ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

科学から見た反原発の問題点 菊池 誠「“御用”のレッテルで科学を殺すな」

科学から見た反原発の問題点 菊池 誠「“御用”のレッテルで科学を殺すな」

[2012年07月03日] 週プレニュース

福島第一原発事故以降、「御用学者」と罵声を浴びせられたこともある菊池 誠教授。それでも彼が発言を続けた理由とは?
あらゆる情報が錯綜し、安全なのか危険なのか、それどころか何が起こっているのかさえよくわからなかった福島第一原発事故の直後、「直ちに健康に影響はありません」という“大本営発表”に心から安心できた人はどれほどいただろうか。そんななか、ツイッターでより正確な情報発信を試みた何人かの科学者がいた。

そのひとりが、大阪大学サイバーメディアセンター教授の菊池誠氏だ。特にインターネット上や週刊誌上で飛び交う、科学的根拠やソースの怪しい危険情報について、彼は「それはおかしい」「真実ではない」と注文をつけ続けた。そんな姿勢に“御用学者”と罵声を浴びせる人たちもいたが、それでもなお発信をやめなかったのは科学者としての責務か、それとも人としての正義感だったのか―。

***

■とんでもないことを言う“専門家”もいた

―菊池先生の原発事故関連のツイートは、かなり大きな反響があったと思います。

菊池 “ニセ科学”の問題点を批判するようなことを何年もやっていて、今回の震災以前からブログなどで発表していました。ですから、ツイッターでの反響には面食らった部分もあります。内容も僕としては特別なつもりはありませんでした。

科学的に見てあまりにもあり得ない話があったら「それはない」と言ったり、当初から科学的な考察をしておられた東京大学の早野龍五(はやのりゅうご)先生とか、KEK(高エネルギー加速器研究機構)の野尻(のじり)美保子先生のツイッターを読むことを勧めたり。

―事故の影響に関して、専門家がもっと自発的に情報発信すべきだったと思いますか?

菊池 本当の意味での原子力の専門家がほとんど表に出てこなかったのは残念でした。もちろん、一部の専門家は事故直後からテレビにも出ていましたが、ご存じのように彼らの安全寄りの予想は外れ、事故は拡大していった。それで彼らが信用をなくしてしまったことが、その後に大きく影響したと思います。

また、容赦なく“御用学者”というレッテルが貼られるようになったことも、彼らが口をつぐんでしまった理由かもしれません。いずれにせよ、初期のつまずきで彼らの意見があまり表に出なくなったのは、われわれにとって大きな損失だったと思います。一番の専門家による専門知識を得られなくなったわけですから。

― 一部には、原子力業界と関係のない科学者についても、少しでも安全寄りな話をするとすぐに“御用”と呼ぶような風潮もありました。

菊池 御用学者という言葉を好んで広範囲に使った人たちやメディアもありました。週プレにも怪しい記事はありましたが、ほかの週刊誌ではもっとひどい記事があった。意見の中身を見ず、その人の社会的立場や結論だけから御用学者と決めつけてしまう。一方で、ものすごくセンセーショナルなことを言う“専門家”をもてはやす。科学者の肩書でも、とんでもないことを言う人がいました

―同じ“科学者”なのに、言うことが全然違う。一般の人たちは当然混乱してしまいます。

菊池 ひどくおかしなことを言っているなぁとすぐにわかるはずのことも信じられてしまいました。例えば、水素爆発を「核爆発だ」とおっしゃる科学者もいた。でも、原子炉の核反応と核爆弾の核爆発がまったく違うのは科学者なら常識です。そういうでたらめなことを言っている、専門家ともいえない国内外の人たちが混乱を助長した面はあると思います。さすがに今は、ああいう極端な話をする人間は信用しなくていいと気づいた方も多いでしょうが、そういった話をいまだに真に受けている方もおられます。

―一般人にも“科学的思考”が必要ということでしょうか。

菊池 知識は力になります。難しいことはいらないので、基本的なところを少し勉強してみてほしい。放射能のリスクについても、危険か安全かの話の前に、まず放射線とはどういうものかを少し知る。遠回りに感じるかもしれませんが、それが役に立つと思います。自分の感覚的な価値観だけで結論を決めて、「とにかく危険」という話しか耳に入れない人も少なくない。でも、基本的なところを理解すれば、怪しい話かどうかは見分けられるはずです。

それとメディアの報道。両論併記さえすれば、それでバランスが取れると考えるのかもしれませんが、科学的な重みの違いもあわせて書いてほしい。さっきの核爆発にしても、そういう意見を言う自称“専門家”もいるにはいますが、科学的な重みでいえば「99対1」くらいで無意味です。でも、その差を言わなければ「50対50」に見えてしまい、実態とかけ離れた印象を与えてしまう。中途半端な両論併記は、かえって読者の適切な判断を妨げると思います。

―今の福島の状況についても、本当にいろいろな説が出回っています。

菊池 あれだけの放射能汚染があったわけですからリスクはあります。例えば福島市や郡山(こおりやま)市に住むなら、小さいとはいえ、明らかに放射能によるリスクが増している。ただ、事故から1年以上が経過し、綿密な調査によって、例えば子供たちの内部被曝が当初心配されていたほどではないことなどがわかってきました。

ところが、一方で福島の被害を大きく見せようとする人たちもいる。一部の先鋭化した人たちは今も「子供が住むべき所ではない」と声高に叫んでいます。彼らは正義感でやっているわけですが、だからといって事実ではないことを吹聴するのが許されるとは思えない。危険を強調したほうが人々のためになると言う人もいますが、小さいリスクを「大きい」と叫ぶことの弊害も決して小さくありません。住むか住まないかは各個人の判断を尊重すべきです。

―彼らは、放射線量について行政側の発表を信じていません。

菊池 側溝など放射性物質がたまりやすいとわかっている場所を測定すれば、極端に高い数値も出ます。でも、そこをわざわざ測って「こんなに高い!」と言っても意味がないんです。そこに住んでいる人にとって本当に必要なのは、側溝ではなく現実の生活空間そのものに即した情報です。動機は正義感かもしれないけど、放射能の危険を強調するために使えそうな情報を選んでいるだけでは、あまりにも無責任です。

正義の目的があり、その達成のためなら福島に住んでいる人がより不幸になっても構わないと考えているようにさえ見える。震災がれきの受け入れ問題でも、被災地の現状に目を向けているようには思えない。彼らは否定するだろうけど、結果として被災地をさらに不幸にしてしまっている。脱原発運動はいいのだけど、そういうおかしな正義感に基づいた運動では、決して被災地のためにも誰のためにもならないと思います。

―一部、先鋭化した反原発派から“御用学者”となじられても発言を続けてきた理由は?

菊池 責任感とか正義感ではないですね……。大したことも言っていないと思います。ただ単に、変な話が流布(るふ)するのが嫌なんです。それによって傷つく人や差別される人がいるのが悲しい。昨年の3月11日に津波の映像を見て以来、1年以上ずっと気持ちは晴れません。原発や放射能のことしか考えていない人たちに、こう問いたい。震災と津波で多くの犠牲者が出たことを、本当に覚えていますか?

(取材・文/コバタカヒト 撮影/高橋定敬)

■菊池 誠(きくち・まこと)
1958年生まれ。東北大学理学研究科物理学専攻修了(理学博士)。大阪大学サイバーメディアセンター教授。「ニセ科学フォーラム」実行委員。著書に『科学と神秘のあいだ』(筑摩書房)、『信じぬ者は救われる』(香山リカ氏との共著・かもがわ出版)、『もうダマされないための「科学」講義』(計5名の共著・光文社新書)などがある


関連記事
スポンサーサイト



スキー場の集客力回復へ 養父で対策セミナー

スキー場の集客力回復へ 養父で対策セミナー

05216218.jpg
スキー場関係者を集めて開かれたセミナー=県立但馬長寿の郷

 スキー場の集客力回復策について考えるセミナーがこのほど、兵庫県養父市八鹿町国木の県立但馬長寿の郷であった。但馬内外からスキー場運営会社の関係者など約20人が参加した。
 リクルート(東京)の旅行情報担当部門「じゃらんリサーチセンター」が13日に開催。レジャー白書によると、スキー・スノーボード人口は、1993年の1860万人をピークに、最近では7割近く減少しており、冬季の旅行・レジャー需要を掘り起こすため企画した。
 セミナーでは、同センターが18~69歳の男女を対象に実施したインターネット調査の結果に基づき、「スキーは小学校卒業まで、スノーボードは社会人になるまでに経験しないと、その後始めることは少ない」と分析。「ある程度技術を身につければ、子どもを持ってからも新しい家族を連れてスキー場にやってくる」とし、学生や若い社会人、若いファミリー層をターゲットに集客策を考える必要性を訴えた。
 じゃらんは2011年度、来場した19歳のリフト券を無料にするキャンペーンを全国85カ所のスキー場と共同で実施するなど具体的な集客アップ策にも取り組んでいる。同キャンペーンに参加したおじろスキー場(香美町小代区大谷)を運営する「おじろ観光協同組合」の太田垣收事業部部長(47)は「来場者は年々減る傾向にある。業界全体で対策に取り組んでいきたい」と話した。
(西井由比子) 神戸新聞
(2012/07/16 09:15)


ドームの安田秀一社長兼CEO 「業績拡大でスポーツ振興に貢献」

Summer Ski and Snowboard Camps

夏に海外で開催されている主要なキャンプ(アルペン以外も含む)を集めたものです。

語学研修を兼ねるのであれば、こういうキャンプが良いかもしれません。

Summer Ski and Snowboard Camps

By Mike Doyle, About.com GuideJuly 15, 2012

The ski season doesn't have to end in the spring, and for skiers and riders who partake in summer ski and snowboard camps, it doesn't!

Summer ski camps provide a secure environment where campers can refine their skills while enjoying the summer snow. While most ski camps are designed for teenagers, there are many camps that offer adult-only sessions.

In parallel, most camps are designed for racers or freestyle skiing, but you can still find organizations that provide programs for all-mountain skiers of all ability levels. Here's a list of summer ski and snowboard camps, which are located across North America, in South America, and in Europe.


Dave Murray Ski and Snowboard Camp
Dave Murray Ski and Snowboard Camp is the longest running ski and snowboard camp, located in Whistler, in Canada. The organization operates out of a private glacier facility, and offers freestyle skiing, alpine racing, and snowboard camps. Children as young as seven are invited to attend, and there are adult sessions, as well. Beginners are welcome, and the camp has some of the best female coaches in the industry to cater to the girls in the camp. Camps run in late June and early July, for either five days (costing $1,195) or eight days (at $2,195).

The Camp of Champions
The Camp of Champions, in Whistler, B.C., has the largest private freestyle park in the world. Campers practice on the park from 8am-3pm each day, receiving coaching the entire time in a small group setting. Sessions are eight days long; overnight camps cost $1,885, day camps cost $1,485, and the "Park Access Only" camp sans coaching or accommodations costs $695. The camps run throughout June and July. Off-slope activities include skateboarding, BMX, dryslope sliding surfaces, and paint ball.

Evolve Chile
Evolve Chile, a ski and snowboard camp for teens, hosts camps throughout July and August. Most camps are for kids ages 13-18, but the organization offers an adults-only session as well. With a focus on terrain parks and big mountain skiing, campers are provided with pro-coaching. Bonus features of the trip include guest pro-coaching and team visits, surfing instruction, a mountain bike tour, and Spanish lessons. Most of the camps are around $2,000, though prices increase up to $3,200, depending on dates and type of camp.

Freestyle America
Freestyle America is the longest running free style camp in the nation, and its alumni included top-notch athletes, such as Vancouver Gold Medalist Hannah Kearney, and Junior World Slopestyle Champion, Jamie Crane-Mauzy. The organization offers summer snow camps in Whistler, B.C., which run in June and July for sixteen days, or eight. Freestyle America also has a freeskiing camp in Mount Hood, Oregon,, a trampoline training camp in Campton, New Hampshire, and a water ramp camp in Lake Placid, New York.

Mogul Logic Summer Ski Camp
Mogul Logic's freestyle skiing camp is based in Whistler, B.C. Campers receive on-snow training from top coaches, who focus on a safe and comprehensive progression from trampolines, to water ramps, to snow. Camps run in June and July, and there is even a week specifically for adults. Prices range from $1,500-$2m000 for kids' camps, depending on the package chosen. Adult camps start at "Coaching Only" camp for $2,800, to the deluxe "Platinum Package" at $10,500, which includes perks such as private accommodations, one-on-one private ski lessons with top-notch trainers, and complimentary fine dining meals.

Momentum Ski Camps
Momentum is a skiers-only camp, with a focus on free style. The camp has rails, parks, bumps, jumps, and steeps for its skiers, with a focus on safe learning progression. Based out of Whistler, B.C., Momentum offers slopestyle and halfpipe camps, moguls camp, a girls only camp, and adult camps. Camps run in June and July for eight or nine days, ranging from $1,300-$2,000 depending on which package you select. You can purchase a full package, or an skiing-only package that excludes activities, accommodations, meals, and airport transfers.

