ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソチ五輪出場のバイオリニスト提訴=タイのバナコーン-CAS

ソチ五輪出場のバイオリニスト提訴=タイのバナコーン-CAS

 【ロンドン時事】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は4日、世界的なバイオリニストでソチ五輪のアルペンスキー女子大回転にタイ代表として出場したバネッサ・バナコーンが国際スキー連盟(FIS)から科された処分2件の取り消しを求めた提訴を受理したと発表した。
 バナコーンはソチ五輪出場権を得た1月のレースで結果の不正操作に関与したとして、FISから4年間の出場停止と同五輪出場資格無効の処分を科された。(2014/12/05-08:41)


スポンサーサイト

リゲティ レイクルイーズは欠場

リゲティ レイクルイーズは欠場

Ted Ligety will skip events in Lake Louise

AP - Sports

DENVER (AP) -- Olympic champion Ted Ligety will skip the World Cup races in Lake Louise, Alberta, this weekend with his left wrist still on the mend.

The 30-year-old Ligety had surgery on his wrist after a training mishap in Vail, Colorado, last weekend.

The U.S. Ski Team remains hopeful that Ligety can return to competition in early December when the circuit switches to Beaver Creek, Colorado. The World Cup stop at Birds of Prey includes downhill, super-G and giant slalom races.

U.S. men's coach Sasha Rearick said that Ligety is ''making good decisions to get himself ready for Beaver Creek. We're going to have high quality training for him to get up to speed so he can prep for and focus on Birds of Prey.''

Ligety is a two-time Olympic champion.


トレーニング中に左手手根骨を脱臼し、手術を受けたリゲティですが、やはり今週のレイクルイーズはスキップするようです。

男子コーチによれば、「彼は良い判断をした。Beaver Creekに向けて良い準備ができるよう集中していく」とのこと。

リゲティ 11月22日に左手を手術

リゲティ 11月22日に左手を手術

以下は、SkiRacing誌より。

Olympic champion Ted Ligety suffered an injury to his left wrist while training today at Vail’s Golden Peak. According to U.S. Ski Team Medical Director Kyle Wilkens, Ligety suffered a left wrist carpal dislocation. He underwent surgery with U.S. Ski Team physician Dr. Randy Viola at the Vail Valley Medical Center on Saturday afternoon.

Doctors anticipate he should be back skiing shortly, but there is no determination yet as to whether it will impact his participation in the upcoming Lake Louise or Beaver Creek World Cup races. He will be fitted with a special splint to wear while skiing. Ligety is scheduled to ski in the super G at Lake Louise Nov. 30 before the tour heads to the Audi Birds of Prey Race Week in Beaver Creek.

Release courtesy of USSA


練習中のケガ(手根骨の脱臼)のようです。

すでに土曜午後に手術をして、長期間休むようなこともないとしています。

次の予定は、30日のレイクルイーズSGですが、まだ出場するかは分からないようです。

10351252_10152599455963440_4169607406265870849_n.jpg

シフリン スーパーGに挑戦

シフリン スーパーGに挑戦

以下は、SkiRacing誌より引用、

COPPER MOUNTAIN, Colo. — It was the tale of two races for Laurenne Ross, who won the second of two FIS super G competitions at Copper Mountain on Wednesday. Ross beat an impressive international field that included first-race winner Ilka Stuhec, Viktoria Rebensburg, Tina Weirather and others.

Also notably present in both events was Mikaela Shiffrin, racing in her first super G since Sochi in 2013. Prior to that, it was a 2010 Panorama NorAm, where she snagged a podium. On Wednesday, Shiffrin finished 16th and 15th, respectively. She was less than thrilled with how she skied and the result, but remained upbeat and positive after the race.

“I felt good when I was training. Yesterday, I felt really awesome, but today I took my foot off the gas little bit on the first run,” said Shiffrin. “On the second run, I got more air than I anticipated, and I didn’t know how to handle that. I’m trying to take it all in stride and learn as much as I can.”


2010年のカナダ・パノラマスキー場(ノルアム)、2013年のソチ(ロシア選手権)に続く、SG出場とのこと。

今シーズンから、スピード系にも出場するかもしれません。

ボンも、デビュー時はスラローマーだったみたいですし。

スピード系でポイントが取れれば、総合優勝を狙うためには、圧倒的に有利になります。

まだまだ、練習が必要とは思いますが。

2_20141120121413c59.jpg
1_20141120121412546.jpg

米国の王者ミラー、腰の手術で1月まで療養

米国の王者ミラー、腰の手術で1月まで療養

【11月18日 AFP】アルペンスキー男子で6度の五輪メダリストに輝くボーディー・ミラー(Bode Miller、米国)は17日、腰の手術を受けることを発表し、来年1月までW杯を欠場する見込みで、2月に母国で開催されるアルペンスキー世界選手権2015(2015 FIS Alpine World Ski Championships)についても出場が危ぶまれている。

 2月に行われたソチ冬季五輪の男子スーパー大回転で銅メダルを獲得し、アルペンスキーで史上最年長メダリストになった37歳のミラーは、先月までオーストリアや米コロラド(Colorado)州のカッパー・マウンテン(Copper Mountain)で練習を行っていた。

 しかし米国代表チームは、ミラーが「痛みと不快感を緩和」するため、腰の外来手術に踏み切ることにしたと明かした。

 チームは、「ミラーはまだ、来年2月にベイル(Vail)とビーバークリーク(Beaver Creek)で開催される世界選手権の出場に望みを持っている」と述べた。

 3月のW杯最終戦以降、腰の不快感と闘っていたというミラーは、「医療チームやコーチ陣と協議した結果、本日、腰の外来手術に踏み切ることを決心した」とコメントした。

ビーバークリークで行われる大会を含めて、シーズン序盤の数試合を棒に振ることになり残念だ

1月には練習を再開して競技に復帰し、2月に母国で行われる世界選手権に向けて準備できることを期待している

 米国代表のチーム医師は、慎重な構えをみせながらも、「ボーディーが外来手術に踏み切ることは、この故障では通常の選択だ」と述べている。

「復帰については、術後の経過次第になるだろう。われわれは、ボーディー、医療チーム、そしてコーチ陣と連携を取りながら、彼にとって最良の方針を決めていく」

 2002年ソルトレークシティー五輪の大回転と複合で銀メダルを獲得したミラーは、2010年バンクーバー冬季五輪でも、複合で金メダル、滑降で銅メダル、スーパー大回転で銀メダルに輝いている。

 ミラーはまた、W杯では2005年と2008年に総合優勝を果たしており、世界選手権では金メダル4個と銀メダル1個を獲得している。(c)AFP


原文は、こちら

ケガが続いてきましたね。

危険な兆候ではあります。

今日のワン・ショット 「ペットをつれてお散歩」

今日のワン・ショット 「ペットをつれてお散歩」

再会を祝って(ネタに?)いろんなことをやっています。(笑)

ペットをつれて散歩するヒルシャー。

10399443_783922998312898_8022258564624752471_n.jpg

下は、クリストファーセンの2本目。



The Hailey Duke Project "Making It Happen"

The Hailey Duke Project "Making It Happen"


2014/06/03 に公開
"Anything is possible and I am Making It Happen." Head to HaileyDuke.com and learn more about my story. Brain Surgery to Beaver Creek!


脳腫瘍の手術から、トップレーサーとして復活する。

明確な目的と強い意志を感じます。

先日引退された星さんが似たプロジェクトをされていました。

資金も含めて、応援を。

もちろん日本選手にも、ぜひ

再会の時

再会の時

1年ぶり。

1012954_822136041142641_4495291495794417175_n.jpg

10154977_822136174475961_6823549280504642034_n.jpg

動画もあります。





バネッサ・メイ FIS主催イベントへの4年間の参加禁止処分

バネッサ・メイ FIS主催イベントへの4年間の参加禁止処分

不正行為が疑われていたバネッサ・メイがFISから「世界中のあらゆるFIS主催イベントへの4年間の参加禁止」処分を受けたようです。

口述書の提出と10月3日行われた聞き取り調査の結果を受けての処分とのこと。

スキーのタイ選手 五輪出場資格獲得で不正

11月12日 1時18分 NHK

ソチオリンピックのスキー、アルペンの女子大回転に出場し、バイオリニストとして知られるタイのヴァネッサ・ワナコーン選手がオリンピックの出場資格を獲得した大会で不正を行ったとして、国際スキー連盟は11日、ワナコーン選手を4年間の出場停止とする処分を決めました。

国際スキー連盟によりますと、ワナコーン選手は、ことし1月、スロベニアで行われた女子大回転の大会でオリンピック出場に必要なポイントを獲得し、ソチへの出場資格を獲得しました。
しかし、国際スキー連盟の調査で、この大会はワナコーン選手側の求めで開かれ、特にワナコーン選手がオリンピック出場に必要なポイントを与えるために競技結果が操作されていたことが分かったということです。
国際スキー連盟の調査によると、▽2つのレースの記録に参加していない選手の結果が載っている、▽レース途中に転倒したにもかかわらず10秒以上タイムが修正され2位になった選手がいるなどの不正があったということです。
国際スキー連盟では、一連の不正に関わったとして、大会の関係者5人を1年間から2年間の資格停止としたほか、ワナコーン選手を4年間の出場停止とする処分を決めました。
ワナコーン選手は、著名なバイオリニストで、ソチオリンピックの女子大回転では、最下位の67位でしたが、その経歴から注目を集めていました。


FISホームページによれば、処分内容は下の通り。

Borut Hrobat (SLO), Chief of Race, two year ban from participation in any FIS sanctioned events worldwide
Fabio De Cassan (ITA), FIS Technical Delegate, one year ban from participation in any FIS sanctioned events worldwide
Matiaz Goltez (SLO), Chief of Timing, one year ban from participation in any FIS sanctioned events worldwide
Vlado Makuc (SLO), Referee, one year ban from participation in any FIS sanctioned events worldwide
Uros Sinkovec (SLO), Starter, one year ban from participation in any FIS sanctioned events worldwide
Vanessa Vanakorn (THA), Athlete, four year ban from participation in any FIS sanctioned events worldwide


スロベニア、イタリアの関係者も処分されています。

要旨は、下の通り。

• The results of two giant slalom races on 19th January included a competitor who was not present at, and did not participate in the Krvavec competitions.

• Another competitor was placed second in one race despite the fact she fell. Her time is understood to have been adjusted afterwards by more than 10 seconds.

• At least one competitor started away from the starting gate outside the automatic timing wand that was manually opened by the starter when she was already on the course.

• A previously retired competitor with the best FIS points in the competition took part for the sole purpose of lowering the penalty to the benefit the participants in the races.

• The weather conditions were so bad that no regular race could be held and “any comparable competition in Slovenia would have been cancelled” according to the competition referee.

• The races courses were not changed for the second runs as is required by the FIS rules.

• Approximately 23 competitors participated in the two races held on 18th January 2014, however at least two competitors on the official results were not in attendance.


内容がすごい感じです。

でも、不正行為として「引退した選手が、大会参加選手のポイントを下げることだけを目的にレースに参加した」が挙げられていますが、日本では似たようなことが当たり前のように行われてませんか?

公平性に対する厳しさがなくて、(ジュニア育成のためとか)自分たちの都合の良い解釈をするのが特徴です。

Mikaela Shiffrin relocates competitive fire for World Cup season

Mikaela Shiffrin relocates competitive fire for World Cup season

デンバー・ポストのシフリンに関する記事です。

彼女は、オリンピック後に精神面でスランプに陥っていたようです。

金メダルを取りながらも、その後もスケジュールが目白押しになっていて、好きなところにも行けず、やりたいこともできず、気乗りがしないまま過ごしていたとのこと。

4月に親知らずを抜き、実家で2週間ほど寝込んだそうで、お母さんと過ごしたこの時間が大きな転機となったようです。

毎日昨シーズンのワールドカップを編集したDVDをお母さんと見て、他の選手との滑りの違いを話し合いながら、プロとして自分がするべきことを再確認したとのこと。

ただ、夏の間もあまり気持ちが入らない状況が続いていたようです。(燃え尽き症候群かもしれません)

9月に入り、気持ちに火がつき、今は、自分のホームゲレンデ、そして自分のホームタウン(EagleVail)で開催される世界選手権に向けて、モチベーションが高まっているとのことです。


●感想:休みも取れず、競技のことばかり考え続けて、気持ちがくじけそうになりながらも「これは自分が好きで選んだ道だ」と自分を納得させて、ひたすら練習に取り組んできた様が、可哀想でもあり、でも、そこまでしないとトップアスリートとして第一線で戦い続けることなどできないんだろうな、よく頑張っているな、と思います。活躍の裏には、何かを犠牲にしているのでしょうね。
こういう記事が新聞に載るというのも、とても良いことだと思います。

原文は、こちら

By John Meyer
The Denver Post
POSTED: 11/06/2014 12:01:00 AM MST

以下は、抜粋。

"I had a little trouble handling the post-Olympic, like, all I wanted to do was go on vacation, do the things I felt like I deserved after working hard to get that medal," Shiffrin said. "What I realized in those two weeks in Park City was that it's an ongoing process. The work doesn't just stop after I get the medal. I have to keep going. Maybe I'm not going to get a vacation. Maybe I'm not going to go to a beach for the next five years.

"But I get to do what I love as my profession, and it's the thing I'm most passionate about. There's so many things to be grateful for that I finally had this revelation."

It came in a series of dinners with her mother, Eileen. Every night for two weeks, they watched a DVD compilation of the winning runs from the World Cup last season.

"That's one of the things I've always loved to do, especially with her, because we have ongoing dialogues about skiing, what we see that the best skiers are doing that I'm not doing, and things I'm doing that they aren't doing," Shiffrin said. "Those two weeks were like a complete reset. I got a ton of sleep, I got my naps, I came out of those two weeks fully charged and ready to go."


Guayの復帰は、12月末の予定。

Guayの復帰は、12月末の予定。

以下は、スキーレーシング誌の記事からの抜粋です。

“Right now, our optimistic calculations should put me back on snow around the seventh of December. If everything goes well from there, I’d like to start racing the last weekend of December,” Guay told the Canadian press. “It took a little bit longer than originally anticipated, but things are on schedule now. I’m working on gaining some mass and strength back into my leg.”

今年1月に再び左膝を痛め、ソチ五輪後に関節鏡手術を受けていたが、回復が思わしくなく、6月に大がかりな再手術を行ったそうです。

現在リハビリ中のグアイは、「今のところの最良スケジュールは、12月7日頃から雪上に戻り、12月最後の週のレースから復帰すること」と言っています。

記事では、彼がアトミックからHEADに今シーズン移籍したことから、用具に慣れる時間もあり、復帰スケジュールの遅れを心配しています。

女子でもMarie-Michele Gagnonがまた脱臼をしたとのことです。

カナダチームもなかなか大変そうです。

スビンダル アキレス腱断裂! 今シーズン絶望か?

スビンダル アキレス腱断裂! 今シーズン絶望か?

以下は、スキーレーシング誌から。

コントレの最後に、ボールを使ったトレーニングをしていたところ左足のアキレス腱を断裂したとのこと。

インスブルックの病院で診断を受け、直ちに手術を行ったそうです。

ノルウェーのチームドクターによれば、3-4ヶ月は雪上に立てないだろうとのこと。

シーズンが始まる前に、終わったも同然という状況のようです。

スビンダルは、秋の南米の雪上トレーニングも上手くいかなかったようで、最近、本当についていない感じです。

Svindal out indefinitely with torn Achilles

By SR Staff October 19, 2014

Aksel Lund Svindal tore the Achilles tendon in his left leg during dryland training in Soelden, Austria, on Saturday afternoon. He was immediately rushed to a hospital in Innsbruck for further investigation where the extent of the injury was determined and he underwent surgery shortly after. It is uncertain how long Svindal will take to recover, but he will likely miss most of the 2014-15 season.

“I was out for a little run with the rest of the team in Sölden Austria. We ended the session playing around with a ball. Just holding it up in the air between us,” wrote Svindal. “Suddenly I felt something snap in my leg and I knew right away that something was wrong. Achilles.”

The 2014 World Cup downhill and super G title winner and runner-up in the overall will recover in Austria before returning to the Olympic Center Oslo to continue his rehabilitation.

“A real injury and extremely bad timing just as the season is about to start,” he continued. “But now that it’s happened there’s not much I can do. Now it’s all about looking ahead. Nobody can say 100 percent sure how long the recovery will take, but I’m ready for the weeks that are coming.”

Norwegian team doctor Marc Jacob Strauss indicated that the star’s season is most likely over before it even officially started.

“Svindal must now work out cautiously and he will probably not ski again for about three to four months,” said Strauss.

Release courtesy of NSF


ミハエル・シューマッハ、頭部外傷はヘルメットに装着した小型カメラが原因か!?

ミハエル・シューマッハ、頭部外傷はヘルメットに装着した小型カメラが原因か!?

ここ数日、同じ情報源からと思われるゴープロ原因説の記事が日本のマイナーマスコミに多数転載されています。

情報源は、ここのようです。

引用します。

The claim was made by French journalist Jean-Louis Moncet who, after speaking to Schumacher’s son (who was on that skiing trip), went on a radio show and stated that, “The problem for Michael was not the hit, but the mounting of the GoPro camera that he had on his helmet that injured his brain.”

フランス人ジャーナリストJean-Louis Moncetが、シューマッハの息子から聞いた話として、ラジオでコメントしたもの。

「こんなことになってしまったのは、ぶつかったからではなく、ゴープロをヘルメットにつけていたから。カメラが脳にダメージを与えた。」という内容です。

実は、2月のテレグラフ誌にも、「ヘルメットは粉々に割れていたが、カメラはダメージを受けていなかった。ヘルメットの破片を見たが(ヘルメット自体に)問題はなかった。」という内容が書かれていて、コメント欄でもその記事に関連した指摘があったようです。(今回の記事が不正確じゃないかというコメントや、ゴープロの新製品発表に合わせたネガティブキャンペーンじゃないかというコメントも)

警察が正式に発表しない限り、この話は収まらない感じですね。

昨年12月、仏メリベルでスキー中にミハエル・シューマッハが頭部に深刻な外傷を負った。その後の調査では、シューマッハがコースから外れた場所を滑走していた可能性があるとされたものの、彼はそのスキー場を熟知しており、さらに転倒時にはヘルメットを着用していたにも関わらず、何故これほどの惨事となってしまったのかは結局、不明のままだった。それが今月12日、米写真関連情報ブログサイト『PetaPixel』が事故原因に関する新たな説を報道した。

同サイトによれば、事故当時シューマッハが頭部に装着していたGoPro製の小型カメラによって、ヘルメットの安全性が損なわれた可能性があるとのことだ。さらに「彼がヘルメットのおかげで一命を取り留めたのは事実だが、カメラを装着していなければ、治療の際に人工的な昏睡状態に置かなければならないほどの重症を負うこともなかっただろう」としている。

現在、仏シャモニーにあるフランス国立スキー登山学校(ENSA)が、小型カメラがヘルメットの安全性に及ぼす影響を調査中だが、その中間報告によると、転倒時にヘルメットと岩の間に堅い物体があると、ヘルメットが割れる原因となり、頭部を保護する機能を大幅に低下させる可能性があるとしている。

シューマッハは依然としてスイスの自宅で療養中であり、歩行や会話ができるほどの回復はみられていない。彼の一刻も早い完全な回復を祈るとともに、今後も容体についての最新ニュースが入り次第、皆様にお届けしていこう。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー


Vonn skis in Soelden

Vonn skis in Soelden

Ski Racing誌によれば、ボンは、ソルデンで練習を始めているようです。

プラン通りではあるようですが、慎重に復帰プロセスを進めているようです。

今のところ、12月はじめのレイクルイーズ大会から、ワールドカップに参加したい意向のようです。

3_201410051200257be.jpg

4_201410051200240a8.jpg

5_20141005120026f23.jpg

1_2014100512002396a.jpg

2_201410051200229be.jpg

親善大使にボン氏 リレハンメル冬季ユース五輪 アルペン女子の金メダリスト

親善大使にボン氏 リレハンメル冬季ユース五輪 アルペン女子の金メダリスト

 国際オリンピック委員会(IOC)は30日、2016年2月に開催されるリレハンメル冬季ユース五輪の親善大使にアルペンスキー女子の五輪金メダリスト、リンゼイ・ボン(米国)が決まったと発表した。

 ボンは10年バンクーバー冬季五輪の滑降で金メダルを獲得し、ワールドカップ(W杯)では4度の総合優勝を果たした。ユース五輪の親善大使は過去に陸上短距離のウサイン・ボルト(ジャマイカ)や競泳のマイケル・フェルプス(米国)らも務めてきた。(共同)


ボン氏って誰かと思いました。(笑)

USHUAIA 2014 Fin & CORRALCO CHILI

USHUAIA 2014 Fin & CORRALCO CHILI

以下の画像は、
CORRALCO - CHILI -STAGE DE L'EQUIPE DE FRANCE DE SKI ALPIN--Photos Francis BOMPARD/AGENCE ZOOM
から、お借りしました。

10645251_709946522375674_8673198805166307176_n_20140829195925dd1.jpg

10502536_709946589042334_2896613131860370610_n_20140829195833fb2.jpg

10524615_709946622375664_7953596418231177333_n_20140829195834d2f.jpg

10484923_709946825708977_5995803048189033701_n_20140829195832562.jpg

10616101_707669535936706_2883514375646940321_n_20140829195831369.jpg

10563034_707669085936751_8271242229106965928_n_20140829195830ce0.jpg

10525608_707669172603409_2089496060018826736_n_20140829195830cc9.jpg

12278_707669265936733_3968292237071199636_n_201408291959275c4.jpg

10632873_709946749042318_3313551747774509116_n_201408291959264fa.jpg

Athlete Spotlight: Laurenne Ross

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Pinturault officially signs with HEAD

Pinturault officially signs with HEAD

HEAD announced that another one of France’s leading ski racers is joining the World Cup Rebels for the forthcoming season. The highly anticipated news that Alexis Pinturault joins Adrien Theaux and other French racers in using the brand in the 2013–2014 World Cup season was finally released on Friday (June 13).

Pinturault is a proven World Cup winner in three disciplines yet wishes to be challenging for more World Cup race wins next season and also the overall globe. He has won seven World Cup races across all disciplines except downhill (including the season ending super G last season), and he has been on the podium a total of 22 times. Having finished third in the overall standings last season, Pinturault has long harbored hopes of challenging for the overall title and sees his relationship with HEAD as the best way forward to achieve this.

“The decision of Alexis to join the successful HEAD World Cup Rebels is a phenomenal testimony that our products are second to none,” said HEAD CEO Johan Eliasch. “I look forward to seeing Alexis competing for HEAD.”

Pinturault joins Adrien Theaux, Johan Clarey, Cyprien Richard and Mathieu Faivre from France on HEAD skis and boots.

Release courtesy of HEAD


Theaux signs 2-year contract with HEAD

HEAD announces that one of France’s leading ski racers is joining the World Cup Rebels for the forthcoming season: Adrien Theaux of Val Thorens has signed a two-year contract to use the ski brand for the next few seasons.

The 29 year old has won two World Cup downhill races in his career, in 2011 at Lenzerheide and in 2013 at Kvitfjell, and has been on the podium eight times in the speed events. He hopes to be challenging for more World Cup race wins next season.

“The decision of Adrien to join the successful HEAD World Cup Rebels is further proof that our products are at the forefront of the field on the World Cup,” said HEAD CEO Johan Eliasch. “I look forward to seeing Adrien joining the rest of our phenomenally talented and successful speed racers battling it out for victory.”

Theaux commented on his decision to join the number one brand in the speed races over the last four years.

“After four years and my first podiums in the World Cup, it’s with great pleasure that I join the big HEAD family,” said Theaux. “I am very pleased to continue my progress towards regularity and tops with this great team! See you on HEAD skis!”

Theaux joins Johan Clarey, Cyprien Richard, and Mathieu Faivre from France on HEAD skis and boots. It is rumored that teammate Alexis Pinturault may also be joining the brand in the coming days.

Release courtesy of HEAD


頭角を現したレーサーが、根こそぎ引き抜かれる感じです。

ヘッドにとって、ワールドカップの宣伝効果は、そこまで大きいものなのでしょうか?

売り上げの変化など知りたいところです。

でも、少なくとも、日本ではそうなっていないと感じます。

むしろ、コーチや販売店を通した系列化が浸透してますので、ワールドカップの成績とは無関係に販売数が決まってくる印象があります。

一般レーサーが、ヒルシャーモデルを使ったからといって、速くなるとも思えないですし。

これまでの移籍例を見るに付け、「速いレーサーは、どのメーカーの板を使っても速い」というのが一般的な傾向です。

ただ、やはり板が合わないというケースもあるようなので、メーカーによる特徴や選手の能力に応じた開発力に違いがあるのかもしれません。

どのメーカーの板を使っても大して変わるもんじゃないよ、と思いつつも、「もしかして・・」、「このモデルなら・・」という夢を抱かせるのが商売というものなのかもしれません。(笑)

その夢を抱かせるための小道具(大道具?)が、ワールドカップとも言えるのかもしれません。

*もちろん、いろいろな意味があるのでしょうけど。

*あるメーカーをべた褒めしていた選手が、突然他メーカーに移籍して、今度はそのメーカーをべた褒めするという光景は良く目にしますが、非常に胡散臭い印象を与えるし、商業主義に毒されている(選手が営業マンに見える)と感じますね。

Italy announces 2014-15 alpine team and staff

Italy announces 2014-15 alpine team and staff

以下は、スキーレーシングマガジンからの引用です。

Women’s World Cup: Federica Brignone, Elena Fanchini, Nadia Fanchini, Daniela Merighetti, Verena Stuffer

Women’s Group A: Chiara Costazza, Francesca Marsaglia, Manuela Moelgg, Irene Curtoni

Women’s National Interest: Johanna Schnarf, Camilla Borsotti, Sabrina Fanchini

Staff: Athletic Director – Massimo Rinaldi, Head Coach – Livio Magoni, Head Coach – Alberto Ghezze

Women’s Group B: Nicole Agnelli, Michela Azzola, Marta Bassino, Elena Curtoni, Sofia Goggia, Verena Gasslitter, Roberta Melesi, Federica Sosio, Karoline Pichler, Valentina Cillara Rossi, Nicole Delago

Staff: Head Coach – Roberto Lorenzi

Men’s World Cup Group: Peter Fill, Stefano Gross, Roberto Nani, Christof Innerhofer, Patrick Thaler, Manfred Moelgg, Dominik Paris, Luca De Aliprandini

Men’s Group A: Massimiliano Blardone, Werner Heel, Matteo Marsaglia, Giuliano Razzoli, Silvano Varettoni, Davide Simoncelli

Men’s National Interest: Cristian Deville, Siegmar Klotz, Riccardo Tonetti

Staff: Athletic Director – Massimo Rinaldi, Head Athletics – Roberto Manzoni, Head Coach – Raimund Plancker, Head Coach – Giovanni Rulfi

Men’s Group B: Giovanni Borsotti, Mattia Casse, Giordano Ronci, Alex Zingerle, Emanuele Buzzi, Henry Battilani, Matteo De Vettori, Luca Riorda, Fabian Bacher, Francesco Romano, Rocco Del Sante

Staff: Head Coach – Alexander Prosch

Release courtesy of FISI


ちなみに赤字のMatteo MarsagliaとFrancesca Marsagliaは、兄妹です。

子供の時のビデオは、こちら

イタリアは、Fanchini姉妹やCurtoni姉妹など、兄弟が多いですね。

16_47_bso_f1_869_a.jpg

images_20140515023144d78.jpg

JAPAN ADVENTURE

JAPAN ADVENTURE

以下は、スビンダルのブログから引用させていただきました。

日本での驚きを語っています。

One thing is clear. We race on the FIS WORLD CUP. That means we should try to race all around the world. And for sure in Japan. It´s been too long and the Japanese are really excited about skiing. The ski community is not as big as it was in the early 90´s, but the interest is still there. And walking trough the streets of Tokyo you can run into ski shops and pro race shops. An unusal thing. It almost feels like walking by a ski rental in the middle of Manhatten. But we the ski areas just one hour away with the bullet train, Tokyo is different and the potential for big interest is really there. I have just had some great days in Japan. Getting to know our clothing supplier Phenix a lot better and really learning more about the whole process that goes into making the clothing. But also visiting a lot of ski shops and ski communities. It´s been a great experience and I hope we can bring world cup skiing back to Japan soon.

Written by Aksel
14 MAY 2014
— 03:57


検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。