ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-2011 シーズン券・リフト券情報2

2010-2011 シーズン券・リフト券情報2です。

2010-2011 シーズン券・リフト券情報1も合わせてご覧下さい。

順不同

1,菅平高原共通(9/1発表)

WS000524.jpg

パインビーク限定と迷うところですね。


2,鹿沢スノーエリア

WS000523.jpg


3,木島平

WS000518.jpg


4,池ノ平

2011シーズン券「池パス」 商品内容発表!

(中略)

定価      
大人 25000円
シニア 21000円
小中学生 6000円

早割 (2010年10月1日~2010年11月30日)大人 18800円  
シニア 15000円
小中学生 5000円

ファミリー割
大1・小1 22000円
大1・小2 26000円
大2・小1 38000円
大2・小2 40000円
小人追加 5000円

グループ割
31名以上  13800円
21~30名 14800円
11~20名 15800円
*料金はひとりあたり料金です。

リピーター割 *申込用紙をDMにて発送致します。
大人 16800円
小人 5000円


シーズンイン後も適用の特別料金
イベント割
大人 16800円
小人 5000円
セカンドパス割 *他スキー場のシーズン券保有者がご購入頂けます。
大人 15800円
小人 5000円

紹介割 *シーズン券保有者からの紹介でご購入頂けます。
大人 18000円
小人 5000円

優待ももちろんグレードUP!

優待については後日発表いたします!!



5,水上高原

WS000525.jpg

下記は、3月に発売された超早割です。値段、変わりませんでしたね。

超早割2011シーズン券

名称 料金 内容
超早割り2011シーズン券
大人¥10,000
子供¥5,000
■2011年春シーズンまで有効
■本券購入後は今シーズンもリフト乗り放題
■発売期間:3/8(月)~3/28(日)まで

※大人は中学生以上
※子供は小学生以下



6,シャルマン火打

WS000513.jpg


7,ジャングルジャングル

WS000515.jpg


8,高井富士スキー場

WS000516.jpg


9,黒姫高原スノーパーク

WS000517.jpg


10,夏油高原

WS000519.jpg


11,米沢スキー場

WS000520.jpg


12,六日町八海山

2010-2011シーズン、六日町八海山スキー場営業予定日をお伝えします。

【営業予定日】
2010年12月23日(木・祝)~2011年3月21日(月・祝)

【営業時間】
8:00A.M.~16:30P.M.

【1日券料金】
おとな=3500円
シニア(55才以上)=3000円
中学生・高校生=3000円
小学生=2500円
未就学児=おとな1名に付き1名まで無料

【シーズン券】
おとな=45000円、シニア=30000円、中高生=30000円、こども=25000円
※特典1 来場ポイント(来場1回に1個スタンプ。10個集めると1000分の昼食券に!
※特典2 新潟・長野・群馬地区のプリンススノーリゾート1日券割引券10枚進呈。

【早割りシーズン券】※10月31日までのお申込み
おとな=40000円、シニア=27000円、中高生=27000円、こども=15000円
※上記シーズン券特典に加え、1000分の昼食券をプレゼント!(早割りだけの特典!)

なお、シーズン券のお申込みはまだ開始いたしておりません。
のちほど告知いたします。


13,加森グループ、サホロ

WS000521.jpg


14,天元台

WS000526.jpg


15,上越国際岩原


11hayawari_5.png

11hayawari_6.png

11hayawari_7.png


16,石打丸山

WS000062.jpg




スキークロス福島のり子とラフティング&エクササイズキャンプ

スキークロス福島のり子とラフティング&エクササイズキャンプ

WS000060.jpg    WS000061.jpg

8月29日(日)に、「カッパCLUB」&「石井スポーツグループ」&「月刊スキージャーナル」&「雪恋style」という組み合わせで、群馬県みなかみ町で開催された福島のり子さんの「スキーのためのオフトレ・キャンプ」に参加してきました。

「月刊スキージャーナル」としては、このような企画は初めてだったそうで、かなり力が入っていました。

当日は、午前中が全日本トレーナーの遠山健太さんによるトレーニング指導、昼食を挟んで、午後はラフティングというメニューでした。

お2人以外にも、スキージャーナルから2人、石井スポーツから2人、スタッフとして参加していました。

参加者は、小学生高学年から大人まで20人ほどで、定員いっぱいとのことでした。

午前中は、近くの体育館を使い、

①体幹ってなに?

②スタビリティトレーニング

③モビリティトレーニング

④グラウンドベーストレーニング

というメニューで、遠山さんの指導・解説と福島さんのお手本に続き、みんなでトレーニングするという構成でした。

SANY0514.jpg
多少早く着いたので、すぐ近くのノルンにいってみました。

夏に来たのは初めてです。ウオータージャンプの施設があるのは知りませんでした。

SANY0518.jpg
まず福島さんが見本を示します。

SANY0521.jpg
その後、みんなでトレーニング

SANY0528.jpg
福島さんに手伝っていただきながらこんなトレーニングも。

[広告] VPS


SANY0547.jpg
午後は、ラフティング。

天気が良かったこともあってか、水遊びをする人、バーベキューをする人など、川は大勢の人で溢れていました。

冬の水上しか知らなかったので、こんなに賑わっているのかとびっくりしました。

ラフティング以外にも、みんなで川に飛び込んだり、競争をしたりととても楽しかったようです。

お土産もいろいろともらってきました。

福島さんの気さくな人柄もあり、キャンプは終始和やかな雰囲気で進行していました。

厳しいトレーニングも、楽しい雰囲気で行えば、辛さも半減するのですね。

福島さん、遠山さん、スタッフの皆さん、どうもありがとうございました。



今年は大雪?:ラニーニャとカメムシ

露、猛暑一転…初雪も

2010年8月21日(土)8時0分配信 産経新聞

 記録的な猛暑が続いていたロシア西部の気温が20日までに急激に下がり、北西部のムルマンスクでは初雪が観測された。国営テレビ・ロシア24によると、20日午前のモスクワ市内の気温は9度。猛暑と干魃(かんばつ)を受けた森林・泥炭火災も収束に向かっており、大統領令で導入された非常事態は7地方のうち6地方で解除された。モスクワでは今夏、連日の気温が30度を超える異例の暑さが続き、7月29日には観測史上最高の38.2度を記録した。(モスクワ 遠藤良介)


ロシアでは、猛暑から一転して8月20日に初雪だそうです。

俗に大雪(厳冬)の前兆と言われている、ラニーニャ、太陽黒点、カメムシ、カマキリ、蜻蛉のうち、ラニーニャとカメムシが記事になっています。(カマキリ、蜻蛉は不明)

はたして先シーズンに続いて今シーズンも雪に恵まれるのでしょうか?


ラニーニャ現象:気象庁が発生と発表 今冬寒くなる可能性

 気象庁は10日、太平洋赤道域の海面水温が基準値より0.5度以上低くなるラニーニャ現象が発生しているとみられると発表した。ラニーニャ現象はエルニーニョ現象と同様、異常気象の原因の一つと考えられている。

 気象庁気候情報課によると、ラニーニャ現象の発生は08年春に終息して以来約2年ぶり。ラニーニャ現象が発生すると、夏から秋にかけては太平洋高気圧の勢力が強まって西日本から沖縄・奄美地方にかけて残暑が厳しくなる傾向がある。

 また、冬は冬型の気圧配置を強める働きをするため東日本から沖縄・奄美地方にかけて気温が低くなる傾向があるという。

毎日新聞 2010年8月10日 19時18分(最終更新 8月10日 21時01分)


◇ラニーニャ現象

 赤道付近の南米のペルー沿岸海域で、海面水温が基準値より0・5度以上低い状態が半年以上続くことをいう。日本の夏の高温傾向に密接にかかわっているとされる。1950年から過去12回発生、その影響で日本が猛暑になった確率は約8割に達する。「ラニーニャ」は、スペイン語で「女の子」の意味。一方、同じ海域で海面水温が0・5度以上高くなる逆の状態は「エルニーニョ現象」。

毎日新聞 2007年8月17日 東京朝刊


ラニーニャで猛暑になる確率が8割、冬も寒くなる傾向だそうです。ただし、雪が多くなるかどうかは不明です。


カメムシ大量発生で注意報、果物や米に被害

8月26日0時1分配信 日本テレビ

 この夏、全国の果樹園で、果物がカメムシに汁を吸われて変形するなどの被害が相次いでいる。カメムシの大量発生は全国的に起きていて、28都道府県でカメムシに対する注意報や警報が出されている。

 静岡県内では今年、平年の6倍にも上るカメムシが発生していて、ナシなどの果物が被害を受けて収穫が大きく落ち込んでいる。ナシはカメムシに刺されると陥没するなどして変形してしまい、刺された部分は変色して固くなるため、商品としては価値がなくなってしまう。カメムシは袋の上からでも果汁を吸うため、被害は多い時で収穫量の2割に上るという。

 被害は果物だけではなく、稲穂の汁を吸って米を変色させてしまうカメムシもいる。農家は、ネットをかけたり、薬剤を利用したりと対策を講じているが、カメムシ被害を完全になくす方法はまだない。

 静岡県病害虫防除所の主任研究員・水井陽介氏は「カメムシはスギやヒノキの実を好むのですが、(去年の冷夏の影響で)今年はスギ、ヒノキの実が極端に少ない。そのため、スギ、ヒノキに(カメムシ)が行くことができなくて、果樹園に多く飛来しているのも原因の一つとして考えられます」と話している。


果物の敵、カメムシ大発生…鳥取・湯梨浜 平年の40倍

20100826-209686-1-L.jpg
梨の果汁を吸うカメムシ(県病害虫防除所提供)

 鳥取県を代表する秋の味覚・二十世紀梨や柿などの実に取り付いて果汁を吸い、表面の陥没などの被害を与えるカメムシが今夏、県内で大発生している。カメムシの活動しやすい気温の高い日が続いているのが原因とみられ、多いところでは平年の40倍もの生息数が確認された。形が崩れた梨などは商品価値が下がり、出荷見送りなどにつながるため、県病害虫防除所(鳥取市)は6年ぶりに病害虫発生予察警報を県内全域に発令、殺虫剤による防除の徹底を呼びかけている。

20100826-209761-1-L.jpg
カメムシに果汁を吸われ、凹凸ができた二十世紀梨

 同防除所は毎年4~10月、県内4地点(鳥取市河原町、八頭町、湯梨浜町、北栄町)で、水銀灯に集まるカメムシの数や種類を定点観測し、7~8月は約10日間ごとに集計している。最も数が多いチャバネアオカメムシの調査結果で比較すると、平年比が最も高かったのが、8月上旬の湯梨浜町。772匹で、平年(19・2匹)の40・2倍だった。数が最も多かったのは、7月下旬の八頭町の3569匹で、平年(284・1匹)の12・6倍だった。

 このほか、鳥取市河原町で7月下旬に1953匹(平年の9・8倍)、北栄町で8月上旬に880匹(同9・2倍)を記録。クサギカメムシ、ツヤアオカメムシも含めて、各地で平年を大幅に上回る数が集まっている。

 同防除所によると、カメムシは本来、杉やヒノキの実が好物だが、今年は例年に比べて花粉の量が少なかったために実の数も減り、果樹園に集中したとみられる。中田健・農林技師は「カメムシは1日に数キロ移動すると言われている。近隣農家と情報交換し、群がっているのを見つけたらすぐに殺虫剤で被害拡大を防いで」と呼びかけている。

 一方、JA全農とっとり(鳥取市)も組合員らに対策強化を求めている。カメムシは未防除の果樹園に集中する傾向があるため、近隣の農家が協力して一斉に防除を行うよう通知した。県内の一部の農家から被害の報告が上がっているが、担当者は「一斉防除で、被害の深刻化を防ぎたい」と話している。

(2010年8月26日 読売新聞)



「果樹カメムシ」大量発生で注意報 群馬

2010.8.3 02:03 MSNニュース

 果実の果肉や種を食べる「果樹カメムシ」が7月中旬以降、平年に比べ、大量発生していることが2日、県農業技術センターへの取材で分かった。同センターは同日までに、対策強化を呼びかける注意報を発令した。注意報が発令されるのは平成18年6月以来、約4年ぶり。
 同センターによると、県内の各調査地点で確認されたカメムシ類の成虫数は7月中旬の5日間で、高崎市上里見町が92(平年8)▽渋川市御蔭が209(平年5)-など急増。
 果樹カメムシは本来、スギやヒノキの種を餌として好むが、昨年はともに豊作だったことから、例年の約2倍が越冬。今年は生息数に比べ餌の量が不足しているため、果樹園に移動しているという。カメムシ類は夜行性だが、調査では東毛地域を除く県全域の果樹園で、昼間の確認報告がある。
 同センターでは「カメムシ被害が出ると、果実の形がいびつになり、出荷量にも大きく影響する。十分な対策を講じてほしい」と呼びかけている。


専門家の分析を総合すると、

①果樹カメムシは、スギやヒノキの種が好物

②昨年は両方とも豊作

③例年の2倍のカメムシが越冬

④去年の冷夏(多雨、日照少)の影響で、今年のスギ、ヒノキ花粉が減少

⑤カメムシの生息数に比べ、スギ、ヒノキの種が極端に不足

⑥食べ物を求めて果樹園に集中


という状況ではないかと思います。

今シーズンが大雪(厳冬)かどうかとはあまり関係がないような・・?

参考:毎年の花粉飛散量は、雄花の花芽がつくられる前年の夏の天候に左右されます。 前年の夏の気温が高く日照が多いと、成長が促進されるため花粉量が多く、逆に気温が低く日照が少ないと、成長が不良となり花粉量も少なくなります。 (weather gooコラムより)


2010-2011 シーズン券・リフト券情報1

2010-2011 シーズン券・リフト券情報1

順不同

1,志賀高原

志賀高原シーズン券発売決定!
詳細が決定次第ご案内致します。
大人:65,000円
小人:30,000円

志賀高原、白馬八方尾根、野沢温泉共通の3エリア共通シーズン券
80,000円
詳細は10月上旬にご案内致します。


以前から噂されていましたが、志賀高原限定シーズン券の復活です。

白馬八方尾根への対抗策でしょうか?

去年までは、(3スキー場共通ですが)小学生も8万円でしたから、高すぎでしたね。

2,尾瀬岩鞍

2011ウィンターシーズンのご案内!

早くも2011シーズンのシーズンパスポートの販売を開始いたします!2011シーズンより新たなリピーター割引等を導入いたしました!詳しくはこちらからお願い致します。お申込用紙はこちらからお願い致します!皆様のお申込お待ちしております。

WS000055.jpg

コブ、新雪を中心とした基礎スキーのメッカの印象がありますが、ゲート練習もできます。

大会も結構行われています。


3,菅平高原パインビーク

★パインビークエリア限定のお得なシーズン券が新発売

超早割購入でさらにお得 8月1日から発売開始

通常 50,000円が 38,000円で購入できます

2011シーズン券情報   申込用紙

超早割シーズン券の団体申込はこちら


WS000054.jpg

こちらは、シーズンはレーサーで溢れかえります。

晴天率が高く、バーンも硬いことから、使っているチームも多く、冬休みなどは時間貸しになります。


4,ニセコ

WS000058.jpg


5,キロロ

WS000511.jpg


6,トマム

本日より9/30までにお申し込みで1シーズン40,000円で販売。
2010年12月1日からオープン予定でなんと今年は2011年4月11日まで営業予定です。
※積雪の状況により変更になる場合がございます。

※※注意※※
◆申し込みしてからのキャンセルは承れませんのでご注意ください。
◆お申し込みはご郵送のみの受付になりますのでご注意ください。

◆このシーズンパスは2010年12月1日オープンから2011年4月11日までの営業期間中適用

◆高速試験区間無料化でトマムICのある道東自動車道は無料区間!!どんどん行きやすくなって利用しやすくなっているトマム!さらにシーズンパスでトマムをホームゲレンデにしてください。

詳しくは申し込み書をダウンロードして下さい。
お申込書ダウンロードはこちらをクリック

たくさんのお申し込みお待ちしております。



7,安比

WS000512.jpg


8,アルツ磐梯、猫魔

WS000056.jpg

WS000057.jpg

WS000059.jpg


9,斑尾高原スキー場・タングラムスキーサーカス、マウンテンシーズンパス

販売期間  9月1日~シーズン終了まで

価格 60,000円(ご本人様のみご利用可能)

マウンテンパス 10-11 申込書A ver.pdf

以下は、斑尾高原のみのシーズン券です。

早割りシーズンパス・シニアシーズンパス 詳細

販売期間 9月1日~11月30日(消印有効)

販売価格 32,000円(税込み)

販売枚数 限定200枚

今年からの特典

①AIR WAVEⅡに繋がる、タングラムさんの第2リフトを無料でご乗車頂けます!(昨年は1回200円かかりました)

②提携スポーツ用品店でのお買い物が割引になります。(ICI石井スポーツ長野店他)

③モンエール斑尾内の大浴場を無料でご利用頂けます。(平成22年12月18日~3月31日まで)

④夏季期間の斑尾高原スキー場が運営するスポーツ施設料が割引になります。(割引対象外施設有り)

そのほかの特典も現在増やしております!!



10,Mt.乗鞍

WS000063.jpg



11,八幡平リゾート

【2010-11 リフトシーズン券スーパー早割】予約受付中!
掲載日:2010/08/26
2010~2011 八幡平リゾートスキーシーズン
バノラマ&下倉スキー場リフトシーズン券スーパー早割を8月1日(日)より予約受付開始いたしました。

●スーパー早割【販売期間】・・・ 8月1日(日)~ 9月30日(木)
●早 割      【販売期間】・・・10月1日(金)~11月30日(火)

※.12月1日(水)以後の申込は、定価販売となります。
※.シーズン券の発送は、11月中旬になりますので予めご了承願います。

≪シーズン券購入6つの特典≫
特典① パノラマ・下倉スキー場がシーズン中滑り放題!
特典② 八幡平リリゾートホテルを特別料金でご利用できます
特典③ 八幡平リゾートホテル内の天然温泉「八幡平の湯」が無料でご利用できます
特典④ シーズン券提示で、「安比高原・たざわ湖・夏油高原」スキー場のリフト1日券が半額で購入できます。
特典⑤ シーズン券提示で、八幡平リゾート関連グループスキー場のリフト1日券が1000円で購入できます。
特典⑥ ポイントカード!ポイントをためて宿泊券やお食事券などがもらえます。さらに20回以上の来場ポイントで来シーズンのシーズン券や液晶テレビ、話題のゲーム機など豪華賞品が当たるダブルチャンスプレゼント抽選会を実施!



12,WinterPLUS

WS000052.jpg

クレジットカードを作るとすべての前売り券を購入できますが、種類によってはカードなしでも買えるものもあります。

同様なサービスは、スノーナビでも行っています。

オークションなどで探すこともできます。

詳しくは、ここのカテゴリーから。


NZキャンプで事故

触れない方が良いかとも思いましたが、考え直しました。

去年子供が参加させていただいたこともあり、人ごととは思えません。

ご冥福をお祈りいたします。

石川 三郎氏(いしかわ・さぶろう=元阿仁合小校長)

 11日午後7時10分、スキー中の転倒による脳内出血のためニュージーランドの病院で死去、80歳。自宅は北秋田市
(以下略)。葬儀は20日午前11時から北秋田市栄字中綱1、JA葬祭虹のホールたかのすで。喪主は長男学(まなぶ)氏。

 前田小、合川西小の教頭を務め1990年から2年間、阿仁合小校長。

(2010/08/17 21:10 更新) さきがけWeb



Coronet ski casualty adds to death toll on southern slopes

Celia Williams12 Aug 2010

Ski-Accident-Victim--056.jpg
Mercy dash: Paramedics prepare to airlift a Japanese tourist – injured in a ski fall up Coronet Peak – from Queenstown’s hospital to Dunedin on Tuesday


The horror winter season continues on southern slopes with an accident in Queenstown in which an elderly Japanese man died.

The 80-year-old advanced skier died from head injuries at Dunedin Hospital last night after falling during race training at Coronet Peak on Tuesday.

The incident comes less than a week after a fatality at Mt Hutt – the fourth at the Canterbury ski area this season.

The Department of Labour confirms “preliminary inquiries” are being made into this week’s fatality.

The man, from Akita, was part of a Sports Unity tour group – consisting of mostly young Japanese athletes – which visits Coronet Peak annually for ski racing, NZSki boss James Coddington says.

Skiing in Rocky Gully, the mountain’s racing area, the man – who was wearing a helmet – caught a gate and fell.

“It was just a normal fall, it wasn’t a hard fall, he didn’t lose skis ... and his helmet wasn’t damaged,” Coddington says.

“I’m not a doctor but I would certainly come to the conclusion that age
would have an impact on what has happened.”

Eyewitnesses Coddington spoke to said the man got up from his fall and skied to the base of the Rocky Gully T-bar, where he was initially able to talk to medical staff via a translator before becoming unconscious.

He was then rushed to the base building’s ski patrol rooms and flown to Lakes District Hospital by a Lakes District Air Rescue Trust helicopter. The Otago Rescue Helicopter, with an intensive care specialist on board, met him at LDH and transferred him to Dunedin Hospital.

His son flew into Dunedin from Japan yesterday afternoon.

Coddington says this winter’s been a “challenging season” for NZSki, which is reeling from four separate deaths at Mt Hutt. The skifield also had an avalanche on Tuesday, but no one was injured.

“It’s very unusual to have even one death in a season,” he adds.

“But if you look at every incident there’ve been different circumstances, different parts of the mountain, different ability levels, different conditions, which makes it even more challenging for all to deal with – families who are involved and loved ones who have lost, through to staff members first on the scene and staff members who attend funerals ...” Coddington says.

“It’s a tragic set of circumstances and unfortunately it’s happened in one season.”

The number of incidents overall at each mountain is “ironically” below average for general injuries and collisions, Coddington says.

Two months ago Queenstown woman Janine Learmonth injured her neck while becoming trapped on Coronet’s new $5 million Meadows Express chairlift with her family.

She tells Mountain Scene this week a specialist recently told her she’s fractured a bone in her neck and has nerve damage. She’s back at work but relies on morphine tablets.

The Department of Labour is still investigating this incident.

At the time, Coddington told Mountain Scene that soon after Learmonth’s injury they adjusted the tension on the mechanical bar so it releases if someone gets stuck while it drops down.


Toll climbs on slopes

June 13 – Queenstown mum Janine Learmonth, 32, suffers a serious neck injury after being trapped by a chairlift safety bar at Coronet Peak

June 14 – Arthur Richardson, 60, from Christchurch, dies after his car veers off the access road at Mt Hutt and down a cliff when driving home from the mountain

June 23 – A 21-year-old female American student dies in hospital in Christchurch days after seriously injuring herself while skiing off-trail at Mt Hutt

July 12 – Christchurch woman Dimity Anne Tomkins, 54, dies after falling while skiing outside the boundary of the Mt Hutt skifield

August 6 – Snowboarder Nello Donaggio, 30, dies after sliding 100 metres at Mt Hutt and suffering multiple fractures and a major head injury

August 10 – An 80-year-old Japanese man dies at hospital in Dunedin after seriously injuring himself in a fall while skiing at Coronet Peak


冬季国体のスキー、スケート、アイスホッケーの3競技を3県分散で

スポーツで地域に活力 北海道・北東北知事サミットで行動宣言

20100826002jd.jpg
合意内容について記者会見する(左から)三村、達増、佐竹の3県知事

 北海道・北東北知事サミットが25日、仙北市であり、スポーツ振興を通じ活力ある地域づくりに4道県が連携して取り組む行動宣言に合意した。

 サミットには三村申吾青森県、達増拓也岩手県、佐竹敬久秋田県の3知事が出席。高橋はるみ北海道知事は道内の豪雨被害対応のため欠席し、高井修副知事が代理出席した。宣言は(1)スポーツを通じた「元気」づくりの推進(2)トップアスリートの育成(3)施設や用具、機器の相互活用(4)国体冬季大会の連携開催などの検討―の4項目。
 意見交換では、ともに2011年に開かれる北東北3県での全国高校総合体育大会(インターハイ)や青森、秋田両県の国体冬季大会が取り上げられた。達増知事は「複数道県の連携は非常に有効」と指摘し、三村知事は「3県合同でできるようになって助かった」と応じた。
 宣言について佐竹知事は「各道県によって得意な競技種目がある。得意な自治体から情報を得ることができ、指導者の派遣も考えられる」と連携のメリットを強調した。
 このほかサミットは地域医療の確保や高速交通ネットワークの構築、大型クラゲ駆除の強化などを決議した。

2010年08月26日木曜日 河北新報社


北海道・北東北知事サミット:冬季国体などで意見交換--秋田・仙北 /青森

 北海道・北東北知事サミットが25日、秋田県仙北市で開かれ、スポーツを通じた地域活性化をテーマに意見を交換した。

 出席したのは青森県の三村申吾知事、岩手県の達増拓也知事、秋田県の佐竹敬久知事と北海道の高井修副知事。ひんぱんな開催で4道県に負担となっている冬季の国体や高校総体について、複数道県での開催を検討することや、開催ローテーション確立を求める声が出た。そこで冬季国体の連携開催の検討については3県、スポーツを通じた元気作りやトップアスリートの育成などを掲げた「北のスポーツ王国」行動宣言には4道県すべてが合意した。

 北海道の高井副知事は「ローテ化しても開催できる道県は限られる。それ以外の都府県との経費分担のあり方も考えなくてはならない」と指摘した。【野原寛史】 毎日新聞



これまでの北海道・北東北知事サミットの概要については、例えばここに載っています。

参加選手の人数は多いとはいえ、しょっちゅう回ってくるのは大変だと思います。

既にブロック開催の形にはなっているようですが、さらに公平かつ効率的な開催形式を模索されているのだと思います。



主観的自動車メーカー信頼性評価

主観的自動車メーカー信頼性評価

車でスキーに行くときに、最も大事なのは故障しないことと考えています。

雪山で何かあったら生命に関わります。

30年近くにわたって合計80-90万キロほど車を運転してきて、自動車メーカーに関してある程度固定的な印象を持っています。

個人的な印象ではありますが、皆様の車選びに関して何らかの参考になることもあるかと思い、あえて書くことにいたします。(かなり過激です。ご容赦を)

もちろん限られた経験の中での話なので、個体差に左右されている可能性は十分あります。

できるだけ客観性を持たせるために、複数台自己所有し、合計で10万キロ以上走行したメーカーに関してのみコメントをします。

また、補助的データとして、米国での経験も加えています。

米国では、車検制度がないために、車はあまりメンテナンスされないまま、動かなくなるまで使われることが多々あります。

高速道路で故障したりすると、路肩にそのまま捨てていったりします。

古い年式の車が乗られているということは、その車が高い耐久性を持つことの傍証になります。

1,トヨタ

最も信頼性のあるメーカーと考えます。

4車種ほど乗りましたが、消耗部品は除いて、ほぼ故障とは無縁でした。

米国においても、きわめて旧式の車が走っているのをよく見ました。

信頼性のみならず、性能も高いと感じています。(足回りは除く)

カタログ数値は他メーカー車と同じでも、十分な性能を発揮することが多いと感じます。

営業の対応も良く、最もお勧めできるメーカーです。

2,日産

2台、合計20万キロほど乗りましたが、故障が多発し、きわめて印象が悪いメーカーです。

エンジンなどの重要部品に初期故障が繰り返し起こり、ディーラーもそれを十分に修理できないようでした。

米国でも、古い車はほとんど見かけませんでした。

過去、「技術の日産、営業のトヨタ」と言われ、シェアも追いつくのではないかという時期もありましたが、結局信用を得ることはできなかったものと考えております。

ただ、当時も間違いなく、「営業のトヨタ」の方が「技術は上」だったと思います。

もともと誠実性に欠ける車作りをしてきた上に、社長が外国人になって、さらに外面だけのメーカーになったと感じます。

もう一度、(パフォーマンスではなく)物作りとは何かを考えた方が良いと思います。

3,ホンダ

以前はスポーツカーに力を注ぎ、最近はミニバンメーカーになっています。

車作りはユニークで、個人のアイデアを生かせるメーカーと感じます。

細かな故障はありますが、比較的良く作っている方と感じます。

ただ、長期の耐久性に関しては、トヨタには及びません。

4,マツダ

このメーカーも、製造技術・品質が低いと感じます。

新車で購入し、ぼろぼろと壊れていきました。

走行中にエンジンルームから部品が次々に外れたことや(きちんと取り付けられていなかった)、異音のオンパレードでした。

ディーラー担当者は、異音については「そんなものだ」と取り合ってくれず、不快な思いもしました。

最近は、デザインもプジョーをパクっており、企業としての見識を疑います。

走りに関しては特徴もあるので、車の実用性は気にせず、趣味として考えている人には良いかもしれません。

5,スバル

耐久性に関しては、ホンダと同程度と考えます。

ただし、4WDに特徴を持ち、スキーオンリーで考えるならばトヨタよりもこちらを選びます。

メーカーとしてこだわりがあるようで、ハンドリング、高速安定性、雪道の安定性は特筆ものです。

長所がある代わりに、オートマ、オイル漏れなどに欠点もあり、全体的な性能としてはアンバランスな面があります。

メーカーの体力があまりないために多くの車種展開ができず、1車種の中でスポーツカーから、ファミリーカーまで作っています。

ファミリーカーは、価格が安いだけの凡庸な車です。

選ぶのでしたら2000cc以上の4WDを。

6,その他

これ以外のメーカーは、あまり距離を乗っていないので、耐久性・信頼性に関してコメントすることは差し控えます。

同じメーカーでも、新車で開発されたばかりの車は故障が多いことから、できればマイナーチェンジ後、あるいは新車発売から1年ぐらい経ってから購入すると良いと思います。

同様に、枯れた技術を使ったシンプルな車の方が、故障が少ないと感じます。

新技術てんこ盛りの車は、避けるようにしています。

また、ここで書いていることは、過去の経験に基づいた評価であって、現在作られている車の将来的な信頼性は(当然ですが)わかりません。

長年、車雑誌やレポートを見ていて「現在の車の性能はメーカーによってほとんど違わない」という意見を繰り返し目にしましたが、このたぐいの俗説は結局間違っていたと考えます。たぶん今でもメーカーによって製造レベルに大きな違いがあると推測しています。

いったん作られたメーカーに対する信頼感、不信感はなかなか変わることがありません。

ましてや高額な商品で、簡単に取り替えがきかないものなので、過去の経験に照らし合わせたコンサバティブなメーカー選択は当然のことと思います。


外国車に関しては、故障がきわめて多いことと、維持費・修理費が高いことから購入の対象としては考えていません。

米国などでレンタカーとして韓国車に乗ることが多いのですが、外国車の中では結構印象は良いです。(ただし、耐久性はわかりません)

高速道路などを走っていて、「ベンツ」、「BMW」、「レクサスLS」に代表される一部の高級車の運転マナーがきわめて悪いと感じます。

車の性能とは関係ない話ではありますが、特定車種を見るとそのたぐいの人間が運転していると思い、近寄らないようにしています。

赤の他人対して攻撃的・威圧的・優越的な振る舞いをすることを当然と感じる人間、(それが事実かどうか別として)自分が成功者であることを誇示したい人間、評論家や車雑誌の言うことを真に受けて外車信仰に陥る人間・・・に好まれる車もかわいそうですね。

以上主観的な自動車メーカーの評価でした。(まさしく本音ですが)


NZより帰国

NZより帰国

8月22日(日)に無事NZより戻ってきました。

子供の夏休みは、実質今日1日だけでした。

今回は合同キャンプ、チーム・スマイリーズの一員でした。

動画を見る限り、まだ内倒・シザーズの癖は残っているものの、ライン取りはかなり良くなったみたいです。

ただ、エミコさんやサクラコさんの後で見ると、ハエが止まるようなスピードではあります。

去年もすごく楽しかったようですが、今年は子供たちが相部屋で寝泊まりしていたそうで、いっそう刺激的で面白かったようです。

30日間の日程ではありましたが、往復で3日間、荒天によるクローズが4日間?、疲労による休息日2日間があったため、実質21日間滑ったようです。

マウントハットにも連れて行ってもらったようです。

エッジは、コーチにお願いをして、研いでもらったそうです。

コーチの皆さん、ご一緒した選手の皆さん、宿のオーナーご家族、スキー場の皆さん、どうもありがとうございました。

ただ、小石を踏んだみたいで、おニューのD2のエッジ際がバックリとえぐれておりました。(泣)

今日早速、クロネコ・スキー宅急便でTCSに再チューンナップをお願いしました。(佐川急便はスキー便の扱いが変わったようで、サイズの関係から値段が高くなりました)

ぜひ、この経験をシーズンにつなげてほしいと「切に」思います。

SANY0297.jpg  SANY0308.jpg

SANY0376.jpg  SANY0428.jpg
気持ちよさそうな写真をどうぞ。


ニコン、プロジェクター内蔵デジカメ「S1100pj」

こういうデジカメがあるのは知りませんでした。

デジカメとしては一般的な性能ですが、何しろプロジェクターです。

モバイル派としては、常にカバンの中にプロジェクター(兼デジカメ)、という状況は楽しそうです。

ニコン、プロジェクター内蔵デジカメ「S1100pj」

2010年8月19日 15:09掲載
20100819141705_173_.jpg20100819141721_614_.jpg20100819141727_520_.jpg

ニコンイメージングジャパンは、プロジェクター内蔵デジタルカメラの第2弾モデル「COOLPIX S1100pj」を9月16日より発売する。
プロジェクターの明るさを従来機種「COOLPIX S1000pj」の10ルーメンから14ルーメンに向上。最長投映距離は2m40cm、最大投映サイズは47型まで対応可能となったほか、より明るい場所やテントの中、天井などにもより鮮明に投映することができる。また、約46万ドットのタッチパネル式3型液晶モニターを搭載し、直感的な操作を可能。プロジェクター投映時も背面モニターに映像を同時に表示することができるようになった。
さらに、付属のUSBケーブルでカメラをWindowsやMac OS搭載PCと接続し、PC画面を投映できるのもポイント。PowerPoint形式のデータもJPEG形式に変換してSDカードに記録することで、PCがなくても外出先で手軽にプレゼンテーションを行える。
機能面では、タッチパネルとプロジェクター機能を連動させ、投映中の写真に文字やイラストのリアルタイムでの書き込みや、花や魚などのスタンプの貼り付けができ、簡単にスライドショーが作成できる。撮影した写真にタッチするだけで、画像の色調を変える「ピクチャーカラー」、ジオラマ風に加工する「ミニチュア効果」などの6つのフィルター効果で画像を編集することも可能。編集後の画像は、元画像とは別に保存されるため、オリジナルのアレンジを加えることができる。
カメラ機能では、1410万画素CCD、光学5倍ズームレンズ、画像処理エンジン「EXPEED C2」を搭載。「手ブレ補正(VR)機能」やブレを感じてキレイに抑える「モーション検知」により、手ブレを抑えた撮影が可能だ。最大12人までの人の顔を自動認識する「顔認識AF2.0」、人の顔を認識してピントを合わせ、笑顔になった瞬間を自動撮影する「笑顔自動シャッター」、シミやしわ、肌のくすみなどをなめらかに補正して、キレイな肌に仕上げる「美肌効果」なども利用できる。
本体サイズは、100.8(幅)×62.7(高さ)×24.1(奥行)mmで重量約180g。ボディカラーとして、ブラックとシルバーの2色を用意する。価格はオープン。



役員改選やり直し求める=スキー連盟に行政指導-文科省

役員改選やり直し求める=スキー連盟に行政指導-文科省

 文部科学省は18日、内部対立で次期会長を選出できない事態となった全日本スキー連盟(SAJ)に対し、役員改選をやり直すよう指導したことを明らかにした。
 SAJは7月20日の役員選出委員会で、反執行部派の千葉将行理事を投票で会長候補に決め、副会長、監事候補とともに評議員会に推薦したが、評議員会で多数を握る岡山紘一郎会長代行らの執行部派は、各候補を一括で採決して否決した。
 文科省は「各候補を一括して採決するのは公益法人のあり方として望ましくない。(会長、副会長、監事候補を)個別に意思決定すべきだ」と指導。評議員会を早急に開いて役選委が決めた千葉氏らの人事案を再度審議し、投票は個別に行うよう求めた。SAJは31日に理事会を開き、評議員会の日程などを協議する。 (2010/08/18-22:12)

(時事通信)


文科省などに現状報告 役員改選で混乱するスキー連盟

2010.8.19 00:37

 役員改選で混乱している全日本スキー連盟の岡山紘一郎会長代行が18日、文部科学省と日本オリンピック委員会(JOC)に現状を報告し、速やかに問題を収めて新執行部を発足させるように促された。岡山会長代行が明らかにした。
 同連盟は7月24日の評議員会で、役員選出委員会が選んだ会長、副会長らの役員案を一括して否決したが、文科省は会長、副会長らそれぞれ別に承認を得るべきだったと指摘したという。同連盟は31日に理事会を開き、対応を協議する予定。

(産経ニュース)



SAJ競技者登録の確認

SAJ競技者登録の確認

久しぶりにSAJホームページを見たら、SAJ競技者登録をした選手の名前が載っていました。

娘の名前もありました。

これまでは、群馬県の競技者登録だけでしたから、ちょっと出世した気分です。

8月10日締め切り分までが掲載されているものと思われます。

場所は、SAJホームページ>SAJデータバンク>アルペン>バイオグラフィーです。

ちゃんと登録されたかどうか心配な方は、ご確認を!

ちなみに、関東他5県、新潟県、長野県の名簿をざっと見てみましたが、現時点で小学生はほとんど登録されていませんね。

他の県が遅いというよりは、むしろ群馬県が早すぎる!ということに気がつきました。

C1に関しては、12月10日まで2000円で変わりませんからね。

ただ、ジュニア選手の学校名や生年月日まで載せた方が良いかどうか、少し気になるところではありました。

(生年月日を載せるのでしたら、これを使ってソートできるとカテゴリーが分かりやすくて良いと思います。)



スキー場経営に関する話題

スキー場経営に関する話題です。

継続に向けて方策を尽くしているところ、新しい方向への決断をしたところなど、様々です。

ローカルスキー場ですと、ひっそりと最後を迎えるところも多そうです。

中の原スキー場 指定管理者運営可能に

2010年08月11日 日本海新聞

IP100810TAN000090000.jpg
大山町が指定管理者に運営を委ねることができるようになった町営中の原スキーセンター=10日、大山町大山

 国立公園大山の4スキー場のうち「大山国際」「豪円山」「上の原」の3スキー場の運営が今冬のシーズンから統合されることに関連し、残る「中の原」を直営する大山町の臨時議会が10日開かれ、同スキー場の管理・運営を指定管理者に委ねることができる条例改正案が可決された。経営環境が厳しさを増す中、4スキー場の統合に向けた布石とみられる。


大山町が指定管理者に運営を委ねることができるようになった町営中の原スキーセンター=10日、大山町大山
 町は「中の原」の今冬の運営について、直営を継続するか指定管理者に委ねるかを9月定例議会で判断する。

 一部が改正された条例は「索道事業の設置等に関する条例」。指定管理者に委ねることができる業務を(1)集客促進(2)施設・設備の維持-とした。

 町観光商工課は条例改正を受けて「『中の原』の累積損失は約6億円。経営の効率化やサービスの面などで直営と指定管理のどちらがメリットがあるのか今後精査したい」と説明している。

 4スキー場への入り込み客数は1995年の41万人をピークに減少し、昨冬は14万6千人。「大山国際」を運営する鳥取砂丘大山観光の親会社、日本交通(本社・鳥取市)は、大山観光開発(大山町)が運営する「豪円山」と「上の原」の経営権を今冬までに取得、3スキー場の経営は統合され、ゲレンデ整備やリフト、食堂の運営の効率化を図る。

 10日には大山観光開発がリフト運行とレストラン経営の2事業を別法人化し、新会社「だいせんリゾート」(大山町)を設立。環境省などの許認可手続きのめどがつき次第、日本交通に株式を譲渡する。

 大山町が「中の原」の運営を指定管理者に委ねると判断した場合、「だいせんリゾート」は有力な対象とみられる。


米沢市営小野川スキー場:市教委、延長含め「廃止」 /山形

 赤字の米沢市営小野川スキー場の運営課題検討委は10日、廃止時期を明記せず「廃止はやむを得ない」との意見書を市教委に提出した。18日の市教育委員会で、今冬まで営業を延長するか否かを協議したうえで、9月議会に「廃止」の条例改正案を提出する。

 原邦雄教育長は「延長を含め教育委員会で最終決断したい」と述べた。「延長」に触れたのは、検討委で「今年度から」との廃止時期が支持されなかったためという。

【近藤隆志】 毎日新聞 2010年8月11日 地方版

仕事・スキーに役立つIT活用術9―Gmailの活用

仕事・スキーに役立つIT活用術9―Gmailの活用

メールは、仕事・プライベートで、なくてはならない存在になりました。

以前は、プロバイダーや職場のサーバーに届いたメールは、outlookやoutlook expressなどを使ってPCにダウンロードし、読んだり書いたりしていました。(POP)

PCを新しくする、メールソフトを代える、という場合にメールの移行作業が必要になり、なかなか面倒な事が多かったように思います。

また、職場のメールを家で見られない、外出先で確認できないという不便もありました。

今回ご紹介するGmailはこうした煩わしさをほとんど解消してくれるきわめて便利なアプリケーションです。

1,Gmailの特徴

一連の特集の1回目、「はじめに」でご紹介した4つの条件を覚えていますか?

1,情報へのアクセシビリティの向上(いつでもどこでも必要な情報にアクセスできる)

2,情報の一元化・集約化(大事な情報はまとまっていた方が良い)

3,スピード化(シンプルで早いもの)

4,ストレスフリー(お金がかからない、操作・習得が難しくない、文字や画像が見やすい)

でした。

Gmailは、「Google社が2004年4月1日より提供しているフリーメールサービスの名称で、特徴としては大容量であることと、無料のウイルススキャンサービスが付帯していること」等です。(これ以外にも多くの特徴があります)

Wikiの「Gmailの特徴」には、

大容量
開始当初、メールの保存容量は1GBで、2010年7月の時点では7.4GBを超えている。容量が増加している様子や最新の容量はログイン画面や受信トレイの下部などで確認することができる。送受信可能なメールサイズは本文を含めて25MBであり、1日に受信可能なメールの総容量は2GBに設定されている。

ウィルススキャンサービス
メールの送受信時に添付ファイルのウィルススキャンを行う。


(以下略)

と書かれています。

1,ウエブメールであることから、(ネットさえ繋がっていれば)いつでもどこでもメールにアクセスすることができる。

2,大容量であることから、複数のメールアカウントに届いたメールを転送することでメールの一元化ができる。

3,ウエブメールでありながら、表示・検索が非常に早い。

4,無料、かつ操作がシンプル。

と上記4条件を完全に満たします。また、安定性もかなり高いレベルにあると感じます。

2,Gmailの便利な使い方

容量が大きいことと、検索機能が優れていることから、基本的には全てのメールを残す(消さない)使い方が可能です。

WS000501.jpg

メールを受信すると「受信トレイ」に入ります。

依頼された用件が済むと、上部の「アーカイブ」ボタンを押し、アーカイブします。

アーカイブされたメールは、「すべてのメール」メニューでいつでも見ることができます。

「すべてのメール」には、受信メールも送信メールも含まれます。

私の場合、メールで依頼され、終了していない案件の「To Doリスト」として受信トレイを使っています。

用件が済んだメールは、全部「すべてのメール」に移します。

必要な時にはメールを検索して確認をします。

「すべてのメール」から「受信トレイ」に戻すことももちろんできます。

また、「スター」を付けておくことも可能です。

とりあえず今は必要ないが、後で必要になるかもしれないメールにはスターを付けておきます。

「スター付き」メニューをクリックすることで、すべてのスター付きメールを一括表示可能です。

WS000500.jpg

「迷惑メール」フォルダへの分類も学習機能付きで優秀です。

「迷惑メール」内に分類されたメールも30日後に自動的に消されますので、自分で消す必要はありません。

間違って消してしまったメールも、「ゴミ箱」に入っていますので、戻すことが可能です。

ラベル(フィルタ)機能や転送設定などは、右上の「設定」メニューから行うことができます。

しばらく前にPOP機能が与えられ、ネットにつながらない環境でもメール作業が可能になっております。


3,Gmailへの集約化

私自身、メールアカウントを10個ほど所有しています。

職場、自宅プロバイダー、Gmail×2、yahoo、hotmail、ドコモ携帯、ウイルコム、卒業大学等です。

もちろん、全てのメールを見に行くわけではありません。

PCメールに関しては、各サーバーにコピーを残しながら転送設定を行い、Gmailに集約しています。

さらに、Gmailに来たメールを添付ファイルを除いて、全て携帯に転送しています。

携帯はプッシュ型受信で、かつ受信エリアも広いことから、いつでもどこでもメールを受け取ることが可能です。

それぞれのサーバーにも同じメールが残っていますので、万が一の時でもバックアップの問題がありません。

携帯メールは、転送受信とPCが手元にない時の返信専用として使っており、周囲の人には「職場あるいはGmail宛に送ってもらえれば転送されて携帯で見られるから」と伝えています。(携帯に直接来ると集約化が難しくなります)

契約しているFOMAタイプSSバリューは、372円の通信料(無料分)が含まれています。大体、これを200円ぐらい超える額を毎月使用しています。

また、Gmailアドレスが2つある理由は、メールマガジン受信用にアドレスを一つ割り当てているからです。

メールマガジンは、緊急性が低いので、携帯には転送していません。


Gmailは、丸3年ほど使っていますが、

「現在 7485MB 中 1595MB (21%) 使用しています。」

という状況です。あと10年ぐらいは無料のまま使えそうです。

これまで紹介して来たGoogleアプリケーションなどの「ネット経由でサーバー上に存在するアプリケーションを利用するサービス」を「クラウド(雲の意味)」と言うそうです。

昔のメインフレームやサーバークライアントシステムと何が違うのかよくわかりませんが、専用回線ではなくネット経由のところと、メールやカレンダー等の身近なアプリを使うところが違うのかもしれません。(推測です)

Gmailに関しては、既に使っている方も多いと思います。

まだ使っていらっしゃらない方がおられましたら、是非!

消さないで良いというのは、本当に楽です。


育て!アスリート

読売新聞の特集「チャレンジ! 地方発」より引用しました。

育て!アスリート

 サッカーのワールドカップは日本代表の活躍で盛り上がったが、サッカーだけでなく、未来のスポーツ選手を育成して地域を活性化させようとする取り組みが増えている。地域のクラブや民間企業などが施設整備などを行い、育成環境を向上させようと努力を続けている。

飛ぶ喜び小学生から/宮城県川崎町

10080901.jpg
ジャンプ台を飛ぶ子供(川崎町のウォータージャンプ宮城で)

 宮城県川崎町にある、スキーやスノーボードのジャンプや空中技を練習する民間施設「ウォータージャンプ宮城」が注目を集めている。小学生から高校生まで約10人がスキーのモーグルなどの練習に励んでいる。

 経営するのは同県名取市の建設会社「忍建設」。中村忍社長(42)は「恐怖心をなくし、子供らに飛ぶ楽しさを知ってもらいたい」と話す。普段の練習は子供の自主性に任せ、週1回の教室では同社所属で、今年2月のバンクーバー冬季五輪・男子モーグルで7位に入賞した遠藤尚選手(20)らが指導する。

 ジャンプ台は昨年8月、約3500万円をかけて建設した。教室は無料で、施設利用料がシーズン券(4月~11月)は大人5万5000円(子供3万円)と割安に抑えている。手元に利益はほとんど残らないが、中村社長は「地元にジャンプ台ができれば、競技人口も増える。地元出身の選手を育てていきたい」と話している。(東北総局 奥林千尋)

スケート教室 真央も身近に/名古屋

10080902.jpg
名古屋では、夏休み中も子供向けのスケート教室が人気を集める(名古屋市中区の「名古屋スポーツセンター」で)

 名古屋・大須の老舗スケートリンク「名古屋スポーツセンター」では、毎年夏休みと春休みに、小・中学生対象の短期スケート教室を開き、毎回100人前後が参加する人気ぶりだ。

 営業時間中に子供の近くで、フィギュアスケート選手が練習している風景も珍しくない。バンクーバー冬季五輪で銀メダルに輝いた浅田真央選手(19)も中学時代までこのリンクで力をつけた。営業部長の江口晋二さん(50)は「身近な所に有名な選手がいる練習環境が子供たちを強くする」と話す。

 愛知県ではフィギュアを「習い事」の感覚で始める子供が多い。上達すれば、リンクを借り切った個人レッスンの費用負担は重いが、肝心なことに出費を惜しまない土地柄を反映して、親も懸命だ。世界レベルの選手を輩出し続けている愛知県には、通年営業のリンクが3か所あり、指導者も比較的多い。愛知県スケート連盟の久野剛生さん(55)は「一人ひとりに長く続けてもらい、能力を伸ばす環境づくりが大切」と話している。(中部経済部 中村紘子)

地域クラブが芝開発/つくば

10080903.jpg
共同開発した人工芝のグラウンドで練習をするつくばFC育成部門の選手たち

 茨城県つくば市が本拠地のサッカークラブ「つくばFC」は、未来のサッカー選手を育成するため、天然の芝生を地域に無償提供しているほか、地元のホームセンターと共同開発した人工芝の販売の検討を始めた。

 今年5月には、天然芝と人工芝の計2面のグラウンドが完成。特製の人工芝は、芝の長さや硬さが異なる数種類を開発した。ドリブルの練習を重視するなら長めの人工芝を敷き、パス練習を重視するなら短めの人工芝にすることができる。

 サッカー選手の育成には足への負担が少ない天然の芝生が理想的だが、全国の公立小中学校で天然の芝生のグラウンドがあるのは5%に満たない。ゼネラルマネジャーの石川慎之助さん(31)は、「人工芝は天然芝に比べグラウンドの温度が上がりやすい。温度上昇を抑えるために熱吸収材を使っている」と言い、全国のチームや競技場などへの販売に向けた準備を続けている。(水戸支局 河西大智)

(2010年8月9日 読売新聞)



「スポーツ立国戦略(案)」について

「スポーツ立国戦略(案)」について

文部科学省が7月20日に公表した「スポーツ立国戦略(案)」について、これまでの経緯と概要をまとめてみました。

「スポーツ立国戦略(案)-スポーツコミュニティ・ニッポン-」は、昭和36年(1961年)の制定から半世紀を経過した「スポーツ振興法」を見直し、新たに「スポーツ基本法」を検討することを視野に入れたものということです。

まずは、経緯から、

スポーツ立国戦略

このたび、文部科学省では、ヒアリング・調査訪問を通じて現場の声に耳を傾けながら行政課題を検討し、「スポーツ立国戦略」を策定することとしました。

報道発表一覧

2010年3月4日
「スポーツ立国戦略」の策定に向けた検討の開始について(報道発表資料)
2010年3月30日
「スポーツ立国戦略」の策定に向けたヒアリングの開催について(報道発表資料)
2010年4月7日
「スポーツ立国戦略」の策定に向けたヒアリング(第4回)の開催について(報道発表資料)
2010年4月13日
「スポーツ立国戦略」の策定に向けたヒアリング(第5回)の開催について(報道発表資料)
2010年7月20日
「スポーツ立国戦略(案)」の公表について(報道発表資料)

ヒアリング開催実績

第1回開催(2010年3月10日)
「スポーツ立国戦略」の策定に向けたヒアリング(第1回) 配布資料・議事録
【参加者】
朝原宣治氏(大阪ガス株式会社・北京オリンピック陸上競技メダリスト)
平尾誠二氏(元ラグビー日本代表監督)
古田敦也氏(前東京ヤクルトスワローズ選手兼任監督)
※50音順
スポーツ立国戦略の策定に向けて:文部科学省(動画:YouTubeにリンク)

第2回開催(2010年4月6日)
「スポーツ立国戦略」の策定に向けたヒアリング(第2回) 配布資料・議事録
【参加団体】
財団法人日本体育協会
財団法人日本オリンピック委員会
財団法人日本レクリエーション協会
社団法人全国体育指導委員連合
財団法人日本武道館

第3回開催(2010年4月9日)
「スポーツ立国戦略」の策定に向けたヒアリング(第3回) 配布資料・議事録
【参加団体】
財団法人日本中学校体育連盟
財団法人全国高等学校体育連盟
全国体育系大学学長・学部長会
財団法人日本障害者スポーツ協会
一般財団法人日本スポーツ仲裁機構

第4回開催(2010年4月14日)
「スポーツ立国戦略」の策定に向けたヒアリング(第4回) 配布資料・議事録
【参加者】
岡部哲也氏(アルペンスキー選手、スキースクール主催)
河合純一氏(水泳選手、北京パラリンピックメダリスト)
宮嶋泰子氏(テレビ朝日編成制作局アナウンス部兼編成部局次長待遇)
山下泰裕氏(全日本柔道連盟理事、ロス五輪メダリスト)
山田満知子氏(フィギュアスケート指導者)
※50音順

第5回開催(2010年4月20日)
「スポーツ立国戦略」の策定に向けたヒアリング(第5回) 配布資料・議事録
【参加者】
勝田 隆氏(仙台大学)
久野譜也氏(筑波大学)
黒須  充氏(福島大学)
齋藤健司氏(筑波大学)
高橋義雄氏(筑波大学)
山口泰雄氏(神戸大学)
財団法人日本アンチ・ドーピング機構
※50音順



次は、7月20日に公表された「スポーツ立国戦略(案)」についての文科省の説明です。

「スポーツ立国戦略(案)」の公表について

平成22年7月20日

文部科学省では、今後の我が国のスポーツ政策の基本的方向性を示す「スポーツ立国戦略」の策定に向けて検討を進めてきました。
この度、上記の検討を踏まえて「スポーツ立国戦略(案)」を取りまとめましたので、公表するとともに、「熟議」プロセスによる議論を実施することといたしましたので、お知らせします。

1.経緯
 文部科学省では、今後の我が国のスポーツ政策の基本的方向性を示す「スポーツ立国戦略」の策定に向けた検討を進めてきました。
 検討に当たっては、現場で活躍するアスリート、指導者、有識者等へのヒアリングや地方公共団体等への現地調査を行い、幅広いスポーツ関係者と意見交換を重ねながら行政課題を点検し、この度「スポーツ立国戦略(案)」として取りまとめました。

2.今後のプロセスについて
 7月22日(木曜日)から、本「スポーツ立国戦略(案)」について、「熟議」プロセスによる議論を実施します。また、中央教育審議会スポーツ・青少年分科会における審議を経て、8月中下旬を目途に「スポーツ立国戦略」として取りまとめ、公表する予定です。
※中央教育審議会スポーツ・青少年分科会の日程については別途お知らせします。
(1)「熟議」の実施期間  平成22年7月22日~平成22年8月12日
(2)「熟議」について    熟議カケアイ-文科省政策創造エンジン-(※文部科学省「熟議」サイトへリンク)

3.関連資料
スポーツ立国戦略(案)の概要 (PDF:303KB)
スポーツ立国戦略(案) (PDF:731KB)

お問い合わせ先

スポーツ・青少年局企画・体育課
課長 有松育子、スポーツ政策企画室長 平山 直子、 体育官 森岡 裕策
電話番号:03-5253-4111(代表)、03-6734-3001(直通)
ファクシミリ番号:03-6734-3790



さらに、この案に関する報道及び各界の反応です。


スポーツ立国戦略:文科省原案、トップと地域の垣根解消

 今後約10年間の国のスポーツ施策の方向性を示す文部科学省の「スポーツ立国戦略」の原案が15日、明らかになった。スポーツ界の連携・協働を重点施策の一つに挙げ、「トップスポーツと地域スポーツの垣根をなくし、人材の好循環を生み出すことが必要」と指摘。元トップ選手を総合型地域クラブの指導者として配置することなども盛り込んだ。
 トップスポーツの目標を五輪のメダル獲得数で過去最多(夏は04年アテネの37個、冬は98年長野の10個)以上とし、競技者の引退後も見据え、大学院への進学などで金銭的支援も行う。生涯スポーツでは成人の3人に2人が週1回以上、3人に1人が週3回以上はスポーツに取り組む環境整備を目指す。学校と地域クラブの壁を低くさせ、全国高校総体や全国中学校大会に地域クラブや合同チームも出場できるよう、競技団体に検討を促す。
 スポーツ実施率が低く、晩婚化が進む若者層にはスポーツを通じて交流する「スポーツ婚活」を企画するユニークな施策も盛り込んだ。【芳賀竜也】
毎日新聞 2010年7月15日 20時37分 (最終更新 7月15日 22時49分)



「トップ選手に経済支援」文科省がスポーツ立国戦略案
高齢者の体力検定制度盛る


2010/7/21 10:38

 文部科学省は21日までに、日本のスポーツ全般の底上げを図る「スポーツ立国戦略」案をまとめた。オリンピックでのメダル最多を目指すほか、引退したトップ選手を地域スポーツクラブの指導者として配置し次世代の選手を育成。さらに、高齢者の体力づくりを後押しするための体力検定制度の創設など総合的な推進策を盛り込んだ。
 戦略案は今後10年間のスポーツ政策の指針とする。文科省はインターネットを通じて意見を募集するなどし、8月中に戦略を正式決定。来年度予算の概算要求に関連費用を盛り込み、来年の通常国会での「スポーツ基本法」制定を目指す。
 一般向けの重点施策としては、「生涯スポーツ社会」の実現を掲げ、成人の週1回以上のスポーツ実施率を65%程度に引き上げる目標を示した。スポーツ施設で若者が交流できる場を設けるほか、子供の体力向上のための運動・スポーツ指針を作り、幅広い世代での拡充を目指す。
 トップ選手の育成では今後の五輪で「過去最多のメダル数獲得を目指す」と明記。引退まで競技に専念できるよう経済支援を充実する案を示した。これまでの五輪のメダル数は、夏は2004年のアテネで37個、冬は1998年の長野五輪で10個が最多。
 こうした具体策を進めるために関係省庁による連絡会議を新設。「スポーツ庁」の創設は行政組織の見直しの議論を見ながら検討するとした。 日本経済新聞



スポーツ立国戦略:原案、官主導に戸惑いも…JOC関係者

 国のスポーツ政策の基本的方向性となる「スポーツ立国戦略」の原案が20日発表され、五輪で過去最多となるメダル獲得などの具体的目標が掲げられたが、日本オリンピック委員会(JOC)の関係者は21日、「強化に必要なことが明確になっている」と評価する一方で、「官主導型のスポーツ戦略だ」などと、JOCに一任してきた選手強化への国の介入を示唆する部分には戸惑いを見せた。
 戦略案では、国際競技力向上などを評価する外部有識者委員会の設置が盛り込まれた。その上で国立スポーツ科学センターの機能を強化し、ナショナルトレーニングセンターのあり方も検討するという。JOCの市原則之専務理事は「まだ原案なので、キャッチボールをしていきたい。有識者の考えることも重要だが、現場の意図を酌んでもらえるように努力する」と話した。
 また、普及面では、引退したトップアスリートを地域の総合型クラブの指導者として配置する施策が出され、日本体育協会の岡崎助一専務理事は「総合型クラブを国として支援するなど、体協の意見も取り入れてくれた」と話す。だが、トップアスリートのクラブへの投入には「指導者としてどう育成していくのか具体性が見えない」と不安が見える。
 文科省はスポーツ団体などから意見を聞き、8月下旬にまとめる予定にしている。
【百留康隆】 毎日新聞



文科省原案に異論相次ぐ=スポーツ立国戦略でJOC

 文部科学省が国のスポーツ政策の基本方針として7月に原案を公表した「スポーツ立国戦略」に対し、日本オリンピック委員会(JOC)が6日に東京都内で開いたゴールドプラン委員会で異論が相次いだ。JOCは近く竹田恒和会長名で川端達夫文科相に文書を出し、修正を求める。
 市原則之専務理事は、原案を「国際競技力向上というスタンスが薄れてきている」と批判。その上で「スポーツ施策は超党派でやらなければ。その仕組みを何かつくるように考えている」と述べ、各党に呼び掛け懇談会などをJOC主導で開く考えを明らかにした。ゴールドプラン委員会の田嶋幸三委員長は「JOCは国策として(五輪などで)メダルを取るサポートをしている。そのスタンスは変わらない」と語った。
(2010/08/06-20:33) 時事


2010/2011 FIS Calendar World Championships & World Cup Alpine

2010/2011 FIS Calendar
World Championships & World Cup
Alpine


SAJホームページに、2011シーズンのワールドカップ等のスケジュールが出ていました。

コピー&ペーストだと枠がずれてしまうので、そのまま画像にキャプチャーしました。

FIS World Championships(世界選手権大会)

WS000494.jpg

世界選手権大会とは、「国際スキー連盟(FIS)が主催するアルペンスキー競技の世界選手権である。1931年から1939年の間第二次世界大戦によって中断されるまでは毎年、1948年から1982年までは偶数年に開催され、冬季オリンピック開催年は世界選手権を兼ねていた。1985年以降は奇数年に開催され独立した大会となっている。」(Wikiより)

FIS World Junior Championships(ジュニア世界選手権大会)

WS000495.jpg

FIS World Cup

WS000496.jpg
WS000497.jpg
WS000498.jpg
WS000499.jpg

FIS ワールドカップ(W杯)は毎年開催される国際スキー連盟主催の世界大会。オリンピック、世界選手権と並ぶ世界のトップを決める三大大会に位置付けられる。今季は10月から3月がシーズンとなり、選手は10~20大会を転戦する。
各種目とも、大会の上位入賞者にポイントが与えられ、最も多くのポイントを得た選手が年間総合優勝となり、栄光のクリスタルトロフィーを手にすることが出来る。(J SPORTS SKIより抜粋)


気ままに志賀高原、野沢温泉、そしてカンダハーコース

気ままに志賀高原、野沢温泉、そしてカンダハーコース

金曜日に代休が取れて、昼頃までウダウダしていました。

昼ご飯を食べながら、そういえば「草津志賀道路って大学生の時以来行ってないよな。ちょっと行ってみようか!」と思いつき、12時45分頃に家を出ました。(こういう行動は、1人だと極めて早いです。)

高速道路は使わず、下記のようなルートで行ってみました。

WS000130.jpg
草津に向かって(終盤、厳しい道になりました)

WS000131.jpg
草津から横手山

WS000132.jpg
奥志賀まで行き、やっぱり野沢に行くことにしました。

WS000133.jpg
野沢までのルート。

ちなみにその後は塩沢石打インターに行き、関越で帰ってきました。


以下は写真です。デジカメを忘れたため携帯で撮っています。

100806-153000(1).jpg
志賀高原高天原マンモススキー場(ホテル銀嶺のブログを見たのも行きたくなった原因でした)

100806-153300.jpg
一の瀬ファミリースキー場

100806-153600.jpg
焼額山スキー場

100806-153500(1).jpg
一の瀬ダイヤモンドスキー場

100806-154800.jpg
奥志賀から野沢へ(基本的にこんな感じの道でした。50分ぐらい走りましたが、2-3台しかすれ違いませんでした)

100806-163100.jpg
やまびこゲレンデを横切ったところで、やまびこ第2フォー乗り場が見えました。

100806-163200.jpg
上ノ平フォー降り場を左に見ながら下っていくと、水無ゲレンデとの分岐部に出ます。

100806-163300(1).jpg
分岐部から長坂ゴンドラ降り場を見上げているところ。ゴンドラ、動いてました。

100806-163600.jpg
時間は4時半過ぎ、気温は22℃でした。

100806-164100.jpg
上ノ平ゲレンデ横を下っていき、途中で右に曲がると、スタカ湖キャンプ場(この辺りはもしかしたら雪上車で来たかも・・)

100806-164100(1).jpg
大勢の家族連れで賑わってました。

100806-164500.jpg
先ほどの分岐を左に曲がると、上ノ平に再び出ます。

100806-164600.jpg
上手方向を見たところ。

100806-164600(1).jpg
日影ゴンドラ、パラダイスフォーの降り場を過ぎると、

100806-164700.jpg
右に、上ノ平フォーの乗り場があります。(ペンキを塗っていました)

100806-164700(1).jpg
パラダイスゲレンデを見おろしたところ。

100806-164900(3).jpg
ゲレンデの間を道が縫っています。

100806-165200(1).jpg
途中で見上げたところ。

100806-165200.jpg
チャレンジペアの降り場。

100806-165600.jpg
パラダイスフォー乗り場。水無ゲレンデからの道と合流しています。

100806-165700.jpg
この先はシュナイダー・ユートピアコースですが、立ち入り禁止でした。
道路は、途中までは迂回コースと同じでしたが、迂回コースは途中で左に折れ、ショートカットしていきます。(道路は登りがあるためか?)

100806-171000.jpg
立ち入り禁止の先にあったチャレンジ、シュナイダー、ユートピアコース。



●カンダハーコースの写真撮影地点

WS000134_20100807021850.jpg
道路は、カンダハーコースを3回横切る形でゴール地点に至ります。
上部、中部は草に覆われて、コースを確認しづらい状況でした。

●水色地点から撮影した写真

100806-171900(1).jpg
カンダハー西コース下部

100806-171900(2).jpg
カンダハー東コース

100806-172000(2).jpg
草刈りがされていました。

●オレンジ地点から撮影した写真

100806-172700(1).jpg

100806-172700.jpg

100806-172700(2).jpg
段差がすごいですね。

●青色地点からの写真

100806-172900(2).jpg

100806-172900(1).jpg

100806-173000(1).jpg

●黄緑地点からの写真

100806-173600.jpg

100806-173700(3).jpg

100806-173700(1).jpg

●黄色地点からの写真

100806-174000(1).jpg

100806-174100(2).jpg

100806-174100.jpg

●赤色地点からカンダハーペアリフト降り場へ

100806-174600(2).jpg

100806-180400.jpg
こんな道を歩いていくと、

100806-180300.jpg
きれいな花が、そこかしこに咲き、

100806-180300(1).jpg

やがてリフト降り場とスタートハウスが見えます。

100806-175100.jpg

100806-175100(1).jpg

100806-175200.jpg
そのままでは、草が生い茂っていてコースが見えないために、

100806-175300.jpg
リフト降り場に上がりましたが、

100806-175400.jpg
やっぱりよく見えませんでした。

100806-175500.jpg

夏のカンダハーは、深い静寂の中にありました。

濃い草いきれに包まれて、身体と心が生き返ったような気がします。


荻原健司氏が北野建設スキー部監督に

ちょっと忙しくて、更新が手抜きになってます。

まだ記憶に新しいところですが、既に伝説の人になっています。

個人的には政治の世界で「スポーツ専門」として続けてもらいたかったところではあります。


荻原健司氏が北野建設スキー部監督に

 ノルディックスキー複合五輪金メダリストの荻原健司氏(40)が、今季から北野建設のスキー部監督に就任することが4日、分かった。現役引退後は参院議員を務めてきたが、今夏の参院選に出馬せず、政界から引退。現場での指導に意欲を見せていたが、名門スキー部のポストに就くことになった。02年以来、8年ぶりのスキー界への復帰で、本格的に指導者の道を歩み始めていく。

 かつて「キング・オブ・スキー」とうたわれた男が8年ぶりにスキー界に帰ってくる。荻原氏の「復帰舞台」は現役時代に所属した愛着ある名門スキー部だった。すでに関係者へ、監督就任のあいさつ回りも行っており、選手がトレーニングを行う長野・白馬にも姿を見せて「厳しく指導していくよ」と声を掛けているという。

 恩師の後を継ぐことになった。同部監督は、98年長野五輪などでジャンプ日本代表ヘッドコーチを務めた小野学氏が務めてきたが、7月3日に呼吸器不全で死去した。荻原氏は同16日にお別れの会に出席。「小野さんの情熱をしっかり引き継いで、後進の指導にあたり、スキー界の発展に尽くしたい」。長年、指導を受けた小野氏への感謝を口にすると同時に、復帰への決意を口にしていた。

 現役時代は歴史的な快挙を達成し、一時代を築いた。日本複合のエースとして、92年アルベールビル、94年リレハンメルの冬季五輪2大会連続で団体金メダル獲得に貢献。世界選手権も含めると計6個の金メダルを獲得した。W杯でも世界初となる個人総合3連覇。早期にV字ジャンプを導入するなど革新的でもあり、現役晩年は勝てない時期もあって苦労も肌で知るなど、経験は豊富だ。

 北野建設スキー部には現在、複合選手は所属していないが、モーグルの上村愛子、伊藤みき、ジャンプの竹内拓と五輪選手も多数在籍。競技は違うが、世界一にまで上り詰めた経験や精神力など、荻原氏が注入できる部分は大きい。

 2月のバンクーバー五輪ではフィギュア、スピードスケートのスケート勢がメダルラッシュに沸く中、スキー勢は低迷し、メダルゼロに終わった。スポンサー離れが進み、スキー連盟も会長選を巡って混乱するなど暗い話題が多かった中で、荻原氏の現場復帰は久々の光明。将来的には複合日本代表での指導も期待される。「キング・オブ・スキー」が政界から再び舞い戻ってきた銀世界で力を発揮する。

[2010年8月5日7時40分 ニッカンスポーツ紙面から]



2010/2011アルペンナショナルチーム

2010/2011アルペンナショナルチーム

先日、SAJホームページ上で発表されました2010/2011アルペンナショナルチーム(2010/2011 Japan Ski Team)のメンバーです。

新入り組、復活組と色々あるようです。皆さんがんばってほしいと思います。

今回の特徴は、地道な努力をしてきた松本選手や清澤選手がナショナルチームに入ったことと、(将来を見据えてでしょうか、)ジュニアメンバーが大幅に増えたことが挙げられるかと思います。

特に、ジュニアAは女子選手ばかりで、数年後の成長が楽しみです。

男子選手も、3強を追い越せるようにがんばれ!


アルペン 2010/2011 Japan Ski Team

ナショナルチーム ランクA

ランク 氏名 性別 生年月日 所属クラブ 加盟団体
A 佐々木 明 ささき あきら 男 1981年9月26日 チーム エムシ 東京都
A 湯淺 直樹 ゆあさ なおき 男 1983年4月24日 スポーツアルペン・スキークラブ 愛知県

ナショナルチーム

ランク 氏名 性別 生年月日 所属クラブ 加盟団体
B 皆川賢太郎 みながわ けんたろう 男 1977年5月17日 竹村総合設備スキークラブ 東京都
C 大越龍之介 おおこし りゅうのすけ 男 1988年11月29日 東海大学スキー部 学 連
C 石井 智也 いしい ともや 男 1989年5月23日 東海大学スキー部 学 連
W 及川 貴寛 おいかわ たかひろ 男 1989年3月28日 中央大学スキー部 学 連
W 松本 勲人 まつもと いさと 男 1987年2月8日 白馬村スキークラブ 長野県
W 布施  峰 ふせ たかし 男 1990年4月10日 チームJWSC 新潟県
B 長谷川絵美 はせがわ えみ 女 1986年5月8日 サンミリオンSC 福岡県
C 星  瑞枝 ほし みずえ 女 1985年9月2日 日本体育大学学友会スキー部 学 連
C 湯本 浩美 ゆもと ひろみ 女 1981年4月27日 天山リゾートスキークラブ 佐賀県
C 花岡  萌 はなおか もえ 女 1984年6月22日 アイザックスキークラブ 富山県
C 清澤恵美子 きよさわ えみこ 女 1983年11月20日 チームクレブ 新潟県

以下、強化委員会管轄 / SAJジュニアチーム

ランク 氏名 性別 生年月日 所属クラブ 加盟団体
JrB 須貝  龍 すがい りょう 男 1991年12月11日 新潟県
JrB 光井 恭平 みつい きょうへい 男 1993年1月7日 岐阜第一高校 岐阜県
JrB 深瀬 和志 ふかせ かずし 男 1993年4月27日 日大山形高校 山形県
JrB 西村友希 にしむら ゆうき 男 1993年6月26日 名古屋高校 愛知県
JrB 成田 秀将 なりた ひでゆき 男 1993年9月23日 北照高校 北海道
JrB 新 賢範 しん まさのり 男 1993年7月22日 札幌第一高校 北海道
JrB 安藤祐太郎 あんどう ゆうたろう 男 1994年2月26日 北照高校 北海道
JrB 荒井 章吾 あらい しょうご 男 1994年1月16日 富良野高校 北海道
JrA 蓮見小奈津 はすみ こなつ 女 1992年11月27日 北海学園札幌高校 北海道
JrA 向川 桜子 むこうがわ さくらこ 女 1992年1月20日 早稲田大学 学連
JrA 井出 菜月 いで なつき 女 1992年2月24日 法政大学 学連
JrA 岡本 乃絵 おかもと のえ 女 1992年3月22日 東海大学 学連
JrA 後村  茜 あとむら あかね 女 1992年9月30日 東奥義塾高校 青森県
JrA 川浦 あすか かわうら あすか 女 1993年11月24日 文化女子大附属長野高校 長野県
JrA 新井真季子 あらい まきこ 女 1993年6月12日 高山西高校 岐阜県
JrA 押味  輝 おしみ ひかる 女 1994年9月2日 柴田女子高校 青森県
JrB 石川 晴菜 いしかわ はるな 女 1994年7月20日 北照高校 北海道
JrB 渡邉 歩美 わたなべ あゆみ 女 1993年9月3日 関根学園高校 新潟県
JrB 吉原 眞子 よしはら まこ 女 1994年1月9日 双葉高校 北海道
JrB 関口 留依 せきぐち るい 女 1994年3月30日 駒大岩見沢高校 北海道
JrC 沼森 春奈 ぬまもり はるな 女 1995年4月20日 花輪第一中学校 秋田県



とりあえず答えを・・

とりあえず答えを・・


スキー場を当てよう!」クイズの答えです。(写真は、行った順に並んでます)

1,ブランシュたかやまスキー場山頂から、エコーバレー、車山スキー場を見たところ。

2,野沢温泉スキー場。雪がないと違って見えますね。

3,グランデコスキー場。子供はまだボーゲンでした。

4,裏磐梯スキー場。オープンしたてでした。ふかふかです。

5,妙高杉ノ原スキー場、パノラマゲレンデです。広くて滑りやすいです。

6,赤倉温泉スキー場。こちらも緩やかで広いスキー場です。

7,野沢温泉スキー場、日影ゲレンデ。連絡リフトが見えています。

8,かたしな高原スキー場。この頃からレースを始めるようになりました。

9,丸沼高原スキー場、バイオレットBコース。地元のスキー大会がありました。

10,武尊牧場スキー場、柳沢ゲレンデ。民宿組合主催のスキー大会がありました。

11,志賀高原焼額山スキー場、山頂付近。良く晴れて最高でした。

12,横手山スキー場、山頂。わたスキとパンで有名ですね。上と同じ日です。

13,アサマ2000パークスキー場、ステージ2。アトミックキャンプで行きました。晴れて暑かった。

14,野沢温泉スキー場、ユートピアA,Bコースが写っています。

15,同、カンダハー東コース。

16,苗場スキー場、筍平ゲレンデ。ゴールデンウイークのレーシングキャンプです。

17,かぐらスキー場、メインゲレンデ。

18,軽井沢プリンスホテルスキー場、プリンスコース。まだ細いですね。

19,熊の湯スキー場。第2ペア乗り場あたりから。

20,一の瀬ファミリースキー場、正面ゲレンデ。

21,よませ温泉スキー場、ハミングバード。翌日から、全中東京予選があったようです。

22,野沢温泉スキー場、カンダハー西コース。チルドレン野沢大会でしょうか。

23,峰の原高原スキー場。空いてて結構良いゲレンデです。

24,一の瀬ファミリースキー場から一の瀬ダイヤモンド、焼額山を望んだところ。

25,菅平高原スキー場、パインピーク・オオマツゲレンデ。下部は畑になっていました。


結果判定!

20点以上:スキー場物知り博士
15点以上:1級
10点以上:2級

ただし、関東・甲信越地区限定、ということで。

まあ、級無しの私がランク付けするのも何ですが・・。

野沢好きなのが現れてます。


検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。