ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地を応援! 「ボランティア+観光」のツアーとは?

被災地を応援! 「ボランティア+観光」のツアーとは?

06月24日 16時45分 更新 Woman.excite

被災地ではまだまだボランティアの手を必要としています。ゴールデンウィークにはとても多くの人が被災地でボランティア活動に参加しましたが、その後はやや人数が減ってきているそうです。

ボランティアに参加したいと考えているものの「どうやって参加したらいいのかわからない」「交通手段がない」などという心配から、なかなか参加に踏み出せない人もいるかもしれません。そんな人は「ボランティアツアー」への参加を考えてみてはいかがでしょう。
ボランティアツアーはボランティア活動に、現地への交通、宿泊場所などがセットになったツアーで、全国の社会福祉協議会や、NPO、民間企業が参加者の募集を行っています。参加する人にとっては、ボランティア参加時の大きな問題である交通や宿泊場所などの心配がないうえ、ツアーでまとまって参加することは、現地のボランティアコーディネーターの負担を軽くしたり、交通渋滞の緩和にもなるとされています。

特に、被災地でのボランティア活動と各地の観光をセットにしたボランティアツアーが政府によって推進されており、旅行会社各社でさまざまなツアーが展開されています。このようなツアーでは、ボランティア活動で被災地の復興を手助けするとともに、風評被害などに苦しむ被災地周辺の観光地を観光することで、経済的な復興にも貢献することが期待されています。

ボランティア活動と観光がセットになったボランティアツアーの例をみてみましょう。
株式会社JTB関東の「JTBグリーンシューズプロジェクト ボランティアバスパックin宮城」(参加代金:1人9,800円)では、1泊2日で、泥かき、家屋の片付け・清掃、被災地での手伝い、瓦礫の撤去、物資の仕分けなどのボランティア活動と、宮城県の特産品の買い物・試食などの観光を行います。(ボランティアの活動地や活動内容は、現地のニーズにあわせて直前に決まります。)
通常の観光旅行と異なる点として、下記のような参加条件があります。

・心身共に健康で屋内・屋外での活動ができる成人男女 (未成年者は保護者同意書が必要となります)
・スケジュール通り参加できる方(現地での合流、自家用車での帯同などは不可)
・被災者の心情を理解し、思いやりをもって作業できる方
・現在も災害の可能性のある被災地であることを理解し、自己責任で参加できる方
・被災地でのボランティア活動であることについて家族の同意を得られている方
・団体行動ができ、自分の行動に責任のとれる方

また、参加前に各自でボランティア保険へ加入することが必要となります。

JTB関東の方によれば、ボランティアツアーへの申し込み状況は、今のところ車中泊を行う1泊2日のツアーが人気で、参加者は車中泊ということもあり体力のある若い人が多めだそうです。しかし夏休みに向けて、宿泊を伴う2泊3日のツアーにも注目が集まるのではと予想しています。同社では今後もツアーを通して、実際のボランティア活動のほか、被災地で宿泊・観光・買い物をすることによる地産地消、そして、ツアー後に友人などへ東北の現状を話すことによって風評被害を払拭するという「トリプルボランティア」を推し進めていくとのことです。

旅行会社各社のボランティアツアーについては「助け合いジャパン」のサイトからチェックすることができます。今年の夏は、ボランティアツアーに参加してみてはいかがでしょうか。


関連記事
スポンサーサイト

夏レジャーの定番 海川と山 事故が多いのはどっち?

夏レジャーの定番 海川と山 事故が多いのはどっち?

06月29日 13時00分 更新 Woman.excite

いよいよ夏も本番。
今年の夏の予定はたてられましたか? 海や川、そして山にと自然の中で過ごすレジャーは楽しいものですが、その反面、それぞれに危険も付きまといます。

海や川での水難と山岳遭難では、どちらが多いかご存知でしょうか?
警察庁から公表された平成22年における水難と山岳遭難の概況によると、平成22年中に発生した水難の件数は全国で1,573件で、水難者数は1,802人。 一方の山岳遭難の発生件数は1,942件で、遭難者数は2,396人となっており、発生件数・人数ともに山岳遭難のほうが多くなっています。
特に、昨年の山岳遭難発生件数と遭難者数については、昭和36年以降、過去最高となっているとのことです。一方、水難の発生件数は、過去10年間で多少の変動はあるものの、10年前の平成13年と比較すると150件以上減少しているそうです。
これだけ見ると、山の方が危険なの?と思ってしまうかもしれませんが、死者・行方不明者の数を見てみると、水難によるものが877人、山岳遭難によるものが294人となっており、死者・行方不明者は水難のほうが多くなっています。 山岳遭難では、救助されて助かったという話をよく耳にしますが、水の事故はなかなかそうもいきません。

さて、水難や山岳遭難はどのようなところで多く発生しているのでしょうか。
まず都道府県別に見てみると、平成22年に水難事故が最も多かったのは千葉県で87件。次いで沖縄県(77件)、静岡県(72件)となっています。
山岳遭難が最も多かったのは、長野県(213件)、次いで北海道(123件)、東京都(122件)となっています。意外と東京都での山岳遭難も多いのですね。
また、事故が発生する状況については、水死事故は、海が53.9%、川が29.2%で、「釣り」「通行中」「水泳中」の時の発生が多く、全体の59.4%を占めています。
山岳遭難については、ハイキング、スキー登山、沢登り、岩登りを含む「登山」と「山菜・茸取り」の時の発生が多く、全体の90.7%を占めています。また、事故の内容としては「道迷い」「滑落」「転倒」が多く、全体の70.2%を占めています。

レジャーの計画を立てる際には、行きたい場所だけでなく、危険な個所も調べておき、当日は近づかないようにしましょう。子供を連れて行く場合は、さらに注意が必要です。
さらに場所にあった装備を準備しましょう。日焼け止めや熱中症対策も忘れずに。山に登る際には、登山計画書を家庭や登山口の登山届ポストなどに提出しておくといいでしょう。
そしてレジャー当日は、常に状況を的確に判断することが大切です。天気や体調が悪くなったりした時は、レジャーの中止を決断しましょう。「せっかく来たのだから」と無理をすると大きな事故に繋がりかねません。お酒を飲んで酔っ払った状態で海や川へ入るのも危険です。何か危ないかを知って、準備して、事故のない楽しい夏にしましょう!

(出典・参考:警察庁ウェブサイト)


Gorinpia プラスノースキーキャンプ

Gorinpia プラスノースキーキャンプ

*冬季シーズンに入る前にグリンシーズン(プラスノー)で 感覚の維持と、基本動作を習得。

*Gorinpiaメンバーと冬季キャンプではできない懇親会(BBQ)で、トップクラスのスキーヤーとの時間を楽しんで頂くと同時に、夏の苗場の良さを体感して頂きます。

*Gorinpia プラスノースキーキャンプ 詳細

●開催 全3回(全て2日間)

●場所 GALAスキー場 http://www.galaresort.jp/winter/news_00214.html

●宿泊 苗場ペンションハイジ http://www.naeba-heidi.com/

●コーチ 皆川賢太郎・吉岡大輔・清澤恵美子・田口和馬

●開催日(全て2日間)
【1】7月23日(土)・24日(日) 定員:30名 / 対象:小学5年生以上~社会人 
【2】8月20日(土)・21日(日) 定員:15名 / 対象:中学生以上~社会人(※吉岡選手のみ)
【3】9月17日(土)・18日(日) 定員:30名 / 対象:小学5年生以上~社会人(※2日目:皆川選手不在)

●料金
○大 人:30,150円(宿泊:1泊2食 9,450円 懇親会BBQ含)
○中高生:29,100円(宿泊:1泊2食 8,400円 懇親会BBQ含)
○小学生:21,560円(宿泊:1泊2食 6,800円 懇親会BBQ含)
※上記金額は、トレーニング費・リフト券・宿泊費(1泊2食)・懇親会BBQ代が含まれております。
※ご宿泊をされないお客様は、上記金額から宿泊費を差し引いた金額となります。

●懇親会BBQ費
(※宿泊以外の方対象)
○大 人:3,500円
○中高生:3,000円
○小学生:2,500円
※宿泊者以外の方も懇親会BBQにご参加頂けます。(食べ放題&飲み放題)
※飲み放題:ビール、日本酒、焼酎、ソフトドリンク各種


(以下省略)

SAJ会長の地位確認訴訟が結審、判決は8月31日

SAJ会長の地位確認訴訟が結審、判決は8月31日

2011.6.29 13:02 産経新聞

 全日本スキー連盟(SAJ)が昨年10月に鈴木洋一会長らを選出した役員改選手続きに不備があったとして、SAJ評議員ら25人が鈴木会長と会長推薦の5理事が地位にないことの確認を求めた訴訟は29日、東京地裁(岩井直幸裁判官)で結審した。判決は8月31日。

 原告側は役員選出委員会の推挙を経ずに評議員会が会長を選んだ手続きは無効と主張。SAJ側は「特段の事情があった」と反論している。



王滝村:スキー場整備1億円余、補正予算案可決 指定管理者募集へ /長野

王滝村:スキー場整備1億円余、補正予算案可決 指定管理者募集へ /長野

 王滝村の瀬戸普村長は28日、6月定例議会に村所有のスキー場「おんたけ2240」の整備費約1億900万円を盛り込んだ総額16億4836万円の11年度一般会計補正予算案を提出、賛成多数で可決された。同スキー場を巡っては2日、指定管理者が東日本大震災による経営不振を理由に撤退を表明。村はスキー場整備とともに7月にも新たな指定管理者の募集を始めるが、見つからない場合は「緊急避難的に今季に限って村営も考える必要がある」としている。

 指定管理者の撤退表明を受け、村は「基幹産業のスキー場を廃止すれば影響が大きい」として、住民説明会を開くなどスキー場を存続させる方法を模索していた。予算案の内訳は▽リフトやゲレンデの修繕費7530万円▽技術者派遣の委託費約650万円--など。村は住民説明会などで、指定管理者の計画をもとに整備費を「最大約1億3500万円」と算出していたが、精査した結果、最大約2億円に上ることが判明。このため、ゴンドラ整備費約8830万円は計上しなかった。

 瀬戸村長は「厳しい状況は変わらないが、一歩進んだ。来季も管理者が見つからない場合、実際に廃止するかは未定だが、村費の投入は続けられないのが現状だ」と話した。

【大島英吾】 毎日新聞


ホテルの有線LANを手軽に無線化

ホテルの有線LANを手軽に無線化

出張の多い方におすすめのお話です。

すでにお持ちの方は、聞き流してください。

ノートPCやスマートフォンは、無線LANで使うと早いし、パケット代も節約できて便利ですよね。

ただ、ビジネスホテル等は今でも有線LANが多いと思います。

ノートPCの場合、狭い机で窮屈な作業になりますし、iPhoneなどのスマートフォンの場合は、そもそもLANケーブルの差し込み口がありません。

こんな時、小型アクセスポイントを持って行くと、手軽に有線LANを無線化できます。

各社から発売されていますが、今回は、プラネックスとロジテックの製品をご紹介します。

1,プラネックス 11n/g/b対応 高速300Mbps対応 Wi-Fiシンプルアクセスポイント

MZK-SA300N2」は、現在お使いの有線ルータにLAN接続するだけで簡単にアクセスポイントが増設できるシンプルなWi-Fiアクセスポイントです。
複雑な設定を変更することなく、設定も価格もシンプルに、Wi-Fi環境を増設できます。

※記載されている価格は消費税別のメーカ参考価格です。

製品型番 JANコード 参考価格(税抜)
MZK-SA300N2 4941250179107 4,000円


WS000000_20110628222007.jpg

WS000001_20110628222007.jpg


2,ロジテック iPhone/iPad/iPod touch用 小型無線LANルータ

以下は、HPからの引用です。

bb_lanw150nripbw.jpg

▼iPhone/iPad/iPod touchからのWi-Fi接続およびインターネット接続に最適

iPhone/iPad/iPod touchのWi-Fi接続機能を使ってインターネット回線へ接続できる無線ルータです。
ご自宅やオフィス、ホテルなど出先にあるインターネット回線に、iPhone/iPad/iPod touchからWi-Fi機能を使って接続できますので、無駄なパケット代を消費することなく、大容量アプリを高速でダウロードしたり、Webサイトを閲覧できます。
プレミアムモデル「LAN-W150N/RIPS」は背面に搭載したアンテナにより、半径約20m(2階建て住居に相当)の範囲に安定した通信が可能です。

▼USB給電&小型でモバイルに最適

iPhone/iPadに添付されるUSB給電アダプタ(ACコンセントからUSBポートより給電できるようにするアダプタ)をそのまま本製品の電源として利用できます。

無線アクセスポイント用のACアダプタを持ち運ぶ必要がなくなり、製品本体もコンパクトなサイズですので、モバイルに最適です。

ポーチを添付していますので、モバイルの際も本製品をまとめて収納することにより、カバンの中もスッキリします。

▼iPhone/iPad/iPod touchと、パソコンやWi-Fiゲーム機との併用に最適なマルチSSID機能を搭載

シンプルな機能で出張先でのiPhone/iPadの無線接続に最適です。
2つのSSIDを管理できる「マルチSSID」機能より、iPad/iPhoneは高セキュリティで、WiFiゲーム機は低セキュリティ、のように接続する機器ごとに別のセキュリティを利用できるので、安心して無線をご利用になれます。


レポートはこちら


私自身は、プラネックスの古い製品(BLW-54VP、たぶんこのコンセプトで実用に耐えうる最初の製品)を使ってますが、快適ですよ。

ベッドで寝転んで、ネットサーフィンは最高です!

実勢価格は、3千円ぐらいと思います。お試しを。

2011/2012 Japan Ski Team 【フリースタイル】

2011/2012 Japan Ski Team 【フリースタイル】

2011/2012年のジャパンチーム(フリースタイル)メンバー表がIDONEのHPに載っていました。

詳しくはこちら

ジャパンチームはすべてモーグルの選手。

新旧織り交ぜたベストチームに見えます。

クロスでは、福島のり子選手、梅原玲奈選手、河野健児選手がウエイティングで復活。

ジュニアメンバーには、アルペンから転向した子も?


アルペンに関しては、北海道の地方紙以外でリストはまだ掲載されていないようです。

A指定は、湯浅、佐々木、清澤、そして星?(推測です)選手でしょうか。

スポーツ基本法 成立

スポーツ基本法:成立 「スポーツの権利」盛る 国家戦略として推進

 超党派の国会議員からなる「スポーツ議員連盟」(会長・麻生太郎元首相)が提案したスポーツ基本法が17日、参院で可決、成立した。国のスポーツ振興の根幹をなす法律で、国や地方公共団体の責務などが明記され、付則には「スポーツ庁」設置の検討も盛り込まれた。法案成立を受け、文部科学省は具体的なスポーツ基本計画の策定に取りかかる。【百留康隆】

 基本法は1961年に制定された「スポーツ振興法」を50年ぶりに全面改正したもの。前文には「スポーツを通じて幸福で豊かな生活を営むことはすべての人々の権利」とし、振興法にはなかった権利規定が記された一方、スポーツ立国を目指す「国家戦略」として施策を推進する方針が示された。障害者スポーツの推進やスポーツ産業との連携、ドーピング防止も条文化。スポーツ団体には運営の透明性を求めている。

 また、地域スポーツの中から優秀なスポーツ選手が生まれ、その選手が地域に還元する「好循環」がスポーツの発展につながるとした。国体や全国障害者スポーツ大会への援助のほか、五輪など国際競技大会の招致・開催でも国が資金確保のための措置を講ずる。

 スポーツ議員連盟の奥村展三幹事長(民主)は「振興法から50年、日本体育協会創立100周年の節目に、法律が成立したことには意義がある。これをベースにスポーツを楽しんでもらえるように環境作りをしていきたい」と話した。

 また、遠藤利明・幹事長代理(自民)は「国の責務などはあくまでも出発点であって、悲願のスポーツ庁設置に向けての大きな種火ができた」と歓迎した。

==============

 ■解説

 ◇個人と国、どう調和

 スポーツ界にとっての「憲法」ともいえる「スポーツ基本法」が誕生した。スポーツの権利を明記したことと、国家戦略としてのスポーツ推進を位置づけたことが大きな特徴だ。

 前文では「幸福で豊かな生活を営むことはすべての人々の権利」と定め、個人の自主性や適性を尊重することが基本理念として示された。しかし、スポーツは「我が国の国際的地位向上にも極めて重要な役割を果たす」「国民経済の発展に広く寄与する」とも記され、スポーツの政治的、経済的利用の色もにじませた。

 五輪などの国際大会について「国は招致、開催に必要な資金を確保する」としている。この日、東京都の石原知事は20年夏季五輪の招致に意欲を示した中で、「国がしっかりしていれば借金してでも五輪はできる」と発言。前回の16年五輪招致で国家支援が乏しかったことを敗因として示唆した。

 基本法は、国民のスポーツに対する権利を認めながら、一方で選手強化や国際大会の招致で国家が強く関与する姿勢を打ち出している。JOCの竹田恒和会長は「五輪などでしっかり結果を出す必要がある」と、今まで以上に重圧がかかることを覚悟する。個人と国家のかかわりをどう調和させるか。それは国民、国、スポーツ界すべての今後の課題になる。【百留康隆】

==============

 ◇スポーツ基本法のポイント◇

 ■スポーツの意義と権利

・スポーツは世界共通の人類の文化

・スポーツを通じて幸福で豊かな生活を営むことは、すべての人々の権利

 ■スポーツの価値

・地域の交流を促進し、地域の一体感や活力を醸成する

・国際大会での選手の活躍は、国民に誇りと喜び、夢と感動を与え、国民のスポーツへの関心を高める

・国民経済の発展に広く寄与する

・国際相互理解を促進し、国際平和に大きく貢献する

・国際的地位の向上にも極めて重要な役割を果たす

 ■スポーツ団体による統治と紛争処理

スポーツ団体は運営の透明性の確保を図り、順守すべき基準を作成するように努める

・紛争解決のため、中立性、公正性の確保、権利利益の保護を図る

 ■スポーツ基本計画

・文部科学大臣はスポーツに関する総合的かつ計画的な推進を図るため、基本計画を定める

 ■地域スポーツ

国、地方公共団体は住民が主体的に運営する「地域スポーツクラブ」が行う事業への支援、指導者の配置、施設の整備などに努める

 ■競技力向上

・国は優秀なスポーツ選手を育成するため、スポーツ団体が行う合宿、国際競技大会などへの選手の派遣、スポーツ選手の技術の向上に必要な施策をする

 ■障害者スポーツ

・障害者が自主的かつ積極的にスポーツを行うことができるよう、障害の程度などに応じ必要な配慮をしつつ推進する

 ■国際大会の招致

・国は国際大会の招致が円滑になされるよう、社会的機運の醸成、資金の確保、外国人の受け入れなどに特別な措置を講ずる

 ■ドーピング防止

・国は国際規約に従って、検査、教育、啓発などの体制の整備や反ドーピング機関への支援を進める

 ■スポーツ庁(付則)

・行政改革との整合性に配慮して検討を加え、必要な措置を講ずる

毎日新聞 2011年6月18日 東京朝刊


国際大会招致に国の支援=スポーツ界に求められる覚悟-スポーツ基本法

 スポーツ施策の在り方を定めたスポーツ基本法が17日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。注目は、国際競技大会の日本招致に、国家戦略としての国の支援が明記された点。折しもこの日、東京都が2020年夏季五輪招致を打ち出したが、新法が追い風になるのは間違いない。
 五輪やワールドカップ(W杯)など大規模なスポーツ大会では、大会運営で赤字が出た場合に政府が穴埋めする「財政保証」が求められる。従来のスポーツ振興法では十分に対処できず、各省庁を巻き込んだすったもんだの議論の末、閣議了解で決着させるのがこれまでの手法だった。
 新法は第27条で、国際大会に必要な資金の確保について、国は「特別な措置を講ずる」と規定した。国のスポーツに対する積極的な姿勢がはっきりと示され、日本オリンピック委員会(JOC)の市原則之専務理事は「国の恒久的支援が明確になったことが大きい」と期待する。
 ただ、財政状況が厳しさを増す中、国から支援を受けるからには、目に見える形の結果を出すのはスポーツ界の義務とも言える。「最高の成績を挙げられるよう尽力」(竹田恒和JOC会長)する覚悟が、これまで以上に求められる。(2011/06/17-18:16) 時事通信


これまでの経緯は、こちらこちらをご参照のこと。

また、スポーツ立国戦略とスポーツ基本法との関係は、下記のとおりです。

スポーツ基本法は、スポーツ立国戦略実現のためにキーとなる関連法制として位置づけられています。


スポーツ立国戦略実現のための国の体制整備と今後の進め方

 スポーツの振興は、スポーツ界の自主性が尊重されるべきであり、国は、スポーツ振興を支える民間のスポーツ団体・関係者等との健全なパートナーシップの下、連携・協働して我が国のスポーツ振興に取り組むことが肝要である。
 このため、統括団体である日体協、JOCをはじめとするスポーツ団体のスポーツ振興に向けた主体的な取組を期待するとともに、国としては、以下のような方向性で財源、組織、法令等の整備に取り組むこととする。

1.スポーツ振興財源の効率的な活用

 本戦略の推進に当たっては、スポーツ振興のための財源確保が重要である。このため、寄附文化の醸成を通じたスポーツ振興基金の原資拡充やスポーツ振興くじの売上げ向上により、スポーツ振興財源を確保するとともに、国費、スポーツ振興基金・スポーツ振興くじ助成の役割分担を明確にし、それぞれの充実を図るとともに、これらの財源を効果的かつ効率的に活用する。
 具体的には、国費では国として責任を持って実施する施策(ナショナルチームの強化、地域スポーツの基盤整備、学校体育の充実等)を実施するとともに、基金助成とくじ助成は「スポーツ振興助成(仮称)」として一元化する。
 また、スポーツ振興くじについては、スポーツ振興の貴重な財源として、有効に活用するとともに、スポーツを支える資金であることを国民に広く周知する。
 さらに、基金は安定的な財源として個人への継続的な助成に充てるなど、財源の使途や配分等の在り方を検討し、制度の見直しを図る。

2.国の総合的なスポーツ行政推進のための組織の在り方

(1)総合的なスポーツ行政体制の検討

 1)現場の視点に立った総合的なスポーツ振興施策を実行するため、関係省庁が相互連携する連絡会議を新設する。
 2)政府の行政組織の検討の中で、「スポーツ庁」等の在り方について検討する。

(2)独立行政法人日本スポーツ振興センター(NAASH)の支援機能の強化と体制整備

 スポーツ界全体の連携・協働に資するよう、NAASHが有する人的資源(研究者等)、物的資源(施設、設備(研究機器、トレーニング機器))、助成機能(スポーツ振興基金助成、スポーツ振興くじ助成)を十分に活用するとともに、相互に連携させ、一体的かつ効率的に業務を推進することができるよう、組織の在り方を検討する。さらに、スポーツ界への支援のための中心的な機関として、関係者の意見を円滑に反映できるよう、日体協やJOC等のスポーツ界の代表で構成される会議を設けるなどNAASHの体制を整備する。

3.スポーツ基本法などの関連法制の整備

(1)スポーツ基本法の検討
 スポーツ振興法を半世紀ぶりに見直し、新しい政策の拠り所となる「スポーツ基本法」を検討する。


(2)関連法制の見直しの検討
 スポーツ基本法の検討や振興財源の見直し等に伴い、独立行政法人日本スポーツ振興センター法、スポーツ振興投票の実施等に関する法律等についても必要な見直しを行う。 

4.今後の進め方

 今後、本戦略を踏まえ、「スポーツ基本法」等の検討に取り組むとともに、短期的に実現すべき施策については、財政運営戦略を踏まえた平成23年度の概算要求や、スポーツ振興くじ・スポーツ振興基金の助成内容に反映させる。
 また、中長期的に取り組むべき施策については、今後新たに策定するスポーツ振興基本計画において具体的な実施計画を示すこととする。




関連記事

志賀高原ロープウェイ廃止 乗客激減 観光関係者ら戸惑い

志賀高原ロープウェイ廃止 乗客激減 観光関係者ら戸惑い

06月22日(水) 信濃毎日

IP110621MAC000014000.jpg

 半世紀余りにわたり、志賀高原(下高井郡山ノ内町)の入り口に近い蓮池と、中ほどの発哺(ほっぽ)温泉の間で観光客を運んだ「志賀高原ロープウェイ」が運行を取りやめたことが21日、分かった。乗客が最盛期の7分の1ほどに減ったためで、運行する志賀高原リゾート開発(同)は「使命を終えた」。だが、年間を通じて観光客でにぎわう高原の「シンボル的な存在」(宿泊業者)だけに、観光関係者には戸惑いが広がっている。

 同社によると、同ロープウェイは1960(昭和35)年3月に運行を開始。蓮池駅-発哺温泉駅間の約1・5キロを8分ほどで結んだ。ゴンドラは2基あり、1基は定員40人。最盛期の昭和40年ごろは年間約45万人が乗ったが、近年は6万人弱に落ち込んでいた。

 例年、整備期間を除いて12~3月の冬季、春の大型連休~10月の夏季に運行。今年は3月に東日本大震災が発生したため、7月に夏季の運行を始める予定だった。同社の佐藤健専務(63)は「老朽化が進み、修繕しなくてはいけない所が出てきた」と説明。近く国土交通省北陸信越運輸局に廃止届を出すという。

 志賀高原では98年の長野冬季五輪を機に、蓮池と発哺温泉を結び、奥志賀高原方面へ延びる県道奥志賀公園線の整備が進んだ。佐藤専務は「ロープウェイの社会的な役割は終わった」とも話している。

 同社は、発哺温泉駅と高天ケ原を結ぶ長さ300メートル余りの「高天ケ原連絡リフト」(1人乗り)も廃止する。

 同ロープウェイの廃止について、同高原の宿泊業者の1人は残念そうな様子で、「ロープウェイの存在は志賀高原にとって大きかったのに」。蓮池でバスを降り、同ロープウェイを利用してトレッキングする行楽客もいるとし、「不便になってしまうのではないか」と心配した。



全日本スキー連盟理事会 女子ジャンプ高梨らA指定

全日本スキー連盟理事会 女子ジャンプ高梨らA指定

 全日本スキー連盟は25日の理事会で、2011~12年シーズンの強化指定選手を承認し、最高のA指定に女子ジャンプで活躍する14歳の高梨沙羅(北海道・上川中)ら11人を選んだ。ジャンプの男子は伊東大貴(雪印メグミルク)だけがA指定で、女子は渡瀬あゆみ(神戸クリニック)伊藤有希(北海道・下川商高)も選ばれた。

 アルペンは湯浅直樹(スポーツアルペンク)佐々木明(エムシ)ら男女4人がA指定を受け、複合は渡部暁斗(北野建設)、距離は石田正子(JR北海道)が昨季に続いて最高の指定を受けた。

 フリースタイルは昨季に続いてA指定が不在。現役復帰するバンクーバー冬季五輪女子モーグル4位の上村愛子(北野建設)は昨季の競技実績がなく、強化指定を外れた。かつてメダル獲得が有力とされたスノーボードのハーフパイプ(HP)は青野令(松山大)がBに落ち、A指定がいなくなった。

 ジャンプの横川朝治ヘッドコーチら各種目のスタッフも併せて承認を受けた。

[ 2011年6月25日 18:57 ] スポニチ



森伊蔵 魔王 村尾

森伊蔵 魔王 村尾

昨晩は、理事たちとの意見交換会。

今日は、文部科学省担当官、厚生労働省担当官が臨席をする、きわめてお堅い会議でした。


夜は、一転して、森伊蔵 魔王 村尾!!

この名前、何だかわかりますか?

私、今日まで全く知りませんでした。

プレミアム焼酎の中でも、特に「3M」と言われている銘柄らしいです。

なぜプレミアムなのかというと、市場にあまり流通していないためで、定価の10倍程度で取引されるからだそうです。

3本セットですと10万円近い値段がつくこともあるそうです。

もちろん、たらふく飲みましたよ。

おいしかったー。

お酒の味がわからない私でも、とても飲みやすく、これは旨い!と感じました。

黒豚ステーキや山のような地元の食材。

シャンソン歌手のディナーショー、そして長渕剛さんの物まね芸人のショー。

懇親会は、例年ですと立食で、いわゆる情報交換会なのですけど、今日は本当にビックリしました。


こちらは、電力不足も逼迫しておらず、会場も冷房がガンガン。

ベランダからは、桜島もきれいに見えていました。

DSCF0278.jpg

ホテルでは、東北勤務時代の同僚とばったり。

何でこんなところにいるの?とお互いにビックリ。

講演会で来られていたそうです。

会議では、東京勤務時代の勉強会仲間達に何人も会いました。

若い頃がんばっていたみんな。

ずいぶん年は取ったけど、立派になり、全国に散らばって活躍していました。

(私も、本当はスキーとかしていられないんだけど・・)

そんな、楽しくも懐かしい、そしてちょっぴり焦りを感じた鹿児島の旅でした。


芋焼酎森伊蔵村尾魔王各1


2012 カンダハーオリジナルカタログ RACING FREAK

北関東道全線開通から3カ月 予想上回る通行量

北関東道全線開通から3カ月 予想上回る通行量

(6月18日 05:00) 下野新聞

 群馬、栃木、茨城の3県を横断する「北関東自動車道」はあす19日、全線開通から3カ月を迎える。新規開通区間の通行量は当初予想より3割以上多く、北関東道を重宝がる利用者の志向性が鮮明になっている。全線開通を機に企業の動きも活発化している。

 ネクスコ東日本によると、3月19日開通した太田桐生インターチェンジ(IC)-足利IC間の3月20日から5月19日までの1日平均通行量は2万3千台。開通前の見込みを37・8%上回った。足利IC-佐野田沼IC間も2万3800台と、34・0%多かった。

 好調な利用について同社は「震災復興での利用、ゴールデンウイーク期間と重なったことが大きい。群馬と栃木の物流拠点が茨城の港に直結したことも要因では」と分析する。

 一方、東北自動車道・佐野藤岡ICの4月の利用台数は前年同月比31・8%減の63万5525台。同社は「北関東道全通で、国道50号などの利用者が北関東道にシフトしたためでは」とみている。

 全線開通は企業活動にも影響した。足利ICの利用が多い自動車部品メーカーは「営業車の出張時間が短縮された」と歓迎し、「これまで付き合いのなかった企業との取引も可能になる」と、受注拡大を視野に入れる。

 同IC北側に市が誘致した工業団地「足利インター・ビジネスパーク」は17社が入り、完売。運送会社の物流拠点などとして稼働している。利便性は良くなったが、「逆に通過点になってしまう可能性もある」(足利商工会議所)と観光客減への懸念も。

 既に開通していた区間では、宇都宮上三川ICの4月の利用者数が50万8541台と前年同月比3・7%増。震災後、IC周辺への茨城県内からの買い物客が増えているという。

 福田屋百貨店(FKD)インターパーク店によると、4、5月は筑西、桜川市などの客が前年同月比で約3割増。「茨城県版」の新聞折り込みチラシを初めて配布した。「まだまだ伸びしろはある」と意欲的に取り組んでいる。



新理事に山口氏ら=新法人で初の改選-JOC

新理事に山口氏ら=新法人で初の改選-JOC

 日本オリンピック委員会(JOC)は21日の評議員会で、4月1日の公益財団法人移行後初めての役員改選を行い、女子柔道で日本人として初めて世界選手権を制した山口香氏らを新理事に選んだ。任期は2年。
 理事定数は以前より5人増の30人となった。2016年リオデジャネイロ五輪で正式競技となるゴルフから日本協会の川田太三常務理事が選ばれ、日本トライアスロン連合の大塚真一郎専務理事も名を連ねた。
 新執行部は29日の理事会で決まる予定で、竹田恒和会長の再任が既定路線。市原則之専務理事は副会長兼任となる見通し。 
 この日決まった次期役員は次の通り。(敬称略、○は新任)
 【理事】▽五輪競技団体選出 青木剛(64)=水泳、市原則之(69)=ハンドボール、上村春樹(60)=柔道、○大塚真一郎(54)=トライアスロン、○川田太三(67)=ゴルフ、竹田恒和(63)=馬術、田嶋幸三(53)=サッカー、塚原光男(63)=体操、橋本聖子(46)=スケート、○原田康弘(56)=陸上、平岡英介(63)=ボート、福井烈(54)=テニス、福田富昭(69)=レスリング、○古川年正(64)=スキー、○松丸喜一郎(57)=ライフル射撃、○森田淳悟(63)=バレーボール▽非五輪競技団体選出 尾崎正則(65)=ソフトボール、○鈴木義信(67)=野球、佐藤征夫(66)=剣道、田中英寿(64)=相撲▽学識経験者 猪谷千春(80)、岡野俊一郎(79)、○張富士夫(74)、荒木田裕子(57)、○川杉収二(64)、河野一郎(64)、野上義二(69)、水野正人(68)、藤原庸介(57)、○山口香(46)
 【監事】相沢隆也(65)=ボウリング、○富原忠夫(57)=自転車、○深津泰彦(66)=バスケットボール

(2011/06/21-20:37) 時事通信

横川氏、林氏ら日本体協の新理事に

横川氏、林氏ら日本体協の新理事に

 日本体協は20日の評議員会で、日本陸連の横川浩副会長、全日本スキー連盟の林辰男理事ら5人を新理事に選出した。

 日本近代五種・バイアスロン連合の組織分離に伴い発足した日本近代五種協会の継続加盟と日本バイアスロン連盟の新規加盟、日本チアリーディング協会の準加盟を正式に承認した。

 [2011年6月20日18時18分]日刊スポーツ



猪谷千春氏に名誉博士号 日体大、五輪運動に尽力で

猪谷千春氏に名誉博士号 日体大、五輪運動に尽力で

2011年6月23日 19時35分

写真
日体大から名誉博士号を授与され、体操の田中理恵さん(右)と握手する猪谷千春委員=23日午後、東京都世田谷区

 日体大は23日、東京都世田谷区で、スポーツを通じて国際社会の平和実現に長年尽力したとして、日本人初の冬季五輪メダリストで国際オリンピック委員会(IOC)委員の猪谷千春氏(80)に名誉博士号を授与した。猪谷氏は「メダルと同じぐらいうれしい」と笑顔で話した。
 猪谷氏は1956年のコルティナダンペッツォ冬季五輪のアルペンスキー男子回転で銀メダルを獲得。82年にIOC委員に就任し、理事のほか05年から09年まで副会長を務めた。
 授与式には日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長らが出席。体操の世界選手権代表候補の田中理恵(日体大大学院)が花束を贈呈した。

(共同)


国体レーサーに贈る 難斜面を克服するための3つのポイント(1)

国体レーサーに贈る 難斜面を克服するための3つのポイント(1)

スキージャーナル2010年12月号p50-58に掲載された標記特集の要約を書きたいと思います。

この特集は、「2010くしろサッポロ氷雪国体」のビデオ・写真を素材として、伊東秀人さんが国体を目指す選手に対してアドバイスを行っているものです。

その背景として、①国体は、各県代表ではあるが、トップレーサーから一般レーサーまで幅広い選手が参加する大会であること、②一方で、国内トップレベルの大会であることから、固く締まった難易度の高いバーンで行われることが多いこと、③このため、一般レーサーにとっては経験のないようなコースを滑らざるを得ない難しさがあるためです。

同じコースを滑るトップレーサーをお手本にして、一般レーサーが難易度の高いコースをどう攻略すればいいかを伊東さんが解説されています。

ポイントは、3つ。

①ライン取り

 弧と弧をつなぐライン取りと、直線的に攻めるライン取り、そのふたつを使い分けろ。

②ポジション

 急斜面こそ斜面と垂直に立った正確なポジショニングが重要となる。

③重心移動

 上半身と下半身の動きをマッチさせた積極的な重心移動がタイムアップの鍵。

個々の解説に関しては、この後引き続きまとめていくつもりです。


スキーグラフィックの6月号と7月号にも、「2011あきた鹿角国体」の動画がDVDとして付いています。

各種目の全選手が収録されていますので、あれこれ見比べたりもできます。

何がタイムを決める要因なのか?

何が失敗の原因なのか?

繰り返しビデオを見て、解説を読むとだんだん分かってきます。

必見だと思います。

WCですと、「雲の彼方」の感覚がありますが、国体ですとジュニアや一般レーサーにとって目標にしやすいと思います。



ただ、明日から3日間ほど出張なので、この続きは帰ってからになりそうです。

違うことは書くかもしれませんが。


仕事用PC(HPE-590jp 3画面モニターパッケージ)到着!

仕事用PC(HPE-590jp 3画面モニターパッケージ)到着!

4年振りでPCを買い換えました。

前のは、デルで、VISTAをXPにダウングレードしていました。

今回は、HP。

デスクトップPCには特にこだわりはないのですが、たまたま3画面モデルが売っていたので。

外観は、こんな感じ。

SANY0135.jpg  SANY0136.jpg  SANY0137.jpg      WS000000_20110621213013.jpg

中身は、こんなんです。

ちなみに、CPUは、i7-2600 @ 3.40GHzに変更されていました。

当分の間使うものなので、少し良い目の組み合わせにしました。

windowsエクスペリエンスインデックスで見ると、

WS000001_20110622123452.jpg

恐ろしく速いです。

最初、DVIx2端子とHDMIx1でつなぎ、何で映らない!と困っていました。

DVIx2とminiDVIx1の組み合わせだと気づくのに、しばらく時間が経っていました。(排他的だったようです)

HPを使ったのは久しぶりですが、最近は、東京生産を売りにしているのですね。

画面は、ものすごく綺麗です。

デザインも結構しゃれています。

移行作業は、まだまだ終わっていません。

これが面倒でもあり、楽しみでもありますね。


全米が震えた Tiger Mother

全米が震えた Tiger Mother

SANKEI_EXPRESS2011(平成23)年2月7日付EX(1面)   米誌タイムの1月31日号は、カバーストーリーで「タイガーママ」を取り上げ、8ページを割いて論評、分析した

 自慢の娘を結果重視の厳しいスパルタ教育で育てたとする中国系米国人の回想記「タイガーママ闘いの賛歌」が、米国で論争を呼んでいる。発売から半月でオンライン版には100万回以上のアクセスがあり、主要メディアもこぞって書評やコラムで取り上げている。厳しい教育法の是非というテーマの普遍性に加え、著者が「これぞ伝統的な中国式教育方法」として紹介したため、教育でも台頭する中国への脅威がかき立てられたことが論争の背景にあるようだ。

 ■「A評価以外だめ」中国式スパルタ教育

 著者は名門エール大学ロースクール(法科大学院)教授のエイミー・チュア氏(48)。書籍は1月11日から全米の店頭に並んだ。中国移民の両親の子として米イリノイ州で生まれたチュア氏は、同じくエール大学教授の夫(ユダヤ系)との間に18歳と15歳の娘がおり、2人が幼い時から、(1)友達の家に遊びに行ってはいけない(2)テレビもゲームも禁止(3)成績はすべてA評価(最高)以外は許さない(4)体育以外は学年で1番であること(5)ピアノとバイオリンの練習を1日3時間行い、その他の楽器に触れてはいけない-などのルールを課し、守らせてきた。

 ■ネットで批判続出

 時には娘たちの強い反発を招き、特に妹には蹴飛ばされたこともあったが、輝かしい結果(成績)が喜びとなり、やがて2人の反発は止み、自主的に精進するようになったという。

 チュア氏は著書で「欧米の親が問題なのは、子供を弱くて繊細な生き物だとみなしていることだ。中国人の母親が子供に完璧な成績を求めるのは、子供の能力を信じているからだ」と力説。中国式教育の優位性を主張した。これに対してネット上では「子供の人権を全く無視した教育法だ」などとする批判が続出しているが、米誌タイム(1月31日号)は「著者のカミソリのように研(と)ぎすまされたペンは、全米の親たちに『われわれは敗北者なのか』との思いを抱かせた」と論評した。タイムはまた「米国民が懸念を持つのには十分な理由がある」とし、「『中国にいつ抜かれるのか』という危機感が本のヒットの背景にある」と指摘した。

 ■移民ゆえの…

 論争は本家・中国に飛び火し、中国メディアもこの話題を盛んに取り上げているが、反応はかみ合っていない。2月1日付の北京紙「新京報」は「タイガーママ式教育は中国式教育の代表ではない。これは、多くの中国人保護者から見ても受け入れられない独特の教育法だ」との見方を示した。国営新華社通信も「グローバル化時代の教育は、どちらが良いかではなく、中国と西洋の教育で優れた部分を結合させるべきだ」と主張する評論を配信している。

 論争の熱気は当分冷めそうにないが、子供たちにいい生活をさせると決意した「移民の物語」としてこの本を読めば、実は著者が指摘する「中国式」の本質とは、すぐれて「アメリカ的」なものなのかもしれない。

 (SANKEI EXPRESS)


「伝統的な中国式スパルタ教育」タイガーママ論争 中国紙「わが国の教育法でない」

2011.2.7 08:18

 自慢の娘を結果重視の厳しい教育法で育てたとする米国の名門エール大学中国系女性教授の著書「タイガーママ闘いの賛歌」が各国で論争を呼んでいる。厳しい教育法の是非というテーマの普遍性に加え、著者が「伝統的な中国式教育方法」としたことから教育分野でも台頭する中国への脅威論がかきたてられたことが論争の背景にあるようだ。

                   ◇

新京報(中国)

 ■わが国の教育法ではない

 1日付の北京紙「新京報」は「タイガーママは中国式教育の代表ではない」と題する論評記事を掲載し、「タイガーママの子供に対する厳しいしつけは、多くの中国人保護者から見ても受け入れられないものだ」と指摘した。また、タイガーママ式教育が米国社会で大きな反響を呼んだのは、「最近の欧米の人材危機や、速い勢いで世界中に影響力を拡大する中国に対する米国社会の警戒感によるものだ」との見方を示した。

 記事は、中国と米国の教育の目的と方法は多くのところで共通しており、「そもそも対立させて考えるべきものではない」と前置きしたうえで、欧米の教育は子供の個性を伸ばし、楽しく学ぶことを重要視しているが、中国でも2000年以上前に孔子が実施した教育方法に「これと通じるものがあった」と主張。中国の教育法が「詰め込み式」と指摘されることに反論した。

 また、欧米に移民した中国などのアジア系学生が現地の学生より一流大学への合格率が高いという現実があるのは、「アジア系学生たちが真剣に勉学に励んだ結果だ」とし、教育方法の違いではないとの見方を示した。

 このため、欧米社会がアジア系移民の保護者を「子供に社会活動をさせずに勉強を強要している」などと批判するのは筋違いで、「すべての保護者は自分の子供にあった教育方法を選ぶ権利がある」と主張した。

 記事は最後に、「タイガーママ式教育は独特の教育方法であり、彼女の子供には効果があるかもしれないが、すべての子供に通用すると思わない」としたうえで、「タイガーママ式教育を『中国式教育』と決めつけるのは大きな誤解を生む」と強調した。(北京 矢板明夫)

タイム(米国)

 ■「中国式」実は米国的

 米誌タイム(1月31日号)は、「タイガーママ」が米国で激しい論争を巻き起こした背景には、経済や教育分野で米国の脅威となった中国への米国民の強い不安があるとする記事を掲載。著者の「カミソリのようにとぎすまされたペンは、全米の親たちに“われわれは敗北者なのか”との思いを抱かせた」と論評した。

 記事は、本がテレビやインターネットで激しく非難されたにもかかわらずベストセラーになったのは、著者である母親が言う「伝統的な中国式教育方法」が米国民の「中国や他の新興国に米国が打ち負かされつつあるという不安」をかき立てたからだと指摘。

 A評価以外の成績を許さず、ピアノやバイオリンを徹底的にたたき込む彼女の教育方法を前に、米国の親は「国際経済のなかで自分の子供たちが生き抜くための準備を正しくさせているのか」との強い懸念をもったと述べている。

 記事は、最近の米中間の経済指標の格差を見れば、米国民が懸念を持つのは「十分な理由がある」とし、さらに「経済が中国より疲弊しているのであれば、その影響は初等・中等教育システムにも及ぶ」と指摘。最近の国際調査を引き合いに、米国の学生の学力が中国の学生に大きく劣っていると述べた。

 一方で、著者の両親は中国人であるものの日本占領下のフィリピンで生活した後、著者が生まれる前に米国に移住しており、本に描かれた内容は「自身や家族に良い生活をさせると決意した移民の物語」だと指摘。その意味で、彼女が称賛する「中国式」の本質は「アメリカ的」なものとの見方を示したうえで、著書は忍耐や勤勉さなど、人生の成功に必要な普遍的な事柄も論じているとした。(黒川信雄)


オブザーバー(英国)

 ■あるがままの姿に愛情を

 エール大ロースクールのエイミー・チュア教授の新著「タイガーママ闘いの賛歌」は英国でも話題を呼び、1月16日付の英高級日曜紙オブザーバーは「(厳しい)中国人の母親は最良の子育て法を知っているか?」と題して紙上討論を掲載した。

 チュア氏は新著で「欧米の親の問題は子供を弱くて繊細な生き物だとみなしていることだ。中国人の母親が子供に完璧な成績を求めるのは子供の能力を信じているからだ」と説く。チュア氏の娘は友達の家に泊まることもテレビを見ることも許されずに育った。

 紙上ではジャーナリストのトビー・ヤング氏が「足し算ができただけで“天才”とほめるのは子供のうぬぼれを助長するだけで、将来、こうした子供が強力な競争相手に出くわすとカードで作った家のように簡単に壊れる。子供を厳しく育てることには合理性があるように聞こえる」と問いかけた。

 心理学者のオリバー・ジェームズ氏はテニスのウィリアムズ姉妹やゴルフのタイガー・ウッズを例に引き、「多くの分野で傑出した才能を生んだのは幼児英才教育だ。無分別に子供をほめそやすのは現実離れしたうぬぼれ屋をつくる」と、ひとまず厳しい教育法を評価する。

 その上で「しかし、子供に完璧さを求める親の愛情は子供の成績に左右される。こうした環境で育った子供は、親からあるがままの自分を愛されて育った子供に比べ、抑鬱症や不安、摂食障害にさいなまれやすく、学業面での達成度も低い」とマイナス面をあげる。

 しかし、抑鬱症に陥る中国人が少ないのは「中国の両親や祖父母が実際には“タイガーママ”ではなく子供に十分な愛情を注いでいるからだ」と結んでいる。(ロンドン 木村正人)


「タイガー・マザー」著者と会見 欧米から怒りのメール殺到 アジア式との「バランス」大切

2011.6.19 19:50

「タイガー・マザー」著者と会見 欧米から怒りのメール殺到 アジア式との「バランス」大切
「タイガー・マザー」の中国式子育てで世界中の論争を巻き起こしたエイミー・チュア教授(木村正人撮影)

 自由放任主義が幅を利かす米国で厳格な中国式子育てを実践した体験記「タイガー・マザー」で世界中の注目を集めた米エール大のエイミー・チュア教授が本紙と会見した。「創造性のないロボットをつくるだけだという怒りの電子メールを大量に受け取った」と、過剰な反応の背景に欧米の自信喪失があると指摘。子育てはアジア式と欧米式との「バランスが大切」と訴えた。(英南西部ブリストル 木村正人、写真も)

 外交関係の著作が2つある中国系移民2世の同教授が2人の娘を育てた奮闘記「タイガー・マザー」を出版したところ、米紙ウォールストリート・ジャーナルが1月、「どうして中国の母親は優れているのか?」と取り上げた。

 これが欧米の子育て論争に火をつけた。「もし私がイタリア系移民ならこんな騒ぎにはならなかった」

 国際通貨基金(IMF)は5年以内に購買力平価で中国が米国を抜き世界最大の経済大国になる可能性があると予測した。しかし、欧米はまだその日が来るのを信じられないようだ。

 同教授は「この200年確かに欧米はダイナミックで創造的だったが、これは変わる可能性がある」と語り、「子育てでも経済でも欧米は自信をなくし、母と娘の奮闘記を書いたに過ぎない私を批判することで自己防衛を図っているように感じる」と分析する。

 米国では親の世代より豊かでない世代が登場して久しいが、同教授は「親が豊かになると子供が甘やかされてダメになる恐れが増える。私は娘に斜陽の道を歩んでほしくなかった」と中国式の厳格な教育方針をとった理由を説明する。

 友達宅でのお泊まり禁止▽学校劇には参加しない▽テレビとテレビゲーム禁止▽すべての科目で「優」を取る▽体操と演劇以外はクラスで1番になる-など。

 欧米のメディアや識者からは「タイガー・マザーは子供の創造性を押しつぶしている。もっと子供には自由が必要だ」と判で押したような反応が返ってきた。

 「しかし」と同教授は反論する。「米国の平均的な子供は学校で過ごす時間の70%相当もテレビの前に座っているという統計がある。果たして米国の建国の父が友達の家でお泊まりしていたのだろうか

 移民1世は飲食店で給仕をしてチップを稼ぎ、2世が飲食店や小売店を出店、3世が医師や弁護士になるというのが米国の典型的サクセス・ストーリー。同教授は「ハード・ワークは当たり前。タイガー・マザーは移民の物語であり、世代の物語だ」と力を込める。

 同教授は「一人っ子政策の中国で子供は4人の祖父母と2人の両親から甘やかされ、過度の学習を強いられている」と語る。

 そして「アジア式は子供に厳しすぎて選択の自由がなく、逆に欧米式では子供は大切にされすぎて選択肢が多すぎる。私は子育てを通じてバランスをとる大切さを学んだ。しかし、運動会ですべての子供にメダルを与えたり、子供に2時間勉強させるだけで児童虐待と騒いだりするのは行き過ぎだ」と締めくくった。


アマゾンに感想がいくつか上がっていましたので、一部を引用させていただきます。

意外に日本人にはなじみやすいかも!?

By fumi_c

ニューヨークタイムスの記事で非常に有名になった論争を読んでいて、原書を読もうと思っていたところで日本語版の刊行を知り手にとった。
論争の中では、「わが子をゴミ呼ばわりする」「ピアノがうまく弾けるまで食事もトイレにも行かせない」などの虐待まがいのエピソードが数多く取り上げられていたが、実際に本全体を読んでみて気づくのは、子供の能力を信じ、そのキャパシティを最大限にストレッチさせたいという愛情と、子供との間に築かれた濃厚な関係性だ。

教育ママを貫くのは、実は親にとっては非常にきつい仕事だ。泣きわめいて反抗する娘に3時間も4時間も付き合って脅したりなだめすかしたりしながらヴァイオリンのレッスンに付き合うのは、親にとっても苦行である。「子供の選択を尊重する」と称して、それこそ「ホットケーキを一緒にやき、子供に愛される親」でいるほうがよっぽど楽だ。
子供(とくにローティーンの子供)は選択する能力がない、本当に子供にとって最良の方法を選べるのは親しかいない・・・特に、これが自由を信奉するアメリカのコミュニティのなかで貫き通されたことに驚愕する。

実際、筆者は、子供に対して大きな(過大な?)期待をし、それに答えるように娘たちに厳しく接している。しかし、反面、娘の誕生日には、1ヶ月も前からパーティの計画をたて、家をかざりつけ、親戚友人に招待状を書き、サプライズプレゼントを用意する。
娘のレッスンのために、毎週4時間も車を運転してNYにかよい、年金を解約してよい楽器を買い与える。

基礎的機械的な訓練を地道に積み重ねた上で初めて勉強も芸術も楽しむ域に達することができる。それまでの辛さをくぐり抜ける道のりは親も覚悟して共に歩んでいかなければならない。

(以下略)



以下は、個人的な感想で、根拠があるものではありません。

アジアには、上下関係、忍耐、勤勉、努力を重視し、組織を重んじる儒教的価値観が強く残っていると感じます。

教育では、親の意見や価値判断が相対的に強く、子供に残せる最大の財産は教育だとする親の考えから、スパルタ式が多く見られます。

根底には、子供の判断は未熟であり、教育及び社会経験を充分に積んだ親の方が正しい選択をする可能性が高い、という考えがあると思います。

当然、子供の興味や嗜好とぶつかることも多く、飴と鞭を使ったスパルタ教育にならざるを得ないという状況です。

その手法が、極端な形で現れたのが今回の論争だと思われます。

スパルタ教育は、大学受験に見られたように子供の頃から競争の激化を招きましたが、社会規範的圧力は高いレベルでの労働者の質の確保を保障し、中流階層のレベルの高さに支えられて、経済的には勝ち組となってきました。

ただ、日本の場合はいち早く高度成長を遂げたことと、敗戦によるアメリカ的価値観の導入やイデオロギー的な平等教育の結果、若い世代に競争を嫌う傾向が現れ、経済的にも衰退傾向が現れてきていると思います。

一方、韓国にはまだ日本の古い規範と共通した意識が残り、中国はもともと個人主義的な傾向があったために、両国とも経済活動の活性化につながり、発展的な方向にむかっていると思われます。

つまり、アジアには儒教資本主義的な意識傾向とこれを支える教育システムが共通して残っていますが、国によってだいぶ色合いが違っているということです。

欧米的価値観は、教育においても子供の興味、自主性、創造性を尊重し、アジア的トップダウンの教え方に対して、子供に経験させ、考えさせるというボトムアップの手法を採用しています。

画一教育ではないので、できる子はどんどん才能を伸ばせる環境にあり、革新的な技術は今でも欧米を中心に生み出されていると思います。

また、特にアメリカの強さは、全世界から優秀な人材を集め、能力を生かせる組織の柔軟さと許容性の広さが根底にあると思います。(この先生もその一人ですね)

現在は、中国・韓国の経済成長が突出していますが、その根幹技術はアメリカが握っている状況と思います。

日本は、儒教的価値観を捨て、欧米的価値観を取り入れようとしましたが、結局は勤勉性を失い、革新的な技術やアイデアを生み出すこともできないという、悪循環にはまっています。

特に、教育は社会人になるための知識・学問の修得だけでなく、いやなこと、辛いことでもやるべきことはやるという義務感・忍耐力の育成、受験に合格するという目標に向かって、何をどのような手段で勉強していけばいいかという問題解決能力の向上に大きな貢献があったと思います。

今は、人生の中で他のすべてを犠牲にして、一つのことに打ち込むという機会を得ることが難しくなっているのではないでしょうか?

その最初の機会が、高校・大学受験だったわけですが、今は(大学受験に関していえば)、推薦制度やAO入試の普及で、勉強などしなくても大学生になれますしね。

勉強しなくて良い教育機関に存在意義があるのでしょうか?



音楽関係ですと、今も昔も、英才教育が定番だと思いますが、スポーツではどうでしょうか?

タイガーマザーと同じ手法をとれるのでしょうか?

スポーツでも、10代にピークが来るスポーツと20-30代にピークが来るスポーツがあるように思います。

身体があまり大きくなると不利になるようなスポーツ(例えば体操)は、小さい頃からの英才教育が必要でしょうね。

サッカーは、経験による対人能力が必要とされるために、30歳ぐらいまででしたら十分やれるように感じます。

野球などは、個人スポーツに近く、また持久力などもそれほど必要ないことから、40過ぎでも現役がいます。

スキーも早くから始める方が良いと思いますが、ただ小さい頃からあまり競技に特化しない方が良さそうです。

また、選手層の厚さにも関係すると思います。

サッカーですと、フランスをモデルにしたアカデミーの創設により、JFAは英才教育を目指そうとしています。

同時に、学校の部活上がりの選手が代表選手にも多いことからわかるように、英才教育のみに頼らず、幅広く人材を登用するシステムができています。

野球の場合は、基本的には、小学校のリトルリーグ、中学・高校の部活を中心として、甲子園、(大学)、プロ野球というルートが出来上がっています。

野球やサッカーは、学校経営と深く関わり、宣伝の材料となっています。

通常、文武両道というのは、同じ個人が文武両道を目指すのが前提ですが、これらの学校は、学校単位で、違う生徒が文と武を分担しています。

水泳等ですと、室内温水プールを持つスポーツクラブが育成の中心で、選手コースに入ると、学校から帰ってから毎日練習をします。

メジャースポーツは、トリックはあるものの選手の育成ルートができていますね。


マイナースポーツですと、育成基盤が弱いため、定番ルートというものが確立されていません。

スキーも、地域クラブ、学校の部活、商業チーム、県連など、バラバラに育成が行われており、継続性のある選手育成ができていません。

アメリカですと、スキーアカデミーがあり、ヨーロッパですと、スキー場に置かれた地域ジュニアチームから、スキー専門学校へとつながるルートがあります。

日本の状況では、英才教育をしようにもできないと思われます。

個人スポーツではありますが、個人では練習もできませんから。

熱心な選手(保護者)ほど、チームを渡り歩く、掛け持ちをするという効率の悪い選択をしていると思われます。

しかも、いろいろしがらみがあって、悪いことをしているような、後ろめたい気持ちにさせられます。

英才教育は必要だけど、それを単独でできるチームがほとんど無いという状況かと思います。

特定個人を対象に、冬のみならずオフトレも完全サポートし、かつ10年単位で見ていけるという条件をクリアするのは厳しいですね。

そういうチームも、個人の力で支えられていることが多く、あまり組織立った形で運営されていません。

地域チーム、商業チームの一層のレベルアップと組織化が必要になると思います。


アメリカのアルペンスキー・トレーニング事情

アメリカのアルペンスキー・トレーニング事情

スキージャーナル2011年7月号p119に「2012年シーズン始動。アメリカのサマーキャンプ事情」と題して、久住和永さんがアメリカのアルペンスキー・トレーニング事情を解説されています。

毎号楽しみに見させていただいております。

それによれば、

1,アメリカのサマーキャンプ

特にアルペンに力を入れている子達は、シーズンインまでに海外遠征を複数回行っているが、多くのジュニアは夏休み期間にアメリカ国内のサマーキャンプに参加する。

サマーキャンプの場所は、①カリフォルニア州マンモスマウンテン(7月始めまで)、②オレゴン州マウントフッドが多い。

マウントフッドでは、7月いっぱいは各メーカーが試乗会を行っている。

リフト1本で2キロ以上の滑走可能。

USスキーチームの選手も集まってくる。リゲティやワイブレットは7月はゲストコーチとして一般スキーヤーにコーチングをし、8月から本格的な練習を行う。

サマーキャンプでは、(一般募集のキャンプを別として)年間計画をしっかり立てているチームは、基本練習が主体となる。

例えば、シロピ・ドリルを用いた外傾・外向練習、ナチュラルスタンスの練習など。

フリー滑走やブラシ、ショートポールを使った基本練習に多くの時間を割く。


2,アメリカのジュニア育成マニュアル

子供が小さいときはフリー滑走の時間を大切にすることを強調。

①基礎ステージ・フェーズ1(2-6歳)

 フリー滑走95%以上

 滑走日数は、週1日、年間20日程度。

 できるだけ多くのスポーツを。

②フェーズ2(6-10歳)

 フリー90%

 滑走日数は、週2-3日、年間50日前後

 レースは楽しみにとどめる。

 他の運動を多くさせること。

③フェース3(思春期前の女子10-13歳、男子11-14歳)

 スキーを始めて4年以上の選手が対象

 フリー滑走60%以上

 週に3-4日、年間70日

 試合と練習の比は、1対6が理想

④フェーズ4(成長期に入った女子11-14歳、男子12-15歳)

 最低30-50%をフリー滑走

 週4-5日、年間100日の滑走日数

 試合と練習の比は、1対5の割合

⑤フェーズ5(成長期を過ぎた女子12-16歳、男子14-17歳)

 週4-5日、年間120-140日

 試合と練習の比率は1対4

 この内容を21歳まで続ける。

このマニュアルは、トップを目指す子供たち向け。

具体的な練習内容から、コントレ、技術、用具、精神面まで各フェーズごとにガイドラインが準備されている。



以下は私見です。

このマニュアルに記された内容と、日本での一般的なジュニア育成の方法を比べた場合、(アメリカと比べ)日本は、

①小さい頃からスキーに集中し、他のスポーツを行う経験が少ない傾向。

②スキーの中でも、ゲートトレーニングが多く、フリー滑走や基本練習が少ない。

③小さい頃から、大会に参加し、練習時間そのものが少ない。

④大会では、勝ち負けにこだわり、楽しむ余裕が少ない。

⑤フェーズ3以降、週3-5日の滑走日数を確保することが、学校制度上難しい。

あたりが、違いとしてありそうです。

ジュニア期以降伸び悩みが見られること、中学・高校で「燃え尽き症候群」に陥る子供が多数いること、などは、トレーニング方法、大会の意義付け、保護者やコーチの意識の違いが理由なのかもしれません。

これ以外にも、スキー競技人口の違いや、体格・体力の違い、雪質・練習バーン等の環境の違いもあると思いますが、コーチングの問題は主要な改善点のひとつと考えられます。

また、個人的には、「ゴールデンエイジ」等の「神経系の発達」をベースにしたジュニアトレーニング理論(きわめて怪しいです)よりも、思春期等を目安にした「身体の発達」ベースのアメリカ・カナダのトレーニング理論の方が、正しいと考えています。


スキージャーナル7月号には、これ以外にも「スキーボディを作る」特集やサラリーマンレーサー滝口翔平選手の特集などが載っています。

参考になりますよ。

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。