ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国人が訪れた日本のスキー場「独特のコース、温泉も魅力」

【英国ブログ】英国人が訪れた日本のスキー場「独特のコース、温泉も魅力」

【社会ニュース】 2010/12/31(金) 12:24

  日本のスキーヤーやスノーボーダーは、広々とした欧州や北米のスキー場に旅行することがあるが、海外のスノーボーダーの中には、日本のスキー場に魅力を感じている人もいるようだ。ウインタースポーツに関する雑誌「whitelines(電子版)」では、日本はスノーボーダーにとって「一生に一度は訪れたい」国と紹介している。

  日本のスキー場の魅力は、木が多いことだという。そのため地形が複雑になり、スノーボードを楽しむには絶好の環境。最初は隠された秘宝のような存在であったが、映画のロケ地として露出され、その後は、地理的に日本に近いオーストラリア人が日本でスノーボードをするようになり、徐々に日本が世界に知られていったと説明。

  筆者とその一行は北海道・ニセコと長野県白馬に訪れている。特に白馬は日本のシャモニーとして知られているだけあって、斜面が急であり、全体的に広く、快適にスノーボードができたとつづっている。

  来日にあたり、筆者は「どこか別の惑星にいくような」気持ちがしたとつづっている。普段は飛行機に乗る際も行き先は、欧州が多いため、目的地が東京であるだけで、気持ちが高揚したと記している。

  欧州系の言語とはまったく異なる日本語圏ということも楽しかったようだ。英単語を日本人のように明確に発音するだけで何とか通じた。そして、スキー場では覚えたての単語「最高」を使って気持ちを表現したとつづり、冒険心が刺激されている様子を伝えている。

  さらに、文化や慣習も違う日本では、スノーボード以外に白馬温泉の入浴など、日本独特の文化も楽しめたようだ。また、物価が高いと定評がある日本だが、筆者は英国やフランスと食費などは大差がなかったと述べている。

  復路の飛行機内では、客室乗務員に日本は良かったかと聞かれた。もちろん、筆者の答えはスキー場で覚えた「最高」だったと記し、記事を結んでいる。(編集担当:山下千名美・山口幸治)


‘White Spirit: Chasing Dreams in Japan’

From Issue 88 of Whitelines Magazine
Words: Ed
Photos: Matt Georges

Snow falls softly down through the night air, like a million feather pillows have burst somewhere up in the darkness. It settles on the piste and drifts against the lift pylons. It covers the delicate branches of the trees. I brush a fresh layer of crystals from my goggle lens and look through a galaxy of swirling snowflakes at my friends, who are digging a jump in the glare of a floodlight. Dozens of these eerie yellow lamps dot the valleys and forests of the mountainside. The kicker has some way to go before it’s ready to be hit, and since I’m not here to star in the photos anyway, I figure I’ve got time for another lap. I heave the nose of my board clear of the powder and set off alone down the silent cat track, sending up plumes of cold smoke in my wake. It’s late, and my mind is wandering towards a bowl of steaming noodles.

People say that visiting Japan is the closest you can get to flying to a different planet, and at times like these it definitely has a surreal, otherworldly quality. For snowboarders, it is a dream destination – one to tick off the ‘places to ride before I die’ list. Japan’s place in snowboarding folklore was secured during the late 80s and early 90s, when a number of pioneering American film crews discovered a land of friendly people, strange food and – most importantly of all – bottomless freshies. Even better, the beautiful powder slopes were largely empty. “It was weird being in place where they just don’t ride the trees,” raved former pro Jay Nelson back in 1994, “The locals said that the spirits lived in the trees. We all thought, ‘Well, y’know, the best snow is in the trees, so that’s where we’ll be!’” As it happens, what Jay heard about the spirits wasn’t totally true, and today you’ll find plenty of Japanese snowboarders ripping up tree lines, but that didn’t matter at the time because everyone believed him. And of course the footage of him and his American friends ploughing their rental car through 8ft drifts on the side of the road spoke for itself. Word was out: Japan was paradise.

In the years since, Japan has been filmed, photographed and written about more than almost any other snowboard destination. Like the perfect waves of Indonesia – once a hidden gem explored by hardy surf travellers of the 1970s, now a mainstream tourist trap – its reputation for great snow has seen more and more foreigners arrive on its shores, chasing the powder dream. Like Indo, moreover, the global invasion has been led by the Australians, for whom Japan is a closer winter option than Europe or North America. We were here to chase our own dream. Would the reality stack up to the myth, or are the famous peaks of Hokkaido a case of paradise lost?

Niseko
Back in our apartment building, the elevator gently chimes to announce our floor. Everything in Japan chimes. Chairlifts give a polite ‘ding dong’ each time the gate opens, ATM machines sound bells like a fruit machine when your money is dispensed, car dashboards are veritable cacophony of beeps and gongs. Yup, Japan certainly lives up to its reputation for bizarre high tech gadgetry. The apartment we’re staying in even has one of those electronic toilets with various buttons on the side for heating the seat and spraying yourself clean.

Josh Wolf returns from the bathroom. “Watch out for the fanny spray button,” he says, “It tickles your balls!”

Josh – long haired like Geoffrey Lebowski and similarly laid back – is one of four riders on this trip. He is joined from the UK by granite-jawed jock Scott McMorris and the albino Yorkshireman Colum Mytton. There’s a multicultural aspect to this Whitelines tour, however, with French photographer Matt Georges manning a variety of cameras (Digital SLRs, pocket point-and-shoots, vintage Russian film cameras… Matt is more trigger happy than our Japanese hosts) and Swiss miss Anne-Flore Marxer crashing our little sausage party. Anne-Flore is one of the biggest names in the women’s snowboarding, and the only one in our group who has been to Japan before. She has a fearless, bubbly character, and while the rest of us are scared to attempt the most basic Japanese she has been getting straight in there with a pocket phrase book and a wide smile. It seems to work wonders. She certainly sounds authentic to me.

“The trick is you don’t really have to know much Japanese at all,” she tells me. “Like, I know how to say ‘hello’ – konnichiwa – and ‘thank you very much’ – arigatou gozaimasu – but the rest of the stuff you can kind of make up.”

“How do you mean, make it up?!”

“Me and David Benedek were in Tokyo one time, and we were trying to find our way to the fish market. No one could understand what we were saying. Then David goes, ‘Fish-a market-ooh’ in this Japanese accent and they got it straight away. You just have to speak like they do – and add ‘ooh’ onto the end of everything.”

Weirdly, Anne-Flore’s technique seems to work! I am now fluent at asking for a salad-ooh, or a receipt-ooh. As for Colum, I’m not so sure even her one-word Japanese language school can make his Yorkshire accent any more intelligible to the locals. His version of moshi-moshi (the traditional local phone greeting) sounds more like he’s in a Halifax chippy ordering mushy peas twice.

Going somewhere with such a dramatically different language is definitely one of the funnest things about this country. As the rest of us channel hop through the strange news stations and gameshows on the television, Scott returns from a mission to the shop and hits the buzzer. I answer the intercom in a fake Mr Miagi voice, watching his face in the tiny fisheye TV screen. He frowns. I make more random Japanese sounds and watch first confusion, then embarrassment creep over Scott’s face. “Sorry, wrong number, er… arigato” he stammers, and I burst out laughing.

“You bastard!”

The mood is good. It has been all the way from Heathrow. No two ways about it, boarding a flight to the Orient is cool. Most of the time you go to an airport it’s to visit somewhere mundane and European; when you see the word ‘Tokyo’ beside your flight number on the departure board, it conjures a romantic thrill of excitement. You feel like James Bond en route to tackle super-villains in volcanoes. The little differences on the plane help set the mood too – the Japanese hostesses, the sing-song translation of the safety demonstration, the neat lacquered boxes of sushi in place of a foil-topped meal. If there’s one thing the Japanese do well, it’s neatness. Just look at the country itself – 127 million people efficiently squeezed into a set of islands little bigger than the UK. No wonder they’re so good with microchips. From immigration forms to media applications, everything is orderly and meticulously inspected, and since arriving in resort we have constantly been left amazed by obsessive little pieces of categorization, like the perfectly arranged nail scrubbers in the bathroom or the plastic carton of used ring pulls outside one of the mountain restaurants. Are they for recycling? Who knows.

Niseko is the legendary powder capital of the country, situated in the tail of the northern island of Hokkaido. For years it was a small, remote ski resort that barely registered on the international radar, but thanks to riders like Nicolas Müller (who regularly films here for the Absinthe movies) it now attracts an army of powder hunters. Niseko’s ever-increasing popularity means new bars, shops and hotels are springing up throughout the town on a regular basis, while property prices have gone through the roof. The terrain itself is actually pretty unspectacular by European standards – a series of low, rolling hills which straddle the main town of Hirafu and its two neighbouring villages, Higashiyama and Annapuri. What Niseko lacks in long, Chamonix-esque descents, however, it makes up for in sheer snowfall. The magic starts in Siberia, where bone-chillingly cold low pressure systems are born. Prevailing westerly winds carry these storms across the Sea of Japan towards Hokkaido, where they gather moisture before hitting the mountains and dumping a bounty of dry flakes – known to the locals as yuki. In short, Niseko is the sharp end of a powder-making machine. With so much of the stuff covering cliffs, rocks and tree stumps – and avalanche danger moderate within the confines of the forest – the relatively mellow terrain becomes a playground in which Müller-esque creativity knows no bounds. The flipside of all this, of course, is frequent flat light. Japan is known as one of the hardest places in the world for photographers to shoot, and so far on this trip the clouds have parted long enough for just one fleeting glimpse of the giant volcano which lies a few miles to the southeast. I’m glad I packed a spare goggle lens.

It is midway through our stay in Niseko, and despite a little drizzle at the start of the week (be warned, even Japan can get rain) conditions are now ideal. I am charging through well-spaced trees between the pistes, chasing my friends’ rooster tails and dropping down pillows. I am Nicolas Müller. My face is freezing, though. It sounds stupid but I hadn’t expected it to be so cold. I guess that’s the payoff for Siberian weather fronts. As a result the whole team is bandana’d or face-masked up. My own protection of choice is a bright orange balaclava I picked up from an Army & Navy store in Seattle, which makes me look like a conspicuous IRA gunman. It is clustered in ice.

We have settled into a routine of powder for breakfast, powder for lunch, and powder for dinner – the latter enjoyed under the resort’s powerful floodlights. Night riding has proved to be the highlight of the trip – better, even, than our day of catboarding, in which a bearded kiwi named Cameron squeezed us into an antique piste basher and chugged us noisily up to a remote ridge 10 miles out of town. OK, the snow up there was deeper and drier than anything I had experienced in 15 years of riding, and the pillows were the stuff of snowboarding fantasy, but with no plough on the front of the tired old snowcat, shuttle runs were out of the question. We therefore spent a memorable five hours hiking through chest deep yuki. In contrast, we’ve found the night sessions here in resort much more productive – and to be honest, not a whole lot more crowded. While it’s true that these days you won’t have the lifts to yourself (on any given run under the ropes you’re likely to cross paths with an aussie or Japanese shred dog) most of the punters head home around four o’clock, leaving the slopes wonderfully empty as the floodlights are switched on. What makes it even more special is that almost the whole mountain remains open – not just a piste or two as the norm elsewhere in the world. Throw in yet more fresh powder and the experience is unreal… Under cover of darkness, Niseko becomes a weird moonscape, snowboarding a stealth art form. We dart between pools of light and inky forests, surf down shadowy snowbanks and carve down the sepia groomers at 50mph as flurries of flakes whip past the giant lamps. The efficient lift crew keep things going until 9pm, politely brushing snow off the chairs with an old fashioned broom.

When it’s finally time to come off the hill, Niseko offers a variety of interesting places to eat. Tonight we are in our favourite little noodle bar in the centre of Hirafu. It is no bigger than a large living room, with a mixture of bar stool seating and tables and benches. We don’t know what the place is called – the words on the steamed-up window are in mysterious kanji characters – but we’ve learned that the food is good, and cheap. In a small, open plan kitchen on the far side of the bartop, two guys with Karate Kid style bands in their hair chop veg and flash fry noodles in a scorching wok. They are overseen by a woman they introduce as “Mama-San”, a sixty year-old with a heavy bosom who brings us giant bowls of chicken and noodles swimming in miso soup. Whether she’s actually their real mother is anyone’s guess, but she’s certainly the boss of this house. Wolfie is disappointed tonight, however. His yaki-udon has arrived – a traditional dish made with fat, worm-like noodles and no soup. He is staring in horror at the wafer thin slices of fish on the top. “Ah, man, I hate fish!” Wolfie loves his food, especially after a hard night’s shredding, so this is a spirit-crushing development. Then the unthinkable happens. The slices of fish begin to wriggle and move on their bed of noodles. “Fuck! It’s still alive!” he screams. It is too – the flakes are actually writhing around in what looks to be their last death throes. I recall a story someone told me about a trip to China, when a whole, live flounder was sliced in half and served immediately as raw sushi – only to give a final shudder as he leaned over it with his chopsticks. I look back at Wolfie’s plate and realize our mistake: “It’s not alive, dude, it’s wafer thin and the heat is making it curl.”

“Well it’s still fish and I fuckin’ hate fish.”

The bill is a reasonable six pounds each or so. Japan has a reputation as one of the most expensive countries anywhere to visit, but until this year it was actually similar to the UK or France (once you’ve forked out for the airfare). Unfortunately for us, we’ve chosen to visit during the height of the credit crunch, when the pound is being royally taken in the ass by pretty much every currency on the planet – not least the yen. We’re all feeling the pinch, but noodles are always a cheap option and since this is a ‘dream trip’ no one is complaining. Bottom line is, snowboarding anywhere is expensive right now, and the night riding alone has made this trip worth it.

For those Brits who decide to stay in Japan for longer, you really need to find a job to help pay the rent. Short of living in a campervan (which is exactly what a whole crew of Japanese shredders do, having opted out of the rat race) this isn’t the kind of place you can realistically bum a season. Most of the UK seasonaires we’ve met out here, including our guide Ben Thorpe from Japan Ski Experience, are more entrepreneurial. Unlike your Chamonix chalet boy with his English friends and jars of Marmite in the cupboard, Ben has learned the language (starting out teaching English to high school kids) made friends with local snowboarders and generally learned to respect the local culture. That said, there are other roads to the ex-pat lifestyle. In Niseko’s Wild Bills bar – a Tex-Mex melting pot of powder-loving Japanese and foreigners (‘gaijin’) – we meet Welshman Owain Bassett, brother of Tignes’ Dragon Lodge founder John. Owain married a Japanese woman and emigrated out here a couple of years ago, building himself a beautiful, semi-traditional house in the forest outside Niseko.

“What do you do for money?” I ask him.

“I sold my share of the original Dragon Lodge and I’ve just been so busy with the house I haven’t really been working,” he replies. “But I have pretty modest spending habits, and I don’t come into town all that much – I just live in the woods! We’ve even drilled our own water well so bills are low.”

Before leaving resort, Ben takes us to a detached chalet-like building on the edge of town. It is the showroom for a local snowboard company called Gentemstick. We remove our shoes and step into a spotless wooden shop floor. High on one wall is a collection of classic snowboards, including vintage swallowtails from 80s brand Winterstick. On the other wall are a handful of custom-shaped fibreglass surfboards. The room is reverentially quiet, like a church. Gentemstick’s own range of hand-crafted snowboards sits in a neat rack on the last wall, beneath soft spotlights. They specialize in creating outrageously shaped powder boards with fat noses and tapered tails – perfect for tackling the unique powder conditions of Japan. We are here to visit the company’s founder and owner, Taro Tamai. Ben conducts a whispered conversation with the young guy on the shopfloor, who disappears behind a bead curtain. The seven of us are left gazing around the room in silence, hesitant to touch anything. After several long minutes, Taro emerges. He is wearing a peaked beanie and jeans like any snowboarder, yet his face has a serious quality – like an artist stood before his work. Ben speaks a few words in Japanese, and invites me to present my business card. Business cards, I’ve learned, are an important token in Japan. I hold mine between both hands and bow slightly; Taro mirrors the gesture and takes it in both his. He then takes a stool across from us and, with Ben as interpreter, conducts a formal Q & A session. It is clear that he takes the business of making snowboards seriously. Not for Gentemstick the wacky banana marketing of certain American brands, or loud attention-seeking graphics. To Taro, his boards are more like beautiful, custom surfboards. It is as if he has taken the craft and philosophy of surfing, mixed it with the spirituality of powder riding and added a dash of traditional Japanese business practice. It is a lesson in the way that, while Japanese kids love to dress wild and embrace western trends, they do it in their own way. In a nutshell, they take it all rather seriously. That might seem strange for something as essentially unimportant as powder riding, but Taro’s earnestness is what makes his boards so special and unusual. They’re not snowboards – they’re samurai swords! We leave the place impressed, and a little dazed.

Hakuba
Our trip is split between the Niseko (on Hokkaido) and Hakuba, a large valley on the main island of Honshu which connects no fewer than 10 resorts in the Japanese Alps. Chaos reigns at the train station in Niseko. We have arrived late, and the envoy from the local tourist office – who are helping arrange tickets – is having a heart attack. There is less than five minutes until our train departs, and all six of us need to pay for a complex ticket which costs over a hundred pounds. To make things worse, no-one’s credit card is working. The woman is positively freaking out now. Our timetable doesn’t allow any margin for error, and if we can count on one thing, it’s that our train won’t be late. In Japan, the trains are never late. Well, that’s not strictly true, because in 2006 – come rain, wind and snow – the Shinkansen (bullet train) was delayed by an average of, er… 20 seconds. Fortunately Anne-Flore Marxer has withdrawn a ludicrous amount of cash and slaps it down on the counter to pay for all of us, and the next moment we are clattering over the footbridge dragging board bags and camera gear. The conductor, remarkably, holds the train for us. Did the woman from the tourist board have a word in someone’s ear? Either way we have blown their annual punctuality target in one fell swoop.

Several people on the carriage wear white surgical masks. This is a common sight in Japan – even here in the clear air of the mountains. Apparently, they do so not just to protect themselves from pollution, but out of respect for others. At the first sign of a cold or other illness, people in Japan don the masks in order to avoid coughing or sneezing germs onto strangers. It is a powerful symbol of the country’s neurotic yet incredibly polite culture. We pass the journey dozing, playing UNO or staring out at the wintry landscape. Colum is drinking hot coffee from a can – just another quirk of Japan’s obsession with vending machines – and it brings to mind a story a friend once told me when he came back from the country. His train had stopped in the middle of nowhere for a few minutes, and outside the window – in the middle of a field – was a vending machine!

The snow in Hakuba is usually as epic as anywhere in the world, but we are visiting during a poor season and conditions here on the main island are heavy. The terrain, however, is fantastic. Known as the Chamonix of Japan, Hakuba’s mountains are bigger and steeper than those of Niseko, and having successfully negotiated the railway system and boarded the gondola to the top we are impressed by the awesome view across weird, craggy peaks covered in matchstick-like trees. They look strangely like furry animals. Our guides are Andy and Sarah from ‘Snow Season Japan’ who, like Ben back in Niseko, have set up their own company specializing in taking Brits to Japan. The pair show us around two of the biggest resorts in the area: Hakuba 47 (named because it enjoys “4 seasons, 7 days a week”) and Happo One (pronounced Happo Oh-ney). Colum, Scott, Wolfie and Anne-Flore are well-skilled in the art of getting good photos in average snow. We spend a day or two hiking about the backcountry building kickers, then head to the park in Hakuba 47 where we enjoy man-made jumps for the first time in weeks. The locals love their freestyle, and the set-up here is as good as most places in Europe.

It’s a famous snowboarding fact that Japan has more ski resorts per person than any country in the world. Many consist of little more than a couple of lifts and a café, but if it’s powder and solitude you’re after then these micro-resorts are ideal. On our penultimate day, Andy takes us to one such example, Cortina. Walking to the chairlift, we pass a group of schoolkids who are learning snow-plow beneath an inflatable manga character. Anne-Flore smiles and gives them a peace sign; the kids throw back ‘Vs’ excitedly. “Saikou!” We shout, and they all giggle. Saikou is our new favourite word – it means ‘sick.’

At the summit, we follow Andy off the piste and into the forest. Quite simply, it is the best tree run I’ve ever ridden in my life – or at least it would be if the snow was a little lighter. The trunks are perfectly spaced at five metres or so, and the pitch is a solid thirty degrees, so we are able to open up the throttle and chase each other through the woods like speeder-bikes in Return of the Jedi.

Cortina’s base station is dominated by a giant fairytale hotel – something between a Disney cartoon castle and Michael Jackson’s house. It is a surreal place. Cold and soaked through after a few hours lapping the forest, we take the lift to an upper floor and visit the hotel’s traditional hot spring, or onsen. Onsens are a massive part of Japanese life, like baths were to the Romans. There’s a whole etiquette to the experience, beginning with: women and men bathe separately, and everyone goes naked. To save your modesty you are provided with a small towel little bigger than a fig leaf, though most of the locals don’t much worry about these. Us boys leave Anne-Flore to her solo bath and head into the mist of the men’s onsen, where strange guys are wandering brazenly between steaming hot pools. The women’s side is surely a more pleasant place to be, I think to myself. Most of us cling to our “dick towels” until we’re safely waist deep in the water (we’re friends, but we’re not that friendly) though French photographer Matt seems pretty comfortable with the whole thing. Colum Mytton, red faced in the heat, looks uncannily like one of the famous snow monkeys who bathe in an outdoor spring not far from near here, while Josh has wasted no time hiding my fig leaf and has disappeared back into the changing rooms.

Tokyo
Outside my little capsule, the neon city hums to the rhythm of pachinko machines and traffic. Girls strut across zebra crossings in tiny plaid skirts, umbrella’d commuters emerge from metro stations , boys with shard-like hair stand smoking outside flashing arcades. Tokyo is as I imagined it to be: modern, weird, dense. We are staying in the cheapest accommodation in town – a capsule hotel on the edge of the electronic district. Popular with businessmen working late or rolling out of the bars at closing time, capsules are a very Japanese phenomenon. Shoes and baggage is left on the ground floor, a towel and toothbrush (with paste already applied) is picked up from a locker on the second floor, and you are assigned a honeycomb bed somewhere in the beehive of bunks which occupy the rest of the building. Each of the capsules has a TV and radio fitted into its plastic mould, like an HD-ready cocoon. Our own stay is made stranger still by the appearance of a South American film crew, who ask if they can shoot Josh Wolf entering his new digs for a segment on the Brazilian equivalent of The One Show. Apparently it will be watched by about 50 million people.

It is our final night in Japan, and having wandered for hours amongst the manga cafes and electronic superstores, we eat dinner near in one of the capital’s many incredible restaurants (Tokyo boasts more Michelin-starred eateries than Paris). We are being hosted by a French friend of Matt’s – now living in the city – and his two female friends, both Japanese. Wolfie is having another culinary nightmare, presented by a table full of mysterious fish dishes. In the centre is a dish of white, glistening worms.

“Try it, it’s fantastic. Really,” says Matt’s friend. “It’s a local delicacy.”

Wolfie shakes his head with a scowl. Scott and Colum pinch a corner each between their chopsticks and take a tentative bite.

“It’s a bit creamy,” says Col in his thick Yorkshire accent. “What is it?”

“Fish testicles.”

I look down through my scratched perspex window, as the clouds fold back over Japan for the final time. One of the cabin crew is approaching with a drinks trolley. She is Japanese herself, and as she pours the group some tea, she asks us what we did during our stay. We tell her we’ve been to the mountains of Niseko and Hakuba, and she nods her head enthusiastically.

“So did you like Japan?” she asks.

Well, did I like it? I think about how, like snowboarders the world over, I’ve dreamed of visiting the place for years – of chasing out spirits from powdery tree runs and blasting over mushroom pillows like Nicolas Müller. Now finally the dream has been realized. Did it live up to the hype?

I smile. “Yeah,” I say. “It was sick – Saikou!!”

The stewardess puts with her hand in front of her mouth and giggles girlishly.

“Heeheehee! Saikou!”



関連記事
スポンサーサイト

スキー誘客、熱く 北上・夏油高原で上村さん招き教室

スキー誘客、熱く 北上・夏油高原で上村さん招き教室

20101230013jd.jpg
上村愛子さん

 岩手県北上市の夏油高原スキー場の誘客を図ろうと、市は昨シーズンに続き「スノーパーク」事業を始めた。フリースタイル女子モーグルの上村愛子さんを招いたり、新競技として注目される「スロープスタイル」のコースを東北で初めて設置したりと、来年3月まで多彩なイベントを展開する。
 上村さんは2月5、6日に北上市に入る。5日はさくらホールでトークショーを開き、モーグルとの出会いや競技経験などについて語る予定。6日はゲレンデで小学生40人にスキーを指導する。
 スロープスタイルは、ジャンプ台やさまざまな障害物をスノーボードやスキーで滑り、空中での技の難易度などを採点する。2014年のソチ冬季五輪の新種目候補に挙げられている。スキー場内に専用コースを設置し、雪の状況に応じて障害物を増やす。
 地元のスキー人口増加を狙い、子どもたちの集客にも力を注ぐ。初心者用に1200円の割安リフト券(1日券)を販売。市内の子ども会やスポーツ少年団を対象に、無料送迎バスを運行する。
 夏油高原スキー場の利用者は昨シーズン約8万3000人で、ピーク時の半分以下にとどまった。市は「新しい試みに知恵を絞った。多くの人に来てほしい」と話す。
 上村さんのトークショーは整理券が必要。夏油高原温泉郷の宿泊者や特定のリフト券購入者を対象に先着計1300人分配布する。宿泊者は1月4日、リフト券購入者は16日から。スキー教室は1月4~16日、スキー場に応募コーナーを設ける。連絡先は北上市商業観光課0197(64)2111。

2010年12月31日金曜日


鳥取県のスキー場で雪崩、従業員4人が心肺停止

鳥取県のスキー場で雪崩、従業員4人が心肺停止

読売新聞 12月31日(金)14時59分配信

 31日午後1時頃、鳥取県江府町御机大平原の奥大山スキー場で雪崩が発生、巡回していた男性従業員ら4人が巻き込まれた。

 同町によると、4人は救助されたが、心肺停止の状態という。

 同スキー場によると、巻き込まれたのは、長岡吉之さん、山根里志さん、松本直紀さん、藤崎浩之さん。

 同町などによると、直前にゲレンデの女良谷(めらたに)コース(1200メートル)のゲレンデで別の雪崩があり、4人が安全確認のため現場へ向かったところ、2度目の雪崩が発生したという。

 1度目の雪崩の後にリフトを止めており、県警黒坂署によると、巻き込まれたスキー客はいない模様という。

 同スキー場のホームページによると、スキー場は大山(1729メートル)の南側に位置し、4本のコースがある。雪崩の発生した女良谷コースは、最も上にある。

 気象庁によると、江府町のある鳥取県西部には31日、大雪警報と雪崩注意報が発令されていた。スキー場の積雪は午前7時現在、60センチだったという。

最終更新:12月31日(金)16時15分


スキー場で雪崩、2人死亡=2人心肺停止、職員ら―鳥取

時事通信 12月31日(金)18時14分配信

 31日午後1時20分ごろ、鳥取県江府町の町営奧大山スキー場で、臨時職員の男性ら4人が雪崩に巻き込まれたと119番があった。4人は約1時間後に救出されたが、県警や町によると、うち2人が死亡、2人が心肺停止の状態という。
 同町役場によると、死亡したのは同町在住で町臨時職員の長岡吉之さんと、島根県安来市の山根里志さん。他に松江市の松本直紀さんと藤崎浩行さんが心肺停止の状態。長岡さん以外の3人はスキー学校の関係者という。
 スキー場によると、1回目に雪崩が起きた後4人が確認に向かい、2回目の雪崩に巻き込まれたという。当時スキー場は営業中だった。
 奧大山スキー場は、大山隠岐国立公園にある。初心者向けから上級者向けのコースを備え、毎年12月~3月の間に約20万人が利用している。
 気象庁によると、大山の地域気象観測システム(アメダス)観測点の31日午後1時現在の積雪は119センチで、大雪警報と雪崩注意報が発令されていた。同日午後2時半までの24時間降雪量は70センチで、全国最多だった。 


鳥取・奥大山スキー場雪崩 4人の死亡確認

産経新聞 12月31日(金)20時5分配信

 鳥取県江府町の奥大山スキー場で31日、雪崩が発生し、スキー場の男性パトロール員4人が巻き込まれて生き埋めになった事故で、救助された4人は搬送先の病院でいずれも死亡が確認された。

 鳥取県警黒坂署などによると、死亡が確認されたのは、町臨時職員、長岡吉之さん(56)=江府町=、スキー指導員、山根里志さん(49)=島根県安来市=と、いずれもスキー場ボランティアスタッフの藤崎浩行さんと松本直紀さん。

 奥大山スキー場は、中国地方の最高峰、大山(1729メートル)の南側に位置し、4本のコースと2本のリフトがある。31日午前7時現在の積雪は約60センチだった。


奥大山スキー場の雪崩 圧雪車巻き込む勢い 「こんな事故初めて」

産経新聞 12月31日(金)21時52分配信

 鳥取県江府町の奥大山スキー場で31日起きた雪崩。コースを点検していたパトロール員ら4人に襲いかかった。近くにあった圧雪車を一緒に巻き込むほどの勢い。大みそかの惨事に関係者は「こんな事故は初めてだ」と表情を曇らせた。

 4人は午後1時ごろ、1度目の雪崩発生後、パトロール隊責任者の中田智さん(52)と圧雪車運転手の林和敏さん(60)とともに現場へ。2度目の雪崩が起きた当時、中田さんは圧雪車を誘導しようと山の反対側に回っており、難を免れた。圧雪車に乗っていた林さんは巻き込まれたものの自力で脱出した。

 林さんは「圧雪車の中に雪が入ってきて、お腹あたりまで雪で埋まった。全く音もなかった」と振り返った。雪崩の規模は幅約10メートル、高さ約25メートル。4人が埋まっていたのは約2・5メートル下。中田さんや従業員らが4人を救助。ふもとの管理棟に運び、人工呼吸などを施したが、搬送先で次々と死亡が確認された。

 この日はスキー客ら約200人が訪れていたが、積雪が多く視界も悪かったため早々に帰る人もいた。鳥取地方気象台によると、午後1時現在で大山の積雪は119センチ。新雪部分が崩れる「表層雪崩」が起きやすい状況だったという。

 犠牲になった藤崎浩行さん(39)は、松江市内で父親が経営する自動車販売・整備会社の役員のかたわら、松江商工会議所青年部のブランド開発委員長を務め、観光振興を目的に地元産の食材にこだわったどんぶり、おでんなどのB級グルメ開発に携わった。

 藤崎さんと小・中学校の同級生という松江市内の自営業、金見誠司さん(39)は「亡くなった知らせを聞き非常に残念。藤崎さんとは11月に会ったばかりで、スノーボードに行こうと誘われていた。小学校時代からサッカーと剣道をするなど活発、行動的で人気者だった」と悲しんだ。


鳥取雪崩:4人が死亡 通報で現場へ行き、巻き込まれる

2010年12月31日 19時29分 更新:12月31日 22時0分

 31日午後1時5分ごろ、鳥取県江府(こうふ)町御机(みづくえ)の奥大山スキー場のゲレンデで、パトロール中の男性4人が雪崩に巻き込まれた。間もなく救助されたが、同町臨時職員の長岡吉之さん(56)=同町御机=と、いずれもスキー指導員の▽山根里志さん(49)=島根県安来市荒島町▽藤崎浩行さん(39)=松江市東津田町▽松本直紀さん(39)=同市野原町--の全員が死亡した。

 江府町や鳥取県警黒坂署などによると、現場はスキー場の最上部にある女良谷(めらだに)コース(600メートル)。午後0時40分ごろに雪崩があり、4人が確認に向かった後、2回目の雪崩に巻き込まれた。4人はインストラクター資格を持つ上級者という。

 同町には、大雪警報と雪崩注意報が発令中。鳥取地方気象台によると、大山町大山の積雪量は、午前7時は約70センチだったが、午後1時ごろには約1メートル20に達していた。古い雪の上に積もった新雪が崩れる表層雪崩が起きた可能性がある。

 スキー場によると、31日も朝から営業し、約200人が訪れていた。降雪が激しく、午前中にほとんどの客が帰るなどし、当時、ゲレンデにスキー客はいなかった。雪崩事故は72年の開設以来初めてという。

 パトロール員の中田智さん(52)によると、4人は深さ約2メートルの雪に埋まった。同僚12~13人とスコップなどを使って約30分後に長岡さんを救出。その後、3人を次々助け出したが意識はなかったという。中田さんは「大変なことになってしまった。雪煙が上がり、おかしいと思って圧雪車の反対側に回ると4人が雪に埋もれていた」と話した。

 藤崎さんの家族は毎日新聞の電話取材に「10年くらい前からスキーの指導をしていたと思う。良い子だった。パトロールは初めてだったと思う」と話した。

 同スキー場は町営で、中国地方最高峰の大山(1729メートル)の南側にある。江府町は当分の間、閉鎖することにした。【宇多川はるか、目野創】 毎日新聞



江府町が無期限営業休止決定 奥大山スキー場

2011年01月03日 日本海新聞

 鳥取県江府町御机の町営奥大山スキー場でパトロール員ら4人が雪崩に巻き込まれて死亡した事故を受け、町は1日、諮問機関の同スキー場索道委員会と町議会全員協議会を開き、スキー場の営業を無期限で休止するとともに、雪崩の専門家を招いて原因を究明、対策を講じることを明らかにした。

 竹内敏朗町長は、遺族への配慮、安全確保を営業休止理由とし、新雪部分が崩れる「表層雪崩」の可能性が指摘されている原因の究明に加え、遺族や町職員の心のケアに努める考えを示した。

 また「4人の尊い命が奪われる大惨事になってしまった。遺族、町民、関係者の皆さまにご迷惑をお掛けし深くおわび申し上げます」と陳謝した。

 事故は先月31日、スキー場最上部の女良谷コースのスタート地点で発生。別の雪崩を受けて安全確認に向かった6人のうち4人が犠牲になった。

 竹内町長は取材に対し、発生現場について「自然のクヌギなどが広がる広葉樹林帯で、これまでに雪崩の予兆もなく、発生しにくい場所だと思っていた」と語った。



佐藤久哉ナイターポールレッスン&吉岡大輔ナイターポールレッスン開催決定!

佐藤久哉ナイターポールレッスン&吉岡大輔ナイターポールレッスン開催決定!

昨年好評だった、『佐藤久哉ナイターポールレッスン』に加え、ノルン水上ではより練習してうまくなれるスキー場を目指し、 今年吉岡大輔選手のポールレッスンも開催することになりました。
定員に限りがございますので、是非お早めにご参加ください!

【佐藤久哉ナイターポールレッスン】

詳しくは後日佐藤久哉選手のホームページ/上で発表いたします!

■開催日:1/21(金)・2/4(金)・2/11(金)・2/18(金)・2/25(金)

■時間:18時受付 19~21時

■予約方法:上記ホームページにてご予約ください。

※現在の予定。変更する場合がありますので、上記ホームページ上でご確認ください


【吉岡大輔ナイターポールレッスン】

■開催日:1/17(月)・1/27(木)・2/10(木)

■時間:18時受付 19~21時

■予約方法:1/1よりinfo@norn.co.jpに連絡
(それまでは受付いたしません)
(詳細は後日この場所にて発表いたします)

■費用:3000円

■定員:先着20名

※吉岡選手は3/3のノルンカップにも試走予定です。

詳しいことが分かり次第、ノルンホームページ上にUPします。

■吉岡大輔選手プロフィール

 吉岡 大輔(よしおか だいすけ、1980年1月6日 - )は、北海道ニセコ町出身のアルペンスキー選手。チームクレブ所属。
小学校から才能を開花させ、高校は名門・北照高校、大学は日本体育大学に進学。大回転で世界各地を転戦するとともに、国内タイトルも次々と獲得。
2004年、チームアルビレックス新潟の発足に参加。世界選手権にも出場。
2006年、トリノオリンピックに出場。24位。
オリンピックのシーズンを最後に技術選に転向。
2009年、国体で初優勝。
そのシーズン後、チームクレブへ移籍。

吉岡大輔   スキーヤー

生年月日  1980・1・6
出身  北海道(ニセコ)
出身校  北照高校
所属  チームクレブ

幼少より父、兄の影響でアルペンスキーを始める。
自然にスピードを求めレーサーの世界へ。


主な戦歴

インターハイ岩手/安比高原  SL  優勝
インターハイ北海道/札幌真駒内 GS  優勝
インターカレッジ長野/白馬47  SL  優勝
2000~2002シーズンDHチーム、W.cup参戦
第82回全日本スキー選手権大会 GS  優勝
2005世界選手権ITA/ボルミオ  GS  26位
2006オリンピックITA/トリノ  GS  24位
2007~全日本スキー技術選へ転向


Kentaroプライベートキャンプ

Kentaroプライベートキャンプ

2010年バンクバーオリンピック全日本代表、皆川賢太郎選手のトレーニングに参加し同じ条件のもと、トレーニングを行なう事が出来ます。
1日限定3名の少人数制で内容の濃いトレーニングを行ない、参加される皆様のレベルアップになるよう万全のサポートをします。
また皆川賢太郎選手からアドバイスを受ける事もでき、世界で戦う現役選手ならではの貴重なアドバイスをお聞きください!

※当キャンプは、1日限定3名のみのスペシャルプログラムのため、スケジュールの発表は開催日より1週間前になります。どうぞお見逃しなく!

*Kentaroプライベートキャンプ カリキュラム
●タイムテーブル 08:30 受付(レストハウス内 Gorinpiaカウンター)
09:00 リフトオープン(フリースキー)
09:30 AMトレーニング開始 GSトレーニング(※スタート集合/インスペクション終了後トレーニング開始)
11:30 AMトレーニング終了
---------- ランチ休憩 ----------
13:00 PMトレーニング開始 SLトレーニング(※スタート集合/インスペクション終了後トレーニング開始)
15:00 PMトレーニング終了
15:30 ビデオミーティング(レストハウス内 セミナールーム)
16:30 終了
※内容と時間帯は、天候や雪の状況により変更となる可能性があります。
●スケジュール スペシャルプログラムのため、スケジュールは、キャンプ開催1週間前に発表します
●キャンプ詳細・ご予約 「スケジュール・ご予約」よりご確認ください。(※ご予約はスケジュール発表後からとなります。)


詳細は、こちらから。


樹氷ライトアップ

樹氷ライトアップ

110941733126500_img1.jpg
アイスモンスター『樹氷』をライトアップ。静寂な、そして漆黒の闇の中に色彩豊かな照明で浮き上がる樹氷の姿は、日中の白銀に輝くそれとは趣がまったく異なり、まるで幻想的な世界に迷い込んだ雰囲気です。

2010~2011シーズン 計50日間開催(予定)
2010/12/29(水)~2011/1/3(月) 6日間
2011/1/8(土)、9(日)、10(月)、15(土)、16(日)、17(月) 6日間
2011/1/22(土)~2011/2/28(月) 38日間

場所 山形市蔵王温泉・蔵王ロープウェイ山頂線沿線および地蔵山頂駅周辺
交通 バス:JR山形駅から蔵王温泉行(約45分)・蔵王温泉下車
蔵王ロープウェイ山麓駅~樹氷高原駅~蔵王地蔵山頂駅(約20分)
その他 ※マイナス10℃以下になりますので、防寒対策を万全にしてご観賞ください。
※スキー・スノーボードの持ち込み、滑走はできません。
※悪天候の場合、中止になることがありますので事前にご確認ください。
料金 大人:2,500円
小人(小学生以下):1,250円
※団体割引:15名様以上1割引
※身障者割引あり
開催日 2010/12/29(水)
開催時間 17:00~21:00(上り最終/~19:50まで)
終了日 2011/02/28(月)
主催者 蔵王ロープウェイ(株)
問い合わせ先 023-694-9518



以下は、蔵王ロープウェイHPより引用です。

樹氷

juhyou01.jpg
蔵王の樹氷は、世界に誇る景観のひとつで、山形のシンボルです。そしてアイスモンスターとよばれ、広く海外にまで知られています。私たちは、この恵まれた自然を守り、育てていかなければなりません。


冬の蔵王の気象

シベリアからの北西の季節風は、日本海の対馬暖流(夏は25℃くらい、冬でも10℃前後)から多くの水蒸気をもらって雪雲をつくります。雪雲は朝日連峰で上昇して多量の雪を降らせます。雪雲は山形盆地を通って、再び蔵王連峰で上昇して雪を降らせます。そのときの雲のなかは、多くの雲粒が0℃以下でも凍らない過冷却水滴になって、雪とまじりあった状態になっています。蔵王の1~2月頃は快晴の日が少なく、風向きは北西から西を示し、平均風速10~15m/s、平均気温―10~―15℃の吹雪の世界です。樹氷はこうした気象条件のなかで成長します。
jyuhyo.jpg


樹氷のできる条件

蔵王の樹氷は、亜高山帯に生育する針葉樹のアオモリトドマツが雪と氷に覆われてできます。そのしくみは、
1)雪雲の中の雲粒(過冷却水滴)が枝や葉にぶつかって凍りつくとエビのシッポができ、
2)そのすき間に多くの雪片がとり込まれ
3)しかもこれらが固くなっていく。 という一連の現象が繰り返されることで説明されます。
* 1)は着氷、2)は着雪、3)は焼結という現象です。


樹氷ができるまで

11月~12月 初期 アオモリトドマツは、季節風で運ばれた雲粒(過冷却水滴)による着氷と着雪で覆われはじめる。
1月 成長期 風上に向かってエビのシッポが発達し、着雪も盛んに起こってくる。
2月 最盛期 着氷と着雪が最も盛んで、大きな樹氷に成長する。 
3月 衰退・倒壊期 気温の上昇で樹氷はとけて細くなり、また雨などで一気に倒壊する。

 
言葉の説明

過冷却水滴(かれいきゃく すいてき)
水は普通0℃で氷になるが、雪粒(直径0.01~0.03mm)のような小さな水滴では、最低―30℃でも水滴の状態でいる。しかし、非常に不安定な状態なので、低温の物体にぶつかるととたんに凍りつく

雪雲(せつうん)
雪のもとになる小さな氷(氷晶)や雪の結晶、多くの小さな水滴(雲粒)からできている。
 
アオモリトドマツ
日本の中部地方以北の山岳の亜高山針葉樹林の代表種で、樹氷はこの木をもとにしてできる。蔵王の亜高山帯はおよそ標高1300m~1700mで、樹氷原はほぼこの標高帯である。  

焼結(しょうけつ) <シンタリング>
とける温度に近くなっている0℃付近の雪は、互いにくっついて固くしまっていく性質がある。これを焼結 <シンタリング>といい、樹氷が成長する重要なしくみの一つである。


1回見てみたいです。

WC Bormio(ボルミオ) 男子滑降結果

WC Bormio(ボルミオ) 男子滑降結果

ワルヒホファーが優勝/アルペン

2010.12.29 22:42

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)男子滑降第3戦は29日、イタリアのボルミオで行われ、ミヒャエル・ワルヒホファー(オーストリア)が1分59秒66で優勝し、今季3勝目、通算18勝目を挙げた。日本選手は出場していない。
 0秒08差の2位はシルバン・ツルブリッゲン(スイス)、0秒36差の3位はクリストフ・インネルホファー(イタリア)だった。
(共同)


ワルヒホファーは、35歳だそうです。

1,ボルミオ

WS000071.jpg


Bormio/ボルミオについて

スイスとオーストリアの国境まであとわずかにひかえたこのBormio/ボルミオはイタリア一古い温泉地として、またスイスとオーストリアを結ぶ交通の要として栄えてきました。
第1次世界大戦ではBormio/ボルミオから15分ほどの夏スキーのメッカ、国立公園PASSO DELLO STELVIO/パッソ デッロ ステルヴィオはオーストリアとの戦場となりました。ヨーロッパで一番標高の高い銀行Banca Popolare di Sondrio には戦争の歴史博物館があります。
標高2760M~3450Mのこの地は夏でも雪が豊富で、イタリアの誇るTOMBAはもちろんオーストリアのHERMANN MAYERをはじめ多くのプロスキーヤーが夏季トレーニングに訪れます。



Rank Bib FIS Code Name Year Nation Total Time FIS Points
1 20 50041 WALCHHOFER Michael 1975 AUT 1:59.66 0.00
2 13 510890 ZURBRIGGEN Silvan 1981 SUI 1:59.74 0.89
3 3 293006 INNERHOFER Christof 1984 ITA 2:00.02 4.00
4 14 511139 KUENG Patrick 1984 SUI 2:00.26 6.67
5 2 50858 STREITBERGER Georg 1981 AUT 2:00.62 10.67
6 8 560447 SPORN Andrej 1981 SLO 2:00.69 11.45
7 6 192746 THEAUX Adrien 1984 FRA 2:00.87 13.45
8 12 532431 MILLER Bode 1977 USA 2:00.92 14.00
9 5 201606 KEPPLER Stephan 1983 GER 2:00.96 14.45
10 15 51215 BAUMANN Romed 1986 AUT 2:00.98 14.67
11 17 421328 SVINDAL Aksel Lund 1982 NOR 2:01.31 18.34
11 1 533866 NYMAN Steven 1982 USA 2:01.31 18.34
13 16 102899 OSBORNE-PARADIS Manuel 1984 CAN 2:01.37 19.01
14 11 292455 FILL Peter 1982 ITA 2:01.53 20.78
15 7 560332 JERMAN Andrej 1978 SLO 2:01.57 21.23
16 35 511529 GISIN Marc 1988 SUI 2:01.76 23.34
17 31 291459 PARIS Dominik 1989 ITA 2:01.79 23.67
18 26 102271 HUDEC Jan 1981 CAN 2:01.80 23.79
19 10 50833 GRUGGER Hans 1981 AUT 2:01.82 24.01
20 34 530874 GANONG Travis 1988 USA 2:01.93 25.23
21 18 510030 CUCHE Didier 1974 SUI 2:01.98 25.79
22 24 510747 GRUENENFELDER Tobias 1977 SUI 2:02.05 26.56
23 28 191591 BERTRAND Yannick 1980 FRA 2:02.10 27.12
24 32 294277 KLOTZ Siegmar 1987 ITA 2:02.30 29.34
25 29 510767 HOFFMANN Ambrosi 1977 SUI 2:02.46 31.12
26 38 294911 PATSCHEIDER Hagen 1988 ITA 2:02.70 33.79
27 30 380292 ZRNCIC-DIM Natko 1986 CRO 2:02.75 34.34
27 25 292291 THANEI Stefan 1981 ITA 2:02.75 34.34
29 37 511142 LUEOEND Vitus 1984 SUI 2:02.77 34.57
30 19 292514 HEEL Werner 1982 ITA 2:02.81 35.01
31 43 200379 SANDER Andreas 1989 GER 2:02.84 35.35
32 33 51327 PUCHNER Joachim 1987 AUT 2:03.16 38.90
33 48 511682 FRAVI Jonas 1990 SUI 2:03.31 40.57
34 4 561067 PERKO Rok 1985 SLO 2:03.39 41.46
35 23 192932 FAYED Guillermo 1985 FRA 2:03.40 41.57
36 40 293141 VARETTONI Silvano 1984 ITA 2:03.65 44.35
37 50 193034 BOUILLOT Alexandre 1985 FRA 2:03.67 44.57
38 47 561087 MARKIC Gasper 1986 SLO 2:03.70 44.90
39 49 291034 PLANK Andy 1989 ITA 2:03.96 47.79
40 51 561085 KRIZAJ Andrej 1986 SLO 2:04.45 53.24
41 36 510498 ZUEGER Cornel 1981 SUI 2:04.80 57.13
42 44 103271 THOMSEN Benjamin 1987 CAN 2:05.25 62.13

Did not start 1st run
41 193560 PASQUIER Alexandre 1987 FRA

Did not finish 1st run
53 60159 VAN BUYNDER Frederik 1988 BEL
52 491129 TERRA Ferran 1987 SPA
46 53902 MAYER Matthias 1990 AUT
45 51401 GRAF Bernhard 1988 AUT
42 910004 DEFLORIAN Mirko 1980 MDA
39 201811 STECHERT Tobias 1985 GER
27 102961 DIXON Robbie 1985 CAN
22 51005 SCHEIBER Mario 1983 AUT
21 50753 KROELL Klaus 1980 AUT
9 501076 OLSSON Hans 1984 SWE


WC Semmering(ゼメリンク) 女子GS,SL結果

WC Semmering(ゼメリンク) 女子GS,SL結果

ウォルレイが3連勝=アルペンW杯・女子大回転

AFP026227_00pre.jpg

【ゼメリンク(オーストリア)28日AFP=時事】アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は28日、当地で女子大回転の第4戦を行い、テサ・ウォルレイ(フランス)が合計タイム2分9秒66で優勝した。同種目3連勝でW杯通算5勝目。(写真は、ウォルレイの滑走)
 ウォルレイは1回目で首位に立って逃げ切った。2位は0・62秒差でマリア・リーシュ、3位はさらに0・06秒遅れでカトリン・ヘルツル(ともにドイツ)だった。総合得点争いで1位のリンゼイ・ボン(米)は7位に終わった。この結果、2位だったリーシュが658点で総合首位となり、ボンは617点で2位に後退した。
 時事通信によると、長谷川絵美(サンミリオンク)と清沢恵美子(クレブ)はともに1回目で途中棄権した。 〔AFP=時事〕(2010/12/29-09:50)

view0266262.jpg

France's Worley continues giant slalom streak

France's Tessa Worley won the women's World Cup giant slalom race here on Tuesday ahead of German duo Maria Riesch and Kathrin Hoelzl.
It was the 21-year-old Worley's third successive victory in the discipline after previous wins in Aspen and St Moritz, and fifth World Cup victory.
Worley, whose father is Australian, led after the first run and eventually finished with a combined total of 2min 09.66sec, a massive 0.62sec ahead of Riesch, with Hoelzl a further 0.06sec adrift.
I'm just so happy for the moment, it's brilliant, beamed Worley. I'm going to keep going.
My skis are more stable, and I'm not making many mistakes.
The important thing is the result because the winning margin doesn't really count. But the margin is there and I'm happy because it means I had a great race.
Worley becomes the first French skier to achieve three consecutive wins in the same discipline in the World Cup since Regine Cavagnoud dominated the super-G a decade ago.
She also emulated France's former world champion Carole Merle who won three consecutive giant slaloms in a row in 1991/92.
I feel like I'm on a little cloud, said Worley, who spent a large part of her childhood in New Zealand.
I was relieved when I finished the second run. It's never easy when you're leading after the first run. So when you arrive at the finish and you see that you've done your work, it's brilliant.
She added: After each race my confidence goes up a notch. But confidence is unpredictable because you have to do the job at every race. Even if you win the three previous races it's not sure you'll win the fourth.
Riesch's second place was enough to see her retake the lead (658 points) in the overall World Cup standings from American Lindsey Vonn (617), who could only finish seventh with 2:11.06, 1.40sec off the pace.
(2010/12/29 09:50)
 
Worley.jpg

FGI_EFMS_06.jpg  FGI_EFMS_23.jpg
軍事訓練を受けるテサ・ウォルレイ


清沢、長谷川は2回目に進めず=W杯女子回転

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は29日、オーストリアのゼメリンクで女子回転第4戦が行われ、日本勢は1回目で清沢恵美子(クレブ)が54秒09の55位、長谷川絵美(サンミリオンク)は途中棄権し、ともに2回目に進めなかった。
 マルリース・シルト(オーストリア)が合計タイム1分42秒06で優勝し、今季3勝目、通算26勝目を挙げた。バンクーバー五輪金メダルのマリア・リーシュ(ドイツ)が2位、クリスティナ・ガイガー(同)が3位。 (時事)
(2010/12/30-11:08)

view0268805.jpg

アルペンスキーのワールドカップ女子回転第4戦で優勝し、トロフィーを掲げるマルリース・シルト。今季3勝目、通算26勝目を挙げた(29日、オーストリア) 【AFP=時事】



1,ゼメリンク

ウイーンの南西に位置する町。山岳鉄道で有名とのこと。

WS000070_20101229095529.jpg

グロッグニッツ駅から途中ゼメリング駅を経由し、ミュルツツーシュラーク駅に至る。世界初の山岳鉄道として知られるが、他山岳鉄道同様、走行時の地勢の険しさや高低差も特筆に値する。ヨーロッパで最初に国際標準軌を採用した鉄道であり、鉄道自体も今なお稼働している。走行距離は全長41.825キロ、高低差は460メートルになる。建設期間は1848年から1854年までの6年間である。

ゼメリング鉄道の設計者カール・フォン・ゲーガ(Carl von Ghega)は機関車の構造に最新の技術を用いることで、急勾配やカーブを克服した。軌道上には、14のトンネル、16の高架橋、100を超える石橋に11の鉄橋がある。また、土木工事(トンネル掘削・橋梁架構など)に際しては、自然との調和が重要な課題とされており、このことが世界遺産認定について大きく評価された。(Wikiより)

798px-Semmeringbahn_um_1900.jpg
1900年頃のゼメリング鉄道


2,GS結果

Rank Bib FIS Code Name Year Nation Run 1 Run 2 Total Time FIS Points
1 2 196928 WORLEY Tessa 1989 FRA 1:04.47 1:05.19 2:09.66 0.00
2 5 206001 RIESCH Maria 1984 GER 1:04.96 1:05.32 2:10.28 4.16
3 1 205993 HOELZL Kathrin 1984 GER 1:05.07 1:05.37 2:10.44 5.23
4 11 55576 GOERGL Elisabeth 1981 AUT 1:05.40 1:05.11 2:10.51 5.70
5 16 537545 MANCUSO Julia 1984 USA 1:06.15 1:04.68 2:10.83 7.85
6 6 565243 MAZE Tina 1983 SLO 1:04.65 1:06.30 2:10.95 8.66
7 17 537544 VONN Lindsey 1984 USA 1:05.52 1:05.54 2:11.06 9.39
8 4 55838 ZETTEL Kathrin 1986 AUT 1:05.57 1:05.61 2:11.18 10.20
9 3 205218 REBENSBURG Viktoria 1989 GER 1:06.89 1:04.52 2:11.41 11.74
10 18 515766 SUTER Fabienne 1985 SUI 1:06.08 1:05.43 2:11.51 12.41
11 7 185140 POUTIAINEN Tanja 1980 FIN 1:05.95 1:05.70 2:11.65 13.35
12 24 55818 KOEHLE Stefanie 1986 AUT 1:06.04 1:05.73 2:11.77 14.16
12 13 296259 MOELGG Manuela 1983 ITA 1:05.94 1:05.83 2:11.77 14.16
14 12 505483 PAERSON Anja 1981 SWE 1:06.09 1:05.70 2:11.79 14.29
15 23 536481 SCHLEPER Sarah 1979 USA 1:06.34 1:05.47 2:11.81 14.43
16 15 55750 FISCHBACHER Andrea 1985 AUT 1:05.86 1:06.08 2:11.94 15.30
17 14 505760 PIETILAE-HOLMNER Maria 1986 SWE 1:05.69 1:06.29 2:11.98 15.57
18 20 55759 KIRCHGASSER Michaela 1985 AUT 1:06.01 1:06.04 2:12.05 16.04
18 9 196793 MARMOTTAN Anemone 1988 FRA 1:06.02 1:06.03 2:12.05 16.04
20 21 295445 KARBON Denise 1980 ITA 1:06.42 1:05.82 2:12.24 17.31
21 30 196179 BERTRAND Marion 1984 FRA 1:06.47 1:05.82 2:12.29 17.65
22 31 55590 SCHILD Marlies 1981 AUT 1:06.34 1:06.01 2:12.35 18.05
23 37 505632 LINDELL-VIKARBY Jessica 1984 SWE 1:06.38 1:05.98 2:12.36 18.12
23 25 105269 GAGNON Marie-Michele 1989 CAN 1:06.32 1:06.04 2:12.36 18.12
25 29 296509 CURTONI Irene 1985 ITA 1:06.79 1:05.67 2:12.46 18.79
26 19 55898 BREM Eva-Maria 1988 AUT 1:07.00 1:05.55 2:12.55 19.39
27 26 206355 DUERR Lena 1991 GER 1:06.87 1:05.81 2:12.68 20.26
28 39 196726 BARTHET Anne-Sophie 1988 FRA 1:07.15 1:05.59 2:12.74 20.67
29 10 196725 BARIOZ Taina 1988 FRA 1:06.59 1:06.30 2:12.89 21.67
30 22 296379 GIANESINI Giulia 1984 ITA 1:06.09 1:15.13 2:21.22 77.57

Disqualified 1st run
62 35089 SIMARI BIRKNER Macarena 1984 ARG

Did not qualify 1st run
63 196806 NOENS Nastasia 1988 FRA
61 155697 ZEMANOVA Andrea 1993 CZE
60 435245 CHRAPEK Karolina 1990 POL
59 515997 FEIERABEND Denise 1989 SUI
58 35079 SIMARI BIRKNER Maria Belen 1982 ARG
56 565333 BRODNIK Vanja 1989 SLO
55 185271 LEINONEN Sanni 1989 FIN
54 155415 ZAHROBSKA Sarka 1985 CZE
52 435210 GASIENICA DANIEL Agnieszka 1987 POL
51 206174 STABER Veronika 1987 GER
49 197319 BAUD Adeline 1992 FRA
46 505908 SMEDH Veronica 1988 SWE
45 515937 FUHRER Kathrin 1988 SUI
44 296476 ALFIERI Camilla 1985 ITA
43 538284 MCJAMES Megan 1987 USA
42 506399 HECTOR Sara 1992 SWE
41 55806 ALTACHER Margret 1986 AUT
36 565268 DREV Ana 1985 SLO
35 705287 ZUZULOVA Veronika 1984 SVK
34 298084 AGERER Lisa Magdalena 1991 ITA
33 106825 PREFONTAINE Marie-Pier 1988 CAN
32 56087 SIEBENHOFER Ramona 1991 AUT
28 55690 HOSP Nicole 1983 AUT
27 295435 GIUS Nicole 1980 ITA

Did not finish 1st run
57 305944 KIYOSAWA Emiko 1983 JPN
53 297910 CURTONI Elena 1991 ITA
50 515855 GOOD Esther 1987 SUI
48 306249 HASEGAWA Emi 1986 JPN
47 206367 HRONEK Veronique 1991 GER
40 505886 KLING Kajsa 1988 SWE
38 495065 RIENDA Maria Jose 1975 SPA
8 297601 BRIGNONE Federica 1990 ITA

3,SLスタートリスト

Bib FIS Code Name Year Nation Skis
1 185140 POUTIAINEN Tanja 1980 FIN Fischer
2 55590 SCHILD Marlies 1981 AUT Atomic
3 505760 PIETILAE-HOLMNER Maria 1986 SWE Rossignol
4 155415 ZAHROBSKA Sarka 1985 CZE Head
5 206001 RIESCH Maria 1984 GER Head
6 55838 ZETTEL Kathrin 1986 AUT Atomic
7 195972 AUBERT Sandrine 1982 FRA Atomic
8 206035 CHMELAR Fanny 1985 GER Voelkl
9 206279 GEIGER Christina 1990 GER Rossignol
10 565243 MAZE Tina 1983 SLO Stoeckli
11 205168 DUERR Katharina 1989 GER Fischer
12 196806 NOENS Nastasia 1988 FRA Salomon
13 206160 RIESCH Susanne 1987 GER Head
14 537544 VONN Lindsey 1984 USA Head
15 55690 HOSP Nicole 1983 AUT Voelkl
16 505483 PAERSON Anja 1981 SWE Head
17 55576 GOERGL Elisabeth 1981 AUT Head
18 205993 HOELZL Kathrin 1984 GER Fischer
19 296259 MOELGG Manuela 1983 ITA Rossignol
20 295435 GIUS Nicole 1980 ITA Fischer
21 385032 JELUSIC Ana 1986 CRO Elan
22 705287 ZUZULOVA Veronika 1984 SVK Salomon
23 505610 BORSSEN Therese 1984 SWE Fischer
24 505679 HANSDOTTER Frida 1985 SWE Rossignol
25 55759 KIRCHGASSER Michaela 1985 AUT Atomic
26 185271 LEINONEN Sanni 1989 FIN Fischer
27 296354 COSTAZZA Chiara 1984 ITA Rossignol
28 106633 GOODMAN Anna 1986 CAN Head
29 56032 SCHILD Bernadette 1990 AUT Atomic
30 105269 GAGNON Marie-Michele 1989 CAN Rossignol
31 537545 MANCUSO Julia 1984 USA Voelkl
32 536481 SCHLEPER Sarah 1979 USA Rossignol
33 206290 HUEBNER Monica 1990 GER Voelkl
34 515997 FEIERABEND Denise 1989 SUI Head
35 515619 GINI Sandra 1982 SUI Head
36 537772 STIEGLER Resi 1985 USA Rossignol
37 196725 BARIOZ Taina 1988 FRA Rossignol
38 296509 CURTONI Irene 1985 ITA Rossignol
39 107068 PHELAN Brittany 1991 CAN Fischer
40 506341 WIKSTROEM Emelie 1992 SWE Voelkl
41 515692 GRAND Rabea 1984 SUI Voelkl
42 105615 ROUTHIER Eve 1988 CAN
43 206099 PERNER Nina 1986 GER Voelkl
44 196928 WORLEY Tessa 1989 FRA Rossignol
45 516005 HANGL Celina 1989 SUI Salomon
46 196726 BARTHET Anne-Sophie 1988 FRA Head
47 196793 MARMOTTAN Anemone 1988 FRA Rossignol
48 515587 PUENCHERA Jessica 1982 SUI Head
49 55977 THALMANN Carmen 1989 AUT Head
50 106961 MIELZYNSKI Erin 1990 CAN Rossignol
51 196179 BERTRAND Marion 1984 FRA Fischer
52 506146 SWENN-LARSSON Anna 1991 SWE Head
53 355040 NIGG Marina 1984 LIE Voelkl
54 537792 DUKE Hailey 1985 USA Voelkl
55 516280 HOLDENER Wendy 1993 SUI Head
56 206355 DUERR Lena 1991 GER Fischer
57 565268 DREV Ana 1985 SLO Elan
58 196803 MOUGEL Laurie 1988 FRA Rossignol
59 55914 NOESIG Michaela 1988 AUT
60 297601 BRIGNONE Federica 1990 ITA Rossignol
61 306249 HASEGAWA Emi 1986 JPN
62 206444 HOESL Simona 1992 GER
63 65038 PERSYN Karen 1983 BEL Elan
64 155194 KURFUERSTOVA Eva 1977 CZE Fischer
65 56059 DEPAULI Jessica 1991 AUT Fischer
66 305944 KIYOSAWA Emiko 1983 JPN Rossignol
67 565333 BRODNIK Vanja 1989 SLO Fischer
68 385041 NOVOSELIC Sofija 1990 CRO Salomon
69 297171 FANCHINI Sabrina 1988 ITA Dynastar
70 106825 PREFONTAINE Marie-Pier 1988 CAN Rossignol
71 435210 GASIENICA DANIEL Agnieszka 1987 POL Rossignol
72 35079 SIMARI BIRKNER Maria Belen 1982 ARG Rossignol
73 35089 SIMARI BIRKNER Macarena 1984 ARG Fischer


4,SL結果

Rank Bib FIS Code Name Year Nation Run 1 Run 2 Total Time FIS Points
1 2 55590 SCHILD Marlies 1981 AUT 48.78 53.28 1:42.06 0.00
2 5 206001 RIESCH Maria 1984 GER 51.18 51.20 1:42.38 1.91
3 9 206279 GEIGER Christina 1990 GER 50.39 52.19 1:42.58 3.11
4 1 185140 POUTIAINEN Tanja 1980 FIN 50.05 52.64 1:42.69 3.77
5 23 505610 BORSSEN Therese 1984 SWE 50.70 52.19 1:42.89 4.96
6 12 196806 NOENS Nastasia 1988 FRA 49.98 53.18 1:43.16 6.57
7 25 55759 KIRCHGASSER Michaela 1985 AUT 51.05 52.35 1:43.40 8.01
7 6 55838 ZETTEL Kathrin 1986 AUT 50.27 53.13 1:43.40 8.01
9 22 705287 ZUZULOVA Veronika 1984 SVK 50.76 52.82 1:43.58 9.08
10 4 155415 ZAHROBSKA Sarka 1985 CZE 50.25 54.04 1:44.29 13.33
11 24 505679 HANSDOTTER Frida 1985 SWE 52.22 52.17 1:44.39 13.93
12 11 205168 DUERR Katharina 1989 GER 51.01 53.49 1:44.50 14.58
13 40 506341 WIKSTROEM Emelie 1992 SWE 51.88 52.69 1:44.57 15.00
14 53 355040 NIGG Marina 1984 LIE 51.04 53.56 1:44.60 15.18
15 13 206160 RIESCH Susanne 1987 GER 50.21 54.44 1:44.65 15.48
16 29 56032 SCHILD Bernadette 1990 AUT 51.34 53.32 1:44.66 15.54
17 8 206035 CHMELAR Fanny 1985 GER 51.80 52.95 1:44.75 16.08
18 44 196928 WORLEY Tessa 1989 FRA 51.97 52.81 1:44.78 16.26
19 26 185271 LEINONEN Sanni 1989 FIN 51.65 53.34 1:44.99 17.51
20 50 106961 MIELZYNSKI Erin 1990 CAN 52.22 53.01 1:45.23 18.95
21 7 195972 AUBERT Sandrine 1982 FRA 51.33 54.11 1:45.44 20.20
22 21 385032 JELUSIC Ana 1986 CRO 51.73 53.88 1:45.61 21.22
23 42 105615 ROUTHIER Eve 1988 CAN 51.97 53.81 1:45.78 22.23
24 17 55576 GOERGL Elisabeth 1981 AUT 51.17 54.85 1:46.02 23.67
25 27 296354 COSTAZZA Chiara 1984 ITA 51.10 54.96 1:46.06 23.91
26 69 297171 FANCHINI Sabrina 1988 ITA 52.16 54.52 1:46.68 27.61
27 20 295435 GIUS Nicole 1980 ITA 51.76 1:06.71 1:58.47 98.08
28 32 536481 SCHLEPER Sarah 1979 USA 50.73 1:15.51 2:06.24 144.52

Disqualified 1st run
51 196179 BERTRAND Marion 1984 FRA

Did not start 1st run
70 106825 PREFONTAINE Marie-Pier 1988 CAN
18 205993 HOELZL Kathrin 1984 GER

Did not qualify 1st run
68 385041 NOVOSELIC Sofija 1990 CRO
67 565333 BRODNIK Vanja 1989 SLO
66 305944 KIYOSAWA Emiko 1983 JPN
64 155194 KURFUERSTOVA Eva 1977 CZE
63 65038 PERSYN Karen 1983 BEL
60 297601 BRIGNONE Federica 1990 ITA
57 565268 DREV Ana 1985 SLO
56 206355 DUERR Lena 1991 GER
55 516280 HOLDENER Wendy 1993 SUI
54 537792 DUKE Hailey 1985 USA
52 506146 SWENN-LARSSON Anna 1991 SWE
49 55977 THALMANN Carmen 1989 AUT
48 515587 PUENCHERA Jessica 1982 SUI
46 196726 BARTHET Anne-Sophie 1988 FRA
43 206099 PERNER Nina 1986 GER
41 515692 GRAND Rabea 1984 SUI
39 107068 PHELAN Brittany 1991 CAN
37 196725 BARIOZ Taina 1988 FRA
36 537772 STIEGLER Resi 1985 USA
35 515619 GINI Sandra 1982 SUI
34 515997 FEIERABEND Denise 1989 SUI
33 206290 HUEBNER Monica 1990 GER
31 537545 MANCUSO Julia 1984 USA
30 105269 GAGNON Marie-Michele 1989 CAN
28 106633 GOODMAN Anna 1986 CAN
16 505483 PAERSON Anja 1981 SWE

Did not finish 2nd run
10 565243 MAZE Tina 1983 SLO
3 505760 PIETILAE-HOLMNER Maria 1986 SWE

Did not finish 1st run
73 35089 SIMARI BIRKNER Macarena 1984 ARG
72 35079 SIMARI BIRKNER Maria Belen 1982 ARG
71 435210 GASIENICA DANIEL Agnieszka 1987 POL
65 56059 DEPAULI Jessica 1991 AUT
62 206444 HOESL Simona 1992 GER
61 306249 HASEGAWA Emi 1986 JPN
59 55914 NOESIG Michaela 1988 AUT
58 196803 MOUGEL Laurie 1988 FRA
47 196793 MARMOTTAN Anemone 1988 FRA
45 516005 HANGL Celina 1989 SUI
38 296509 CURTONI Irene 1985 ITA
19 296259 MOELGG Manuela 1983 ITA
15 55690 HOSP Nicole 1983 AUT
14 537544 VONN Lindsey 1984 USA


群馬県沼田市近郊スキー場の特徴

群馬県沼田市近郊スキー場の特徴

沼田インターから行けるスキー場の特徴を簡単にまとめました。(順不同、いちおう遠い順です)

地区名とすると、片品地区と川場地区になると思います。


1,丸沼高原

インターから最も奥まった場所にあります。

夏は、ロープウエイを利用した日光白根山の登山口になります。

プラスノーが有名ですが、キャンプ場やサマーリュージュなどもあります。

ICSを持つため、シーズンは11月から始まり、5月まで半年間続きます。

シーズン始めと終わりにお世話になることが多いです。

頂上の雪質はなかなかです。

コースは多彩で、スノーパークはもちろん、スキー専用コースやコブコースなどもあります。

春を中心に大会も開催されますが、今シーズンのコース変更でスタートハウスが無くなったようです。

誰でも楽しめる総合スキー場だと思います。

沼田インターから遠いのが唯一の欠点でしょうか。(その割には、集客力はすごいです)


2,スノーパーク尾瀬戸倉

尾瀬高原の入り口にあります。

パークに特徴があります。

社長さんが、オリンピックスノボチームの監督でした。

それ以外にもFIS公認のダイナミックコースもあり、大会も多く行われています。

片品地区で唯一のレーシングキャンプ(プラスアップ)が開催されています。

隠れた特徴として、セパレートされた初心者コースがあり、スキー・スノボが初めての人にも向いています。

センターハウス(尾瀬高原ホテル)も綺麗で、結構好きなスキー場です。

丸沼同様沼田インターから遠いのが欠点でしょうか。


3,ホワイトワールド尾瀬岩鞍

多彩なコースが特徴のスキーヤーに人気のスキー場です。

セパレートされたポールバーンもあります。

ゴンドラを使って初心者でも長い距離を滑れるコースもあり、ファミリーにも人気です。

最近は非圧雪コースを増やし、上級スキーヤーで通い詰める人も多いようです。

スキー場の資質としては、この地区の中では一番だと思います。

もともとスノーボーダーは余り多くなかったのですが、今シーズンからパークもなくなるようで、ますますスキー向けになりそうです。

ジュニアの大会は、チャンピオンAコースで行われます。

経営的には割と強気で、余り値引きに頼った集客はしていません。


4,かたしな高原

関東地区で唯一のスキー専用ゲレンデです。

尾瀬岩鞍の隣で、連絡路もあります。

ファミリー対象のゲレンデ作りをしており、ミッフィーの雪像があったりします。

ジュニアスクールも人気です。

コースは、緩斜面、中斜面がほとんどで、非圧雪コース?は1コースのみです。

正面の「かえでコース」脇に、ポールを立てて500円程度で解放しています。

ハイシーズンには、たかねコースにもポールが立てられます。

大会も多く開催されています。

ファミリー&レーシングに特徴があるスキー場です。

リフト券は、ファミリークラブに入ると割引になり、駐車場も無料になります。


5,サエラスキーリゾート

バブル時代に計画されたスキー場です。

ハード面はきわめて優れています。

経営的には苦しいようで、これまでにも経営会社が何回か変わっています。

今シーズンは、リフト2本、コース3本という縮小した形で営業するようです。

雪がなかなか積もりにくい地域のため、シーズンも短く、値引きに頼った売り方をしています。

コースは、緩斜面1本と中斜面2本で構成され、初心者のスノーボーダーが多いように感じます。

HP等を含め、もう少し宣伝に力を入れると認知も広がるのではないかと思います。

Gacktさんがお気に入りということで、シーズンに1回スキー場全体を貸し切るファンサービスがあります。

お姉さんが経営にも参加しているとか?(未確認情報です)

大盛り唐揚げ定食も有名です。

芳味亭大盛り
鎌田の芳味亭の大盛り写真(写真お借りしました)

サエラのは高さは同じぐらいですが、もう少し細いかも。


6,武尊牧場スキー場

オグナほたか、水上宝台樹と同じ会社が経営しています。

共通シーズン券やリフト券を出しています。

スノーボードに振ったスキー場作りをしています。

リフトを上がったところに、多彩なパークが作られています。

その眺めはなかなかすごいです。

非圧雪コースも多く、降雪後はフカフカの雪を楽しめます。

危険箇所は明示されていますが、それ以外はどこを滑っても良いようでした。

上部に気持ちの良い初心者コースがあり、人も少なく、繰り返し練習できます。

地元民宿組合が開催するスキー・スノボ大会があり、前夜の飲み会と景品の豪華さで知られています。

スキー場の経営はなかなか厳しいようですが、何とか頑張ってもらいたいスキー場です。


7,スノーパルオグナほたか

先日始めて行きました。

下部しかオープンしていませんでしたが、初心者コース、初中級、中級コース、非圧雪コースと多彩なコースを楽しめました。

上部は、尾根沿いの圧雪コースとそこから分かれる非圧雪コースがあるようでした。

全面滑走になったようなので、また行こうかと考えています。

センターハウスも綺麗で、食事も結構コストパフォーマンスが良かったです。

初心者コースもかなり長くて良い練習になるようでした。

非常に良いスキー場だと思いますので、もう少し特徴(非圧雪?、初心者向き?)を出して宣伝すれば、人気も上がると思います。

コース整備も、とても丁寧で好感を持てました。


8,川場スキー場

立体駐車場とモーグルコースが有名です。

やはりバブル期のスキー場なので、非常に豪華です。

小規模のショッピングセンターがそのままスキー場に再現されている印象です。

尾根あるいは谷沿いに無理してコースを造った印象があり、全般的に幅が狭いと感じました。

今シーズンから経営が変わったようです。(これは良い意味での買収です)

新しい企画も色々考えているようなので今後が楽しみです。

雪道運転が苦手な方は、道の駅からシャトルバス利用が安全です。

インターからは近いのですが、上りがあるためにアイスバーンですとなかなかの道になります。


9、たんばらスノーパーク

東急系のスキー場です。

夏は、ラベンダーパークになります。

コースが初中級者向きなので、首都圏から多くの人が来ているようです。

インターをおりて右に曲がるので、国道の渋滞に巻き込まれることはありません。

印象とすると非常に宣伝上手で、バスツアーも多く、キャパを超えた人で混み合うスキー場です。

特に高速リフトに人が集中します。

個人的には、土日には行きたくないスキー場です。

平日に休みが取れたときなどは、のんびり滑るのに良いと思います。

雪道になれていない人が多いので、「お助け隊」を作って、途中で動けなくなっている車を救出します。

この辺のサービスはさすがです。

川場と同じような山道になるので、アイスバーン時にはそれなりの装備が必要です。

4WDならスタッドレスで、FFならスタッドレス+チェーンも持参で、ぜひお願いします。


この中で、上手なスキーヤーは、尾瀬岩鞍、丸沼に多く、ボーダーですと、尾瀬戸倉、丸沼、武尊牧場あたりがレベルが高いでしょうか。


米北東部に猛吹雪もたらした大寒波、カナダに向かう

米北東部に猛吹雪もたらした大寒波、カナダに向かう

2010年12月28日 13:14 発信地:ニューヨーク/米国 AFP

クリスマス明けの26日に米北東部に猛吹雪をもたらし、空陸の交通を大混乱に陥れた大寒波は、27日午後までに同地域を去り、一部では青空が広がっている。大寒波はカナダに向かっており、今後はカナダで大荒れの天候が予想される。


WS000623.jpg
写真は、ニューヨーク(New York)のタイムズスクエア(Times Square)をスキーで通行する男性(2010年12月27日撮影)。(c)AFP/Stan HONDA


WS000624.jpg
写真は、吹雪が去った後の閑散としたニューヨーク(New York)のタイムズスクエア(Times Square、2010年12月27日撮影)。(c)AFP/Stan HONDA


WS000626.jpg
写真は、ニューヨーク(New York)のセントラルパーク(Central Park)でイヌを散歩させる市民(2010年12月27日撮影)。(c)AFP/TIMOTHY A. CLARY


WS000627.jpg
写真は、ニューヨーク(New York)マンハッタン(Manhattan)のイーストサイドで、雪に埋もれた自家用車を掘り出す男性(2010年12月27日撮影)。(c)AFP/Stan HONDA


WS000628.jpg
写真は、吹雪が去った後のニューヨーク(New York)のセントラルパーク(Central Park、2010年12月27日撮影)。(c)AFP/TIMOTHY A. CLARY




大雪の米国、航空便7000便が欠航

 【ニューヨーク=柳沢亨之】米国北東部は26日から続く大雪の影響で交通網が混乱し、27日までに約7000の航空便が欠航となった。
 AP通信によると、積雪はニューヨーク市北部で約60センチ、ボストンで46センチ、ニュージャージー州北部では約80センチに達した。
 ニューヨーク市では雪は27日午後に降りやみ、閉鎖されていた同市近郊の3空港は、同日夜(日本時間28日午前)までに再開された。
 だが、交通ダイヤの乱れは続き、全米鉄道旅客公社(アムトラック)はボストン―ニューヨーク間、ニューヨーク―ワシントン間の列車を一部運休し、ほかの地域でも遅れが相次いだ。ニューヨーク市では地下鉄が立ち往生し、乗客が一時列車に閉じ込められた。

(2010年12月28日18時45分 読売新聞)


NYで大雪による混乱続く 乗客、機内で缶詰も

 【ニューヨーク共同】米東部を先週末襲った大雪の影響で、ニューヨークのケネディ国際空港では再開後の28日も、複数の旅客機が乗客を乗せたまま滑走路上で長時間、留め置かれるなど、混乱が続いた。航空便の欠航も多発した。
 AP通信などによると、27日深夜から28日未明にかけて同空港に着陸したキャセイ航空の2便とブリティッシュ・エアウェイズの1便が、滑走路上で7~11時間、乗客を降ろせないままの状態が続いた。
 空港管理会社の報道官は、航空会社が乗客を降ろすゲートが利用できるかを確認せずに、旅客機を空港に向かわせたのが原因だと指摘した。夜中で税関職員などの数が不足していた可能性を指摘する声もある。

2010/12/29 10:18 【共同通信】




レーシングチームの品格

レーシングチームの品格

ちょっと大げさなタイトルを付けてしまいました。

今回も過激な内容です。最初にお詫びをしておきます。

これまでにも何回か書いてきましたが、たくさんあるレーシングチームは、いくつかのポイントから分類することが出来ると思います。

チーム選びに欠かせない情報だと思いますが、ただ、ネット上で具体的なチーム名を挙げることは控えたいと思います。

①トップを目指すかどうか

トップ選手の育成を目指すのであれば、かなり長期間の厳しい練習も必要になります。

雪を求めて海外に出ることも多いので、費用もかなり掛かります。

一部の商業チームは、こちらを目指していて、多くはメンバーも固定されています。

また、シーズン中は継続的にキャンプを行っており、学校に行かない子たちの多くはこうした商業チームに所属しています。

対極的な考え方として、競技スキーを人間形成の手段だとする方針もあります。

地域のスポーツ少年団などはこちらが多いのではないでしょうか?

こちらのチームですと、挨拶をきちんとする、時間をきちんと守る、コーチの言うことをきちんと聞くなど、集団行動を取るための基本的なしつけ、マナーを重視します。

ただし、両者は必ずしも相容れないものではありませんし、多くのチームはこの中間に位置していると考えます。


②勉強をさせるかどうか

前項と関係しますが、(極端に言えば)文武両道を目指すチームか、スキーの成績のみを重視するチームかに分かれます。

レーシングチームですから、スキーの成績を上げることが目的なのは当然のことです。

ただ、それ以外をどこまで切り捨てるかという割り切り方になると思います。

後者の場合、激しい競争意識の中で、勉強は邪魔者扱いされていることもあるようです。

コーチの育った環境、考え方、価値観に大きく依存します。

地域チームの場合ですと、当然勉強があってのスキーになります。

目標は文武両道ですが、きちんと勉強する習慣を身につけることが人間形成には必須という考え方になります。

ただ、商業チームもこちらに近いケースも多く、勉強を邪魔扱いするのはむしろ限られたチームと思います。

また、建て前と本音が違う場合もありますし、なかなか外部からはわかりづらいところです。


③商業主義にどれだけ近いか

板、ブーツ、ウエアなどの選択に関して、有言無言の圧力を持たせているかです。

メーカーの囲い込み戦略への対応は、コーチによって異なります。

ただ、親はスキーの用具について知識のないことも多く、コーチの勧める板の方が安く手に入り、また間違いないことが多いのは確かです。

コーチもすべてのメーカーの板の特徴を知っているわけでもないため、自分の知っている範囲内でベストなものを子供たちに勧めているのだと思います。

そういう意味で、結果として悪いことでは無いと思いますが、やはり強制力を持たせてしまうのはどうかと思います。

メーカーとのタイアップ企画も結構あり、知らず知らずのうちに損得勘定で物事を判断する商業主義が当たり前になってしまうことは、ジュニアの価値観の形成に関して注意するべき点だと思います。


④どうやって判断するか? そして、どう考えるか?

コーチとの関わりの中で人間性・考え方を判断することになりますが、手っ取り早く、形式的に見極めるとすれば子供たちの夜の過ごし方でしょうか。

トップチームの場合は、スキーが速いことが絶対基準になりますので、子供たち同士でも競争意識が強く、スキーが下手な子をバカにする雰囲気が見られる場合があります。

コーチも夜は放任していることが多く、子供たちで大騒ぎをしたり、ケンカしたりという生活になってしまいます。

大部屋に押し込まれているケースですと、勉強する子が仲間はずれになったり、いじめられたりする場合もあるようです。

SAJ問題に見られるように、スキーで日本のトップまで上り詰めた人たちが、派閥を作って泥沼の争いをしているようなレベルの低さでは、とてもではないけど、将来こうなって欲しくないと思います。(これはたぶん私の思い込みです)

私としては、夜はきちんと勉強をさせてくれるようなチームに子供を預けたいと思っています。

文武両道+社会人になるための常識を求めたいと考えています。

高望みしすぎなのでしょうか?


北海道で、気軽に英語のスキー・レッスン!

北海道で、気軽に英語のスキー・レッスン!

子供連れの冬のバカンスにぴったりのクラブメッド・北海道サホロが、レストランやバーをリニューアルして今シーズンのオープンをしました。

 クラブメッドは子供と一緒に行って、それぞれの楽しみ方で遊べるところがメリット。オール・インクルーシブ(パッケージ費用に往復交通費、宿泊費、食事や飲み物、子供を預かるサービスなどがすべて含まれること)で、知られていますが、クラブメッド・サホロで魅力的なのは、ゴンドラやリフトのフリーパスに子供向けのスキー・レッスン料金も込みなこと。スキー旅行は、費用がかさみがちなのでこれは大きなポイントです。

 サホロのゲレンデは、ゴンドラ1台、リフトが7台。緩斜面、急斜面、林間コースなど、ビギナーから上級者まで楽しめる多彩なコースが揃っていて、北海道の中でも特に雪質の高いパウダースノーで有名なエリアです。クラブメッド・サホロのスキー・レッスンはだいたい10人のグループレッスン。

129289246922ee56132966052c57be4ccc9ef1e132.jpg
スキーインストラクター。モントリオールから来た方です

スキーの指導をするのは、世界10カ国からのG.O(ジーオー)呼ばれるスタッフで、それぞれの国でのスキーインストラクターの資格を持っています。たとえば日本人のインストラクターはSAJ、またはSIAの資格を保有しているか、それなりの技術を持っている者です。なかには元オリンピック選手という人もいて、クラブメッド独自のインストラクタートレーニングも行っています。スキーやスノーボード、ウェアのレンタルもできるので(別料金)、気軽に参加できて、インターナショナルな雰囲気のなかでスキーが学べます。

(後略)



英語でスキーを習うのは良いかもしれませんね。

楽しみながら勉強にもなります。


上越国際スキー場では、神立から移籍した里吉敏章校長の下で新しい企画がいろいろ考えられているようです。

その一つに、オーストリア教師によるレッスンがありました。

WS000622.jpg

アルペンでも、同様の企画があると良いですね。

実績のある外人コーチを招聘し、1泊2日で直接指導を受けられる・・・こんなレーシングキャンプの企画を待っています。


ホルメンコール エッジワックス サイドウォールフィニッシュ

ホルメンコール エッジワックス サイドウォールフィニッシュ

以前、ワックス講習会に参加したときに注文していたエッジワックスが届きました。

カンテノールという名前で紹介されていました。

DSCF0166.jpg

DSCF0168.jpg

ホルメンコールの正規のカタログには載っていないようですが、いくつかのサイトで商品は売られていました。

現地では、20-25ユーロ程度するようです。

WS000620.jpg

WC等ではしばらく前から使われており、日本チームもヨーロッパで購入して使っているとのことです。

成分はわかりませんが、粘度の高い液体です。

正直、子供のレベルでその違いがわかるとは思えません。

ただ、どんなものなのか試してみたいと思い購入してみました。

使ったらまたレポートをしたいと思います。


ドコモモバイルWi-FiルーターHW-01C&シャープNetWalker PC-Z1レポート

ドコモモバイルWi-FiルーターHW-01C&シャープNetWalker PC-Z1レポート

雪山でもモバイルを可能にするため標記組み合わせを試してみました。

DSCF0162.jpg

1,ドコモモバイルWi-FiルーターHW-01C

片品方面で試してみました。

電波のエリアは、携帯と同じなため、通常の使用であれば問題はありません。

接続は、説明書通りに裏蓋を外し、シムカードを金属面が下になるように差し込むだけで、簡単でした。

プロバイダーはmopera uをそのまま使っています。(他のプロバイダーに変更することも可能です)

スピードは、かなり速く、非常に快適です。

料金は、定額データプランを使っているため、キャンペーン期間中(2010年6月1日(火曜)~2011年4月30日(土曜))の申込で、最初の1年間が最大4410円で使い放題になります。

105,000パケットで、この金額に達するのですが、一晩軽く使っただけでこのパケット数に達しました。

使うとしたら、最大金額がかかると思った方が良いようです。

バッテリーに関しては、使い切るまで試していませんが、2時間ほどでしたら問題ありませんでした。

ACアダプターもついており、電源があれば問題ありませんし、同じコードをPCのUSB端子に接続して、充電しながら使うことも可能です。

ノートPCのバッテリーが持つ間は、ネットが使えることになります。

無線LANでつながるため、接続機器は選びません。(最大5台まで同時接続可)

今回は、シャープNetWalker PC-Z1に繋いでみました。


追加レポートはこちら


2,シャープNetWalker PC-Z1

DSCF0163.jpg

以前紹介したUbuntuをOSとして採用しているモバイル機器です。

Ubuntuで採用されているOpen OfficeやFireFoxがそのまま使えます。

また、gFTPやGIMPなどのフリーソフトもインストールすることが出来ます。

もちろん、シャープの電子ブックリーダーも使えます。

ディスプレイは5型と小さいものの非常に綺麗で、文字の読み取りも(老眼鏡を使えば)問題はありません。

キーボードがついているのもメリットです。

このマシンの特徴は、キーボード右上にあるオプチカルポイントで、タッチパッドの代わりになりますが、これが非常に使いやすいことです。

ただし、出荷時設定では過敏な反応を示すので、

システム→設定→マウス→全般→ポインタの速度を加速・感度とも最低に変更します。

キーボードは、真ん中を強めに押さないとぐらぐらするので、ちょっと使いにくいですが、慣れればそれほど不満はなくなります。

スピードに関しては、ネットブックとしての使用であれば、OKだと思います。

マイクロSDも使えますし、USBもついています。

大きさは、ワイシャツの胸ポケットはちょっと苦しいですが、(スキージャケットはもちろん)スーツの内ポケットには入る大きさです。

サスペンド状態からの起動もきわめて速いです。

HW-01Cと組み合わせることで、身につけたままで持ち運べ、ちょっとした時間にネット確認が出来る優れものです。

キーボードを持ち、拡張性もあるLinuxOSのモバイル型実用マシンは、きわめて特殊な形態だと思います。

とても貴重だと思いますし、今後発売されることもないと思います。(決断したシャープさんに拍手です)


先日UbuntuをインストールしたIBM X-40は子供専用になっています。

何も教えなくても勝手に使ってますので、使い勝手はWindowsと変わらないのだと思います。

古いマシンがありましたら、是非LinuxOSにもトライしてみて下さい。


以上雪山ネット確認用の(私にとって最強の)組み合わせでした。

仕事をするのであれば、普段使っているノートPCを持って行きましょう。


大雪で3百台以上立ち往生、現場で水・食料配る

大雪で3百台以上立ち往生、現場で水・食料配る

20101226-447075-1-L.jpg
立ち往生するトラックや乗用車(福島県猪苗代町で、読売ヘリから)=三輪洋子撮影

 福島県会津地方の国道で25日深夜から、雪の影響で坂道を上れなくなったりする車が相次ぎ、26日午後2時現在、計約三百数十台の車が立ち往生している。

 郡山国道事務所によると、国道49号の同県会津坂下町坂本―西会津町野沢の約12キロで約300台、猪苗代町堅田―会津若松市一箕町鶴賀の約22キロで数十台が、それぞれ立ち往生している。国道事務所が25日深夜から、除雪作業のため現場への車の流入を規制している。

 同事務所の職員が現場へ向かい、おにぎりや水、ガソリンを配給している。

 西会津消防署によると、26日午前10時頃、会津坂下町坂本―西会津町野沢間で立ち往生していた新潟県の70歳代男性から、気分が悪くなったと119番があり、西会津町の病院に搬送した。命に別条はないという。

(2010年12月26日16時57分 読売新聞)


大雪立ち往生「あっという間に車が埋もれた」

 福島県会津地方の大雪で、国道49号では25日夜から計約三百数十台の車が立ち往生した。

 年末の週末で多くの人が行き交う中での出来事に、巻き込まれたドライバーは一様に疲れの様子を見せていた。

 福島県郡山市から帰る途中の新潟県三条市、会社員鷲本明さん(41)は、25日午後2時過ぎに磐越道の磐梯熱海ICから国道49号に入り、26日午前2時頃に全く動けなくなり、立ち往生する大型トラックの間をすり抜けてUターンし、会津坂下IC近くのコンビニ店の駐車場にたどり着いた。鷲本さんは「エンジンをかけて、30分おきに雪かきをしないと、あっという間に車が埋もれてしまった」と疲れた様子だった。

 新潟県の大学に通う次男を迎えに行く途中だった栃木県日光市の主婦、池田由美子さん(55)は、25日夜から国道49号で立ち往生したまま、差し入れのおにぎりなどで車内で一夜を過ごした。この間、バッテリーが上がるトラブルにも見舞われたが、周囲の人がバッテリーをつなぐコードを持っており、助けられた。26日昼過ぎに会津坂下IC近くまでたどり着いた池田さんは「日帰りのつもりだったのに…」と話した。

(2010年12月26日21時00分 読売新聞)


大雪:立ち往生の車すべて救助 福島・西会津に自衛隊派遣

2010年12月26日 23時55分 更新:12月27日 0時43分 毎日新聞

大雪のため国道49号で動けなくなったトラック。手前は雪かきをする自衛隊員=福島県西会津町で2010年12月26日午後8時56分、丸山博撮影
 大雪に見舞われた福島県西会津町の国道49号で25日午後9時ごろ、大型トラックがスリップして上下車線をふさぎ、後続車約300台が約12キロにわたって立ち往生したまま一夜を明かした。除雪は26日も続き、同日深夜までに立ち往生の車両はなくなった。国土交通省郡山国道事務所は27日朝までの復旧を目指している。

 25日は磐越道の会津坂下-西会津インターチェンジ間が積雪で朝から通行止めになり、並行する国道49号を走る車が多かった。同事務所は立ち往生したドライバーらに食料を配るなどした。消防によると、70代男性が気分を悪くし、手当てを受けた。陸上自衛隊郡山駐屯地は26日、隊員125人と車両19台を現地に送り、除雪を進めた。【金寿英】


福島大雪、自衛隊要請まで10時間「作業見極めに時間」

2010年12月27日21時35分 朝日新聞
 
 福島県の国道49号で300台以上の車が大雪で立ち往生した災害で、県と国土交通省が自衛隊への出動要請の検討を始めてから実際に要請するまでに約10時間かかっていたことがわかった。除雪作業が大きく遅れる事態につながった。

 立ち往生現場の同県西会津町では25~26日に過去最高の138センチの降雪を記録した。

 同省東北地方整備局や県によると、整備局が自衛隊派遣を県に相談しはじめたのは26日午前6時ごろ。県は整備局に、現場の状況報告や自衛隊に求める作業内容の調整を求めた。その後、整備局側が現場の状況を示し、自衛隊派遣を県に正式に求めたのが午後0時45分。県が最終的に要請を決断したのは、さらに3時間余り後の午後4時だった。

 県への正式な依頼まで手間取ったことについて、整備局郡山国道事務所は「現状確認やどの部分で自衛隊の作業が必要かを見極めるのに時間がかかった」としている。

 一方、県は午前10時ごろから、防災ヘリで現地の被災状況を確認することを考えはじめた。しかし、まもなくヘリに別の救急搬送要請があり、現場確認に回せなかった。県警本部も2台のヘリを持つが、1台は整備で愛知県にあり、もう1台は天候不順で待機状態になっていた。

 福島県内ではこのほか、会津地方で25~26日に4人が除雪作業中に心肺停止となり、救急搬送された。いずれも心肺停止と雪の影響の因果関係が不明だとして県などは雪の人的被害とみなしていない。

 会津若松市の会津中央病院には25日昼ごろ、車の中で一酸化炭素中毒になったとみられる患者3人が相次いで運ばれた。3人とも回復に向かっている。いずれも現場は国道49号とは別の場所。車が雪で埋もれ、排ガスが車内に逆流したとみられるという。



優先順位は、責任追及の前に再発防止対策ですよ。

もう一度、私をスキーに連れてって 中高年向けに県PR

もう一度、私をスキーに連れてって 中高年向けに県PR

2010年12月26日 朝日新聞

NGY201012250021.jpg
スキー場の利用促進のため、県が作成したポスター=岐阜市の県庁

 スキー場の利用客を増やそうと、県が40~50代をターゲットに県内のスキー場をPRしている。キャッチコピーは「もう一度、私をスキーに連れてって!」。約20年前のスキーブームを経験した世代に対し、温泉や食を組み合わせた観光プランを提案する。県の担当者は「一家で岐阜のスキー場を楽しんで」と話している。

 県観光・ブランド振興課によると、県内のスキー場は最盛期で40カ所以上あったが、現在は温暖化の影響で雪が少なくなったことなどから24カ所に減った。2009年度の利用客数は約200万人で、10年前の約320万人に比べると、大幅に減少した。

 県はスキー全盛期に熱中し、今は家庭を持っている世代に照準を絞り、温泉施設や料理店などを巡る観光プランを掲載した「キャンペーンガイド」を5万部作成した。

 1990年代初めのスキーブームに火を付けた映画「私をスキーに連れてって」(87年公開)をもじったポスターも作り、名古屋や大阪でPR活動を続けている。

 担当者は「今はスキーを休んでいる人たちを呼び戻したい」と意気込んでいる。(舩越紘)


以下は、某掲示板からの引用です。

上と同じ記事に対していろいろな意見が出ています。

大雑把にまとめると、

①誤解や思い込み(骨折、寒い、面白くない、など)
②ぼったくりのイメージが強い(食事、駐車場料金、レンタル)
③スノーボードに対する拒否感
④現在、経済的余裕がない
⑤現在、異性との出会いがない
⑥スキー自体で、あるいは往復の運転で疲れる。その上、費用が掛かるのでレジャーとして劣る。
⑦世間の価値観がスキーに対してマイナスになった。
⑧社会・若者に元気がない。
⑨雪不足

などが、スキーのブームが続かなかった(あるいは現在人気が出ない)原因と感じているようです。
特に、スノーボードに対する拒否感(文化の違い)が強いようです。

対策として多いのが、

①もう一度ホイチョイに続編を作ってもらう
②スキー場の一層の努力
③出会いがあれば
④経済の回復
⑤誤解を解く

あたりでしょうか?

では、生の意見をどうぞ。


恋人はサンコーン

歳経たら温泉がいいがや

連れて行ってそのまま置き去りにしたい

生命保険たっぷり掛けてな

誰が岐阜なんかに行くかよ

女25←えらいおばはんに聞こえた

スキー場に行ってもボーダーが多くてなあ。
以前のスキー場の気がしないわ。

中高年層が増えると
休憩所がパンクする

映画の続編作れば良いんだよ。
三上博史と原田知世の子供が参加する設定で。

何年か前に久々に行ったらゲロ吐くかと思ったわ
でも、意外と滑れるもんだなと思ったね

一人で行けバカ!
俺は一人で行くぞ。
三時間に一本の町民バスで。
車で行くと帰りには筋肉痛で運転できん。

スノボーとかいうのはまだ流行ってんの?
岐阜県民だけどスキーはしたこと無いわ

恋人はサンタクロースとか
どう考えてもおかしいだろ・・・
常識的に考えて・・・

×もう一度、私をスキーに連れてって!
○子どもをスキーに連れてって!

昔体で覚えたことって、ちょっとやれば随分思い出せるもんだとわかった。
しかしボーダ―だらけで、スキー場という気がしないな。
俺もボードやってみようかな。

ホイチョイプロダクションに頼んでもう一回つくってもらったらええねやん。映画でも。

人数の多い30代向けの戦略のほうが良くね?

わたスキって、舞台は長野県じゃなかったっけ?
岐阜、関係ねーじゃん。

もう、あの世代を引きずり込むことは出来ないと思うよ、体力的に
子供がいるから無理してでも行こうというぐらいで。。。。年一回で十分です><

原田姉妹と滑れるなら行きたい

スキー場がスノボーブームに媚びて、スノボー分けもせず優遇して増やした結果、
ゲレンデマナーの悪いスノボーに嫌気がさし、また、スキーよりスノボを
煽った結果、いままでのお得意様のスキーヤーが減っていった。
そして、スノボーブームが去ったら、スキー場利用者が減っていった、と。
駄目すぎるな……

中年ババァのくせに何が連れてってだw

真似してセリカの4駆買ったな。

とりあえず関西人はノーマルタイヤでくるんじゃねえよ
でも、来てくれないとスキー場がなくなっちゃう(´・ω・`)

52歳だけど、もう足腰弱って出来ない。
60で自分の車でスキー場に行く人いるのに、

スノボのせいでDQNの溜まり場になっちゃったもん。行きたくないよ

今は知らんがスキー場とその宿舎などはむかしは適当なサービスでえらく高かったからなぁ
廃れたのはそういうことなんじゃないの?

まさしくブームを経験した40代だが
このご時世スキーに行く余裕がない
(お金のゆとりが無い)orz

娘が「あたしを今年も!スキーにつれてって」って言っています、もう10年です勘弁して下さい。
付いていくのが精一杯なんです、体力的に。。。。。。その上俺のおこずかいから全部出るというのがつらい。

ベビースターにお湯かけたものと同レベルの食い物が1200円とかあったなあ。

私をスキーに連れてって
この続編やって欲しいな
ドラマでも

SKI NOW
また放送すれ!

いくら若者がスキーをしなくなったからって、今更中高年に粉かけるのもどうかと思うわけで

とにかく怪我にだけは気をつけて欲しい・・・。
年取ってからの骨折は一生引きずるからな・・・。

中年のスキーはレストランでビール飲んで長居するから迷惑

40歳。大学生の頃さんざんスキー行きまくってた世代で、子供が5歳になったから今年からスキー再開することにした。
で、自分と嫁と子供の分のウェアと道具一式買ったら遊びに行く金が無くなったでござるよ

「もう一度、私をスキーに連れてって」
と、まり子に言われたらもしかしたら・・・・・

バブルの頃はスキーくらいしないと馬鹿にされたもんな
今はスキーをしてると馬鹿にされる
誰も行くわけ無いよw

ウィンタースポーツなんか、最初から要らんかったんや
マスゴミや電通なんかの捏造ブームには騙されない

「私をスキーに連れてって」の頃よりゼニかからない。
つか、高速料金もお手軽に成ったし「道の駅」で車中泊もやればさらに低コスト。
世間に余裕が無くなったとかでは説明がつかないのが今の事情。

俺は何も練習しないでいきなりリフトに乗ったぞ
上について降りたら、止まり方知らず雪壁に突入
スキーが刺さって動けなくなった
楽しかったな

ホンチョイに金出して頼んで、原田知世で映画作れ。

えっと、余裕でスタッドレスあったし、普通のスキー行くレベルはスパイクだったんですけど・・・・・
まあ、当時のスタッドレスは使い物にならなかったのは覚えてるけどね。

しかしあの映画のおかけで当時4WD(笑)がバカ売れしたのも事実w
広告代理店とか、ちょっと煽れば愚民が疑う事なくついてきてたあの時代が懐かしいだろうな

ゲレンデはDQNだらけ。

ボーダーが増えてきてから行かなくなったな
平成2年に準指まで取ったのにw

むかしは情報源が少ないってのもあったな。
実際体験しないと、雑誌やテレビの情報が本当か、自分に合うのかってのがわからなかったからな。
今はネットで公式ページからブログ、2chなんかである程度の情報が入るから体験せずともそれなりに判断できる。
ゲームなんかが正にそうだよね。マジで買うまで解らないし、身近な人間が人柱にならなければ特攻するしかなかったし。

スキーめんどくさい

スキーってバブルの代名詞のイメージ

骨折等の危険性があるんだから敬遠されるだろ・・・
毎年行くような老人は日々トレーニングしてるだろうし。

原田知世タンみたいな子と出会いがあればドンドンいくお

怪我の心配してる奴多いけど、スキーなんかよっぽどの運動音痴でもなけりゃケガする余地ないだろ
ボードは危険だけど

岐阜県は、高齢者を寝たきりにしたいのか?w

子供連れて行ってスノーボードが危なかったのでやめた。
ボーダーがいないなら行ってもいいけどな。

40~50代女子か

少し考えてみた、スパイク禁止も痛手だったろうなぁ・・・・
あの頃のスタッドレスは自爆装置だったし、スタッドレスでにチェーン準備していたからな。
スパイクの機動力は強かったなぁ・・・・・

スキーって何が楽しいの?

オレはバブル世代のおっさんで、去年、10年ぶりくらいにスキーに行って
非常に楽しく、家族もまたスキーに行きたいと言ってくれたんだが、今年は金がなくていけないんだ。

おれスキーヤーだけどスキーヤーのほうが態度悪いよ。
ボーダーは初心者が多いだけ。

バブル時代のぼったくりは忘れない

駐車場代も高いし、リフトも高い
飯は高くてマズイ
渋滞我慢して行く価値あるのか?
スキー場は猛反省すべきだろ?

恐い嫁をどこかに連れて行ってくれ

客も少ないけど雪も少ないんですよ・・・orz

いいけど腹ですぎでもうウェア着れねーじゃんお前

ババア連れてってどうするの?雪山に埋めるの?

えっと、転がして雪だるまに…

スキー場は、スノボを受け入れたのが、簡単にオールドを呼べなくしている
んだよな・・・スノボしか知らない若いのと断絶している(共通の話題に
できない)のも痛い。

中高年用のリフトが必要だな

最近の中高生に聞いてみたら、スキーやスノボは肌露出してる顔が
ゴーグルで逆パンダに焼けてみっともないからイヤ、だそうだ。
美肌やファッションの方が何倍も大切なんだと。


2011 尾瀬戸倉ジュニアシリーズ 要項・申込書

2011 尾瀬戸倉ジュニアシリーズ 要項・申込書

2010年12月26日

尾瀬戸倉ジュニアシリーズ2011

今シーズンも行います!「尾瀬戸倉ジュニアシリーズ」

ジュニアスキー選手(小学生)の皆さん、今シーズンはどんな激戦が繰り広げるのか!

日程:2011年1月9日(日)ゴールドウィンカップ
    2011年3月20日(日)ロシニョールカップ
種目:GSL大回転

スタッフ一同、万全の体制をもってお待ちしておりますので、ふるってご参加ください。

大会要項はこちらから

申込書はこちらから


今年はないのかと思った尾瀬戸倉ジュニアシリーズ、やっぱり開催のようです。

尾瀬戸倉ジュニアシリーズ第1戦は、群馬チルドレン(旧群馬県ジュニア)第1戦の前日に同じ戸倉ダイナミックコースで行います。

群馬の子供たちにとっては今シーズンを占う大事な前哨戦になります。

第2戦ロシニョールカップとのシリーズものになっていますが、群馬の子は第1戦のみ参加が多いようです。

コースは、緩斜面から右にカーブして急斜面、最後は緩斜面という変化に富んだ難コースなので、慣れておくのが大事かと思います。

昨年は、ジュニアシリーズは従来のジュニア用セット、県ジュニアは旗門間隔の細かい横に振ったセットになっていました。

細かいセットの場合は、長すぎる板は不利になりそうです。

今年はどうなりますか。

スキー場も、雪不足の年でも何とかこの大会に向けてコース作りを間に合わせてきます。


ただいつも思うのですが、もう少し早く要項を出してほしいですね。

来年はぜひ。


県内レジャー施設 暖冬で明暗:山梨日日新聞

2010年12月25日(土)
県内レジャー施設 暖冬で明暗::山梨日日新聞


20101225_02_1.jpg
暖冬が続くことを期待するゴルフ場

20101225_02_2.jpg
本格的な冷え込みが待ち遠しいスキー場

 師走に入っても県内は気温が高めで推移し、暖冬傾向はレジャー施設の集客に明暗を分けている。スキー場は雪不足によるオープンの遅れで来場者が少ないところもあり、一日も早い寒波の到来を熱望する。一方、ゴルフ場は標高の高いコースを含めてプレーヤーが増加傾向で、「猛暑の影響を受けた夏場の落ち込みを回復させたい」と暖冬が続くことを期待している。日本列島は遅まきながら今週末から寒波が到来し、県内も冷え込むとの予報が出ているが、果たしてどちらの願いが届くのか-。
 甲府地方気象台によると、ここ1カ月の平均気温は高めで推移。11月下旬は甲府が平年より1・6度、河口湖が1・2度高かった。12月に入っても甲府、河口湖とも平年を2度前後上回った。3日には甲府で20・5度、河口湖で18・9度を記録した。積雪は11、12の両月ともにゼロだった。
 25日は最高気温が甲府で6度、河口湖で4度しか上がらず一気に冷え込みそう。24日発表の今後1カ月間の予報では、気温は平年並みか、平年より低い確率が高いという。

スキー場 雪不足に遠のく足
 北杜市のサンメドウズ清里スキー場は、初めてオープンを1週間延期。24日まで滑走が可能だったのは初心者コースで、23日までの来場者は昨シーズンの2割程度に落ち込んでいる。
 23日、滑走を終えた韮崎市の窪田浩毅さん(53)は「雪が少なくコンディションがあまり良くないと感じた」と残念そう。石橋正志副支配人は「問い合わせが多いメーンコースは、最近の降雪で25日にオープンできるようになった。何とか巻き返したい」と話す。
 笛吹市のカムイみさかスキー場は「雪不足でゲレンデ造りが大変」とコース整備が1週間ほど遅れ、客足に影響が出ている。鳴沢村のふじてんスノーリゾート関係者は「天気に一喜一憂している。早く冷え込んでほしい」という。

ゴルフ場 閉鎖なく利用者増
 「暖かくてプレーしやすい」。23日、北杜市のレイクウッドゴルフクラブサンパーク明野コースでラウンドを楽しんだ山梨市の中島守久さん(53)は暖冬を歓迎した。同コースによると、昨年に比べて10、11、12月の利用者は300人以上多く、週末はほとんどキャンセル待ちだった。
 佐藤充彦支配人は「猛暑の影響で7~9月はお客さんが少なかったので、この冬でまき返したい」と、暖かい日が続くことを期待している。
 北杜市の丘の公園清里ゴルフコースも昨年11、12の両月で4日あった雪によるクローズが今年はなく、暖冬だった昨年と同じくらいのにぎわいという。県ゴルフ場支配人会によると、加盟ゴルフ場の11月の利用者は、昨年同期より5%ほど増加している。



クリスマス寒波:襲来 あすにかけて強い冬型続く 積雪、平野部50センチも /新潟

 クリスマス寒波が襲来--。冬型の気圧配置が強まり寒気が入り込んだ影響で24日、県内は全域で冷え込んだ。新潟地方気象台によると、同日午後7時現在、最低気温は佐渡市相川で0度となるなど、今冬一番の寒さを記録。また山間部を中心に雪が降り、津南町で積雪41センチを観測した。26日にかけて県内は強い冬型の気圧配置が続くとして、同気象台は大雪と暴風雪、高波に関する気象情報を出して注意を呼びかけている。【塚本恒、神田順二】

 JR東日本新潟支社によると、24日午後3時15分ごろ、上越線の岩原スキー場前駅(湯沢町)を発車した水上行き普通列車が同駅から200メートルの地点で架線凍結のため停車。列車は引き返し、乗客38人は代替バスで移動した。同7時現在、特急12本、普通列車12本、県内を通過する夜行列車全12本が運休した。

 十日町、南魚沼両市境にある国道253号の八箇(はっか)峠では、急な積雪のためスリップして動けなくなったトラックが立ち往生し、渋滞が発生した。スキー場では歓迎の声も。当初23日オープン予定だった南魚沼市の八海山スキー場では山頂で70センチ、山麓(さんろく)で約20~30センチの積雪となり、25日から一部オープンする。

 同気象台によると、25日午後6時までの24時間降雪量の見込みは▽上越=平野部50センチ、山沿い80センチ▽中越=平野部50センチ、山沿い100センチ▽下越=平野部40センチ、山沿い100センチ▽佐渡=20センチ。

朝日新聞


日本海側で大雪の恐れ…東北は多いところで1m

読売新聞 12月25日(土)16時48分配信

 強い冬型の気圧配置の影響で、北陸地方と北日本では26日にかけて雪を伴った非常に強い風が吹き、大しけが続く見込みで、気象庁は大雪や吹雪による交通障害や、高波に対する注意を呼びかけている。

 同庁によると、北日本の上空約5000メートルには氷点下39度以下の寒気が流れ込んでいる。この影響で、26日にかけて北日本から中国地方の日本海側を中心に大雪となる見込みだ。

 26日午後6時までに予想される降雪量は、いずれも山沿いの多い所で、東北で100センチ、北陸で80センチ、北海道で60センチ、東海で40センチ、中国で30センチと予想されている。

最終更新:12月25日(土)16時48分



大雪、強風で荒れ模様に クリスマス寒波で

大雪、強風で荒れ模様に クリスマス寒波で '10/12/25

 冬型の気圧配置の影響で24日、北日本と北陸で雪を伴った強風が吹き、海上は大しけとなった。寒気の南下に伴い、25日にかけて大荒れの天気が続くとして、気象庁は大雪や猛吹雪、雪崩に警戒を呼び掛けた。大気の状態が不安定で、落雷や竜巻にも注意が必要だ。

 同庁の週間予報によると、年内の気温は全国的に平年並みか、平年より低い日が多い見込み。

 気象庁によると、24日夜、札幌市で10センチ、青森市で4センチの積雪を観測。福島県では同日夕までの24時間降雪量が50センチを超えた所があり、津市では平年より3日遅い初雪が降った。北海道・襟裳岬で32・1メートル、山形県酒田市で31・3メートルの最大瞬間風速を観測した。

 サハリン付近に発達した低気圧があり、25日にかけて北日本上空約5千メートルに氷点下39度以下の寒気が南下し、冬型の気圧配置が強まる見通し。

 北陸と北日本の日本海側を中心に、雪を伴った強風が吹き、海上は波の高さが7メートルの大しけになる。25日までに予想される最大風速は陸上20メートル、海上23メートル。25日夕までの24時間予想降雪量は、いずれも山沿いの多い所で北陸100センチ、東北90センチ、北海道、関東甲信、東海50センチ、近畿北部40センチ。

中国新聞



来てますねー。

我々にとっては恵みの雪です。

子供のケガもだいぶよくなってきたので、ぼちぼち雪上に戻りたいところです。

今晩は、皆様のお子様のところにもサンタさんは訪れるのでしょうか?


北海道から関東で大雪の恐れ、東北は50cmに

北海道から関東で大雪の恐れ、東北は50cmに

20101223-400336-1-L.jpg
歳末商戦を迎えた帯広市内の商店街では、従業員らが朝から雪かきに追われた=中西利成撮影

 気象庁は23日、北海道と東北、北陸地方の上空に強い寒気が流れ込む影響で、24日以降、北海道から関東の山沿いの広い範囲で大雪が予想されるとして警戒を呼びかけた。

 同庁によると、24日午後6時までの24時間の降雪量は、多いところで東北地方は50センチ、北海道、北陸地方は40センチ、関東甲信と東海の山側は40センチに達する見込み。最大風速は北海道、東北、北陸地方とも18メートルと予想され、暴風雪となりそう。海上も大しけとなる見込み。

 同庁では、25日は冬型の気圧配置がさらに強まり、降雪量が増えるとしている。

(2010年12月23日19時20分 読売新聞)



ついに待望のまとまった雪がきそうです。

これで湯沢界隈のスキー場も一気にオープンできるかも。

ただ現在は・・・。もっとがんばれ冬将軍!

WS000069_20101224011057.jpg



検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。