Mount Hood Summer Ski Camp
Mount Hood Summer Ski Camps, located in northern Oregon, has been hosting ski and snowboard camps since 1979. The camps - which include a ski race camp, mogul camp, free style camp, and camps for boarders - are one week long and run all throughout June, July and August. The organization offers dates in the spring and fall, as well, and camps cost between $600-$1,200, depending on the date. In addition to on-mountain training and fun, campers enjoy afternoon activities, such as white water rafting, rock climbing, hiking, mountain biking, wind surfing, and paintball. Camp alumni include Ted Ligety and Julia Mancuso, both gold-medal winning ski racers.

Mount Hood Saas Fee Camp
Mount Hood Summer Ski Camps also hosts camps in Europe. Operating in early September, Saas Fee Ski Camps are more of an early autumn session than a summer one, but campers are still treated to great snow - which they wouldn't be able to access in most other ski resorts - in the Oberwalis region of Switzerland. The camp is for ski racers only, and is open to both children and adults, though kids under 15 must be accompanied by a parent. The camp offers top-notch race training of the intermediate and advanced variety.

National Alpine Ski Camp
National Alpine Ski Camp offers summer ski camps at Mount Hood, Oregon, and a Thanksgiving ski camp at Copper Mountain, Colorado. The camp, which centers around ski racing, has produced more past and present U.S. ski team members and coaches than any other commercial ski camp. Campers train with some of the best coaches and trainers, and recreational activities include rock climbing, windsurfing, rafting, swimming, hiking, ball sports, and dry-land training. Most camps are ten days long, though the organization also offers seven and twenty-one day camps. Prices range between $1,395 and $1,695.

Planet Ski International
Planet Ski International offers on-snow freestyle and mogul camps in Whistler, B.C., and ramp training camps in Lake Placid, New York. Mogul and freestyle sessions are available in June and July, for either eight or sixteen days. PSI offers ramp camps in Lake Placid all throughout the summer, and the organization sometimes offers mogul camps in Australia and New Zealand. All participants must be members of the USSA, the national governing body of Olympic skiing and snowboarding, and the PSI provides instructions for USSA registration if skiers aren't already signed up.

Red Lodge International Ski and Snowboard Camp
Red Lodge International Ski and Snowboard Camp, located 23 miles southwest of Red Lodge, Montana, offers training lane space for giant slalom and slalom racers, terrain parks, and big mountain features with steeps, cliffs, and cornices. While the camp is not a formal "camp," per say, it is in fact open for the public from April to July. Rates are $45.00 per ticket with a lane and park fee, with one free coach's ticket per 8 athletes, making it ideal for ski teams.

Sass Global Travel
Sass Global Travel is less of a typical "camp" and more of a travel organization, but they offer guided tours in Barlioche, Argentina for adults, college students, and kids. The sessions, which run throughout the entire summer, are designed specifically for each age group, though all cater to safety, fun, and learning, thus lending to the camp environment. The trips are primarily for advanced intermediates, and although backcountry experience is not required, it is helpful given the terrain in Argentina.

Ski Camps, Inc.
Ski Camps Inc. offers summer ski camps with Gold Medalist Ted Ligety and Bronze Medalist Andrew Weibrecht. The camps are based in Mount Hood, Oregon, and two one-week sessions are offered in June and July. Costs range from $1,475-$1,695, depending on which session you choose and when you register.

The Sports Club International Ski Camp
The Sports Club International Ski Camp, specifically for serious ski racers, is based in Whistler, B.C. For ages 9-15, the camp is primarily race oriented, but outdoor recreational activities are offered as well. Sessions run throughout July; a one-week camp costs around $2100 and a two-week camp costs approximately $4000. SCIC also offers ski race camps for kids and parents together, a late August camp in Chile, and an Thanksgiving camp in Colorado.

Windells Year Round Action Sports Camp
Windells hosts freeski camps, both overnight and day-only, in summer and spring. Windells' campus have premiere indoor training facilities, and on-slope parks at Mount Hood, Oregon. Camps run for seven days in April, costing $1,400 for overnight and $899 for day camps. Summer sessions run throughout the entire season, ranging from $1,600-$2,000, depending on which camp you choose.

Woodward at Copper's
Woodward at Copper's summer ski camp includes on-snow instruction and indoor training in their state-of-the-art "barn" facility. The camp's sponsors routinely bring in pro athletes to help out at the camp, and even X Games gold medalist Bobby Brown has taken part in the activities. Camps run for week session throughout June and July, with shorter durations available for kids age 8-12 and adults. Day camp prices are around $850, and overnight camps will cost you anywhere between $1,000 and $1,800, depending on the date. The camp is based in Copper Mountain, Colorado.

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -