ジュニアスキー

ジュニアアルペン競技とスキー全般についての情報ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TEAM OGASAKA チーフコーチ 山本治 氏 レーシングキャンプ

TEAM OGASAKA チーフコーチ 山本治 氏 レーシングキャンプ
inフェニックスパーク スキーワールド(韓国)参加者募集!

≪TEAM OGASAKA推奨≫

期  日
  1. 2012年12月03日(月)~2012年12月12日(水) <フリー・GSキャンプ>
  2. 2012年12月13日(木)~2012年12月20日(木) <SL.・GSキャンプ>
  ※日数自由設定可能 (現地集合可能な方とする)
スキー場 韓国 フェニックスパーク スキーワールド
企画・運営 Total Ski Organize(TSO)
宿  泊 フェニックスパーク・コンドミニアム TEL:82-2-527-9504
費  用
  1. 152,000円 (航空運賃含まず)
  2. 138,500円 (航空運賃含まず)
対象選手 小学4年生以上のジュニアレーサー及び大学生、社会人レーサー
集合場所 /時間 韓国インチョン空港 1F マクドナルド前 / 午後04:00
解  散 韓国インチチョン空港
  ※現地集合、解散を基本としますがジュニア選手に尽きスタッフがサポートいたします。
コーチングスタッフ
  ■久慈修 (サロモン・ミズノアドバイザースタッフ)
  ■児玉伊佐央 (ICI石井プロスタッフ) 
  ■山本治 (オガサカチームチーフコーチ)
申込締切日 11月8日(木) ※定員(30名)に満ちた時点で受付を終了いたします。
振込先銀行 銀行:北洋銀行 夕張支店/普通/口座番号:3106265/ 口座名:トータルスキーオガナイズ
費用納入期限 11月16日(金)
持ち物 スキー用具一式(GSスキー、SLスキー、ヘルメット、ワンピース含む,ワックス用具)、
    パスポート、朝昼食費、着替え4日分、ジャージ、ウインドブレーカー、運動靴、水着、常備薬、
    洗面道具、筆記用具
旅行代金に含まれるもの
  □空港/ホテル/スキー場間の移動費
  □コーチングフィ/室内ミーティング含む
  □トレーニングバーン貸切使用料、ポール使用料
  □ホテル宿泊費(全夕食含む)
  □リフト券代
  □ホテル内のスキーロッカー代
旅行代金に含まれないもの
  □往復航空運賃
  □超過手荷物料金(制限重量オーバー)
  □個人的に使用したホテル内でのサービス
  □障害,疾病に関する医療保険
  □滞在中の朝食費/昼食費(約1500円/日)
  □各地空港施設使用料、空港税等


中国は、いろいろな意味でリスクが高すぎるので、練習だけなら韓国の方が良いかもしれません。

スポンサーサイト

ヨーロッパ氷河スキー場の状況

ヨーロッパ氷河スキー場の状況

Azxz3nCCQAAkZs6.jpg
オーストリア スチューバイ・スキー場

Hans Olsson ツイッタ-より
Seeing my beloved Stubaierglacier bleed, is just painful! Can someone please turn down the temperature now!! pic.twitter.com/Fyw8I7sT


日本からヨーロッパに練習に行っているチームのレポートでもわかりますが、氷河スキー場では氷河の上にあるはずの雪が溶けて、黒い氷河そのものが剥き出しになっている状況だそうです。(もちろんその氷河も溶けてきている)

たぶん温暖化のせいなのだと思います。(日本では、あれほどキャンペーンをしていた二酸化炭素削減は無かったことにされていますが(笑))

Summer Ski and Snowboard Camps

夏に海外で開催されている主要なキャンプ(アルペン以外も含む)を集めたものです。

語学研修を兼ねるのであれば、こういうキャンプが良いかもしれません。

Summer Ski and Snowboard Camps

By Mike Doyle, About.com GuideJuly 15, 2012

The ski season doesn't have to end in the spring, and for skiers and riders who partake in summer ski and snowboard camps, it doesn't!

Summer ski camps provide a secure environment where campers can refine their skills while enjoying the summer snow. While most ski camps are designed for teenagers, there are many camps that offer adult-only sessions.

In parallel, most camps are designed for racers or freestyle skiing, but you can still find organizations that provide programs for all-mountain skiers of all ability levels. Here's a list of summer ski and snowboard camps, which are located across North America, in South America, and in Europe.


Dave Murray Ski and Snowboard Camp
Dave Murray Ski and Snowboard Camp is the longest running ski and snowboard camp, located in Whistler, in Canada. The organization operates out of a private glacier facility, and offers freestyle skiing, alpine racing, and snowboard camps. Children as young as seven are invited to attend, and there are adult sessions, as well. Beginners are welcome, and the camp has some of the best female coaches in the industry to cater to the girls in the camp. Camps run in late June and early July, for either five days (costing $1,195) or eight days (at $2,195).

The Camp of Champions
The Camp of Champions, in Whistler, B.C., has the largest private freestyle park in the world. Campers practice on the park from 8am-3pm each day, receiving coaching the entire time in a small group setting. Sessions are eight days long; overnight camps cost $1,885, day camps cost $1,485, and the "Park Access Only" camp sans coaching or accommodations costs $695. The camps run throughout June and July. Off-slope activities include skateboarding, BMX, dryslope sliding surfaces, and paint ball.

Evolve Chile
Evolve Chile, a ski and snowboard camp for teens, hosts camps throughout July and August. Most camps are for kids ages 13-18, but the organization offers an adults-only session as well. With a focus on terrain parks and big mountain skiing, campers are provided with pro-coaching. Bonus features of the trip include guest pro-coaching and team visits, surfing instruction, a mountain bike tour, and Spanish lessons. Most of the camps are around $2,000, though prices increase up to $3,200, depending on dates and type of camp.

Freestyle America
Freestyle America is the longest running free style camp in the nation, and its alumni included top-notch athletes, such as Vancouver Gold Medalist Hannah Kearney, and Junior World Slopestyle Champion, Jamie Crane-Mauzy. The organization offers summer snow camps in Whistler, B.C., which run in June and July for sixteen days, or eight. Freestyle America also has a freeskiing camp in Mount Hood, Oregon,, a trampoline training camp in Campton, New Hampshire, and a water ramp camp in Lake Placid, New York.

Mogul Logic Summer Ski Camp
Mogul Logic's freestyle skiing camp is based in Whistler, B.C. Campers receive on-snow training from top coaches, who focus on a safe and comprehensive progression from trampolines, to water ramps, to snow. Camps run in June and July, and there is even a week specifically for adults. Prices range from $1,500-$2m000 for kids' camps, depending on the package chosen. Adult camps start at "Coaching Only" camp for $2,800, to the deluxe "Platinum Package" at $10,500, which includes perks such as private accommodations, one-on-one private ski lessons with top-notch trainers, and complimentary fine dining meals.

Momentum Ski Camps
Momentum is a skiers-only camp, with a focus on free style. The camp has rails, parks, bumps, jumps, and steeps for its skiers, with a focus on safe learning progression. Based out of Whistler, B.C., Momentum offers slopestyle and halfpipe camps, moguls camp, a girls only camp, and adult camps. Camps run in June and July for eight or nine days, ranging from $1,300-$2,000 depending on which package you select. You can purchase a full package, or an skiing-only package that excludes activities, accommodations, meals, and airport transfers.

Mount Hood Summer Ski Camp
Mount Hood Summer Ski Camps, located in northern Oregon, has been hosting ski and snowboard camps since 1979. The camps - which include a ski race camp, mogul camp, free style camp, and camps for boarders - are one week long and run all throughout June, July and August. The organization offers dates in the spring and fall, as well, and camps cost between $600-$1,200, depending on the date. In addition to on-mountain training and fun, campers enjoy afternoon activities, such as white water rafting, rock climbing, hiking, mountain biking, wind surfing, and paintball. Camp alumni include Ted Ligety and Julia Mancuso, both gold-medal winning ski racers.

Mount Hood Saas Fee Camp
Mount Hood Summer Ski Camps also hosts camps in Europe. Operating in early September, Saas Fee Ski Camps are more of an early autumn session than a summer one, but campers are still treated to great snow - which they wouldn't be able to access in most other ski resorts - in the Oberwalis region of Switzerland. The camp is for ski racers only, and is open to both children and adults, though kids under 15 must be accompanied by a parent. The camp offers top-notch race training of the intermediate and advanced variety.

National Alpine Ski Camp
National Alpine Ski Camp offers summer ski camps at Mount Hood, Oregon, and a Thanksgiving ski camp at Copper Mountain, Colorado. The camp, which centers around ski racing, has produced more past and present U.S. ski team members and coaches than any other commercial ski camp. Campers train with some of the best coaches and trainers, and recreational activities include rock climbing, windsurfing, rafting, swimming, hiking, ball sports, and dry-land training. Most camps are ten days long, though the organization also offers seven and twenty-one day camps. Prices range between $1,395 and $1,695.

Planet Ski International
Planet Ski International offers on-snow freestyle and mogul camps in Whistler, B.C., and ramp training camps in Lake Placid, New York. Mogul and freestyle sessions are available in June and July, for either eight or sixteen days. PSI offers ramp camps in Lake Placid all throughout the summer, and the organization sometimes offers mogul camps in Australia and New Zealand. All participants must be members of the USSA, the national governing body of Olympic skiing and snowboarding, and the PSI provides instructions for USSA registration if skiers aren't already signed up.

Red Lodge International Ski and Snowboard Camp
Red Lodge International Ski and Snowboard Camp, located 23 miles southwest of Red Lodge, Montana, offers training lane space for giant slalom and slalom racers, terrain parks, and big mountain features with steeps, cliffs, and cornices. While the camp is not a formal "camp," per say, it is in fact open for the public from April to July. Rates are $45.00 per ticket with a lane and park fee, with one free coach's ticket per 8 athletes, making it ideal for ski teams.

Sass Global Travel
Sass Global Travel is less of a typical "camp" and more of a travel organization, but they offer guided tours in Barlioche, Argentina for adults, college students, and kids. The sessions, which run throughout the entire summer, are designed specifically for each age group, though all cater to safety, fun, and learning, thus lending to the camp environment. The trips are primarily for advanced intermediates, and although backcountry experience is not required, it is helpful given the terrain in Argentina.

Ski Camps, Inc.
Ski Camps Inc. offers summer ski camps with Gold Medalist Ted Ligety and Bronze Medalist Andrew Weibrecht. The camps are based in Mount Hood, Oregon, and two one-week sessions are offered in June and July. Costs range from $1,475-$1,695, depending on which session you choose and when you register.

The Sports Club International Ski Camp
The Sports Club International Ski Camp, specifically for serious ski racers, is based in Whistler, B.C. For ages 9-15, the camp is primarily race oriented, but outdoor recreational activities are offered as well. Sessions run throughout July; a one-week camp costs around $2100 and a two-week camp costs approximately $4000. SCIC also offers ski race camps for kids and parents together, a late August camp in Chile, and an Thanksgiving camp in Colorado.

Windells Year Round Action Sports Camp
Windells hosts freeski camps, both overnight and day-only, in summer and spring. Windells' campus have premiere indoor training facilities, and on-slope parks at Mount Hood, Oregon. Camps run for seven days in April, costing $1,400 for overnight and $899 for day camps. Summer sessions run throughout the entire season, ranging from $1,600-$2,000, depending on which camp you choose.

Woodward at Copper's
Woodward at Copper's summer ski camp includes on-snow instruction and indoor training in their state-of-the-art "barn" facility. The camp's sponsors routinely bring in pro athletes to help out at the camp, and even X Games gold medalist Bobby Brown has taken part in the activities. Camps run for week session throughout June and July, with shorter durations available for kids age 8-12 and adults. Day camp prices are around $850, and overnight camps will cost you anywhere between $1,000 and $1,800, depending on the date. The camp is based in Copper Mountain, Colorado.

Mt. Hoodは、夏スキーで混雑

Mt. Hoodは、夏スキーで混雑

マウントフッドは、米国オレゴン州ポートランドから約80キロの距離にある山で、米国で年間を通して滑走できる唯一のスキー場があることで知られる。

天然雪は、氷河というわけではなく、永久凍土が冷蔵庫のような環境を作り、そこに昨シーズンの雪が溶けずに残っている状態。

夏スキーの特徴は、競技選手を対象としたキャンプが多数行われること。

全米や海外から多くの競技選手達が集まりトレーニングをしている。

彼らの目的は、長いオフシーズンを避けること。

夏の間に雪上に立つことで、次のシーズンが始まったときにスキー滑走感覚を運動記憶として残しておくこと。

マンクーゾも12歳の時にキャンプに参加していた。


実際に動画を見ていただいた方が、様子が分かると思います。


Mt. Hood still busy with summer skiing

Snow draws athletes from around the world

By Brittany Weiner, KTVZ.COM

POSTED: 7:55 PM PDT July 9, 2012
UPDATED: 8:02 PM PDT July 9, 2012

MT HOOD, Ore. -
Just a short drive from Central Oregon ski racers, competitive snowboarders and winter lovers flock to Mt. Hood during the summer months. This ski resort is the only one in the nation that can provide year-round skiing and snowboarding.

Jon Tullis of Timberline lodge said it's because "the Palmer Snow Field technically isn't a true glacier, because it's not a moving body of ice. But it's a remnant of a glacier with a permafrost base that essentially functions like a refrigerator."

The mountain is open to the public every month they have snow, but the main summer business is ski and snowboard camps, much like Mt. Bachelor hosts. These camps allow athletes to continue to work on their skills all summer long.

"Because of the long break between the end of the season, now and then the beginning of the next season, it's almost a separate season in itself," said Mike Annet of Mt. Hood Ski Camps. "When you get back on snow next winter, your body remembers what you learned."

Campers of all ages travel from around the world to train at camps like Mt. Hood Ski Camp, which trains skiers and snowboarders during the summer months.

Summer camp High Cascade is the only all-snowboard camp on the mountain, and it draws hundreds of determined athletes every summer.

High Cascade camper Roy Purdy is returning to camp for his third year. He said he loves coming to Mt. Hood for camp in the summer, because it is one of the only places you can snowboard throughout the summer months.

"Our mission is life improvement through snowboarding and skateboarding," said High Cascade Co-Owner Kevin English. "We really think that snowboarding is just a vehicle for improving their lives, for setting goals and for achieving those goals."

High Cascade and the other Mt. Hood summer camps have helped young athletes do just that over the years: reach goals, and even become mentors.

"Pat Moore is one of the riders who's come out of here as a young camper," said English.

"Julia Mancuso, who was medaled at the Olympics in Vancouver, was a camper when she was 12," Annet said.

Many accomplished athletes continue to use Mt. Hood as their summer training ground, as they get ready for their next winter season -- and for some, the 2014 Winter Olympics.


2012夏休み 海外レーシングキャンプ情報!

2012夏休み 海外レーシングキャンプ情報!

今年は、例年よりも各キャンプのスケジュール発表が早いような気がします。

以下把握している分だけ。(順不同)

1,ユニティ(NZ)

2,ベラーク(スイス)

3,リベルタカンダハーJr(イタリア)

4,冬龍門&プラスアップ(NZ)

5,苗場スキースクール(オーストリア)

6,ダイナマイト原田(NZ)

7,瀧澤レーシング(オーストリア)

8,岩谷コーチ(NZ)

9,山下コーチ(オーストリア)

10,蔦原コーチ(NZ)

他にもあると思いますが、知らないところをお勧めするわけにもいきませんので・・。

もし行かれるのでしたら、なるべく長期にした方が良いと思います。(短期ですと、悪天候等によってほとんど滑れない可能性もあります)

2011夏休み 海外レーシングキャンプ情報

2011夏休み 海外レーシングキャンプ情報

HP等で公表されている海外キャンプについて、いくつかピックアップしてみました。

チケットの関係から、出発の1ヶ月前までには申し込んでおいた方が良いかと思います。

もう、あまり時間もありませんね。


1,ユニティスキーレーシング ニュージーランドキャンプ

USR ニュージーランドレーシングキャンプ 日程決定!

夏のこの時期に、南半球・ニュージーランドの優れたトレーニング環境で、基本動作の確認と滑り込みを徹底的に行い、「速くなるため!」のベースを構築することを目標におきます。 アメリカチームをはじめ各国ナショナルチームがトレーニングキャンプを行う、ニュージーランドコロネットピークスキー場でレーシングキャンプを開催します。今シーズンもFISレース参加コースを設定、FISポイントの取得も目指します。コーチングは元全日本ナショナルチームの上林卓司が担当し、速く滑る為のテクニック&タクティクスを伝授致します。今年の夏も豊富な滑走量と質の高いトレーニングで更なるレベルアップを目指します。

<長期トレーニングコース>
フリースキートレーニングで基本動作を徹底的に確認した後にポールトレーニングでの滑り込みをおこないます。
■日程 :7月29日(金)~8月14日(日) 17日間
■スキー場 :コロネットピークスキー場
■滞在地 :クィーンズタウン14泊、オークランド1泊
■スキースタッフ :上林 卓司  他スタッフ

<短期集中トレーニングコース>
恵まれたトレーニング環境を生かし、基本動作の確認とポールトレーニングでレベルアップを目指します。
■日程 :8月05日(金)~8月14日(日)  10日間
■スキー場 :コロネットピークスキー場
■滞在地 :クィーンズタウン7泊、オークランド1泊
■スキースタッフ :上林 卓司  他スタッフ

<長期トレーニング&FISレース参戦コース>
フリースキートレーニングでの基本動作の確認後、技術的なレベルアップと滑り込み更にFISポイント獲得を目指し実戦的なトレーニングをおこないます。
■日程 :7月29日(金)~8月22日(月)  25日間
■スキー場 :コロネットピークスキー場
■滞在地 :クィーンズタウン22泊、オークランド1泊
■スキースタッフ :上林 卓司  他スタッフ

<短期集中トレーニング&FISレース参戦コース >
恵まれたトレーニング環境を生かし、基本動作の確認後、技術的なレベルアップと滑り込み、更にFISポイント獲得を目指し実戦的なトレーニングをおこないます。
■日程 :8月05日(金)~8月22日(月)  18日間
■スキー場 :コロネットピークスキー場
■滞在地 :クィーンズタウン15泊、オークランド1泊
■スキースタッフ :上林 卓司  他スタッフ


※旅行費用は決まり次第、ホームページ等で告知させていただきます。
※参加者人数などにより、スキースタッフに変動がある場合がございます。
予めご了承の程、お願い申し上げます。
※詳しい旅行条件を記載した詳細パンフレットをご用意しておりますので、
ご請求下さい。
※各キャンプ、ツアーレポートは下記ホームページのキャンプレポートよりご覧頂けます。
ホームページはこちら

TEL:03-5979-7414

皆様のご参加を心よりお待ちしております。



2,岩谷ニュージーランドサマーキャンプ

WS000751.jpg

例年ですと蔦原コーチとの合同キャンプになります。(詳細未発表)


3,冬龍門、ダイナマイト原田、プラスアップ 合同ニュージーランドキャンプ

冬龍門

2011NZレーシングキャンプ参加募集開始
2011New Zealandレーシングスキーキャンプの詳細が決まりましたので、参加者の募集開始致します。
●日 程:8月5日(金)~21日(日) 17日間
●参加費:¥528,000(航空運賃・現地宿泊・全食事及び移動費用・リフト代&コース使用料・コーチフィー)
■テカポ・ラウンドヒルスキー場は、標高1,620Mの山頂からテカポ湖を見下ろすように拡がり、ポールトレーニングコースは人工降雪機を備えて最適なスノーコンディションの下で、効果的なトレーニングが可能です。また、隣りのコースでは各国ナショナルチームのキャンプが週単位で行われていますので、世界のトップレベルの滑りを目の当りの見ることが出来ます。
☆参加日程の変更や現地交通手段などオーダーメイドプランによるご参加も承っておりますので、お気軽にご相談下さい。
●お申込み問合せ:アトラストレック担当/黒澤・羽田
●スキー冬龍門:TEL042-481-2413/e-mail:ski@tohryumon.co.jp/市村まで


D原田コーチ

panf.jpg

○プラスアップ

詳細未発表


4,リベルタレーシング

≪イタリア サマートレーニングキャンプ≫

【期間】 2011年8月1日(月)~22日(月) 22日間
【場所】 パッソ・デロ・ステルビオ
【宿泊】 ホテル・ペレゴ(三ツ星ホテル)
【内容】 GS&SL。ゲート練習、フリースキーイング。
【定員】 10名程度
【料金】 ¥588,000

◆期間内で短縮日程での参加、ジュニア選手の保護者付き添い滞在も可能です。その場合は改めて料金を算出します。

詳細は以下でご覧ください。
・募集要項(ブログ内)→http://ameblo.jp/liberta-racing/entry-10902524175.html
・PDF版募集要項→http://libertaracing.web.fc2.com/italy2011.pdf
・お申込書→http://libertaracing.web.fc2.com/moushikomi.xls

【お申込み・お問い合わせ先】
リベルタレーシングキャンプ 武政守
090-5514-4247/tasa@topaz.plala.or.jp


5,ベラーク

例年スイスのサースフェーでキャンプを行っているようです。

今期のレーシング日程は、7月29日(金)から8月23日(火)のようです。(詳細未発表)


6,瀧澤宏臣オーストリアキャンプ

ヒンタートックスで行うようです。(詳細不明)


以上のキャンプは、娘が実際に国内あるいは海外キャンプに参加したことがあり、コーチの人柄は間違いないところです。

ただし、指導方法は、それぞれ特徴があるように感じます。(これまでの「アルペン競技の滑り方」の記述からその一端はわかるかと思います)

同じぐらいの期間で値段に差があるのは、航空券の値段の違いに加え、ホテル代の違いが大きいと考えられます。

長期滞在では、必ずしも安い方が良いということにはならないのが正直なところです。


これ以外にも、これまで参加したことはありませんが、海外合宿を行うチームがありますので、簡単にご紹介します。

○パノラマレースセンター

期間 2011年7月25日(月)~8月11日(木) 18日間
トレーニング地
ヒンタートックス (オーストリア)
※チロル州の州都 インスブルックまで 90分、アクセスのいぃスキー場です。
※オーストリアレーシングキャンプ ポール専用コースでトレーニングしてまいります。

○USMR

オレゴンキャンプ(詳細未発表)

○中川岳志コーチ

場所: イタリア  バルセナーレス 氷河

○苗場スキースクール

2011austriachirashi7.jpg

気がついたキャンプを挙げさせていただきました。

掲載できなかったキャンプも多いと思いますが、どうかお許しを。


NZより帰国

NZより帰国

8月22日(日)に無事NZより戻ってきました。

子供の夏休みは、実質今日1日だけでした。

今回は合同キャンプ、チーム・スマイリーズの一員でした。

動画を見る限り、まだ内倒・シザーズの癖は残っているものの、ライン取りはかなり良くなったみたいです。

ただ、エミコさんやサクラコさんの後で見ると、ハエが止まるようなスピードではあります。

去年もすごく楽しかったようですが、今年は子供たちが相部屋で寝泊まりしていたそうで、いっそう刺激的で面白かったようです。

30日間の日程ではありましたが、往復で3日間、荒天によるクローズが4日間?、疲労による休息日2日間があったため、実質21日間滑ったようです。

マウントハットにも連れて行ってもらったようです。

エッジは、コーチにお願いをして、研いでもらったそうです。

コーチの皆さん、ご一緒した選手の皆さん、宿のオーナーご家族、スキー場の皆さん、どうもありがとうございました。

ただ、小石を踏んだみたいで、おニューのD2のエッジ際がバックリとえぐれておりました。(泣)

今日早速、クロネコ・スキー宅急便でTCSに再チューンナップをお願いしました。(佐川急便はスキー便の扱いが変わったようで、サイズの関係から値段が高くなりました)

ぜひ、この経験をシーズンにつなげてほしいと「切に」思います。

SANY0297.jpg  SANY0308.jpg

SANY0376.jpg  SANY0428.jpg
気持ちよさそうな写真をどうぞ。


NZキャンプの様子など

<NZキャンプの様子など>

海外キャンプの項で、子供がユニティの合宿に参加したことを書きました。

合宿の様子など聞いたことを書いてみたいと思います。

ユニティは、FISサザンカップをコーディネートしている関係で、キャンプには大会に出場する選手も何人か参加していたようです。

全コースを通して大体30名ぐらい参加していたそうです(はっきりわからないらしい)。

コーチ陣は、上林コーチ、金田コーチで、コーディネータとして松岡さんが加わっていました。

娘が、最後に捻挫をしてしまい、皆様には大変にご迷惑をおかけいたしました。(帰国翌日にはすっかり良くなっていました)

7月31日出発からサザンカップ終了後の8月24日帰国のスケジュールが最長で、大会に参加しない選手はその前に帰国します。また、8月7日出発の第2陣もあり、基本的には4通りのスケジュールとなっていたようです。

ただ、実際には各人のスケジュールに合わせて融通の利いた参加形式がとられていたようです。妻のように練習には参加しないがそれ以外の行動はともにする人や、小さい子などは家族とともに来て練習のみ参加していたようです。また、アトミックキャンプ終了後に、そのまま移動してきた選手もいたようです。

中学生以下の食事は、コーチが引率して毎日レストランに行っていたそうです。

子供同士が仲良くなれるようにと妻は最初は別行動を取っていたため、その甲斐があって?か、中学生の親しい友達ができたみたいです。マリナちゃんやチビタツくんの話は今でも出てきます。

高校生以上は食事は各自で食べていたみたいですが、練習を通して皆さんに可愛がっていただいたようで、娘は本当に楽しかったみたいです。また来年も行くんだと言っています。

夕食について、少ししてから妻も子供たちと一緒にレストランに行くようにしたらしいのですが、あるとき日本人が多く集まるチャイニーズレストランに行ったところ、みんなの中心になっている酔っぱらった女性と隣にいかつい男性がいらしたそうです。

妻がコーチに「あの女性は誰ですか?」と聞いたところ、コーチが「あの人は○○で○回優勝した○○さんという方です」との答えだったそうです。○○のところは、忘れたと言ってました(ほとんど全部です)。

帰国後の私との話の中で、その人はたぶん松沢聖佳選手じゃないか?男性は、ご主人の松沢寿デモじゃないか?となり、ネットで探した写真を見せたところ、その方だといってました。そんな有名な人なのか、と驚いてました。

少なくともスキー界ではすごく有名だと思います・・。

ホテルは、日本代表チームと一緒だったようで、(娘が唯一知っているスキー選手の)皆川賢太郎さんにサインをもらったり、リフトでお話をしたとうれしそうに言ってました(湯浅選手のことは忘れてしまったようです)。

毎日練習が終わると板のメンテをしていたそうですが、妻はワックスがけをほとんどやったことがなかったことから、皆さんに教えていただきながらワックスをしていたそうです。

ありがとうございました。

ブログで知ったのですが、今回の合宿には、清澤恵美子選手も参加されていたそうです。

余りお話をするチャンスがなかったそうですが、後から考えると「ワックスの時にやり方を教えてもらった」、「すごく上手な大学生がいると思った」・・らしいです。

もう少しちゃんと教わって、私にも伝えて下さい。

清澤選手は、数少ない都会っ子レーサーの一人です。

ここに至るまでには、大変な努力があったのだと思います。

彼女を応援するサポーターズクラブが立ち上がっています。

どうかリンク先をお読み下さい。



海外キャンプ

<海外キャンプ>

オフシーズンのトレーニングとして、(コンディショントレーニングを別とすれば)、プラスノー、グラススキー、インラインスキーなどが定番かと思います。

雪の上を滑りたい場合は、月山や乗鞍に行くこともできます。滑走距離は短いですが、室内ゲレンデを使うこともできます。

また、費用はかかりますが、海外に行くことによりオンシーズンと同様の練習ができます。

ポールトレーニングを行っているスクールやチームの多くは、海外キャンプも実施しています。

場所としては、ニュージーランド(NZ)、アメリカ、オーストリア、フランス、スイス、イタリアなどが多いようです。(11月頃から中国が加わります)

南半球は冬なのでオンシーズンになりますが、北半球については、アルプス山脈、ロッキー山脈などの万年雪が残る氷河スキー場を使っているようです。

NZに関しては、今年はオリンピックイヤーということもあり、各国のナショナルチームがキャンプを行っていたようです。

FISサザンカップが開催されたコロネットピークスキー場は、日本、USA、カナダ等のナショナルチームやアトミックキャンプ、ユニティキャンプなど日本からの練習ツアーが集中し、バーンを時間帯でシェアしていたそうです。

もちろん各国の一流選手の滑りを実際に見ることができるわけで、メリットも大きいと思います。

ユニティでは、フリースキーは主にM1コース(地図で中央クワッドリフトから続くS字状の青コース)、ポール練習は主にクワッドリフト直下のThe Hurdleとそれに続くEighth Basin、混んでくると右側のTバーリフト沿いで滑っていたようです。

ポールトレーニングをしているレーサーは、リフトの優先権が確保されていたそうで、大混雑にもかかわらずほとんどリフト待ちはなかったようです。

海外では常識のようですが、初心者コースでのスピード制限(スローゾーン)は厳しくチェックされており、何人もパトロールから注意を受けたそうです。

合宿の期間が長いため、参加者は中学生から大学生が中心で、社会人と小学生が少しだったようです。

多くのキャンプは、その日の練習や食事等の様子をブログに載せています。日本に残る家族も当日のうちに様子がわかることから、安心できる良い試みだと思いました。

以下の写真は、コロネットピークの様子です。

マップ2
スキー場のマップ


出発します
ワゴンタクシーで出発します。


コロネットの朝
コロネットピークスキー場の朝。
雪は、山の上部のみ積もります。


コロネットピーク
スキー場全体がコースです。


センターハウスの風景
センターハウスを見下ろします。


FISコース
FISコースの一部


ホテルから見える湖
ホテルの前の湖(ワカティプ湖)


クイーンズタウン
クイーンズタウンの町並み

どうでしょう。皆さん行きたくなったのではないでしょうか?(ちなみに、私は行ってませんが・・)

クイーンズタウン及び周辺のスキー場については、「ニュージーランドのクィーンズタウンへようこそ」に生の情報が載っています。


下記に、今期海外キャンプを行った(行う予定の)スクール、チーム名と行き先を列挙します。

漏れているキャンプも多いと思いますが、ご容赦下さい。


アトミックジュニアキャンプ

 ・ニュージーランド(コロネットピークスキー場)

ヘッドスペシャルキャンプ

 ・10月から11月にかけてオーストリア(ヒンタートックススキー場)で予定。

苗場レーシング

 ・オーストリア(ヒンタートックススキー場、レーシング)

 ・ニュージーランド(クイーンズタウン周辺スキー場、一般とレーシング)

USMRレーシングスクール

 ・米国(オレゴン州マウントフッドスキー場)

プラスアップレーシング冬龍門ダイナマイトレーシング

 ・3チーム合同でニュージーランド(ラウンドヒルスキー場)

パノラマレースセンター

 ・オーストリア(ヒンタートックススキー場)

白馬五竜レーシングアカデミー侍レーサーズ

 ・アメリカ

岩谷スノースクール

 ・ニュージーランド(ポーターズスキー場)

ウェルネススノースクール

 ・ニュージーランド(ポーターズスキー場)

ユニティスキーレーシング

 ・ニュージーランド(コロネットピークスキー場)

 ・子供が参加しましたが、とても楽しかったようです。

 ・北京の室内スキー場での合宿も行なうようです。

ホップスポーツアカデミー

 ・北京(室内スキー場)

リベルタレーシング

 ・イタリア(パッソ・デロ・ステルビオスキー場)

ベラーク・インターナショナル

 ・スイス(サースフェースキー場)(夏)

 ・カナダ(パノラマスキー場)(秋)

クオリティセブン

 ・ニュージーランド(カードローナスキー場)

これ以外にも、強豪ジュニアチームは単独で海外合宿をしているようです。



検索フォーム

アルペン主要情報

<主要サイト>
全日本スキー連盟(SAJ)
アルペンチームジャパン
国際スキー連盟(FIS)
ナスターレース協会
日本職業スキー教師協会(SIA)
WeatherNews(スキーCH)
日本気象協会(tenki.jp)
ドラぷら
2014-2015 スキー用品カタログ

<2014-15 アルペンルール>
2014/15アルペンポイントルール日本語版
アルペン競技:各種ルール等について
SAJポイントに関する ルール等について

<2014-15 大会日程>
FISワールドカップ
SAJ公認大会(11/20現在)
ナスター公認大会
(参)FIS開催大会のカテゴリー

<2014-15 主要大会>
2月5-8日
全国中学校スキー大会(大鰐温泉)
2月6-10日
全国高校スキー大会(花輪)
2月20-23日
ぐんま冬国体スキー大会(尾瀬岩鞍)
2月26-28日
全日本Jrスキー選手権大会(雫石)
3月7-8日
ナスタージャパンカップ(苗場)
3月17-20日
全日本スキー選手権大会(苗場)
3月27-30日
ジュニアオリンピック(ほおのき平)

<アルペン・マニュアル>
YOUTH AND CHILDREN'S SEMINAR
正しい育成方針とは何だろう?
アルペンレーサーとして成功するには?
米国・ジュニア育成の取り組みの凄さ
米国・アルペンジュニア育成マニュアル
The USSA Training Systems (1)
The USSA Training Systems (2)
The USSA Training Systems (3)
The USSA Training Systems (4)
The USSA Training Systems (5)
SkillsQuest (1) 概要
SkillsQuest (2) Why SkillsQuest?
SkillsQuest (3) Activities by Phase
SkillsQuest (4) Skiing Skills Assessment
SkillsQuest (5) Conditioning Assessment
SkillsQuest (6) Pressure動画
SkillsQuest (7) Edging動画
SkillsQuest (8) Rotary動画
SkillsQuest (9) Balance動画
SkillsQuest Resorces
Afton Alps, USSA, SkillsQuest HD
米国・アルペンコーチングマニュアル
カナダ・アルペンジュニア育成マニュアル
カナダ・ジュニア育成マニュアル (1)
カナダ・ジュニア育成マニュアル (2)
カナダ・Drills and Exercises

<トピックス>
スキー滑走の「許容範囲」と「基準範囲」
クロスカントリースキーでアルペン
Loveland Ski Club Fall Lane Training
サーバント・リーダーシップとは
Rusutsu SuperNatural
Ligety vs. Hirscher- Solden 2014 2nd run
Rob Heule 凄いし、笑えます。
「上手くつなぐ」「滑らせる」
リゲティのミスの原因
Training videos from Shiffrin
「内足・外足荷重」と「意識と現実」
BMA: Tips with Mikaela Shiffrin
学校教育の中のアルペン競技
SJ 2014.10月号を読んで
朝日も謝罪しましたね。で、スキー界は?
2014南アフリカFISレース初開催
THE SKIER'S MANIFEST
ナスターレース協会:セミナー
シフリン:オフトレ
岩谷:世界の扉を開ける鍵
最近は、「スキーをたわます」ばかり。
ウィスラーカップで見えたチルドレンの課題
Warner Nickerson引退
ボン ベイルチケット売り場で働
Pharell Williams - Happy
競技における結果主義と過程主義
アルペン タレント発掘事業報告書
オリンピック選手に学ぶやり遂げる力
リゲティの内足ターン
多様性のためのトレーニング集
Carving vs. Stivoting
テッド・リゲティ 滑りの分析
P&G Thank You, Mom
SL 古い滑りと新しい滑り
シフリン 滑りの分析
無作為の罪
スポーツトライアングル 湯淺直樹
外向傾、外脚荷重、腰高姿勢は基本です。
ヘルメットの限界
最近のベース作り
ストックについて
脳損傷からの回復:アルブレヒト
基礎スキーの役割
Matteo Marsagliaの育ち方
木村公宣さんの滑走フォーム
ALPINE ROCKFEST:ミラー選手の360
Who Is Bode Miller?
Meet ski racer, Pinturault
Snowstars Level 1~Level 7
ボード・ミラーの育ち方
BLINK OF AN EYE
Be a Better Skier!
ジュニア時代に身につけるべき技術の基本
Lindsey Vonn's Top 5 Training Tips
Ted Ligety | P&G Thank You, Mom
シフリンの育ち方
クーシュ 大失敗
Shiffrinのキャプチャー画像
内足、外足、1本足?
Mikaela Shiffrin in Beaver Creek GS
新型ドローンによる練習動画
P&G オリンピアンを育てる ボン
P&G オリンピアンを育てる シフリン
アルペン関連の情報発信とその特徴
テッド・リゲティとは、何者なのか?
2014シーズンのマテリアル(SAJ)
見直される基本技術の大切さ
小学校低・中学年の正しい練習方法
佐藤久哉 vs 岡田利修「競技と基礎」
トッポリーノ大会優勝者のその後の活躍
ジュニアレーシング板、ブーツ選びの基準
ラディウス規制に関する個人的意見
「2010ウィスラーカップレポート」について
メンテナンスの手順
実践チューンナップ(安藤さん)
チューンナップ講習会(伊東裕樹さん)
スタートワックスの使い方(片岡さん)
大会のためのワックス選択
ワックス入門(本ブログの最初の記事)

<基礎練習動画>
BMA:Tips with Mikaela Shiffrin
子供に学ぶスキーの基本技術
Snow stars Lvel 1-6
Ski Racing Technical Drill for U12
Angulation and Pole Plant drill
U16 Fundamentals Camp
アルペンスキー基本練習
Ski Racing Drills
ジュニアがお手本にすべきWC選手は?
ミカエラ・シフリン トレーニング動画
ライヒのフリースキー動画
ヤンカのドリフト技術

<WC選手の滑り>
Mikaela Shiffrin wins first Giant Slalom
プレイバック 2014: Men's Slalom
Mikaera Shiffrin New Age 2014
Training European team
Hero GS Training
Hirscher & Shiffrin 2013/14
シフリン オーレの滑り
リゲティ クラニスカ・ゴラの滑り
ピントロー、リゲティ2013ダイジェスト
Ted Ligety training in Portillo 2012
Ted Ligety Training on Sochi GS Hill
Ted Ligety Amazing GS Run
カナダ女子SLトレーニング
リゲティGSフォームの分析
ピントロー、本人が選んだGS, SL, SG
2012 ソルデンWC男子GS完全版
2012 ソルデンWC女子GS2本目
2013世界選手権男子GSハイライト

<その他動画>
Didier Cuche, le come-back?
Felix Neureuthers Highspeed Orchestra
Alpine Skiing (Remi GAILLARD)
Bode Miller
The Best Of Sochi 2014 Olympics
Power combined with speed
総督閣下が新レギュレーションにお怒り
ボード・ミラー 面白?動画集
スビンダル9歳の滑り
ヒルシャー 16歳の滑り
ヒルシャー 14歳の滑り
Ligety - On The Quest For Glory
リゲティ GSフォームの変遷
GSスキー形状による滑走フォームの変遷
往年の名選手達の滑り

<スキー理論>
米国男子ヘッドコーチインタビュー1
米国男子ヘッドコーチインタビュー2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」1
岩谷高峰「トレーニングを再考する」2
岩谷高峰「トレーニングを再考する」3
岩谷高峰「トレーニングを再考する」4
岩谷高峰「トレーニングを再考する」5
上林卓司「センターポジション」1
上林卓司「センターポジション」2
上林卓司「センターポジション」3
上林卓司「センターポジション」4

<技術解説本・DVD>
皆川賢太郎DVD
皆川賢太郎 スキー完全上達
皆川賢太郎 最速上達メソッド
浦木健太 GSテクニック
吉岡大輔 落とすGSテクニック
生田康宏 トップアルペンテクニック
竹節一夫 アルペンテクニック

<トレーニング論>
アスリート達は本当に速くなっている?
究極の鍛錬
俊敏性練習は、俊敏性を向上させるか?
「良いトレーニング、無駄なトレーニング」
「ゴールデンエイジ理論」の不思議
運動能力と遺伝、環境
筋収縮とエネルギー

<学ぶということ>
○科学的方法論
「仮説演繹法」再び。
アイスクリームを食べると、水死する?
科学的方法論のエッセンス
○学問のすすめ
米大学における多面的・総合的な評価
稲盛和夫「伸びる人、立派になる人、いらない人」
U.S. News Best Global Universities
いま注目されるリベラルアーツ教育
いちばんやさしい教える技術
人材育成の実践
新たな高等教育機関の制度化
快楽の人生、充実の人生、意味のある人生
全てリクルートから学んだ
創造性を発揮するには?
ノブレス・オブリージュ
大学入試成績と入学後の成績
修正版:博士が100人いる村
教えるということ
のめり込む力
ダニエル・ピンク:やる気に関する科学
ダン・アリエリー:仕事のやりがい
人間万事塞翁が馬:山中伸弥
人生はその時の最適解の積み重ね
量は質を生む
高い山を築くなら、裾野を大きく広げよう
最初の3年で仕事人生の大半が決まる説
根拠なき自信
ノブレス・オブリージュ
中高生のための勉強法
自分の頭で考え、勇気を持つこと。
頑張ったらご褒美があるメンタリティ
自浄作用
いじめについて
タイガーマザーと文武両道

<その他>
インプレッサ路肩から這い上がる
美味しいコーヒーの入れ方
身近なコーヒーあれこれ
スーパーで買える美味しいコーヒー
辞めたくても辞められない
外食産業が日本を滅ぼす?
シナノ:なつかし写真コンテスト
福井県立歴史博物館:昭和のくらし
解放値の計算

<大会ルール(和訳)>
FIS競技用品規格
アルペンスキー国際競技規則(2010-11)
同 決定事項及び指導事項(2010-11)
アルペンポイントルール(2010-11)

<ポイント関連>
ポイントとは?
SAJ ポイントリスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カテゴリ

未分類 (0)
このブログのエッセンス (55)
20110311_東日本大震災 (148)
生と死、そして再興へ・・ (36)
さまざまな支援の形 (51)
震災復興と政治 (6)
原発事故と放射線 (54)
動画 (910)
アルペン動画 (293)
その他動画 (611)
大会・ジュニアテスト・練習 (1869)
海外選手の動向 (215)
国内選手の動向 (108)
ワールドカップ・世界選手権など (501)
オリンピックなど (109)
スキー大会 (439)
SkillsQuest (29)
ポール練習 (61)
ジュニアテスト (0)
オフトレ (60)
室内ゲレンデ (8)
海外キャンプ (9)
SAJの活動 (159)
SAJ問題 (38)
大会のルール (61)
スポーツ振興 (71)
アルペン競技に関する考察 (284)
アルペン競技の滑り方 (84)
ジュニア育成の課題 (119)
先達に学ぶ・・「○○の育ち方」 (75)
コーチングについて (6)
スキーと教育・健康・IT技術 (1000)
スキーと教育 (145)
スキーと健康 (0)
スキーに必要な生理学 (16)
スキーと環境 (85)
スキーとIT技術 (114)
事故・災害 (138)
スキーとともに・・ (26)
それぞれの生き方 (39)
ちょっとおかしな話 (17)
雑記 (419)
スキー用品・メンテナンス (156)
スキー用品 (81)
メンテナンス用品 (15)
メンテナンスの手順 (15)
エッジの手入れ (9)
ワックス (34)
ベースバーン (2)
スキー場・リフト券・宿泊・交通 (630)
スキー場の情報 (146)
スキービジネス (243)
早期オープンスキー場 (82)
春スキー・夏スキー (5)
リフト、ゴンドラ (1)
人工雪の作り方 (4)
リフト券、シーズン券 (92)
融雪剤と雪面硬化剤 (2)
スキー保険 (4)
スキー宿 (2)
スキー場への交通 (30)
車で行くための装備 (3)
雪道運転のコツ (1)
スキーのための車選び (15)
スキー用語 (0)

プロフィール

ジュニアスキー

Author:ジュニアスキー
子供が小1の冬に家族でスキーを始め、すっかりその魅力にはまっております。小4から地元のスポーツ少年団に所属し、競技スキーを始めています。(現在中3)
ジュニアアルペン競技の情報ブログとしてスタートし、最近ではスキー全般、その他に関する話題も扱っています。
上欄のカテゴリから興味のある話題をお選び下さい。
(2009年7月25日開設)


最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。