ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

スキー、伊東と高梨が特別A指定 ソチ五輪へ重点強化

スキー、伊東と高梨が特別A指定 ソチ五輪へ重点強化

2012年07月13日(金) 18時46分 共同通信社

全日本スキー連盟は13日の理事会で、2012~13年シーズンの強化指定選手を承認し、14年ソチ冬季五輪のメダル獲得へ重点強化を受ける最高ランクの特別A指定にノルディック・ジャンプ男子の伊東大貴(雪印メグミルク)と同女子で15歳の高梨沙羅(グレースマウンテン・インターナショナル)を選んだ。
A指定はノルディック複合の渡部暁斗(北野建設)スノーボード・ハーフパイプの青野令(松山大)フリースタイル女子モーグルの伊藤みき(北野建設)の3人で、アルペン男子の湯浅直樹(スポーツアルペンク)と距離女子の石田正子(JR北海道)はB指定となった。



大貴、沙羅がソチへ特別A指定

 全日本スキー連盟は13日の理事会で、2012~13年シーズンの強化指定選手を承認し、14年ソチ冬季五輪のメダル獲得へ重点強化を受ける最高ランクの特別A指定にノルディック・ジャンプ男子の伊東大貴(雪印メグミルク)と同女子で15歳の高梨沙羅(グレースマウンテン・インターナショナル)を選んだ。

 A指定はノルディック複合の渡部暁斗(北野建設)スノーボード・ハーフパイプの青野令(松山大)フリースタイル女子モーグルの伊藤みき(北野建設)の3人で、アルペン男子の湯浅直樹(スポーツアルペンク)と距離女子の石田正子(JR北海道)はB指定となった。

 女子モーグルの上村愛子(北野建設)と里谷多英(フジテレビ)はC指定。ジャンプ男子の岡部孝信(雪印メグミルク)は強化指定を外れた。

 アルペンの岩谷高峰ヘッドコーチら各種目のスタッフも承認を受けた。

[2012年7月13日18時54分] ニッカンスポーツ


関連記事
スポンサーサイト



東北地方の3スキー場、大阪で共同プロモーション

東北地方の3スキー場、大阪で共同プロモーション

【経済ニュース】 2012/07/13(金) 11:31

  東北地方の安比高原スキー場(岩手県)、蔵王温泉スキー場(山形県)、アルツ磐梯スキー場(福島県)の3スキー場は9日、大阪市で、旅行会社関係者を対象にした共同プロモーションを行った。各スキー場はそれぞれの特色などのほか、今年新たに始める取り組みを紹介。参加者との意見交換なども行い、スキー修学旅行やスノースポーツ旅行などによる送客を訴えた。

  大阪での3スキー場共同でのプロモーション活動は昨年に続き2回目。東日本大震災後の風評被害などの中、東北地方の中でも比較的規模の大きなスキー場が連携してPRすることで、東北地方のスキー場の多様性や魅力を強力に発信しようと実施している。

  プロモーションでは風評被害などで苦戦した昨シーズンの利用状況に触れた上で、それぞれの特色と今年のセールスポイントを発表。安比高原はアイフォン、アイパッド向けに、GPS機能を使いコース内での位置情報や施設情報を提供する、日本初のゲレンデガイドアプリの提供、蔵王温泉は新たなご当地キャラクター「じゅっきー」のデビュー、アルツ磐梯は子供向けアクティビティやコンシェルジュによるプレミアムサービスなどを備えた「アルツスノーアカデミー」について紹介した。

  各スキー場の発表後に行った意見交換では、出席者から仕向け地として競合する北海道に対する優位性を求める声や震災学習を実施できるか問う声などがあがった。これに対し各スキー場の代表者らは、「教育旅行でも使い勝手の良いリフト券の提案を約束する」「被災者受け入れの体験などを紹介できる」「近隣飛行場とスキー場を結ぶ送迎手段を臨機応変に用意する」と回答して、送客を積極的にサポートする姿勢をアピールした。(情報提供:観光経済新聞社)


