ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年ぶり白熱の雪合戦

3年ぶり白熱の雪合戦

九重の全九州大会に100人

yukigassen.jpg
雪玉を投げる参加者たち

 全九州雪合戦大会が27日、九重町湯坪の九重森林公園スキー場で開かれた。雪不足で2年連続で中止になったため、3年ぶりの開催。11チーム約100人が出場し、熱戦を繰り広げた。

 縦36メートル、横10メートルのコートで、2チーム(1チーム7人)が雪玉を投げ合うゲーム。3セットマッチで、全員に雪玉を当てるか、相手陣地の旗を取れば1セット奪取。時間切れの場合は、残っている選手が多いチームがセットを取る。

 参加者たちは、フェイントをかけたり、コートの障害物に身を隠したりしながら、相手陣地に攻め込んで雪を投げ合った。

 初めて参加した日田市清岸寺町、会社員松浪英樹さん(36)は「楽しかった。チームワークが大事なので、次は練習を積んで出場したい」と話していた。

(2011年2月28日 読売新聞)


天候不良で男子大回転中止 全日本選手権

天候不良で男子大回転中止 全日本選手権

2011.2.28 13:17 産経新聞

 アルペンスキーの全日本選手権技術系は28日、長野県の野沢温泉スキー場で男子大回転を行う予定だったが、濃霧と雨による天候不良のため中止となった。4月4日に代替実施する予定。女子大回転は3月1日の最終日に行われる。

 濃い霧が立ち込め、開始時間を予定より1時間遅らせて競技を始めたが、1回目で6人が滑った時点で中断。そのまま中止された。

マットが優勝=湯浅は24位-アルペンW杯・男子回転

マットが優勝=湯浅は24位-アルペンW杯・男子回転

【バンスコ(ブルガリア)27日AFP時事】アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は27日、当地で男子回転の第8戦を行い、マリオ・マット(オーストリア)が合計タイム1分50秒35で優勝した。湯浅直樹(スポーツアルペンク)は24位だった。(写真は、優勝したマットの滑走)
 2位は0・04秒差でラインフリート・ヘルブスト(オーストリア)、3位はさらに0・44秒遅れでジャンバプティスト・グランジェ(フランス)だった。
 時事通信によると、湯浅は合計タイム2分3秒46で24位、佐々木明(エムシ)は2回目に進めなかった。 〔AFP=時事〕(2011/02/28-09:57) 


AFP026566pre.jpg


Rank Bib FIS Code Name Year Nation Run 1 Run 2 Total Time FIS Points
1 12 50707 MATT Mario 1979 AUT 54.21 56.14 1:50.35 0.00
2 2 50605 HERBST Reinfried 1978 AUT 54.33 56.06 1:50.39 0.22
3 1 192665 GRANGE Jean-Baptiste 1984 FRA 54.89 55.94 1:50.83 2.65
4 14 201702 NEUREUTHER Felix 1984 GER 55.10 56.08 1:51.18 4.59
5 9 102435 JANYK Michael 1982 CAN 54.64 56.71 1:51.35 5.53
6 8 192506 MISSILLIER Steve 1984 FRA 55.80 55.62 1:51.42 5.91
7 13 50624 PRANGER Manfred 1978 AUT 55.00 56.50 1:51.50 6.36
8 11 501101 BYGGMARK Jens 1985 SWE 55.23 56.35 1:51.58 6.80
9 4 291145 DEVILLE Cristian 1981 ITA 54.84 56.78 1:51.62 7.02
10 26 532138 KASPER Nolan 1989 USA 55.42 56.31 1:51.73 7.63
11 49 511174 VOGEL Markus 1984 SUI 54.95 57.04 1:51.99 9.07
12 42 293797 GROSS Stefano 1986 ITA 54.77 57.26 1:52.03 9.29
13 7 292491 MOELGG Manfred 1982 ITA 55.97 56.10 1:52.07 9.51
14 19 511127 GINI Marc 1984 SUI 55.92 56.17 1:52.09 9.62
15 15 293098 RAZZOLI Giuliano 1984 ITA 55.24 56.87 1:52.11 9.73
16 53 202462 DOPFER Fritz 1987 GER 55.39 56.94 1:52.33 10.95
17 16 534562 LIGETY Ted 1984 USA 55.90 56.47 1:52.37 11.17
18 3 501111 HARGIN Mattias 1985 SWE 55.48 57.11 1:52.59 12.38
19 39 561148 SKUBE Matic 1988 SLO 56.11 56.49 1:52.60 12.44
20 57 192504 MERMILLOD BLONDIN Thomas 1984 FRA 56.24 56.39 1:52.63 12.60
20 50 193347 TISSOT Maxime 1986 FRA 56.00 56.63 1:52.63 12.60
22 51 102456 BIGGS Patrick 1982 CAN 56.31 56.42 1:52.73 13.16
23 54 51395 DIGRUBER Marc 1988 AUT 56.43 56.65 1:53.08 15.09
24 20 301709 YUASA Naoki 1983 JPN 55.96 1:07.50 2:03.46 72.47
Disqualified 1st run
59 421669 HAUGEN Leif Kristian 1987 NOR
Did not start 1st run
32 293006 INNERHOFER Christof 1984 ITA
Did not qualify 1st run
73 90134 YANAKIEV Zahari 1987 BUL
72 700868 FALAT Matej 1993 SVK
71 90109 TODOROV Dean 1983 BUL
69 90047 GEORGIEV Stefan 1977 BUL
68 92534 CHONGAROV Nikola 1989 BUL
66 561117 KUERNER Miha 1987 SLO
64 501458 LINDH Calle 1990 SWE
63 534959 JITLOFF Tim 1985 USA
62 380292 ZRNCIC-DIM Natko 1986 CRO
61 480736 KHOROSHILOV Alexander 1984 RUS
60 191750 FANARA Thomas 1981 FRA
58 930105 GRANSTROM Colby 1990 USA
55 150644 KRYZL Krystof 1986 CZE
52 50931 BECHTER Patrick 1982 AUT
47 301312 SASAKI Akira 1981 JPN
45 50981 HOERL Wolfgang 1983 AUT
43 180251 PALANDER Kalle 1977 FIN
34 50547 SCHOENFELDER Rainer 1977 AUT
29 150594 TREJBAL Filip 1985 CZE
28 501116 LAHDENPERAE Anton 1985 SWE
27 102922 WHITE Trevor 1984 CAN
24 150398 BANK Ondrej 1980 CZE
23 102912 SPENCE Brad 1984 CAN
22 910000 IMBODEN Urs 1975 MDA
21 500656 LARSSON Markus 1979 SWE
18 560355 VALENCIC Mitja 1978 SLO
Did not finish 2nd run
33 534508 CHODOUNSKY David 1984 USA
30 511896 MURISIER Justin 1992 SUI
25 421400 MYHRE Lars Elton 1984 NOR
17 501223 BAECK Axel 1987 SWE
10 102239 COUSINEAU Julien 1981 CAN
6 501017 MYHRER Andre 1983 SWE
Did not finish 1st run
70 294904 PANGRAZZI Paolo 1988 ITA
67 90131 GEORGIEV Georgi 1987 BUL
65 53922 WIESER Manuel 1990 AUT
56 250127 BJORGVINSSON Bjorgvin 1980 ISL
48 194495 FAIVRE Mathieu 1992 FRA
46 102727 STUTZ Paul 1983 CAN
44 194364 PINTURAULT Alexis 1991 FRA
41 510997 BERTHOD Marc 1983 SUI
40 290732 THALER Patrick 1978 ITA
38 530165 BRANDENBURG Will 1987 USA
37 511908 SCHMIDIGER Reto 1992 SUI
36 92591 ALBRECHT Kilian 1973 BUL
35 50824 DREIER Christoph 1981 AUT
31 421483 JANSRUD Kjetil 1985 NOR
5 380260 KOSTELIC Ivica 1979 CRO


M・リーシュが通算20勝目=W杯女子スーパーG

M・リーシュが通算20勝目=W杯女子スーパーG

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は27日、スウェーデンのオーレで女子スーパー大回転第5戦が行われ、マリア・リーシュ(ドイツ)が1分13秒24で今季6勝目、通算20勝目を挙げた。0.01秒差の2位にリンゼイ・ボン、3位にジュリア・マンクーゾ(ともに米国)が続いた。(時事)

(2011/02/27-22:01)



Rank Bib FIS Code Name Year Nation Total Time FIS Points
1 19 206001 RIESCH Maria 1984 GER 1:13.24 0.00
2 16 537544 VONN Lindsey 1984 USA 1:13.25 0.14
3 22 537545 MANCUSO Julia 1984 USA 1:14.03 11.43
4 7 55690 HOSP Nicole 1983 AUT 1:14.05 11.72
5 21 516138 GUT Lara 1991 SUI 1:14.11 12.59
6 13 515747 GISIN Dominique 1985 SUI 1:14.22 14.18
7 6 296427 SCHNARF Johanna 1984 ITA 1:14.24 14.47
8 10 565243 MAZE Tina 1983 SLO 1:14.28 15.05
9 9 55947 FENNINGER Anna 1989 AUT 1:14.30 15.34
10 26 296008 MERIGHETTI Daniela 1981 ITA 1:14.36 16.21
11 1 505632 LINDELL-VIKARBY Jessica 1984 SWE 1:14.43 17.22
12 4 538305 SMITH Leanne 1987 USA 1:14.46 17.66
13 11 205218 REBENSBURG Viktoria 1989 GER 1:14.61 19.83
13 3 515573 AUFDENBLATTEN Fraenzi 1981 SUI 1:14.61 19.83
15 2 515560 SCHILD Martina 1981 SUI 1:14.65 20.41
16 8 55750 FISCHBACHER Andrea 1985 AUT 1:14.73 21.56
17 20 515766 SUTER Fabienne 1985 SUI 1:14.79 22.43
18 32 196928 WORLEY Tessa 1989 FRA 1:14.82 22.87
18 25 55766 MADER Regina 1985 AUT 1:14.82 22.87
20 5 55806 ALTACHER Margret 1986 AUT 1:14.88 23.74
21 17 55576 GOERGL Elisabeth 1981 AUT 1:14.93 24.46
22 23 296472 FANCHINI Elena 1985 ITA 1:15.06 26.34
23 33 296431 STUFFER Verena 1984 ITA 1:15.13 27.35
24 14 196460 MARCHAND-ARVIER Marie 1985 FRA 1:15.16 27.79
25 12 106022 JANYK Britt 1980 CAN 1:15.28 29.52
26 29 297910 CURTONI Elena 1991 ITA 1:15.32 30.10
27 28 495318 RUIZ CASTILLO Carolina 1981 SPA 1:15.35 30.54
28 24 55970 SCHMIDHOFER Nicole 1989 AUT 1:15.36 30.68
29 30 538573 ROSS Laurenne 1988 USA 1:15.45 31.99
30 40 55759 KIRCHGASSER Michaela 1985 AUT 1:15.60 34.16
30 34 515782 ABDERHALDEN Marianne 1986 SUI 1:15.60 34.16
32 27 195983 ROLLAND Marion 1982 FRA 1:15.75 36.33
33 43 537582 COOK Stacey 1984 USA 1:15.81 37.20
34 15 195671 JACQUEMOD Ingrid 1978 FRA 1:15.89 38.35
35 38 565320 FERK Marusa 1988 SLO 1:15.96 39.37
36 35 105269 GAGNON Marie-Michele 1989 CAN 1:15.97 39.51
37 48 506399 HECTOR Sara 1992 SWE 1:16.01 40.09
38 37 297702 MARSAGLIA Francesca 1990 ITA 1:16.02 40.23
39 42 515997 FEIERABEND Denise 1989 SUI 1:16.24 43.42
40 41 297601 BRIGNONE Federica 1990 ITA 1:16.39 45.59
41 39 425880 SEJERSTED Lotte Smiseth 1991 NOR 1:16.48 46.89
42 45 206323 STIEPEL Isabelle 1990 GER 1:16.57 48.19
43 31 505760 PIETILAE-HOLMNER Maria 1986 SWE 1:16.66 49.50
44 36 55882 STAUDINGER Christina 1987 AUT 1:16.69 49.93
45 46 516280 HOLDENER Wendy 1993 SUI 1:17.03 54.85
46 44 196812 PELLISSIER Marion 1988 FRA 1:17.12 56.16
47 47 375018 COLETTI Alexandra 1983 MON 1:18.13 70.77
Did not finish 1st run
18 505483 PAERSON Anja 1981 SWE


スキー女子は星、男子は武田がV 全日本アルペン回転

スキー女子は星、男子は武田がV 全日本アルペン回転

 アルペンスキーの全日本選手権技術系第1日は27日、長野県野沢温泉スキー場で回転を行い、女子は世界選手権代表の25歳、星瑞枝が1回目のトップを守り、合計タイム1分36秒49で6年ぶり2度目の優勝を果たした。全日本選手権は23日のスーパー大回転を含めて5勝目。

 2回目に追い上げた花岡萌が0秒07差の2位で、清沢恵美子が3位になった。

 男子は26歳の武田竜が1分55秒50で全日本選手権を初制覇した。世界選手権代表の大越龍之介が0秒18差の2位に入り、田中雄土が3位だった。

2011/02/27 17:30 【共同通信】



Rank Bib FIS Code Name Year Nation Run 1 Run 2 Total Time FIS Points
1 4 306096 HOSHI Mizue 1985 JPN 47.91 48.58 1:36.49 12.04
2 7 305962 HANAOKA Moe 1984 JPN 48.25 48.31 1:36.56 12.48
3 5 305944 KIYOSAWA Emiko 1983 JPN 48.33 48.97 1:37.30 17.16
4 9 306316 TAKEDA Minami 1986 JPN 49.83 49.16 1:38.99 27.84
5 12 306577 MARUKO Yurika 1989 JPN 49.94 49.39 1:39.33 29.99
6 2 305694 YUMOTO Hiromi 1981 JPN 49.90 49.66 1:39.56 31.45
7 11 306987 OKAMOTO Noe 1992 JPN 50.50 49.39 1:39.89 33.53
8 22 307223 OSHIMI Hikaru 1994 JPN 51.45 49.87 1:41.32 42.57
8 10 307126 KAWAURA Asuka 1993 JPN 51.86 49.46 1:41.32 42.57
10 17 306965 IDE Natsuki 1992 JPN 52.06 49.69 1:41.75 45.29
11 26 306683 YAMAZAKI Yurie 1989 JPN 50.95 50.83 1:41.78 45.48
12 23 306623 NAGATA Emi 1989 JPN 51.64 50.49 1:42.13 47.70
13 24 306849 OKUBO Yumi 1991 JPN 51.98 50.41 1:42.39 49.34
14 8 307255 ISHIKAWA Haruna 1994 JPN 52.02 50.39 1:42.41 49.47
15 35 306922 SAWABE Aya 1991 JPN 52.85 50.13 1:42.98 53.07
16 39 306644 SAKAGUCHI Ayami 1989 JPN 52.28 50.72 1:43.00 53.20
17 33 306885 GOTOU Yuuko 1991 JPN 52.82 50.25 1:43.07 53.64
18 25 306832 HIRAYAMA Agasa 1991 JPN 50.32 53.34 1:43.66 57.37
19 40 306748 KURISU Narumi 1990 JPN 53.08 50.73 1:43.81 58.32
20 46 307324 SHIMOMURA Sae 1994 JPN 53.99 50.66 1:44.65 63.63
21 59 306804 TOCHIMOTO Suzuka 1990 JPN 54.70 50.88 1:45.58 69.51
22 52 306830 FUNASAKA Yuki 1991 JPN 54.34 52.22 1:46.56 75.70
23 54 307170 ISHIGURI Yu 1993 JPN 54.88 52.91 1:47.79 83.48
24 14 306811 WATANABE Kurumi 1990 JPN 51.99 55.81 1:47.80 83.54
25 47 307072 TSUTSUMI Harusa 1993 JPN 54.94 53.25 1:48.19 86.01
26 70 307142 KINEFUCHI Chika 1993 JPN 55.63 53.73 1:49.36 93.40
27 43 306836 KADO Asami 1991 JPN 55.14 54.47 1:49.61 94.98
28 45 307050 TERAI Erika 1992 JPN 56.11 53.78 1:49.89 96.75
29 62 307289 SHINOHE Chika 1994 JPN 56.37 53.55 1:49.92 96.94
30 51 307189 OOTA Konomi 1993 JPN 55.75 54.58 1:50.33 99.54
31 87 306898 KITAZUME Kokoro 1991 JPN 56.39 54.10 1:50.49 100.55
32 82 306917 SADO Hitomi 1991 JPN 56.45 54.28 1:50.73 102.06
33 56 307283 YAMAGUCHI Natsumi 1994 JPN 57.05 53.90 1:50.95 103.45
34 16 307221 YOSHIHARA Mako 1994 JPN 59.37 51.71 1:51.08 104.28
35 67 306818 MATSUSHITA Minato 1990 JPN 56.70 54.49 1:51.19 104.97
36 74 306935 UEDA Mina 1991 JPN 57.07 54.98 1:52.05 110.41
37 66 307218 SARASHINA Kurumi 1994 JPN 58.45 55.75 1:54.20 124.00
38 81 306651 SHIMOSATO Yuko 1989 JPN 58.39 55.83 1:54.22 124.13
39 85 307308 KIRIKUBO Kasumi 1994 JPN 58.03 56.86 1:54.89 128.36
40 84 307335 NAKAMURA Chika 1994 JPN 57.76 57.70 1:55.46 131.97
41 61 307005 YAMAZAKI Yuma 1992 JPN 57.40 59.62 1:57.02 141.83
42 95 306543 SUZUKI Eiko 1987 JPN 1:01.45 56.81 1:58.26 149.67
43 89 307069 YAMAMOTO Akina 1993 JPN 1:01.34 58.11 1:59.45 157.19
44 73 306894 IWAHARA Mika 1990 JPN 1:05.73 54.93 2:00.66 164.84
45 96 307039 WATANABE Sakiko 1992 JPN 1:01.86 59.11 2:00.97 166.80
46 86 306986 OKADA Yuka 1992 JPN 1:03.75 1:02.01 2:05.76 197.08
47 98 307146 MORIGUCHI Akane 1992 JPN 1:18.50 57.90 2:16.40 264.35
Disqualified 1st run
41 307219 SEKIGUCHI Rui 1994 JPN
Did not start 2nd run
55 307175 KANAI Manami 1993 JPN
Did not finish 2nd run
91 307078 TAKATANI Yoko 1992 JPN
75 306841 KOBAYASHI Yumi 1991 JPN
69 306609 KOSHIBA Saki 1989 JPN
65 306833 ISHII Risa 1991 JPN
60 307000 TANAKA Yukako 1992 JPN
58 307346 NUMAMORI Haruna 1995 JPN
53 306582 IGARASHI Yumeko 1989 JPN
37 306674 TORIYABE Kie 1989 JPN
34 306888 HATANO Mayumi 1991 JPN
32 307034 SANOMA Miki 1992 JPN
29 306702 CHIBA Aoi 1990 JPN
19 306461 KAWABATA Yusa 1988 JPN
15 306779 SENJU Saika 1990 JPN
6 306249 HASEGAWA Emi 1986 JPN
1 306508 MIZUKUCHI Kaori 1988 JPN
Did not finish 1st run
99 307378 TSUKAMOTO Satoko 1995 JPN
97 307008 YOSHII Aina 1992 JPN
94 307387 IWABUCHI Nozomi 1995 JPN
93 307208 TAGUCHI Ai 1993 JPN
92 307032 NEGISHI Shiho 1991 JPN
90 307122 KATO Nanako 1993 JPN
88 306845 MIYAKI Erika 1991 JPN
83 307195 SHOJI Ayana 1993 JPN
80 307222 MOTIZUKI Erina 1994 JPN
79 306825 ABE Hanae 1990 JPN
78 307236 NEMOTO Fuuka 1994 JPN
77 307386 DENDA Kayo 1995 JPN
76 307035 SEKIGUCHI Rei 1992 JPN
72 307241 KAWAGUCHI Rikako 1993 JPN
71 307048 SAITO Amo 1992 JPN
68 307427 OGAWA Sayaka 1995 JPN
64 306637 OKUHARA Manae 1989 JPN
63 307432 KOBAYASHI Yuri 1995 JPN
57 307044 KAGAWA Mayu 1992 JPN
50 307125 FUJITA Nami 1993 JPN
49 307109 ITO Michiko 1993 JPN
48 307242 OHNO Chiharu 1994 JPN
44 306958 AJIRO Yasuko 1992 JPN
42 306861 SUZUKI Ayana 1991 JPN
38 306855 SAKAMOTO Narumi 1991 JPN
36 306660 TAKAHASHI Aki 1989 JPN
31 306835 ITOH Saki 1991 JPN
30 306650 SHIMIZU Kaho 1989 JPN
28 306616 MINAKATA Misaki 1989 JPN
27 306664 TAKEDA Rie 1989 JPN
21 306847 NIISATO Shoko 1991 JPN
20 306920 SANADA Hibari 1991 JPN
18 306798 TAKEUCHI Rumi 1990 JPN
13 307009 HASUMI Konatsu 1992 JPN
3 306493 KANEKO Misato 1988 JPN


Rank Bib FIS Code Name Year Nation Run 1 Run 2 Total Time FIS Points
1 14 301886 TAKEDA Ryu 1984 JPN 57.04 58.46 1:55.50 16.87
2 4 302982 OHKOSHI Ryunosuke 1988 JPN 58.10 57.58 1:55.68 17.82
3 24 303047 TANAKA Yuto 1988 JPN 58.08 58.84 1:56.92 24.37
4 2 304242 NARITA Hideyuki 1993 JPN 1:01.39 56.77 1:58.16 30.92
5 16 303464 SAITO Shogo 1990 JPN 1:00.17 58.76 1:58.93 34.99
6 5 302564 SATO Sho 1986 JPN 58.74 1:00.36 1:59.10 35.88
7 75 304298 ANDOH Yuutaroh 1994 JPN 1:00.68 58.92 1:59.60 38.52
8 36 302592 TAKIGUCHI Shohei 1986 JPN 1:00.36 59.31 1:59.67 38.89
9 15 303322 SHIMIZU Dai 1990 JPN 1:00.14 59.63 1:59.77 39.42
10 19 303789 YUKI Tomohiro 1991 JPN 1:00.04 1:00.00 2:00.04 40.85
11 33 303453 OKAMOTO Koji 1990 JPN 1:00.08 59.98 2:00.06 40.95
12 29 303267 TERADA Kengo 1989 JPN 1:02.10 58.62 2:00.72 44.44
13 57 302364 TANAKA Syoko 1986 JPN 1:01.57 1:00.50 2:02.07 51.57
14 90 303255 SUMIYA Ryota 1989 JPN 1:02.92 1:00.11 2:03.03 56.64
15 48 303707 MARUYAMA Kazuki 1991 JPN 1:01.50 1:01.93 2:03.43 58.75
16 99 303471 SASAKI Eitaro 1990 JPN 1:04.71 58.91 2:03.62 59.75
17 94 303709 MATSUI Yuki 1991 JPN 1:03.49 1:00.43 2:03.92 61.34
18 76 303986 OOHASHI Kazutomo 1992 JPN 1:05.13 59.84 2:04.97 66.88
19 63 303637 YAMASHITA Kohei 1991 JPN 1:04.85 1:00.35 2:05.20 68.10
20 102 303903 SUGAWARA Hayato 1992 JPN 1:04.63 1:02.82 2:07.45 79.98
21 86 304293 SATOU Yuu 1994 JPN 1:04.60 1:04.79 2:09.39 90.23
22 100 304072 SHIOBARA Masaru 1993 JPN 1:07.34 1:04.88 2:12.22 105.17
23 64 303864 MIYABE Shuhei 1992 JPN 1:09.28 1:04.62 2:13.90 114.05
Disqualified 2nd run
22 301879 SHINOHE Tomoya 1980 JPN
Disqualified 1st run
108 304538 SAITO Kyota 1995 JPN
72 303939 MURAKOSHI Ryoma 1992 JPN
53 302734 MIZUGUCHI Tatsushi 1986 JPN
Did not finish 2nd run
107 304082 NISHIO Masaki 1992 JPN
104 304535 NAKAMURA Shun 1995 JPN
98 304428 NARITA Iori 1994 JPN
93 304341 NAKAZAWA Kazushi 1994 JPN
79 303587 KOKUBUN Tatsuya 1991 JPN
61 303317 HONMA Yoshitaka 1990 JPN
28 304099 MITSUI Kyohei 1993 JPN
25 303443 NOSHIROYA Taiki 1990 JPN
18 303099 KOBAYASHI Hiromu 1989 JPN
11 302942 KOTAKA Masanobu 1988 JPN
7 302368 YOSHIGOE Ippei 1986 JPN
3 302726 MATSUMOTO Isato 1987 JPN
Did not finish 1st run
111 304754 KIZAWA Yukimasa 1989 JPN
110 304756 YAMAZAKI Shuta 1976 JPN
109 304266 YAMAMOTO Keita 1993 JPN
106 304180 OGAWA Naoto 1993 JPN
105 304542 KUDO Yoshihiro 1995 JPN
103 304544 HIROSHIMA Seiya 1995 JPN
101 303856 MASHINO Kazuki 1992 JPN
97 303204 MINAGAWA Keita 1989 JPN
96 303450 OTAKE Rin 1990 JPN
95 303769 TANI Naoto 1990 JPN
92 304041 AGEMATSU Shuuhei 1992 JPN
91 303571 FUKUSHI Takuya 1991 JPN
89 304320 OHYAMA Ryu 1994 JPN
88 304537 KAKIZAKI Yumenosuke 1995 JPN
87 303855 MASEBA Kazuki 1992 JPN
85 303684 INOUE Kennosuke 1991 JPN
84 303627 TANAKA Tomoyuki 1991 JPN
83 304123 HIROSE Takanao 1993 JPN
82 303977 MATSUZAWA Hiroki 1992 JPN
81 303823 HAYASHI Raisei 1992 JPN
80 304167 IKEDA Masataka 1993 JPN
78 303761 TAHARA Soshi 1991 JPN
77 304250 SAKASHITA Hironori 1993 JPN
74 304140 SAITO Kumio 1993 JPN
73 304291 ARAI Shogo 1994 JPN
71 303760 SUMIYA Yuta 1991 JPN
70 303679 ICHINOMOTO Tomoki 1991 JPN
69 303613 SHIMIZU Shou 1991 JPN
68 304105 MACHIDA Keisuke 1993 JPN
67 303096 HIRAGA Atsunari 1989 JPN
66 302546 OMORI Yusuke 1986 JPN
65 303885 OKINO Shogo 1992 JPN
62 303313 KOBUNE Katsumi 1989 JPN
60 303721 MURATA Hitoshi 1991 JPN
59 303897 SHINOHARA Yuuma 1992 JPN
58 304069 SUGAI Kan 1993 JPN
56 304112 KANAMARU Kohsetsu 1993 JPN
55 303427 MIYAMOTO Hiromitsu 1990 JPN
54 304369 FUJIHARA Sota 1994 JPN
52 302940 KOMATSU Kyohei 1988 JPN
51 303800 TANIGUCHI Yuuto 1991 JPN
50 304052 UJIIE Masahide 1993 JPN
49 303595 MORIMOTO Yuuki 1991 JPN
47 304091 NAGASAWA Takayuki 1993 JPN
46 303231 OHMURA Kazuya 1989 JPN
45 304318 OBARA Kenta 1994 JPN
44 303577 HONDA Tohma 1990 JPN
43 303833 ISHIDUKA Takahiro 1992 JPN
42 303865 MIYAMOTO Shinya 1992 JPN
41 303284 YAMAMOTO Yukiomi 1989 JPN
40 302928 KATONO Daichi 1988 JPN
39 303186 KONDO Shinya 1989 JPN
38 303536 OHKUBO Shohgo 1990 JPN
37 301625 HONDA Hiroki 1982 JPN
35 303591 MIKAMI Masato 1991 JPN
34 302360 OKUTA Yusuke 1985 JPN
32 303696 KOHNO Kyohsuke 1991 JPN
31 302999 SASAKI Tatsunori 1988 JPN
30 303880 OGIHARA Shunsuke 1992 JPN
27 303758 SUGAI Ryo 1991 JPN
26 303583 KOBAYASHI Hyuga 1991 JPN
23 303854 KUWABARA Ryo 1992 JPN
21 303315 FUSE Takashi 1990 JPN
20 304139 SHIN Masanori 1993 JPN
17 303219 NAKAMURA Kazushi 1989 JPN
13 302559 SAKUTA Koki 1986 JPN
12 302320 YAMASHINA Hirofumi 1985 JPN
10 304212 FUKASE Kazushi 1993 JPN
9 302952 MIYAMA Fumiaki 1988 JPN
8 303259 TAKAZAWA Shin 1989 JPN
6 303235 OIKAWA Takahiro 1989 JPN
1 300466 IKUTA Yasuhiro 1979 JPN



五輪採用見込み競技復帰の三星「生半可な気持ちじゃない」

五輪採用見込み競技復帰の三星「生半可な気持ちじゃない」 

2011.2.26 08:25

mituhoshi.jpg
フリースタイルスキー世界選手権のハーフパイプ決勝に出場した三星マナミ=米パークシティー(共同)

 米ユタ州パークシティーなどで2月上旬に開催されたフリースタイルスキーの世界選手権のハーフパイプ(HP)で、出産を経て2季ぶりに現役復帰した27歳の三星マナミ(野沢温泉ク)が決勝に進んで10位となった。

 五輪種目となっているスノーボードのHPと同じく半筒状のコースの縁から跳び上がり、回転技などの難易度や完成度を競う。2009年世界選手権後に引退した三星は同年11月に娘を出産。その1年後、2014年ソチ五輪でフリースタイルの採用が有望との情報に触れ「子育てで充実していたが、日本では知名度が低い競技をアピールする最高のチャンス」と復帰を決意。男子の第一人者だった夫の上野雄大さんは「金メダルを取る努力をするなら許す」と背中を押した。

 「ぶっつけ本番」で臨んだ1月の代表選考会で、世界との差は広がったのを感じた。「生半可な気持ちで復帰していない」と気合十分だ。(共同)



スノーボード中の男性が木に衝突し死亡 栃木・那須塩原のスキー場

スノーボード中の男性が木に衝突し死亡 栃木・那須塩原のスキー場

2011.2.26 21:59 産経新聞

 26日午後0時半ごろ、栃木県那須塩原市のスキー場「ハンターマウンテン塩原」の上級コースで、スノーボードをしていた千葉県松戸市の会社員、白鳥仁一さん(52)が、コースから約2・5メートル外れた木に衝突し死亡した。死因は肝破裂。

 那須塩原署によると、コースの斜度は約15度で、幅は約50メートル。雑木林との境界に防護柵はない。白鳥さんはスノーボード歴が約30年あるという。

 白鳥さんは友人6人と同日午前5時ごろ、車で出発。午前8時半ごろスキー場に到着し、同50分ごろに滑り始めていた。



インネルホファーがV アルペンW杯男子S複合

インネルホファーがV アルペンW杯男子S複合

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)男子スーパー複合最終戦は26日、ブルガリアのバンスコで行われ、クリストフ・インネルホファー(イタリア)が合計2分23秒87で今季初勝利、通算2勝目を挙げた。前半の回転は11位だったが、スーパー大回転で逆転した。

 0秒01差の2位はフェリックス・ノイロイター(ドイツ)で、3位にはトマ・メルミヨ(フランス)が入った。(共同)

Rank Bib FIS Code Name Year Nation Run 1 Run 2 Total Time FIS Points
1 5 293006 INNERHOFER Christof 1984 ITA 1:01.12 1:22.75 2:23.87 0.00
2 27 201702 NEUREUTHER Felix 1984 GER 59.92 1:23.96 2:23.88 0.08
3 17 192504 MERMILLOD BLONDIN Thomas 1984 FRA 1:01.68 1:22.52 2:24.20 2.59
4 11 534562 LIGETY Ted 1984 USA 1:00.99 1:23.38 2:24.37 3.93
5 6 380260 KOSTELIC Ivica 1979 CRO 1:00.25 1:24.17 2:24.42 4.32
6 2 150398 BANK Ondrej 1980 CZE 1:00.69 1:23.78 2:24.47 4.71
7 14 53853 SIEBER Bjoern 1989 AUT 1:02.36 1:22.16 2:24.52 5.11
8 18 534959 JITLOFF Tim 1985 USA 1:00.93 1:23.85 2:24.78 7.15
9 21 292491 MOELGG Manfred 1982 ITA 1:00.01 1:24.86 2:24.87 7.85
10 3 51215 BAUMANN Romed 1986 AUT 1:01.80 1:23.14 2:24.94 8.40
11 31 194364 PINTURAULT Alexis 1991 FRA 1:01.82 1:23.37 2:25.19 10.37
12 35 511908 SCHMIDIGER Reto 1992 SUI 1:01.76 1:23.52 2:25.28 11.07
13 8 421400 MYHRE Lars Elton 1984 NOR 1:01.56 1:23.75 2:25.31 11.31
14 20 51007 SCHOERGHOFER Philipp 1983 AUT 1:02.26 1:23.07 2:25.33 11.47
15 4 380292 ZRNCIC-DIM Natko 1986 CRO 1:00.47 1:25.47 2:25.94 16.26
16 37 510997 BERTHOD Marc 1983 SUI 1:02.51 1:23.57 2:26.08 17.36
17 29 194495 FAIVRE Mathieu 1992 FRA 1:02.58 1:23.52 2:26.10 17.52
18 7 421483 JANSRUD Kjetil 1985 NOR 1:02.35 1:23.95 2:26.30 19.09
19 43 561117 KUERNER Miha 1987 SLO 1:01.99 1:24.57 2:26.56 21.13
20 28 51395 DIGRUBER Marc 1988 AUT 1:01.46 1:25.23 2:26.69 22.15
21 19 90131 GEORGIEV Georgi 1987 BUL 1:01.72 1:25.05 2:26.77 22.78
22 40 501324 OLSSON Matts 1988 SWE 1:02.72 1:24.76 2:27.48 28.35
23 36 193347 TISSOT Maxime 1986 FRA 1:00.72 1:26.90 2:27.62 29.45
24 26 480736 KHOROSHILOV Alexander 1984 RUS 1:01.78 1:26.00 2:27.78 30.71
25 10 51327 PUCHNER Joachim 1987 AUT 1:03.25 1:24.84 2:28.09 33.15
26 9 291459 PARIS Dominik 1989 ITA 1:02.80 1:25.50 2:28.30 34.79
27 13 293550 MARSAGLIA Matteo 1985 ITA 1:02.62 1:25.84 2:28.46 36.05
28 1 292455 FILL Peter 1982 ITA 1:03.96 1:24.85 2:28.81 38.80
29 12 511383 FEUZ Beat 1987 SUI 1:04.06 1:24.82 2:28.88 39.35
30 38 53968 BERTHOLD Frederic 1991 AUT 1:02.84 1:26.50 2:29.34 42.96
31 34 930105 GRANSTROM Colby 1990 USA 1:01.68 1:27.71 2:29.39 43.36
32 24 380298 SIROKI Tin 1987 CRO 1:03.85 1:27.25 2:31.10 56.79
33 42 92534 CHONGAROV Nikola 1989 BUL 1:04.34 1:27.18 2:31.52 60.09
Disqualified 1st run
46 92570 GEORGIEV Svetoslav 1991 BUL
Did not start 2nd run
41 150594 TREJBAL Filip 1985 CZE
39 102435 JANYK Michael 1982 CAN
25 50547 SCHOENFELDER Rainer 1977 AUT
22 530165 BRANDENBURG Will 1987 USA
Did not finish 2nd run
33 511896 MURISIER Justin 1992 SUI
32 53922 WIESER Manuel 1990 AUT
16 192665 GRANGE Jean-Baptiste 1984 FRA
Did not finish 1st run
47 291145 DEVILLE Cristian 1981 ITA
45 700868 FALAT Matej 1993 SVK
44 532138 KASPER Nolan 1989 USA
30 50824 DREIER Christoph 1981 AUT
23 150644 KRYZL Krystof 1986 CZE
15 294904 PANGRAZZI Paolo 1988 ITA




女子S複合 リーシュが今季5勝目

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)女子スーパー複合第2戦は25日、スウェーデンのオーレで行われ、マリア・リーシュ(ドイツ)が合計1分59秒60で今季5勝目、通算19勝目を挙げた。スーパー大回転で2位、回転で3位だった。

 回転でトップの45秒19をマークしたティナ・マゼ(スロベニア)が0秒40差で2位。スーパー大回転でトップだったリンゼイ・ボン(米国)は6位に終わった。(共同)
[ 2011年2月25日 23:03 ]



Rank Bib FIS Code Name Year Nation Run 1 Run 2 Total Time FIS Points
1 20 206001 RIESCH Maria 1984 GER 1:14.21 45.39 1:59.60 0.00
2 22 565243 MAZE Tina 1983 SLO 1:14.81 45.19 2:00.00 3.78
3 21 55576 GOERGL Elisabeth 1981 AUT 1:14.40 45.86 2:00.26 6.24
4 17 505483 PAERSON Anja 1981 SWE 1:14.47 45.81 2:00.28 6.42
5 18 55759 KIRCHGASSER Michaela 1985 AUT 1:15.40 45.30 2:00.70 10.39
6 19 537544 VONN Lindsey 1984 USA 1:14.05 46.71 2:00.76 10.96
7 11 55690 HOSP Nicole 1983 AUT 1:15.48 45.63 2:01.11 14.27
8 14 537545 MANCUSO Julia 1984 USA 1:14.50 46.64 2:01.14 14.55
9 16 55947 FENNINGER Anna 1989 AUT 1:14.55 47.16 2:01.71 19.94
10 28 297910 CURTONI Elena 1991 ITA 1:15.89 46.08 2:01.97 22.39
11 6 196812 PELLISSIER Marion 1988 FRA 1:16.45 45.81 2:02.26 25.13
12 29 296008 MERIGHETTI Daniela 1981 ITA 1:14.96 47.32 2:02.28 25.32
13 12 515747 GISIN Dominique 1985 SUI 1:16.20 46.14 2:02.34 25.89
14 4 55806 ALTACHER Margret 1986 AUT 1:15.35 47.22 2:02.57 28.06
15 33 196928 WORLEY Tessa 1989 FRA 1:16.40 46.27 2:02.67 29.01
16 26 55750 FISCHBACHER Andrea 1985 AUT 1:15.38 47.31 2:02.69 29.19
16 15 565320 FERK Marusa 1988 SLO 1:16.50 46.19 2:02.69 29.19
18 30 425880 SEJERSTED Lotte Smiseth 1991 NOR 1:16.19 46.67 2:02.86 30.80
19 27 105269 GAGNON Marie-Michele 1989 CAN 1:17.04 46.10 2:03.14 33.45
20 32 505760 PIETILAE-HOLMNER Maria 1986 SWE 1:17.79 45.74 2:03.53 37.13
21 10 296427 SCHNARF Johanna 1984 ITA 1:17.05 46.60 2:03.65 38.27
22 44 297601 BRIGNONE Federica 1990 ITA 1:17.81 45.93 2:03.74 39.12
23 34 515782 ABDERHALDEN Marianne 1986 SUI 1:15.83 47.92 2:03.75 39.21
24 8 515766 SUTER Fabienne 1985 SUI 1:16.61 47.39 2:04.00 41.57
25 23 516280 HOLDENER Wendy 1993 SUI 1:17.20 46.85 2:04.05 42.04
26 5 196968 BAILET Margot 1990 FRA 1:17.05 47.01 2:04.06 42.14
27 9 515997 FEIERABEND Denise 1989 SUI 1:17.03 47.06 2:04.09 42.42
28 39 55766 MADER Regina 1985 AUT 1:15.82 48.36 2:04.18 43.27
29 2 538305 SMITH Leanne 1987 USA 1:16.42 47.86 2:04.28 44.22
30 24 515806 KAMER Nadja 1986 SUI 1:14.80 49.63 2:04.43 45.63
31 38 506399 HECTOR Sara 1992 SWE 1:16.97 47.48 2:04.45 45.82
32 41 537582 COOK Stacey 1984 USA 1:16.57 47.96 2:04.53 46.58
33 1 206323 STIEPEL Isabelle 1990 GER 1:16.84 47.72 2:04.56 46.86
34 3 538573 ROSS Laurenne 1988 USA 1:17.20 49.07 2:06.27 63.02
35 13 196460 MARCHAND-ARVIER Marie 1985 FRA 1:16.44 1:09.12 2:25.56 245.27
Did not start 2nd run
46 106022 JANYK Britt 1980 CAN
45 495318 RUIZ CASTILLO Carolina 1981 SPA
43 515560 SCHILD Martina 1981 SUI
37 195983 ROLLAND Marion 1982 FRA
36 515573 AUFDENBLATTEN Fraenzi 1981 SUI
35 195671 JACQUEMOD Ingrid 1978 FRA
31 205218 REBENSBURG Viktoria 1989 GER
Did not finish 2nd run
25 516138 GUT Lara 1991 SUI
Did not finish 1st run
42 375018 COLETTI Alexandra 1983 MON
40 506341 WIKSTROEM Emelie 1992 SWE
7 505632 LINDELL-VIKARBY Jessica 1984 SWE


ボンが通算40勝目 アルペンW杯女子滑降

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)女子滑降第6戦は26日、スウェーデンのオーレで行われ、同種目でバンクーバー冬季五輪優勝のリンゼイ・ボン(米国)が1分40秒93で今季7勝目、通算40勝目をマークした。

 0秒13差の2位はティナ・マゼ(スロベニア)で、3位はマリア・リーシュ(ドイツ)だった。(共同)

2011/02/26 23:30 【共同通信】



Rank Bib FIS Code Name Year Nation Total Time FIS Points
1 19 206001 RIESCH Maria 1984 GER 1:13.24 0.00
2 16 537544 VONN Lindsey 1984 USA 1:13.25 0.14
3 22 537545 MANCUSO Julia 1984 USA 1:14.03 11.43
4 7 55690 HOSP Nicole 1983 AUT 1:14.05 11.72
5 21 516138 GUT Lara 1991 SUI 1:14.11 12.59
6 13 515747 GISIN Dominique 1985 SUI 1:14.22 14.18
7 6 296427 SCHNARF Johanna 1984 ITA 1:14.24 14.47
8 10 565243 MAZE Tina 1983 SLO 1:14.28 15.05
9 9 55947 FENNINGER Anna 1989 AUT 1:14.30 15.34
10 26 296008 MERIGHETTI Daniela 1981 ITA 1:14.36 16.21
11 1 505632 LINDELL-VIKARBY Jessica 1984 SWE 1:14.43 17.22
12 4 538305 SMITH Leanne 1987 USA 1:14.46 17.66
13 11 205218 REBENSBURG Viktoria 1989 GER 1:14.61 19.83
13 3 515573 AUFDENBLATTEN Fraenzi 1981 SUI 1:14.61 19.83
15 2 515560 SCHILD Martina 1981 SUI 1:14.65 20.41
16 8 55750 FISCHBACHER Andrea 1985 AUT 1:14.73 21.56
17 20 515766 SUTER Fabienne 1985 SUI 1:14.79 22.43
18 32 196928 WORLEY Tessa 1989 FRA 1:14.82 22.87
18 25 55766 MADER Regina 1985 AUT 1:14.82 22.87
20 5 55806 ALTACHER Margret 1986 AUT 1:14.88 23.74
21 17 55576 GOERGL Elisabeth 1981 AUT 1:14.93 24.46
22 23 296472 FANCHINI Elena 1985 ITA 1:15.06 26.34
23 33 296431 STUFFER Verena 1984 ITA 1:15.13 27.35
24 14 196460 MARCHAND-ARVIER Marie 1985 FRA 1:15.16 27.79
25 12 106022 JANYK Britt 1980 CAN 1:15.28 29.52
26 29 297910 CURTONI Elena 1991 ITA 1:15.32 30.10
27 28 495318 RUIZ CASTILLO Carolina 1981 SPA 1:15.35 30.54
28 24 55970 SCHMIDHOFER Nicole 1989 AUT 1:15.36 30.68
29 30 538573 ROSS Laurenne 1988 USA 1:15.45 31.99
30 40 55759 KIRCHGASSER Michaela 1985 AUT 1:15.60 34.16
30 34 515782 ABDERHALDEN Marianne 1986 SUI 1:15.60 34.16
32 27 195983 ROLLAND Marion 1982 FRA 1:15.75 36.33
33 43 537582 COOK Stacey 1984 USA 1:15.81 37.20
34 15 195671 JACQUEMOD Ingrid 1978 FRA 1:15.89 38.35
35 38 565320 FERK Marusa 1988 SLO 1:15.96 39.37
36 35 105269 GAGNON Marie-Michele 1989 CAN 1:15.97 39.51
37 48 506399 HECTOR Sara 1992 SWE 1:16.01 40.09
38 37 297702 MARSAGLIA Francesca 1990 ITA 1:16.02 40.23
39 42 515997 FEIERABEND Denise 1989 SUI 1:16.24 43.42
40 41 297601 BRIGNONE Federica 1990 ITA 1:16.39 45.59
41 39 425880 SEJERSTED Lotte Smiseth 1991 NOR 1:16.48 46.89
42 45 206323 STIEPEL Isabelle 1990 GER 1:16.57 48.19
43 31 505760 PIETILAE-HOLMNER Maria 1986 SWE 1:16.66 49.50
44 36 55882 STAUDINGER Christina 1987 AUT 1:16.69 49.93
45 46 516280 HOLDENER Wendy 1993 SUI 1:17.03 54.85
46 44 196812 PELLISSIER Marion 1988 FRA 1:17.12 56.16
47 47 375018 COLETTI Alexandra 1983 MON 1:18.13 70.77
Did not finish 1st run
18 505483 PAERSON Anja 1981 SWE



受験を知らない子供たち、懸念は学力低下より突破力

受験を知らない子供たち、懸念は学力低下より突破力

- 11/01/26 | 16:18

ある上場企業の人事担当者の話。「入社2年目ぐらいから伸びない、つまずく若手社員にある共通点がある。それは大学入試を一般受験ではなく、AO入試(アドミッション・オフィス入試、学科試験ではなく、大学が求める学生像に照らし合わせて合否を決める)や推薦で入学していること」。

 もちろん、個人差はあり、そうでない人もたくさんいることを断らなければならない。しかし、ここ数年で急増したAO入試や推薦入学が、転機を迎えていることも確かだ。

 文部科学省によれば、2009年度の大学入学者のうち、私立大学の場合、AO入試が10%、推薦入試が41%と、非学力型入試の割合が半数を超えている。国公立大学でも計17%に及ぶ。国公立、私立とも急増しているのはAO入試だ。AO入試は1990年に慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスが初めて導入、97年の中央教育審議会が答申で入試改善の方策として挙げたことを受け、各大学が競うように採用した。

 しかし、08年12月には推奨した中央教育審自身がAO入試増加などを受け「入試の選抜機能が低下、入学者の学力水準を担保することが困難になりつつある」と指摘している。

 この背景には大学側の思惑もある。AO入試は、合格者のうちどの程度実際に入学したかを示す入学率(歩止まり)がほかより高い。一般入試で3割台、推薦でも8割台の入学率の中、AOでは95%と取りこぼしが極めて少ない。少子化で受験者が減る中、確実に学生を確保できるAO入試は大学にとって願ってもない入試策だったのだ。また、入試時期もこれまで制約がなく、「早いところでは3年の1学期のうちに合格を出す」(塾関係者)大学もあるという。また、推薦入学では全入学者の半分までと枠が定められているのに対し、AOでは特に制限がない

 さらに、入学者の確保には苦労しない上位校でも隠れた思惑がある。AOや推薦入試の枠を広げ、一般入試の枠を狭めることで合格難易度を上げ、結果的にその大学の偏差値を上昇させることにつながっているというのだ。大学は認めないものの、「関係者の中では常識」(同)という。これによって、同大学・同学部内での学力格差拡大を引き起こしているとの見方もある。

これらを受けて文科省では、AO入試の願書受け付けを8月以降に制限するとともに、AO入試でも大学入試センター試験や英検など資格・検定試験などで学力確認をしたうえで合否判定するよう、国公私立大へ通知した。

 「AO入試はそもそもエリート層発掘のために生まれた。しかし、対象の幅を広げすぎたため、ほとんどそれが機能しなくなっている。これを続けるのなら、学力を担保する方策は不可欠」(ニッセイ基礎研究所経済調査部長・櫨浩一氏)という指摘はもっともであろう。

AOであることを隠す

 AO・推薦組増加の影響として、教育関係者からは基礎学力低下を懸念する声が多いのに対し、企業の採用・人事担当者の受け止め方はやや異なる。人事支援サービスのHRプロの寺澤康介社長は「基礎学力の低下も確かにあるが、企業の採用担当者が首をかしげるのは、コミュニケーション能力や競争心のなさ」と言う。「社会では壁にぶつかったときにそれを乗り越える突破力が求められる。また異文化に遭遇したときには、それに接点を見いだすコミュニケーション力が必要だ。受験では一発勝負に挑む覚悟と集中力が磨かれる。その経験の多寡に企業は注目しているのでは」(同氏)と分析する。

 学生に対する企業の選別の目は厳しくなっている。東洋経済新報社が文化放送キャリアパートナーズと共同で行った調査では「推薦やAO入試拡大で、大学名だけでは学力の担保ができず、出身高校の偏差値まで調べている」などの声が聞かれた。以前ではAO入試組は面接がうまく印象に残るなど高評価があり、学生も積極的にそれをアピールしたが、最近はAOであることを隠す者が多い。採用担当者としては採用面接で「君はどうなのか」と聞くことはできず、「浪人経験者ならAOや推薦ではないだろう」など、探り合いも少なくないという。

 作家の佐藤優氏は本誌連載で「大学受験を本格的にした経験がある人とそうでない人とでは、同じ一流大学を出ていても、身に付いている勉強法がかなり異なっている」としたうえで、「現在の日本の学校教育では、受験以外に勉強の目標がなくなってしまっているので、大学受験を事実上迂回した人たちは、高校レベルの知識を記憶に定着させる機会がないまま社会に出てしまった」と指摘している。

文科省の調査研究員会では、高校段階の学力到達度を測る共通テストである、高大接続テスト(仮称)のあり方を検討している。基礎的な教科全般について教科書で扱われている問題から出題、高校在学中に複数回実施などが骨子という。

 現状、高校卒業時の学力把握は大学が個別に行う入学試験に委ねられている。そのため、大学進学を希望しない者やAO・推薦入学者は結果的に学力到達度が把握できない場合が多い。また、入試においても少科目数化が進んだため、高校の必修科目を履修せずに進学する学生も少なくないと指摘される。高大接続テストはこれらに対する改革案といえるが、現行の大学入試センター試験の改革とともに議論されるべきである。欧州主要国では、個別の入試ではなく、高校卒業と大学入学資格試験を兼ねた共通テストがあり、これで学力を把握したうえで、個別大学が面接や作文などを行い選抜していく。

「受験勉強は必要悪」か

 過度の受験競争の見直し、大学全入時代における学習プランの多様化などが、AO・推薦入試をはじめとした試験形式変容の背景にあったことはいうまでもない。一方で、高大接続テストなどの実施により基礎学力低下に一定の効果が得られれば、今後AO・推薦入試の長所を引き出していくことも有益である。

 しかし、「受験勉強に鍛えられた」とノーベル化学賞を受賞した根岸英一・米バデュー大学特別教授は語った。前出の櫨氏は「受験勉強は必要悪。試験があるから勉強する。繰り返し勉強した経験は受験時しかない」という。1月15~16日に大学入試センター試験が実施される。全国で約55万人が受験する。あのときの緊張感、高揚感をいま一度思い出すとき、大人になるうえで欠くことのできない通過儀礼であったと振り返る人は少なくないのではないだろうか。

(シニアライター:野津 滋 =週刊東洋経済2011年1月8日号)



いろいろ制度をいじってみたけども結局は元のシステムが良かったと言うことでしょうか。

実は、AO入試の学生が躓くのは会社に入ってからではなく、大学時代からだと思います。

問題があるにもかかわらず、ごまかして卒業させているのでしょう。

そして会社の採用担当者がそれを見抜けないと。

ただし、責められるべきは学生ではなく、こうした制度の普及を指導した文部科学省であり、学生集めが楽なため、そのまま利用し続ける大学側にあると思います。

入試科目もどんどん少なくなってきています。

ここで、自分の大学だけまともな入試に変更すると、厳しさから逃れたい受験生を大量に他大学に逃すことになります。

入試の競争率や偏差値が下がるだけならまだしも、大学経営に響く可能性もあります。


最近では、スポーツ推薦制度もAO入試に組み込まれているケースもあるようですが、彼らは体力もあり、競争に立ち向かえる精神力や努力を継続できる資質を持ち、かつスポーツを通したコネを持っていることもあるでしょうから、そうではない一般学生とは「突破力」が違うのかもしれません。

ただ、企業の採用で体育会系優遇など、少なくとも私が大学生だった30年前から存在していたことですが。

大学のレベルにもよるのでしょうが、知的トレーニングに対する企業からの期待の低さは相変わらずですね。


NEXCO東日本、関越道 上り線の渋滞緩和策を3月17日開始 花園ICおよび渋川伊香保IC付近で車線を増加

NEXCO東日本、関越道 上り線の渋滞緩和策を3月17日開始
花園ICおよび渋川伊香保IC付近で車線を増加


2011年3月17日13時オープン

traffic_jam.jpg

 NEXCO東日本(東日本高速道路)は、関越自動車道の上り線の渋滞緩和策ため、花園IC(インターチェンジ)および渋川伊香保IC付近で車線を増加し、3月17日13時にオープンする。

 関越道の上り線では、夏季混雑期、大型連休、行楽・スキーシーズンなど、交通量の多い時期に大規模な渋滞が発生しており、この主な原因を、緩い上り坂やICからの合流車により車の流れが乱れることによる速度の低下としている。

 そのため同社では、4個所で車線を増やす工事を行っており、2010年12月17日は、本庄児玉IC(上り)の出口車線を延伸している。今回の区間は、それに続くものであり、花園ICより東京側に約1kmの地点から約1.5kmの「ゆずり車線」を設置し、渋川伊香保ICの上り線合流車線を約1.8km延伸する。なお、残り1個所は高坂SA(サービスエリア)付近での「ゆずり車線」設置となり、現在工事に向けて準備中。

tj2.jpg  tj3.jpg
花園IC付近の設置後の効果                  渋川伊香保IC付近の設置後の効果

 同社では、この2個所での車線の増設が完成すると、関越道(上り)の渋滞発生時における、赤城ICから鶴ヶ島ICまでの平均的な所要時間が、133分から118分と約15分短縮されることを見込んでいる。

■URL

東日本高速道路株式会社
http://www.e-nexco.co.jp/

ニュースリリース
http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/kanto/h23/0224/

(編集部:谷川 潔)

2011年 2月 24日 Car Watch



2011 第89回全日本スキー選手権大会 SG 結果

2011 第89回全日本スキー選手権大会 SG 結果

男子

Rank Bib FIS Code Name Year Nation Total Time FIS Points
1 2 303758 SUGAI Ryo 1991 JPN 1:11.61 60.90
2 13 302368 YOSHIGOE Ippei 1986 JPN 1:12.23 70.08
3 16 302360 OKUTA Yusuke 1985 JPN 1:12.61 75.70
4 6 304139 SHIN Masanori 1993 JPN 1:12.62 75.85
5 10 302726 MATSUMOTO Isato 1987 JPN 1:13.03 81.92
6 20 303595 MORIMOTO Yuuki 1991 JPN 1:13.26 85.32
7 7 301625 HONDA Hiroki 1982 JPN 1:13.66 91.24
8 8 304242 NARITA Hideyuki 1993 JPN 1:13.75 92.58
9 50 303591 MIKAMI Masato 1991 JPN 1:13.90 94.80
10 9 303259 TAKAZAWA Shin 1989 JPN 1:13.91 94.95
11 17 303453 OKAMOTO Koji 1990 JPN 1:14.12 98.05
12 12 303099 KOBAYASHI Hiromu 1989 JPN 1:14.14 98.35
13 59 303865 MIYAMOTO Shinya 1992 JPN 1:14.17 98.79
14 30 302743 NAKAMURA Masaru 1987 JPN 1:14.24 99.83
15 11 303096 HIRAGA Atsunari 1989 JPN 1:14.26 100.13
16 15 303322 SHIMIZU Dai 1990 JPN 1:14.37 101.75
17 3 304099 MITSUI Kyohei 1993 JPN 1:14.49 103.53
18 29 304298 ANDOH Yuutaroh 1994 JPN 1:14.65 105.90
19 25 303789 YUKI Tomohiro 1991 JPN 1:14.70 106.64
20 43 303577 HONDA Tohma 1990 JPN 1:14.74 107.23
21 33 303833 ISHIDUKA Takahiro 1992 JPN 1:14.75 107.38
22 31 303800 TANIGUCHI Yuuto 1991 JPN 1:14.81 108.27
23 18 302734 MIZUGUCHI Tatsushi 1986 JPN 1:14.93 110.04
24 22 303107 TESHIROGI Yuya 1989 JPN 1:15.17 113.60
25 47 303707 MARUYAMA Kazuki 1991 JPN 1:15.21 114.19
26 53 304112 KANAMARU Kohsetsu 1993 JPN 1:15.37 116.56
27 21 303231 OHMURA Kazuya 1989 JPN 1:15.41 117.15
28 49 303456 OKUTA Ken 1990 JPN 1:15.57 119.52
29 34 303854 KUWABARA Ryo 1992 JPN 1:15.58 119.67
30 42 304041 AGEMATSU Shuuhei 1992 JPN 1:15.62 120.26
31 96 304544 HIROSHIMA Seiya 1995 JPN 1:15.69 121.29
32 64 303752 SEKIGUCHI Katsuhisa 1991 JPN 1:15.72 121.74
33 51 303897 SHINOHARA Yuuma 1992 JPN 1:15.84 123.51
34 41 304105 MACHIDA Keisuke 1993 JPN 1:15.89 124.25
35 32 303284 YAMAMOTO Yukiomi 1989 JPN 1:15.91 124.55
36 55 303630 TOMII Shohichi 1968 JPN 1:15.98 125.59
36 26 304030 YOKOYAMA Shunta 1992 JPN 1:15.98 125.59
38 37 303627 TANAKA Tomoyuki 1991 JPN 1:16.02 126.18
39 23 303204 MINAGAWA Keita 1989 JPN 1:16.12 127.66
40 24 302936 KOBAYASHI Sadashige 1988 JPN 1:16.19 128.70
41 39 303739 OYAMA Ryo 1991 JPN 1:16.25 129.58
42 46 304052 UJIIE Masahide 1993 JPN 1:16.41 131.95
43 62 303536 OHKUBO Shohgo 1990 JPN 1:16.43 132.25
44 71 303684 INOUE Kennosuke 1991 JPN 1:16.50 133.28
45 44 303885 OKINO Shogo 1992 JPN 1:16.60 134.76
46 61 303613 SHIMIZU Shou 1991 JPN 1:16.62 135.06
47 40 303761 TAHARA Soshi 1991 JPN 1:16.86 138.61
48 81 303721 MURATA Hitoshi 1991 JPN 1:16.90 139.20
48 52 304291 ARAI Shogo 1994 JPN 1:16.90 139.20
50 54 304091 NAGASAWA Takayuki 1993 JPN 1:17.07 141.72
51 78 304250 SAKASHITA Hironori 1993 JPN 1:17.13 142.61
52 63 303450 OTAKE Rin 1990 JPN 1:17.22 143.94
53 73 304141 NUNOME Shu 1993 JPN 1:17.31 145.27
54 27 303267 TERADA Kengo 1989 JPN 1:17.34 145.72
55 45 303760 SUMIYA Yuta 1991 JPN 1:17.50 148.09
55 38 303864 MIYABE Shuhei 1992 JPN 1:17.50 148.09
57 97 304542 KUDO Yoshihiro 1995 JPN 1:17.53 148.53
58 35 303644 HARADA Tatsuya 1964 JPN 1:17.59 149.42
59 67 304140 SAITO Kumio 1993 JPN 1:17.60 149.57
60 80 304189 SHIMAZU Ibuki 1993 JPN 1:17.63 150.01
60 58 303879 OGATA Shun 1992 JPN 1:17.63 150.01
62 76 304116 INABA Norihito 1993 JPN 1:17.77 152.08
63 83 304428 NARITA Iori 1994 JPN 1:17.86 153.42
64 95 303823 HAYASHI Raisei 1992 JPN 1:17.92 154.30
65 94 301731 KOBAYASHI Shinnosuke 1982 JPN 1:18.01 155.64
66 87 304341 NAKAZAWA Kazushi 1994 JPN 1:18.10 156.97
67 68 303903 SUGAWARA Hayato 1992 JPN 1:18.16 157.86
68 85 304342 MURAKAMI Shuusei 1994 JPN 1:18.43 161.85
69 66 304026 TAKAISHI Kosuke 1992 JPN 1:18.45 162.15
70 74 303898 SHIRAKURA Yuuki 1992 JPN 1:18.63 164.81
71 57 303637 YAMASHITA Kohei 1991 JPN 1:18.67 165.40
72 65 304067 TAHARA Kazuki 1993 JPN 1:18.68 165.55
73 86 304005 YOSHIOKA Fuyuto 1992 JPN 1:18.72 166.15
74 79 304333 MIYAZAKI Yuuya 1994 JPN 1:18.85 168.07
74 77 303896 SHIMIZU Taisuke 1992 JPN 1:18.85 168.07
76 98 304424 HATA Satoshi 1994 JPN 1:19.09 171.62
77 93 304473 NAKAJIMA Takashi 1994 JPN 1:19.34 175.32
78 88 303939 MURAKOSHI Ryoma 1992 JPN 1:19.58 178.88
79 60 304057 TOKITA Yuuki 1993 JPN 1:19.99 184.94
80 91 304377 MIYAZAKI Syuhei 1994 JPN 1:20.03 185.54
81 92 304338 SHIMAKURA Hifumi 1994 JPN 1:20.17 187.61
82 84 304044 UEMURA Takeshi 1992 JPN 1:20.63 194.42
83 100 304266 YAMAMOTO Keita 1993 JPN 1:20.78 196.64
84 99 304303 SHIOTA Seiji 1994 JPN 1:22.34 219.73
85 90 303824 HAYASHI Takuji 1992 JPN 1:23.10 230.98

Disqualified 1st run
1 304061 TANAKA Aruha 1993 JPN

Did not finish 1st run
101 304538 SAITO Kyota 1995 JPN
89 304293 SATOU Yuu 1994 JPN
82 304170 ITAKURA Hiromi 1993 JPN
75 303709 MATSUI Yuki 1991 JPN
72 304025 SAKURAI Goki 1992 JPN
70 304297 HIRASAWA Kazuki 1994 JPN
69 303624 TAKAHASHI Shota 1991 JPN
56 304384 SATONO Daigo 1994 JPN
48 302928 KATONO Daichi 1988 JPN
36 303427 MIYAMOTO Hiromitsu 1990 JPN
28 303317 HONMA Yoshitaka 1990 JPN
19 304069 SUGAI Kan 1993 JPN
14 301646 HATA Yu 1983 JPN
5 303315 FUSE Takashi 1990 JPN
4 303679 ICHINOMOTO Tomoki 1991 JPN


女子


Rank Bib FIS Code Name Year Nation Total Time FIS Points
1 11 306096 HOSHI Mizue 1985 JPN 1:16.97 111.09
2 4 306650 SHIMIZU Kaho 1989 JPN 1:17.76 121.97
3 15 306987 OKAMOTO Noe 1992 JPN 1:17.80 122.52
3 3 306885 GOTOU Yuuko 1991 JPN 1:17.80 122.52
5 10 307223 OSHIMI Hikaru 1994 JPN 1:17.92 124.17
6 14 306847 NIISATO Shoko 1991 JPN 1:17.98 125.00
7 7 306664 TAKEDA Rie 1989 JPN 1:18.02 125.55
8 2 306681 YAMAMOTO Mayaka 1989 JPN 1:18.03 125.69
9 13 307126 KAWAURA Asuka 1993 JPN 1:18.24 128.58
10 27 307255 ISHIKAWA Haruna 1994 JPN 1:18.50 132.16
11 20 307050 TERAI Erika 1992 JPN 1:18.51 132.30
12 9 307221 YOSHIHARA Mako 1994 JPN 1:18.84 136.84
13 1 307009 HASUMI Konatsu 1992 JPN 1:19.01 139.18
14 48 306849 OKUBO Yumi 1991 JPN 1:19.02 139.32
15 23 306835 ITOH Saki 1991 JPN 1:19.87 151.03
16 6 306965 IDE Natsuki 1992 JPN 1:19.99 152.68
17 22 306832 HIRAYAMA Agasa 1991 JPN 1:20.25 156.26
18 17 306702 CHIBA Aoi 1990 JPN 1:20.42 158.60
19 43 306860 SUNAGA Minami 1991 JPN 1:20.60 161.08
20 28 307069 YAMAMOTO Akina 1993 JPN 1:20.67 162.04
21 19 306818 MATSUSHITA Minato 1990 JPN 1:20.75 163.15
22 36 307170 ISHIGURI Yu 1993 JPN 1:21.04 167.14
23 40 307142 KINEFUCHI Chika 1993 JPN 1:21.17 168.93
24 35 306861 SUZUKI Ayana 1991 JPN 1:21.58 174.58
25 33 307034 SANOMA Miki 1992 JPN 1:21.63 175.27
26 26 306833 ISHII Risa 1991 JPN 1:21.84 178.16
27 37 307242 OHNO Chiharu 1994 JPN 1:21.89 178.85
28 31 307219 SEKIGUCHI Rui 1994 JPN 1:22.15 182.43
29 52 307175 KANAI Manami 1993 JPN 1:22.30 184.49
30 24 307035 SEKIGUCHI Rei 1992 JPN 1:22.36 185.32
31 53 307289 SHINOHE Chika 1994 JPN 1:22.66 189.45
31 25 306845 MIYAKI Erika 1991 JPN 1:22.66 189.45
33 39 307125 FUJITA Nami 1993 JPN 1:22.80 191.38
34 49 307233 MIYAKI Arisa 1994 JPN 1:22.81 191.52
35 30 307078 TAKATANI Yoko 1992 JPN 1:22.82 191.65
36 51 307283 YAMAGUCHI Natsumi 1994 JPN 1:22.83 191.79
37 18 306922 SAWABE Aya 1991 JPN 1:23.06 194.96
38 16 306543 SUZUKI Eiko 1987 JPN 1:23.24 197.44
39 29 306905 MEGURO Erina 1991 JPN 1:23.52 201.29
40 34 307308 KIRIKUBO Kasumi 1994 JPN 1:23.60 202.40
41 41 306976 MIYAZAKI Haruka 1992 JPN 1:24.60 216.17
42 42 306935 UEDA Mina 1991 JPN 1:24.88 220.02
43 46 307208 TAGUCHI Ai 1993 JPN 1:24.90 220.30
44 38 307200 TSUJI Miho 1993 JPN 1:25.16 223.88

Disqualified 1st run
32 307072 TSUTSUMI Harusa 1993 JPN

Did not finish 1st run
50 307222 MOTIZUKI Erina 1994 JPN
47 307218 SARASHINA Kurumi 1994 JPN
45 307335 NAKAMURA Chika 1994 JPN
44 307045 KATONO Yuka 1991 JPN
21 306958 AJIRO Yasuko 1992 JPN
12 305962 HANAOKA Moe 1984 JPN
8 306674 TORIYABE Kie 1989 JPN
5 306249 HASEGAWA Emi 1986 JPN

スキー日大男子、2部昇格決める 全日本学生第6日

スキー日大男子、2部昇格決める 全日本学生第6日

 スキーの全日本学生選手権第6日は23日、秋田県鹿角市の花輪スキー場で行われ、1部の競技はなく、不祥事による出場停止処分が解けて3大会ぶりに3部で出場した日大の男子が最終種目の距離20キロリレーで圧勝し、3部最多の382点を挙げて総合優勝し、2部昇格を決めた。

 1部で33度優勝の伝統校は、8種目のうちジャンプ個人とアルペン回転を除く6種目を制し、距離個人の全種目と複合で1~4位を独占した。オープン参加のジャンプ団体では1部優勝の早大を50点以上も上回った。川村勝信監督は「よくやってくれた。まだ通過点。一歩一歩上がっていきたい」と意気込んだ。

 日大男子は2007年秋に当時の部員が起こした強姦事件について虚偽の報告をしたとして、08年に全日本学生連盟から無期限の出場停止処分を受けた。09、10年の大会に出場できずに3部に降格した。

2011/02/23 17:04 【共同通信】


女子ジャンプCOC大会 高梨沙羅、2戦連続V

女子ジャンプCOC大会
高梨沙羅、2戦連続V

先週末(19日・20日)、オーストリアのラムソウで行われた女子ジャンプのコンチネンタルカップで、14歳の高梨沙羅選手(上川中学校)が初の優勝、初の連勝、そして史上最年少優勝(これまでは15歳が最年少記録だった)の快挙を達成した。

高梨選手は20日の1本目、ジャンプ台記録となる102m(HS-98m・K-90m)の記録まで作り、まさに絶好調。ラムソウの前に行われたザコパネ(POL)大会でも2連2位と、初優勝も時間の問題と見られていたが、翌週にきっちり回答してくれた。

これで世界選手権大会前の大会は終了、22日からオスロ(NOR)で開催される世界選手権大会に乗り込むことになるが、コンチネンタルカップでのコンディションを持ち込んで、女子ジャンプ「初の快挙」に挑んでもらいたいものだ。

なお、20日大会では、1位高梨、7位葛西賀子(日本空調サービススキーチーム)、8位渡瀬あゆみ(神戸クリニックスキー部)、9位伊藤有希(下川商業高等学校)と出場4選手が10位以内に入る活躍だった。


(写真略)


世界ノルディックが開幕!ジャンプ高梨は好調

2011.2.23 16:15

 2年に1度開催されるノルディックスキーの世界選手権は23日、ノルディック競技の聖地とされるオスロで開幕する。同日夜(日本時間24日未明)に開会式を行い、3月6日までジャンプ、複合、距離の世界一を争う。
 23日は距離で男女とも予選があり、本戦から出場する日本勢はこの日は参加しない。
 22日のジャンプ女子ノーマルヒル(HS106メートル、K点95メートル)の公式練習では、14歳の高梨沙羅(北海道・上川中)が99・5メートル、97メートル、99メートルと大飛躍をそろえて、25日の本戦に向けて好調ぶりを示した。(共同)



行方不明:スキー場で不明の学生、白山の川で遺体発見 /石川

行方不明:スキー場で不明の学生、白山の川で遺体発見 /石川

 22日午前11時ごろ、白山市河内町の直海谷川で、男性の遺体が沈んでいるのを捜索中の県警ヘリが見つけた。遺体は1月30日に、金沢セイモアスキー場に来て行方不明となっていた金沢市有松4、大学4年生、下村直也さん(22)と判明した。発見場所は、不明となったと見られる場所から約500メートルがけ下にある。

 鶴来署によると、下村さんは友人(22)と2人でスキー場を訪れ、中上級者向けコースを別々に滑走中に行方不明となった。当時は吹雪で視界が悪かったという。【宮本翔平】

毎日新聞 2011年2月23日 地方版


吹雪の石川、スノボの大学生が遭難か

2011.1.31 09:58 MSNニュース

 30日午後6時ごろ、石川県白山市の金沢セイモアスキー場から「スノーボードをしていた男性が行方不明となった」と県警鶴来署へ連絡があった。同署は遭難した恐れがあるとみて、31日朝から捜索している。

 鶴来署によると、行方不明になったのは金沢市の20代の大学4年の男性。友人と2人でスノーボードをしていたが、30日午後4時ごろ、友人とはぐれ、5時の営業時間終了後も下山しなかったため友人がスキー場へ通報した。

 同署によると、当時は吹雪で視界が悪かった。



2011第1回アルペンチルドレン競技会群馬県大会第2戦 及び 第33回群馬県中学校新人スキー大会 結果

2011第1回アルペンチルドレン競技会群馬県大会第2戦 及び 第33回群馬県中学校新人スキー大会 結果


2011第1回アルペンチルドレン競技会群馬県大会第2戦 結果

第33回群馬県中学校新人スキー大会 結果


才能と努力と精神力

才能と努力と精神力

スキーでトップを目指せる選手は、地元では小さい頃からずば抜けて早かったケースが多いようです。

ただ、小中学校の時は他の競技でも才能を発揮していた選手が、(適切な練習を積んで)スキーに集中するようになると、全国レベルでもめきめきと頭角を表してくる印象があります。

そういう意味では、コーチングというのは持って生まれた才能をいかに上手に引き出せるかという仕事なのかもしれません。

現実には、(才能がありながらも)ほとんどの選手が伸び悩み、脱落するという状況です。

一方で、例外的に高校大学になってから早くなる選手もいることは確かなので、何の要素がこれらの結果を左右するのか、興味のあるところです。

大学ぐらいになると、一般的には実力も固定化されてきているので、1シーズンぐらいですと及川選手のように練習しなくても勝てるというケースもありうるのかもしれません。

さんざん練習しても勝てなかった選手にとっては、「ヤッテラレネーヨ」と言うことになりますが。


ジャパンレベルの選手の話を聞いていて感じるのは、彼らは本当に精神力が強いということです。

そしてひたすら努力をしています。

一見、やさしそうで、いろいろ気遣いが出来る方でも、芯の強さを感じます。

我の強さとは別物です。

負けて、負けて、くじけそうになりながらも必死にこらえて、いまにみてろ、絶対に結果を出してやる、と逆境をバネにして頑張れる力があります。

一流選手になれるかどうかは、才能+努力+精神力の3要素が絶対に必要と考えます。

精神力は、具体的に言えば、誘惑や雑念を排してスキーに集中できる環境(経済環境も含む)を作れる力、練習などの努力を継続できる力、試合時に実力を発揮できる力、そして逆境に負けない力・・・と考えます。

才能は持って生まれたものですが、精神力と努力はその選手の性格とも関係し、相互に強い関連を持つと思います。

ただ、精神力に関しては外から与えるのは難しいと感じます。

自分で身につけるしかないと思います。

様々な状況を自分なりに整理して理解、納得し、その上で今後の適切な目標や方向性を考えられる能力が基本にあり、その上で強い意思でその目標を実行していくことが出来る力という意味では、クレバーさがベースになり、意思の強さがその上に乗る形です。

その判断や方向性が独りよがりのものであってはいけないという点では、回りの意見に耳を傾けられる素直さも必要です。

年代的に言えば、小中学生の時期は、比較的素直さのウエイトが高く、高校・大学となって行くにつれて本人のクレバーさの比重が増していくのかもしれません。

繰り返しになりますが、必要なのはやみくもな努力や精神力ではなく、きちんと状況を理解し、選手自身が納得・整理したうえで考え、判断できる力と、目標を達成できるまで努力を継続できる力だと思います。

日常的には感情を制御していく必要がありますし、試合の時には感情の高ぶりを集中力に変えていく必要があります。

これらは実社会できちんと仕事ができる能力にもつながりますね。

ただ、言うのはやさしいですが、実際に行うとなると本当に難しそうです。

(これが出来る選手は、スキー以外の道に進んだ方が成功しそうな感じがするぐらいです。)


単純化すると、トップアスリートを目指すには、

才能が必要、ただし才能を生かすも殺すも努力と精神力次第。

そこまでのレベルでなくて良いなら、

適切な努力と強い精神力が、才能の不足分をカバーできる可能性がある。

と言うところでしょうか。

ただ、後者の場合は、目標を地域レベルに置くか、趣味と考えるか、健康増進とするか、社会性やマナーの習得とするか、進学・就職の手段とするか、いずれにしてもモチベーション維持のためには、現実に合わせて目標設定を変更する必要がありそうです。

スキーに費やす時間や費用、努力の大きさと、(変更後の)目標達成によって得られる満足感を比べたときに、「これで良い、十分だ」と感じるかどうかはその人の価値観次第だと思います。


トップアスリートを目標に設定したとき、努力と精神力を1セットと見なし、才能との比重の違いを比較すると、次のようになるかもしれません。

陸上短距離:  (才能)>>>>(努力と精神力)
野球・サッカー: (才能)>>>(努力と精神力)
スキー:     (才能)>>(努力と精神力)

学業:      (才能)<<(努力と精神力)

(ただし、全体を1としたときの相関の強さを不等記号で感覚的に表したもの。努力と精神力は成功のための必要条件)

スキーの場合は、用具を使い、その時々で異なるコースセットや雪質を滑ることから、陸上などの競技よりも経験の要素が大きいと考えています。

学業の根拠については、こちらを参照。

この論文は、普段の学業成績については、IQよりも生活態度が大きく関係するという結果です。

ただし、これもレベルによって比重が変わり、いわゆる一流大学に入るぐらいですと上の不等式が成り立つと考えますが、世界的な研究をするような場合には才能の要素が強くなると思います。

また、嫌いなことに対して努力を続けることは、一般的には困難なので、それをすることが嫌いじゃない(むしろ楽しい、好きだと感じる)ことが今回の話の前提となっているのは、理解していただけると思います。


及川、大逆転Vに涙「勝てるとは…」/スキー

及川、大逆転Vに涙「勝てるとは…」/スキー

2011.2.21 18:26 サンスポ

 スキー全日本学生選手権第4日(21日、秋田県・花輪スキー場)2回目に9人を抜き男子回転を制した及川は「攻めるしかなかったけど、本当に勝てるとは…」と涙をぬぐった。
 昨年2種目を制した実力者は、今大会でスーパー大回転と大回転で2位。1回目は「確実に優勝を狙える位置につけたかった」と慎重にいきすぎトップに0秒98遅れたが、2回目は柔らかいターンで圧倒的な速さだった。
 昨年12月に左足首を故障し、ことし練習ができたのは2日だけ。ユニバーシアードでも精彩を欠いたが、今大会最後のレースで優勝し「最後までアグレッシブにいけた。自信になる」と胸を張った。


水口3冠ならずも「ほっとした」/スキー

2011.2.21 19:33 サンスポ

 スキー全日本学生選手権第4日(21日、秋田県・花輪スキー場)1回目2位から逆転で女子回転を制し、大回転と合わせて2冠を達成した水口は「本当は3冠したかったけど、二つ勝ててほっとした」と笑顔だった。
 1回目は2冠を意識したのか滑りが硬かった。攻めるしかなくなった2回目は、唯一、40秒を切る好タイムで勝負強さをみせた。「気持ちで負けないように滑った。楽しめた」と感慨深そうに話した。



スキー:全国中学大会 2冠の安藤選手が市教委表敬 /北海道

スキー:全国中学大会 2冠の安藤選手が市教委表敬 /北海道

 ◇「気持ちのバランスとれた」

 全国中学スキー大会(7~10日、福島県猪苗代町)でアルペン女子大回転、回転の2種目を制した旭川市立東陽中2年、安藤麻選手(14)が21日、市教委を訪れ、小池語朗教育長を表敬訪問した。

 昨年は大回転を制した安藤選手は、今年は宣言通り2冠を達成。小池教育長から「もう第一人者だね」と声を掛けられ、はにかんだ笑顔を見せた。8日は自身の回転に加え、全国高校スキーの大回転で兄・佑太朗選手(北照高2年)も優勝。2年連続で兄妹が同日優勝を果たし、同席した母奈保子さんも「夢のような日」と喜んだ。

 「夏場に自転車で走り込むなど練習の成果が出た。シーズン初めは悪くて『今年はダメかな』と泣いたこともあったが、競技前には、『攻める気持ち』と『落ち着こうという気持ち』のバランスがとれた」と安藤選手。来月にはイタリアの国際大会へ出発する予定で「ヨーロッパには強い選手がたくさんいる。順位よりタイム差を縮めたい」と抱負を語った。【横田信行】

毎日新聞 2011年2月22日 地方版



立派なコメントですね。

頑張って下さい。


ファミスキ応援キャンペーン第2弾 3つの雪上イベントに無料ご招待!

ファミスキ応援キャンペーン第2弾 3つの雪上イベントに無料ご招待!

ファミスキ応援委員会では「ファミスキ応援キャンペーン第2弾」として、
同委員会で主催する3つの雪上イベントへ、
家族もしくはキッズを、抽選にて無料*ご招待いたします。ふるってご応募ください!

ファミスキ雪上イベント1
bolle' ×ファミスキ応援委員会
上村愛子選手と遊ぼ♪ in たんばらスキーパーク
~キッズスキースクール&キッズ雪上運動会~

3/6(日)5歳~小学生 20名様を、抽選で無料ご招待

主催:ファミスキ応援委員会
特別協賛:bolle(ブッシュネル・アウトドア・プロダクツ・ジャパン株式会社)
協力:たんばらスキーパーク

モーグルの上村愛子選手と一緒に、雪の上で遊びませんか? 
午前中はスキーレッスン! モーグルの部に加え、
スキー初心者・経験者の部を設定しました。
そして、午後は雪上運動会!! スノーフラッグや雪上綱引きで
上村愛子選手と盛り上がりましょう♪

■開催日時:2011年3月6日(日) 9:45~16:15(予定)
■会場:たんばらスキーパーク(群馬県) http://www.tambara.co.jp
■スケジュール(予定)
09:00~09:30 受付(たんばらスキーパーク・リゾートセンター「オン&オフ」)
09:45~09:55 開会式(リゾートセンター横特設ステージ)
10:00~12:15 キッズスキースクール
12:15~13:30 昼食休憩(各自)
13:30~15:30 キッズ雪上運動会
15:45~16:15 閉会式&表彰式(リゾートセンター横特設ステージ)

【募集内容】
■イベント内容:「キッズスキースクール」と「キッズ雪上運動会」の2 部構成。
「キッズスキースクール」は、①モーグル初心者の部、②モーグル経験者の部、③スキー初心者の部、④スキー経験者の部の4クラス構成で、午前中約2 時間のレッスン。
「キッズ雪上運動会」はスクール受講者を班分けし、各種雪上種目でポイントを競います。
午後約2 時間の予定。出場者全員に賞品あり。
■対象者:5歳~小学生
■募集人数:モーグル初心者の部(5 名)、モーグル経験者の部(5名)、スキー初心者の部(5名)、スキー経験者の部(5名)、計20 名様(抽選)
■参加費:無料(スクール参加および運動会出場:当日のリフト券付き)
※現地までの交通費や食事代、レンタル料等は含まれておりません。 ※保険料は現地にて別途、頂戴いたします(1 名525 円)。
■応募締切:2011年2月28日(月)※予定
■当選発表:当選者の方に限り、メールもしくはお電話で連絡させていただきます。

ファミスキ雪上イベント2・3
ファミスキ.jp家族対抗!雪上運動会in 戸隠&タングラム

3/12(土)戸隠スキー場(長野)
3/13(日)タングラムスキーサーカス(長野)
最大20家族のご家族を抽選で、無料ご招待

主催:ファミスキ応援委員会
協力:戸隠スキー場、タングラムスキーサーカス

戸隠スキー場
■開催日時:2011年3月12日(土)10:00~13:00(予定)
■会場:戸隠スキー場 http://togakusi.com/
■スケジュール
09:15~09:45 受付(シャルマン戸隠2階)
10:00~10:10 開会式
10:10~12:30 競技(3~4種目を予定)
12:30~13:00 閉会式&表彰式

タングラムスキーサーカス
■開催日時:2011年3月13日(日)10:00~13:00(予定)
■会場:タングラムスキーサーカス http://www.tangram.jp
■スケジュール
09:15~09:45 受付(ホテルタングラム1階チケットセンター前)
10:00~10:10 開会式
10:10~12:30 競技(3~4種目を予定)
12:30~13:00 閉会式&表彰

【募集内容】
■イベント内容:家族対抗で各種雪上種目(3~4 種目を予定)を競技。
種目毎の獲得ポイントのトータルで順位を決定。
優勝チームはもちろん、出場チームすべてに賞品をご用意。
■募集資格:家族対抗の運動会という大会の性質上、今回は誠に勝手ながら、「5歳~小学生」のお子様がいらっしゃるご家族様限定とさせていただきます。
※子供のみの参加はなしとさせていただきます。
※競技に出場できない方が出る可能性はございますが、参加人数の上限はございません。
■募集人数:各会場最大20家族
■参加費:無料
※現地までの交通費や食事代、レンタル、リフト券等は含まれておりません。
※保険料は現地にて別途、頂戴いたします(1 名525 円)。
■応募締切:2011年3月7日(月)※予定
■当選発表:当選者の方に限り、メールもしくはお電話でご連絡させていただきます。


関連記事

やった! 湯淺53年振りの男子入賞

やった! 湯淺53年振りの男子入賞
世界選手権大会では3人目の快挙



(写真略)

2月20日、ドイツのガルミッシュパルテンキルヘンで行われた「FISアルペン世界選手権大会」の最終日、男子スラロームで湯淺直樹選手(スポーツアルペンスキークラブ)は、ゼッケン25番から積極的な滑りで1本目9位に付け、2本目も安定した滑りを展開、トータル1分42秒68で6位に入賞した。ラップのグランジェ(FRA)に1秒を切る0.96差、銅メダルまで0.35秒差だった。

世界選手権大会で、これまで男子は1958年、オーストリアのバドガシュタインで猪谷千春さんの銅メダル獲得以来、実に53年ぶりの入賞を果たす快挙となった。日本選手では猪谷さん以外では女子の川端絵美さんが、1989年、ベイル(アメリカ)の世界選手権大会で滑降5位入賞があり、男子で2人目、日本選手としては3人目となる。


Mens Slalom

1st run Number of Gate 65

Rank Name Nation Time Difference
1 GRANGE Jean-Baptiste FRA 51.3 0
2 MOELGG Manfred AUT 51.52 0.22
3 MYHRER Andre SWE 51.87 0.57
9 湯淺 直樹 JPN 52.6 1.3
31 佐々木 明 JPN 54.18 2.88
38 大越龍之介 JPN 55.5 4.2


2nd run Number of Gate 64

Rank Name Nation 1st 2nd Total Diff
1 GRANGE Jean-Baptiste FRA 51.3 50.42 01:41.7 0
2 BYGGMARK Jens SWE 52.39 49.76 01:42.2 0.43
3 MOELGG Manfred ITA 51.52 50.81 01:42.3 0.61
6 湯淺 直樹 JPN 52.6 50.08 01:42.7 0.96
28 大越龍之介 JPN 55.5 53.13 01:48.6 6.91
佐々木 明 JPN 54.18 Did not finish 2nd run



ソチ五輪へ、次はチーム力 世界アルペン・湯浅が回転6位

2011年2月22日11時0分 朝日新聞

20日に閉幕したアルペンスキー世界選手権の男子回転で、湯浅直樹(スポーツアルペンク)が日本男子として猪谷千春氏が3位に入った1958年大会以来、53年ぶりに6位入賞を果たした。惨敗したバンクーバー五輪から一転、快挙と言える。3年後のソチ五輪へ、いかにチーム力を高めるかが課題になる。

 今大会、湯浅と佐々木明(エムシ)は回転だけで勝負した。片桐幹雄アルペン部長は「次の選手権とソチ五輪でメダルを取るのが目標で、その足がかりに今回は2人が1けた順位に入れれば、と思っていた。6位入賞で、今の日本でもやれるということを証明できた」と総括する。

 今季就任したオーストリア人のクリスチャン・ライトナー・ヘッドコーチは大回転の練習にも力を注いだ。「スピードに乗ったターンを経験し、回転に生かす」(片桐部長)ためだ。1日で終わらせるのではなく、数日続けて練習するのが特徴という。功績を判断するのはまだ早いが、方向性はずれていないのかも知れない。

 当面の目標はW杯で上位15人による第1シードに入ること。回転のスタートリストで湯浅は23位、佐々木は35位。湯浅は「世界で安定して通用する選手にならないといけない」と自覚する。そのためには一発勝負だけでなく、シーズン通して結果を残す必要がある。

 また、片桐部長は「複数でW杯を戦うことが重要。そうすれば戦い方も違う」とチーム内の相乗効果を期待する。今季の佐々木はW杯序盤に首を痛め、その影響から右手にしびれが残って思うように滑れていない。19歳でW杯デビューした佐々木も今年9月に30歳、湯浅は4月に28歳になる。この2人を刺激するために、選手権を初めて経験した22歳の大越龍之介(東海大)ら若手の突き上げが欠かせない。(笠井正基)


pic1.jpg  pic2.jpg  pic3.jpg


ジャパーナニュース

検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。