ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

2012 ナスターChildren/Kids Dream GrandPrix結果(速報)

2012 関東スキー選手権大会 競技結果

2012 南関東ブロック小学生スキーチャンピオン大会 結果

2012 第90回全日本スキー選手権大会(アルペン技術系) 結果

2012 第90回全日本スキー選手権大会(アルペン技術系) 結果

男子大回転 公式成績表

女子大回転 速報1 速報2

男子回転 公式成績表 1 2 3 4

女子回転 速報1 速報2

大回転、女子は長谷川が初V 全日本アルペン

(03/24 17:58、03/24 18:28 更新)北海道新聞

 アルペンスキーの全日本選手権技術系第2日は24日、札幌市サッポロテイネで女子大回転を行い、昨年の世界選手権(ドイツ)代表で25歳の長谷川絵美(サンミリオンク)が1回目に首位に立って逃げ切り、合計タイム2分24秒11でこの種目初優勝を果たした。

 星瑞枝(湯之谷ク)が0秒15差の2位で、金子未里(秋田いすゞ自動車)がさらに0秒38差の3位だった。今季ワールドカップ(W杯)回転で2回目に3度進むなど躍進した清沢恵美子(チームクレブ、歌志内高出)は4位に終わった。



30歳・佐々木が5季ぶりV…スキー

 ◆アルペンスキー 全日本選手権技術系最終日(25日、札幌市サッポロテイネ) 回転を行い、男子は30歳の佐々木明(エムシ)が2回とも最速タイムで滑り、合計タイム1分48秒40で5季ぶり2度目の優勝を果たした。

 大回転を制した大越龍之介(東急リゾートサービス)が1秒50差の2位で、松本勲人(白馬ク)が3位に入った。皆川賢太郎(竹村総合設備)は1回目に2位につけたが2回目に途中棄権し、湯浅直樹(スポーツアルペンク)は1回目に途中棄権した。

 女子は長谷川絵美(サンミリオンク)が合計1分36秒65で大回転との2冠を達成した。清沢恵美子(チームクレブ)が0秒05差の2位で、星瑞枝(湯之谷ク)が3位だった。


湯浅と皆川は振るわず

2012.3.25 19:58 産経新聞

 今季のW杯で自己最高の5位に2度入るなど躍進した湯浅は、腰痛で本来の滑りができなかった。1回目に左スキーが旗門にはじかれるように両脚を開いてしまい、片足旗門通過となって途中棄権。「体が動かなくて、惨敗な感じ」と苦笑いした。

 皆川は2回目途中まで「自分のフィーリングで滑れた」と鋭くターンをつないだが、スキーが重なるハプニングでバランスを崩して転倒した。「(1回目首位の佐々木を)1秒ひっくり返してやろうと思ったんだけど」と悔しそうだった。

【長野】【北海道】ATOMICオールスターキャンプ エントリースタート♪

【長野】【北海道】ATOMICオールスターキャンプ エントリースタート♪

今シーズンもレースシーン・デモシーンで活躍したATOMIC が全勢力動員して皆様に贈るスペシャルキャンプ。
今年も長野会場と北海道会場にて開催いたします。

【長野会場】

■開催日   平成24年4月14日(土)&15日(日)
■開催場所  アサマ2000パークスキー場
■参加費   1日参加 小~高校生/8,000円 大学~一般/10,000円
        2日参加 小~高校生/15,000円 大学~一般/18,000円
       ※各日リフト代金、トレーニングフィー、コーチフィー、施設使用料、税込み
■定 員   各日 RACE/110名 DEMO/60名(定員になり次第締め切らせていただきます)
■内 容   RACE・・・GSL、SLともに複数セット予定 ※タイム計測あり
        DEMO・・トップ選手よるスペシャルレッスン ※班別にてローテーション
        2013・・・モデル試乗スキーあり
■コーチ   皆川賢太郎、長谷川絵美、佐藤翔、金子末里、木村公宣、他FACTORY TEAM選手・コーチ
        松沢寿、松沢聖佳、水落亮太、石水克友、星和弘、青木美和、他FACTORY TEAM選手・コーチ
■締め切り   平成24年4月9日(月) 


【北海道会場】
■開催日   平成24年4月21日(土)&22日(日)
■開催場所  札幌国際スキー場
■参加費   1日参加 小~高校生/6,000円 大学~一般/8,000円
        2日参加 小~高校生/10,000円 大学~一般/14,000円
        ※各日リフト代金、トレーニングフィー、コーチフィー、施設使用料、税込み
■定員    各日 RACE/50名 DEMO/50名 バックカントリー10名(定員になり次第締め切らせていただきます)
内容     RACE・・・・・・GSL、SLともに複数セット予定 ※タイム計測あり
        DEMO・・・・・・トップ選手よるスペシャルレッスン ※班別にてローテーション
        BACKCOUNTRY・・・児玉毅プロによるスペシャルツアー ※BC初心者歓迎
        2013モデル試乗スキーあり
■コーチ   長谷川絵美、佐藤翔、金子末里、木村公宣、他FACTORY TEAM選手・コーチ
        松沢寿、松沢聖佳、佐々木愛、金田智子、他FACTORY TEAM選手・コーチ
        児玉毅、益田諭知
■締め切り  平成24年4月16日(月)

■申込方法  インターネット、電話、ファックスからお申し込みいただけます。詳しくは開催要項をご覧ください


SALOMON スペシャル ジュニア・キッズ Racing Camp 開催

SALOMON スペシャル ジュニア・キッズ Racing Camp 開催

【2012年03月23日】

2011-2012FISワールドカップ男子ブランドランキング1位も獲得し、今季絶好調のサロモンレーシングチーム。
日本においては、ジュニア・キッズのアルペン選手育成をテーマに、未来のワールドカップレーサーになる夢を応援します。
今回、オーストリアより、ジュニア育成に定評があるコーチを招いて、同年代の選手にどのような指導をしているかを実践し、日本のジュニア・キッズのレベルアップを図ります。
もちろん、国内サロモンレーシングチームの選手、コーチ陣も強力にバックアップして、充実したキャンプとします。レベルアップを目指すジュニア・キッズは野沢温泉に集まろう!

「ジュニア・キッズアルペン選手育成プロジェクト」
サロモンスペシャルジュニア・キッズレーシングキャンプin野沢温泉

<夢を持ち、スキーを頑張るジュニア・キッズをサロモンは応援します>


【日程】  2012年4月14日(土)~4月15日(日)
【場所】   長野県野沢温泉スキー場(使用コース やまびこBコース)
      *積雪の状況によりコースが変更になる場合もございます。
【対象】  ジュニアレーサー(小学生~高校生)
【募集人数】  50名
【ゲストコーチ】Austria Racing Camp コーチ
【ゲスト選手】 佐々木明 全日本ナショナルチーム
        石井智也 全日本ナショナルチーム
        星瑞枝 全日本ナショナルチーム
【参加コーチ】 千葉信哉 / 上林卓司 / 西沢秀和 他
 *上記コーチ陣、ゲスト選手は変更になる場合があります。

【参加料金】小・中学生25,000円 高校生29,000円 
<料金に含まれるもの>
1泊2食(朝、夕)、リフト券2日分、コーチングフィー、イベント保険、キャンプ諸経費
*キャンプ参加中の昼食、その他個人的な費用は含まれておりません。
(保険に関して、イベント保険には加入しますが、各自での保険加入も必ずお願い致します。)
<宿泊先>
山のホテル大瀧・ピュア長坂を予定。
<申し込み締め切り>
平成24年4月8日(日)
※参加募集人員に達した場合は、その時点で締め切りとさせていただきます。
<開催要項>
野沢開催要項 (108 KB)

<申し込み方法>
インターネット デジエントリー申込みサイトURL 
デジエントリーサイトへ
 
        サイトにアクセスしてエントリーフォームからお申し込みください。
電話&FAX   電話0466-36-9611(平日のみ9:00~17:00)FAX 0466-36-9689(24時間受信可)   
(申し込みの際にPC・携帯210円、電話・FAX 315円がシステム利用料として発生致します。)

<問い合わせ先>
【 キャンプ内容に関する問い合わせ】
アメア スポーツ ジャパン株式会社 サロモン事業部 田口宛
TEL 03-6831-2717 E-mail event_salomon.jp@amersports.com
【申し込み内容に関する問い合わせ】
デジサーフ TEL0466-36-9611(平日のみ9:00~17:00) 

【タイムスケジュール】
4月14日
7:45~8:15  集合&受付(長坂ゴンドラ山麓駅)
9:30~12:30 雪上トレーニング
12:30~13:30 昼食
13:30~15:30 雪上トレーニング
17:15~18:30 ミーティング
19:00~     夕食

4月15日
9:30~12:30  雪上トレーニング
12:30~13:30  昼食
13:30~15:30  雪上トレーニング

※雪上トレーニングには、GS、SLの両方をご用意下さい。
*タイムスケジュールは、雪の状況、天候により変更になる可能性もありますので、ご了承下さい。


第5回アルペン男子ジュニア合宿(指定外選手合同)

第5回アルペン男子ジュニア合宿(指定外選手合同)

期間
指定選手  3月25日~29日
指定外選手 3月26日~29日
場所 札幌市・テイネハイランド
目的 ジュニア選手のレベルアップと来年度の指定選手選考の参考とする
選手
指定選手
C/Jr-A
成田秀将(北照高等学校)

Jr-A
新 賢範(札幌第一高等学校)
廣島啓太(双葉高等学校)
柿崎夢之助(北照高等学校)
工藤督宗(札幌第一高等学校)

Jr-B
安藤祐太朗(北照高等学校)
小原健汰(日本大学山形高等学校)

指定外選手
鴨野崇希(遠軽高等学校)
斉藤喬太(札幌第一高等学校)
宮 円(嬬恋高等学校)
宮 翔(嬬恋高等学校)
中村 舜(双葉高等学校)
降旗一樹(北照高等学校)
松本達希(札幌第一高等学校)
吉和祐太郎(札幌第一高等学校)
笹川俊哉(秩父別中学校)
深井 圭(岐阜第一高等学校)
小林竜登(飯山高等学校)
齋藤圭哉(飯山高等学校)
コーチ 工藤昌巳、押切敬司、玉川祐介、小林洋幸

■選考にあたって
1995年・96年生まれを対象とする
1995年生まれ FISポイント50点台及びインターハイ5位以内、全国中学5位以内
1996年生まれ FISポイント60点台及びインターハイ5位以内、全国中学5位以内
※FISポイントN0.10が3月15日に更新され、上記の基準をクリアした選手を追加招集した


アルペン男子、大越2季ぶり優勝

アルペン男子、大越2季ぶり優勝

[2012年03月23日 17:25]

 アルペンスキーの全日本選手権技術系第1日は23日、札幌市サッポロテイネで男子大回転を行い、23歳の大越龍之介(東急リゾートサービス)が2回とも最速タイムを出し、合計2分21秒05で2季ぶり2度目の優勝を果たした。
 北海道・北照高3年の成田秀将が1秒07差の2位に入り、佐々木明(エムシ)がさらに0秒65差で3位だった。今季国内戦初登場の湯浅直樹(スポーツアルペンク)は8位と精彩を欠いた。
 24日は女子大回転を行い、25日の最終日には男女の回転を実施する。

湯浅8位、佐々木は3位/スキー

<アルペンスキー:全日本選手権技術系>◇初日◇23日◇札幌市サッポロテイネ

 男子大回転は、今季のW杯の回転で自己最高の5位に2度入るなど躍進した湯浅直樹(スポーツアルペンク)が、長期間の欧州転戦から戻ったばかり。「時差ぼけが全開。全体的に何もできなかった」と疲れた様子で8位に終わった。

 出身地が近くサッポロテイネはスキーを覚えた愛着の深いゲレンデ。「まさかここでレースができるとは思わなかった」と感慨深げだった。

 佐々木明(エムシ)は1回目に出遅れたが、2回目に巻き返して3位の表彰台に上った。「普通に滑って遅い。練習不足」と、浮かない表情。5季ぶりの優勝を狙う2日後の回転に向け「雪が難しい。スタート順が良ければいい」と話した。

 [2012年3月23日17時59分]日刊スポーツ

成田2位「思い切って行けた」/スキー

<アルペンスキー:全日本選手権技術系>◇初日◇23日◇札幌市サッポロテイネ

 北海道・恵北中時代から大器と期待されてきた成田秀将(北海道・北照高3年)が、国内のトップ選手が勢ぞろいした中で堂々の2位に食い込んだ。「(佐々木)明さんや湯浅さんに勝てば何か得られると、思い切って行けた」と興奮気味にほおを紅潮させた。

 来季の目標は、世界ジュニア選手権の優勝。「まだ世界では結果を残していない。入賞を狙ってもしょうがないので、優勝を」と意気込んだ。

 [2012年3月23日17時59分]日刊スポーツ

全日本ジュニア大回転で準優勝

全日本ジュニア大回転で準優勝

2012年03月23日 14時07分 十勝毎日新聞社

 【幕別】アルペンスキーのJOCジュニアオリンピックカップ全国ジュニア競技会兼2012全日本ジュニア選手権大会(全日本スキー連盟主催)が18~20日、歌志内市かもい岳スキー場で行われ、幕別町の齋藤友貴(忠類中2年)が男子大回転で2位に入った。全国中学校大会の大回転8位に続く全国の舞台での活躍に、「中体連後の大会でミスが続いていたので、再び全国で入賞できてうれしい」と話している。

THM20120323-0012125-0012896.jpg
男子大回転で全国2位の齋藤(右)と指導者の丸田さん

 同大会は齋藤が中体連に次ぐ大きな舞台と位置付けていた。十勝管内からの出場は齋藤一人で、大回転と回転に挑んだ。K2(1997~98年生まれ)にエントリー。中学3年生は早生まれしか出場できないため、「上の学年がほぼいないのでトップを狙う」(齋藤)と意気込んで臨んだ。

 19日の回転は1、2本ともに完走したものの、バーンのうねりに飛ばされてコースアウトした。20日の大回転は「斜面にうねりがあってうまく合わせないと足を取られる危険があった」という難コースだったが、攻めの姿勢を貫き、トップと0秒56差の1分7秒68でゴール。コースの排雪が間に合わず、1本のみで結果が決まった。「トップは同学年だったので勝ちたかった」と悔しさもにじませた。

 前大会は昨年、東日本大震災の影響で中止。前々大会は兄の喬太(札幌第一高1年)も男子大回転で学年別2位に輝いていた。

 齋藤を指導する忠類スキー少年団指導員の丸田耕志さん(63)は「大きな舞台で活躍できる選手。その精神力の強さは、スキーだけでなくさまざまな面で生かせるのでは」と話している。


2012 JOCジュニアオリンピックカップ全国スキージュニア競技会に参加して3

2012 JOCジュニアオリンピックカップ全国スキージュニア競技会に参加して3

7,宿泊について

本県の選手は、全員かもい岳温泉ホテルに宿泊しました。

コーチは、かもい岳温泉ホテルとかもい岳ビレッジに別れて宿泊しました。

両施設ともスキー場の目の前なので、最高の場所を確保していただいたコーチに感謝いたします。

K2の選手達は、ほとんど自分たちでワックスがけをし、K1女子の多くは保護者が行っていたようです。

子供の場合も、通常のワックスは自分で行いますが、大会用のワックスがけとエッジ研ぎは、私が行いました。

保護者は、自分で宿を見つけることになっていたのですが、既に4日間通して市内ホテルを確保できず、2日間ずつに分けて、移動することになりました。

大会出場が決まったら保護者は出来るだけ早く予約を入れることをお勧めします。

8,ワックスルームにて

子供の板は、前日に私たちの宿に持って行き、夕方から夜にかけてワックス等を行い、試合当日の朝に渡すようにしていました。

宿泊場所には、何人か同じような保護者がワックスをしており、その方達とお話をする機会がありました。

東京、北海道、群馬の方と話をしました。

北海道の保護者の方は、一番下の娘さんの世話で来られておりましたが、長男がジャパンチームの一員という方でした。

息子さんは、小学校時代は全然活躍できず、中学校になってから始めて結果が出るようになったそうです。

その経験を踏まえて、いろいろなアドバイスをいただきましたので、少しご紹介をさせていただきます。

スキー選手として大事なことは、

①夏場の基礎トレーニング(体作り)をしっかりと行うこと。1年中スキーをしていてはいけない。

②小さいうちは、ポール練習ばかりせずに、様々な雪上体験をさせること。

③子供が、スキーを嫌いにならないようにすること。

④そのためには、いろんな遊びを取り入れるなど、スキーを楽しむこと。

特に、④の「楽しくスキーをすること」を強調されていました。


全く同感です。

雪国の選手は、いったんアルペンを止めると、二度とスキーをしなくなるケースが多いと聞きます。

スキー場にも近づかなくなると。

スキーに嫌悪感を持ち、トラウマになっているのだと思われます。

なぜそこまで嫌いになるのか?

想像ではありますが、周囲からの強い期待や厳しい指導がプレッシャーになり、それに応えられないと本人が感じたときに、反発・嫌悪感に変わるのだと思います。

勝利(順位、ポイント)が絶対的な価値基準になっている場合、成績が出ない状況に陥ったとき、自分の存在価値そのものが否定されてしまう感情になるのは、子供にとって自然です。

選手は強い葛藤に苛まれ、やがて精神的に追い詰められていくのだと思います。

「楽しくスキーをすること」「スキーを嫌いにならないこと」

本当に大事なことを教えられました。

正確に言うと、その大切さは(概念的には)分かっているのだけど、日々の競争の中でつい優先順位の底に追いやられているものを、(経験者の説得力のある言葉で)改めて気づかせていただいたということかと思います。

たまたまワックスルームで一緒だった人間に素晴らしいアドバイスをしていただいたことに、心から感謝いたします。

9,最後に

今回の大会参加では、他県の保護者のみならず、同県の保護者ともいろいろお話をしました。

ある保護者とは「スキーと勉強を両立させるためには、どうすれば良いのか」というお話もしました。

名案は見つからなかったのですが、皆さん悩みは共通しているんだと感じました。

保護者の立場からも、様々なことを議論・確認できた素晴らしい機会を持てたと思います。

子供の滑りに関しても、トップ選手と何が違うのか、その原因は何か、が明確に把握できました。

今後1年間かけて、様々な対応を取っていきたいと考えています。

子供自身も、チーム内の選手と仲良くなったり、他県の選手と久しぶりに再会できたりと、とても楽しかったようです。

ジュニオリ参加を通して、素晴らしい経験をさせていただいたことに深く感謝いたします。

最後に、引率・指導していただいたコーチの皆様、状況に応じた適切な大会運営をしていただいたかもい岳スキー連盟及びかもい岳スキー場のスタッフの皆様、歌志内市、地元ボランティアの皆様、コース造成及び整備に尽力をされた自衛隊の皆様、不慣れな私たちに親切に、そして暖かい歓迎をしていただいた地元の皆様に、厚く御礼を申し上げます。

また、来年もかもい岳に行けるように頑張りたいと思います。

拙い記録ではありますが、皆様にとって何らかの参考になりましたら幸いです。

コスプレならリフト半額 群馬のノルン水上スキー場

コスプレならリフト半額 群馬のノルン水上スキー場

2012/3/22 23:53 日経新聞

 コスプレすればリフト半額――。群馬スノーアライアンス(群馬県みなかみ町、辻隆社長)が運営するノルン水上スキー場(同)は25日、アニメのキャラクターなどにふんしたコスプレや制服姿でゲレンデに来ると、1日分のリフト券の料金(4200円)を半額にするキャンペーンを実施する。

 若者の集客を強化する狙いで「好評であれば来冬からシーズンを通じた割引も検討する」(清永治慶支配人)という。

 アイドルグループ「AKB48」やアニメのキャラクターなどの衣装のほか、メイド服や学校の制服を着ている客が対象。同スキー場によると、近年はそうした格好でゲレンデを滑る若者が増えているという。独自の企画でコスプレ好きの客をさらに掘り起こすとともに、ネット上での口コミを通じてスキー場の知名度を高める狙いもある。

 ノルン水上スキー場は交流サイト(SNS)のフェイスブックやツイッターのほか、動画投稿サイトのユーチューブを活用してイベントやキャンペーンの情報を発信。今シーズンの客数は20日までで11万2000人と、東日本大震災前の一昨年の同時期と比べても20%増えている。


2012年 第55回志賀高原少年スキー大会 結果

2012年 第55回志賀高原少年スキー大会 結果

結果はこちら

速報サイトは、こちら

皆さん忙しそうですね。

2012 第6回全国小学生アルペンスキー大会結果 速報

2012 第3回チルドレンAPPIオープン結果 速報

2012 JOCジュニアオリンピックカップ全国スキージュニア競技会に参加して2

2012 JOCジュニアオリンピックカップ全国スキージュニア競技会に参加して2

5,大会1日目の様子

まずは、K1女子コンビの1位と2位の滑りをご覧ください。(勝手に載せてすみません)

動画:2012ジュニオリ・コンビ1位 片桐選手片桐選手

動画:2012ジュニオリ・コンビ2位 雲野選手雲野選手

対照的な滑りです。

片桐選手は、中学か高校のトップ選手の滑りを見ているような、まさにお手本の滑りです。

雲野選手は、荒削りですが、滑りがダイナミックでバネがあり、ねじ伏せるような力強さがあります。

共通するのは、ターン後半のスピードの伸び。

早い板の捉えから、板の反発を生かせる重心移動が出来ていることが、スピードを生んでいると感じました。

1日目は、バーンの状態も良く、ほぼ全員平等なコンディションで滑ることが出来たと思います。

コンビに関しては、セットもそれ程難しくなく、普段の実力がそのまま出せたのではないでしょうか?

おまけ、

動画:自衛隊員によるコース整備
自衛隊員によるコース整備

6,大会2日目の様子

2日目GSは、一転して大雪。

001_20120322154948.jpg

002_20120322154948.jpg

003_20120322154947.jpg

K1女子の前走として11人が滑り、その前、中、後に自衛隊によるコース整備を入れる状況でした。

それでも、K1女子の時点ではまだ良かったのですが、どんどん激しくなる雪の中、結局K2の2本目はキャンセルになりました。

K1男子とK2は、気象及びその時のコース状況でタイムが大きく左右されたため、実力を出せなかった選手もいたのではないかと思います。(ちょっとかわいそうな感じでした)

斜度自体はすごく急という訳ではないのですが、旗門セットが片斜面に逆らったセットであったり、小さなうねりが続いていたり、ウエーブの先の旗門が見えない状況で突っ込んでいく必要があったり、普段易しいセットで練習をしている選手(あるいは、インスペクションが甘い選手)にとっては、難易度が高かったものと思われます。

2日目は、動画がマトモに撮れませんでした。

(続く)


「寒い冬」「遅い春」で明暗(群馬県)

「寒い冬」「遅い春」で明暗(群馬県)

void(0)_20120322143209.jpg
つぼみが目立つ箕郷梅林の白梅(21日午後、高崎市箕郷町で)

 例年になく寒い冬となった影響で、県内は春の訪れが遅れている。梅などの開花が遅れ、名所の来場者が低調だったり、春物商戦が苦戦したりする一方、スキー場では恩恵を受けている。

 前橋地方気象台によると、最低気温が氷点下となる冬日が、昨年12月~今年2月だけで59日あり、平年の50・5日を大幅に上回った。また、寒気の流れが強かった影響で、関東甲信地方では、12年ぶりに春一番が観測されなかった。

 梅の名所「箕郷梅林」(高崎市)では、約10万本のほとんどがつぼみの状態だ。地元の「カニ沢梅まつり実行委員会」によると、観光客の入りは例年の2~3割程度で、白梅はまだ一分咲きだという。千葉県四街道市から訪れた主婦河内綾子さん(70)は「梅の香りはするけれど、花を見られなかったのは残念」とがっかりしていた。

 安中市は、3月31日までの予定だった「秋間梅林祭」を4月8日まで延長。市商工観光課によると、まだ一分咲きで、見頃まで1週間以上はかかるという。

 花見シーズンを控え、桜が気になるところだが、日本気象協会は、前橋の開花を平年より5日遅い4月5日と予想している。

 前橋市千代田町の百貨店「スズラン前橋店」では、3月に入ってからの春物婦人衣料の売り上げが例年より1~2割落ちている。20日から創業60周年記念のバーゲンを行っているが、担当者は「もう少し暖かくならないと、盛り上がりに欠けてしまう」と話す。

 伊勢崎市宮子町のホームセンター「カインズホーム伊勢崎店」では、2月27日~3月11日の使い捨てカイロの売り上げが昨年と比べて約5割増。石油ストーブやこたつ布団の売り上げも好調だという。

 一方、スキー場には恵みの冬となった。みなかみ町大穴の大穴スキー場では、リフトの運行は20日で終えたが、ゲレンデにはまだ雪が豊富にあり、無料で入場できる。沼田市上発知町のたんばらスキーパークでは、気温が上がらないため雪質が良く、滑りやすいと好評だという。

(2012年3月22日 読売新聞)


2012 JOCジュニアオリンピックカップ全国スキージュニア競技会に参加して1

2012 JOCジュニアオリンピックカップ全国スキージュニア競技会に参加して1

やっと帰ってきました!

そして、すっかり気が抜けました(笑)

003.jpg
多くのホテルにこのポスターが掲示されていました。

気をとり直して、まずは事実の記録から、

1,日程・種目

2012年3月18日(日)から3月20日(祝)

 キャプチャ

K1:19日コンビ、20日GS
K2:19日SL、20日GS

K1は両種目ともに1本。
K2は、両種目ともに2本(ただし、悪天候により20日のGSは1本に変更。時間もかなり変更されました。)

また、事前練習が可能になっておりました。

キャプチャ

キャプチャ1

多くの選手は、金曜日から土曜日に現地入りしたようです。

大会前日には開会式があり、歌志内市公民館でブラスバンドの音楽とともに、プラカードを持った女子中学生?に続いて、選手入場、挨拶、選手宣誓、なまはげ?の歓迎があったようです。(私はワックスがけをしていたため参加できませんでした)

002.jpg

003_20120322145130.jpg
「歌志内市は、日本一人口が少ない市だ!」となまはげが語っていました。

2,場所・コース

かもい岳スキー場(北海道歌志内市)

最寄りの町は、砂川市、滝川市になります。町から車で20-30分ぐらい。

スキー場徒歩圏内には、かもい岳温泉ホテル、かもい岳ビレッジしかないため、多くの選手や保護者は市内から通っていました。

 キャプチャ

砂川などの中心街は平地にあり、周囲をたくさんの小山に囲まれています。かもい岳スキー場は、そうした山の一つをスキー場として開発したようです。

001.jpg
滝川市内から見たかもい岳スキー場(裏側)

本州ですと、嶮しい山をどんどん上っていったその先に、スキー場があるところが多いと思いますが、かもい岳はそこまで高度差はありませんでした。

規模としては、それ程大きくありません。

斜面も、中急斜面と緩斜面で構成されています。

ただ、大会コースは片斜面やウエーブに合わせて旗門セットがされており、難易度は高かったようです(特にGS)。

3,選手選考

各都道府県ごとに選考が行われました。

割り当て人数は、SAJ選手登録数に応じた比率で計算されたようです。(登録選手がいなければ割り当ても0)

選考方法は、都道府県ごとに異なっていると思いますが、多くの県では、複数回の選考レースを設定し、ポイントを付けて選考を行ったため、例えば全中のような運・不運が左右することは比較的少なかったものと思います。

K1女子では、北海道の割り当てが少なく(6名)、選考レースは熾烈だったと聞きました。

海外派遣等があった一部の県を除いて、ほぼトップ選手が参加したものと思われます。

4,往復の交通

関東甲信越地域では、フェリー組と飛行機組に分かれました。(一部、現地まで運転して行った猛者もいたようです)

我が家は、行きは新潟から、帰りは大洗までフェリーを利用しましたが、やはりかなり時間がかかったと感じました。

次回チャンスがあれば、飛行機にしようと思いました。

飛行機の場合、宅急便であらかじめ大きな荷物は送っていたようです。

(続く)

通年型リゾート目指す 野沢温泉、スキー伝来100年で県に記念品 長野

通年型リゾート目指す 野沢温泉、スキー伝来100年で県に記念品 長野

2012.3.21 18:51 産経新聞

ngn12032118500003-p1.jpg
記念スキーを手に、スキー談議に花を咲かせる加藤さゆり副知事と野沢温泉スキー場の河野博明社長=県庁

 野沢温泉村にスキーが伝来して100年になるのを記念し、野沢温泉スキー場の河野博明社長(60)が21日、スキー発祥100周年を記念したオリジナルスキーを県に寄贈した。昨年3月12日、県北部地震に見舞われ、建物などに被害が出るなどした同村。東日本大震災による自粛ムードも重なってスキー客の減少に苦しんだ。しかし今シーズンは「村や野沢温泉観光協会の強力な誘客キャンペーンのおかげで入り込みは好調」(河野社長)。次の100年に向けて一大スキーリゾート地への発展を目指している。

 村にスキーが伝わったのは明治45(1912)年。飯山中学(現・飯山北高、飯山市)の寄宿舎で生活する生徒が春休みに村内へスキーを持ち帰り滑ったのが始まりという。大正13(1924)年1月には法政大スキー山岳部員がスキー場の視察に訪れ、3月には初のスキー合宿が実現し、本格的なスキー文化が花開いた。

 100周年を記念するオリジナルスキーは、同スキー場が同じく創業100周年を迎える長野市の小賀坂スキーに製作を依頼した限定モデル。昭和5(1930)年に来日し、野沢温泉をはじめ国内各地でスキー術を教えたオーストリアのハンネス・シュナイダーの写真や、今年で生誕100年の芸術家で同村名誉村民、岡本太郎による「湯」の文字が白いスキー板にデザインされている。

 自身も3歳からスキーを楽しんでいるという加藤さゆり副知事からスキー王国復興のアドバイスを求められた河野社長は、「県歌『信濃の国』を歌うのと同じく県民全員がスキーができるように、教育制度の中でスキーを位置づけていただきたい」と提案。通年型リゾートの確立に向けて、「都会でスキーウエアーを買ってスキー場に来るなんて欧米ではあり得ない。リゾート地へ来てウエア選びを楽しめるような環境づくりが必要だ」と話した。


アルペンスキー、森井大輝選手が日本人初のW杯総合V

アルペンスキー、森井大輝選手が日本人初のW杯総合V

2012年3月21日(水) 16:05 JST by 瀬長 あすか

バンクーバーパラリンピックのアルペンスキー銀メダリストでチェアスキーヤーの森井大輝選手(富士通セミコンダクター)が、2011-2012年シーズン障害者アルペンスキーワールドカップで個人総合優勝を成し遂げ、19日、都内で記者会見した。アルペンスキーで日本人選手が総合優勝を果たしたのは初めて。
優勝が決まった瞬間は「胸にグッとくるものがあった」と、笑顔で振り返った森井選手。同じ日本チームの鈴木猛史選手(駿河台大学)も、「先輩と一緒に表彰台に上がれたら」とポイントを稼ぎ、総合2位に。日本障害者アルペンスキーチームの丸山寿一監督は、「さ来年のソチに向けて選手たちは、着々と力をつけている。上手く調整していきたい」と語った。

森井大輝選手のコメント
「10年前、W杯に初めて参戦したときに(総合優勝者に与えられる)クリスタルトロフィーを見て、どうしてもあれが欲しい!と思った。やっと手に入れたという気持ち。(昨年7月に亡くなった)松井貞彦(前)監督らに、ずっと苦手種目をなくすように言われてきたので、苦手のスラロームも一生懸命やればなんとかなると信じてトレーニングを積んできた。ソチパラリンピックに向けて、まだ獲ったことがない色のメダルを目指して頑張っていく」

鈴木猛史選手のコメント
「今シーズン、安定した成績を残すことを目標に掲げていて、総合2位という結果だったので、目標を達成できたと思う。来シーズンもこの調子で頑張り、2014年のソチパラリンピックをいい状態で迎えたい」
(取材・文/瀬長あすか)


エアボードで木に衝突死…大会練習中、コース外れ

エアボードで木に衝突死…大会練習中、コース外れ

 20日午前9時50分頃、群馬県片品村花咲のスキー場「スノーパルオグナほたか」で、ソリ競技の一種「エアボード」で斜面を滑走していた埼玉県羽生市上岩瀬、無職河田茜さん(30)がコースを外れ、立ち木に衝突した。

 河田さんは首などを強打し、約3時間後に死亡した。

 群馬県警沼田署によると、河田さんは、同日午後に開催される「第5回全日本エアボード選手権大会」に参加する予定で、競技前の練習中、終着点で止まりきれず、コースを逸脱したとみられる。ヘルメットは着用していた。

 大会を運営する企画会社「カッパCLUB」(みなかみ町)は、「日本でのエアボードの死亡事故は聞いたことがない」としている。沼田署は、競技の安全管理に問題点がなかったかどうかを調べている。

 エアボードは、スイスで生まれた新種のスノースポーツ。空気で膨らませた長さ約1メートルのボードに腹ばいに乗り、頭部から滑走する。大会には初心者でも講習を受ければ参加できる。この日の大会には38人が登録し、河田さんは3回目の出場だったという。

 スキー場を管理する武尊山観光開発片品事業所によると、現場の斜面は、最大斜度20度の初心者用コース。現場に、防護用ネットなどは設置されていなかった。同事業所は「通常は滑り降りない場所で、事故も無かった」と説明している。

 大会に出場予定だった東京都板橋区の男性会社員(33)は、「安全だと思っていたので驚いている。スピードが出過ぎて怖くなり、我を失ってしまったのでは」と驚いていた。

(2012年3月21日10時43分 読売新聞)


エアボード死亡事故

安全対策整備の途上 アウトドア連組合作り規約策定へ

 片品村のスキー場で、ソリ競技の一種「エアボード」で滑走していた埼玉県羽生市の女性(30)が立ち木に衝突死した事故は、国内初の死亡例とみられる。初心者もすぐに乗りこなせるのが魅力で、徐々に愛好者が増え始めた中での事故だった。まだ指導的役割を担う競技者団体がなく、安全対策は大会やツアーを企画する会社や個人に委ねられている部分が大きいという。(石川貴章)

 エアボードは、空気で膨らませた長さ約1メートルのボードに腹ばいで乗り、左右にバランスを取りながら頭から斜面を滑り下りる。エアボードの輸入代理店「モンベル」(大阪市)などによると、約10年前にスイスで始まり、日本では5年ほど前から企画会社によるツアーや大会が開かれるようになり、愛好者は徐々に増えているという。

 同社の広報担当者は「スキーやスノーボードに比べて技術が必要なく、コントロールも取りやすい。足でブレーキを掛ければすぐに止められる」と魅力を説明する。

 しかし、亡くなった女性はエアボード経験者で、当日は、みなかみ町の企画会社が運営した「第5回全日本エアボード選手権大会」に出場するため、ゲレンデで斜面を滑走をしていたが、スピードが出すぎて止まりきれず、立ち木にぶつかったとみられる。

 同じ大会に参加するため、東京都から訪れた女性は「スキーやスノーボードは上達しなかったが、エアボードは簡単だったので始めた。コントロールも簡単で、怖いと思ったことはなかった。まさか死亡事故が起こるなんて」と驚いていた。別の男性(33)によると、エアボードは「スキーやスノーボードに近いぐらいのスピードが出る」といい、「この日は雪が硬く、スピードが出やすかった」と振り返る。

 北海道の企画会社も、ツアー参加者には「スピードは極力出さないように指導している」と話すなど安全策を講じているが、協会や連盟はないため、共通の規定はなく、業者独自の判断によるところが大きいのが現状だ。

 エアボードの安全対策について、みなかみ町に本拠地を置く一般社団法人「アウトドア連合会」は、「ラフティング組合」や「キャニオニング組合」などを組織し、事故を防ぐルール作りをしており、今回の事故が起きる前から、新たにエアボードの組合も作り、一定のルールを設ける予定だったという。

 石川満好事務局長は「規約や規定を定め、それに基づいて競技することで、安全性の向上が期待できる」と話している。

(2012年3月25日 読売新聞)

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31