ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いかれた野郎たち

いかれた野郎たち










Red Bull Supernatural 動画

佐々木ら優勝 ファーイースト杯/アルペン

佐々木ら優勝 ファーイースト杯/アルペン

2012.2.29 17:40 サンスポ

 アルペンスキーの志賀高原カップ第1日は29日、長野県志賀高原で大回転を行い、男子は五輪3大会連続出場の佐々木明(エムシ)が合計1分44秒66で優勝した。同大会はワールドカップ(W杯)の下部大会のファーイースト杯で、佐々木は10季ぶりの優勝。
 1回目に0秒20差の2位につけた佐々木は、2回目に逆転した。大越龍之介(東急リゾートサービス)が0秒15差の2位。佐々木は3月1、2日の回転にも出場する。
 女子は清沢恵美子(チームクレブ)が勝った。(共同)


男子結果

女子結果

除染の一部、国負担せず 重点地域 年5ミリシーベルトで線引き

除染の一部、国負担せず 重点地域 年5ミリシーベルトで線引き

2012年2月29日 東京新聞朝刊

 東京電力福島第一原発事故で放射性物質に汚染され、除染費用が「原則国負担」となる汚染状況重点調査地域について、環境省が関係自治体に対し、放射線量が比較的低い場所では一部の除染作業を国負担の対象外とする方針を示したことが分かった。首都圏では栃木、茨城、群馬、埼玉、千葉の五県五十一市町村が重点地域に指定されているが、そのすべてで一部対象外とされる可能性が出てきた。
 重点地域は、自然界から受ける以外の被ばく放射線量が年間一~二〇ミリシーベルトと見込まれる地域で、実際の除染作業は自治体が担当。費用についてはこれまで、原則として国が負担するとされていた。
 しかし、環境省が一月下旬、指定自治体に送った文書では、地域内でも追加被ばく線量が「高い地域」と「低い地域」を分けるとし、低い地域では民家の庭の表土除去などが国負担の対象外になっていた。
 高低区分の基準について、同省は本紙の取材に「年間追加被ばく線量がおおむね五ミリシーベルト」と回答。この基準では、高い地域は福島や宮城県内の自治体だけになる。
 方針を決めた理由は「除染事業の内容を練る中で、線量が低いのに、高い地域と同じように国費で負担する必要はないと考えた」としている。
 各地で除染が本格化する矢先に「例外」を持ち出してきた国に対し、千葉県の柏、野田など九市は、民家の庭の表土除去も国が費用負担することなどを盛り込んだ要望書を、環境省に提出した。
 市民と協力して除染を進める予定だった柏市の担当者は「『原則』である以上、例外も予想していたが、これほど多いとは。国には失望した」と話す。
 栃木県那須町の高久勝町長は「一般住宅では庭の表土と屋根の除染は重要だが、町が財政負担するのは難しい。子どもたちの安全を見捨てるような方針には納得できない」と批判。茨城県取手市の担当者も「民家の除染への要望は多い。表土除去が対象外となれば、影響は大きい」と心配する。
 こうした自治体の声に、環境省は「それぞれの汚染濃度に応じ適正な除染活動がある。『原則』とは適正なものについて負担するという意味。各市町村が困っていることも理解しているので、個別に相談してほしい」と釈明している。

 汚染状況重点調査地域 東電福島第一原発事故に伴う放射性物質汚染で、国の責任で除染を行う地域。放射性物質汚染対処特別措置法に基づき、自然界から受ける以外の被ばく放射線量(追加被ばく線量)が年間1~20ミリシーベルトと見込まれる東北や関東地方の8県104市町村が指定された。市町村の半数近くを関東が占める。指定は、除染費用を国が負担することが前提条件となっている。


1ミリシーベルト以上を除染するなど、出来もしないし、する意味もないことは、最初から分かっていたことです。

細野豪志大臣が自治体の反発を受け、十分な検討もせず「除染は国の責任だ。我々の目標は1ミリ以下にすること。対象は1ミリから5ミリの地域も当然含まれる。市町村で提案いただければ国が責任を持って財政的措置、技術的課題に取り組むと約束する」と発言したので、役所が尻ぬぐいをさせられている状況でしょう。

最初から、5ミリを変える必要は無かったのですよ。

政治家が介入すると碌なことにならない実例です。(下も)


菅首相が介入、原発事故の混乱拡大…民間事故調

 東京電力福島第一原発事故に関する独立検証委員会(民間事故調、委員長=北沢宏一・前科学技術振興機構理事長)は27日、菅前首相ら政府首脳による現場への介入が、無用の混乱と危険の拡大を招いた可能性があるとする報告書を公表した。

 報告書によると、同原発が津波で電源を喪失したとの連絡を受けた官邸は昨年3月11日夜、まず電源車四十数台を手配したが、菅前首相は到着状況などを自ら管理し、秘書官が「警察にやらせますから」と述べても、取り合わなかった。

 バッテリーが必要と判明した際も、自ら携帯電話で担当者に連絡し、「必要なバッテリーの大きさは? 縦横何メートル?」と問うた。その場に同席した1人はヒアリングで「首相がそんな細かいことを聞くのは、国としてどうなのかとゾッとした」と証言したという。

 翌12日朝、菅氏は周囲の反対に耳を貸さず、同原発の視察を強行。この際、同原発の吉田昌郎前所長(57)が東電本店とのテレビ会議で、「私が総理の対応をしてどうなるんですか」と難色を示す場面を目撃した原子力安全・保安院職員もいたという。

 報告書は、官邸の対応を「専門知識・経験を欠いた少数の政治家が中心となり、場当たり的な対応を続けた」と総括し、特に菅氏の行動について、「政府トップが現場対応に介入することに伴うリスクについては、重い教訓として共有されるべきだ」と結論付けた。

(2012年2月28日05時02分 読売新聞)


関連記事

第4回アルペン女子合宿

第4回アルペン女子合宿

期間 2月28日~3月6日
場所 長野県・志賀高原及び野沢温泉
目的 FISジャパンシリーズ参戦及び技術系種目強化
選手
A
星 瑞枝(湯之谷スキークラブ)
清澤恵美子(チームクレブ)
B
花岡 萌(アイザックスキークラブ)
C
長谷川絵美(サンミリオンスキークラブ)
金子未里(秋田いすゞ自動車スキー部)
平山あがさ(東海大学)

コーチ 相原博之、岡田 翼


雪中で2晩、無事下山 スキー場で不明の男性 雪をなめて過ごす

雪中で2晩、無事下山 スキー場で不明の男性 雪をなめて過ごす

2012.2.28 14:29 産経新聞

 長野県野沢温泉村の野沢温泉スキー場で26日夕から行方不明になっていた埼玉県飯能市の自営業、小林利光さん(55)が28日午前9時ごろ、スキー場から約10キロ離れた野沢温泉村東大滝の砂防ダム工事現場に自力で下山し、保護された。目立ったけがはない。

 飯山署によると、小林さんは食べ物を持っておらず、雪をなめて過ごしていたという。夜は雪洞を掘り、中で寒さをしのいでいた。

 小林さんは「道に迷った」と話している。携帯電話をスキー場のロッカーに預けたため、連絡が取れなかった。日帰りでスノーボードをするため、26日に1人でスキー場を訪れていた。


厳冬の原因は「ラニーニャ」と「シベリア高気圧」 気象庁検討会

厳冬の原因は「ラニーニャ」と「シベリア高気圧」 気象庁検討会

2012.2.27 22:04 産経新聞

 気象庁の異常気象分析検討会(会長、木本昌秀東大大気海洋研究所教授)は27日、今冬の厳しい寒さと大雪の原因について見解をまとめた。(1)ラニーニャ現象などで偏西風が蛇行し、寒気が南下しやすかった(2)日本の西で冷たいシベリア高気圧が強まって寒気をもたらし、西高東低の冬型の気圧配置も強まった-などを原因に挙げた。

 見解によると、南米ペルー沖の海面水温が下がるラニーニャ現象により、インド洋東部-インドネシア近海では逆に海水温が上がって大気の対流活動が活発化。偏西風を蛇行させたという。日本付近では南に蛇行したため、大陸から寒気が流入したとみられる。

 シベリア高気圧が強まったのはユーラシア大陸で寒帯前線ジェット気流が北に大きく蛇行したためと考えられるほか、地球温暖化の影響でロシア北西部・バレンツ海の海氷が少なかったことも一因と考えられるという。


ボード・ミラーが今季残りを欠場へ=アルペンW杯

ボード・ミラーが今季残りを欠場へ=アルペンW杯

【パリ27日AFP時事】冬季五輪の男子アルペンスキーで5個のメダルを獲得し、ワールドカップ(W杯)で2度総合優勝しているボード・ミラー(34=米=写真)が、左膝の故障で今季W杯の残りを欠場することが27日、明らかになった。
 ミラーは18、19日にブルガリアのバンスコで行われた大会の後、米国で左膝の関節鏡手術を受けた。その後、早期復帰を目指していたが27日、声明で「2、3日休養すればよくなると考えていたが、甘かった。僕は競技スキーが好きだ。完全に治し、できるだけ早く復帰したい」と述べた。
 ミラーはW杯で通算33回優勝しているが、今季は12月初めの滑降の1勝だけにとどまっていた。 〔AFP=時事〕(2012/02/28-10:57)
 

Knee injury sidelines Miller for rest of season

By PAT GRAHAM, AP Sports Writer

Bode Miller will undergo another surgery on his balky left knee and miss the remainder of the World Cup season.

The five-time Olympic medalist had a minor arthroscopic procedure performed on the knee earlier this month with the hope of quickly returning to the circuit. But when Miller recently arrived back in Europe, he experienced more discomfort.

The U.S. ski team didn’t release a date for Miller’s next surgery.

Miller says he will return to training, “as soon as possible. I’m still having fun and as long as skiing is enjoyable, I’m going to continue to do it.

The 34-year-old Miller had four podium finishes this season, including a win on the challenging Birds of Prey downhill course at Beaver Creek in December. He was 10th in the overall standings.


土日の様子

土日の様子

土曜日は、ジュニオリの最終選考会(4試合目)がありましたが、仕事で行けず。

速報を見たり、電話をしたりと、やきもきしていました。

スキー場は、アイスバーンの上に湿った雪が積もり、しかもガスでスタート地点からは2旗門先が見えないという状況だったようです。

役員及び地元スタッフ、そして子供たちの頑張りのおかげで、レースも無事終了。

娘も何とか完走したようです。

土曜の夜に合流し、日曜日の小学生の大会には参加できました。

前日と変わり、バーンは固く締まり、コースは最高の状態でした。

曇りではありましたが、ゴールからスタート地点まで見通すことができました。

ただ、寒かった・・。

それでも、チームからは今シーズン最高の参加人数で、応援も盛り上がっていました。

「「○○ガンバレー」て応援したら、○○が滑りながらこっち見てたよー。何で見るんだ?」とは、娘の弁。

「声があまりにもでかくて、驚いたんじゃないか?」と私。(応援しているのか、邪魔しているのか)

あと、みんなで応援しているときに我関せず1人でラーメンを食べているジュニアがいたりとか(笑)、まあ、そんな感じでした。

小さなチームなので、保護者と子供たちだけでレースに参加することも多いのですが、それぞれの能力、適性に応じた役割分担がされていて、とてもスムーズに進行ができています。

現役レーサーの保護者も多いことから、我が家はいつも重要な役割はお任せして、甘えさせていただいてます。

コーチ、選手、保護者も含めて、とても良いチームだと感謝しております。

そして、2日間、裏方として運営を支えていただいたスタッフの皆さんに、改めてお礼を申し上げたいと思います。

最後に、(直接関係はないのですが)私のお気に入りのブログをご紹介いたします。

何なんだ、こいつわー、とビックリすること間違い無しです。

他に、小海リエックス編などもあります。

ぜひご覧を!

そして、機会がありましたらぜひ辛味噌ラーメンを!

【ビジネスのツボ】プリンスホテルの子供スキー教室

【ビジネスのツボ】プリンスホテルの子供スキー教室

2012.2.27 05:00 サンケイ・ビズ

bsg1202270503000-p2.jpg
パンダルマンキッズスクールでスキーを学ぶ子供の様子。枠をくぐったり、つるしてあるボールにタッチしたりすることで、スキーの動作を学ばせる(プリンスホテル提供)

 ■「遊びながら上達」ファミリー層つかむ

 スキー人口の減少傾向が続く中、歯止めをかけようと、スキー場を運営するプリンスホテルが子供向けのユニークなスキー教室を開催している。最大の特徴は、スキー場であるにもかかわらず、雪のない屋内ゲレンデも設けてある点だ。いきなり雪上に立たせて、スキー嫌いになる子供が少なくないことに着目、「楽しくスキーを覚えてもらう」のがコンセプトだ。かつてスキーブームを担った世代が子供を連れてスキー場に戻ってきてもらうのが狙いで、苗場スキー場(新潟県湯沢町)に続き、今シーズンからは軽井沢スキー場(長野県軽井沢町)でも始め、集客に一役買っている。

 ◆ブーム再燃への突破口

 「三角だよ。スキー板で三角を作って」。屋内ゲレンデでボーゲンを指導する声が響く。

 昨シーズンから始まった苗場スキー場の子供向けスキー教室「パンダルマンキッズスクール」。屋内と屋外両方のゲレンデを使ったスキーレッスンは業界でも珍しい取り組みだ。

 景気低迷や所得不安、レジャーの多様化などから、スキー人口は減少傾向をたどっている。日本生産性本部のレジャー白書によると、1993年に1860万人いたスキーの参加人口は、2010年には570万人と3分の1以下に激減した。

 低迷が続くスキー人口のてこ入れに向けて、全国のスキー場で試みられているのがファミリー層の取り込みだ。若者だけでなく、かつて1980~90年代のスキーブームを担った世代に子供を連れてスキー場に戻ってきてもらい、スキーの楽しさを親子で味わってもらう。その突破口として期待されているのが、子供向けスキー教室。将来のスキー人口増加にもつなげる思惑もある。

全国に9つのスキー場を持つプリンスホテルもスキー教室の活性化を模索していた。「ファミリー層に訴える差別化戦略はないか」。関係者は頭を寄せ合った。

 そのときにアンテナにかかったのが、スキー場の設計やスキースクールの運営を手がけるアプレスキー(名古屋市天白区)の提案だった。同社は、夏季にスキーを練習するための滑りを良くした特殊なマットを開発しているが、子供が遊んでも安全なマットを考案し、雪を使わない子供向け室内ゲレンデの構想を持っていた。「初めてスキーをする子供にとって、重い装備や雪の上での動きづらさはかなりのストレス。まずは室内で装備に慣れさせることができる」(アプレスキーの白川直樹代表取締役)。

 ちょうどそのとき、プリンスホテルでは苗場スキー場の屋内プールが老朽化して維持や修繕が難しくなり、再利用問題が浮上していた。

 さらに苗場スキー場は、広いエリアと豊富なコースで初心者から上級者までが楽しめるスキー場だが、「全方位的で、正直にいうとどれをとってもいまひとつだった」(苗場プリンスホテル支配人の村井宏通さん)。

 「屋内プールをゲレンデに改造し、苗場の新しい売り物にしよう」。さっそくプールの改造工事に着手。パンダルマンキッズスクールはスキーシーズン真っ盛りの10年12月にオープンした。

 大事にしたのは、子供たちが「途中でめげない」プログラム作りだ。「パンダルマン」というパンダと雪だるまを掛け合わせたキャラクターを登場させ、スキー靴をはかせてパンダルマンと一緒に運動をさせる。子供にとってはかわいいキャラクターと遊んでいるだけで、靴の重さに慣れることができる。斜面を歩かせるゲームでは身体の重心を前に置くスキーの基本姿勢やスキーで左右に曲がる動作を自然に身に付けさせる。

次にスキー板を履き、狭い場所を歩かせることで板の長さに慣れさせ、この後に人工芝の上を滑らせる。雪上なら時速20キロほどのスピードが出る斜度だが、ここでは3~5キロほどしか出ない。子供に斜面への恐怖感を与えない工夫だ。ここまでやってやっと屋外のプログラムに移る。

 ◆子供宿泊17%超の増加

 パンダルマンキッズスクール(3~9歳)の料金は2時間7000円からと他の子供向け教室より割高だが、「楽しく滑れるようになる」「子供が雪を好きになる」と口コミでじわじわと評判を呼んでいるという。教室の人気もあって苗場プリンスホテルでは、10年度の年末年始の子供の宿泊は前年比8%増、スクール2シーズン目の11年度は17%を超える増加となった。子供連れが増えたことも影響し、宿泊料が比較的高めなファミリールームの稼働率が上がり、ホテル全体の単価が上昇する効果も出ている。

 苗場の室内ゲレンデでは、家族が普段着のままで子供の様子を見学できる利点もある。「孫を見たいために宿泊するおじいちゃん、おばあちゃんが増え、3世代での利用が今年は特に増えた」(村井さん)。白川さんによると、50人の受講者に対してギャラリーが約3倍の150人に膨らむこともあるという。

 村井さんは「ファミリー向け施策は軌道に乗った」と自信を見せる一方で、「今回親子連れが来てくれているのは、親世代が青春時代に苗場でスキーを楽しんでいた下地があったから」と分析する。「こういう層を作るには、やはり若者にも力を入れなければならない」と語る。苗場で初めてスキーに触れ、青春時代を楽しみ、親になったら子供を連れてくる-。そんな「お客さまのライフサイクルを作っていきたい」と村井さんはビジョンを語った。


こういう施設ならば、スキー場でなくても都市部にも作れそうです。

また、プラスノーに併設できれば、(現在スキー・ホリックが大部分を占める)サマーゲレンデの客層も広がりそうです。

そのうちに、(雪上)初滑りで「上級者」が出現するかも??

石井、強行軍でも格の違い/アルペン

石井、強行軍でも格の違い/アルペン

2012.2.26 18:17 サンスポ

 スキーの全日本学生選手権第3日(26日、岩手県・雫石スキー場)W杯などを転戦する石井が、大回転との2冠で格の違いを見せつけた。「どんな大会でも勝つのは難しいので、うれしい」。勝って当然の重圧を難なくはねのけ、納得の様子でうなずいた。
 1回目から2位に1秒近い差をつけてトップに。2回目は降雪でコースが軟らかくなり、スキーがとられる難しい条件となったが、バランスを保って滑り抜けた。海外遠征から22日朝に帰国する強行軍で好結果を出し「思ったより動きが良かったし、楽しかった」と声が弾んだ。
 2年後のソチ冬季五輪を目指し、大学の先輩で好調な湯浅直樹(スポーツアルペンク)を必死に追いかける。「一つのターンのスピードはトップ選手と変わらない。ミスなく滑ることができれば…」と世界の舞台を見据えた。(共同)


スキー、ボンが今季10勝目 W杯女子S大回転

スキー、ボンが今季10勝目 W杯女子S大回転

 今季10勝目を挙げた米国のリンゼイ・ボン(ロイター=共同)
 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は26日、ブルガリアのバンスコで女子スーパー大回転第6戦を行い、リンゼイ・ボン(米国)が1分15秒66で今季10勝目、通算51勝目を挙げた。ティナ・ワイラター(リヒテンシュタイン)が0秒05差で2位、ダニエラ・メリゲッティ(イタリア)がさらに0秒02差で3位に入った。(共同)


Lindsey Vonn Wins 51st World Cup Race - from Universal Sports - Click here for more amazing videos


Tina Weirather Gets 5th WC Podium Finish - from Universal Sports - Click here for the funniest movie of the week


Daniela Merighetti 3rd in Bansko Super G - from Universal Sports - For more amazing video clips, click here


Skier Marsaglia Crashes out in Super G - from Universal Sports - Click here for more blooper videos


ブラルドネが今季2勝目=W杯アルペン大回転

ブラルドネが今季2勝目=W杯アルペン大回転

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は26日、スイスのクランスモンタナで男子大回転の第7戦が行われ、マッシミリアノ・ブラルドネ(イタリア)が2回合計2分33秒77で今季2勝目、通算7勝目を挙げた。2位はマルセル・ヒルシャー、3位はハンネス・ライヒェルト(ともにオーストリア)。日本選手は出場していない。(時事)。(2012/02/26-22:54)


Blardone Gets 6th Career Win in Giant Slalom - from Universal Sp - Click here for the funniest movie of the week


Marcel Hirscher Gets 2nd Place in Giant Slalom - from Universal - Click here for another funny movie.


Hannes Reichelt Gets 3rd Place in Giant Slalom - from Universal - Watch today’s top amazing videos here


Svindal Crashes in Giant Slalom at Crans-Montana - from Univers - Funny video clips are a click away


ライヒが復活の今季初勝利=アルペンW杯・男子S大回転

ライヒが復活の今季初勝利=アルペンW杯・男子S大回転

【クランスモンタナ(スイス)25日AFP=時事】アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は25日、当地で男子スパー大回転の第5戦を行い、ベンヤミン・ライヒ(オーストリア=写真)が1分34秒37で今季初優勝を果たした。2季ぶりの勝利で通算36勝目。
 ライヒは昨年2月に膝の靭帯を断裂し、6カ月間の休場を余儀なくされた。前日のスーパー大回転第4戦でも3位に入っており、見事に復活を果たした。
 2位には0・24秒差でアドリアン・トー(フランス)が入り、3位は前日優勝のディディエ・キュシュ(スイス)だった。 〔AFP=時事〕(2012/02/26-11:35)
 


Benjamin Raich Wins Day Two of Super G - from Universal Sports - A funny movie is a click away


Adrien Theaux 2nd in Super G Day Two - from Universal Sports - Click here for this week’s top video clips


Didier Cuche Takes 3rd in Day Two Super G - from Universal Sport - More bloopers are a click away


スキー客乗せたバスが融雪車追突…22人重軽傷

スキー客乗せたバスが融雪車追突…22人重軽傷

 25日午前3時35分頃、福島県西郷(にしごう)村小田倉井戸尻の東北自動車道下り線で、スキー客43人を乗せた観光バスが、融雪剤を散布中の作業トラックに追突した。
 バスの運転手二瓶隆浩さん(47)が足の骨を折る重傷、乗客21人が軽傷を負った。
 県警高速隊によると、バスは福島県内の会社が運行し、東京都内を出発して同県猪苗代町のスキー場に向かう途中だった。トラックはネクスコ東日本の作業車で、融雪剤をまきながら低速で走行していた。事故当時は雪が降っていた。
 事故の影響で、東北道下り線は白河―矢吹インターチェンジ間が午前8時過ぎまで通行止めになった。

(2012年2月25日09時08分 読売新聞)


キュシュが最年長V更新=通算21勝目-W杯男子スーパーG

キュシュが最年長V更新=通算21勝目-W杯男子スーパーG

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は24日、スイスのクランスモンタナで男子スーパー大回転第4戦が行われ、37歳のディディエ・キュシュ(スイス)が1分33秒11で優勝、W杯通算21勝目を挙げた。1月28日の男子滑降以来の今季4勝目で、自身の持つW杯最年長優勝記録をさらに更新した。
 2位はヤン・フデック(カナダ)、3位はベンヤミン・ライヒ(オーストリア)。日本勢は出場していない。 (時事)(2012/02/24-22:37)


Didier Cuche Wins Super G at Home - from Universal Sports - Click here for the funniest movie of the week


Skier Jan Hudec Gets on World Cup Podium - from Universal Sports - For more funny videos, click here


Benjamin Raich Gets 2nd Ski Podium of Season - from Universal Sp - Click here for another funny movie.


2012全日本ジュニアスキー選手権大会 結果

「高長根スキー場も存続困難」

「高長根スキー場も存続困難」

 「弘前市社会体育施設等のあり方検討市民懇談会」は23日、市が運営する4スキー場のうち、高長根ファミリー、東目屋の2スキー場について「将来的に廃止することはやむを得ない」とする提言書を提出した。提言案の段階では、高長根の存廃は結論が出ていなかったが、懇談会は最終的に「存続は難しい」と判断した。


ヒルシャー SGに参戦

ヒルシャー SGに参戦

「面白くない」という理由で2年以上滑っていなかったSGに参戦するようです、

総合優勝に向けて背に腹は代えられないというところでしょうか。

World Cup leader Hirscher returns to race super-G

CRANS-MONTANA, Switzerland (AP)―The Austrian ski federation says Alpine World Cup overall leader Marcel Hirscher will start his first super-G race in more than two years on Friday.

Hirscher had said it was “not interesting” to race speed events this season while consistently posting good results in slalom and giant slalom.

Now he has changed tactics ahead of a 10-day run featuring four super-G races at Crans-Montana, Switzerland, and Kvitfjell, Norway.

With 100 points awarded for victory, Hirscher has a 52-point advantage in the standings over Swiss speed specialist Beat Feuz, who won a super-G in December at Val Gardena, Italy.

Defending champion Ivica Kostelic of Croatia trails Hirscher by 12 points but is sidelined after knee surgery.


第85回 全日本学生スキー選手権大会(インカレ) 結果

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。