「SPECIFICATIONS FOR COMPETITION EQUIPMENT AND COMMERCIAL MARKINGS」 EDITION 2012/13 (July 2012)

「SPECIFICATIONS FOR COMPETITION EQUIPMENT AND COMMERCIAL MARKINGS」 EDITION 2012/13 (July 2012)

2012-13シーズンの用品規格(確定版)ですね。

こちらからどうぞ。

B. Alpine Competition Equipment
Downhill, Slalom, Giant Slalom, Super G

Measurements are valid only if they have been carried out by appointed
FIS equipment measurement experts using official FIS measurement
tools.
Measurements are valid at the time of measurement, irrespective of
previous measurements.

1.Alpine racing skis

1.1 Definition
Skis, predominantly for use in Downhill, Slalom, Giant Slalom and Super-
G, racing on suitable terrain and utilising the force of gravity. In order to
allow transmission of lateral forces, the edges of the running surface of the
ski are made mainly of a hard material resistant to wear and tear.

1.2 Restrictions

1.2.1 Geometric features

Geometric features
For MAS racers the following specifications in regard to ski length (except
Super G), radius and profile width are recommendations. The minimum ski
length for Super G skis is compulsory for MAS racers.
No length, width or ski radius restriction for Ladies above 55 and Men
above 65 years of age.

キャプチャ

キャプチャ1

1.2.1.1 Ski length
Minimum length "developed" length (unwound length) in accordance with
ISO Norm including a measurement tolerance of +/- 1 cm. The ski length
must be marked on the ski.

Precision for the length of Slalom Skis:
When a ski tip different from the main body of the ski is used, the
measurement will only be taken into account to the extent it covers a
surface corresponding to the natural shape of the ski.
The manufacturer must mark the tip showing the limit of the natural shape
and thereby allow an easy measurement.
To prevent doubt, specific designs of ski tips as part of the main body of
the ski are allowed.

Recommendation for children younger than 12 years
For children younger than 12 years: Use only one pair of skis in all events
if the ski length is shorter than 130 cm.

1.2.1.2 Profile width
Minimum width of the running surface under the binding and in front of the
binding without any tolerance according to art. 1.2.1.2.1 and 1.2.1.2.2.

1.2.1.2.1 Profile width under binding
See table
1.2.1.2.2 Profile width in front of binding
See table

1.2.1.3 Radius
The radius must be marked on the ski.
Radius measurement for DH skis with a preparation tolerance of -1 m.

1.2.1.4 Overall height of sectional view
No limitations.

1.2.1.5 Camber
No limitations.

1.2.1.6 Contour, length and height of shovel
Slalom and Giant Slalom: minimum height per ski: 50 mm
Downhill and Super G: minimum height per ski: 30 mm

1.2.1.7 Contour of tail
Maximum height: 10 mm.

1.2.1.8 Running surface
No limitations

1.2.1.9 Running Groove
No limitations

1.2.2 Flexibility
No limitations with regard to the rigidity in all grades of flex.

1.2.3 Mass
No limitation with regard to weight and distribution of mass.

1.2.4 Construction

1.2.4.1 Type
No limitation with regard to composite structure.

1.2.4.2 Ski components
Running surface: no limitations with regard to material and dimensions.
Torsion box: no limitations with regard to material and dimensions.
Edges: no limitations with regard to material and dimensions.
Top surface: no limitations with regard to material and dimensions.
Core: no limitations with regard to material and dimensions.

1.2.5 Durability
With regard to the mounting of bindings, national norms and at least the
„Ö-Norm 4030“, i.e. the equivalent of DIN- and ISO-norms, must be
observed.

1.2.6 Additional equipment

1.2.6.1 No additional equipment is permitted which
a) makes use of foreign energy (e.g. heaters, chemical energy
accumulators, electric batteries, mechanical aids, etc.)
b) causes or intends to cause changes in the outer conditions of the
competition to the disadvantage of fellow competitors (e.g.
changes to piste or snow)
c) increases the risk to the users or other persons, when used for the
purpose for which it was intended.

2. Safety bindings
Safety bindings function as strain limiters. That is, these devices transfer
specific demands occurring during skiing to an acceptable limit, and when
this limit is overstepped, they release their firm hold on the ski.

2.1 Anti-vibration plates
Anti-vibration plates can be mounted if the following conditions are taken
into consideration:

2.1.1 Width of ski surface
The width of the plates must not exceed the width of the ski surface.

2.1.2 Maximum height
Maximum height (distance between the bottom of the running surface of
the ski and the ski boot sole) for all categories is 50 mm (Ladies, Men and
Children's).

2.2 Ski stoppers
The ski stopper is a braking apparatus for skis, the function of which
following the release of the safety binding is to stop or bring to a standstill
the loose ski within the immediate vicinity of the skier's fall. The use of skis
without ski stoppers during competitions or official training runs is
prohibited. The functioning of the release mechanism must not be
compromised by the method of its mounting. It is the manufacturers'
responsibility to ensure that the ski stopper functions correctly.

3. Ski boots
3.1 Ski boots are robust footwear developed specifically for skiing, offering
protection against jolts and bumps as well as injury from ski edges and
other external influences. The ski boot encloses the foot firmly, while at the
same time allowing the movement necessary for skiing techniques, in that
the ankle has the room it needs to flex, but at the same time facilitating the
transfer of every steering movement completely to the ski.
The relevant national and international guidelines and norms establish the
requirements.

3.2 Thickness of ski boot soles
Distance between the ski boot sole and the base of the heel including all
hard and soft parts:
Ladies, Men, U14 (K1) & U16 (K2) maximum 43 mm
Ladies & Men MAS maximum 45 mm (Recommendation)
Recommendation for children younger than 12 years
The height of the skis and the boots should be the same as in the
categories U14 (K1) and U16 (K2).

4. Ski poles
The ski pole is an item of equipment, the function of which is to aid the
skier and facilitate balance. National and international rules establish the
minimum requirements for ski pole tips, grips, shafts, baskets, straps,
length, etc. Owing to risk of injury, metal baskets are not permitted.

5. Racing suits
Competition suits and clothing worn underneath, such as undergarments,
etc., must have a textile surface on the inside and the outside. The
surfaces may not be plasticised or treated by any chemical means
(gaseous, liquid or solid) and must have a minimum permeability of 30
litres per m2/sec. Seams may only exist in order to join the portions of the
suit. Outer tucks and darts are not allowed. The suits must be equally
porous in all parts, both from the outside in and from the inside out.
Minimum air permeability is established whereby the unstretched fabric
must show a medium air permeability of a minimum of 30 litres per m2/sec
under 10 mm of water pressure.
Competitors are allowed to protect all parts of the body with so called
protectors in all events:

- In Downhill, protectors may not be integrated into the competition suit
itself.
- In all events these protectors must be worn underneath the plombed
racing suit. (Exception forearm protection used in SG, GS and SL and
shin protection used in SL)

Protectors must fulfil the 30 litre permeability rule with the exception of the
shoulder, scapular region, chest, arms and legs. The anatomical body
shape may not be changed.

5.1 Examination of materials, suits
The guidelines for minimum air permeability established by the Control
Procedures/Equipment Working Groups in collaboration with the Federal
Institute for Materials Control are valid. Multi-layered materials are
accordingly permitted for alpine racing suits and undergarments, as long
as they conform to the air permeability requirements in question.

6. Crash helmets
The use of crash helmets is compulsory for all events.
Only helmets are permitted whose shell and padding cover the head and
ears. The National Ski Associations are advised to provide their teams
only with crash helmets which satisfy the minimum requirements for the
respective event and which have been certified by recognised institutes.
Helmets with spoilers or edges that protrude are not permitted.
Certain helmets must show a smooth top surface for safety reasons.
Helmets used in FIS Snowsports shall be specifically designed and
manufactured for the respective discipline and shall bear a CE mark and
conform to recognized and appropriate standards such as CEE 1077 or
US 2040, ASTM F2040, SNELL S98 or RS 98, etc.
Soft ear protections are only allowed for SL events.
For World Cup events (DH/Super-G), the helmets must fulfil the following
specific additional requirement: the maximum deceleration measured
during the impact established based on the test described in the norm EN
1077 Class A must be equal or lower to 230g (NB: according to standard
EN 1077 Class A: equal or lower to 250g). The helmet must bear a
specific label / marking of minimum 1sqcm applied by the manufacturer on
the outside shell and stating “DH/SG“ confirming that such requirement is
fulfilled.

7. Ski goggles
Ski goggles are devices protecting the eyes against weather and rays with
optically correct lenses. Their aim is to guarantee good, contrast-free
visibility in all weather conditions. The use of ski goggles is recommended.
It is prohibited to reshape the ski goggles in order to obtain aerodynamic
advantages.

8. Ski gloves
Gloves offer protective covering against weather and external forces. The
wearing of gloves is urgently recommended. Reshaping the glove, the
application of a plastic coating on the outer surface, or the use of skai
(imitation leather) with the aim of attaining more aerodynamic features, are
not allowed. The glove must not reach beyond the elbow. Protective
padding along the entire length of the glove is permitted. The use of
protective guards in the form of shields, which are pulled over the glove, is
permitted.

9. Back protectors

9.1 Definition
The back protector is an additional item of equipment, which protects the
athlete’s back against weather and external forces.

9.2 Specifications
The back protector must adapt to the anatomical bend of the athlete’s
spine and lie flat against the body. The top edge of the back protector
must be situated in the area of the spinal column and may not go above
the 7th cervical vertebrae (C7). The maximum thickness must be in the
middle part and may not exceed 45 mm; the thickness reduces at the
edges of the back protector. Designs with the view to improve
aerodynamic properties are forbidden. The back protector must be worn
underneath the competition suit.

9.3 Recommendation for specifications for children
Children under 12 years should use back protectors, also for U14 (K1) and
U16 (K2).


Upgraded FIS mobile services

Upgraded FIS mobile services

FISのモバイルサービスが先週新しくなったとのこと。

様々なニュースが、モバイルでも見られるようになった他、ライブタイミングの充実など、ユーザーが使いやすいサービスを目指してきたそうです。

こちらからどうぞ。


actu_6003_newsletterleft.png

Last week marked the launch of enhanced features for FIS Mobile services!
Users can now follow the latest FIS, Alpine, Cross-Country, Ski Jumping, Freestyle and Snowboard news directly on their mobile devices without visiting the respective websites.

For the coming winter, FIS mobile services will be enhanced with live timing for Alpine, Ski Jumping and Cross-Country Skiing.

Since last spring, FIS IT has continuously worked on upgrading the mobile version of www.fis-ski.com including a more user-friendly interface and a new layout of the information.

To log on, users need to visit mobile.fisski.com, select the discipline of their choice and click on news which will provide them with an individual discipline icon. iPhone users can also get an individual home screen link icon.

Users can also sign on for the FIS competition calendar per discipline, in the iCalendar icons calendar format. It can be downloaded automatically when visiting the Calendar section of the FIS website per discipline.


Zahrobska 7月11日に脳下垂体の腫瘍摘出手術

Zahrobska 7月11日に脳下垂体の腫瘍摘出手術

7月11日に脳下垂体の腫瘍摘出手術を受けたそうです。

現在は、普通に話が出来る状態とのこと。

練習をいつ再開できるかについては、今のところ不明。

Zahrobska undergoes surgery to remove tumor

PRAGUE (AP) -- Czech skier Sarka Zahrobska has undergone surgery to remove a tumor on her pituitary gland.
Ceska Sportovni, an agency which represents Zahrobska, said Thursday in a statement that its client underwent surgery on Wednesday at Prague's military hospital and has since ''communicated normally.''
The agency said last week that the 27-year-old Zahrobska, the 2007 world champion, had to be hospitalized because of acute neurological problems.
It is not clear yet when Zahrobska will be able to resume training for next season.
Zahrobska took second place at the 2009 worlds and claimed bronze at the 2010 Vancouver Olympics but has been struggling the past two World Cup seasons.
She teamed up with Austrian coach Klaus Mayrhofer ahead of the new season.


メディア化した自分と「つぶやき疲れ」 ――情報発信できる喜びと苦悩の板挟みに惑う人々

メディア化した自分と「つぶやき疲れ」
――情報発信できる喜びと苦悩の板挟みに惑う人々


ソーシャルメディアが、誰でも情報発信できる時代をもたらした。
そのように言われてすでに久しい。情報発信することで、今まで知らなかったことも知れたし、ソーシャルメディアがなければ絶対に親しくなれなかった人とも「つながる」ことができた。何よりも、そうやってつながった人たちから好意を寄せられるという喜びも手に入れたんだ――。
だが、果たしてそれは「いいこと」ばかりなのだろうか。後ろ指を刺される恐怖、無反応がもたらす徒労感……。連載第3回は、希望と、その陰にある「発信疲れ」の正体を追っていこう。

1%ルール――誰が情報を発信しているのか?

 イギリスの電子新聞「ガーディアン・アンリミテッド」は「1%ルール」という経験則を提唱している。

 それは、インターネットに接続している100人のうち、自分でコメントを書いたり、映像をアップロードしたりするなりしてコンテンツを作っている人は1人程度しかいないというものだ。そしてうち10人がそのコンテンツに対してコメントしたり、引用したりしている。残りの89%はただ見ているだけ、という見方だ。

 しかし、ブログに始まりTwitter、Facebookで極まった「投稿の簡易化」と「反応しやすい仕組み」。それらが整った昨今、この1%ルールは少しずつ様相を変え、より多くの人が情報の発信者や広がりの主体者になり始めた。この流れのことを、ここでは「個人のメディア化」と呼んでおく。

 本格的な個人のメディア化。今がその入り口だとすれば、この流れは今後ますます進化を遂げていくと考えられる。一見希望に満ちたこの流れのどこに、ネガティブの要素があるというのだろうか?

(中略)

なぜ、ソーシャルメディアで情報を発信したくなるのか?

 老若男女を問わず、個人をメディア化することでエンパワーするTwitterやFacebookなどのソーシャルメディア。ではなぜ、これほどまでのインパクトを持ち得たのだろうか? 整理する意味でも、ブログと比較しながら見ていくことにしよう。

 第一に、発信(投稿)した情報に対する「反応」が、ブログ以上に生じやすい点が挙げられる。ブログでも、コメントを付けてもらったり、他のブログで自分のブログが引用されたりするという反応作用はある。しかし、ブログにたくさんのコメントをもらったり、他のブログに引用されたりすることがさほど簡単でないことは、ブログを書いたことがある人であればよくわかるだろう。また、そもそもコメント欄を閉じているものも多くあり、双方向という意味では少し物足りない、ということもあるかもしれない。

 一方、Facebookであれば「いいね!」ボタン、TwitterであればRT(リツイート)という形で、たくさんの反応を比較的簡単に得ることができる。この「反応を得られる」ということはとても重要なことで、次のような効果を加速度的に生み出す。

(1)情報発信(投稿)するモチベーションが高まる
(2)情報の拡散がされやすい(情報を他のユーザーが広めてくれやすい)

 そして第二に、FacebookやTwitterはブログほどまとまったことを書く必要がない。ブログでは必要な記事タイトルも不要で、投稿する文書も短文でいい(Twitterであれば140文字以内という文字数の制限すらある)。思いついた雑多なことでも投稿しやすく、写真やウェブサイトのリンクだけでもよい。

 しかも投稿した情報はあっという間に速い情報の流れの中を泳ぎ去ってしまう。その性質がゆえに、特定のURLに残り続けるブログで求められる思慮深さのような心理的障壁はだいぶ低くなる。

 このように、投稿の簡易性と反応の得やすさが相互に寄与し合って、ブログ全盛の頃以上に、個人が情報発信と情報共有をしやすくなったと言えよう。

 FacebookやTwitterのようなソーシャルメディアが世界中で普及し始めたことは、「発信すること」のハードルを下げ、個人のメディア化を加速させていったのだ。一部の人だけのソーシャルメディアという域を脱し、広く大衆に利用の裾野を広げていることで、その流れはますます加速し、とどまる気配がない。

メディア化した個人に振りかかる苦悩

 自由形競泳で英国代表としてオリンピックに出場するレベッカ・アドリントン選手(23歳)が、オリンピックの期間中はTwitterをやめると報じられた(注)。

 彼女は北京オリンピックで2個の金メダルを獲得した選手で、Twitterには5万人を超えるフォロワーがいる。そんな彼女がTwitterを止める理由は、「オリンピック期間中に、ネガティブなコメントへのストレスに対応したくない」のだとか。

 特に問題視しているのが、「外見などの自分ではコントロールできないことに対する意地悪なコメント」だ。オリンピックで2度も金メダルを取った優秀な選手でさえも、個人的な侮辱により傷つけられることは少なくない。

 さらにネガティブなコメントに限らず、すべての行動がずっと見られているという状態自体、精神的負荷を大きくしてしまうという。

 こういった話は、かつては有名人に限ったものだったろう。

 しかしソーシャルメディアを使うようになってから、「自分ではコントロールできないことに対する意地悪なコメント」や「すべての行動がずっと見られているという状態」に苛まれるようになった人は僕の周りも多いし、もしかしたらみなさんの中にもそれを自覚している人はいるかもしれない。もはや有名人に限った話ではないのだ。

 有名人は元来メディア露出が多い傾向があるが、一般の個人にとってそんな経験は、ソーシャルメディアが普及した今が初めてだろう。ここにこそ、自分が初めてメディア化したことによる苦悩の元凶がある。

 とはいえ一方で、人気の高いNBAのチーム「オクラホマシティ・サンダー」のジェームズ・ハーデン選手のように、プレイオフ中もずっとTwitterを利用し、コミュニティから元気をもらっている人もいる。

 そしてこれも同じく、有名人に限ったことではない。

 広く個人が、ソーシャルメディアの中でのコミュニケーションにより、励まされたり元気をもらえたりするのもまた事実なのだ。

 このように、いま人々は、ソーシャルメディアによって自分がメディア化したことがもたらす喜びと苦悩の狭間に立たされている。

 いっそのこと、TwitterもFacebookも止めてしまおう、そう思う人もいることだろう。しかしいざとなるとなかなか止められないのは、メディア化によって得られた喜びを忘れられないからだ。

ちょうどいい距離感の「つながり」を得るための「一時停止」

 むしろ怖いのは、自分が情報を発信できなくなること、情報を発信したとしてもそれが拾われず無反応であることであったりする。まるで自分という存在そのものが無視され、否定されたかのように感じてしまってはいないだろうか。

 ネガティブな反応をされることと同様に、TwitterのRTやFacebookの「いいね!」の数、すなわち反応のあるなしが気になり、反応がないことを知るたびに滅入ってしまい、徐々に発信していくのが億劫になり、気疲れを自覚していく。

 せっかく手に入れた希望だ。自分がメディア化した価値や喜びを享受しながらも、自分(の投稿)にネガティブな反応をされることと、スルーされることの2つの苦悩から脱却していってほしい。

 前者の苦悩への処方箋は、先ほど紹介したレベッカ・アドリントン選手のように、時に一時休止、休暇を設けることだ。それが許されることは当然の権利であるにも関わらず、許されない気がしてしまう、そんな錯覚に陥ることがある。だがそれは気のせいだ。そう、正々堂々と休めばいい。

 そして後者の苦悩への処方箋にも、それは適用できる。自分というメディアの力を過信しすぎないことだ。自分の発信がどれほど影響力あるかを問わないこと、つまり、たくさん反応を得ることを自分に課さないことだ。少なくとも、ソーシャルメディア以前は自分が情報を発信し、多くの人と共有できる環境などなかったのだ。それが叶うことの喜びを味わいつつ、反応を過剰に気にせず楽しみながら情報発信をすれば、ちょうどいい距離感の「つながり」を手に入れられるだろう。


検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -