ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

スキー場の集客力回復へ 養父で対策セミナー

スキー場の集客力回復へ 養父で対策セミナー

05216218.jpg
スキー場関係者を集めて開かれたセミナー=県立但馬長寿の郷

 スキー場の集客力回復策について考えるセミナーがこのほど、兵庫県養父市八鹿町国木の県立但馬長寿の郷であった。但馬内外からスキー場運営会社の関係者など約20人が参加した。
 リクルート(東京)の旅行情報担当部門「じゃらんリサーチセンター」が13日に開催。レジャー白書によると、スキー・スノーボード人口は、1993年の1860万人をピークに、最近では7割近く減少しており、冬季の旅行・レジャー需要を掘り起こすため企画した。
 セミナーでは、同センターが18~69歳の男女を対象に実施したインターネット調査の結果に基づき、「スキーは小学校卒業まで、スノーボードは社会人になるまでに経験しないと、その後始めることは少ない」と分析。「ある程度技術を身につければ、子どもを持ってからも新しい家族を連れてスキー場にやってくる」とし、学生や若い社会人、若いファミリー層をターゲットに集客策を考える必要性を訴えた。
 じゃらんは2011年度、来場した19歳のリフト券を無料にするキャンペーンを全国85カ所のスキー場と共同で実施するなど具体的な集客アップ策にも取り組んでいる。同キャンペーンに参加したおじろスキー場(香美町小代区大谷)を運営する「おじろ観光協同組合」の太田垣收事業部部長(47)は「来場者は年々減る傾向にある。業界全体で対策に取り組んでいきたい」と話した。
(西井由比子) 神戸新聞
(2012/07/16 09:15)


ドームの安田秀一社長兼CEO 「業績拡大でスポーツ振興に貢献」

Summer Ski and Snowboard Camps

夏に海外で開催されている主要なキャンプ(アルペン以外も含む)を集めたものです。

語学研修を兼ねるのであれば、こういうキャンプが良いかもしれません。

Summer Ski and Snowboard Camps

By Mike Doyle, About.com GuideJuly 15, 2012

The ski season doesn't have to end in the spring, and for skiers and riders who partake in summer ski and snowboard camps, it doesn't!

Summer ski camps provide a secure environment where campers can refine their skills while enjoying the summer snow. While most ski camps are designed for teenagers, there are many camps that offer adult-only sessions.

In parallel, most camps are designed for racers or freestyle skiing, but you can still find organizations that provide programs for all-mountain skiers of all ability levels. Here's a list of summer ski and snowboard camps, which are located across North America, in South America, and in Europe.


Dave Murray Ski and Snowboard Camp
Dave Murray Ski and Snowboard Camp is the longest running ski and snowboard camp, located in Whistler, in Canada. The organization operates out of a private glacier facility, and offers freestyle skiing, alpine racing, and snowboard camps. Children as young as seven are invited to attend, and there are adult sessions, as well. Beginners are welcome, and the camp has some of the best female coaches in the industry to cater to the girls in the camp. Camps run in late June and early July, for either five days (costing $1,195) or eight days (at $2,195).

The Camp of Champions
The Camp of Champions, in Whistler, B.C., has the largest private freestyle park in the world. Campers practice on the park from 8am-3pm each day, receiving coaching the entire time in a small group setting. Sessions are eight days long; overnight camps cost $1,885, day camps cost $1,485, and the "Park Access Only" camp sans coaching or accommodations costs $695. The camps run throughout June and July. Off-slope activities include skateboarding, BMX, dryslope sliding surfaces, and paint ball.

Evolve Chile
Evolve Chile, a ski and snowboard camp for teens, hosts camps throughout July and August. Most camps are for kids ages 13-18, but the organization offers an adults-only session as well. With a focus on terrain parks and big mountain skiing, campers are provided with pro-coaching. Bonus features of the trip include guest pro-coaching and team visits, surfing instruction, a mountain bike tour, and Spanish lessons. Most of the camps are around $2,000, though prices increase up to $3,200, depending on dates and type of camp.

Freestyle America
Freestyle America is the longest running free style camp in the nation, and its alumni included top-notch athletes, such as Vancouver Gold Medalist Hannah Kearney, and Junior World Slopestyle Champion, Jamie Crane-Mauzy. The organization offers summer snow camps in Whistler, B.C., which run in June and July for sixteen days, or eight. Freestyle America also has a freeskiing camp in Mount Hood, Oregon,, a trampoline training camp in Campton, New Hampshire, and a water ramp camp in Lake Placid, New York.

Mogul Logic Summer Ski Camp
Mogul Logic's freestyle skiing camp is based in Whistler, B.C. Campers receive on-snow training from top coaches, who focus on a safe and comprehensive progression from trampolines, to water ramps, to snow. Camps run in June and July, and there is even a week specifically for adults. Prices range from $1,500-$2m000 for kids' camps, depending on the package chosen. Adult camps start at "Coaching Only" camp for $2,800, to the deluxe "Platinum Package" at $10,500, which includes perks such as private accommodations, one-on-one private ski lessons with top-notch trainers, and complimentary fine dining meals.

Momentum Ski Camps
Momentum is a skiers-only camp, with a focus on free style. The camp has rails, parks, bumps, jumps, and steeps for its skiers, with a focus on safe learning progression. Based out of Whistler, B.C., Momentum offers slopestyle and halfpipe camps, moguls camp, a girls only camp, and adult camps. Camps run in June and July for eight or nine days, ranging from $1,300-$2,000 depending on which package you select. You can purchase a full package, or an skiing-only package that excludes activities, accommodations, meals, and airport transfers.

Mount Hood Summer Ski Camp
Mount Hood Summer Ski Camps, located in northern Oregon, has been hosting ski and snowboard camps since 1979. The camps - which include a ski race camp, mogul camp, free style camp, and camps for boarders - are one week long and run all throughout June, July and August. The organization offers dates in the spring and fall, as well, and camps cost between $600-$1,200, depending on the date. In addition to on-mountain training and fun, campers enjoy afternoon activities, such as white water rafting, rock climbing, hiking, mountain biking, wind surfing, and paintball. Camp alumni include Ted Ligety and Julia Mancuso, both gold-medal winning ski racers.

Mount Hood Saas Fee Camp
Mount Hood Summer Ski Camps also hosts camps in Europe. Operating in early September, Saas Fee Ski Camps are more of an early autumn session than a summer one, but campers are still treated to great snow - which they wouldn't be able to access in most other ski resorts - in the Oberwalis region of Switzerland. The camp is for ski racers only, and is open to both children and adults, though kids under 15 must be accompanied by a parent. The camp offers top-notch race training of the intermediate and advanced variety.

National Alpine Ski Camp
National Alpine Ski Camp offers summer ski camps at Mount Hood, Oregon, and a Thanksgiving ski camp at Copper Mountain, Colorado. The camp, which centers around ski racing, has produced more past and present U.S. ski team members and coaches than any other commercial ski camp. Campers train with some of the best coaches and trainers, and recreational activities include rock climbing, windsurfing, rafting, swimming, hiking, ball sports, and dry-land training. Most camps are ten days long, though the organization also offers seven and twenty-one day camps. Prices range between $1,395 and $1,695.

Planet Ski International
Planet Ski International offers on-snow freestyle and mogul camps in Whistler, B.C., and ramp training camps in Lake Placid, New York. Mogul and freestyle sessions are available in June and July, for either eight or sixteen days. PSI offers ramp camps in Lake Placid all throughout the summer, and the organization sometimes offers mogul camps in Australia and New Zealand. All participants must be members of the USSA, the national governing body of Olympic skiing and snowboarding, and the PSI provides instructions for USSA registration if skiers aren't already signed up.

Red Lodge International Ski and Snowboard Camp
Red Lodge International Ski and Snowboard Camp, located 23 miles southwest of Red Lodge, Montana, offers training lane space for giant slalom and slalom racers, terrain parks, and big mountain features with steeps, cliffs, and cornices. While the camp is not a formal "camp," per say, it is in fact open for the public from April to July. Rates are $45.00 per ticket with a lane and park fee, with one free coach's ticket per 8 athletes, making it ideal for ski teams.

Sass Global Travel
Sass Global Travel is less of a typical "camp" and more of a travel organization, but they offer guided tours in Barlioche, Argentina for adults, college students, and kids. The sessions, which run throughout the entire summer, are designed specifically for each age group, though all cater to safety, fun, and learning, thus lending to the camp environment. The trips are primarily for advanced intermediates, and although backcountry experience is not required, it is helpful given the terrain in Argentina.

Ski Camps, Inc.
Ski Camps Inc. offers summer ski camps with Gold Medalist Ted Ligety and Bronze Medalist Andrew Weibrecht. The camps are based in Mount Hood, Oregon, and two one-week sessions are offered in June and July. Costs range from $1,475-$1,695, depending on which session you choose and when you register.

The Sports Club International Ski Camp
The Sports Club International Ski Camp, specifically for serious ski racers, is based in Whistler, B.C. For ages 9-15, the camp is primarily race oriented, but outdoor recreational activities are offered as well. Sessions run throughout July; a one-week camp costs around $2100 and a two-week camp costs approximately $4000. SCIC also offers ski race camps for kids and parents together, a late August camp in Chile, and an Thanksgiving camp in Colorado.

Windells Year Round Action Sports Camp
Windells hosts freeski camps, both overnight and day-only, in summer and spring. Windells' campus have premiere indoor training facilities, and on-slope parks at Mount Hood, Oregon. Camps run for seven days in April, costing $1,400 for overnight and $899 for day camps. Summer sessions run throughout the entire season, ranging from $1,600-$2,000, depending on which camp you choose.

Woodward at Copper's
Woodward at Copper's summer ski camp includes on-snow instruction and indoor training in their state-of-the-art "barn" facility. The camp's sponsors routinely bring in pro athletes to help out at the camp, and even X Games gold medalist Bobby Brown has taken part in the activities. Camps run for week session throughout June and July, with shorter durations available for kids age 8-12 and adults. Day camp prices are around $850, and overnight camps will cost you anywhere between $1,000 and $1,800, depending on the date. The camp is based in Copper Mountain, Colorado.

雪上に戻る時期

雪上に戻る時期

US女子チームは、来週からニュージーランド、コロネットピークで、5月以来となる雪上練習を再開。

スピードチームはGS、テックチームはSLに集中。

多彩なWC大会コースをシミュレーションするため、インジェクションしたコースを最大5レーン使う。

女子チームは、少し前にNZに到着したが、雨で雪が溶けてしまって滑れない模様。
Lindsey Vonn
Arrived in New Zealand and heard the snow was amazing...3 days ago. Then it rained. Now there's no snow. Spectacular. Come back winter! Ugh #needsnowASAP


一方、スイス女子チームは、本拠地のツェルマットで。

先週から練習をしているカナダテックチームと合流する。

イタリア女子チームは、7月22日にアルゼンチンに。

Irene Curtoniに関しては、持病のぜんそくを考慮して、9月の2回目のアルゼンチン合宿から合流とのこと。


Time to return on snow

Friday 13 July 2012

The U.S. ladies' team, including Lindsey Vonn and Julia Mancuso are on their way to their first on-snow camp since May that will start next week at Coronet Peak in New Zealand. Their annual multi-week summer session is heavily focused on technique with gate training almost exclusively locked on giant slalom for speed skiers, while technical skiers will also work on slalom. Both groups will test numerous ski, boot and binding set-ups throughout the camp. The landscape of Coronet Peak allows U.S. coaches to train athletes on up to five different slopes each injected with water to varying degrees in order to mimic a multitude of different Audi FIS Alpine World Cup race conditions.

Meanwhile the Swiss ladies are going to the home glacier in Zermatt (SUI) to return to on-snow training next week, joining the Canadian men's and ladies' teams on the tech side who are already training there since last week.

The Italian ladies will be leaving for Argentina on 22nd July. Besides Elena Curtoni, Federica Brignone, Manuela Moelgg, Denise Karbon and Lisa Agerer, Nadia Fanchini who is now fully recovered will also participate in the speed camp in La Parva, even if she still needs to take it easy a bit.

Italian ladies' head coach Raimund Plancker is happy about the improvement in the situation of Manu Moelgg who has done a lot of therapy and will be able to join the Ushuaia trip. Irene Curtoni will only join the second training camp in Argentina in September. "Irene has chosen to stay in Europe because too much travelling may increase her problems with asthma which she has had for a while," explained Plancker.

「イタい言動」をする有名人たち。そこから「幸せな生き方」を考察する

「イタい言動」をする有名人たち。そこから「幸せな生き方」を考察する

山田君 博士~。なんか面白いネタ、ないっすかね。ネタが欲しいんです。

博士 ついに君も、暇つぶしに僕の研究室に来るようになったか。
じゃあ、これを見たまえ。

山田君 ?
「ベストセラー作家だけど質問があるよ?」
なんですか、コレ?

博士 あの大ベストセラー「もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーのマネジメントを読んだら」の作者、岩崎夏海氏のブログだ。
10月19日にエントリーした「ベストセラー作家だけど質問があるよ?」という記事がこれだ。

何でぼくのことを承認欲求の強い人間だと思うの?
何でぼくがブックマークのためにブログを書いてると思うの?
なぜぼくの悪いところだけを取りあげて良いところを見ようとしないの?
なぜぼくのことを偉そうと批判する人ほど偉そうなの?
なぜ ぼくのことをスティーブ・ジョブズのような人間だと思わないの?
・・・・・
(一部抜粋)

こんな感じで19の質問が書かれていて、そのあまりのトンでもなさが、ネットの一部で話題になっている。質問のほとんどは自分を認めない、あるいは攻撃してくる人たちに向けたものらしいのだが。

山田君 こ、これは・・・。

博士 「それ、本気で言っているの?」と20番目の質問を加えたくなる内容だろ。

24日には、この質問記事の意図を補足するような記事を上げているが、これも
『日本の異能 岩崎夏海氏「ベストセラー作家から炎上ブロガーへ。転落+復讐こそ作家の歩むべき道」』
と、なかなかすさまじい。自分で自分のインタビュー記事を書いているんだな。

山田君 読んでると、こちらが苦しくなってくるような......。

博士 ああ、そうだ。ひとことで言ってしまうと痛々しい

山田君 なんでこういうことになってしまうんでしょうねえ。

博士 ある特定のパーソナリティを持つ人が、何かのきっかけで一気に注目を浴びた時におちいる病(やまい)だ。古くは今井メロ。覚えているか?

山田君 なんでしたっけ?

博士 スノーボード・ハーフパイプの女子選手で、自作のラップを披露していたな。その直後、トリノオリンピックのハーフパイプで2度こけて、予選敗退。その後のブログ更新が一切なくなった。2006年の出来事だ。

山田君 そのラップって、確か、「ワンワン、ツーツー、スリースリー、フォーフォー! ガンガン ズンズン グイグイ 上昇!(中略)戦場・炎上・技・特上! 燃えた瞳が物語る 強い味方がmellowな売り♪ 夢に向かってフルパワー!!!」ってやつでしたっけ?

博士 覚えていすぎだろ!!

他にもそのような人はいる。たとえば、かつての亀田兄弟...。それから、かつて出家した保阪尚希。 かつての和泉元彌(いずみもとや)、それからかつて"ビッグ発言"をした田原俊彦。

山田君 そして、かつてのミッチーとサッチー。

博士 勝手に付け足すな! まあ、枚挙にいとまがないだろう。

彼らは自分が物語の主人公になってしまっているんだな。
自分の行動は注目されている」、「自分の行動は世間から求められている」そう思い込んでしまっている。

世の中は特別注目していないのにだ。
だから痛々しい


山田君 調子に乗ってるってことですか?

博士 そうでもない。
意外と本人は、そのことに苦しんでいたりもするんだ。

こういう痛々しさを持つ人というのは一般にもいて、時々僕のところへ相談にやってくる。 そういうタイプの人の相談を聞いていると、「自分」においている比重がものすごく大きいことがわかる。

一言で言うと、世の中が自分中心に回っていると思っているんだ。

山田君 自己中ってことですか?

博士 自己中心的=自分勝手だとするとそれとはちょっと違う。
こういうタイプの人は、自分の存在そのものが他人に大きな影響を与えると思っている。そして、他人はみな自分の一挙一動に関心があると信じている。

それは、たとえば次のような形で現れたりする。

飲み会で1次会が終わり「2次会行く人いる~?」と誘われる場面があるだろう?
そういう時に、このタイプの人は明日朝イチから仕事でも、少々体調が悪くても「帰ります」と言えなかったりする。

また、友人同士で遊びに行くのに車が必要だとする。その時に「誰か車出せる人いないかな?」と言われて誰も手を挙げなかったら、本当は車を出したくなくても手を挙げてしまう。

自分がここで帰ったら、自分がここで手を挙げなければ、物事が進まないんじゃないかと思ってしまうんだ。

山田君 いい人じゃないですか!

博士 そうだな。ただ、そんなことをしなくても物事は進んでいくんだよ。
自分が行かなくても2次会は楽しく行われるし、自分が車を出さなくても誰かが出したり、借りたりすればいい。
でも、このタイプの人たちは、自分がつねに物語の主人公だから、自分がいないと何も進まないと思ってしまうんだ。

山田君 なるほど~。

博士 だから逆に、2次会にみんなが参加するのに、そいつだけ「俺は、そういうの嫌いだから」と理由も無いのに、敢えて参加しなかったりもする。車を出せる状況なのに「誰かが俺に頼んだら、出すことを考えてもいい」なんて思っていたりもする。

自分の1つ1つの言動が、周りに多大な影響を与えていて、周りが自分の一挙一動を気にしていると信じているから、そういうマインドになる。

しかも、そのような言動をしたあとで、「みんなは僕の言動をどう思ったんだろう」と気になって仕方がなくなる。

いつも勝手に苦しんでいるんだな。

山田君 そのような人が、世間に持ち上げられると、あんな風に痛々しくなるんですね。

博士 その通り。

一般に「痛い発言」の多くは、若い時にされる。自意識過剰な状態は、若い時になりがちだ。天才的ラジオパーソナリティの伊集院光は、この辛い自意識過剰な状態を「中2病(ちゅうにびょう)」と名付けた。中学2年生くらいに誰もがなる状態ということだろ。

山田君 でも、もしドラの作者は43歳です。

博士 彼は中2病をこじらせたのだ。

山田君 1つ質問があります。

博士 なんだ?

山田君 そのような人は、たとえば「けん玉・高度テクニックへの道」みたいなブログを書いて、人気がでると調子に乗ったりしますかね?

博士 そのような人は、人気が出れば、当然調子にのってしまうだろう。

山田君 そのような人は、人気が出れば、「けん玉のテクニック」だけじゃなく、自分の今日のファッションや、自分の恋人との幸せな日々を自慢気に書き綴ったりしますか?

博士 十分にありえる。

山田君 そのような人は、ブログに書くネタがなくなっても、「ファンが待っているから」と、必死になって新しいネタを探しまわりますかね?

博士 誰も期待なんてしていないのに、必死になってネタ探しをするだろうな。

山田君 そして、誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)を某掲示板で受けていたりするんですよね。「お前のファッション興味ないし、w」「どうせエア彼女だろ」「写真見つけた、超キモイ、w」なんて。
そのような、勝手に苦しむ痛々しい人になんて言ってあげますか?

博士 前回 も言った通り、彼らに助言をする必要はないが、こう言いたい。

君は苦しんでいる。苦しんでいる上に、人からは痛々しいと思われている。1つもいいことはないから、今すぐやめたまえ」だ。

山田君 それで、気が楽になりました。

博士 おまえの事かい!


博士からの勝手アドバイス

世界における自分の比重の小ささに気づけば、「痛い人」から卒業できる




ハハハ、面白い分析ですね。

山田君の気持ちもわかるような気がします。(笑)

スザンヌ・リーシュ 再び膝の手術へ

スザンヌ・リーシュ 再び膝の手術へ

ある角度以上膝を曲げると、膝の横、内側に痛みが出る。

来週月曜日に手術予定。

(マリアリーシュの妹である)スザンヌリーシュは、2011年9月にチリ合宿で左膝を大ケガ。

3度の手術とリハビリを経て、再起を目指している途中。

Another knee operation for Susanne Riesch

Saturday 14 July 2012

As Susanne Riesch crashed in speed training in Chile in September 2011 she already presumed that she would miss the 2011/12 season. A fracture in her left tibia, a tear in the ACL and meniscus injury required not only three operations but also very intensive rehab.

Last months have seen tough training to prepare for the World Championship season 2012/13. However, persistent rumors about another knee operation started to make the rounds following the third training camp for the DSV Alpine ladies‘ team in Hotel Stanglwirt in Going near Kitzbühel last week. Susanne Riesch commented the situation in an interview with Skiweltcup.TV on Saturday.

For the German original please click here.

Hey Susanne, this week your fans and we heard a rumor about another operation scheduled for Monday.

Susanne Riesch: Yes it is correct that I unfortunately need to have another operation on Monday. I can train well and a lot (road bike, stationary bike, core and upper body), but I have massive problems in strength training. When I bend my knee beyond a certain point, I get a pain from the side of the knee inwards. What the problem is no one knows for sure.

You will need to skip the first snow training in Zermatt.

I cannot even think of skiing at this time and that is why I chose to have the operation. The doctors are also considering if it is the metal (screws and plates) thatt is causing the knee pain.

Do you have a plan for the next few months?

The operation is on Monday during which Dr. Münch is going to remove the metal and conduct an arthroscopic measure. The bone will then need another 6 weeks before it can bear weight again, but I think after 2-3 weeks I can begin with some easy endurance training. I would like to be back on skis at the beginning of October, but I need to wait to know for sure as that is a long time from now and much can happen.

Courtesy of Skiweltcup.tv


河田孝文 「日本人の道徳観を読み解く②」

河田孝文 「日本人の道徳観を読み解く②」

一 儒学と幼学綱要

 現在の道徳教育に深い影響を与えているのが『幼学綱要』だ。道徳教育というと「学校での教育」を頭に思い浮かべるだろうが,学校以外でおこなわれる道徳教育が圧倒的に多いだろう。両親から「人間なら~しなければ」と説かれる,近所のおじさんから「男なら~だろ」と励まされるというように,小さな時から自然に空気を吸い込むように社会の中にある道徳観を吸い込んで子どもは育っていく。我々のまわりにある,我々を包み込んでいる空気のような道徳観は,マスコミによってつくられることもあるし,よく売れている本や雑誌によってつくられることもあるだろうし,最近では2チャンネルなどのネットでの議論によって形成される場合もある。しかし,それらの空気のような道徳観の根っこにあるものがある。子どもを諭す両親や,口うるさい近所のおじさん,マスコミでしたり顔に話すコメンテーター,ネットで自らの論を展開する人達へ影響を与えているものがあるのだ。
それが『幼学綱要』だ。
『幼学綱要』は全七巻からなる本だ。筆者は,元田永孚
「国民道徳」から儒教的色合いを除きたいと頑張った森有礼とは対極をなす人物だ。
元田は,「儒教道徳」こそが,国民道徳だと信じていた。そして,皇室への崇敬を国民に求めた。元田は,「修身」=「治国」として,修身と名を借りた儒教道徳の国民への広まりを重視した人物である。
その元田が編修している『幼学綱要』はまさに儒学そのものだ。
教育勅語は,『幼学綱要』がもとになっている。『幼学綱要』は,徳目を20にまとめている。全七巻のすべての巻頭にこの20の項目が載っている。「孝行・忠節・和順・友愛・信義・勤学・立志・誠実・仁慈・礼」がその徳目だ。
明治12(1879)年,学校生徒の学力衰退を憂慮した天皇の意向をうけ,日本独自の教育に関する文書『教学大旨』を提出。日本における教学の要を論じた前段と,小学校における教育の実情について留意すべき二条項を述べた後段から構成され,終始儒学に基づいた仁義忠孝の精神を力説した。
明治14(1881)年にはこの『教学大旨』をもとに『幼学綱要』が編纂され,さらに明治23(1890)年の『教育勅語』発布へと展開していくことになる。教育勅語は,敗戦の昭和20年まで日本人の道徳観形成していくわけだが,その大本は『幼学網要』であり,『幼学網要』の大本は元田の学んだ和製儒学(主に水戸学をもとにしたもの)なのである。

儒学

幼学綱要

現在の日本人の道徳観


この『幼学綱要』の教科が日本人に与えた影響が大きいために,日本人の道徳観は,儒学的道徳観が多くを占めている。
しかし,日本の長い歴史のおいては,儒学の影響を受けている期間は長くはない。儒学の思想は古くから日本に入ってきてはいたが,多大な影響を与えるようになったのは江戸時代だ。江戸幕府は「修身・斉家・治国平天下」,すなわち「身をおさめ,家を斉(ととの)え国を治めれば,自ずと天下は平らかになる(世の中平和になる)」という朱子学の定理にのっとって国を運営した。家臣が主君に忠義を尽くす「忠」,武士道にのっとり主人の仇を討つ「義」などは,みな「和風儒学」のキーワードだ。そして,日本人全部の共通する道徳観として根付くのは明治以降のことなのだ。
日本人に,「和風儒学」の精神を浸透させるのに力を発揮したのが『幼学綱要』である。

二 幼学綱要の徳目

 幼学綱要には,20の徳目が収録されている。規範意識が低下した現在,国民全員が精いっぱい生きていた明治時代の規範基準「幼学綱要」を見直し,指針とするときである,

① 孝行〔親の恩に感謝する〕
② 忠節〔国に忠節をつくす〕
③ 和順〔夫婦はむつまじく〕
④ 友愛〔兄弟姉妹は仲よく〕
⑤ 信義〔友人は助けあう 〕
⑥ 勉学〔まじめに勉強する〕
⑦ 立志〔決心を固める  〕
⑧ 誠実〔何事もまじめに 〕
⑨ 仁義〔人を助ける心  〕
⑩ 礼譲〔礼儀正しく   〕
⑪ 倹素〔無駄遣いをしない〕
⑫ 忍耐〔耐え忍ぶこと  〕
⑬ 貞節〔節操を守ること 〕
⑭ 廉潔〔正しく潔白なこと〕
⑮ 敏智〔機敏に知恵を出す〕
⑯ 剛勇〔強い勇気を持つ 〕
⑰ 公平〔えこひいきしない〕
⑱ 度量〔こせこせしない 〕
⑲ 誠断〔正しく判断する 〕
⑳ 勉職〔職場に専念する 〕


 現代社会で必要であるにも関わらず希薄になった徳目がたくさんある。TOSS道徳は,現代版幼学綱要の提案を検討中である。


河田孝文の教育実践サイトより

たしかに、尊敬される人間は、上の20項目の行為を自然に行っているように感じます。

この儒教的道徳観は、特にスポーツ指導者や選手に強い影響を与えていると思います。(元監督や萩原さんのインタビューにも感じます)

加えて、小学生でしたら、きちんと挨拶をする、元気に返事をする、時間を守る、嘘をつかない、などもコーチから指導されていると思います。

もう少し大きくなったら、「みんなが自分の都合ばかり主張していたら、クラスがまとまらないよ。みんなで少しずつ譲り合うことが大事」とか学んでいくのだと思います。

基本的に両立しない関係の「全体の利益」と「個人の利益」のうち、戦前は儒教的道徳観が主流だったので、「全体の利益のために個人の権利を制限する傾向」が強く、戦後はアメリカ的個人主義、自由主義の影響で、「個人の利益を主張するのが正しい権利」と変化してきたように感じます。

最近の反原発運動は、まさにこの「個人の利害」を強く出している感じです。

傾向としては、反原発のみならず、市民主義的、生活密着型、反大企業、反政府、左翼的、常に被害者、常に批判者、常に反対派、という共通するスタンスを取りがちに感じます。


以前は、国の政策は、エリート官僚がその時の状況や将来の方向性を考えて立案する役割を担っていました。

政治家は、各種団体の利益代弁者として、その団体に有利になるような主張を行い、官僚が作成した(たぶん一番まともな)素案を「修正させる」ような圧力を掛ける役割だったと思います。(修正=「勝ち取る」感覚)

ある時から、政治家が「架空の民意」を持ち出して、その感情的な反発や憎悪を利用し、官僚を悪玉に仕立て上げ、「民意=正統性」が自分たちにあるとして「政治主導」を強引に行うようになってきました。(小沢さんは、その過程で中心的役割を果たしました)

マスコミも、ここぞとばかりに「架空の民意」を利用して、自分たちの主張を通そうとしています。(彼らは、自分達は裏で政治を操る役割と考えているようです)

政治家は、元々が単なる圧力団体の代弁者ですから、国の政策を作れるような能力があるはずもなく、しかし、力だけは持つようになりましたから、それを(結果として)間違った判断に使っているというのが最近の状況だと思います。

まあ、端的に言うと能力のない者が力を持つと国が壊れるという典型例(例えば、菅さん)だと思います。

問題は、政治家やマスコミが利用している「架空の民意」に基づくバッシングのせいで、日本の最優秀層が中央官僚になりたがらない傾向が出始めていることです。

これこそ、将来的な日本の「終了」につながる要因と思います。

儒教道徳的に言えば、政治家やマスコミは、(身の程を知り)「節度をわきまえろ」とでも言うべきところでしょうか(笑)

TURNING POINT 萩原智子さん [元水泳選手]

萩原智子さん [元水泳選手]

TURNING POINT, 水泳 2008年07月01日

tp-wt012-tomokohagiwara-01.jpg

1.中学、高校時代の萩原選手

─中学、高校時代、萩原さんは学校の部活動で水泳部に所属していたのでしょうか?

萩原智子さん 水泳部もありましたが、学校にプールがないので、それぞれのスイミングクラブで練習していました。放課後に学校で練習するいわゆる部活生活とは違いますが、一緒に練習しているのは小さい頃からやっていた仲間ばかり。朝から練習をして、学校でのクラスも同じ、それからの練習も一緒なので、家族よりも長い時間を過ごす大切な存在でした。
水泳部以外でも、高校で3年間同じクラスになった体操部の友達との出会いという財産もありましたね。彼女も当時の私と同じように日本一を目指していたのですが、それまで「日本一」を目指している人は周りにいませんでした。同じ目標を持ち合える存在だから、いろいろな話をしたし、お互い励まし合って3年間頑張れたのだと感じています。

──実際には1日にどれぐらい練習していたのでしょうか?

萩原智子さん 中学に入った頃は、朝練習が週6回ありました。5時にプールに行って、5時30分から8時ぐらいまで練習。放課後は17時30分から21時ぐらいまでプール。その繰り返しでしたね。一度冬場の苦しい練習をしていたときには、プールに行ったら私とコーチしかいなくて、2人でプールにかけた重たいシートを30分ぐらいかけて引き上げたこともありました(笑)。
実は中学時代には私もサボったことがあって、あまりにノルマがきつかったので、わざと目覚まし時計をセットしませんでした。そうしたら朝6時頃コーチから電話がかかってきた。当然怒られると思いますよね。そうしたら「どうした? 何かあったかと思って心配したぞ」と言われたのが逆にショックでした。私もつらいけれど、コーチも毎日の朝練習前にはみんなが寒いだろうからと、もっと早く着てボイラーを炊いたりしてくれているのに、そういう気持ちも全部裏切ったと思いました。
目標を立てて頑張るとしているくせにサボったこと自体にも後悔の念があって。それからすぐにプールに行って練習をしました。あの頃のことは、とても印象深いですね。

2.インターハイ3連覇!!!

──萩原さんは小学校6年生から「日本選手権」に出場されています。日本トップ選手として大会に出場しながら「インターハイ」に臨むわけですが、インターハイは萩原さんにとってどのように位置づけられていたのでしょうか?

萩原智子さん 高校のインターハイだけは特別でした。「インターハイ」というブランドがあるし、そこで優勝することが夏一番のメインイベントでした。日本選手権も勝ちたいけれど、インターハイはそれ以上に勝ちたいと思っていましたし、ステータスがありました。

──その舞台で3年連続優勝なさっていますね。

萩原智子さん よくご存知で(笑)。その時々で、いつも思い出があります。
1年目は地元の山梨開催だったのですが、インターハイの意味もわからず、ただの全国大会だと思って泳いで何が何だかわからないまま勝っちゃった。
2年目になるとインターハイの重みを実感していたうえで「勝ちたい」と思っていたから、気持ちに余裕がありませんでした。スイミングクラブのコーチは、高校の教諭ではないのでインターハイには同行できません。不安で仕方なかったので、試合前に泣きながらコーチに電話をしたら「やってきたことをそのままやればいいし、勝てなくても誰もお前を責めないから」と言ってくれた。その言葉がありがたかったですね。自分にも期待しているけれど、周りを気にしすぎていたので、そのひと言で楽になれました。
3年目はなぜか自信がありました。3年生の貫禄なのかな(笑)。試合の1週間程前に高熱を出して調子が悪かったのに、それでも「私は勝てる」と思っていたし、「勝たないといけない」というのがプレッシャーではなく、いいモチベーションになっていました。3連覇できたのが何より嬉しかったですね。たまたまそのときに、顧問の先生が入院していたので、みんなで「先生のためにも頑張ろう」とまとまって、ものすごく青春していましたよ(笑)。

3.スランプからの脱出

──では当時を振り返って、つらかったことは何でしょうか?

萩原智子さん ベストが出なかったことです。インターハイで勝負に勝つことはできましたが、タイムは全然よくなかった。中学3年のときに出した記録をずっと破れなかったのが苦しかったです。タイムが出ないと、気持ちもなかなか前に進めないし、どうしたらいいかわからない。当時はコーチとも随分とぶつかりました。中学3年で出したタイムが歴代2位だったので、周りも「オリンピックだ」と騒ぎ立てたし、私自身も「あのタイムを出したから、もう練習しなくても大丈夫」と天狗になっていました。でもコーチはそういう私の態度もわかっているから、本気で怒るわけですよ。プールで泳ぐ私に向かって投げてきたビート板を、拾って投げ返していたし、「帰れ」と言われたら「ラッキー」と思って帰ってしまうし(笑)。今思えば最悪ですよね(笑)。
でも、結果としてはそれだけぶつかり合う時間があったから、コーチとの信頼関係を築くことができたのだと思います。もちろんぶつかるだけがいいということではありません。私がそうだっただけで、それぞれによってその方法も違います。大切なのは、お互いが向き合えるための時間だったと思います。

──確かに、指導者と選手の信頼関係は大切ですね。

萩原智子さん 最近の話を聞いていると、高校生や中学生に嫌われたくないから怒らない指導者が増えているのかなと感じることがあります。私の場合はコーチが真剣に怒ってくれたから、水泳に対しても正面から向き合えたし、自分にとって大きな存在なんだと確認作業をすることができました。
怒られたり、何かを言われると落ち込むこともありますが、そこで考えることが大切だったし、天狗なままでいたら、確実に今の私はいない。コーチだけでなく、苦しいときに私が「水泳をやめたい」と言ったら、本気で怒ってくれた友達もいました。そういう1つ1つのことが嬉しかったし、支えられてきたのだと思います。

──苦しいことがあってもやめずに続けることができた理由は、周囲の力が大きかったということでしょうか?

萩原智子さん その通りです。私は本当に周りの人たちに恵まれていて、家族、友達、コーチ、みんなに支えられていました。家族にはプールに行くために毎日送り迎えをしてもらったり、お弁当をつくってもらったり。タイムが出ない苦しいときだからこそ試合に応援しに来てくれたり。いつも助けられていました。
でも、ありがたかったのは、支えることの1つとして私をきちっと怒ってくれたことです。たとえば、テストでとんでもない点数を取ってしまって、それを隠していたら(笑)、母が「こんな点数を取るなら、もう水泳なんてやめなさい。水泳しかできないなら、続ける意味がないでしょ」とものすごく怒って。それからは必死で授業を聞いて勉強しました。
周りの人たちがいなかったら、確実に水泳をやめていたと思います。

4.萩原智子のターニングポイント

──では、そのなかで萩原さんご自身の「ターニングポイント」を挙げるとしたらいつでしょうか?

萩原智子さん 中学3年から高校1年の反抗期時代を経て、高1の夏に迎えたアトランタオリンピックの選考会です。それまでは「オリンピックに出たからって、それが一体何なの」と言っていたし、言葉では「オリンピックを狙う」と言っていたけれど、実際にそれが何かはわかっていなかった。それだけの覚悟もありませんでした。でも、アトランタの選考会を3位で終えて、それからベストも出ないし、勝てない。そこで本気になりましたね。大げさではなく、高校1年の地元インターハイで優勝したときに、「アトランタ(オリンピック)に行かなくてよかったな」と思いました。「今の私は、オリンピックに出る選手じゃない。この時間があって本当によかった」ということを強く感じました。その時点で次のシドニーオリンピックが見えていたわけではありませんでしたが、目の前のことを1個1個やっていかなければダメだと思ったし、コーチとも話し合ってこれからどうするか、どうしたいかということを真剣に考えた時期だったと思います。

──うまくいかなかったからこそ、多くのことが見えたわけですね

萩原智子さん ピンチはチャンスになると思います。失敗や苦しいことがピンチなのだとすれば、そこから得るものは、次は絶対にいいことになる。ダメなときほどチャンスに変えられる。うまく行かないときはバネをグッと縮めておけば、ジャンプアップできるときに思い切り伸ばすことができる。
私もあの頃、その時間を過ごすことができていなければ、それから記録を伸ばすことも、オリンピックに行くことも、大学院まで水泳を続けられることもなかったと思います。

──では最後に、現在部活動を頑張っている中学生・高校生へ萩原さんからメッセージをお願いします。

萩原智子さん 私も当時は散々苦しみましたし、そのときは「自分だけが苦しい」と思ってしまいがちですが、決して1人じゃない。苦しいときこそ周りへ目を向けて、いろいろなスポーツやいろいろな分野の人たちと交流することで、見えてくるものが絶対にあると思います。そういう出会いを大切にしてほしいし、繰り返すようですがピンチはチャンスだから、自分の夢があるなら思い続けること。苦しいことがあれば絶対に笑えることがあるし、幸せなことがやってくるからそれを信じて続けてほしい。努力は裏切らないと思います。たとえ自分が思った結果が出なくても、一生懸命努力して、一生懸命な気持ちで続けてきていれば、結果の受け止め方も違うはずです。
日常生活で学ぶさまざまなこと、苦しいこと、悲しいこと、耐えなきゃいけないこと、我慢しなきゃいけないこと、嬉しいこと、仲間の大切さ。そのすべてを学べるのが部活だと思うので、今とても大事な時間を過ごしていると感じてほしいし、幸せだと気づいてほしいですね。みなさんがうらやましいです。

──本日はありがとうございました。

(取材・文/田中夕子  写真/小山基彰)


素晴らしいインタビューです。

読んでいて本当に嬉しくなりました。

ぜひお子様達にも読ませてあげて下さい。

第1次アルペン・男子ソチチーム遠征

第1次アルペン・男子ソチチーム遠征

派遣期間 7月27日~8月23日
派遣先 ニュージーランド
派遣目的 基礎技術強化トレーニングとFISレース参戦
派遣選手
B 湯淺直樹(スポーツアルペンスキークラブ)
C(暫定)
 大越龍之介(東急リゾートサービス)
 石井智也(サンミリオンスキークラブ)
コーチ LEITNER Christian、STEINER Michael、長田新太郎
サービスマン 伊東裕樹、横田幸平
マッサー 早坂優一


SIAが寄附金 メダリスト育成募金

SIAが寄附金 メダリスト育成募金

13日、第6回理事会の開会を前に、SIA(日本職業スキー教師協会)、馬淵雄一会長が訪れ、鈴木会長に寄附金の目録贈呈を行いました。これは、同協会で行っている「メダリスト育成募金」の中から贈呈されたもので、馬淵会長は「メダリスト育成に役立ててほしい」と挨拶、鈴木会長も大きくうなずきました。

貴重な強化資金として活用させていただきます。ありがとうございました。


p20120713_01_01.jpg
馬淵SIA会長(左)から寄附金の目録を受ける鈴木会長

スキー、伊東と高梨が特別A指定 ソチ五輪へ重点強化

スキー、伊東と高梨が特別A指定 ソチ五輪へ重点強化

2012年07月13日(金) 18時46分 共同通信社

全日本スキー連盟は13日の理事会で、2012~13年シーズンの強化指定選手を承認し、14年ソチ冬季五輪のメダル獲得へ重点強化を受ける最高ランクの特別A指定にノルディック・ジャンプ男子の伊東大貴(雪印メグミルク)と同女子で15歳の高梨沙羅(グレースマウンテン・インターナショナル)を選んだ。
A指定はノルディック複合の渡部暁斗(北野建設)スノーボード・ハーフパイプの青野令(松山大)フリースタイル女子モーグルの伊藤みき(北野建設)の3人で、アルペン男子の湯浅直樹(スポーツアルペンク)と距離女子の石田正子(JR北海道)はB指定となった。



大貴、沙羅がソチへ特別A指定

 全日本スキー連盟は13日の理事会で、2012~13年シーズンの強化指定選手を承認し、14年ソチ冬季五輪のメダル獲得へ重点強化を受ける最高ランクの特別A指定にノルディック・ジャンプ男子の伊東大貴(雪印メグミルク)と同女子で15歳の高梨沙羅(グレースマウンテン・インターナショナル)を選んだ。

 A指定はノルディック複合の渡部暁斗(北野建設)スノーボード・ハーフパイプの青野令(松山大)フリースタイル女子モーグルの伊藤みき(北野建設)の3人で、アルペン男子の湯浅直樹(スポーツアルペンク)と距離女子の石田正子(JR北海道)はB指定となった。

 女子モーグルの上村愛子(北野建設)と里谷多英(フジテレビ)はC指定。ジャンプ男子の岡部孝信(雪印メグミルク)は強化指定を外れた。

 アルペンの岩谷高峰ヘッドコーチら各種目のスタッフも承認を受けた。

[2012年7月13日18時54分] ニッカンスポーツ


東北地方の3スキー場、大阪で共同プロモーション

東北地方の3スキー場、大阪で共同プロモーション

【経済ニュース】 2012/07/13(金) 11:31

  東北地方の安比高原スキー場(岩手県)、蔵王温泉スキー場(山形県)、アルツ磐梯スキー場(福島県)の3スキー場は9日、大阪市で、旅行会社関係者を対象にした共同プロモーションを行った。各スキー場はそれぞれの特色などのほか、今年新たに始める取り組みを紹介。参加者との意見交換なども行い、スキー修学旅行やスノースポーツ旅行などによる送客を訴えた。

  大阪での3スキー場共同でのプロモーション活動は昨年に続き2回目。東日本大震災後の風評被害などの中、東北地方の中でも比較的規模の大きなスキー場が連携してPRすることで、東北地方のスキー場の多様性や魅力を強力に発信しようと実施している。

  プロモーションでは風評被害などで苦戦した昨シーズンの利用状況に触れた上で、それぞれの特色と今年のセールスポイントを発表。安比高原はアイフォン、アイパッド向けに、GPS機能を使いコース内での位置情報や施設情報を提供する、日本初のゲレンデガイドアプリの提供、蔵王温泉は新たなご当地キャラクター「じゅっきー」のデビュー、アルツ磐梯は子供向けアクティビティやコンシェルジュによるプレミアムサービスなどを備えた「アルツスノーアカデミー」について紹介した。

  各スキー場の発表後に行った意見交換では、出席者から仕向け地として競合する北海道に対する優位性を求める声や震災学習を実施できるか問う声などがあがった。これに対し各スキー場の代表者らは、「教育旅行でも使い勝手の良いリフト券の提案を約束する」「被災者受け入れの体験などを紹介できる」「近隣飛行場とスキー場を結ぶ送迎手段を臨機応変に用意する」と回答して、送客を積極的にサポートする姿勢をアピールした。(情報提供:観光経済新聞社)


「SPECIFICATIONS FOR COMPETITION EQUIPMENT AND COMMERCIAL MARKINGS」 EDITION 2012/13 (July 2012)

「SPECIFICATIONS FOR COMPETITION EQUIPMENT AND COMMERCIAL MARKINGS」 EDITION 2012/13 (July 2012)

2012-13シーズンの用品規格(確定版)ですね。

こちらからどうぞ。

B. Alpine Competition Equipment
Downhill, Slalom, Giant Slalom, Super G

Measurements are valid only if they have been carried out by appointed
FIS equipment measurement experts using official FIS measurement
tools.
Measurements are valid at the time of measurement, irrespective of
previous measurements.

1.Alpine racing skis

1.1 Definition
Skis, predominantly for use in Downhill, Slalom, Giant Slalom and Super-
G, racing on suitable terrain and utilising the force of gravity. In order to
allow transmission of lateral forces, the edges of the running surface of the
ski are made mainly of a hard material resistant to wear and tear.

1.2 Restrictions

1.2.1 Geometric features

Geometric features
For MAS racers the following specifications in regard to ski length (except
Super G), radius and profile width are recommendations. The minimum ski
length for Super G skis is compulsory for MAS racers.
No length, width or ski radius restriction for Ladies above 55 and Men
above 65 years of age.

キャプチャ

キャプチャ1

1.2.1.1 Ski length
Minimum length "developed" length (unwound length) in accordance with
ISO Norm including a measurement tolerance of +/- 1 cm. The ski length
must be marked on the ski.

Precision for the length of Slalom Skis:
When a ski tip different from the main body of the ski is used, the
measurement will only be taken into account to the extent it covers a
surface corresponding to the natural shape of the ski.
The manufacturer must mark the tip showing the limit of the natural shape
and thereby allow an easy measurement.
To prevent doubt, specific designs of ski tips as part of the main body of
the ski are allowed.

Recommendation for children younger than 12 years
For children younger than 12 years: Use only one pair of skis in all events
if the ski length is shorter than 130 cm.

1.2.1.2 Profile width
Minimum width of the running surface under the binding and in front of the
binding without any tolerance according to art. 1.2.1.2.1 and 1.2.1.2.2.

1.2.1.2.1 Profile width under binding
See table
1.2.1.2.2 Profile width in front of binding
See table

1.2.1.3 Radius
The radius must be marked on the ski.
Radius measurement for DH skis with a preparation tolerance of -1 m.

1.2.1.4 Overall height of sectional view
No limitations.

1.2.1.5 Camber
No limitations.

1.2.1.6 Contour, length and height of shovel
Slalom and Giant Slalom: minimum height per ski: 50 mm
Downhill and Super G: minimum height per ski: 30 mm

1.2.1.7 Contour of tail
Maximum height: 10 mm.

1.2.1.8 Running surface
No limitations

1.2.1.9 Running Groove
No limitations

1.2.2 Flexibility
No limitations with regard to the rigidity in all grades of flex.

1.2.3 Mass
No limitation with regard to weight and distribution of mass.

1.2.4 Construction

1.2.4.1 Type
No limitation with regard to composite structure.

1.2.4.2 Ski components
Running surface: no limitations with regard to material and dimensions.
Torsion box: no limitations with regard to material and dimensions.
Edges: no limitations with regard to material and dimensions.
Top surface: no limitations with regard to material and dimensions.
Core: no limitations with regard to material and dimensions.

1.2.5 Durability
With regard to the mounting of bindings, national norms and at least the
„Ö-Norm 4030“, i.e. the equivalent of DIN- and ISO-norms, must be
observed.

1.2.6 Additional equipment

1.2.6.1 No additional equipment is permitted which
a) makes use of foreign energy (e.g. heaters, chemical energy
accumulators, electric batteries, mechanical aids, etc.)
b) causes or intends to cause changes in the outer conditions of the
competition to the disadvantage of fellow competitors (e.g.
changes to piste or snow)
c) increases the risk to the users or other persons, when used for the
purpose for which it was intended.

2. Safety bindings
Safety bindings function as strain limiters. That is, these devices transfer
specific demands occurring during skiing to an acceptable limit, and when
this limit is overstepped, they release their firm hold on the ski.

2.1 Anti-vibration plates
Anti-vibration plates can be mounted if the following conditions are taken
into consideration:

2.1.1 Width of ski surface
The width of the plates must not exceed the width of the ski surface.

2.1.2 Maximum height
Maximum height (distance between the bottom of the running surface of
the ski and the ski boot sole) for all categories is 50 mm (Ladies, Men and
Children's).

2.2 Ski stoppers
The ski stopper is a braking apparatus for skis, the function of which
following the release of the safety binding is to stop or bring to a standstill
the loose ski within the immediate vicinity of the skier's fall. The use of skis
without ski stoppers during competitions or official training runs is
prohibited. The functioning of the release mechanism must not be
compromised by the method of its mounting. It is the manufacturers'
responsibility to ensure that the ski stopper functions correctly.

3. Ski boots
3.1 Ski boots are robust footwear developed specifically for skiing, offering
protection against jolts and bumps as well as injury from ski edges and
other external influences. The ski boot encloses the foot firmly, while at the
same time allowing the movement necessary for skiing techniques, in that
the ankle has the room it needs to flex, but at the same time facilitating the
transfer of every steering movement completely to the ski.
The relevant national and international guidelines and norms establish the
requirements.

3.2 Thickness of ski boot soles
Distance between the ski boot sole and the base of the heel including all
hard and soft parts:
Ladies, Men, U14 (K1) & U16 (K2) maximum 43 mm
Ladies & Men MAS maximum 45 mm (Recommendation)
Recommendation for children younger than 12 years
The height of the skis and the boots should be the same as in the
categories U14 (K1) and U16 (K2).

4. Ski poles
The ski pole is an item of equipment, the function of which is to aid the
skier and facilitate balance. National and international rules establish the
minimum requirements for ski pole tips, grips, shafts, baskets, straps,
length, etc. Owing to risk of injury, metal baskets are not permitted.

5. Racing suits
Competition suits and clothing worn underneath, such as undergarments,
etc., must have a textile surface on the inside and the outside. The
surfaces may not be plasticised or treated by any chemical means
(gaseous, liquid or solid) and must have a minimum permeability of 30
litres per m2/sec. Seams may only exist in order to join the portions of the
suit. Outer tucks and darts are not allowed. The suits must be equally
porous in all parts, both from the outside in and from the inside out.
Minimum air permeability is established whereby the unstretched fabric
must show a medium air permeability of a minimum of 30 litres per m2/sec
under 10 mm of water pressure.
Competitors are allowed to protect all parts of the body with so called
protectors in all events:

- In Downhill, protectors may not be integrated into the competition suit
itself.
- In all events these protectors must be worn underneath the plombed
racing suit. (Exception forearm protection used in SG, GS and SL and
shin protection used in SL)

Protectors must fulfil the 30 litre permeability rule with the exception of the
shoulder, scapular region, chest, arms and legs. The anatomical body
shape may not be changed.

5.1 Examination of materials, suits
The guidelines for minimum air permeability established by the Control
Procedures/Equipment Working Groups in collaboration with the Federal
Institute for Materials Control are valid. Multi-layered materials are
accordingly permitted for alpine racing suits and undergarments, as long
as they conform to the air permeability requirements in question.

6. Crash helmets
The use of crash helmets is compulsory for all events.
Only helmets are permitted whose shell and padding cover the head and
ears. The National Ski Associations are advised to provide their teams
only with crash helmets which satisfy the minimum requirements for the
respective event and which have been certified by recognised institutes.
Helmets with spoilers or edges that protrude are not permitted.
Certain helmets must show a smooth top surface for safety reasons.
Helmets used in FIS Snowsports shall be specifically designed and
manufactured for the respective discipline and shall bear a CE mark and
conform to recognized and appropriate standards such as CEE 1077 or
US 2040, ASTM F2040, SNELL S98 or RS 98, etc.
Soft ear protections are only allowed for SL events.
For World Cup events (DH/Super-G), the helmets must fulfil the following
specific additional requirement: the maximum deceleration measured
during the impact established based on the test described in the norm EN
1077 Class A must be equal or lower to 230g (NB: according to standard
EN 1077 Class A: equal or lower to 250g). The helmet must bear a
specific label / marking of minimum 1sqcm applied by the manufacturer on
the outside shell and stating “DH/SG“ confirming that such requirement is
fulfilled.

7. Ski goggles
Ski goggles are devices protecting the eyes against weather and rays with
optically correct lenses. Their aim is to guarantee good, contrast-free
visibility in all weather conditions. The use of ski goggles is recommended.
It is prohibited to reshape the ski goggles in order to obtain aerodynamic
advantages.

8. Ski gloves
Gloves offer protective covering against weather and external forces. The
wearing of gloves is urgently recommended. Reshaping the glove, the
application of a plastic coating on the outer surface, or the use of skai
(imitation leather) with the aim of attaining more aerodynamic features, are
not allowed. The glove must not reach beyond the elbow. Protective
padding along the entire length of the glove is permitted. The use of
protective guards in the form of shields, which are pulled over the glove, is
permitted.

9. Back protectors

9.1 Definition
The back protector is an additional item of equipment, which protects the
athlete’s back against weather and external forces.

9.2 Specifications
The back protector must adapt to the anatomical bend of the athlete’s
spine and lie flat against the body. The top edge of the back protector
must be situated in the area of the spinal column and may not go above
the 7th cervical vertebrae (C7). The maximum thickness must be in the
middle part and may not exceed 45 mm; the thickness reduces at the
edges of the back protector. Designs with the view to improve
aerodynamic properties are forbidden. The back protector must be worn
underneath the competition suit.

9.3 Recommendation for specifications for children
Children under 12 years should use back protectors, also for U14 (K1) and
U16 (K2).


Upgraded FIS mobile services

Upgraded FIS mobile services

FISのモバイルサービスが先週新しくなったとのこと。

様々なニュースが、モバイルでも見られるようになった他、ライブタイミングの充実など、ユーザーが使いやすいサービスを目指してきたそうです。

こちらからどうぞ。


actu_6003_newsletterleft.png

Last week marked the launch of enhanced features for FIS Mobile services!
Users can now follow the latest FIS, Alpine, Cross-Country, Ski Jumping, Freestyle and Snowboard news directly on their mobile devices without visiting the respective websites.

For the coming winter, FIS mobile services will be enhanced with live timing for Alpine, Ski Jumping and Cross-Country Skiing.

Since last spring, FIS IT has continuously worked on upgrading the mobile version of www.fis-ski.com including a more user-friendly interface and a new layout of the information.

To log on, users need to visit mobile.fisski.com, select the discipline of their choice and click on news which will provide them with an individual discipline icon. iPhone users can also get an individual home screen link icon.

Users can also sign on for the FIS competition calendar per discipline, in the iCalendar icons calendar format. It can be downloaded automatically when visiting the Calendar section of the FIS website per discipline.


Zahrobska 7月11日に脳下垂体の腫瘍摘出手術

Zahrobska 7月11日に脳下垂体の腫瘍摘出手術

7月11日に脳下垂体の腫瘍摘出手術を受けたそうです。

現在は、普通に話が出来る状態とのこと。

練習をいつ再開できるかについては、今のところ不明。

Zahrobska undergoes surgery to remove tumor

PRAGUE (AP) -- Czech skier Sarka Zahrobska has undergone surgery to remove a tumor on her pituitary gland.
Ceska Sportovni, an agency which represents Zahrobska, said Thursday in a statement that its client underwent surgery on Wednesday at Prague's military hospital and has since ''communicated normally.''
The agency said last week that the 27-year-old Zahrobska, the 2007 world champion, had to be hospitalized because of acute neurological problems.
It is not clear yet when Zahrobska will be able to resume training for next season.
Zahrobska took second place at the 2009 worlds and claimed bronze at the 2010 Vancouver Olympics but has been struggling the past two World Cup seasons.
She teamed up with Austrian coach Klaus Mayrhofer ahead of the new season.


メディア化した自分と「つぶやき疲れ」 ――情報発信できる喜びと苦悩の板挟みに惑う人々

メディア化した自分と「つぶやき疲れ」
――情報発信できる喜びと苦悩の板挟みに惑う人々


ソーシャルメディアが、誰でも情報発信できる時代をもたらした。
そのように言われてすでに久しい。情報発信することで、今まで知らなかったことも知れたし、ソーシャルメディアがなければ絶対に親しくなれなかった人とも「つながる」ことができた。何よりも、そうやってつながった人たちから好意を寄せられるという喜びも手に入れたんだ――。
だが、果たしてそれは「いいこと」ばかりなのだろうか。後ろ指を刺される恐怖、無反応がもたらす徒労感……。連載第3回は、希望と、その陰にある「発信疲れ」の正体を追っていこう。

1%ルール――誰が情報を発信しているのか?

 イギリスの電子新聞「ガーディアン・アンリミテッド」は「1%ルール」という経験則を提唱している。

 それは、インターネットに接続している100人のうち、自分でコメントを書いたり、映像をアップロードしたりするなりしてコンテンツを作っている人は1人程度しかいないというものだ。そしてうち10人がそのコンテンツに対してコメントしたり、引用したりしている。残りの89%はただ見ているだけ、という見方だ。

 しかし、ブログに始まりTwitter、Facebookで極まった「投稿の簡易化」と「反応しやすい仕組み」。それらが整った昨今、この1%ルールは少しずつ様相を変え、より多くの人が情報の発信者や広がりの主体者になり始めた。この流れのことを、ここでは「個人のメディア化」と呼んでおく。

 本格的な個人のメディア化。今がその入り口だとすれば、この流れは今後ますます進化を遂げていくと考えられる。一見希望に満ちたこの流れのどこに、ネガティブの要素があるというのだろうか?

(中略)

なぜ、ソーシャルメディアで情報を発信したくなるのか?

 老若男女を問わず、個人をメディア化することでエンパワーするTwitterやFacebookなどのソーシャルメディア。ではなぜ、これほどまでのインパクトを持ち得たのだろうか? 整理する意味でも、ブログと比較しながら見ていくことにしよう。

 第一に、発信(投稿)した情報に対する「反応」が、ブログ以上に生じやすい点が挙げられる。ブログでも、コメントを付けてもらったり、他のブログで自分のブログが引用されたりするという反応作用はある。しかし、ブログにたくさんのコメントをもらったり、他のブログに引用されたりすることがさほど簡単でないことは、ブログを書いたことがある人であればよくわかるだろう。また、そもそもコメント欄を閉じているものも多くあり、双方向という意味では少し物足りない、ということもあるかもしれない。

 一方、Facebookであれば「いいね!」ボタン、TwitterであればRT(リツイート)という形で、たくさんの反応を比較的簡単に得ることができる。この「反応を得られる」ということはとても重要なことで、次のような効果を加速度的に生み出す。

(1)情報発信(投稿)するモチベーションが高まる
(2)情報の拡散がされやすい(情報を他のユーザーが広めてくれやすい)

 そして第二に、FacebookやTwitterはブログほどまとまったことを書く必要がない。ブログでは必要な記事タイトルも不要で、投稿する文書も短文でいい(Twitterであれば140文字以内という文字数の制限すらある)。思いついた雑多なことでも投稿しやすく、写真やウェブサイトのリンクだけでもよい。

 しかも投稿した情報はあっという間に速い情報の流れの中を泳ぎ去ってしまう。その性質がゆえに、特定のURLに残り続けるブログで求められる思慮深さのような心理的障壁はだいぶ低くなる。

 このように、投稿の簡易性と反応の得やすさが相互に寄与し合って、ブログ全盛の頃以上に、個人が情報発信と情報共有をしやすくなったと言えよう。

 FacebookやTwitterのようなソーシャルメディアが世界中で普及し始めたことは、「発信すること」のハードルを下げ、個人のメディア化を加速させていったのだ。一部の人だけのソーシャルメディアという域を脱し、広く大衆に利用の裾野を広げていることで、その流れはますます加速し、とどまる気配がない。

メディア化した個人に振りかかる苦悩

 自由形競泳で英国代表としてオリンピックに出場するレベッカ・アドリントン選手(23歳)が、オリンピックの期間中はTwitterをやめると報じられた(注)。

 彼女は北京オリンピックで2個の金メダルを獲得した選手で、Twitterには5万人を超えるフォロワーがいる。そんな彼女がTwitterを止める理由は、「オリンピック期間中に、ネガティブなコメントへのストレスに対応したくない」のだとか。

 特に問題視しているのが、「外見などの自分ではコントロールできないことに対する意地悪なコメント」だ。オリンピックで2度も金メダルを取った優秀な選手でさえも、個人的な侮辱により傷つけられることは少なくない。

 さらにネガティブなコメントに限らず、すべての行動がずっと見られているという状態自体、精神的負荷を大きくしてしまうという。

 こういった話は、かつては有名人に限ったものだったろう。

 しかしソーシャルメディアを使うようになってから、「自分ではコントロールできないことに対する意地悪なコメント」や「すべての行動がずっと見られているという状態」に苛まれるようになった人は僕の周りも多いし、もしかしたらみなさんの中にもそれを自覚している人はいるかもしれない。もはや有名人に限った話ではないのだ。

 有名人は元来メディア露出が多い傾向があるが、一般の個人にとってそんな経験は、ソーシャルメディアが普及した今が初めてだろう。ここにこそ、自分が初めてメディア化したことによる苦悩の元凶がある。

 とはいえ一方で、人気の高いNBAのチーム「オクラホマシティ・サンダー」のジェームズ・ハーデン選手のように、プレイオフ中もずっとTwitterを利用し、コミュニティから元気をもらっている人もいる。

 そしてこれも同じく、有名人に限ったことではない。

 広く個人が、ソーシャルメディアの中でのコミュニケーションにより、励まされたり元気をもらえたりするのもまた事実なのだ。

 このように、いま人々は、ソーシャルメディアによって自分がメディア化したことがもたらす喜びと苦悩の狭間に立たされている。

 いっそのこと、TwitterもFacebookも止めてしまおう、そう思う人もいることだろう。しかしいざとなるとなかなか止められないのは、メディア化によって得られた喜びを忘れられないからだ。

ちょうどいい距離感の「つながり」を得るための「一時停止」

 むしろ怖いのは、自分が情報を発信できなくなること、情報を発信したとしてもそれが拾われず無反応であることであったりする。まるで自分という存在そのものが無視され、否定されたかのように感じてしまってはいないだろうか。

 ネガティブな反応をされることと同様に、TwitterのRTやFacebookの「いいね!」の数、すなわち反応のあるなしが気になり、反応がないことを知るたびに滅入ってしまい、徐々に発信していくのが億劫になり、気疲れを自覚していく。

 せっかく手に入れた希望だ。自分がメディア化した価値や喜びを享受しながらも、自分(の投稿)にネガティブな反応をされることと、スルーされることの2つの苦悩から脱却していってほしい。

 前者の苦悩への処方箋は、先ほど紹介したレベッカ・アドリントン選手のように、時に一時休止、休暇を設けることだ。それが許されることは当然の権利であるにも関わらず、許されない気がしてしまう、そんな錯覚に陥ることがある。だがそれは気のせいだ。そう、正々堂々と休めばいい。

 そして後者の苦悩への処方箋にも、それは適用できる。自分というメディアの力を過信しすぎないことだ。自分の発信がどれほど影響力あるかを問わないこと、つまり、たくさん反応を得ることを自分に課さないことだ。少なくとも、ソーシャルメディア以前は自分が情報を発信し、多くの人と共有できる環境などなかったのだ。それが叶うことの喜びを味わいつつ、反応を過剰に気にせず楽しみながら情報発信をすれば、ちょうどいい距離感の「つながり」を手に入れられるだろう。


検索と Gmail で表示されるパーソナライズ広告の止め方

検索と Gmail で表示されるパーソナライズ広告の止め方

キーワードは、オプトアウトです。

Google 検索、Gmail、その他の特定の Google サイト上の広告

Google では、Google 検索や Gmail、その他の特定の Google サイトに表示する広告を検索クエリやクリック数に基づいてパーソナライズしており、ユーザーの興味や関心に合わせた広告に絞って表示しています。

Google 検索や、Google マップなどその他の Google サイトに表示されるすべての広告がパーソナライズされる仕組み

たとえばユーザーが Google で「東京のホテル」などを検索した場合、検索結果ページには入力した検索クエリと関連する広告が表示されます。これには Google マップの検索も含まれ、入力した地域に関する検索結果や広告が表示されます。

Google では、ユーザーが検索ボックスに入力した内容以外の情報も考慮して、検索結果に表示される広告をパーソナライズすることがあります。たとえば、まず「ホテル」で検索し、2 回目の検索で「旅行」、3 回目の検索で「東京」と入力すると、3 回目の検索結果ページではこれら 3 回分の検索クエリの内容が考慮され、東京のホテルを紹介する広告などが表示される可能性があります。ノートパソコンから Google アカウントにログインして「東京」で Google 検索を行い、その後に携帯端末から同じアカウントにログインして「ピザ」を検索すると、「東京のピザ屋」に関する広告が表示される場合もあります。

検索広告をパーソナライズする方法としては、ウェブ履歴を考慮してユーザーとの関連性が高い広告を表示する場合や、一部の国に限りますが、広告主様のウェブサイトへのアクセス履歴に基づいて広告を表示する場合などがあります。

Gmail に表示される広告がパーソナライズされる仕組み

Gmail では、Google が表示するほとんどの広告は開かれたメール メッセージの隣に表示され、その時点で開いているメールの内容との関連性が高いものとなります。Gmail 内のこれらの広告は、ユーザーの個別の設定とは関係なく表示されます。受信トレイで、トレイ内のいずれかのメールの内容に関連する広告が表示されることもあります。

広告がパーソナライズされる場合、広告はメールの内容に基づいて表示されます。たとえば、写真やカメラに関連するメッセージを最近多く受け取っている場合は、お近くのカメラ店の広告が表示される可能性があります。受信トレイでは、トレイ内の複数のメールからの情報に関連する広告が表示されることもあります。この場合に Gmail に表示される広告は、ユーザーの広告表示設定の設定に基づきます。詳細については、以下の広告サービスのプライバシーに関するセクションをご覧ください。

Gmail に表示される広告の詳細については、こちらをご覧ください。

広告表示設定で確認できる情報とオプション機能

広告表示設定では、広告のパーソナライズ時に考慮される情報を確認できるほか、特定の広告主をブロックしたり、Google 検索や Gmail で広告のパーソナライズを完全にオプトアウトしたりすることができます。

広告のパーソナライズと広告表示設定の詳細については、こちらをご覧ください。

広告主のブロック

Google アカウントにログインした状態で広告表示設定にアクセスすると、特定の広告主を「ブロック」することができます。これにより、ログインしている間は Google 検索と Gmail の両方で、その広告主のウェブサイトにリンクしている広告が表示されなくなります。なお、広告主のブロック設定はいつでも解除することができます。

Google アカウントにログインしていない場合でも、お使いのパソコンのウェブブラウザに関連付けられた一部の情報を確認できます。この場合、広告は個人のアカウントではなく、特定のパソコンの情報に合わせて表示されます。

Googleアカウントにログインしている状態で広告表示設定にアクセスすると、表示される広告をより細かく管理し、そうした広告が表示される仕組みに関する詳細情報を確認することができます。ユーザーの個人情報を本人以外が確認できないようにするため、広告表示設定でこうした機能を利用できるのは、Google アカウントにログインしている場合のみとなっております。なお、ログインした状態では、どのパソコンでも検索結果と表示される広告がパーソナライズされます。

オプトアウト

Google 検索に表示される広告をパーソナライズしたくない場合は、オプトアウトすることができます。Google アカウントにログインしている状態でオプトアウトを設定すると、検索ネットワークと Gmail に加え、ブラウザに合わせてカスタマイズされた Google 検索でも、表示される広告のパーソナライズを無効化できます。


Google アカウントにログインしていない場合は、ブラウザに合わせてカスタマイズされる Google 検索の広告をオプトアウトすることはできますが、Google アカウントに合わせてパーソナライズされる広告をオプトアウトすることはできません。

プライバシー

Google のプライバシー保護の方針については、プライバシー センターの広告サービスのプライバシーのセクションをご覧ください。


フランスのスキーリゾート、シャモニー近くで雪崩 登山者9人死亡、4人不明

フランスのスキーリゾート、シャモニー近くで雪崩 登山者9人死亡、4人不明

捜索の映像は、こちら

French Alps avalanche: Climbers killed near Chamonix

Nine climbers have been killed in an avalanche near the French Alpine ski resort of Chamonix and four others are missing, officials say.

Those killed were reported to be from Spain, Germany, Switzerland and the UK. Nine other climbers were injured.

Local authorities deployed rescue teams in helicopters and said it was the deadliest avalanche in recent memory.

The alarm was sounded at 05:25 local time (03:25 GMT) by one of the injured on the slopes of Mont Maudit.

The route is popular with summer tourists heading for the summit of Mont Blanc.

'Cursed mountain'

In all, 28 climbers were roped together in several groups on Thursday morning.

They are believed to have reached 4,000m (13,120 ft) when the avalanche struck.

A spokeswoman at the Haute-Savoie prefecture told the BBC that six bodies had been found.

Hours later, rescuers found the bodies of three more victims, believed to be Britons.

Four more climbers - said to be two UK nationals and two Spaniards - are still missing.

Chamonix mayor Hean-Louis Verdier told Reuters news agency the avalanche was completely unexpected.

"We had no more reason than usual to be alarmed," he said.

"It's a steep mountain face. There are big plates of snow where an avalanche can easily occur. But this morning we had no reason to expect an avalanche of this size and such a tragedy."

Rescue teams are using helicopters and heat-seeking devices to try to locate the missing.

The French authorities described the avalanche as "the most deadly" in recent years.

The weather in the region has been warm and windy over the last few days, which could have led to an increased risk of avalanche at high altitudes, the BBC's Imogen Foulkes in Berne reports.

Chamonix-based mountain guide Richard Mansfield described the area as "very beautiful", but said that it was avalanche-prone.

He said the slopes on Mont Maudit faced away from the prevailing wind, which meant snow could be pushed over forming slabs.

"These can easily be set off by a passing climber, causing an avalanche," he said.

French officials said that Interior Minister Manuel Valls would arrive to the region later on Thursday.

"The interior minister wants to assure the families of his deep sympathy and full support," Mr Valls said in a statement.

Mont Maudit - meaning the cursed mountain - is the third-highest peak in the Mont Blanc massif range, rising to 4,465m.

Eight climbers were killed in an avalanche near Mont Maudit in 2008.


スキージャーナル8月号 「アメリカ裏事情その② 1パーセントの狭き門」

スキージャーナル8月号「アメリカ裏事情その② 1パーセントの狭き門」

スキージャーナル2012年8月号p95の久住和永さんのコラム「スピード狂の詩」より要約引用です。

●ストラットン・マウンテン・スクールの夏の活動スケジュール

 ①6月13日に学校修了
 
 ②6月17日から1週間、オレゴン州マウントバチェラーで徹底的にフリースキー
 
  →悪い癖の修正

 ③7月から8月にかけて マウント・フッドまたはニュージーランドで2週間の雪上合宿

  →(ハードな陸上トレーニング)+(フリースキーからポール練習までの段階的練習)

 ④9月 チリ合宿

●アメリカの大学スキー事情

 ①大学スポーツは、NCAAがメインの機関

 ②スキーの場合は、NCAA(42校)とUSCAA(160校)に別れる。

 ③NCAAの方が上。その中でも一部校は12校。

 ④12校には、アルペンとノルディックを合わせて、男子165名、女子207名(2011年)が所属。

 ⑤アメリカの高校生で選手登録をしているスキー選手は、男子10146名、女子9510名。

 ⑥NCAAのスキー部に入れる割合は、高校生選手の5%以内。

 ⑦一部校である12校のスキー部は、高校生選手の1%前後。

 ⑧非常に狭き門

 ⑨NCAA一部校でも、ダートマス、バーモント、コロラド、デンバー大学が有名。

 ⑩ハーバード大学もスキーで一部校。

 ⑪ダートマス大学は、特に名門。猪谷千春、ワインブレッドなどが卒業。

 ⑫一部校は、FISポイントが平均50以下、名門校は30点が基準。

●アメリカの大学スキー部の活動スケジュール

 ①9月に新学期開始。

 ②入部希望者に対して体力測定(以下は、久住さんが入学したコロラド大学のケース)

  →体力テストで、入部希望者100名を30名に絞る。

 ③9月・10月:毎日陸上トレーニング

 ④11月:雪上トレーニング開始

 ⑤12月第1週:最終選考(30名をA、Bチーム各8名。落ちた選手は現地クラブチームで練習)

 ⑥シーズン中の練習スケジュール

  ・雪上トレーニング:週4日(火、木、土、日)

  ・早朝トレーニング:週3日各2時間(月、水、金)。それ以外は自主トレ。

  ・授業:月、火、金。または、火、木の夜に集中受講。

 ⑦成績と試合:NCAAの選手は、成績が下がると試合の出場権利が剥奪される。

●ウィスラーカップについて

 ・来年もこれまで通り開催されることが決定。

 ・カナダの各地区のトップ選手と日本を含む世界20カ国のジュニアが集まる大会

●感想

 ①アメリカでは、競技スキーの母集団が大きく、選抜制度が機能している。

 ②選手は、陸トレ、スキーともに相当ハードな練習を行っている。

 ③ストラットンのようなトップ選手を目指すジュニアスクールの場合、年間スケジュールをしっかり立て、その中にオフシーズンの雪上トレーニングを、必要性、目的に応じて定期的に組み込んでいる。

スキー滑走技術は、スキー以外の運動によって向上するか?

スキー滑走技術は、スキー以外の運動によって向上するか?

運動学習で、どの程度「転移」が行われるかに関して、「運動スキル学習における,転移,運動イメージ,意図」(橋本圭子)新潟工科大学紀要より、引用します。

この論文(総説?)を読む限り、

①スキー滑走技術を高めるためには、スキーの練習をする以外に有効な方法はない。
(例えば、インラインスケートなども効果はほとんどなさそうです)

②ポールを上手く滑れるようになるためには、ポール練習をする以外に有効な方法はない。
(コブを練習してポールが速くなるかどうか微妙)

という結論が得られそうです。

ポイントは、目的とする運動ではなく、他の運動を行った場合(たとえそれが類似運動であったとしても)目的とする運動学習に対して転移はほとんど起こらないと言うことです。

ただし、イメージトレーニングは有効とのことです。

この理屈から言うと、(素質や他の環境要因が同じであれば)滑走量が多い人、一年中スキーをしている人が、スキーは上達することになります。

ただし、タイム短縮のためには、持久力、瞬発力など「滑走技術以外」の体力要因も、もちろん重要と思います。

また、おかしなフォームでポールをいくら滑っても上達には限度があると思います。


野球の選手はゴルフの上達が早い,軟式テニスの経験者は硬式テニスのスイングの習得
に手間取る.これらは事実だろうか.過去の学習経験が,後に行われる別の課題の学習に
影響を及ぼす現象は,一般に学習の転移
といわれる.2 つの課題が「異なる」程度は様々
で,先行課題と同じ課題を後に異なる条件で実行する場合もあるし,別の種類の課題を実
行するような場合もある[1].また,先行経験が後続課題の学習を促進する場合もあるし,
妨害的にはたらく場合もある.学習や記憶の研究においては,こうした転移の問題は長く
論じられてきたテーマである.さらに,教育をはじめとして我々の現実の生活においては,
学習したことを後の新しい場面や課題で適切に生かせることは重要
であり,適切な転移が
起こることは,学習の本来の目的だといってもよい.では,運動学習においては転移の問
題はどのように論じられているだろうか.
Schmidt とLee[2]は運動学習に関する詳細なそのテキストにおいて,運動スキルの転移
は課題が事実上同一のものでない限り基本的にはあまり起こらない
と述べている.課題間
転移は起こったとしても量的にはわずかで,またその大半は正の転移,すなわち,先の学
習経験が後の課題のパフォーマンスを促進するタイプのもの,である.従って,運動の転
移の現象を説明する際にしばしば持ち出される例,「夏にテニスをすると,冬にバドミント
ンの試合に負ける」[2]は,一般にはそう起こることではないのだという.運動学習の転移
が認められるデータを報告した研究もあるが,それは課題の認知的な成分が転移したと解
釈すべきであるというのである.De Beni らも学習の転移は認知処理レベルで起こるとい
う同様の指摘をしている[3].これらのことは運動スキルの学習に何か特有な特徴と関係す
るのだろうか.本論では,この転移の問題をひとつの足がかりとして,運動学習の特性に
ついて考察していきたい.が,その前に,まず転移という現象が現在どのように語られて
いるか,簡単に見ておこう.

(中略)

Schmidt とLee[2]は,運動学習の転移が比較的小さいことは,運動能力の個人差に関す
るデータとも一致すると述べる.運動学習研究の初期には,人には全般的な運動能力の個
人差があって,これに優れる人はあらゆるスポーツで成功するという考え
が受け入れられ
ていた.或いは今日でも,一般にはこうした考えに同意する人は少なくないかもしれない.
しかし,彼らによれば,諸研究を総合すると,運動課題全般を共通して支える一般的な運
動能力というものが存在するとは考えにくい
という.多種のスポーツで成功している人が
いるように思われる現象も,実は過去の運動学習の多様さなど,経験の要素によって説明
できることが少なくない
という.従って,運動能力は多様であって,課題にかなり特異的
であり,同様に運動スキルの課題間転移も起こりにくいのだ,と彼らはいう.
一方,運動スキルに関する研究でしばしば引用されるものにLashley(1942)の報告し
た書字課題の筆跡例がある.これは右手や左手で文字を書いたり,また鏡映筆記を行った
り,さらにペンを歯で挟んで書いたり,と運動実行器を変えて筆記しても,同一の人物に
よる場合は筆跡の特徴は一貫していることを示したものである.これは運動の等値性と呼
ばれ,書字スキルが運動器官に依存しないことを示すものとして知られてきた(Lashley
の運動等値性についてはSchmidt とLee[2] ,他に Keel ら[5],Bruce[6]も参照されたい).
つまり,運動スキルは課題に関しては特異的であるが,実行器に関してはそれほど特異
性をもたない
ということになる.こうした特性を理解するために重要になるのがSchmidt
の“一般運動プログラム”(general motor program:GMP)という概念である.ある運
動スキルを実行する場合,その時々の環境条件や運動目標に応じて運動自体はしばしば異
なるものになる.例えば,筆記用具の違いや,書こうとする文字の大きさの違いによって,
使用する筋肉,運動の大きさなどは全く異なり,実行される運動としては別のものになる.
GMP は,そうした違いを超えたレベルで同一の運動目標(例えば,“G”という文字を書
く)を達成するためのプログラム,運動記億のスキーマである.そのプログラムには,各
運動要素の実行の順序や実行の相対的なタイミング,相対的な力関係が抽象化されて記憶
されている.そしてこれに,全体の運動時間や運動全体の大きさ(力),使用する筋肉など
のパラメータが入力され,実際の運動が実現される.運動スキルの学習過程は,この一般
プログラムの形成過程とパラメータ学習の過程とからなる,というのが運動学習のスキー
マ説(GMP 説)
である.
従って,運動の等値性が得られるのは,同種の課題では同じ GMP に支配されるためで
ある.すなわち,環境条件や目標が異なっても入力されるパラメータを変更するだけで適
切に運動が実行される
のだ.GMP は構成概念であり,その存在は様々な運動課題や条件
下での実験結果から合理的に想定されるしかないが,書字の例[7],[8]の他にも,最近では左
右の手を使ったタッピング課題で,障害物の回避行動に一般的な運動プログラムが存在す
ることが示唆されている[9].またLee とSchmidt[10]は運動学習に関する論評の中で,練習
スケジュールのランダム/ブロック効果や反復練習の際のKR の効果に関わる多くの現象
が,GMP の概念によって上手く説明できることについて述べている.同様に,運動の転
移の問題もGMP によって理解することが可能で,Schmidt とLee[2]は学習の正の転移を
示した過去の報告も,例えば追跡回転課題(色々な速度で回転する円盤上にあるターゲッ
トをレコード針状の道具を持って追跡する課題)における回転速度の変化など,パラメー
タの違いに過ぎない場合が多いと述べている.これに対して,運動の転移の少なさや運動
能力が課題に特異的であることなどは,課題を支配するGMP が異なることによる
ものと
考えるのが妥当であるという.GMP というかなり抽象レベルのプログラムを「要素」と
呼ぶべきかどうかの問題もあるが,Schmidt とLee の説に従えば,運動スキルの転移に関
わる同一要素はGMP である,ということになるだろう.􀀁

(中略)

運動スキル学習の特性を理解するためには,GMP 論が1 つの手がかりを与えてはくれ
るだろう.運動スキルの転移が起こりにくいのかどうか,運動スキルは課題特異的である
のかどうか,に関わる種々のデータはGMP の概念によって混乱を整理できる可能性があ
る.しかし,筆者も,上記のGMP 論だけでは不十分であろうと考える.恐らくそれは,
彼らが述べるように,GMP 論がその形成過程を明確にはしていないこと,とも関連する
ように思われる.多くの人が日常の経験から,頭では分かっていてもなかなかその通りに
運動を実行できない,上手な人のパフォーマンスを見ただけではできるようにならない,
有能なインストラクターが言葉で上手く説明してくれてもその通りには実行できない,な
どと素朴に感じているかもしれないが,それらが真実か否かも含めてこうした問題を解明
するには,運動の学習過程を明らかにすることが必要だろう.また,後述するように,GMP
論だけに基づいて転移現象を説明しようとすると,膨大な数のGMP が必要になってしま
う.そこで次に,こういった問題に示唆を与えてくれる最近の研究を紹介しながら,検討
を進めたい.

(中略)

上記に紹介した 2 つの研究結果から分かるように,ピアノのコード演奏,または系列タ
ッピングという各々同種の運動反応課題内であっても,反応時間の短縮には実際にその特
定のフォームでトレーニングを体験していることが必要
である.ましてや運動成分を除い
た知覚・認知的体験は,運動課題に関連する内容のものであっても,運動スキルの向上には
ほとんどつながらない.つまり,過去のトレーニング体験が,新しい課題状況に転移する
可能性は明らかに小さい.このことは,テニスとバドミントン間での転移どころか,同じ
テニスのスキルであっても転移が起こりにくいことを意味する
ことになるだろう.確かに,
テニスという一つのスポーツのスキルであっても,フォアハンド・ストロークとバックハン
ド・ストロークの技術は相互に異なり,一方のトレーニングを積んだ結果,他方も上達する
などとは考えられないかもしれない.それぞれが異なるGMP によって支配されている可
能性はある.しかし,ピアノのコード演奏においても全てのコード・パターンに対して異な
るGMP があるのだろうか.これは筆者には非現実的なことのように思われる.
ここで再び,Hazeltine らとWhohldmann らの結果をふりかえりたい.新奇のコード・
パターンやタッピング・パターンでは,トレーニングしたスキルに比べて,明らかに反応時
間や運動時間が長く,トレーニングの効果の転移は見られなかった.しかし,トレーニン
グ時と指使いの組み合わせパターンを変えた再構成コードの反応時間は,全くの新奇コー
ドに比べると有意に短くなるという結果が得られた[11].また,Whohldmann らの実験で,
系列タッピングのトレーニングを1 ヶ月ごとに行って3 ヶ月後にテストした場合は,新奇
のタッピング・パターンも,トレーニングを受けたパターンほどではないものの,運動時
間が短かかった.Whohldmann らは,これは3 ヶ月という期間でトレーニング量が増え
たことによるものではないかと考察している.Hazeltine ら,Whohldmann らともに,程
度は小さいが,運動の要素レベルでも転移が起こり得ると論じている.

(中略)

本論文では,転移の問題を足がかりに,運動学習における実行体験の意味について考察
してきた.運動スキルの獲得には,基本的には,その運動を実際に体験し,練習を反復す
ることが必要
である.しかし,現実の実行を伴わない運動イメージによるトレーニングも
運動学習には少なからぬ効果を持つことが,多くの研究によって示されていることが分か
った.ただし,イメージ・トレーニングが有効なものとなるには,そのときの運動イメージ
が,現実の実行をある程度意図したものでなければならないことが示唆された.また,運
動スキル学習のモデルとして,GMP 論について考察し,多成分説や階層構造説の視点が
必要であることを主張した.


検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -