されるかということですが、Gunther HujaraやAtle Skaardalによれば、翌週行われる女子ダウンヒルレースの練習期間が設置されているため、規定上、男子レースに参加すると女子レースには参加できなくなるとのこと。

ボンがそれで良いならば、認めそうな口ぶりです。

ただ、ボンは繰り返し、女子レース優先の方針を述べており、実際にレース参加が実現するかどうかは、実はボンの決断にかかっている状況のようです。


Next Step Taken Toward A Vonn Match Against Men

SOELDEN, Austria – Lindsey Vonn has been given the go-ahead to pursue racing in the men’s Lake Louise World Cup downhill next month.

According to sources within the International Ski Federation, United States Ski and Snowboard Association sent a letter to the federation’s Sarah Lewis opening the discussion to grant the three time overall champion the option to race should the FIS Council approve at its meeting November 5.

The decision is now in Vonn’s hands. According to both World Cup race directors, Gunther Hujara for the men, and Atle Skaardal for the women, while there is no rule against a women competing in a men’s event there is a rule regarding training/racing on a course within five days of an event. Lake Louise will host to women’s downhill’s within that time frame.

Vonn has repeatedly stated that if she could not race in the Lake Louise women’s downhill’s that she would not entertain racing against the men a week prior.

The request has been the talk of much of the Alpine world for the last several weeks. Most fans seem anxious to see the Alpine luminary compete against the men but that most likely will not happen if Vonn continues to feel that she should not give up both women’s downhill’s in Canada.

USSA spokesman Doug Haney said, "Lindsey Vonn is a great champion and the USSA supports the goals of all of our athletes. While we are not pursuing any specific proposal at this time we have begun the conversation with the FIS."


LIGETY1位、MOELGG2位、HIRSCHER3位 ワールドカップ開幕戦

LIGETY1位、MOELGG2位、HIRSCHER3位 ワールドカップ開幕戦

リゲティが優勝=W杯男子大回転

時事通信 10月28日(日)22時20分配信
 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は28日、オーストリアのセルデンで男子大回転第1戦が行われ、テッド・リゲティ(米国)が2回の合計タイム2分36秒02で優勝、W杯通算12勝目を挙げた。2位にマンフレート・メルグ(イタリア)、3位にマルセル・ヒルシャー(オーストリア)が入った。
 石井智也(サンミリオンク)は2回目に進めなかった。 

最終更新:10月28日(日)22時33分


リゲティのタイムは、ずば抜けています。(このタイム差は、70年代以来とのこと)

米男子コーチのSasha Rearick(下記記事参照)によれば、「新規格板はきちんとスキーを滑らせる限り、素晴らしい仕事をしてくれる。変わったところは、”許容性”を取り去ったことだ」とのことです。

彼のフレーズは、いつも格好いいですね。(笑)

キャプチャ
キャプチャ1
キャプチャ2

石井は、1回目、60位。

以下は、1回目公式結果。
キャプチャ
キャプチャ1

Ligety Claims Huge Margin In Soelden Snowstorm

Emphatically. Ted Ligety won emphatically. Ted Ligety re-established himself as the best GS ski racer in the world overcoming horrid conditions for the first World Cup victory of the men's season, at Soelden, Austria today (Oct. 28), by a margin of 2.75 seconds. That kind of spread hasn't been seen since the 1970's. Rarely, if ever, had it been accomplished almost entirely in a single run.

There isn't a whole lot about ski racing that is patently fair. The first run demonstrated that at as snowstorm that had forced the close of the long and winding road up from the village of Soelden to the course on the Rettenbach Glacier. The storm broke after the first nine skiers of the first run had skied, Ligety among them.

The second run started snowy as well, and rather than breaking, it got progressively worse, snowing harder and harder with each passing racer. None of that mattered to Ligety. Sitting second after the first run, he ran next to last, giving him the worst conditions of any competitor in either run. He powered through the fresh snow, all but invisible to a crowd of 12,000 that had managed to claw their way up once stuck buses had been cleared from the road. He was confident, precise, strong and extremely courageous. Ted Ligety displayed he deserves to be called the best.

“What can I say about the incredible Ted Ligety,” said no less an authority than last season's overall and GS champion Marcel Hirscher. “Right now he is far away from me. ... He is in outter space. He skied awesome. He skied every gate perfect.”

On the “new” skis, with the dimensions being used for the first time this year, perfection is exactly what is required.

US Head Men's Coach Sasha Rearick explained: “They work great if you ski perfect. What they've done is they've taken away all the forgiveness.”

Ligety said he probably took more chances, particularly in the second run, than he should have.

“It was super bumpy and you couldn't see anything,” said Ligety. “I ski a little rounder than most and Ii think that helped me which is a bit weird. I was going all out on the full second run taking more risks than was probably smart.”

The result was a margin that is unprecedented in this century.

“To have won with the biggest margin in more than 30 years I am amazingly surprised. That's a crazy once in a career achievement. It's phenomenal. I don't expect I can do this ever again.”

He just might, but it will take a perfect storm, and a perfect response to it.

Overshadowed by the milestone career highlight day of Ligety were some strong performances from three other North Americans. Tim Jitloff finished 19th, sliding back after a stellar first run effort that had left him eighth. Canadians Jean-Philipp Roy posted 17th and Dustin Cook nailed down his first World Cup GS points in 22nd.

Jitloff said, “It was a little choppy, but you know every year I get a little more of an old man's belly and a little bit stronger and these new skis fit my body type a little more. ... (With) these new skis, it takes brute strength, and I like it. I like that aggression. Takes two runs, though.” -HM


アルペン男子ワールドカップ ソルデンGS 石井選手67番スタート

Tina Maze - Sölden 2012

Tina Maze - Sölden 2012

板を振らずに、しっかり踏んで、我慢して良いラインをトレースした選手が、上位に来たように思います。

内倒し、外スキーへの荷重が軽い選手は、総じてターンコントロールに失敗するケースが多かったように見えました。

同時に、ワンミスが命取りになる(リカバリーできない)、選手にとっては神経の張り詰めるレース展開になりそうです。


Tina Maze - Sölden 2012 1st Run Инструктор в Китцбюэль - More amazing video clips are a click away

Tina Maze Second Run Gs Solden 2012 - The funniest bloopers are right here





Tina Maze Interviews Soelden 2012 - For more of the funniest videos, click here


星選手の滑りは、彼女のブログにアップされています。

Tina MAZE ワールドカップ初戦 女子GS勝利!

Tina MAZE ワールドカップ 初戦勝利!

マゼがW杯通算12勝目 日本勢は2回目進めず 女子大回転

2012.10.27 22:10 産経新聞


oth12102722190031-p2.jpg
女子大回転で通算12勝目を挙げたティナ・マゼ=セルデン(AP)

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)2012~13年シーズンは27日、オーストリアのセルデンで開幕して女子大回転を行い、昨季W杯総合2位のティナ・マゼ(スロベニア)が合計2分31秒41で通算12勝目を挙げた。2位にカトリン・ツェッテル、3位にシュテファニー・ケーレのオーストリア勢が入った。昨季W杯総合優勝のリンゼイ・ボン(米国)は2回目に途中棄権した。

 日本の星瑞枝(湯之谷ク)は1回目で37位、長谷川絵美(サンミリオンク)が38位、川浦あすか(長野市ク)は48位となり、いずれも2回目に進めなかった。(共同)


キャプチャ
キャプチャ1

Tina Maze lands third GS victory in Soelden

Saturday 27 October 2012

934.jpg

SOELDEN, Austria – Tina Maze is the winner of the opening Giant Slalom in Soelden! After keeping her cool through two postponements of the start time, Maze skied a great second run. The GS World Champion from 2011 held on to her leading position from the first run and triumphed in the first race of the 2012/13 season in front of more than 9.000 excited spectators. With a time of 2 minutes, 31.41 seconds, she was 1.56 seconds faster than Kathrin Zettel who managed to move up from her fourth place in the first run. The surprise of the day came from Zettel’s teammate Stefanie Koehle, with an outstanding second run. Koehle skied the second fastest time of the second run and earned her first careers’ podium in front of a cheering home crowd. The second run prove to be tough for second ranked from the first run, Tessa Worley and third ranked Viktoria Rebensburg, both failing to finish the race.


A6NpgbmCMAAPPKX.jpg

Soelden 2012 - Audi FIS Ski World Cup - Presentation, Behind the scene

アルペン女子ワールドカップ ソルデンGS 1本目結果

アルペン女子ワールドカップ ソルデンGS 1本目結果

女子3人とも完走でした。

滑りは見られませんでしたが、上々の出だしと思います。

川浦選手も、ほっとした感じでしょうか?

これから、もっと調子を上げていきましょう!

キャプチャ

Maze in the lead after first run in Soelden

Saturday 27 October 2012

Soelden, Austria – The 2012/2013 season kicks off with an exciting first run for the ladies, Tina Maze is in the lead with a time of 1 minute 11.95 seconds. The Slovenian skier put down a smooth run, leaving second ranked Tessa Worley over half a second behind. The young French skier, who finished third last season in the Giant Slalom rankings wasn’t able to keep up with Maze’s pace. Viktoria Rebensburg, last year’s GS Cup winner currently sits in third, just over a second behind the leader.

After a week of clear blue skies and perfect conditions, Friday night the weather took a turn for the worse in Soelden forcing organizers to start working on the slope preparation at 4am on Saturday. The hard work sure paid off as the ladies' race was able to start on time and the slope had been cleared from the nights’ snowfall. The base seemed to be holding really well, giving an opportunity to ladies outside of the top 15 to make their way towards the top of the ranks. Kathrin Zettelfrom Austria is currently in fourth, 1.59 seconds behind Maze, uprising Canadian skier Marie-Michelle Gagnon had an outstanding run which put her in ninth place from bib number 24, so did Dominique Gisin, the speed specialist from Switzerland – she gained 18 places, going from bib 28 into 10th position.

Today’s surprise run came from Simona Hoesel from Germany who is the only one starting outside the top 30 (bib 35) who made it into the top 15, she is currently 13th , 2.57 seconds off the leader’s time. Julia Mancuso and Lara Gut, two of the top contenders for one of the high spots in today’s race were not as fortunate and wer unable to finish the race.

So far, the weather is still being cooperative, making everyone on site very happy and we are looking forward to watching the race develop in the second run which kicks off at 12.45 CET.


ワールドカップを無料で視聴する方法

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。