ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

2011 ナスタージャパンカップ及びチャンピオンシップの概要

2011 GOLDWIN NASTARRACE CHILDREN/KIDS CHAMPION SHIP 東北決勝大会 及び 12th GOLDWIN NASTARRACE CHILDREN/KIDS JAPAN CUP の概要

2011 GOLDWIN NASTARRACE CHILDREN/KIDS CHAMPION SHIP 東北決勝大会

一昨年まで 東北6県の予選会を経ておこなわれていた JTB・GOLDWIN CUP 決勝大会。
昨年より NASTARRACE CHILDREN/KIDS CHAMPION SHIP と大会名称が変更されました。

今まで同様に東北6県で開催される予選会での上位者が出場できる決勝大会ですが、ナスターレース協会が主催となって行う形になり、より他府県からの出場がしやすくなりました。
今までもこの大会から2名のウィスラーカップへの派遣選出が行われていたのですが、あまり他府県には知られていないことと思います。

これはFISチルドレンレース「ウィスラーカップ」を目指す選手には朗報です。
ウィスラーカップ派遣選抜にチャレンジする2回のチャンスがあるのです。

① 公認大会出場(NSTP取得)→ジャパンカップ出場→上位入賞→ウィスラーカップ
② 東北6県の予選会出場(上位入賞)→チャンピオンシップ(優勝)→ウィスラーカップ


他府県からの出場は、各県によって条件などが異なる場合がありますので、予選大会の事務局等へお問合せください。

大会競技概要

開催日 : 2011年3月4日 選手会
     3月5日 大回転競技
開催地 : オニコウベスキー場(宮城県)
種目 : 大回転 1本制
組別 : KIDS2女子、KIDS2男子、CHILDREN1女子、CHILDREN1男子、CHILDREN2女子、CHILDREN2男子
参加資格 : 1)東北6県にて行われる予選会に出場した各組上位12位(宮城県については15位まで)の選手
2)各県の予選会については、選出選手が12人に満たない場合は、県推薦選手の出場も可
3)スポーツ傷害保険またはそれに準ずる保険加入者
申込 : WEBエントリーより申込できます。
申込開始日が決定しましたら、当WEBサイトにて発表いたします。
その他詳細が決定次第、当WEBサイトにて発表いたしますので、今しばらくお待ちください。

※本大会はスポーツ振興基金助成金を受けて実施します


12th GOLDWIN NASTARRACE CHILDREN/KIDS JAPAN CUP

「ゴールドウインナスターレースチルドレン/キッズジャパンカップ」は、小学生から中学生まで出場できる大会です。競技用ワンピースを着たこともない子から海外派遣を目指す子供たちまで幅広い層が出場可能です。
参加には選手ID登録が必須となっており、種目は大回転とコンビの2種目。2種目ともの出場が必要です。
慣れないコンビ種目については安全上、Kidsの部については比較的距離を短く設定しています。

大会競技概要

開催日 : 2011年3月11日(夕方~チームキャプテンミーティング)
     3月12日 コンビ種目
     3月13日 GS種目

開催地 : 苗場スキー場(新潟県)
種目 : コンビ/大回転 各1本制
組別 : KIDS1女子、KIDS1男子、KIDS2女子、KIDS2男子、CHILDREN1女子、CHILDREN1男子、CHILDREN2女子、CHILDREN2男子
参加資格 : 1)ナスターレース選手ID登録を済ませた選手
2)CHILDREN1、CHILDREN2はナスターレース選手IDを取得し、過去13ヶ月以内にNST-Pを取得者
3)スポーツ傷害保険またはこれに準ずる保険の加入者
4)2種目とも出場可能な者
申込 : WEBエントリーにて申込できます。
申込開始時期については追って当WEBサイトにて発表いたします。
その他詳細につきましては、決定次第、当サイトにて発表いたします。
※本大会はスポーツ振興基金助成金を受けて実施いたします。


詳しくは、こちら

DSCF0115.jpg

ついでに右ページもアップします。(元ジュニア向きです)

DSCF0120.jpg



関連記事
スポンサーサイト



菅平のスキー大会で初 身障者の部

菅平のスキー大会で初 身障者の部

12月12日(日)

上田市の菅平高原パインビークスキー場で11日、アマチュア向けアルペンスキー大会「ロシニョールオープニングカップ」が2日間の日程で始まった。今回初めて、身体障害者対象の「アダプティブの部」を開設。冬季パラリンピックで日本最多の通算10個のメダルを獲得したアルペンスキー女子座位の大日方邦子さん(38)=東京=がチェアスキーでコースを前走した。


ワールドカップ バルディゼール 男子SLの結果

湯浅は1回目24位、佐々木は棄権

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)男子回転第2戦は12日、フランスのバルディゼールで1回目を終え、日本勢は湯浅直樹(スポーツアルペンク)が53秒13の24位で上位30選手による2回目に進出した。佐々木明(エムシ)は途中棄権した。

 マンフレート・メルグ(イタリア)が51秒44で首位に立った。シルバン・ツルブリッゲン(スイス)が0秒05差の2位で、ベンヤミン・ライヒ(オーストリア)が3位につけた。 (共同)

[ 2010年12月12日 20:33 ]


ヒルシャーが優勝=アルペンW杯

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は12日、フランスのバルディゼールで男子回転第2戦が行われ、マルツェル・ヒルシャー(オーストリア)が合計タイム1分44秒70で今季初優勝、W杯通算3勝目を挙げた。
 湯浅直樹(スポーツアルペンク)は合計1分50秒76で21位だった。 (時事)
(2010/12/12-22:48)


湯浅は21位、佐々木は棄権 アルペンW杯男子回転

 【バルディゼール(フランス)共同】アルペンスキーのワールドカップ(W杯)男子回転第2戦は12日、フランスのバルディゼールで行われ、日本勢は湯浅直樹(スポーツアルペンク)が合計1分50秒76で21位となった。佐々木明(エムシ)は1回目に途中棄権した。

 マルセル・ヒルシャー(オーストリア)が合計1分44秒70で1回目4位から逆転で今季初勝利を挙げた。通算3勝目。ベンヤミン・ライヒ(オーストリア)が0秒31差の2位で、1回目に25位だったスティーブ・ミシリエ(フランス)が3位に入った。

2010/12/12 23:16 【共同通信】




1,1本目結果

Rank Bib FIS Code Name Year of Birth Nation Time Diff. Ski

1 11 292491 MOELGG Manfred 1982 ITA 51.44 Fischer
2 1 510890 ZURBRIGGEN Silvan 1981 SUI 51.49 0.05 Rossignol
3 3 50625 RAICH Benjamin 1978 AUT 51.57 0.13 Atomic
4 12 53831 HIRSCHER Marcel 1989 AUT 51.64 0.20 Atomic
5 14 102239 COUSINEAU Julien 1981 CAN 51.79 0.35 Fischer
6 21 291145 DEVILLE Cristian 1981 ITA 51.87 0.43 Voelkl
7 10 201702 NEUREUTHER Felix 1984 GER 51.94 0.50 Atomic
8 7 501017 MYHRER Andre 1983 SWE 52.03 0.59 Nordica
9 8 102435 JANYK Michael 1982 CAN 52.07 0.63 Rossignol
10 5 380260 KOSTELIC Ivica 1979 CRO 52.13 0.69 Fischer
11 20 421400 MYHRE Lars Elton 1984 NOR 52.54 1.10 Rossignol
12 35 530165 BRANDENBURG Will 1987 USA 52.60 1.16 Fischer
13 36 501101 BYGGMARK Jens 1985 SWE 52.63 1.19 Voelkl
14 25 102912 SPENCE Brad 1984 CAN 52.70 1.26 Rossignol
14 16 534562 LIGETY Ted 1984 USA 52.70 1.26 Head
16 32 421483 JANSRUD Kjetil 1985 NOR 52.76 1.32 Head
17 26 500656 LARSSON Markus 1979 SWE 52.80 1.36
18 34 50824 DREIER Christoph 1981 AUT 52.86 1.42 Voelkl
19 29 150398 BANK Ondrej 1980 CZE 52.91 1.47 Elan
20 49 290732 THALER Patrick 1978 ITA 52.98 1.54 Nordica
21 41 102922 WHITE Trevor 1984 CAN 52.99 1.55 Fischer
22 19 511127 GINI Marc 1984 SUI 53.00 1.56 Fischer
23 47 50981 HOERL Wolfgang 1983 AUT 53.01 1.57 Voelkl
24 27 301709 YUASA Naoki 1983 JPN 53.13 1.69 Hart
25 18 192506 MISSILLIER Steve 1984 FRA 53.24 1.80 Salomon
26 52 511896 MURISIER Justin 1992 SUI 53.35 1.91 Atomic
27 42 511174 VOGEL Markus 1984 SUI 53.36 1.92 Fischer
28 39 180251 PALANDER Kalle 1977 FIN 53.53 2.09 Fischer
29 45 102456 BIGGS Patrick 1982 CAN 53.57 2.13 Fischer
30 28 501116 LAHDENPERAE Anton 1985 SWE 53.60 2.16 Nordica
31 46 150594 TREJBAL Filip 1985 CZE 53.75 2.31 Dynastar
32 51 50931 BECHTER Patrick 1982 AUT 53.77 2.33 Fischer
33 22 910000 IMBODEN Urs 1975 MDA 53.79 2.35 Fischer
34 23 501223 BAECK Axel 1987 SWE 53.84 2.40 Rossignol
35 57 202462 DOPFER Fritz 1987 GER 53.95 2.51 Nordica
36 33 534508 CHODOUNSKY David 1984 USA 54.03 2.59
37 50 293797 GROSS Stefano 1986 ITA 54.05 2.61 Voelkl
38 67 220083 BAXTER Noel 1981 GBR 54.07 2.63 Rossignol
39 40 192943 OBERT Anthony 1985 FRA 54.11 2.67 Dynastar
40 48 150644 KRYZL Krystof 1986 CZE 54.21 2.77 Elan
41 55 421669 HAUGEN Leif Kristian 1987 NOR 54.45 3.01 Rossignol
42 58 193967 MUFFAT JEANDET Victor 1989 FRA 54.55 3.11 Atomic
43 44 193347 TISSOT Maxime 1986 FRA 54.57 3.13 Rossignol
44 53 250127 BJORGVINSSON Bjorgvin 1980 ISL 54.67 3.23 Elan
45 69 480736 KHOROSHILOV Alexander 1984 RUS 54.86 3.42 Fischer
46 60 150495 VRABLIK Martin 1982 CZE 54.94 3.50 Elan
47 65 380292 ZRNCIC-DIM Natko 1986 CRO 55.48 4.04 Atomic
48 68 700830 ZAMPA Adam 1990 SVK 55.58 4.14 Salomon
49 74 30149 SIMARI BIRKNER C. 1980 ARG 56.37 4.93
50 54 532138 KASPER Nolan 1989 USA 59.60 8.16 Rossignol

DID NOT FINISH 1st RUN: 23 competitors
2 50605 HERBST Reinfried 1978 AUT Blizzard
6 192665 GRANGE Jean-Baptiste 1984 FRA Rossignol
9 293098 RAZZOLI Giuliano 1984 ITA Nordica
13 50624 PRANGER Manfred 1978 AUT Voelkl
15 501111 HARGIN Mattias 1985 SWE Nordica
17 560355 VALENCIC Mitja 1978 SLO Elan
24 301312 SASAKI Akira 1981 JPN Salomon
30 50707 MATT Mario 1979 AUT Blizzard
31 532431 MILLER Bode 1977 USA Head
38 102727 STUTZ Paul 1983 CAN Fischer
43 51395 DIGRUBER Marc 1988 AUT Salomon
56 194364 PINTURAULT Alexis 1991 FRA Salomon
59 500909 ANDERSSON Oscar 1982 SWE Head
61 560425 VAJDIC Bernard 1980 SLO Elan
62 560371 DRAGSIC Mitja 1979 SLO Rossignol
63 193986 PLACE Francois 1989 FRA Fischer
64 380290 SAMSAL Dalibor 1985 CRO Fischer
66 990048 BORSOTTI Giovanni 1990 ITA Salomon
70 930107 GREGORAK Will 1990 USA Rossignol
71 501401 SAXVALL Per 1989 SWE Head
72 291034 PLANK Andy 1989 ITA Rossignol
73 180534 SANDELL Marcus 1987 FIN Atomic
75 561117 KUERNER Miha 1987 SLO Elan

DISQUALIFIED 1st RUN: 2 competitors
4 191459 LIZEROUX Julien 1979 FRA Gate 20 Rule 629.3 Dynastar
37 561148 SKUBE Matic 1988 SLO Gate 62 Rule 629.3 Elan


2,2本目結果

Rank Bib FIS Code Name Year Nation Run 1 Run 2 Total Time
1 12 53831 HIRSCHER Marcel 1989 AUT 51.64 53.06 1:44.70
2 3 50625 RAICH Benjamin 1978 AUT 51.57 53.44 1:45.01
3 18 192506 MISSILLIER Steve 1984 FRA 53.24 52.02 1:45.26
4 1 510890 ZURBRIGGEN Silvan 1981 SUI 51.49 53.96 1:45.45
5 14 102239 COUSINEAU Julien 1981 CAN 51.79 54.04 1:45.83
6 10 201702 NEUREUTHER Felix 1984 GER 51.94 54.07 1:46.01
7 29 150398 BANK Ondrej 1980 CZE 52.91 53.16 1:46.07
8 52 511896 MURISIER Justin 1992 SUI 53.35 52.79 1:46.14
9 11 292491 MOELGG Manfred 1982 ITA 51.44 54.73 1:46.17
10 34 50824 DREIER Christoph 1981 AUT 52.86 53.39 1:46.25
11 19 511127 GINI Marc 1984 SUI 53.00 53.28 1:46.28
12 41 102922 WHITE Trevor 1984 CAN 52.99 53.50 1:46.49
13 42 511174 VOGEL Markus 1984 SUI 53.36 53.49 1:46.85
14 36 501101 BYGGMARK Jens 1985 SWE 52.63 54.46 1:47.09
15 20 421400 MYHRE Lars Elton 1984 NOR 52.54 54.56 1:47.10
16 49 290732 THALER Patrick 1978 ITA 52.98 54.30 1:47.28
17 32 421483 JANSRUD Kjetil 1985 NOR 52.76 54.59 1:47.35
18 5 380260 KOSTELIC Ivica 1979 CRO 52.13 55.59 1:47.72
19 28 501116 LAHDENPERAE Anton 1985 SWE 53.60 54.59 1:48.19
20 26 500656 LARSSON Markus 1979 SWE 52.80 55.64 1:48.44
21 27 301709 YUASA Naoki 1983 JPN 53.13 57.63 1:50.76
22 7 501017 MYHRER Andre 1983 SWE 52.03 59.18 1:51.21
23 39 180251 PALANDER Kalle 1977 FIN 53.53 58.16 1:51.69
24 47 50981 HOERL Wolfgang 1983 AUT 53.01 1:05.73 1:58.74
25 16 534562 LIGETY Ted 1984 USA 52.70 1:28.44 2:21.14


3,最終結果

Rank Bib FIS Code Name Year Nation Run 1 Run 2 Total Time FIS Points
1 12 53831 HIRSCHER Marcel 1989 AUT 51.64 53.06 1:44.70 0.00
2 3 50625 RAICH Benjamin 1978 AUT 51.57 53.44 1:45.01 1.81
3 18 192506 MISSILLIER Steve 1984 FRA 53.24 52.02 1:45.26 3.26
4 1 510890 ZURBRIGGEN Silvan 1981 SUI 51.49 53.96 1:45.45 4.37
5 14 102239 COUSINEAU Julien 1981 CAN 51.79 54.04 1:45.83 6.58
6 10 201702 NEUREUTHER Felix 1984 GER 51.94 54.07 1:46.01 7.63
7 29 150398 BANK Ondrej 1980 CZE 52.91 53.16 1:46.07 7.98
8 52 511896 MURISIER Justin 1992 SUI 53.35 52.79 1:46.14 8.39
9 11 292491 MOELGG Manfred 1982 ITA 51.44 54.73 1:46.17 8.56
10 34 50824 DREIER Christoph 1981 AUT 52.86 53.39 1:46.25 9.03
11 19 511127 GINI Marc 1984 SUI 53.00 53.28 1:46.28 9.21
12 41 102922 WHITE Trevor 1984 CAN 52.99 53.50 1:46.49 10.43
13 42 511174 VOGEL Markus 1984 SUI 53.36 53.49 1:46.85 12.53
14 36 501101 BYGGMARK Jens 1985 SWE 52.63 54.46 1:47.09 13.92
15 20 421400 MYHRE Lars Elton 1984 NOR 52.54 54.56 1:47.10 13.98
16 49 290732 THALER Patrick 1978 ITA 52.98 54.30 1:47.28 15.03
17 32 421483 JANSRUD Kjetil 1985 NOR 52.76 54.59 1:47.35 15.44
18 5 380260 KOSTELIC Ivica 1979 CRO 52.13 55.59 1:47.72 17.60
19 28 501116 LAHDENPERAE Anton 1985 SWE 53.60 54.59 1:48.19 20.33
20 26 500656 LARSSON Markus 1979 SWE 52.80 55.64 1:48.44 21.79
21 27 301709 YUASA Naoki 1983 JPN 53.13 57.63 1:50.76 35.31
22 7 501017 MYHRER Andre 1983 SWE 52.03 59.18 1:51.21 37.93
23 39 180251 PALANDER Kalle 1977 FIN 53.53 58.16 1:51.69 40.72
24 47 50981 HOERL Wolfgang 1983 AUT 53.01 1:05.73 1:58.74 81.80
25 16 534562 LIGETY Ted 1984 USA 52.70 1:28.44 2:21.14 212.31

Disqualified 1st run
37 561148 SKUBE Matic 1988 SLO
4 191459 LIZEROUX Julien 1979 FRA

Did not qualify 1st run
74 30149 SIMARI BIRKNER Cristian Javier 1980 ARG
69 480736 KHOROSHILOV Alexander 1984 RUS
68 700830 ZAMPA Adam 1990 SVK
67 220083 BAXTER Noel 1981 GBR
65 380292 ZRNCIC-DIM Natko 1986 CRO
60 150495 VRABLIK Martin 1982 CZE
58 193967 MUFFAT JEANDET Victor 1989 FRA
57 202462 DOPFER Fritz 1987 GER
55 421669 HAUGEN Leif Kristian 1987 NOR
54 532138 KASPER Nolan 1989 USA
53 250127 BJORGVINSSON Bjorgvin 1980 ISL
51 50931 BECHTER Patrick 1982 AUT
50 293797 GROSS Stefano 1986 ITA
48 150644 KRYZL Krystof 1986 CZE
46 150594 TREJBAL Filip 1985 CZE
44 193347 TISSOT Maxime 1986 FRA
40 192943 OBERT Anthony 1985 FRA
33 534508 CHODOUNSKY David 1984 USA
23 501223 BAECK Axel 1987 SWE
22 910000 IMBODEN Urs 1975 MDA

Did not finish 2nd run
45 102456 BIGGS Patrick 1982 CAN
35 530165 BRANDENBURG Will 1987 USA
25 102912 SPENCE Brad 1984 CAN
21 291145 DEVILLE Cristian 1981 ITA
8 102435 JANYK Michael 1982 CAN

Did not finish 1st run
75 561117 KUERNER Miha 1987 SLO
73 180534 SANDELL Marcus 1987 FIN
72 291034 PLANK Andy 1989 ITA
71 501401 SAXVALL Per 1989 SWE
70 930107 GREGORAK Will 1990 USA
66 990048 BORSOTTI Giovanni 1990 ITA
64 380290 SAMSAL Dalibor 1985 CRO
63 193986 PLACE Francois 1989 FRA
62 560371 DRAGSIC Mitja 1979 SLO
61 560425 VAJDIC Bernard 1980 SLO
59 500909 ANDERSSON Oscar 1982 SWE
56 194364 PINTURAULT Alexis 1991 FRA
43 51395 DIGRUBER Marc 1988 AUT
38 102727 STUTZ Paul 1983 CAN
31 532431 MILLER Bode 1977 USA
30 50707 MATT Mario 1979 AUT
24 301312 SASAKI Akira 1981 JPN
17 560355 VALENCIC Mitja 1978 SLO
15 501111 HARGIN Mattias 1985 SWE
13 50624 PRANGER Manfred 1978 AUT
9 293098 RAZZOLI Giuliano 1984 ITA
6 192665 GRANGE Jean-Baptiste 1984 FRA
2 50605 HERBST Reinfried 1978 AUT


ワールドカップ サンモリッツ 女子GSの結果

ワールドカップ サンモリッツ 女子GSの結果

ウォルレイが優勝=アルペンW杯

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は12日、スイスのサンモリッツで女子大回転第3戦が行われ、テサ・ウォルレイ(フランス)が2回の合計タイム2分10秒70で、第2戦に続き優勝した。W杯通算4勝目。0秒01差の2位はターニャ・プティアイネン(フィンランド)、3位はティナ・マゼ(スロベニア)。 (時事)
(2010/12/12-22:34)



【アルペンW杯】日本勢は2回目に進めず 女子大回転

2010.12.12 22:47

oth1012122248027-p1.jpg
優勝したテサ・ウォルレイ=12日、サンモリッツ(AP)

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)女子大回転第3戦は12日、スイスのサンモリッツで行われ、日本勢は2回目に進めなかった。1回目で長谷川絵美(サンミリオンク)は1分10秒53で60位、清沢恵美子(チームクレブ)は61位だった。
 テサ・ウォルレイ(フランス)が合計2分10秒70で第2戦に続く今季2勝目を挙げた。通算4勝目。2位にターニャ・プティアイネン(フィンランド)、3位はティナ・マゼ(スロベニア)が入った。(共同)


清沢選手のコメントはこちら


1,1本目の結果

Rank Bib FIS Code Name Year of Birth Nation Time Diff. Ski
1 3 205218 REBENSBURG Viktoria 1989 GER 1:05.75 Nordica
2 2 205993 HOELZL Kathrin 1984 GER 1:05.96 0.21 Fischer
3 5 565243 MAZE Tina 1983 SLO 1:06.22 0.47 Stoeckli
3 4 185140 POUTIAINEN Tanja 1980 FIN 1:06.22 0.47 Fischer
5 7 196928 WORLEY Tessa 1989 FRA 1:06.38 0.63 Rossignol
6 17 537545 MANCUSO Julia 1984 USA 1:06.58 0.83 Voelkl
7 12 196725 BARIOZ Taina 1988 FRA 1:06.60 0.85 Rossignol
8 13 297601 BRIGNONE Federica 1990 ITA 1:06.64 0.89 Rossignol
9 24 55818 KOEHLE Stefanie 1986 AUT 1:06.95 1.20 Voelkl
10 10 55576 GOERGL Elisabeth 1981 AUT 1:06.98 1.23 Head
11 20 296379 GIANESINI Giulia 1984 ITA 1:07.06 1.31 Head
12 21 196793 MARMOTTAN Anemone 1988 FRA 1:07.14 1.39 Rossignol
12 8 296259 MOELGG Manuela 1983 ITA 1:07.14 1.39 Rossignol
14 36 105269 GAGNON Marie-Michele 1989 CAN 1:07.37 1.62 Rossignol
15 16 55750 FISCHBACHER Andrea 1985 AUT 1:07.38 1.63 Atomic
16 19 537544 VONN Lindsey 1984 USA 1:07.46 1.71 Head
17 37 565268 DREV Ana 1985 SLO 1:07.47 1.72 Elan
17 22 516138 GUT Lara 1991 SUI 1:07.47 1.72 Atomic
19 26 206355 DUERR Lena 1991 GER 1:07.56 1.81 Fischer
20 6 206001 RIESCH Maria 1984 GER 1:07.71 1.96 Head
21 33 106825 PREFONTAINE Marie-Pier 1988 CAN 1:07.75 2.00 Rossignol
22 15 505483 PAERSON Anja 1981 SWE 1:07.83 2.08 Head
22 9 505760 PIETILAE-HOLMNER Maria 1986 SWE 1:07.83 2.08 Rossignol
24 41 505886 KLING Kajsa 1988 SWE 1:07.95 2.20 Head
25 30 196179 BERTRAND Marion 1984 FRA 1:08.03 2.28
26 1 55838 ZETTEL Kathrin 1986 AUT 1:08.15 2.40 Atomic
27 14 55898 BREM Eva-Maria 1988 AUT 1:08.22 2.47 Atomic
28 18 515766 SUTER Fabienne 1985 SUI 1:08.23 2.48 Stoeckli
29 11 55759 KIRCHGASSER Michaela 1985 AUT 1:08.25 2.50 Atomic
30 31 55590 SCHILD Marlies 1981 AUT 1:08.34 2.59 Atomic
31 35 705287 ZUZULOVA Veronika 1984 SVK 1:08.36 2.61 Salomon
32 23 536481 SCHLEPER Sarah 1979 USA 1:08.40 2.65 Rossignol
33 47 298084 AGERER Lisa Magdalena 1991 ITA 1:08.52 2.77
34 27 55690 HOSP Nicole 1983 AUT 1:08.53 2.78 Voelkl
35 58 185271 LEINONEN Sanni 1989 FIN 1:08.57 2.82 Fischer
35 57 297910 CURTONI Elena 1991 ITA 1:08.57 2.82 Atomic
37 52 106022 JANYK Britt 1980 CAN 1:08.68 2.93 Voelkl
38 28 296509 CURTONI Irene 1985 ITA 1:08.87 3.12 Rossignol
39 29 296476 ALFIERI Camilla 1985 ITA 1:08.94 3.19 Head
40 25 295435 GIUS Nicole 1980 ITA 1:08.97 3.22 Fischer
41 38 505632 LINDELL-VIKARBY Jessica 1984 SWE 1:09.09 3.34 Rossignol
42 42 55806 ALTACHER Margret 1986 AUT 1:09.11 3.36 Head
43 56 206367 HRONEK Veronique 1991 GER 1:09.19 3.44
43 32 56087 SIEBENHOFER Ramona 1991 AUT 1:09.19 3.44 Head
45 53 297702 MARSAGLIA Francesca 1990 ITA 1:09.27 3.52 Rossignol
46 39 495065 RIENDA Maria Jose 1975 SPA 1:09.33 3.58 Rossignol
47 62 515997 FEIERABEND Denise 1989 SUI 1:09.41 3.66 Head
48 40 196726 BARTHET Anne-Sophie 1988 FRA 1:09.49 3.74 Head
49 54 515855 GOOD Esther 1987 SUI 1:09.50 3.75 Stoeckli
50 44 515937 FUHRER Kathrin 1988 SUI 1:09.54 3.79 Voelkl
51 46 515849 DETTLING Andrea 1987 SUI 1:09.56 3.81 Stoeckli
52 51 538573 ROSS Laurenne 1988 USA 1:09.66 3.91
53 61 565373 ROBNIK Tina 1991 SLO 1:09.76 4.01
54 55 505908 SMEDH Veronica 1988 SWE 1:09.82 4.07 Voelkl
55 63 196806 NOENS Nastasia 1988 FRA 1:10.09 4.34 Salomon
56 45 538284 MCJAMES Megan 1987 USA 1:10.11 4.36
57 50 206160 RIESCH Susanne 1987 GER 1:10.12 4.37 Head
58 48 537582 COOK Stacey 1984 USA 1:10.21 4.46 Rossignol
59 34 425629 LOESETH Lene 1986 NOR 1:10.31 4.56 Voelkl
60 49 306249 HASEGAWA Emi 1986 JPN 1:10.53 4.78
61 59 305944 KIYOSAWA Emiko 1983 JPN 1:10.92 5.17 Rossignol


DID NOT START 1st RUN: 1 competitor
60 195671 JACQUEMOD Ingrid 1978 FRA Salomon

DID NOT FINISH 1st RUN: 1 competitor
43 506399 HECTOR Sara 1992 SWE Atomic

2,最終結果

Rank Bib FIS Code Name Year Nation Run 1 Run 2 Total Time FIS Points
1 7 196928 WORLEY Tessa 1989 FRA 1:06.38 1:04.32 2:10.70 0.00
2 4 185140 POUTIAINEN Tanja 1980 FIN 1:06.22 1:04.49 2:10.71 0.07
3 5 565243 MAZE Tina 1983 SLO 1:06.22 1:04.79 2:11.01 2.06
4 21 196793 MARMOTTAN Anemone 1988 FRA 1:07.14 1:04.08 2:11.22 3.46
5 36 105269 GAGNON Marie-Michele 1989 CAN 1:07.37 1:04.12 2:11.49 5.26
6 12 196725 BARIOZ Taina 1988 FRA 1:06.60 1:05.16 2:11.76 7.06
7 19 537544 VONN Lindsey 1984 USA 1:07.46 1:04.31 2:11.77 7.12
8 17 537545 MANCUSO Julia 1984 USA 1:06.58 1:05.30 2:11.88 7.85
9 16 55750 FISCHBACHER Andrea 1985 AUT 1:07.38 1:04.66 2:12.04 8.92
10 3 205218 REBENSBURG Viktoria 1989 GER 1:05.75 1:06.51 2:12.26 10.38
11 10 55576 GOERGL Elisabeth 1981 AUT 1:06.98 1:05.33 2:12.31 10.72
12 31 55590 SCHILD Marlies 1981 AUT 1:08.34 1:04.05 2:12.39 11.25
13 1 55838 ZETTEL Kathrin 1986 AUT 1:08.15 1:04.44 2:12.59 12.58
14 13 297601 BRIGNONE Federica 1990 ITA 1:06.64 1:06.00 2:12.64 12.91
15 8 296259 MOELGG Manuela 1983 ITA 1:07.14 1:05.61 2:12.75 13.65
16 22 516138 GUT Lara 1991 SUI 1:07.47 1:05.37 2:12.84 14.24
17 24 55818 KOEHLE Stefanie 1986 AUT 1:06.95 1:05.91 2:12.86 14.38
18 11 55759 KIRCHGASSER Michaela 1985 AUT 1:08.25 1:04.62 2:12.87 14.44
19 6 206001 RIESCH Maria 1984 GER 1:07.71 1:05.18 2:12.89 14.58
20 20 296379 GIANESINI Giulia 1984 ITA 1:07.06 1:06.08 2:13.14 16.24
21 26 206355 DUERR Lena 1991 GER 1:07.56 1:05.60 2:13.16 16.37
22 37 565268 DREV Ana 1985 SLO 1:07.47 1:05.94 2:13.41 18.04
23 9 505760 PIETILAE-HOLMNER Maria 1986 SWE 1:07.83 1:05.61 2:13.44 18.24
24 33 106825 PREFONTAINE Marie-Pier 1988 CAN 1:07.75 1:05.74 2:13.49 18.57
25 18 515766 SUTER Fabienne 1985 SUI 1:08.23 1:05.28 2:13.51 18.70
26 15 505483 PAERSON Anja 1981 SWE 1:07.83 1:05.70 2:13.53 18.84
27 41 505886 KLING Kajsa 1988 SWE 1:07.95 1:06.40 2:14.35 24.30
28 30 196179 BERTRAND Marion 1984 FRA 1:08.03 1:06.42 2:14.45 24.96

Did not start 1st run
60 195671 JACQUEMOD Ingrid 1978 FRA

Did not qualify 1st run
63 196806 NOENS Nastasia 1988 FRA
62 515997 FEIERABEND Denise 1989 SUI
61 565373 ROBNIK Tina 1991 SLO
59 305944 KIYOSAWA Emiko 1983 JPN
58 185271 LEINONEN Sanni 1989 FIN
57 297910 CURTONI Elena 1991 ITA
56 206367 HRONEK Veronique 1991 GER
55 505908 SMEDH Veronica 1988 SWE
54 515855 GOOD Esther 1987 SUI
53 297702 MARSAGLIA Francesca 1990 ITA
52 106022 JANYK Britt 1980 CAN
51 538573 ROSS Laurenne 1988 USA
50 206160 RIESCH Susanne 1987 GER
49 306249 HASEGAWA Emi 1986 JPN
48 537582 COOK Stacey 1984 USA
47 298084 AGERER Lisa Magdalena 1991 ITA
46 515849 DETTLING Andrea 1987 SUI
45 538284 MCJAMES Megan 1987 USA
44 515937 FUHRER Kathrin 1988 SUI
42 55806 ALTACHER Margret 1986 AUT
40 196726 BARTHET Anne-Sophie 1988 FRA
39 495065 RIENDA Maria Jose 1975 SPA
38 505632 LINDELL-VIKARBY Jessica 1984 SWE
35 705287 ZUZULOVA Veronika 1984 SVK
34 425629 LOESETH Lene 1986 NOR
32 56087 SIEBENHOFER Ramona 1991 AUT
29 296476 ALFIERI Camilla 1985 ITA
28 296509 CURTONI Irene 1985 ITA
27 55690 HOSP Nicole 1983 AUT
25 295435 GIUS Nicole 1980 ITA
23 536481 SCHLEPER Sarah 1979 USA

Did not finish 2nd run
14 55898 BREM Eva-Maria 1988 AUT
2 205993 HOELZL Kathrin 1984 GER

Did not finish 1st run
43 506399 HECTOR Sara 1992 SWE



白馬、小谷村でスキー場営業始まる

白馬、小谷村でスキー場営業始まる

(2010年12月11日)

_1_medium_20101212024117.jpg
営業を始めたゲレンデでさっそく滑りを確かめるスノーボーダーら

 白馬村の白馬五竜、Hakuba47と、小谷村の栂池高原の各スキー場が10日、営業を始め、大北地方のスキーシーズンが開幕した。待ちかねたスキーヤーやスノーボーダーがゲレンデに繰り出し、北アルプス山麓ならではの粉雪の感触を楽しんだ。

 白馬五竜は9日夜に25センチの積雪があり、最上部「パノラマコース」が滑走可能に。昨年より9日早いが、例年よりは2週間ほど遅れたという。ゴンドラで標高1500メートル付近まで上がった人々は勢いよく滑走。友人と訪れた松本市の女性(33)は「天気もよくて気持ちいい。新雪ならではの感触」と笑顔だった。

 両村のほかのスキー場も積雪をみて順次営業を始める。11日は大町市の鹿島槍スポーツヴィレッジ(鹿島槍スキー場)も開業し、大道芸人らがシーズン入りを盛り上げる。

(提供:信濃毎日新聞)



【スキーW杯】リゲティが今季2勝目 男子大回転第2戦

【スキーW杯】リゲティが今季2勝目 男子大回転第2戦

2010.12.11 22:58

アルペンスキーW杯大回転第2戦を制したテッド・リゲティ(11日、ロイター)

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は11日、フランスのバルディゼールで男子大回転第2戦を行い、第1戦を制したテッド・リゲティ(米国)が合計タイム2分26秒26で今季2勝目、通算7勝目を挙げた。
 アクセルルント・スビンダル(ノルウェー)が1秒05差の2位で、マッシミリアノ・ブラルドネ(イタリア)が3位だった。日本選手は出場していない。(共同)


oth1012112259043-p1.jpg

oth1012112259043-p2.jpg

oth1012112259043-p3.jpg

oth1012112259043-p4.jpg

oth1012112259043-p5.jpg


開幕2連勝!リゲティ「いい気分」/アルペン

2010.12.12 00:23

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は11日、フランスのバルディゼールで男子大回転第2戦を行い、リゲティは持ち前の攻撃的な滑りがはまり、大回転で開幕2連勝。「もちろんいい気分だ。自信になる」とほおを緩めた。
 W杯屈指の急斜面と硬い雪質で、一瞬も気を抜けない難コース。リゲティは両脚を軽やかに動かし、それを追い掛けるように上半身で絶妙にバランスを取って最後まで力強く滑りきった。昨季の種目別覇者は「ラスト20秒で粘れたのが勝因」と胸を張った。(共同)



女子S大回転は中止=スキー

 11日、スイスのサンモリッツで行われる予定だったアルペンスキーのワールドカップ(W杯)女子スーパー大回転第2戦は、悪天候のため中止となった。

(AFP時事)(2010/12/11-23:05)



ガーラ湯沢:開業20周年 スキー場オープン /新潟

ガーラ湯沢:開業20周年 スキー場オープン /新潟

 開業20周年を迎えた湯沢町の「ガーラ湯沢スキー場」が10日、オープンした。

 ガーラ湯沢は90年12月、新幹線駅とゴンドラで直結するスキー場として開業し、話題を呼んだ。今年は降雪が遅れ、この日は1コースのみでの営業開始となった。

 初めて同スキー場を訪れたという埼玉県鳩ケ谷市、専門学校生、永吉勝哉さん(19)は「駅からスキー場にすぐ行けるのは便利。雪も滑りやすかった」と笑顔で話した。

 同スキー場の営業は11年5月5日まで。JR東日本新潟支社では「ガーラ湯沢駅開業20周年記念入場券」(大人・子ども各1枚付きで210円)を販売している。【塚本恒】

毎日新聞 2010年12月11日 地方版



下記は、ガーラ最新情報(ブログ)です。

写真が「不思議の国のアリス」のようで不気味です。


現在ガーラ湯沢スキー場営業中です!

人工スノーマットの上に雪が積もった状況ですが、なかなかのコンディションです!

本日のゲレンデ写真ご覧下さい

積雪量が少ないため人工マット敷設のメロディーコース:初級コース 滑走距離350m 標高差52mでのご滑走となります。

人工スノーマットの上に積雪もあり、コンディションは上々ですョ!

  ※人工スノーマットはプラスチック製です。摩擦により、スノーマットのプラスチックが滑走面に付着する場合がございます。

みなさんのお越しをお待ちしています。

初すべりはGALAで決まり。


WS000061_20101212000857.jpg


検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -